201201 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:50 平均起床時刻:06:11

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月02日(月)

起床時刻:07時09分

新年、おめでとうございます。
今年も、どうぞ、よろしくお願いします。

さて、昨日は、家族4人そろって京都のお寺にお参りに。

「AKBのお二人さん、これをどうぞ」
娘ふたりが、お寺の人に、ちょっとしたお土産をもらった。

娘たちが照れながらも喜んでいた。
AKBと声をかけたお寺の人こそおもいっきり照れていたけれど。

家では気づけない娘たちのある一面を見ることができた。
よい1年のスタートとなった。


就寝時刻23時  睡眠時間8時間

日別画面へ

01月03日(火)

起床時刻:06時06分

腹八分。
それではおっつかないから、腹6分。
気をつけないと、いつのまにかおなかいっぱいになるまで食べてしまい、あとで、あー食べすぎたと思うことになる。
後が苦しい。

下腹というか、胃袋あたりというか、いつのころからか膨らんだまま。ほていさんのようなおなかにはまだなっていないものの、ぶざまな姿から脱却はしたい。

腹6分という言葉では、行動を規定できない。
今年は、「後もうちょっとのところで、箸を止め」ということにしよう。

飢えた狼で行こうか。

それにしてもまた、また食べすぎた。



就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

01月04日(水)

起床時刻:06時43分

昨日は、ここ数年恒例になっている京都下賀茂神社へ。
みんなでおみくじをひいて、言葉に一喜一憂する。
たわいもないことだけど、
自分を振り返り心に目を向ける大切な我が家の行事。

そういえば、伊勢神宮にはおみくじがない。
お守りや、神棚は売っているのに。

「ひとびとの心を乱すようなことはできないので、
ここではおみくじをやっていません」

お店のある人は、かつてそう教えてくれた。

ビシッと緊張感の漂うお伊勢さんは大好きだけど、
正月は、お祭り気分でおみくじでワイワイが我が家には似合う。

心はちぢに乱れて生きていく。
それもまた、楽しからずや。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

01月05日(木)

起床時刻:06時13分

大学生の娘によると、まわりはほとんどスマートフォンだという。
携帯電話を使っているのは、まずいないらしい。
わずか1、2年の間の急激な変化ではないか。

携帯電話といっても、もともと話すよりメールでの使用が多かっただろうから、ネットもできるスマホへの移行は当然と言えば当然か。

しゃべるよりメールの方が増えて、しゃべるのが苦手ということにならなければよいが。

今年は、しゃべるということを見直したい。
声の調子、大きさ、響き具合、高低・・・

面と向かって話す時のように、顔の表情、身振り、手振りなどで
伝えることができない分、音でいろいろなものが伝わってしまう。

今年は電話の使い方を向上させたいな。

「あのー、モシモシ、おとうさんですかぁ~?」
藤山寛美さんのあのインパクトのあるフレーズのような何かを
自分も開発したいな。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

01月06日(金)

起床時刻:06時36分

You Tubeを利用すれば、
懐かしい音楽を映像付きで好きなだけ楽しむことができる。
そのことは知っていた。

でも、タイトルを思い出して、検索して探すのは面倒だなあと思っていた。

昨日、そんな手間を一切かけずに懐かしい音楽を楽しめる方法を知った。

iPhoneのソフト、「思い出ソング」

自分の生まれ年をセットすると、
12歳、13歳、14歳と年代を選ぶことができる。
すると自分のその年齢の時に流行っていた音楽をYou Tubeで聞くことができる。

まあ、なんと楽しいこと。

試しに、昭和46年、僕が高校一年の時の曲をざっと見てみた。
「雪が降る」 アダモ
「悲しき鉄道員」 ショッキングブルー 
「ある愛の歌」 フランシスレイオーケストラ 
「知床旅情」 加藤登紀子
「また逢う日まで」 尾崎紀世彦
「ナオミの夢」 ヘドバとダビデ
「小さな恋のメロディ」 ビージーズ
「京都慕情 渚ゆう子」
「霧の中の二人」 マッシュマッカーン
「男の世界」 ジェリーウォレス
「この胸のときめきを」 エルビスプレスリー

まだまだ、ある・・・。

分かる人には分かる。
懐かしくて、心がぶるぶる震えるのではないだろうか。
あの頃の自分が、戻ってくる。

思えば、この50年ほどは、夢のようにすぎていったのだなあ、と。
楽しかったこと、苦しかったこと、・・・。
いろんな体験をしたなあ。


「思い出ソング」というソフトは、たったの85円。
こりゃ、すごいわ。
画面をタッチするだけで、好きなだけ楽しめる。
昭和48年や昭和56年にも飛んでいける。

似たようなソフトに「洋楽ヒット曲」というのもある。


あー、もう、仕事できなーーーーい。
今日は、朝から、遊んじゃうか!


今年は、じいちゃんにこのiPhoneを何とか買ってあげたいな。


就寝時刻24時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

01月07日

起床時刻:07時11分

昨日の夕方、テレビの天気予報で、予報士のお兄さんが
「これから最後の追い込みですね」
と、ひとこと言った。
センター試験を受ける受験生への励ましの言葉だった。

横に座っていた高三の娘が
「これから追い込みって、なんのこと?」と聞いた。

「あんたのことやんか。14日の試験を前に、もうひと踏ん張り試験準備に精を出してくださいねって、応援してくれてるんやんか」

「そっかー」と、ニヤッと笑った。
自分が受験生だとは思っていないのではないか、という感じ。

そうだろう。
11月には滑り止めの大学から合格通知をもらい、
一つの峠をもう越えたという安堵感で迎える最後の試験。
正月も存分に楽しんだ。
センター試験も私立大学受験のためだから、科目も少ない。

自分の頃は、国立1期校、2期校の時代だから、3月初めと終わりごろまで試験があった。しかも国、英、数、理(2)、社会(2)。
正月も関係なく机に向ってた。
それに比べると娘は暢気なもの。

のんきで良かった。
あまり、しゃかりきになられるのもなあ。


昨日の夜、江角マキコさんが専売公社のバレー部にいた18歳から19歳の頃過ごしたという大阪の地を20年ぶりに尋ねるという番組をやっていた。
自分たちの住んでいる街にロケでやってきていた。
実業団バレーに所属していた時の苦しい日々と挫折した青春時代を振り返り、彼女は涙ぐんでもいた。

バレーは好きだったけれど、できたら大学に進んで将来は学校で体育の先生になりたかった。でも、父親を亡くし、経済的理由もあって、実業団にスカウトされて、島根県から大阪の寮生活へ。仕事とバレー。厳しい上下関係の中での下積みの日々。
苦しい、苦しい日々。
あまりの苦しさに寮をスリッパのまま飛び出して故郷の島根に逃げ帰ったことも。
彼女にとってはきれいに忘れて、二度と振り返りたくない18歳19歳の青春時代。

その苦しい時代を過ごした大阪の郊外の街にやってきた。
駅に降りるなり、泣いていた。
当時の仲間を前に泣いていた。
僕の良く知っているお好み焼きやのお店の中で泣いていた。

美しい涙。
美しく、清らかな姿に、江角さんが好きになってしもうた。

青春時代の挫折。
ここから立ち上がること。
やっぱりこれは財産。
艱難汝を玉にす。

娘に財産を持たせてやりたいけれど、・・・・。
まだ、死ぬわけにはいかない。


就寝時刻23時 睡眠時間8時間。

日別画面へコメントを読む(2)

01月08日

起床時刻:05時32分

昨日は、初泳ぎ。500メートル。

クロールの息継ぎの時、水中に伸ばしている手がどうしても下がる。
昨年、その課題の解決方法を教えてもらったと思ったけれど、
実際に試してみると、理屈通りに簡単にはうまくいかない。
まだまだ、練習しなきゃな。

とはいえ、新人ゴルファーのように、駅のホームでクロールの息継ぎの練習はしないでおこう。

プールの後は、スーパー銭湯へ。
ジャグジーに、露天風呂、水風呂、サウナ。
泡ぶろの中で、「寝ころぶように」座って、泡にはじかれる。
あ~、ごくらく、ごくらく。
休日、久々の「快適黄金パターン」であった。

そう言えば、引っ越してから、スーパー銭湯へ行く回数が減った。
家の風呂がひろくなり、足を延ばしてゆったりつかれるからなあ。
サウナもあるしなあ。

そうだ。
風呂のドアに「極楽湯」のプレートを付けよう。
この「ごくらく」というフレーズが大事なのだ。

妻にそのことを言うと、
「女湯」という文字も書いといて、と。

娘二人に妻だから、数の上では女にかなわない。
妻は女優先と言いたかったのだろうか。

ええよ。
僕は、それで、いつも女湯に入ることができるんやから。
あはは。

就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

01月09日(月)

起床時刻:06時24分

スーパー銭湯の脱衣場で、激しいめまい。
ふらついて、着替えることもままならない。
このまま、こと切れるのかという激しい不安。

それでも、しばらくじっとしていたら治まるだろう。
治まって欲しい。

あと10分経過しても、まだ様子がおかしいようなら救急車を呼んでください、とすぐ近くにいる人に声をかけた。

どうしてスグに救急車を頼まなかったか。
たぶん治まってくれるだろうと思ったからというのが一番だけれど、
もうひとつ大きな理由は、その日身に着けていた下着のまま、
病院に運ばれるのはどうしてもいやだった。

その時、はいていたのは、黒のTバックのパンツ。
そりゃ、恥ずかしいわな。

昨日、前に住んでいた街の小学校の校庭で開かれたどんと祭りで、神社の宮司さんが祝詞をあげている最中に、ご近所の友人がそんな体験談を話すものだから、笑いをこらえるのに苦労した。

就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(2)

01月10日(火)

起床時刻:06時17分

娘の成人式。
着物姿がまぶしい。

自分の頃は、式典があったのかどうかも記憶にない。
そんな式典にちゃらちゃら出で、何が嬉しいと憎まれ口の一言でもいいそうになる。

でも、娘が嬉しそうにしているのは、ともかくこちらも嬉しい。




就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(4)

01月11日(水)

起床時刻:05時43分

心はある。
まちがいなく実在する。
ぼくはしっかり、そのように考えていたい。

目に見えなけれどある。
こう認識することで、心をより良い状態にしようと
少しは、僕も注意深くなれる。


昨日、阪急電車の扉のところでブツブツ独り言を言っている若い女性がいた。
ブランドものの高級そうなバッグに、小ぎれいなファッション。
一見、シャキッ!としてそうなのに、窓の外を見ながら、
なにか不満があるのだろうか、ブツブツ言っている。
朝だから、酔っ払いではないだろう。

マスクをしているので、最初は気づかなかった。
ブツブツブツブツ。止まらない。

心が、怒りか、悔しさか、何かで、ずたずたになりそうなのか。
独りごとで紛らしているのかもしれない。
それほど苦しいのかもしれない。
心が悲鳴をあげているのだろう。


梅田の阪神百貨店近くの地下街いる、浮浪者のある兄ちゃんも
独りごとをよくいっている。

ボロボロの服で、半径5メートルの範囲に入ると、
ものすごい臭いがするような生活。
いろんなものが入った紙袋を5つほど自分の周りにおいて、
壁を背に立っていることが多い。

ある時は、壁に向かって、手を合わせ、上の方を仰ぎ見て、
少し大きな声で、祈りをささげているような姿を見たこともある。

彼の心は、ぎりぎりのところで必死に持ちこたえようとしているのだろう。


感受性が強すぎるというのだろうか。
甘いというのだろうか。
弱いというのだろうか。

とてつもなく苦しく、悔しい思いをすることは誰にだってある。
そんな時、心をコチコチにしていると修復しずらくなるくらいに
心がズタズタになってしまうに違いない。

「般若、ハラミッター」
魔法の言葉を知っていれば、ちょっとは役立つだろうに。
「こだわらない。とらわれない」
これも魔法の言葉。


僕は、心は実在すると考えているから、ほんと、そう思う。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

01月12日(木)

起床時刻:06時14分

自営業だから、定年はない。
退職金もない。
ずーーーと働き続けねばならない。
家のローンも80歳近くまである。

あははー。
そんなに長く、生きてますかいな。

今しかない。
さっ、今日も一丁、がんばんべー。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

01月13日(金)

起床時刻:06時26分

朝6時前に起きて、7時過ぎには家を出る。
帰ってくるのは、10時ぐらいか、午前0時頃。
ほぼ、毎日のようにこんなサイクルで暮らしている。

これ、僕ではなくて、大学2年の長女の生活。
大学までは1時間ほど。
授業と、部活と居酒屋でのアルバイト。

ようやる。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

01月14日

起床時刻:06時41分

平家物語と聞いて、すぐに連想するのは、
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」
小学校の時に暗唱させられたあのフレーズ。

でもなあ、NHKで松ケンが1年に渡ってこれから披露してくれるであろう
猛々しい武士の姿は、そんな他人の解説など無縁だろう。

新しいことに挑戦し、これまでの常識を打ち破っていくエネルギーが
ほとばしる。
そんな風に生きてこそ、「つわものどもの夢のあと」がある。
最初から、諸行無常があるのではない。

少なくとも、その時代を生きている当事者は、ワクワクドキドキ。
なんでもできる。なんでもやってやろうじゃないの。
そんな湧き上がるパワーに満ち溢れて、新しいことに挑戦することこそが
生きる証だろう。

そういう奮闘努力の中の栄華があったその後で、
諸行無常という言葉が出るくる。
まずは、いきいきと生きてこそ。

諸行無常は、やっぱり老人の言葉なのだろう。


昨日、中国の若い人と食事をする機会があった。
彼の話、生きざまを聞いて、
新しい時代を切り開こうとするエネルギーのほとばしりに圧倒された。
若々しい魅力にあふれていた。

僕らは注意しないと、ただの老人になってしまう。


そうだ。
今日は、娘の受験の日だ。



就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へ

01月15日

起床時刻:07時08分

元住んでいた街のPTAの親父の集まり(ジャオピー)の新年会。

PTAというのは、小学校に通う親の組織。
たいていは、お母さん方にまかせっきり。
それではいけないと、親父たちが集まり、何かと学校行事の支援を行い、男どおしの交流を深めてきた。

歳を経て、子供は中学、高校、大学、社会人となり、
親父たちもジジイに近付き、現役PTAに自分の息子であっても不思議ではない若い年代の後輩たちが増えた。

それでもずーっと長く、交流が続いているのは、どんど祭りや夏祭り、餅つき大会、それに2カ月に一度の飲み会があるから。

今度、バス旅行に行きましょう。
昨日の新年会では、こんな提案がなされた。

おやじの集まりもいよいよ敬老会のようになってきた。


就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へ

01月16日(月)

起床時刻:06時41分

昨日の夕食は、腹6分に成功した。
たくさん食べたいのをぐっとこらえることができた。

なんだかうれしい。

ゆっくり食べること。
良く噛むこと。
満腹になろうとしないこと。
必要な栄養だけいただければ、それでいいと思うこと。
口の中に、食べ物をほうばらないこと。

こんな風に頭の中でブレーキをかけていると、
そのうち脳天から煙がでるかもしれないな。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(2)

01月17日(火)

起床時刻:06時32分

30歳代の若い人と新しい仕事の打ち合わせをした。

話をしていて、希望に胸ふくらませているのが伝わってきた。
自分がわくわくするのも嬉しいが、
相手がわくわくしていると感じられるのは、もっとうれしいな。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

01月18日(水)

起床時刻:06時15分

アルボムッレ氏の祈りを久々に聞いた。
心にしみわたる。

ちょっとしたことで感情が高ぶったり沈んだり。
どんなにかっこをつけようとも、やっぱり四苦八苦の世界を暮らしている身には、この清浄な世界の声を聞くことが心の洗濯には良い。

今日から金曜まで、仕事で鹿児島へ。
お天気なら、生まれて初めて桜島を見ることになる。

行ってくる。

日別画面へコメントを読む(2)

01月21日

起床時刻:05時41分

3日間の鹿児島出張から帰ってきて、ほっとした。
やっぱり家がいい。
旅先のホテルでは、ぐっすり眠れないな。

それにしても桜島を仰ぎ見るのはいい。
山が「生きている」かのように、今も噴煙を吐きだしている。

桜島の「マグマ温泉」のお湯につかって、
すっかり極楽気分を味わった。

また行きたいなあ。

就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

01月22日

起床時刻:05時21分

昨日は、手帳の勉強会に参加した。

手帳の勉強会というのも変な話だけれど、
「マンダラ手帳」を上手に使いこなして、
人生を豊かに過ごそうという実践的な勉強会。

大阪では、年に4回ほどその交流会がある。
「井戸端会議」と称して、8人ほどでワイワイ。
女性が多いので、お話は延々と続く。

仕事のこと。家庭のこと。子供のこと。
時には、赤裸々な告白めいたお話も・・・。
参加するようになって、3年。



昨日は特別講師のメルマガ「がんばれ!社長」の
武沢さんを囲んでのスペシャルだった。
http://www.e-comon.co.jp/

その武沢先生の関係で、参加者は、
なんと北海道や富山、愛知、岡山など、遠方からの方も。


勉強になりました。
仕事に活かせるヒントも山ほど頂きました。


2次会は、激安のふぐ料理のお店へ。

その後、大阪の繁華街を皆と歩いていたら、
たまたまそばを通りかかった20歳代の若い女性に声をかけられた。

「いやー、○○さん!」

偶然、ひょんなところで、人に出くわすことは、
これまでによくあったことだけれど、久々にまた、それが起きた。

彼女、トレーニングジムのインストラクター、筋肉大好きっ娘。
ボーイフレンドとの新年会の帰りらしい。


さて、今年も「バッタリの出会い」が、まだまだありそうな予感です。

それにしても、やっぱりねえ、
「犬も歩けば棒に当たる」もんだなあ。


そうだ。
今夜は、早起き村のdragokuuさんの新年会がWEB上であるんだ。
参加しよーっと。

日別画面へ

01月23日(月)

起床時刻:05時58分

昨夜は、doragokuuさんちのWEB新年会に参加させていただきました。

遅刻したのと、場の空気を読めてなかったのとで、
ちょっと恥ずかしい思いをしました。
実は、お題のネタである「恥ずかしい話」を山ほど用意していたのですが、
センスのない登場、それ自体が、恥ずかしいことでした。
おそまつ!

今度は、ぜひ、もう少し、スマートに参加させてもらいます。
どうぞよろしくお願いします。


昨日は、大学生の長女の運転する車で、近くをドライブ。
免許を取って1年。
半年ぶりにハンドルを握らせたが、不安感のない運転でほっとした。

娘の横で、助手席に座る喜びを久々に味わうことができた。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

01月24日(火)

起床時刻:06時18分

昨夜は、友人のホスピス医が、大学で講演をされた。
2000人以上もの人の看取りにかかわってきた先生の話は、
大学で緩和ケアをされているドクターやナースにとっても
新鮮で興味深いもののようであった。

少子高齢化の延長線にまもなく「多死社会」がやってくる。
50歳を過ぎたぼくらは、この世の限りのことを
一度はリアルに考えておく必要がある。

そして、今を存分に楽しむ。

ギリギリの最後には、どんな風に仕上げをしていくのか。
そのキーポイントのひとつは、やっぱり家族関係だな、と思う。


就寝時刻24時 睡眠時間6時間

日別画面へコメントを読む(4)

01月25日(水)

起床時刻:05時49分

昨日は、この1年ほどをかけて準備してきた新しいプロジェクトの
プレゼンテーションを、とあるところで行わせてもらった。

その道のプロのひとたちに、ぼくらの思いを聞いてもらうことができた。
おかげで、また大きな一歩を前に進めることができた。

自己紹介で、自分の過去にやってきた仕事の一つとして、
「月間エアライン」の雑誌のことを話したら、
http://secure.ikaros.jp/sales/AM.html
その本、中学生の頃、ずーっと読んでました。
という人が一人いた。

うれちかった。


夕方、定年退職して新しく会社を設立するという知人が開く
ホテルでの披露パーティに招待してもらっていた。
60人ほどの参加者の中にひとり、偶然にも別の知人がひとりいた。

今日一日で、偶然の出会い、再会があった。
22日の日曜日の日記で書いたことが、早くももう二度起きた。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

01月26日(木)

起床時刻:05時39分

昨日の夜は「エル.ブリのヒミツ 世界一予約のとれないレストラン」という映画を見た。
スペインにある前衛的なレストランで、一年のうち半年営業して、残りの半年は次の半年のための新メニュー作りだって。
もの作りの楽しさが溢れていた。
新しいプロジェクトのヒントがいっぱい沸いてきた。
良かった。


今日は今から、大分。
行ってくるぅ。

日別画面へ

01月27日(金)

起床時刻:06時29分

大分は雪だった。高速道路の閉鎖で、約束の地に着いたのは11時。5時半に起きて移動で5時間半。
ふ〜。

夜は、20名ほどの宴会。
二次会はカラオケ。
蟹工船と二人の大阪を歌った。

誰かがAKBの「ヘビーローテーション」を歌って、おっさん20名が踊った。
異様なほどの盛り上がり。
子供には見せられない。

最後は、皆で肩を組んで「さらい」を大声で歌った。

今日は大分二日目。
しっかり仕事しようっと。

日別画面へコメントを読む(2)

01月28日

起床時刻:05時01分

豊後水道のある大分は、魚が美味しい。
地元では、釣りに夢中な人も少なくない。

昨日の夕方、一緒に仕事をしている人が、夕方4時ぐらいになるとソワソワし出した。

夜8時ぐらいには、狙いを定めた波止場に向かうと言う。
高級魚とされるアオリイカを釣る楽しみ。

大変な名人らしく、ひと晩で20杯以上釣ることもあるとか。
胴体だけで20センチから30センチもの大きなものも釣れるらしい。

夕方になると何人もの釣り仲間から携帯電話に連絡が入ってきた。
ここ大分には、「西田敏行」のような幸せなおっちゃんが何人も居る。

この釣り名人、波止場でヒラメも釣ると言う。

仕事もそこそこに。
大分県は、豊かな邦だ。

就寝時刻23時 睡眠時間6時間

日別画面へ

01月29日

起床時刻:06時01分

大分からの帰りの飛行機。
綿帽子のような白い雲がふわふわ浮かんでいる上を飛んだ。
青空に雲がきれいだった。
カメラを取り出し翼の向こうの空を撮った。

雲の上はいつも晴れ。
場所が変わると意識も変わる。

大阪の伊丹空港について、
たこ焼きを食べてから家に帰った。

途中、万博公園のところで太陽の塔が
ぬーっと立っているのがおかしかった。
顔が輝いていた。
思わずカメラを向けた。


就寝時刻22時 睡眠時間8時間

日別画面へ

01月30日(月)

起床時刻:05時05分

昨日は、旅の疲れを落としにスーパー銭湯に行った。
いつも行っていたところではなく、引っ越して近くになった別の極楽湯へ。

これまでのところの2倍の広さはある。
白濁したお湯や、ゆずの香りのしたお湯、あひるちゃんの浮かんだお湯など、露天風呂もたくさんある。
マッサージ機や仮眠室もあり、漫画や雑誌を読むスペースもゆったりしている。食事処はもちろん、1,000円でできる床屋さんもある。

バレンタインデーには、チョコレート風呂さえ、企画されている。
これはもう、超極楽じゃないの。

ホントはプールで河童のように泳ぎたかったのだけれど、
どうも、体力の回復に自信がなかったから、お風呂のお湯だけにした。

就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へ

01月31日(火)

起床時刻:06時08分

羊の串焼きをいただいた。
お店の人がテーブルの炭火で焼いてくれる。
香り高く、柔らかく、じゅわーっとおいしい。
中国東北地方での食べ方だそうだ。
近頃早起き村で話題のジンギスカン。

副菜に、くうしん菜やパンチの利いた香りのパクチーを食べていると、
異国にやってきた気分。
ご案内した友人も喜んでくれた。

肉を焼いてくれたのは、中国からの留学生。
東京にも半年いたそうだけれど、あまりに人が多いのと、
同じ中国から来た学生たちも忙し過ぎて、冷たくて
ツンツンしてきたので大阪にやってきたと。

大阪は、みんな落ち着いていて、親切で、好きです、とニコニコした。

こんな人にこそ、日本の大学で学んでほしい。
日本を好きになってほしい。
心斎橋筋をわがもの顔で歩く中国からの観光客は、どうも嫌だけど、
日本に住んで、日本で学ぼうという人こそ大事にしたい。

日本人の普通の暮らしを少しでも知る中国の若者が今から
少しずつ増えていくことが、とても大事なことだろうと思った。

かわいい女子学生だから、よけいにそう思った。

就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ