20181012(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時11分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

大阪府枚方市東船橋のピンポイント天気

天気:曇り
降水量:0
気温:16
風速:北北西2

今日は晴れて、穏やかな秋空が広がります。
日なたでは過ごしやすい体感ですが、
北風が吹くとヒンヤリと感じられそう。
調節のしやすい服装がオススメです。
(ウェザーニュースより)

ピンポイント

日の出:6:00
日の入:17:27

夜明:5:28
日暮:17:59

今日の気分

を5段階にわけて

1.絶好調
2.好調
3.普通
4.不調
5.絶不調

3.普通

今見つけた
ニコニコニュース
なぜ藤井聡太はフィクションを超えたのか?
【叡王戦24棋士 白鳥士郎 特別インタビュー vol.01】

http://originalnews.nico/139502

記事より
「コンピューターの急成長により、将棋界が大変革期に入った。
 序盤戦術において、
それまでの経験や技術の蓄積が崩壊するような『革命』が起こったのだ。
 その革命によって頭角を現したのが、藤井だった。
 ナポレオンは戦争の天才だったが、
しかしその才能が発揮されるためには、フランス革命が必要だった。
 それと同じように……藤井の才能が最大限に発揮されるためには、
将棋ソフトの出現による序盤の革命が必要だったのではないか。」

「なぜ藤井聡太はフィクションを超えたのか?

 それは藤井聡太が、
結果よりも『変わり続けること』を選び続けてきたからだと、私は考える。
 
努力ではない。藤井は「何かを抑えて」きたわけではない。
 ただ「ずっと強くなりたいと思って取り組んできた」ことだけは確かだ。
 では藤井が求める『強さ』とは何か?
 今までの棋士は、タイトル獲得という結果や、
大山康晴や羽生善治といった目標を追い求めてきた。
 しかし藤井は過去にインタビューでこう述べている。

「歴史の中で名局として語り継がれる将棋が多く生み出されてきましたが、
常に心に留めている一局、一手はありません」

 誰も想像したことのないような強さを、藤井は、藤井だけが、追い求めている。
 だから――

 現実ではないものをフィクションと呼ぶのであれば、
藤井聡太はこれからも、フィクションを超え続ける。」

茫洋とした、えたいのしれない、それでいて
純で、まっすぐに突き進んでいくところに
惹かれていく・・・ ・・・

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: