20190913(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 06時00分

今日の気分(本文)

今日はやっと涼しくなった。

話は変わるけれど、私には最近、「スピリチュアル」なことがらに傾倒している、いわゆる「スピ系」の友達がいる。
スピ系の定義は難しいが、ともかく非科学的発想に貫かれているのが特徴だ。
まぁ宗教と似ているのだが、信じているものが神や仏ではなく、宇宙や龍。
スピ系あるあるを言うと、

・占い、まじない、パワーストーン、オーラといった類が大好き
・ありとあらゆる開運法が好きで実践している
・開運法にはお金も時間もかけるが、正攻法の努力はたいしてしない
・現実に起こること全てが何かの意味やメッセージを持つと考える
・現実世界は当人の意識もしくは「波動」が反映されたものだと考える
(つまり意識一つで世界は変えられるわけである)
・自分大好き(自分を大事にしたり、自分のやりたいことをやることが開運につながる。ここが従来型宗教と違う感じだな)
・「ありがとう水」をいまだに信じている

などなどで、これは私の友達の特徴を書き出したのだけれど、なんで私は彼女と友達なんだろう??彼女の言う「引き寄せの法則」(出た!スピリチュアル系の人が大好きなやつ)に従うなら、私の頭がいかれてきたために頭のいかれた人を引き寄せたってこと?
「同じ波動のものは引き合う」そうだから、私もそういう「オーラ」出してたってこと(「玄関脇に盛り塩してそう」みたいな)?!

あ、まずい、まずい。私までスピ系になってきている。

私はもちろん、スピ系の話などまったく信じてはいない。個人の精神衛生上はいいかもしれないから(すべてのできごとに意味はあると考えた方が幸せである)、友達のスピ話も聞き流しているが、この前は「赤ちゃんはお母さんを選んで生まれてくるの」っていうトンデモ話をしだして「ハアアア??」となってしまった。
こんなバカなことを言うのはこの人だけかと思ったらそうではなく、一部では有名な話なんだそうで、別に彼女のオリジナルな発想じゃないらしい。

「じゃあ、この前の目黒区の虐待死した女の子も親を選んで生まれてきたっていうの?」と聞いたら、そうだと言う。この世のことにはすべては意味があり、彼女はお母さんを選んできたんだと。私たちにその意味はわからないけれど、前世のつながり(出た、前世。これもスピ系が好きなもの)があったりするんだそうな。

彼女の発想にはさっぱりついていけないが、なぜ彼女と友達かというと、この人が異常におせっかいだからだ。すごく親切だし、元気だし、ポジティブな人なのだ(こういうのも実に宗教っぽいが)。そして彼女からすると私は不幸のオーラでいっぱいだから、救ってあげたいと思うみたいで、めっちゃスピリチュアルなアドバイスをLINEでいっぱいしてくるのだ(こういうのも宗教っぽい)。
そういえば私は宗教の人も寄ってくる方ではある。よほど救いたいと思わせる悲壮感が漂っているんだろう。私は基本的に、考え方がさっぱり理解できなくても、性格さえよければ(親切だったり優しかったりポジティブだったり)、どんな人でも受け入れるたちなのであった。

でもねぇ。
スピ系およびスピ的開運法にすがりたくなる気持ちはわかるんだよね。
だって、この世って運の要素が大きいから。努力じゃどうしようもないこと多すぎるから(人生再設計第一世代を参照)。

ちなみに彼女に言わせると、私の誕生日は数秘術でいうところのマスターナンバー33で、このナンバーの人は超スピリチュアルなんだって。仕事のことで彼女にいつも愚痴ってるんだけど、彼女には「マスターナンバー33の人は会社で事務なんかできないはずだ」と言われた。
今、ぐぐって調べたら

「マスターナンバー「33」の人は、愛がとても深く器が大きいことが特徴とされており、奉仕者とも呼ばれています。
明るく素直で天真爛漫な性格をしており、責任感と自立心も持ち合わせています。
マスターナンバー「33」の人が持つ愛は、一人の人に向けてのものと言うよりかは、自然や人類、地球などの大きな規模に対する奉仕の心だと言われており、とにかくスケールが大きい愛情を持ちます」

なんかこれだけ読むと、宗教の開祖とか向いてそう、私。適職はカウンセラーや占い師らしい。ま、実際のところ、私はまったく愛情深くないし、器も小さいし、奉仕の精神ゼロなんだけどね。
あっているのは33の人は「理解者が少なく、周りと合わせることにストレスを抱えやすい傾向があります」というところだけなんだけれど、そうじゃない人なんているのかな?誰しも少しずつ「普通」とはずれていて、普通への調整がストレスとなっているんじゃないかと思う。