201205 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:50 平均起床時刻:05:45

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

05月31日(木)

起床時刻:06時18分

JRの改札で、カードでタッチすると運賃とカードの残金が現れる。
切符で通貨すると、「ありがとうございました」の文字が現れる。
切符の時、その画面を見ている人はどれだけいるだろう。


昨日の夜遅く、11時前ぐらいに東京から、大阪に帰ってきた。

夜の11時を過ぎたら、切符客の場合の表示は、
「ありがとうございやした」
「ありがとうございでした」
「ありがとうネ!」
とかなんとか、ちょっとお遊びの表示をしてくれたらうれしいな、と思った。


どうせ、ほとんど誰も見ていない。
だから、ちょっと遊んでみればいい。

家路について、ふと改札のパネルに
「お帰りでやんす」
なーんてでていたら、プフッ!と笑えてうれしいじゃないの。

アハハッ!
そんなことを思いながら家まで歩いた。


頭の中で、クジラの太郎ちゃんがまたジャンプして
背中から海に戻った。
ケケケッと笑っていた。


就寝時刻24時 睡眠時間6時間

日別画面へ

05月30日(水)

起床時刻:05時00分

一転にわかにかきくもり、激しい雨と雷、そしてひょう。
退避小屋に避難した。
小屋には、10人ほどの男たちが一緒だった。

すぐそばで、ピカッと光り、ドドドドーンと空が震えた。
子供の頃なら、おへそに手をあてて、丸く縮こまっていただろう。
30分ほど、山の中での退避だった。

平均年齢65歳のメンバーの先輩方との道徳の勉強会の恒例ゴルフの最中だった。

道徳の勉強会への参加からは遠のいたけれど、イベントのゴルフだけは、
この10年、皆勤に近い。
それは、この集まりにくると、
あんたは若くていいなあといつも誰かが行ってくれるから。
そして、そんな皆さんは、はつらつとして元気だから。
最高齢は82歳。
すごい。

元気のいいかみなりオヤジが何人もいる。


今日は、今から久々の東京出張。
時間があれば、懐かしいところを歩いてみたい。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月29日(火)

起床時刻:05時06分

スーパー銭湯の休憩室で、仕事関係の本を読んでいたら、
久保田利伸の「missing」歌が流れてきた。
その一曲だけで、いっきに26年前の自分に連れ戻された。

千葉県浦安市、ディズニーランド近くのアパート。
サラリーマンだった。
ちょうど新婚の頃、めざましのタイマー音楽にしていた。

振り返ると、自分もずいぶんと変わった。
身体が衰えたのは、しかたないとしても、
心は?精神は?

あらためて、すべてに感謝しなければ。
素直に猛省する気持になった。

おのれの心の持ち方次第で、この世の色合いは変わる。


missinng
見失っていたのは自分の本当の姿か。
素直な気持ちで、もう一度思い出し続けないと。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間

日別画面へ

05月28日(月)

起床時刻:04時55分

今月末はお習字。
3か月もさぼったので、宿題がある。
まだやってない。
そろそろしないと。


就寝時刻22時半 6時間半

日別画面へ

05月27日

起床時刻:05時27分

昨日は、京都の清水寺辺りを妻とぶらぶら歩いた。
大勢の人出で、にぎわっていた。

修学旅行生がたくさんいた。
韓国語や中国語も飛び交っていた。

観光地というのは、そこにあるだけで経済を活気づける。

日本は、これからまだまだ、ご近所の国からのお客さんが
がんがん増えていくんだろうなあという気がする。

就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

05月26日

起床時刻:06時45分

長崎は、昨日も雨だった。

行きは飛行機で、帰りは電車だった。
長崎本線での帰り。有明海をしばらく右手に見たあと、
佐賀県に入る頃から左手は、延々と黄金色の畑が続いた。
麦畑であった。

オヨネーズの♫麦畑♫がなぜか、頭の中をぐるぐると回りだした。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(2)

05月24日(木)

起床時刻:05時53分

自分では「何のこれしき」と思ってやっていることでも、
意外とストレスをため込んでいる場合があるらしい。

それが、身体の中に変調としてあらわれる。

上手に身体をもみほぐしてやらないとなあ。
この前に気がついたように、
頭の中で、クジラちゃんをジャンプさせないと。


今日は今から、長崎へいってくる。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

05月23日(水)

起床時刻:05時57分

先日の土曜日、胃カメラの検査を受けた。
ここ最近、胃のあたりがムカムカすることが続いていたので。

検査は、点滴で薬剤を注入しながら行うものだった。
セデーション(鎮静)をかけて、口からカメラが入った。

看護師さんが、じゃ、今からお薬をいれますねーと言ったかと思ったら
もう意識を失っていた。
ふと気がついた時には、検査も終わり、2時間ほど眠った後だった。
セデーションの技のすごさに驚いた。

6年ほど前、胸に内視鏡を入れる検査を受けたことがある。
これも口からカメラを入れたのだけれど、
苦しくて苦しくて、なんどもえづいた。

すぐ横で、主治医の若いきれいな女医さんが、太もも辺りを抑えて
もう少しですよ、がんばってください、と励ましてくれたからこそ
乗り越えることができた。

胃カメラは、痛くもかゆくもなく、知らない間に終わっていた。
細胞検査の結果は、あともう少しで出る。
病気の詳しい説明はなく、とりあえず、胃薬が二つ出た。

胃のムカムカは、まだ依然としておさまらない。

昨日、友人の先生に胃カメラ検査の画像をみてもらったら、
胃炎との診断で、東洋医学的な知恵での改善方法を教えてもらった。
薬だけに頼らず、養生のある暮らしをしなければ。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月22日(火)

起床時刻:05時49分

昨日は、朝から金環日食の話題で我が家もベランダで盛り上がった。
早朝から、奇跡的なにぎやかさ。

あと1分で、金の環になるというところで、
長女は、いつも通り、学校へ出かけて行った。

オー! マイペース。

就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月21日(月)

起床時刻:05時52分

晴れている。
太陽が見えている。
大きな雲が微妙に流れている。

大阪は、7時半ごろが金環日食。
この奇跡のような一瞬に、おおぅ~と
古代人のようにうなりを上げたい。


昨日は、妻と京都競馬場へ。
チビチビと馬券を買い、遊んだ。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月19日

起床時刻:06時09分

映画「テルマエロマエ」を観た。
こりゃ、まんがだな、と笑えた。

あとで気がついたけれど、原作が漫画だという。

軽い笑いで、気分転換ができた。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

05月18日(金)

起床時刻:05時47分

昨日、博多から大阪までの新幹線の中。
通路を挟んで隣のお二人、親子だろうか。
40歳前後と70歳前後女性。

博多を出るとすぐにお弁当を開きつつ、楽しそうにおしゃべり開始。
お食事の後、コーヒーとおやつ。
そして、ずーーとお話。
瞬時も休むことなく会話は続く。

まるで呼吸をするのとお話するのは同じことと思えるくらいに
延々と会話は続く。
飲んだり食べたりも続く。

僕は新大阪駅で降りたけれど、きっとあのふたり、
東京まで、延々とおしゃべりと飲食を続けるのだろう。

中の良いお二人でした。
線路は続くよどこまでも。

このお二人がシベリア鉄道に乗っても、1000キロの間
ずっと話続けるのだろうなあ。
すごいなあ。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月17日(木)

起床時刻:07時04分

昨日は、広島から博多へ。
夜は、開業医の先生とお医者さんのたまごの女医さんと痛飲。

我が家にも女子大生は、二人居るが、
我が娘も外では、こんなに飲みっぷりが良かったら、
どうしよう、と思うぐらいノリの良いたまごさんでした。

明るい未来に向かって前進している若い人の話を聞くだけで、
こちらもワクワクしてくる。

ジジイこそ、明るい夢を持とう。
そんな風に思った一夜でした。

年を経るごとに、熟成、円熟も又良しと思い始めていたけれど
なんのなんの、まだまだ戦闘モードで行かにゃあきません。




就寝時刻24時 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月16日(水)

起床時刻:05時15分

隣の敷地の超高層マンションの建設現場がにわかににぎやかになってきた。
大型クレーンも2基増えて全部で6基となった。
生コン車が出入りするようにもなった。

まだまだ基礎工事の段階だけれど、
これが40階建のものになっていく姿を見届けることになる。

上から見ていると、まるでおもちゃで遊んでいる気分になる。

さて、今日は今から広島へ。
行ってくる。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間

日別画面へ

05月15日(火)

起床時刻:05時27分

胃の調子が良くないので、近くの内科医院へ行った。
ちょこっと問診しただけで、薬を出され、
詳しいことは検査してみないと、ということで胃カメラをすることに。
今週土曜日。

なんだか不安ではある。
ま、これもひとつの区切りか。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

05月14日(月)

起床時刻:06時09分

メガネがどこにいったか分からなくなることが増えた。
遠近両用メガネだけれど、新聞や雑誌を読むときには、頭の上にひっかける。

鎖をつけて、メガネを首にぶら下げるという方法もあるようだけれど、
あれは、なにか照れくさい。
おやっさんらしく頭の上にずらす方が安直でいい。

でも、そのずりあげたメガネのことを忘れて、
あれ、メガネはどこ行ったと探すことがちょくちょくある。

メガネをケースにいれて、新聞を読むときもある。
さて、メガネをかけようかと頭の上に手をやり、
あれっ、無い!と、頭をかく。
こんなこと、電車の中でもやることがある。

コンピューター専用のメガネもある。
そのメガネをかけていて、何かの拍子にメガネがないと思って、
もう一つのメガネを上からかけようとしたことも何度かある。

そんなことを友人に話したら、ぼくもあるあると言ってくれえた。
ほっとした。


就寝時刻22時 睡眠時間8時間

日別画面へ

05月12日

起床時刻:05時51分

お習字教室を3回もすっ飛ばした。
3か月、教室に通っていないことになる。

ちゃんとやる気はあるんですかー。
先生からおしかりの言葉が届いた。

出張など仕事の関係で、どうしても調整がつかず休んでしまった。
きれいな字を書けるようになりたいし、
お手本を見ながら、心静かに文字を書いている時間も好きだ。

今度こそ、行こうと思っている。
そうだ、今日は、少し、ひとりでおけいこしよう。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

05月11日(金)

起床時刻:06時05分

早起き村のmiki.lucyさんから、「教材」が届いた。
中学の教科書のプリント。
あちこちにマーカーが付けられ、ところどころ
「ここがポイントよ」の書き込みもある。
生徒に配るという手作りの情熱あふれるプリントも一緒だった。

ありがとうございます。
日々猛烈に忙しい中、素敵なものを送っていただきました。
本当にありがとうございます。

授業の準備やらなにやらで、猛烈にお忙しい日々、
心をこめて先生をされているその一端を垣間見る思いになりました。


さて、イルカたちのこと。
イルカたちがショーをするのは、動物園のプールに閉じ込められたという困難な状況を現実として受け止めた時。
そして、コミュニケーションを取ろうとする調教師を喜ばせるために、
その困難な状況の中、自分も精いっぱい生きることを楽しむために「芸」を始めるのだと。

狭いプールに閉じ込められて、寿命が自然界の10分の一というのは驚きです。
miki.lucyさんの言われるように、かわいそうで、水族館に行かないという気持ちが分かりました。


僕は、逆の感想を持つことに。

そんな過酷な状況の中、精いっぱい楽しむためにショーをするという
イルカがますますいとおしくなってしまいました。
すみません。

困難な状況を受け止めることで、
新しい世界観を作り直して、楽しんで生きるという「やわらかな知性」に
しびれます。

京都水族館の年間パスポートを手に入れようかなとも思いました。


ところで、人に資料を渡す時、どのようにしたら喜ばれるか。
miki.lucyさんの心のこもったファイルをもらって分かりました。
ありがとうございます。
これから、仕事で資料を渡す時、さっそくまねさせてもらいます。

これからもどうぞよろしくお願いします。



就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

05月09日(水)

起床時刻:05時34分

ここ数日、寝るときに米朝の落語をかけている。
大好きな「はてなの茶碗」というのを聴こうとしているのだけど、
毎回、途中でねむってしまう。

ものの3分としないうちに眠っているのだろう。
昔から寝つきは良かった。

ちゃんとなんども聞いた好きな演目なのに、
毎回マクラさえ存分にたのしめていない。

寝ながらの落語は、まくらさえいらないのか。
おあとがよろしいようで。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

05月08日(火)

起床時刻:05時40分

白髪が増えてきた。
ちらほら増えてきた。

これまで、髪の毛を短く刈り上げていたから分かりにくかった。
少し、伸ばしぎみにすると途端に白さが目立つ。

そろそろ熟成期間に入ってきたのだろうか。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月07日(月)

起床時刻:05時35分

スシ、そば、天ぷら、ウナギの蒲焼。
どれも日本を代表する料理だけれど、江戸時代には、
すべて、露天の屋台で売られていたファーストフードのような食べもの。

19世紀前半の江戸は、100万の人口を擁する世界最大の都市で、
単身の男性も多く、外食の需要があり、
働く人たちが時間にかかわらず簡単に腹ごしらえができるところが
もとめられたらしい。

「今日よりよい明日はない」という玉村豊男さんの本にそう書いてあった。

そばは、今でも立ち食いそばがあるくらい忙しい人向きだというのは分かる。
でも、スシもてんぷらもウナギも忙しい人向きだったとは驚いた。

もともとはどれもみな、庶民の日常の食べ物だった。
それがいつの間にか、洗練されて時にはたいそうな料理に変化してきたのか。

そう言えば、昔、子供の頃、市場の横でてんぷらを揚げているてんぷら屋さんがあった。ジャガイモや玉ねぎ、それに紅ショウガのてんぷら。
いかにも庶民の食べ物やったなあ。

長い連休明け、さっ、今日から仕事。


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月06日

起床時刻:05時14分

友人と通天閣に行った。

ものすごい人出だった。
小さな子供連れの家族や若い女性のグループもいた。
あちこちにある串カツ屋さんの前で行儀よく行列を作っていた。

ちょっと前までは、女性や子供が気軽にやって来れるようなところではなかった。

子供がまだ、幼稚園児の頃、15年ほど前のことだけれど、
その当時は、近くの天王寺動物園にカバやキリンを見に来ることはあった。
でも、この通天閣のあたりは、早く通り過ぎたい地域だった。

昼間から酔っぱらってるオヤジがふらふら歩いていたり、
目つきが鋭くなんやコラーといきなり怒り出しそうなおっちゃんが
いるように感じたから。

それが今では、大阪の一大観光地の一つになった。
変われば変わるもんだと思う。

僕らは、カウンターだけのお店で、天ぷらとビールと焼酎で、できあがった。
それで、ふらふらと街を歩いた。
なんやーコラー!


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月05日

起床時刻:05時49分

昨日は、5キロほど家の周辺を散歩した。
ぷらぷら歩いた。
家に着いて、マンションの階段を9階まで上がった。
これが一番の運動になった。
太ももがピキンと張った。

就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月04日(金)

起床時刻:05時14分

昨日、スーパー銭湯の2階にあるくつろぎスペースで雑誌を見ていた。

隣に居た小学2年生ぐらいの男の子が、クスクスと笑う。
時々、こらえきれずに、ハハハッと笑う。

何を読んでいるのかと覗いたら、「ドクタースランプ」だった。
漫画はほとんど見ないのですごく気になった。
男の子の笑いは、止まらなかった。

しばらくして、僕も漫画コーナーから「ドクタースランプ」を引っ張り出してきた。

確かに笑えた。
でもあの子のようにケラケラとは、笑えなかった。


漫画を見るより、
できることなら、男の子が笑う姿をじっと見ていたかった。
それほど、無垢な可愛いさがキラキラしていた。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へ

05月03日(木)

起床時刻:05時44分

人に見られるかもしれない。
そう思うと、身づくろいもきちっとやろうという気になる。

でも、だーれも見ていない、と思うと途端に適当になる。
寝ぐせもポッコリおなかもそのたぐいじゃないだろうか。
極端な場合は、社会の窓を開けたまま歩いてしまう。

自分では、なんの痛痒も感じない。

だから、人から見られていると意識するのがよい。
そうだ、恋をするのが良いのだ。

♪恋をしましょう 恋をして
浮いた浮いたで 暮しましょ♪

知る人は少ないだろうけど、畠山みどりという人が歌っていた。


♪昔の人は 言いました
恋はするほど 艶がでる♪

ポッコリおなかは、恋となる。
とんだ、連想となった。


でもなー、今頃、艶を出してどうすんの。
娘に気色わるぅと言われるのが落ちだろう。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へコメントを読む(2)

05月02日(水)

起床時刻:06時30分

横断歩道わきの縁石につまづいて、転んだ。
右側のひじから落ちた。

幸い、大事には至らなかったが、右ひじと、右ひざをすりむいた。
ジャケットの右ひじには穴があいた。

頭を打たなくて良かった。
骨折しなくて良かった。

10年ほど前、階段を踏み外して2段ほど落ちたことがある。
その時は、ひざを強打して、お皿が割れ、ひと月ほどギブス生活を
送った。

今回も打ちどころが悪ければ、大けがになっているとこだった。

足は大きく上げて歩こう。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(4)

05月01日(火)

起床時刻:05時17分

住んでいるマンションの同じ敷地内で、超高層マンションに建設が始まった。
40階建てがこれから立つ。

工事の様子をずっと上から見ることができる。
トラックが入ってきて、整地が始まり、大きなクレーンが4台も
デーンと立ち上がった。

これからの変化が楽しみだ。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ