20111202(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 06時34分

今日の気分(本文)

仕事を終えて、まっすぐ家に帰らずに、
ちょっと一杯ひっかけてから帰るという人たちがいる。
おいしい食事と愉快なお酒を楽しむというより、
酒で、憂さを少しでもはらそうというようなお酒の飲み方か。

その日にあったことをそのまま家に持ち帰りたくないと言う人もいる。
僕にはどうもそんな人たちの心境が分からずにいた。

昨日、映画「アラビアのロレンス」を観た。

砂漠で繰り広げられるアラブ人ゲリラの戦争映画。
そのアラブ軍の英雄となっていくイギリス軍の主人公ロレンス中尉。
映画の終盤、はからずも涙が流れ落ちた。

この映画は、高校2年の時にも観た。

昔は、パノラマと言われる大きな画面に灼熱の砂漠が広がっていた。
過酷な自然の中で、価値観の全く違うアラブ人たちと共に奮闘するロレンス中尉が最高にカッコ良く見えた。

あれから40年。
当時は、英雄としてまぶしく見えたロレンス中尉の生きざまが、
なんとも言えない哀しみに満ちていたことに気がついた。

若い時には、全く見えていなかった。

映画を観た後、梅田のガード下の立ち飲みで、
ちょっと一杯ひっかけないと、とても家に帰れなかった。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

コメント

anonymous kumakoro 2011/12/03 12:52

「アラビアのロレンス」上映中ですか?
「ロレンス」は是非映画館でもう一度見たい映画の一つです。
ピーター・オトゥールの「砂漠は清潔だから好きだ」と言う台詞が変人を表して好きでした。
昔の長い映画は途中「インターミッション」が入りますね(ベン・ハーや七人の侍なども)。
長時間の映画は体力を強いられますが、一杯ひっかけずにはいられない程の映画体験、うらやましいです。

olive88 olive88 2011/12/04 08:04

kumakoroさんへ
大阪では、TOHOシネマズで、昔の名作をちょくちょくやっています。
今度はベンハーです。これも高校の時に観たものです。
DVDは、手軽で便利ですが、
やはり、大画面でその中に没入してしまえる映画観賞は、全身に「効きます」ね。

(この日記にコメントできるのは登録ユーザーだけです → ユーザー登録 / ログイン