20190626(水) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 03時11分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

大阪府枚方市東船橋のピンポイント天気

天気:曇り
降水量:0
気温:20
風速:北東2

今日は日差しが届いても、段々と雲が主役に。
ニワカ雨の可能性があるため、折りたたみ傘があると安心です。
昼間はジメジメ、ムシムシと不快な暑さとなります。
(ウェザーニュース)より

ピンポイント

日の出:4:45
日の入:19:15

夜明:4:07
暮:19:52

今日の気分

を5段階にわけて

1.絶好調
2.好調
3.普通
4.不調
5.絶不調

4.不調

今見つけた
YAHOOニュース
ノーベル賞・野依博士「本気で怒っている」日本の教育に危機感

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00010002-wordleaf-soci&p=1

記事より
「学校教育は、社会のためにある。
個人が自由に生きる権利は大切だが、
決して入学試験に合格するためだとか、
あるいは金持ちや権力者になるためにあるのではない。
教育界というのは日本であれ、あるいは世界であれ、
あるべき社会を担う人を育まなければいけない。
健全な社会をつくることが、
国民それぞれの幸せにも反映するわけです。」

「科学とは、真理追究の営みです。
ポール・ゴーギャンの「われわれはどこから来たのか われわれは何者か
われわれはどこへ行くのか」という絵がありますよね。
この問いにまっとうに答えるのが科学だと思っています。

 科学は客観性の高いものですが、
人々の営みとか自然観、人生観、死生観などの、まっとうな主観を醸成します。
いたずらに経済的利益追求に貢献するだけではなく、
これが本当の意味での科学の一番大事な役割なのです。」

「創造性のある科学者に必要なのは、いい頭ではなく、
「強い地頭」。自問自答、自学自習ができないといけない。

 それから、感性と好奇心。これが不可欠です。
そして新しいことに挑戦しなければいけないから、
やっぱり反権力、反権威じゃないと駄目ですね。
年配者や先生への忖度(そんたく)は無用です。
先生や社会は若者のこの自由闊達(かったつ)な挑戦を温かく見守る必要がある。」

確かに効率ばかりを求めすぎている
ではどうすればいいのか?
地頭を今からでもいいから鍛えて
今なぜここに存在するのかをじっくり考えてみよう!

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: