201011 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:50 平均起床時刻:06:58

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

11月30日(火)

起床時刻:06時53分

かしましい(姦しい)とは、女が3人寄ると漢字では書く。
我が家は妻と娘二人。
まさに、そのかしましい。
静かだと心配になる。
就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へ

11月29日(月)

起床時刻:06時54分

腹八分を実践しよう。
就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月27日

起床時刻:07時00分

長女が車の免許を取って2カ月になる。
一緒にドライブも5回出かけた。
そろそろ車のキーを自由に使えるようにしてあげようと思う。
就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へ

11月26日(金)

起床時刻:06時31分

娘が嵐の曲を目ざましに使っている。
なかなか起きないので、何度もその曲を聴くことになる。
今では、何度も何度もそれを聞くのが楽しみになっている家族。
就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

11月23日(火)

起床時刻:07時25分

11月22日(月)

起床時刻:06時33分

肩がこる。
就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

11月20日

起床時刻:07時10分

週刊朝日のMOOK「筑紫哲也」を読んだ。
優しい人柄を身近に感じることができるとても素敵な本だった。
就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月19日(金)

起床時刻:06時33分

喪中のはがきが、3日連続で届いた。
そういう年代になったきたのだなあ。
就寝時刻24時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

11月18日(木)

起床時刻:06時46分

昨日の朝、大きなリュックに登山靴をはいた年配の女性が電車に乗り込んできた。
ドアが開くと同時に空いた座席を目指して突進してきた。
これから山登りに行こうという人が、通勤電車の中で、
「座りたい」という欲求をむき出しにするのも、
なんだか笑えますなあ。
就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へ

11月17日(水)

起床時刻:06時59分

少しずつ、気分があわただしくなる。
年末気分って、どうしてこうなんだろうなあ。
就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月16日(火)

起床時刻:06時48分

読むのを楽しみにしているブログがしばらく中断していた。
2週間ほどして分かったことだけど、そのブログの主は、
脳血管障害のため、救急車で運ばれ、手術入院していたことが
分かった。
同年代の人であるだけに、ドキッとした。
就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へ

11月15日(月)

起床時刻:08時21分

昨日は、高2の次女がやっている音楽バンドの発表会に行った。
ホールは、高校生の熱気で包まれていた。
8割が女子高生だったように思う。
音楽バンドも女子のパワーが強くなったきたのか。
男子は、何してる?
就寝時刻23時 睡眠時間 8時間

日別画面へ

11月10日(水)

起床時刻:07時05分

コツコツと
就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月09日(火)

起床時刻:06時57分

朝から風が強い。
街路樹がざわざわ揺れている。
おーさむ、と口に出して言ってみる。
冬の顔を見たような気がした。
就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月08日(月)

起床時刻:07時03分

コンピューターのリストアをした。
すっきりした。
就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へ

11月06日

起床時刻:07時34分

電車の中で、ゲームに熱中している人を時々見かける。
昨日は隣の座席の若い男性。
両手でゲーム機を抱え、盛んに親指を動かしている。
カチャカチャ音がする。
がんばってるなあ。
就寝時刻24時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

11月05日(金)

起床時刻:05時56分

薄い水色に、やわらなか薄いピンク。
空気が冷たい、美しい朝焼け。
就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月04日(木)

起床時刻:06時57分

昨日はコンピューターのリストアで1日かかってしまった。

日別画面へ

11月03日(水)

起床時刻:07時02分

久々の青空。太陽の柔らかな光。
美しい朝です。
冷え込みも一段と強くなってきたようだ。
京都歩きが楽しめる季節です。
就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へ

11月02日(火)

起床時刻:06時49分

街にクリスマスソングが流れていた。
早くも年末に突入していくのか。
就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へ

11月01日(月)

起床時刻:07時09分

京都競馬場に車でいった。
雨が降っていたので競馬場すぐ近くの駐車場に車を入れることにした。
料金は、なんと3000円。
帰る時、駐車場に戻ると、車が路上にも並べて止められていた。
駐車場の兄ちゃん達が車のキーを預かっていた。
なんと、路上駐車の分まで、駐車料金を取っていたのだ。
えげつなー。

久々に妻と二人だけで出かけた休日だった。
就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ