201306 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:50 平均起床時刻:05:32

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

06月30日

起床時刻:05時05分

自転車でカカトを踏まれた!

昨日の夕方、隣町の商店を歩いていたら、引き揚げたカカトに
ガツンと当たるものがあった。
おばさんの運転する自転車だった。

あっ、と言って、そのおばさんは、そのまま通り過ぎようとした。
さすがに許せなかった。

「こらあぁ、何しとんじゃー!。人をひいて、逃げるのか!」
温厚なぼくでもさすがにイカリマシタ。

カカトがひりひり痛いです。

警察を呼ぼうとしたら、「私携帯をもっていないんです」と
わけの分からないことを口にしたので、こんな人にかかわるだけ時間の損と思い、
もうええわ、放免してやることにしました。

それにしても、人にぶつかってそのまま、逃げるなんて。
「はずかしい」という観念がすっかり消えてしまった世の中なんですかね。

みなさんも、歩道の自転車にはくれぐれもご注意ください。
やられ損です。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へコメントを読む(6)

06月29日

起床時刻:05時13分

花屋さんの店頭で、オジギソウを見つけた。
懐かしい。
ほぼ50年ぶりに見たように思う。

小学3年生の時、「温室係り」というのをやっていた。
温室育ちではない。

朝早くに学校に行き、温室の植物にじょうろで、水をやる。
そこにオジギソウがあった。

ひょっと、手でふれると、シュシュシューと葉っぱを閉じていく。
不思議でもあり、かわいい植物だったので大好きだった。

そのオジギソウを買って帰って長女に見せてやった。
「オジギソウって、知ってるか?」

手のひらサイズの鉢に入ったものをビニール袋に入れて持ち帰ったので、
あちこち触れていたからだろう、オジギソウはほとんど葉を閉じていた。
ただ、3つほどの葉っぱが開いて残っていた。

長女は、
「あー、知っているよ」と言いながら、
その閉じている葉っぱをチョンチョンといくつも触った。


「そこ、ちゃうやろ!」
オジギソウを触るなら、開いている葉っぱを触ってそれが閉じるのを見るのが
楽しいのに、長女はオジギソウを知らんのやな。


このことを妻に伝えると、
「あんたこそ、あほやな。
オジギソウは、その閉じた葉っぱでももう一度さわると、
ホレ、もっと頭を垂れることもあるのやで。」

目の前で、オジギソウが下側に垂れた。


「へぇー、ほんまに頭を垂れるのや」
「そうや、せやから、オジギソウって言うねんやんかー」
笑われた。

知りませんでした。。
オジギソウが葉っぱを閉じることは知っていましたが、
頭をたれるようになるとは、気が付いていませんでした。
せやのになんでオジギソウというねんとの疑問もありませんでした。

小学校の頃は、おじぎするのが苦手やったからなあ。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へ

06月28日(金)

起床時刻:05時24分

いつもは、朝起きたらすぐに日記を書くのに、
今朝は、起床時間だけ押して他のことをしてしまったので、
書くのを忘れて、今(お昼過ぎ)まで、気がつかなかった。

そのままうっちゃんておいてもよさそうなものだけれど、
なんだか歯磨きを忘れたみたいで、
気になって、とりあえずの印をしておきます。

そうだ、今朝は、4時前に目が覚めて少し本を読んでいたんだ。
それで、なぜか頭痛がしたので二度寝。
目が覚めたのが、5時過ぎだった

就寝時刻22時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

06月27日(木)

起床時刻:05時08分

サンタがやってきたのか?

朝、起きて机のところに行ったら、ブルーの包装紙に黄色のリボンのついた包み紙が。
Happy Father's day と書いてあった。
ポロシャツだった。

大学2年の次女からだった。

朝からにんまり。

先日、「6月末まで受け付けているよ」って、言ったのが、良かったのか・・・。

就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へ

06月26日(水)

起床時刻:05時28分

記憶の仕組みってどんなんだろうか。
脳の中の細胞で、何が起こっているのだろうか。

コンピューターなら、電気信号だからプラスマイナスの集積だろう。
脳の中もそれとおんなじなのだろうか。
物理的には、どんな仕組みなのだろうか。

もし、電気信号なら、うんと強力な磁石を近づけたら、
シュルシュルシュルとプラスかマイナスが集まって、
記憶がごちゃごちゃになるのかしらん。

眠っている間に記憶が再整理されるらしいけれど、
電気信号を並びを変えるのだろうか。

記憶の仕組みってどんなのだろう。

もし、脳が生きる本能だけの機能しかなく、記憶するということがなかったら、
生きるという意味合いもずいぶんと変わってくるだろうなあ。
記憶って、すごいことだよなあ。
人生の思い出もそうだよなあ。


今朝は、3時半に一度目が覚めたので二度寝した。
お蔭で変な夢を見た。

小さな島の伝統行事の「代表」選ばれて、祭りの開始と同時に
皆が見守る大通りの中、素っ裸で、島中を6時間もの間走り回るという役だった。

祭りがスタートして、皆の前に出た時、右方向に走るか、左方向に走るか
一瞬迷ったら、そこでそのまま一歩も踏み出せず、ずーと立ちすくんでしまった。

そしたら目が覚めた。
パンツが欲しかった。

でもなんか悔しいから、もう一度あの場面に戻って、ウォーと叫びながら
町中を走り回りたい。
もちろん、夢の中で。


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間 

日別画面へ

06月25日(火)

起床時刻:05時45分

次女が英語の勉強を一生懸命しだした。
この8月にひと月ほど、カナダに行くことになったから。

付け焼刃だろうが、かまわない。
自らもとめて学ぶなら、何か大きなプラスが得られるだろうから。

就寝時刻22時 睡眠時間8時間

日別画面へ

06月24日(月)

起床時刻:05時23分

母方の親戚の仏事。

人生いろいろ、あるけれど。

今、ここに生きている。
そのことのありがたさを大切にせよ。

そんな素敵な言葉を残して行ったおじさん。

人生いろいろあるけれど。

70年、80年と生きていくと、乗り越えてきた苦労の数々は、
下界の雲を見下ろす富士山が思うであろうような心境になるのだろう、きっと。

就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

06月23日

起床時刻:06時13分

昨日は、大学時代のサークルの先輩や同期の5人が久々に集まった。
いろんな業界の話しをざっくばらんに聞くことができ、
とても楽しいひと時だった。

二次会は、スタンドバーで、店長が軽妙でユーモアあふれる会話を
してくれたので、また、大いに盛り上がった。
店長は、ウガンダ出身の兄ちゃんだった。
日本に来て、14年。
バリバリの大阪人みたいな感性を披露してくれた。

愛媛県や、愛知県などでも仕事をしていたというが、
この大阪の感性が故郷ウガンダの感性と共鳴するものがどうやらあるらしい。


そうそう、彼曰く、ウガンダには、世界一美味しいコーヒーがあるんだとか。
そのほとんどは、中国の大金持ちのところへ輸出しているらしい。
ともかく、いっぺん飲んでみたいものやな。


そして、三次会。
年に1度くらいしか行かないけれど、もう20年ぐらいお付き合いのある
ママさんのお店。
還暦を超えても、相変わらず、元気にしているそのパワーをもらいに行った。
食べ、飲み、そして、笑った。

就寝時刻25時 睡眠時間5時間

日別画面へ

06月22日

起床時刻:05時53分

友人のマンツーマントレーニングジムに行った。

今月から家の近くのスポーツジムに通い出したことを話すと、
それじゃ、身体のチェックをしてあげると言って、
ベテラントレーナーが、トレーニングスタジオで見てくれた。

トレーニングの効果を高めるには、まず最初に「身体のゆがみ」をチェックして、
その判定結果をもとにひと月間ほどかけて、身体のゆがみを矯正することが、
とっても大事らしい。

「トレーニングをして効果の上がる状態」をまず作る。
この準備のトレーニングが必要という。
この準備をちゃんとしないと、効果も半減するし、
トレーニングの楽しさも実感しずらくなるという。

いや、僕の身体はそんなに歪んでいないよ。
そう思いながらも、いろいろチェックを受けていると、
えーーー?そこんとこ、そんなに傾いている?という気づきがいくつも。

おなかのでっぱりも、背骨のゆがみと腹筋と背筋のバランスの悪さも・・・・
右からの上がり方も、左腰の上がり方も・・・

自分の身体の様子を、大鏡の前で示してくれるので、
ほんまやなー、と納得の連続。

肩こりや、頭痛や腰痛もこの身体のゆがみを矯正してから
トレーニングすると、短期間でよくなることが多いという。
ゴルフのスコアを上げるためのトレーニングもこのゆがみの矯正をしてから
トレーニングをスタートしなければ、ならないという。

6月から入会した家の近所のスポーツクラブでは、壁に碁盤の目の図を書いて
その前で写真を撮ってチェックするという方法だったけれど、
友人のマンツーマンジムでは、ベテラントレーナーが
鏡の前で、僕にもはっきり分かる「形」で示してくれた。

やっぱ、マンツーマンは違うなあ。

通いたい。けれど、ちょっと遠いからなあ。


就寝時刻22時 睡眠時間8時間

日別画面へコメントを読む(2)

06月21日(金)

起床時刻:05時44分

キョンキョンが泣いた。
僕も泣いた。

25年もの間、言えなかった「すまねぇ」という言葉を
ばあちゃん(宮本信子)が、春子(キョンキョン)に言った。

ばあちゃん、渋くて、まぶしかった。


いつも朝からゲラゲラ笑っていた「あまちゃん」で、
昨日の朝は、ずるずる涙が出てしまったぜぃ。
ワイルドだろー。


それにしても脚本家の宮藤 官九郎さんにやられっぱなしだ。
楽しい。


就寝時刻23時半 睡眠時間5時間

日別画面へ

06月20日(木)

起床時刻:05時18分

先日の父の日は、悲しいぐらいおだやかに過ぎた。
世間は、母の日ほどは、やはり騒いでいなかった。
商戦として、盛り上がりにかけるらしい。
父の日は、母の日ほど、プレゼント用の商品が売れないらしい。

妻が91歳の父に、と部屋着を買ってくれた。
僕には、100円のストラップを買ってくれた。

長女は母の日にプレゼントをしていたので、父の日になにかあるかもと期待していた。
でも、なーんもなかったので、「このやろー!」と腹を本気で立てていた。

それが昨日。
「ハイ、これ、父の日の」
といって、伊勢丹の包み紙のものをくれた。

顔が崩れた。
ブランド物のハンカチだった。

「ちょうど、これが欲しかったところやわ」
と言ったら、娘は「なんでやねん」と言った。


うれちかった。

昨日の夜、次女にはこう言っておいた。

「父の日関係の行事は、今月いっぱいまで受け付けやってるでぇ~」
2回続けていったけれど、聞こえないふりをしていた。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間

日別画面へコメントを読む(2)

06月19日(水)

起床時刻:04時22分

スポーツジムに通うようになったら、スーパー銭湯に行く回数が減るだろう。
そう思っていたが、どっこい、やっぱ、時々いってしまう。

湯船につかって、あー極楽とつぶやきたいからだ。

スポーツジムにも大浴場やサウナはある。
でも、ビルの中にある風呂で窓もなく、開放感がない。

その点、スーパー銭湯の方は、ガラスの壁だし、露天もある。
ブクブクとアワの中で、自分をあわと同化させるという離れ業も使える。

やっぱ、風呂が好き。

温泉地に生まれ育ちたかったなあ。


就寝時刻22時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

06月18日(火)

起床時刻:05時32分

昨日の夜は、「いさぎ」という魚を焼いた。
「活けじめ」という、市場まで生きて届けられたものを、市場で
しめて神経を抜いたものを料理した。

おつくりで食べられる鮮度のものを塩焼きにした。
うろこをとって、鰓(えら)をこそげ落とす。
しらこをはずし、内臓をとり、塩をふって、塩焼きにした。

魚を2枚や3枚におろすのは、慣れが必要だけど、
この程度のことなら、僕のような初めてのものでも、
ネットで調べながらできた。

うまいことはいうまでもない。

一緒に手に入れた、シジミで味噌汁も作った。
サザエのつぼ焼きもした。
活けダコを軽くゆであげて、たこぶつにした。

そばで見ていた嫁さんの機嫌が、途中でわるなった。
たまにしかしない、男の料理は、なかなか気を使うものではあります。

娘は、魚も、味噌汁もうまいうまいと言って食べてくれた。
それもまた、たのし。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

06月17日(月)

起床時刻:05時08分

去年に引き続いて、今年も京都府宇治市のあじさい寺(三室戸寺)に行った。
観音さん信仰のお寺。

あじさいの後、ひと月ほどして蓮が見ごろになる。
今年は、天候不順のせいか、気の早い蓮がいくつも咲いていた。

本堂の池の前のベンチに座って、ぼーっとしてた。
30メートルほどの先の本堂から、ときおり線香の香りが漂ってくる。

山の中腹にあるので、鳥の鳴き声もする。

テッペンカケタカ~。
山のお寺で初夏にひたる。

それに混じって、ホーホケキョとうぐいすも鳴く。
春と夏の競演

テッペン、カケタカ。
テッペン、ほけきょ。
けきょけきょ、カケタカ。
ほー、はげたか。

就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へ

06月16日

起床時刻:04時44分

やっと、雨が降った。
ザザザーっと、強く降った。

僕は車に乗っていた。

野球のユニフォームを来た中学生たちが、濡れながら歩いていた。
買い物帰りの奥さんが、ずぶぬれになりながら自転車に乗っていた。
傘もささずに歩いている人も結構いた。

朝から曇り空だったけれど、
まだ降らないだろうと思ってみんな出かけていたのだろう。

交差点横のグランドで、雨の中、走り回っている中学生がいた。
サッカー部の子らだった。

ずぶぬれになりながら、はしゃいでいるように見えた。

ぼくもその中に混じりたい、と思った。


就寝時刻22時半 睡眠時間6時間

日別画面へコメントを読む(2)

06月15日

起床時刻:07時02分

昨日は、へとへとに疲れていたので、8時には床についた。
何なら騒がしいのめで目が覚めると、家族がワイワイ。
また、夜の11時だった。
朝かと思った。

それで今度目が覚めたのは、3時半。
一度起きて本を読みかかったけれど、今日の予定を考えると
まだ寝ておいた方が良いと思い直して、早起き村でところどころで行われている
二度寝にトライ。

結局起きたのは7時過ぎ。

すっきりしたような、しないような。
得したよう、損したような。


就寝時刻20時 睡眠時間だいたい10時間

日別画面へコメントを読む(2)

06月14日(金)

起床時刻:05時24分

スーパー銭湯は卒業しようと思ったのに、
昨日、つい、ふらふらと夕方に行ってしまった。

日没時刻が遅くなったので、6時前と言えどもまだまだ明るい。
湯船には、大きな窓から太陽の光が差し込んで、
水面がキラキラ輝いている。
その中で、僕はゆらゆらしている。
極楽じゃ~。

風呂から上がって休憩室で、ミックスベリーのスムージーを
ストローでちゅうちゅうしながら、iPadでメルマガの記事を書き込んでいく。

やっぱ、スーパー銭湯はええぞう。


就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ

06月13日(木)

起床時刻:05時10分

昨日の続き。

歩いていて、その岡山時代によく聞いていた音楽を思い出した。

ハウンドドッグの「フォルテシモ」
この曲を大音響でかけながら、仕事仲間と
大山のスキー場に繰り出したこともあったなあ。

甲斐バンドの「吟遊詩人の唄」「裏切りの街角」
寮の部屋で、ステレオでガンガン聞いていたなあ。

そして、村田英雄の演歌の数々。
仕事の移動中の車の中で、大声で歌っていたなあ。


中でも「柔道一代」は、かわいがっていてくれたある社長が
わずか半年で僕が大阪に転勤になるとき、
高級クラブのピアノの生演奏で歌わせてくれた。

何もかも、遠い記憶。


建物やお店はいろいろ変わったけれど、木々に挟まれて流れる川は
そのままだったので、昔聞いていた音楽もちょこっと頭の中を流れだし、
追憶の時を、しばし過ごすこととなった。

それにしても、いろいろあったなあ。

就寝時刻 22時半 睡眠時間7時間

日別画面へ

06月12日(水)

起床時刻:05時59分

昨日から、岡山。
夕方、市内の柳町辺りの川沿いを歩いた。
29歳の時、半年ほど、その近くにある会社の寮に住んでいた。

懐かしい。

寮はもうない。
ネオン華やかなクラブも店が入れ替わっている。

20代の頃、ワクワクしながら通っていた「飲み屋」さんがあったと
思われる前を歩いて、
「なんであんなに、期待に胸ふくらませてお店にむかっていたのか」
今となっては、滑稽ではあるけれど、懐かしい1ページとなっていた。

ひとつでも、まだやっているところがあれば、覗こうと思ったんだけれど。


就寝時刻 22時半 睡眠時間7時間半

日別画面へ

06月11日(火)

起床時刻:05時56分

スポーツジムで、身体のゆがみをチェックします、
ということで、壁に方眼紙のようなものを貼り付けているところで
写真撮影をされた。

正面、右横、左横、そして、背面。

写真を見ながら、身体が前や後ろ、それでに左右に傾いたり、そったりしていないか。
ゆがみのチェック。
幸いに、立ってる姿にゆがみはほとんどないようだった。

心の中まで写す写真機なら、ひょっとして大きなゆがみが写ったかも。


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間半

日別画面へ

06月10日(月)

起床時刻:06時30分

スポーツジムに通う年齢層で一番多いのは?

ある大手スポーツクラブのデータによると、会員の30%以上が60歳以上で、
全体の中で、一番のボリュームゾーンだとか。(経済産業省のファイルにあった)

ジムで汗を流すなら、仕事で汗をながせよ!とは言いますまい。



就寝時刻23時 7時間半

日別画面へコメントを読む(2)

06月09日

起床時刻:05時40分

雨よ、降ってくれ。
梅雨には、雨。
今でしょ。

就寝時刻22時 睡眠時間7時間半

日別画面へコメントを読む(2)

06月08日

起床時刻:05時09分

スーパー銭湯通いを卒業して、スポーツジムに通うことにした。

銭湯で、数多くの太鼓腹を見せられているうちに、
自分の太鼓腹も大いに気になりだした。

あと5年以上はバリバリ仕事に励みたいから、気力体力とも
若々しくしていたい。

そのためには、湯船につかって「あー極楽」とまったりするのもいいけど、
マシン相手にえっちらおっちら、筋力を鍛えて、成長ホルモンを引き出して、
気持ちもアグレッシブにカッカカッカ!と燃える時を週に1、2度は必要かも。

というわけで、昨日からジムにいくことにした。

気のせいだろうけど、今朝も体にエネルギーがみなぎっている。
そう思い込むことにした。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へ

06月07日(金)

起床時刻:05時29分

健康生活にとって、「ちょうない」環境が大事。

ちょうないと言っても、「町内」の方ではなくて、「腸内」。
消化吸収の場所でもあり、腸内細菌がたくさんいて、免疫に大きく作用することが
日々行われているところ。

腸内も町内も大事にして、チョウーダイ!


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間

日別画面へ

06月06日(木)

起床時刻:05時42分

昨日、お世話になっている信用金庫さん主催のビジネスマッチングフェアに
出店していたら、その会場で開かれているセミナーの講師の名前に
目が釘付けになった。

ありゃ、これは、後輩じゃないの。
しかも、大学のサークルで一緒だった彼じゃないの。
しかも、彼の結婚式の司会までさせてもらったんじゃないの。

ひょんなところで、ひょんな人にばったり出くわすことは、
昔からちょくちょくあることで、この日記でも過去に何度か書いたけれど、
久々に一発、なぞの神様が「降臨」しました。

講演後、名刺交換を希望する人たちの列の一番後ろに並んで、
知らぬふりして名刺を差し出した。

ありゃありゃ!

彼が驚いたのは、もちろん、すごく喜んでくれた。
大変、「できた人」なので、先輩!と奉ってくれる。

僕が大学4年の時の1年生だから、特別に大事に接してくれる。

これでまた、旧交を温める機会を得ることができた。
信用金庫さんのイベントに参加させてもらってほんとに良かったです。


就寝時刻23時 睡眠時間7時間

日別画面へ

06月05日(水)

起床時刻:05時37分

寂聴さんの講演テープを久々に聞いた。
小説家として、まもなく週刊新潮に連載することになった「女徳」という作品を
書くにいたるエピソードがはらはらするような話で面白い。

当時、週刊誌の中でも絶大な人気を誇る週刊新潮で、
連載のチャンスを目の前にしたとき、書くネタのあてもないのに仕事を引き受け、
みごと人気小説にしあげていった。
その時の作品は、京都の祇王寺の尼さんを主人公とした「女徳」という。

連載の決定を受けて、急いでその尼さんに取材を申し込み、
インタビューをして、1週間後には、小説に仕上げていったという。
すさまじいパワーだと思う。

そして、その小説を書いて何年もしてから、瀬戸内さん自身が出家した。

瀬戸内さんの小説は、色物のイメージが強く、ひまつぶし相手の通俗小説だろうから
あまり小説として読みたいとは思わなかったけれど、
こりゃ、いっぺん読んでみなきゃなあ。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間半

日別画面へ

06月04日(火)

起床時刻:05時34分

女房に逃げられた。
こういうと、韓国の人は爆笑するらしい。

そのできごと自体を笑うというのではなく、当事者が、
まるでひとごとのように「受け身形」で話すことがおかしいらしい。

もし、韓国の人が同じ状況を説明するとしたら、
「女房が逃げた。(あいつは悪い奴だ)」

つまり、逃げた女房が悪いのであって、残された自分は何も悪くない、と。
逃げられたというのは、自分の側にも「非があった」ことを
示唆していると。

そして、女房が逃げて、それを受け身形で話すのは、
自分のとんまさをさらけ出しているのではないかと韓国の人は感じるらしい。


昨日、ある講演会で、韓国出身のの呉 善花(オ・ソンファ)さんが話してくれた。

韓国には、受け身形の表現はないらしい。
ほんまかいな。びっくりやわ。

「親に育てられる」
「見知らぬ人に、親切にされる」
「ドロボーに入られる」

こんな受け身形は、韓国の人たちは使わないそうな。

へぇ~!


就寝時刻24時 睡眠時間5時間半

日別画面へコメントを読む(4)

06月03日(月)

起床時刻:05時52分

ポッコリおなかに、脂肪肝。
最近、そんなおっちゃんが増えているらしい。
ぼくもそのひとり。

まだもう少し元気に仕事をしなくちゃならない。
ローンもあるし、夢があるし。
I have a dream.

で、スポーツジムに通うことにした。
週に2回。
身体のことを意識して、身体の手入れをしようと思う。

ほんとは、水泳もしたいんだけど、こんなポッコリでは水着になれぬ。
(だれも見てくれないだろうけど)

そうはいうものの、スーパー銭湯では、平気で、ぽっこりのまま
スッポンポンなんですが。

I have a dream.
もういちど、ファイティングポーズ!


就寝時刻22時半 睡眠時間7時間半

日別画面へ

06月02日

起床時刻:05時19分

信じ、愛し、楽しむ。
本居宣長は、源氏物語をそのように読んだ小林秀雄の講演を
ここ数日、ほぼ毎日寝床で、聞きながら眠っている。

イヤホーンは、耳の中に入れて聞くタイプなので、
朝まで、耳の中にあることも多い。

朝になっても、75歳の小林秀雄先生が熱弁をふるっているのを聞いて
なんだか楽しくなってくる。


就寝時刻22時 睡眠時間7時間

日別画面へ

06月01日

起床時刻:05時36分

6月の新しいページの日記。
清々しく始まる1ページという気分。

会社の決算も終わって、さあ、また気分一新。

前期は新しいことに取り組んだ。
もがきながら歩いて、新しい芽もぷくぷくと吹いてきた。
63までしっかり、がんばんべー。

就寝時刻23時 睡眠時間6時間半

日別画面へ