201211 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:50 平均起床時刻:05:21

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

11月30日(金)

起床時刻:03時20分

昨日は早朝に取材の整理をしてそれから市場に行き、10時過ぎには岡山に行った。
夕方には、市場のメルマガ第4号を配信した。
我ながらよくやった。
20代の頃のように、時間に追われて仕事をした。

あーもうだめかというぎりぎりのところをエイヤーッ!と切り抜けたあとは、
やったぜ!ベイビーという心晴れやかの気持ちになる。
この年になって、それをまた体験できたことは貴重だ。
ごっつぁんです。

もう歳だからと消極的になっていたら燃えなかったであろう情熱も、
かかってこんかい、オラオラオラ~という呪文を唱えれば、
あら不思議、どこかから湧いてくる。
オモロー。

さて、今日は、まもなく5時からスマホを使って、市場の生中継に初挑戦!
行ってくる。


就寝時刻22時 睡眠時間5時間

日別画面へコメントを読む(3)

11月29日(木)

起床時刻:05時18分

睡眠薬や安定剤を10年以上手放せなかった知人がいる。
ご本人は、その状態を何とか逃れたいと思っておられたので、
尊敬する友人のドクターを紹介した。

そしたら、3回ほど通って見事に薬からの離脱に成功した。
しばらくは、漢方や少量の安定剤も使っていたようだけど、
2か月ほどで、とうとう薬から離れることができた。

それでも時々気持ちが落ち込んでどうにもならないような
気分になることがあるらしく、そんな時、何度か電話がかかってきた。

しばらく話を聞いた後、しょうもない話をして気を紛らわす。
僕ら人間は、なんとかなるようにできている。
そんなことを思い出し、理解納得できるような身近な例の話をする。
そして、笑ってもらう。

自分から積極的になんとかしてあげようとまでは思わないが、
知人から、どうしようと言われたら、ほっておくことはできない。

薬を飲んでいる治療中なら、専門家でもない素人がかかわることは危険だと思うので
立ち入ることは出来なかっただろうけど。

赤道直下の人たちや砂漠に住む人たちも、この日本で暮らす僕らのような気の滅入り方をするのだろうか。
サンバを踊る人たちも日本人のように、落ち込むのだろうか。
そりゃ、誰だって気が落ち込むことはあるだろう。

でも、すっかり、落ち込んだ気分になったら、少しずつ上に
上がって、最後にはサンバのステップを踏むぐらいにまで
パーッとするのがいいなあ。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(5)

11月28日(水)

起床時刻:06時03分

昨日は、道徳の勉強会で10人ほどが集まった。
と、言ってもその勉強会グループの分科会の懇親会。ゴルフ。
肝心の勉強会に参加したのは、この15年で2回。
年4回あるゴルフには、ほぼ皆勤。

メンバーは、全員経営者で、僕より年上。
最高齢は83歳。今年「古希」迎えた人が多い。
15年、遊びに参加させてもらって道徳はともかく、大人の話をたくさん
聞かせてもらった。

この聞いた話を「どう解く」か。
これが、僕の道徳の時間となる。
えへへっ!


就寝時刻22時 睡眠時間8時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月27日(火)

起床時刻:03時48分

今思い出した。
今日はおふくろの誕生日。大正14年生まれだから87歳になる。
長いこと僕ら家族と暮らしていたが今は弟のところにいる。

今も変わりなく元気。
神戸から、大阪、京都へとどこへでもスタコラ出かけていく。
僕が子供の頃からデパートが大好きで、今もちょくちょく出かけては
気晴らしをしている。

そして、よう食べる。

小学6年の時、母の日にようかんをプレゼントした。
めちゃくちゃ喜んだ。

長いことプレゼントらしいものをあげてないな。

そうだ。
中央市場のとびきりうまい生マグロの赤身を届けよう。


就寝時刻22時 睡眠時間6時間

日別画面へコメントを読む(4)

11月26日(月)

起床時刻:05時39分

昨日は、よく歩いた。
京都河原町から、八坂さん、岡崎公園、南禅寺、永観堂、哲学の道、
京大、北野天満宮。白梅町から京福電車で嵐山へ。
15キロの歩き。

スマホとデジカメで写真を撮りつつ歩いた。
実際に見るよりも、カメラを通してみる景色の方が、紅葉の赤がなぜか鮮やか。
南禅寺のところで、紅葉を背景に妻の記念写真を撮ろうとして、

「カメラで見ると実物よりきれいに見える!」
思わずこう言った。

すると、ぷふぁふぁ~と、本気で噴出した女性が僕の横をすり抜けていった。
大うけで、今にも両手をたたいて、
「チョウ、うけるぅ~」とでも言いそうでした。

通りすがりの女性は、妻のことを茶化してギャクを飛ばしている
亭主に思えたから笑ったのでしょう。
僕は、単純に紅葉の色鮮やかさを口にしただけなのですが。


京都を歩くようになったは、6年ほど前から。
胸の病気で京大病院にひと月ほど入院して、退院前に社会復帰の準備として、
鴨川沿いや街を歩くようになった。
歩けることの喜びをしみじみ感じた。

だから、僕にとって京都を歩くことは、
歩けることの喜びの再確認につながっている。


そうだ、そして同行二人。
昨日はスマホで写真を撮りながらFaceBookにもアップロードしたので、
nekoさんが一緒に歩いてくれた。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(3)

11月25日

起床時刻:05時05分

12月は、岡山の大手のドラッグストアでの勉強会が5日間もある。
受講者がはのべ300人ぐらいにはなるらしい。
そこで、講師をさせてもらう。
ドキドキはしないが、わくわくはする。
しっかり準備をしようっと。

今日は、もうちょっとしたら、京都へ行く。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月24日

起床時刻:06時07分

昨日は、義理の兄の7回忌の法事だった。
お参りの後、義理の母や姪、それにその孫が我が家に集まった。

43歳とちょっとの生涯だった。
旅先のホテルで、朝冷めたくなっっていた。くも膜下。

みんな誰しも戸板一枚の上にかろうじてのっかているだけ。
いつ何時、どんなことが起きてもおかしくない。
だからこそ、今がいとおしい。

自分が子供の頃、親戚が大勢集まることはちょくちょくあった。
田舎なので、大きな部屋があり、親戚40人ぐらいは集まっていた。
ごちそうを頂いて、大人はお酒を飲んで手拍子で歌っていた。
そのおうちは、ひとり息子を20歳で無くしていた。
その法事だった。

確か自分は5歳ぐらいだった。
当時はやっていた植木等の♪スーダラ節を手を振りながら歌って
大人たちにうけた。

今思えば、おとなたちはこうやって、
哀しみをこらえる酒を飲んでいたのだなあ。


♪ちょいといっぱいのつもりで飲んでぇ
いつの間にやら、はしござけぇ~
・・・・・・・・・・・・
わかっちゃいるけど、やめられなーい♪


そうだ、その時に一番のごちそうだと感じていたのは、茶わん蒸し。
それにゆで卵。


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(4)

11月23日(金)

起床時刻:06時04分

昨日は、朝に市場に行ったあと、午後から岡山に行った。
忙しかったなや。

行きも帰りも新幹線はほぼ満席。
景気が悪いと言われているが、旅行者は多いように感じた。

岡山からの帰りは、京都にいくという人たちも結構いたように思う。

京都と言えば、奈良も古都として注目を浴びてもいいだろうに、
観光地の人気としては京都が圧倒的に高い。
この差はどこにあるんだろうかな。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(4)

11月22日(木)

起床時刻:06時19分

あー、楽ちかったぁ。

昨夜は、学生時代の友人が久々に飲みに誘ってくれたので梅田まででかけた。
昨日からグランドオープンした阪急百貨店が夜の街に明るく浮かび上がっていた。

お店は、まず焼き鳥屋、そして凄いカードマジックをするマスターのいるスナック。
トランプを使って次から次へみごとな技。
おじさん曰く、種も仕掛けもなく、すべて、技術による手品だと。
それが証拠に同じ手品をなんどでも繰り返しやってくれた。

お店には有名人や文化人の色紙や写真がいっぱいあった。
お店はご夫婦でやっておられた。
お二人とも、70歳は超えているだろう。
楽しかったが、おふたりも楽しそうやった。

そして3件目。
こちらは、カラオケスナック。
久々なので、みなでガンガン歌った。
僕は、♪夜桜お七、♪天城越え、そして♪ほかされて。

前の二曲は、いつかNHKの素人のど自慢に出ようと、これまでずっと歌ってきたもの。
歌うだけでなく、オリジナルのフリをつけて「うけ」ネライで。
そして、♪ほかされては、学生時代同じアパートに住んでいた友人が歌ってるもの。

そうだ、どの店もお客は僕らだけだった。
だから存分に楽しむことができた。
友人曰く、どのみせも人気店なので他のお客さんがいないなんてことはいちどもなかったって。
貸切で、存分に遊べた?ラッキー。

あー、楽ちかった。
終電ぎりぎりで帰った。

娘二人も終電のひとつ前で帰ってきたようだ。
ぎゃーっ!


就寝時刻25時 睡眠時間5時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月21日(水)

起床時刻:05時21分

日本は、南北に長い。
だからどうなんだ、と言われそうだけれど、南北に長いから、果物の旬の時期が
南から北へと順々に変化していく。

りんごなら、長野から、岩手、青森へと登っていく。りんご前線。
他に桃前線もある。スイカ前線、みかん前線。
同じ産地でも、山のふもとから週刊単位で、少し山の上の方へと旬が上がっていく。

豊かな自然に恵まれていればこその話なんだな。


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(4)

11月20日(火)

起床時刻:03時50分

まだまだ寝るつもりやったのに。
目が覚めてしまった。
起きた。

さっ、仕事しよか。


就寝時刻23時 睡眠時間5時間

日別画面へコメントを読む(6)

11月19日(月)

起床時刻:04時49分

「声の調子は、どうや」
「もう、だいぶましに、になった」
「歌はうたってるの?」
「いや、もう歌わへん」

デイサービスの余興でカラオケを歌うのが好きなオヤジがもう歌わないという。
「もう若い人に譲ってる」

若い人といっても、70歳代の人たち。
なんせオヤジは91歳だから。

「≪ノラ≫を上手に歌う女の人がおってな。そら、ほんまにうまい。しびれるわ」


♪やめて へたな嘘うそ
♪抱いて 今はただ
♪雨にぬれたノラ 帰り着いたあんた

♪いい女なら 割り切ってあげるわ
♪誰となく 惚れてないと
♪駄目な 駄目な 人なの

♪好きよ 好きよ 好き
♪愛はひとり芝居

すごいな。
こんな歌詞の唄を70歳代の「若い人」が歌って、92歳のじいさんがしびれている。

こっちの脳天がしびれるわ。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月18日

起床時刻:06時06分

昨日は久々にスーパー銭湯に行った。
はじめて、妻も付いてきた。

へぇ~、ええやん。

ジェットバス、泡ぶろ、電気ぶろ、サウナ、露天風呂・・・
車で10分も走れば、こんなごきげんなお風呂をゆったり楽しめる。

泡ぶろの中で、身体を泡にぶくぶく包まれながら、
自分もひとつの泡になったような気持ちで、
あー、極楽極楽とつぶやく。

スーパー銭湯を楽しむじじぃの極意の一つを妻に伝授しておいた。

天然温泉とうたってはいるが、都会の中なので、かけ流しのほんまもんではない。
知人に風呂屋のメンテナンスを行っている人がいるので、
スーパー銭湯の裏側もしっているが、そこは、知らぬが仏。
僕は、近くにこの湯があることにとても感謝している。


夕方、友人のホスピス医の講演会があった。
がんの拠点病院の先生や在宅医療の先生に看護師さん、それに訪問看護の看護師さんなど、100名近くの方が来られていた。

死ぬことから目をそらさないこと。
そのことをわきまえたうえでの支える医療の必要性。
限られた命であるからこそ今をていねいに生きること。
観念論ではなく、ホスピスでの厳しい現実を元にお話をされた。

もう6年ほど前になるけれど、その先生の話をいくつか整理したことがあります。
http://www.okera108.com/2008/11/107/

こちらは知らぬが仏で済ますわけにはいきません。
知らないと損です。
知ってこそ、今が豊かになる・・・・、かも。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

11月17日

起床時刻:04時53分

一昨日のこと。
中央市場に、金髪の若者がやってきた。

これからスイーツの店を開くので、
果物を仕入れるところを紹介してほしい、と。
民営化されたとはいえ、対応する職員の人は、
初めての問い合わせに少し戸惑い気味。
どうやら、ネット見て訪ねてきてくれたらしい。

そこで、私がしゃしゃり出て、
市場の中のこれはと思う仲卸さん数社にご案内して一緒に商談に加わった。
なんと、彼はすでに、とある有名店舗で実質ものづくりをしていた
実力のパティシエであり、プロデューサー。
それに大きな大きな夢を持っていた。

ヤッホー!
彼が大きくなっていくところをそばで見ることができそうだ。
応援しようっと。

それにしても彼の金髪、決まっていたなあ。
僕も、いつか金髪になって、特別な気合を注入しようかな。

でもな、もうお歳だから、髪の毛が減っているしなあ。
地肌を金髪にすることになりかねない。
そしたら、ツタンカーメンになってしまうもんな。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(6)

11月16日(金)

起床時刻:04時53分

昨日は、走馬灯がぐるぐる2回も回った。
そう、懐かしい懐かしい話をすることができたのだ。
まっ、走馬灯が2回も回ったと言っても
別に深い意味があるわけではありませんが。

先日、中央卸売市場に仕入れに来ていた大将が、市場のすぐ横の焼き芋屋さんで
話している内容が面白かったので、一度話を聞かせてくださいといって、
昨日、そのお店に伺った。

枚方市にある八百屋さん。
大型スーパーや食料品スーパーがあちこちに登場して、
魚屋さんや八百屋さんはもうほとんど見かけない。
そのおじさんはお店を開いて、40年近くなる。
おじさん曰く、
今枚方で八百屋としてあるのはうちとあともう一軒ぐらいとちゃうか。

店の間口は3間(さんけん)ぐらい。
路に面してドアや壁はない。
店は外に開いている。
もう冬だから、風が入ってきてレジのところに立っている奥さんはぶるぶる震えてる。

夏は、暑いでぇ。
でも、こうして店を外に向かって開けとかないとお客さんは入りにくいねん。

お話を伺っているうちに何人ものお客さんが来て買い物をしていく。
ある人は、柿をひと箱買っていった。

くだものは、本当に美味しいその瞬間を狙って店においておくねん。
昔は二十世紀なしを毎週、2トントラックで運ぶほど、売れていたという。

夏の間、スイカが毎日100個売れた。
でもそのスイカのシーズンが終わると8月から9月半ばまで暇になる。
それで、何かないかと探し求めて見つけたのが二十世紀なし。
僕が小学六年の頃。
確かに二十世紀なしは目新しく、果汁たっぷりであまくて美味しかった。

小さなお店だけど、大繁盛していた時代があった。
安売りスーパーが台頭してきても、負けじと凛として
街の八百屋として生きてきた。
街の八百屋さんが無くなる中、今もお客さんに支持されて生き残っている八百屋さん。
くだものは、今でも毎月何十箱も、宅配便でお客さんに送っているという。
根強いファンがついている。

店はもうすぐ閉めようと思ってますねん。
オヤジさんは73歳。奥さんもそれなりの年配。
帰りにオヤジさん自家製の糠漬けを買って帰った。
うまかった。

そのおやじさん、歯がほとんどない。
僕も通った歯医者さんが、お店のすぐ横にあるのに。

あの歯医者さん、待ち時間が長ったですよね。

そやねん。お店が終わって8時。
それからすぐに行って並んで待つやろ。
10時、11時なっても順番がまわってけえへんねん。
しまいには12時を回ることあった。
せやから、行かんようになったもうたわいな。

あははっ!と笑うそこには1本だけが残っていた。


ここまでは普通の話。
別に走馬灯は回っていない。

実はこの八百屋さんのすぐそばに公設市場があった。
その裏に、公園があって、小学生の頃、ぼくは友達と毎週のように野球をやっていた。
八百屋さんの左隣の酒屋さんは、僕の弟の同級生。
八尾さんの右隣の歯医者さんにも何度も通った。
その先を少し歩いたところには、小学5年生まで通っていたそろばん塾があった。

そう、僕の小学生時代を過ごした街なんです。
たまたま2種間ほど前に数十年ぶりに妻とこのあたりを歩いて
懐かしいと言いながら写真をとった場所。

そこにこの親父さんのお店があったのです。

どこそこのだれそれ、そんな話もしました。
当時のクラスメートのこともそのおじさんは知っていました。
消息についても知っていました。

そして、なんと中学2年の時の担任の先生のこともよく知っておられ、
今度その先生のご自宅に行くことになりました。
先生は今、74歳だそうです。

あーーーーーー、何もかも懐かしい。
しかも、偶然の連続で、走馬灯が回った。
ぐるぐる回った。
だから2回もまわったと言いたくなったのです。

あーーーーー、結構、結構。

還暦まではまだ、間があるけれど、
こんなことも暦が円のようにまわっていくということの現れだろうかと思った。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(4)

11月15日(木)

起床時刻:05時17分

昨日はなんやかやと寝るのが遅くなった。
それでもいつも通り目が覚めた。
こりゃ、まったく、ほんとうに勝手に早起きになってしまったわいな。

就寝時刻24時半 睡眠時間4時間半

日別画面へコメントを読む(3)

11月14日(水)

起床時刻:05時08分

授業を抜け出して、京都の美術館に行った。
高校1年の秋のこと。
モジリアニだったかロートレックだったか、誰のどんな作品を見たかは忘れたが、
授業を抜け出して、友達と二人でサボったことだけはしっかり覚えている。

二人ともなにか現状に不満をもっていた。
そのことをお互いに話ながら、秋の岡崎公園を歩いた。

一昨日は、急に思い立って京都の清水寺の近くにいった。
お目当ては、イノダ珈琲の黒糖の蜜がかかったあんみつを食べること。

大きなガラス窓の向こうの庭には、もみじが夕陽で一層赤く染まっていた。

おっちゃんひとりが、あんみつをむさぼる姿は、
決してかっこよくはないけれど、僕にとっては、こころのバランスを取り戻すのに
とても重要な行動だった。

高校時代に授業を抜け出したように、時には日常と全く違うことをやってみると
スキッとする。

就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(8)

11月13日(火)

起床時刻:05時19分

先日、中央市場の開放デーで買った水カレイを食べました。
長さは30センチ、幅は、20センチもある大物。
厚みは2センチ、とゴツイ。

水カレイの干物は何度か食べたことがありますが、
なまの魚を家で食べるのは初めてです。

カレイと言えば、居酒屋などでのから揚げや煮付けが連想されましたが、
お店の大将の言う通り塩焼きにしてみることに。

うろこも、内臓も取ってくれています。
家では、塩をつけて焼くだけ。

サイズがでかいので、我が家のグリルでそのまま焼けるかどうか心配でしたが、
ギリギリセーフでした。

尾っぽのところをちょん切ればグリルに楽に入ったのですが、せっかくだから
尾っぽもピンとさせたいと、塩をたっぷりすり込んでそのまま妻が焼きました。

きれいな焼き色がついて仕上がりました。
なんとも言えない香ばしいかおりが漂います。

大皿にドカン!とのった水カレイ。

夫婦二人で、つつきあいました。
上品なうまみ、あまみ。
醤油も何もいらない。
大きな白身がホロホロととれ、そのまま口元へ。
皮も何とも言えない甘味。
骨までしゃぶりました。

♪ほねまでぇ~、ほねまでぇ~、骨まで愛して欲しいのよぉ~♪


いつもなら味噌汁や野菜の煮物などを一緒に用意する妻も
焼きあがったカレイを熱いうちに食べようと、後先考えずに
そのまま、カレイだけを単品でつつきました。


炭火でじっくり焼き上げ・・・そんな手間は不要でした。
グリルで十分です。
鮮度は、うまさに直結している。実感しました。


バイトや友達との付き合いで夜が遅い子供たちの分は残さずに食べてしまおう。
二人でそういいながら、むさぼり食らいました。


あっ!写真とるのを忘れてしまいました。
ふたりとも、むしゃぶりついてしまいました。


今度は日本酒を横に、食べてみようと思います。
そうだ、子供たちにも食べてさせてやらないと。


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月12日(月)

起床時刻:05時09分

昨日は、中央卸売市場の年に一度の一般開放デーだった。
ものすごい人のにぎわいであった。
仲卸の人たちの売り声が場内に湧き上がり、
ある種騒然とした雰囲気。
人が集まり、食べ物に群がる。
楽しい時間でした。

国産うなぎの蒲焼2匹で1500円、水カレイ1枚600円。
大根、キャベツ、みかんのほか、
干しシイタケ山盛りゲットしました。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月10日

起床時刻:05時44分

岡山の大型ドラッグストア本部での商談案件が決まった。
この2年間取り組んできた事柄が成果を上げた。
ほっと一息。
うれしい。
自分で考えたストーリィが、現実になっていくのをみるのは、わくわくする。

これからの3年で、あれとこれを仕上げていきたいな。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月09日(金)

起床時刻:05時37分

市場に出入りしていて思うこと。
スーパーの店頭に食べものが並んでいるのは当たり前に思っているけれど、
その野菜も魚もぜーんぶ自然の恵みだということ。

天候不順で不作もあれば、すがた形が整わないのもある。
時化(しけ)で漁に出られず魚がとれないこともある。

お店にたくさん食べ物が並んでいるのを見慣れてしまうと、
そんな当たり前のことさえ忘れている。

さて、今日は、岡山へ。行ってくる。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(2)

11月08日(木)

起床時刻:05時54分

夏前からずーっとバタバタしていた。
気が付いたらもう冬。

バタつくのは良くない。
せっかくの地球への旅。
しみじみ、まったり。

急いてはことを仕損じる。
しみじみ、まったり。


就寝時刻23時半 睡眠時間6時間

日別画面へコメントを読む(3)

11月07日(水)

起床時刻:05時34分

必死に走って逃げるんだけど、つかまってしまう。
3回やって、3回ともすぐにつかまってしまう。
相手は小学2年生の女の子。

鬼ごっこで、ぼくは逃げる側。
目が覚めたときは、ちょっと疲れていた。

夢判断とかいうのがあるだろうけど、ともかく寝起きがすっとしない。

それにしてもなあ、どうして、小学校低学年の女の子に走り負けなあかんねん。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へコメントを読む(5)

11月06日(火)

起床時刻:05時33分

最近どうも胸焼けが続く。
仕事に、根を詰めすぎたのかもしれない。

食べ物のお仕事をするようになったのに、胃腸の調子が悪くては
せっかくのネタももったいない。

やっぱ、元気が一番やな。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(2)

11月05日(月)

起床時刻:05時17分

日曜日は仕事をしようと思ったけれど、できなかった。
どうにも集中力が続かない。
歳のせいにするのも恥ずかしいが。
若いころは、家族のことを振り切って、仕事に向き合ったものだけれど。

昨日は、朝、母親と妻と三人でとなり街のお寺にお参り。
85歳のお寺さんの、パワーあふれるお話ぶりに感涙。

その後、ふたりで京都にでかけ、岡崎公園や南禅寺あたりを歩いて、
大安でお漬物を買って帰った。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(3)

11月04日

起床時刻:06時01分

昨日は、元住んでいた町のPTAの「おやじの会」の定例会に参加した。
公民館で、おやじたちが手料理を肴に酒を飲んで交流する会だ。
30人ぐらいが集まった。

子供がふたりとも、もう大学生なので、
現役の会員ではないけれどOBとしてずっと参加している。
参加する会員の半分はOBなんだけれど。

僕の場合は、引っ越しもしたので同じ町内でもないし、
町どころか「市」も隣に変わったのだけど。
楽しいから、ずっと参加している。

昨日は、そこで、「市場のネットショップ」のPRを少しだけさせてもらった。
一同、驚きをもって聞いてくれた。

それで、若い新人会員さんたちから
あんたはいったい「何もんや?」という質問が複数出たので、
5分間だけ、あらためて自己紹介をさせてもらった。

普通の話をしてもつまらないので、これまでの仕事の経歴のほかに、
尿切れの悪さを身振りをつけて話をした。
爆笑の連続であった。

30歳代、40歳代の若い人たちにとっては、
60前のおっちゃんの感覚はわからないだろうから、それがわかるように話した。
すると同年代の仲間もそうだそうだと告白を細かくしてくれたし、
若い人たちはするどいツッコミをしてくれた。
大いに盛り上がった。

女性が多いこの早起き村では、詳しいことは書けませんが。

就寝時刻22時半 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(2)

11月03日

起床時刻:06時27分

良く寝ました。
今日は、ひと息いれよう。
明日は日曜だけど、明日からまた仕事をしよう。

そうだ、今日は長女の学校の大学祭。
行ってみようか。

就寝時刻23時 睡眠時間8時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月02日(金)

起床時刻:04時45分

昨夜テレビの歌謡番組で八代亜紀が舟歌をうなっていた。
しびれた。

20歳代の頃の自分が蘇ってきた。
仕事、仕事に打ち込んでいたあの頃の自分。
徹夜徹夜の日々
新宿のアパートでの一人ぐらし。
お酒など飲む間も、お金もなく、ひたすら仕事に夢中になっていた。

♪しみじみ飲めば、しみじみと思い出だけが行き過ぎる♪

当時は、こんなシーンは自分とは無縁だったが、
なぜか、あの頃、この言葉が胸に迫ってきた。
そして、今聞くと、あの頃のあんなことこんなことが蘇ってくる。

どこか知らない街へふらっと出かけて、ひとりでしみじみしてみたいものやな。
夜の冷たい空気の中、どこか港町の赤ちょうちんのカウンターで。

さて、昨日のサイトオープン。
さっそく注文が入った。
うれしい限り。
身を引き締めてやっていきます。

さて、今から市場。

就寝時刻23時 睡眠時間6時間

日別画面へコメントを読む(2)

11月01日(木)

起床時刻:05時54分

チームでひとつのものを作り上げていうていくという久々の体験。

それぞれが、それぞれの持ち味を生かして、チームに参加する。
若い人たちのパワーはやっぱりすごい。
それに引き替え、自分は「気持ちはあるけん、身体がついてこん」。

良いチームができていくこと。
それがうれしい。

先日、方丈記のことを日記に書いた。
昨夜、家に帰ったらNHKのEテレで、その方丈記のことをやっていた。
やっぱ、今どきは、世間も「方丈記」に心惹かれるのだとすごく納得しつつ観た。


就寝時刻23時半 睡眠時間6時間

日別画面へコメントを読む(2)