201204 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:50 平均起床時刻:05:53

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

04月30日(月)

起床時刻:06時26分

この3日間ほど、早起きができなくなっていた。
夜更かしをしていたというわけでもないのに、
朝、ぱっと布団から出られなくなっていた。

どうしたんだろう。
いやだなー、と思ってはいたが、
その嫌な感じをはねのけることができなかった。

まっいいや、とやり過ごすしかなかった。
そんな時もある。
人生いろいろ。

土曜日に、京都にできた新しい水族館に家族で出かけた。
お目当てはイルカショー。
飼育員の言うことを聞かないイルカちゃんにてこずるところが
見られるショーだと聞いたので、小学生もいないのに、
水族館に出かけた。

300人ほどの観客の前で、イルカショーはわずか10分ほどで終わった。
どうやら、演目をうんと減らしたようだ。

ショーの後、1頭のイルカちゃんがステージのどんと上がって
ひとりでポーズをとっていた。

へへへっ、人間の言うことなんか聞いてやるもんか。
とでも言っているようだった。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(4)

04月25日(水)

起床時刻:05時45分

スマートフォンの電話帳の友人のところに写真を登録した。
ロングヘアのかつらをかぶった写真。
男なのに、ロングヘアで、一目で笑える。

電話がかかってくると、画面いっぱいにその写真が表示される。
あはは、電話に出る前から笑ってしまう。

はやく、また電話かけてきて~と思う。

若い人は、好きな人の電話に写真を貼り付けて、胸をキュンキュンさせてるのか。
焼けるなあ。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

04月24日(火)

起床時刻:05時34分

鳴門の鯛。
徳島の鳴門で採れる天然鯛。

昨夜は、ちょっと酔って帰る道に鳴門のたいやき屋さんが
あったので、買って帰った。

鳴門がついていても、天然の鯛とは関係ない。
ちょっとしたしゃれだろう。

餡は、小豆のほかに、鳴門金時があった。

なるほど、なると。

就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

04月23日(月)

起床時刻:06時34分

ぽっこりおなかの人が随分多くいる。
街中ではなかなか分からないが、
銭湯の湯船につかっていると、そのぽっこりさんがたくさんいることに
気付く。

おへその周りがぽっこりふくらんでいる。
老いも若きもぽっこり。

食生活と運動。
これが大いに関係しているのだろう。

ぽっこり民族。
平和の印なのか。

腹筋しよーっと。

就寝時刻23時 睡眠時間8時間半

日別画面へ

04月21日

起床時刻:06時28分

大分県佐伯市というところに行ってきた。
ここは、豊後水道、黒潮のお魚が豊富な街。

地元の人の話によると、回転ずしチェーンがこれまでいくつも出店をしては
撤退していくことを繰り返してきたという。
もともと寿司屋さんも多く、そちらの方が結局勝ち残る。

地元の寿司屋さんに入った。

新鮮で大ぶりのネタがどんとのっかっておいしい。
ランチでもお寿司だから1000円以上はするけれど、繁盛している。

九州のあちこちにいったけれど、回転すしのお店がひとつもないというのも
珍しいのではないだろうか。


漁場の近くでは、やっぱり本物の寿司屋が元気でした。


就寝時刻22時 睡眠時間8時間半

日別画面へコメントを読む(2)

04月18日(水)

起床時刻:05時25分

寝ころんだ時、みぞおちの少し上のところに堅いしこりがある。
1年ほど前に気付いて、時々触ってみる。
少し大きくなったようだ。

そう言えば、どうもここのところ体調も思わしくない。
身体全体がだるいようにも思う。
シャキッ!と、背筋が伸びるような元気が湧きあがってこない。
このしこりが何かを表しているのだろうか。

友人の先生に触ってもらったら、
あっ、これは軟骨が変形して、堅くなっているんやわ、と。

病気でもなんでもなく、ただの老化だと。
そんな人、時々いるって。

さよかー。
ただの老化かえ。
病気じゃないんだ。
ただの老化なんだ。
ほっとした。

さあ、ゆったりと熱燗で日本酒でも飲もう。

明日のことにわくわくすることばかり追い求めるのではなく、
過ぎ越した昔を味わうゆとりを思い出そう。

あっ、朝からまったりしている場合じゃない。

さっ、今日は今から、大分へ。
行ってくる。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

04月17日(火)

起床時刻:05時48分

タケノコを食べた。
竹の子供なんだから、よくもまあそんなものを食べるとは思う。
おいしいというのも変な話だよな。

調理と、季節の味わいのおかげか。

アクは、お湯にぬかを入れて取るけれど、
一度炊いたタケノコを天ぷらにすると、アクが抜ける。
アクが強いと、口の中がチクチクする。

鮮度のいいタケノコなら、アクはほとんど感じないけれど。

ぬか風呂ってないのかな。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

04月16日(月)

起床時刻:05時53分

今朝も朝から温風機をつけた。
4月半ばというのにまだ、少し寒いと感じる。

運動不足がいけないのだろう。
脳の血流も悪い。見えているわけではないけれど。

今日はしっかり体を動かそう。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

04月15日

起床時刻:05時57分

昨日は、妻とふたりで、次女に大学を案内してもらった。
最寄りの駅から通常はバスに乗るらしいが、この日は大学が休みなので、
山の方へ20分ほど歩くことになった。
娘も一度だけ、歩いて大学にいったことがあるらしい。

坂や階段がかなりあった。
90度の階段。
娘がそういうのを、「あほらし」と聞いていたが、
実際に一緒にあるいて、なるほどそうやなと思った。

大学の敷地内から、神戸の海が見えた。
夜景もきれいらしい。

娘には、大学周辺の街を時々案内してもらえたら、これは楽しいかも。

日別画面へ

04月14日

起床時刻:06時11分

自宅近くの10本ほどのソメイヨシノがぱーっと咲いている。
あわいピンクが、やわらかい枝ぶりの上に浮かんでいる。

その横で、山桜が、小さな葉っぱとともに花を咲かせている。
どの枝も、斜め上に向かって、まっすぐに伸びている。

ソメイヨシノは、どうだと言わんばかりに、華やかに咲き誇っているのに、
こちらは、可憐に、静かに春を告げている。

聞けば、ソメイヨシノは江戸末期に人間が品種改良で作ったものだとか。
子孫を残さない1世代限りの木だともいう。

近頃の僕は、山桜に魅かれる。


就寝時刻23時半 睡眠時間6時間半

日別画面へ

04月13日(金)

起床時刻:05時29分

昨夜は、奄美料理のお店に行った。
食べて飲んで、しばらくするとステージでサンシンを
弾きながらお店の人が唄い始めた。

気がつけば、僕は金髪のロングヘアのかつらをかぶらせられていた。
友人は、カエルの帽子をかぶらされていた。

向こうのテーブルのおじさんの中には、ちょんまげのかつらや
グルグルメガネをつけられている人もいる。
ハゲチャビンのかつらをかぶらされている女性もいる。

唄にあわせて手拍子で楽しんで、しまいには、
みなで店の中を手を広げて踊り、ぐるぐるまわった。

南の島の人たちは、こんなこと日常的にしてるんだろうなあ。


帰る電車の中で、僕の背中に1本の長い金髪がついているのを
友人が見つけてくれた。

この金髪は、何が何でも持って帰られんわ。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

04月12日(木)

起床時刻:05時21分

さくらが咲いている。

あっ、春が来た。暖かくなってきた。
そんな浮き立つような気分には、どうもならない。

どうしてだろう。

吉野の山の奥のさくらが満開になるころには、
僕の気持も春に近づくことを願っている。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

04月11日(水)

起床時刻:05時33分

繰り返し見たくなる映画がある。
「ライフイズビューティフル」

今週末あたり、久々にまた見よう。


就寝時刻23時半 睡眠時間6時間

日別画面へ

04月10日(火)

起床時刻:07時06分

昨日は、最終便で、大阪に帰ってきた。
博多で飲みすぎたので、新幹線の中はちとつらかった。

節度節制。
反省です。

日別画面へ

04月09日(月)

起床時刻:05時29分

母とお寺参りをした。
いつもどおりよくしゃべり、よく歩く。
とても87歳には思えない。

帰りしな、昔よく行っていた喫茶店に入った。
コーヒーと焼きサンドのおいしいその店は、
昔と同じようにマスターとその奥さんで切りもりされていた。

マスターも75歳は超えていただろう。
しばらく昔話に花が咲いた。

マスターが作ってくれた焼きサンドのパンは、切られた形がいびつで、
トースターで黒く焦げていた。

カウンターに座ったので、震える手で包丁を握っている
マスターの姿が良く見えた。

その日のコーヒーは、特別においしく感じた。

今日は今から、博多。
行ってくる。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へコメントを読む(2)

04月07日

起床時刻:05時31分

笑いの効用がどれだけ大きなものか。
みんなそれぞれ、笑いの大切なことを知っているだろう。
では、自分流の「笑いの手段」をいくつ持っているか。

調子の良い時はいい。
わざわざ「笑いの手段」を取り出す必要はない。

問題は、調子の悪い時。
どうにも気分が落ち込んでいる時。

そんな時でもどうにか笑うための「笑いの手段」を持っていると
これは、便利ではあります。

幸い僕には、いくつかある。
いや、必要に迫られて見つけた。

その一つ。
漫画、「地獄のミサワ」のある一冊を見ること。
あまりのばかばかしさに、いつ見ても笑ってしまう。

その二つ
自分で作った、おかしな写真集を見ること。 
ネタは、インターネットでたまたま見つけたものの他、自分の昔の写真も
その中にある。人には見せられない。

その三つ。
少々時間がかかってもいい場合は、落語を聞く。
きみまろの講演CDを聞く。

今後は、「笑いの手段」をもう少し充実させたいと思う。

それにしても、次女を見ているといつも笑っているなあ。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

04月06日(金)

起床時刻:05時53分

28歳の頃、岡山に半年ほど住んでいた。
毎週のように岡山ブルーハイウェイという道路で相生まで往復していた。
片道60キロ。

仕事を終えて、相生から帰るある夜のこと。
バックミラーにきらきら光るものが映った。
星だった。

僕の前にも後にも、車は走ってなかった。
対向車もなかった。
ブルーハイウェイを走っているのは僕だけだった。

上り坂になったり、下り坂になったり、海沿いの山道を通る
電燈のない道路は真っ暗で、道案内は、ヘッドライトだけ。

カーブの多い道だけど、ところどころ道がまっすぐになっている。
その登り道で、僕は、ヘッドライトを消した。

真っ暗な道を、星だけを見ながら車をそのまま走らせた。
ほんの数秒。

怖かった。
意味のないことだけれど、無謀なことだけれど、衝動が勝った。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

04月05日(木)

起床時刻:05時57分

季節の変わり目、ということが関係しているのか。
どうも、気分がすっきりしない。
ただの老化。
もしそれなら、ちと、困る。

どうも、ぼやんりしている。

これは、いかん。


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間半

日別画面へ

04月04日(水)

起床時刻:05時47分 05時53分 05時57分

昨日はすごい嵐だった。
風雨の中、マンションの10階のベランダの向こうで、カラスが懸命に飛んでいた。
この嵐の中を出かけないといけないようなのっぴきならない用事がカラス君にもあったのか。

外は嵐なのに、頭の中はぼんやりしている。
やらなければならないことが山積みだから、それへの防衛反応だろう。
できることなら、頭の中を強い雨風にさらして、さーっときれいにしたい。

瞑想とイメージトレーニング。
今日は、そうしよう。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

04月03日(火)

起床時刻:05時51分

昨日は、次女の大学入学式。
女子大なので、ぜひ行ってみたいと思っていたが、即座に断られた。

寒さで、さくらはまだなので、
そのピンクの花が咲く、あと1週間ほどあとで、大学を案内してもらおうか。
ひょっとして、それもだめ?

朝、出かける前に、家の近くで記念の写真を撮った。
わが母の若いころの顔にそっくりになっている。

これから、2年間、娘二人が大学生。
あーーー。金食い虫。

それにしても授業料の高さよ。


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間半

日別画面へ

04月02日(月)

起床時刻:05時35分

昨日は、仕事で1日中コンピューターに張り付いていた。
おかげで、差し迫った課題をこなすことができた。
途中、スーパー銭湯へ行って、いつものように「極楽」のつぶやき。

極楽風呂のおかげで、今日も元気だ。



就寝時刻 23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

04月01日

起床時刻:05時56分

昨日は、仕事で出入りしているとあるクリニックで、
そこに通っておられるある患者さんから、たまたまお話を聞くことができた。

卵巣がんで、5年間ほど治療を続けておられる64歳の方。
今は、「自分を楽しむ」毎日を送っています、と。

病気が分かった最初の数年間は、それを治すことに夢中で、
検査数値に上下に一喜一憂をしていました。

それが、ある時秋田県の玉川温泉に行っていろんな人と交流する中で
自分の中に大きな変化があらわれた。
もっと、自由に好きなように生きようと。
結局、玉川には、2か月も滞在したという。

ベージュ色のエナメルブーツに、
サテンのブラウスに、真っ赤なジャケット。
柔和なこぼれる笑顔。
ピカーッと、明るく元気なオーラが漂っている。

彼女の身体の中に、がんは残っているらしいが、
そのことは、彼女にとって何の問題も起こしていない。

今の自分をとことん生きる。
美しく輝いていた。
今は幸せ、と言いきった。

あまりにかっこよかったので、携帯で写真を撮らせてもらった。

20歳代の若い女性でもないのに、写真に撮りたいと思わせられたのは、
生まれて初めての体験。
それほどの輝きを感じさせられた。

自分を楽しむ。
そう言われた言葉が、繰り返し僕の頭の中に響いた。

就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ