20190517(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 03時32分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

大阪府枚方市東船橋のピンポイント天気

天気:晴れ
降水量:0
気温:16
風速:北東4

今日は段々と雲が広がって、
午後はニワカ雨の可能性があります。
洗濯物の外干しは油断せず、早めの取り込みを。
気温は高めで少しムシッと感じられそうです。
(ウェザーニュース)より

ピンポイント

日の出:4:53
日の入:18:55

夜明:4:17
暮:19:30

今日の気分

を5段階にわけて

1.絶好調
2.好調
3.普通
4.不調
5.絶不調

3.普通

今見つけた
YAHOOニュース
東浩紀が時代の節目に自らを振り返る――「平成という病」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190516-00566944-bookbang-soc

記事より
「安倍晋三は二〇一九年一一月には桂太郎を抜き、
憲政史上最長の在職日数の首相となる。
そして、そんな政治的安定性と引き換えに、日本の国力はますます下がっていった。
GDPは中国の半分以下となった。団塊ジュニアは子どもを作れない年齢になった。
日本の技術が世界を変えるとはだれも信じなくなった。
貧困や児童虐待が連日報道され、嫌韓や嫌中のようなヘイトもまかりとおっているが、
多くの日本人はそんなことに悩みすらしなくなってしまった。
それでも東京五輪を控えて株価だけはあがり、日本はすごい、
日本は変われる、日本はまだまだいけるという本ばかりが売れ続けている。」

「ぼくは新元号では、そんな空回りを止めて、
社会をよくすることなど考えず、地味にできることだけをやっていきたいと思う。
それはおそらくは、批評家の資格をなくすことを意味している。
敗北主義で冷笑主義で現状肯定だと批判されることを意味している。
おまえらがそんなヘタレだから日本はこうなったんだと、
若い世代からは非難されることも意味している。
けれども、もう偽りの希望はうんざりだと、
平成という病を生き抜いた四七歳のぼくは心の底から思っている。

 そして、その疲労は、きっと、
ぼくと同世代の多くの日本人が共有しているはずだとも思うのだ。
ひとの人生は無限ではない。」

お祭りに参加する気力も体力も経済力もなくなってきたから
遠くから見てるだけしかないか・・・ ・・・

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: