201111 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:50 平均起床時刻:06:08

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

11月30日(水)

起床時刻:07時04分

よく働いた。
新しい流れを作るために、薬店仲間を増やしたい。
昨日も朝8時半から夜7時まで活動した。
よく話した。

9月から毎週のように出張を繰り返していたこの3ヶ月間。
このテーマでの今年の出張は一区切り。
大きな山へのアタックの、ベースキャンプ地の地ならしをしたというところか。

今年を振り返り、来年、再来年への計画を練り直そう。

今日は、ゆっくり大阪へ帰ろう。


就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月29日(火)

起床時刻:06時57分

今年2回目の大分泊まり。
山の幸、里の幸、海の幸。
豊前、豊後と言われるだけあって、
豊かなお国柄が今も息づいている。

全国の八幡神社の総本山もこの大分にある。
「国東」と書いて、クニサキという。

自然の恵みが豊かな日本の源流の一つが、
ここに残っているような気がする。

日別画面へコメントを読む(2)

11月28日(月)

起床時刻:06時48分

9月からほぼ毎週のように続いた出張も
今日の大分行きで今年の打ち止めとなる。

さあ、いこか。

大阪W選挙の結果が出て、新しい動きが始まる。

日別画面へ

11月27日

起床時刻:09時26分

うんとぐずぐずしていようと思って、布団の中にいた。
ようやく、起きた。

目が覚めてから、二度寝をした。
そのあと目覚めても、目をつぶって布団の中にいた。

いつもと違ったことをしてみた。


就寝時刻22時 睡眠時間11時間半

日別画面へ

11月26日

起床時刻:06時33分

昨日の夜は、ホスピスのドクターに講演をして頂いた。
30名近くの人たちにご参加いただき、初のドクターゼミナールは
盛況のうちに終えることができた。

先生の話は、僕自身がいろいろ教えてもらい、
現実の生活にうんと役立ったから、多くの人にも役立つだろうと思って、先生に無理を言って、お話をしてもらった。

終末期の現実を知ることで、今の僕らが、家族や友人との関係を
より豊かにするヒントが見つけていただいたのではないかと思う。

詳しくは、また、facebookにでも上げようと思う。


先日、お習字の先生がバリ島へ行ったお土産をくれた。
仲間と30人ぐらいでの旅行だったらしい。

極上のホテルで、ゆったりリゾートライフを楽しんだらしい。
南の島で、美しい夕焼けにうっとりしたという。
プライベートビーチで、水にも入ったという。

旅行前、水着にはならないでくださいネ!とお願いしておいたけれど、やっぱり南の島は人を解放的にしたようです。

「今の水着は、腰にまく生地があるから、大丈夫なのよ」だって。
67歳。
若い!若い!

就寝時刻24時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

11月25日(金)

起床時刻:06時03分

うんと寒くなってきた。
先日からスキー用タイツ(パッチ)をはいている。
昨日は、コートも羽織るようになった。

夕方、あるエレベーターの前に立っていたら、
見知らぬおじさんから声をかけられた。

「寒くなりましたなあ。」
「ほんと、急に寒くなりました」
「これまで、ずーっとランニングで通してきたけれど、
昨日からとうとう長袖のシャツにしましたわ。はははっ!」
「ランニングシャツですかー」
「パッチなんてものは、いまだにはきませんけどな。」
「寒さにはお強い方なんですね」

ランニングシャツのおじさん、お歳は70ぐらいだろうか。
薄着で元気が自慢の方のようだった。

それにしても、なんでシャツの話まで、
見知らぬ僕にしたんだろうか。
パッチはお嫌いですか。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月24日(木)

起床時刻:06時38分

久々に妻と京都を歩いた。
南禅寺も、永観堂も、紅葉の色づきは今一つだった。
10月、11月の冷え込みもよくなかったから、仕方がない。

観光シーズンは、人が多くて大変だけど、
あいにくの雨の予報だったことと、朝早く出たので、
ひとごみも比較的にさけることができた。


平安神宮近くの「大安」で漬物の試食をたくさんした。
大根、ごぼう、なす、すぐき、奈良漬、・・・。

申し訳程度に、大根の漬物を買って帰ったけれど、
それにしてもたくさん食べた。
ご飯かお酒がほしくなった。


☆「永観堂」の表記をさっきまで、「永漢堂」としていた。
はずかし。永漢の文字は、僕の好きな「邱永漢氏」のことを
コンピューターがよく覚えていたからだろうなあ。




就寝時刻23時 7時間半

日別画面へ

11月23日(水)

起床時刻:06時39分

大学生の上の娘が昨夜から東京へ。

毎日朝の7時頃には家をでて、夜は12時ぐらいに帰ってくる。
学校と、部活と、バイト。
そんな毎日の中、「出張」だ。

とりわけ「新聞部」の部活が忙しい。
取材だ。原稿書きだ。編集だ。と、次々にやることがある。
まるで、いっぱしの仕事みたいじゃないの。

昨夜は、その部活の関係で、夜行バスで、東京へ。
大学のバスケ部の遠征試合に同行して、取材をするのだとか。

楽しいのか、苦しいのか、はたで見ていてはわらない。
ただ、夢中にやっている。
若さ、学生の良さだろう。

それにしても、ようやる!


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

11月22日(火)

起床時刻:06時41分

来年の手帳を手に入れた。
今年を振り返り、来年に思いをはせる。

59歳の小林秀雄が
「最近は隠居について考えています」
そう語っていた講演のCDがある。
ぼくも自分の隠居について考えてみたいとは思う。

隠居など、夢のまた夢だろう。
今の時代、せわしなさすぎる。

来年は57歳になる。

そうだ、そろそろ年賀状の段取りを進めないと。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(4)

11月21日(月)

起床時刻:06時19分

昨日は300メートル泳いだ。
2週間ぶりのプール。

クロールをゆったり泳ぐ領域にまた一歩近づいた気がする。
呼吸の時に、伸ばした手が沈むのを改善しなければならない。

近くの市営プールでの泳ぎなので、費用は安い。
今月は、3回の水泳となった。

これが、スポーツジムに入会してのことなら、
わずか3回の水泳では会費がもったいないと思ってしまうだろう。
もっと頑張って泳がなくては・・・となってしまうだろう。

泳ぎたいと思った時に気ままに、泳ぐ。
上達すれば、それでよし。
ゆったり、ゆっくり。
遊びなんだから。
カッパじゃないんだから。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月20日

起床時刻:04時38分

ちゃんとしろ!
しっかりしろ!
必死にやれ!
朝から晩まで勉強しろ!
塾に入りびたれ!

受験生の次女の生活態度をみていて、いつもいつもそう思っていた。
でも、実際に口に出して言うことはなかった。
マグマのように腹の中で渦巻いていた。

でも、そんなこと、僕なら言われるのが一番いやなこと。
実際、自分の親には何も言われなかった。
自分のことは自分でやるしかない。
娘も同じ気持ちだろうから、ぐっとこらえていた。

昨日、その娘の第二希望校の受験先から合格通知の知らせがきた。
ま、今時は、大学も学生確保で躍起になっているから、
答案用紙に名前を書ければ、どこかの大学に滑り込むことぐらいはできるだろうから心配はしていなかった。
もともと勉強など好きなはずではない娘のことだから、
好きにするのが良いと思っていた。

大学なんかに行くより、料理や音楽の道に行けば良いとさえ、
僕はひそかに思っていた。

ひとは、自分の好きな方向に進むのが一番いい。
たとえ、泥田やいばらの道でも自分が選んだのなら、文句は言えまい。
どの道苦労はあるのだから、好きな道で、もがき苦しむのが良い。
だから、好きにするのが一番と思っていた。

夜、その娘と二人っきりになったので、近くの寿司屋さんへ。
回転寿司より安くておいしい、座敷のある普通の寿司屋さん。

久々に二人で食事した。
まずは、おめでとう、と。

話を聞くと、親の知らないところで勉強をしていたようだ。
唯一の得意科目の国語のできが良かったらしい。

やる時はやるねん!

そう、ぬかしおった。

さよか。

これまで、言いたいことをぐっとこらえてきたけれど、
ま、これで良かったと思った。

あと、まだ受験は残っているけれど、
もう、勉強しないで良いから、本でもたくさん読んで好きなこととしたら、と言うと、これから、頑張るねんと言いよった。

では、苦手科目の英語の得点アップのための特訓をしてやろか。

いやいや、もういいや。
とにかく、好きなように。のびのびと自分の道を行ってくれ。
わしゃ、知らん。

自分の道は、自分で歩くしかない。
喜びも楽しみも苦しみも、自分のものやわな。



就寝時刻22時半 睡眠時間6時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月19日

起床時刻:05時06分

お好み焼きは、粉もの料理のひとつではあります。
でも、これを単に、粉が主体の料理だととらえていると、
関西風のおいしいお好み焼きを作ることから遠ざかってしまう。

お好み焼きは、キャベツと卵の料理。
こう理解すると関西風に近づく。

では、具体的にレシピを。
キャベツの葉の大きなものを2枚ほどをみじん切りに。
薄力粉を大さじ心もち山盛りで2杯をカップ半分強ぐらいのかつおだしの水に溶きます。水分が多いので、ゆるゆるの状態のキジになります。
そこにキャベツを入れ、卵を一つ割り、かき混ぜます。
これで焼きます。焼けます。

焼きあがったら、ソースと花かつおや青のりを載せていただきます。
そうです。粉の量は、びっくりするほど少なくするのがお勧めです。

これがお好み焼きのベースです。
キャベツ料理、卵料理と言いたくなるような感じです。

あとは、自由なアレンジができます。
てんかす(あげだま)、紅ショウガ、ねぎ、豚肉、イカ、エビ、牡蠣。
焼きあがりには、マヨネーズやカラシも良いでしょう。

朝からこんなことを書いていたら、アー食べたくなってきた。

中学の頃、夕方、おなかが空いて晩御飯まで待てなくなり、
おやつに自分でよく作っていたのがこのお好み焼きでした。



就寝時刻23時 睡眠時間6時間

日別画面へコメントを読む(4)

11月18日(金)

起床時刻:05時34分

大阪市長選挙の街頭演説を聞いた。
大阪市内の市営団地の公園の中だった。

聴衆は、60人ほどと、わずかだった。
平日の日中の住宅地ということで、高齢者や女性がほとんど。
演説の内容は、分かりやすく説得力のあるものだった。

大阪府と大阪市の勢力争いで、無駄使いと既得権益の保護の実態を
知れば、だれもが住民の視点で作りかえなきゃ、と思う。
本当に、根性のある誰かがやらないと、・・・。

「みなさん、がんばりやと応援の言葉をくださったり、
写真をとってくださるのですが、選挙の日に投票に行ってくださる人が少ないんです。頼みますよ。」

笑うに笑えない一言だった。

今度の市長選、市民でないので、選挙権はないが、
荒ぶる魂を見せて、既得権益にしがみつく勢力に負けないよう、
がんばってほしいと思った。

それにしても、SP、ようさんおったなぁ。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

11月17日(木)

起床時刻:06時01分

火曜からの四国出張から帰ってきた。
ずいぶん長い間、出かけていたかのように、家に帰ってほっとする。

今朝は、なぜか、芭蕉の句が浮かびあがってきた。

たびにやんで ゆめはかれのを かけめぐる

もっと旅にでていたい、そんな気持でもないのに、
なぜか、この句が出てきた。

今日は、出張の整理などをして、ゆっくりしようと思う。

就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月16日(水)

起床時刻:06時42分

昨日は予約していた朝一の飛行機に乗り遅れ、一便後のキャンセル待ちで、松山空港に着いた。
この路線は、高校三年の受験の時生まれて初めて乗った飛行機だ。

離陸して、機体が上昇する中、何故か僕だけ、グ〜ンと背中が後ろに傾いた。両隣のシートの背中が見えるくらいに傾いた。

うぉー、!すごい急上昇だ。

しばらくして、スチュワーデスのお姉さんがやって来て
「リクライニングは、ベルトのサインが消えてからお願いします」
そう言って座席横のボタンを押して、シートを起こしてくれた。


上昇中のなんらかの拍子にこのボタンを押してしまったらしい。それで、僕だけが、人より激しい「急上昇気分」になっていた。

今日は、徳島。

就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月15日(火)

起床時刻:05時49分

昨日は、2ヶ月間、断続的に続く出張の疲れがでたのか、
しゃきっと起きることができなかった。
目がさめても布団の中でぐずぐず。
結局、10時まで布団の中にいた。

ま、いいよね。たまには。
あせらず、怒らず、のんびりと。

さて、今月の25日金曜日に、
大阪でちょっとしたゼミナールを開くことになりました。
ホスピスのドクターに、本音で医療のことを語っていただきます。

普段なかなか聞けない、医療の本当のところ、
ちょっと知るだけで、うんと安心できる大事なポイントなど、
これまで、2,000人以上もの看取りをしてきたというドクターの
「ざっくばらん」なホントのホントのお話を、
信頼できる仲間うちだけへの「ここだけの」お話として、
ゼミナール形式で、講演をしていただきます。

早起きのみなさんの中で、大阪周辺の人で、ご関心のある方は、
ぜひ、お越しください。

内容は、こちらのface bookへどうぞ。
http://www.facebook.com/event.php?eid=196434847103757


今日は、今から、愛媛に出張です。
ほんま、ようやる。

就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月13日

起床時刻:05時35分

昨夜の宿はカプセルホテル。
日本シリーズと大相撲とで、博多のホテルは、
早くから予約でいっぱい。
どうにか確保できたのが、カプセルホテルだった。

で、やっぱり早起きで、今から、大阪に帰ります。

新幹線のチケットは、
スマートフォンで予約、購入した。
乗る時に
改札で、カードをかざすだけで、スッと乗れる。

便利になったもんです。


就寝時刻24時半 睡眠時間5時間

日別画面へ

11月12日

起床時刻:05時56分

今日は、次女の受験の第一回目。
滑り止め校の試験。

昨夜は、娘の好きなマカロンを買ってきて試験前夜の景気づけをやった。
試験は時の運。
どうか、実力が発揮できますようにという思い。

日ごろ、あまり勉強していないので、乏しい実力というのは
親として良く分かっている。
それだからこそ、ラッキーが降り注ぎますようにと祈る思いが強い。
マカロンで気分良くなってくれれば、それで良い。

さっきから、隣の部屋で、目覚まし代わりの携帯電話がフランプールの曲を繰り返し流している。
娘は、その大きな音にも目を覚まさずに、娘はいつものように
すやすや眠っている。

そうそう、いつもどおりでいいんだよ。

さて、僕は今日も出張で、博多へ1泊2日の旅へ。
ようやる。


就寝時刻12時半 睡眠時間5時間半

日別画面へ

11月11日(金)

起床時刻:05時05分

今朝の日記を書こうと思って画面を眺めていたら、
20111111と数字が並んでいるのが、妙に美しく感じた。

今日は、1がたくさん並んでいる縁起の良い日なのだ。
新しいことをはじめる日にしよう。

就寝時刻22時半 6時間半

日別画面へ

11月10日(木)

起床時刻:04時58分

やっぱり、ぼくは、オペラっていうガラじゃなかった。

ニューヨークのタクシードライバーが、
「オペラは、やっぱりおもしろいもんでげす」と話していたという
日本人旅行者の話を何かで読んだことがあった。
だから、オペラは肩肘張ってみるような芸術というより、
庶民的な娯楽として楽しむこともできるはずだイメージが僕にはあった。

だから、ニューヨークメトロポリタンで
ひと月ほど前に上演されたものが映画館でみられるというので、
昨日はでかけた。

演目は、「アンナ・ボレーナ」
16世紀の宮廷の中での王様と妃、それに侍女の三角関係中心に
悲劇がいくつにも重なっていく。


さすが一流歌手による競演なので、迫力ある歌いっぷり。
ソプラノ歌手の響き渡るような歌声は
こちらの脳天まで揺さぶってくる。
身体全体が音の発生装置か何か特殊な楽器でもあるかのような声量。

ソプラノ歌手の胸元が半分近く出ていて、歌に合わせてそこが
膨らんだりへこんだりするのがとても気になった。

豪華な衣装が王様を王様らしく見せ、
お妃をお妃らしく見えさせていた。
「服装が、人を作る」
そうだ、ぼくもおしゃれしてみたい。
そんなことをふと思った。


それにしても、オペラ劇の、激しい感情のほとばしりの連続。
悩み、苦しみ、怒り、悲しみ、願い、祈り・・・・。

男が女を誘い、女が拒む。
ワーワー、キャーキャー。

激しい感情のほとばしりは、時に神への祈りを通じて、
ますます激しい歌声になる。
愛を伝える時も、相手を憎み、悲しむ時も。

見事な歌唱力によって、現実世界を忘れ、
ぐいぐい劇の中に吸い込まれていく。

男女が同時に歌っている時、片方は、求愛をし、
片方は、それを押し返す言葉を歌にしている。
一緒に歌っているいるのに、全く正反対の言葉を互いにぶつけている。

言葉の内容は、かみ合っていないのに、
歌としては、見事にかみ合っている。
それが時には3人が違う内容を同時に一緒に歌っていたりする。
みんないうことがバラバラなんです。
それなのに歌としては、一つになっている。

みんないうことがバラバラって、
我が家の居間でもよくおこっていることじゃないの・・・。


この初オペラ鑑賞、
実は、残念なことに心底堪能することは出来なかった。

それは、「神よ助けてくれ」「神を呪ってくれ」とかいうセリフが出るたびに、絶対者を想定した一神教の世界観が気になったから。


こなた日本は、八百万の神の世界。
豊かな自然に準じて、神仏への祈りは、
感謝と成り行きまかせのこだわらない穏やかなもの。
「唯一絶対神」に激しく向き合うような西洋の世界観と日本のそれとは全く違う。そのことが妙に気になった。

西洋物はやっぱり、バタ臭い。
若いころは憧れでもあったのに。

ま、仕事に疲れた頭をすっきり切り換えることはできた。
めちゃめちゃ楽しかった、というものではなかったけれど、
また、見に行こうとは思う。

オペラには、今回のような悲劇だけではなく喜劇も含めて
いろんな作品があるだろうから、
まずは、このメトロポリタンシリーズの11作を
来年にかけて追いかけていこうと思う。

映画の後はリフレッシュして仕事に向き合うことができた。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間

日別画面へ

11月09日(水)

起床時刻:06時24分

昨日は、家に着いたのが夜の11時を過ぎていたので、
今日はゆっくり遅くまで寝ていようと思っていた。

でもやっぱり、歳がいくと、勝手にめがさめちゃんだなー、これが。
9時や10時、時にはお昼を過ぎてもぐずぐず寝ていたという
あの若いころのグータラな暮らしが懐かしいですわ。

さて、今回の出張も大きな成果を得ることができたと思う。
「新しい薬局」のあり方について、
熱烈な賛同者をまた見つけることができた。
これで来年へ向けての仕込みは、ほぼできたことになる。

昔、だれかが言った。
「山は動いた」
そんな感覚が僕の中でうごめいている。
ちょっとワクワクしています。


さて、今日は、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で、
世界のトップ歌手たちによって上演されたオペラを見に行こうっと。

正直、オペラってガラじゃないけれど、
本場のオペラってどんなもんじゃいと言うぐらいの気持ち。

もちろん、ニューヨークまで飛ぶわけには行かない。
今なら、京都の映画館で、迫力ある世界を堪能できるらしい。
10時~14時まで、なんと4時間の長丁場。
お昼ごはんはそれからか。

なーんだつまんないと思うかもしれないけれど、
まずは体験。
行ってみよう。

就寝時刻24時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

11月08日(火)

起床時刻:06時08分

広島のホテル。
洗面台でアワを付けて、ヒゲを剃っていると、
ふと、子供の頃の親父の姿がよみがえってきた。

息が白く見える冬の朝。
母が沸かしたお湯を洗面器に入れて、小さな鏡の前で
顔半分をアワで白くなった所に、カミソリをあてていた父。

黙ってあまりしゃべらなかったなあ。
僕の知らない世界で、仕事に奮闘していたのだろう。

なんか急におやじと話をしたくなった。
出張から帰ったら、90歳のおやじの話をきいてみようっと。

生きているというのは、コミュニケーション。


今回のホテルのベッドはシモンズ製のものだったせいか、
珍しく良く眠れた。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月07日(月)

起床時刻:05時21分

映画「ライフイズビューティフル」を観た。
これで2回目。

ユーモアと家族への深い愛情。
どんなに苦しい時も、それを貫いたイタリア男のかっこ良さ。
後半は、涙で顔がぐしゃぐしゃに。

レンタルは卒業して、この映画のDVDを買って、
時々、心の洗濯することにした。

今日は、今から広島への出張。

日別画面へ

11月06日

起床時刻:05時54分

今月に行うセミナーの件で、ホスピスのドクターと打ち合わせをした。

これまで、2000人以上の看取りをしてきたという先生。

終末期の現実を知ることで、今スグにできる大事なこと。
そのことに気づき、いろいろ役立つそんなセミナーになりそう。

準備を急ごう。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月05日

起床時刻:06時21分

昨夜は、通天閣の下あたりを友人と、うろついた。
ライトアップされた通天閣は、美しかった。

就寝時刻24時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

11月04日(金)

起床時刻:05時48分

母と兄、それに姉がやってきた。
父と弟は都合で、来れなかったけれど、賑やかな夜だった。
よく食べ、よく飲んだ。

兄は、来年定年を迎える。
定年後は、岐阜の山里で、自給自足の生活を始めるという。
もうすでに現地で畑仕事などを何年も前から始めている。

サラリーマンには定年があるから、「その後の人生」という考えがある。
長い間お疲れさまでした、という声がかけられるのだろう。

僕には定年がない。
死ぬ直前まで、仕事をしていたい。

僕にとって、仕事とは、収入源でもあるけれど、
「人との交わり」という大事な活動だから。


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間半

日別画面へ

11月03日(木)

起床時刻:05時43分 06時53分

疲れをすっかり払い落したい。
そんな気持ちで、目をつぶった。

いつもは、朝方目が覚めるとぱっとすぐに起きるのだけれど、
今朝は、「まだ、まだ」とタズナを引き寄せるようにして、
目をつぶっていた。

おかげで、9時間も布団の中にいた。

元気を回復したような朝。


就寝時刻22時 睡眠時間9時間

日別画面へ

11月02日(水)

起床時刻:04時16分

なんだかほとんど眠れないので、起きることにした。
いつもなら、布団にはいったら、ものの1分もしないうちに深い眠りに入り、朝までぐっすり眠るのに、昨夜は、2時間ほど眠って、1時過ぎに目が覚めてから、寝返りばかり打ちながら、頭がさえて眠れなかった。

今月に開くイベントのことで、いろいろ思い巡らせているうちに
ますます眠れなくなった。

ま、こんな日もあるよね。


で、眠れなかった理由とは何の関係もないけれど、今、
ふと思い浮かんだので、メモとして。

シジフォスの神話のこと。

大きな岩を尖った山の上まで運び上げるという罰を受けたシジフォス。
もうすぐ頂上だという時に、その岩は転げ落ちる。
それで、また初めからやり直して岩を山の上に運び上げる。
するとまた、頂上付近岩がゴロゴロ落ちてゆき、振り出しに戻る。
これが永遠に繰り返される。
無意味と分かっていても、それをやらなければならない。
逃れることのできない罰。不条理。

この不条理さを、よしこれは自ら望んで引き受けた、
ととらえなおすことで、新しい自分に出会い、元気なれる。
昔流行った「実存主義」のひとつのお話。

僕は、苦しい時、この話を思い出して勇気を奮い起してきた。


就寝時刻23時 睡眠時間5時間

日別画面へ

11月01日(火)

起床時刻:06時19分

昨夜は善さんと飲んだ。
知り合って30年ほどになるけれど、会うのはほんのたまーに。

互いの近況報告。
よくもまあ、お互い、これだけ奮闘してきたなあという感慨。

彼は商売の失敗で一時6000万円の借財を抱えた。
それもきれいに返し、今は、たいそうなお金持ち。
ここ一番の奮闘、気合いがすごい。

スリリングな人生、生の話は面白い。


就寝時刻23時半 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)