201210 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:08:00 平均起床時刻:10:27

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

10月31日(水)

起床時刻:12時00分

10月30日(火)

起床時刻:08時30分

会社で雑誌の整理をしていたら、先週号だか今週号だかのananの特集が「美乳」。こんなものは応接に置いてはおけないwww。と言いつつ、中身をパラパラと見ると(うろ覚えの記憶で書くから間違っていたらすみません)、anan調べによれば、Aカップってたったの2%しかいないんだな!
E・Fカップ+それ以上で2割くらいいっていたのには驚いた(一番多いのはBとCだったが)。
自然淘汰(性淘汰)の力でAカップが絶滅危惧種になっているのか、それともAカップに限りなく近いBカップが(パッドつきブラならBカップというアレだ)が虚偽のBカップ申告をしているせいなのか。つまりBカップの半分くらいは本当はAカップなんじゃないか疑惑を私は持っている。
しかしこれは美乳ならぬ微乳の妬みであって、実際は最近の子は食生活が変化し、欧米人ふうにスタイルがよくなって、胸も大きくなっているのかもしれない(でもここのところ、日本人の平均身長は伸び悩んでいるようだけど)。

日別画面へ

10月29日(月)

起床時刻:09時30分

「痩せるときは胸から痩せて、下っ腹のぜい肉が一番最後」という経験則は広く同意いただけると思うんだけど、実はそうではないらしい。
『なぜヒトの脳だけが大きくなったのか 人類進化最大の謎に挑む』(濱田穰/講談社ブルーバックス/2007.1.20)を読んでいたら、乳房にまつわる謎の一つに「エネルギー代謝の面で優遇されていること」が挙げられていた。どういうことかというと、「体のほかの部分の脂肪蓄積が消費された後にならないと、乳房の脂肪は消費されないことだ。すなわち痩せ細ってきても、おっぱいのサイズは維持される。これに関しては、男性を魅了することが、女性にとっていかに重要であるかを示唆している」(P238)だって!
ということは、ほしのあき理論(まずデブになって、しかるのちに痩せれば胸は大きいまま!)が正しいということか。

ちなみに女性の乳房は初潮の約2年も前から早々と発達を開始するらしい。これが乳房にまつわるもう一つの謎、乳房が生殖面での成熟よりもずっと早く発達しはじめること、である。
著者によれば「若い時期に、ペア相手の素敵な男性を見つける(引きつける)ことが目的だろう」とある。
「子を産み育てる女性は、男性の永続的な支援を必要とし、そのためにより効果的に魅力をふりまく必要がある。目につき易いところにある乳房に脂肪を蓄積して、目立つ形にするという方法で魅力を作りあげてきたのである」(P239)
貧乳の立場はwww

日別画面へ

10月28日

起床時刻:13時00分

『旅先だとどうして彼は不機嫌になるの』(松田朝子/自由国民社/2006.10.12)というタイトルがあるあるすぎて読んでみたwww

まずは「その同行者で大丈夫かどうかチェック」。
「あなたとのその人の日常に共通項目はありますか?
1.食べ物の好み
2.飲酒の有無
3.喫煙の有無
4.金銭感覚
5.体力の程度
これらの項目でお互いが共通すれば、それほど仲良くなかった人とでも、おおむね楽しく旅をすることができるものです」だって。

私の同行者(夫)で言うと、4の金銭感覚だけ多少近くて、それ以外は全く共通項目なしwwwつんだwww

その場合、「旅は、「生きて帰れるか?」と思うくらいハードな強化合宿か、「自由時間は睡眠時間」くらいに引き釣り回される視察旅行のほうが、エゴをむき出す余地も元気もなく、現地で同行者とのトラブルは少ないのです」(P28)とあるので、あわない人との旅行は「スパルタ方式詰め込み旅行」に限るのかもしれんwww

でもそれだと、体力のない私が疲れてしまい、自分が「旅乱」になる可能性があるんだよなw(旅先になると突然不機嫌になる人や扱いにくくなる人のことを著者は「酒乱」ならぬ「旅乱」と呼んでます)

著者は血液型別旅乱タイプについても書いているんだけど(血液型占いが嫌いな人は読まないほうがいいかもしれないね、イラっとするかも)として、「AB型旅乱の典型」(私はAB)は「体調次第であっさり予定を変更する人」なんだってさ。心当たりありすぎるw
著者によるとAB型は「体力的に無理が利かない人が多いような気がします」とのこと。
「AB型は元気であれば、トラベルはトラブル、とばかりに起こる旅先のハプニングも、どこ吹く風とばかり笑い飛ばしてくれる柔軟さを持っていて、旅仲間としては最高なのですが、それに甘んじて、夜更かしや暴飲暴食などを続けていると、真っ先に体調を崩してしまいます」
あるあるw

夫はA型でA型の旅乱タイプとしては「さしたる理由もないのに、旅先で突然不機嫌になる人」とある。うちの夫は「さしたる理由もないのに」ではなく、「ささいな理由で」だなw
ちなみにB型は「団体行動を嫌いながらも一人にさせるとすねる」、O型は「自分以外にリーダーシップを取ろうとする人が現れると戦う」とありました。

血液型はともかく、「人のふりみて我が振り直せ」の「旅乱」の例が色々と出ています。
常に冷静でいること、一歩ひいて状況を俯瞰できること、ちょっとした心遣いが、楽しい旅をするコツなんだろうけど、難しいねぇ。
結論としてはやっぱり一人旅がいいような気がする。でも、その勇気はないんだがw

日別画面へ

10月26日(金)

起床時刻:11時30分

『動物が幸せを感じるとき 新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド』(テンプル・グランディん/キャサリン・ジョンソン、NHK出版/2011.12.25)を読んだ。
グランティンは自閉症を持つ動物学者で、家畜を扱う設備を開発したりするなど、畜産業界にも関わっている。翻訳者の中尾ゆかりさんによると2010年「タイム」誌の「世界で最も影響力のある百人」にも選ばれたそう。

本書では幅広い話題に触れられている。
犬や猫といった身近なペットの持つ情動から野生動物とその保護、現在の動物学に対する危惧、動物園のあり方、家畜の福祉にいたるまで、実例を多くひきながらの具体的な記述で面白い。

自閉症で動物の気持ちがわかる人、というと、なんていうか、浮世離れした、アッシジの聖人みたいなんじゃないかというイメージがあったけれども、彼女は主体的に畜産業界に関わってきたプラクティカルなタイプだ(馬・牛・豚・鶏はそれぞれに一章を割いて詳述されている)。

「一九七〇年代、動物愛護協会は、主な畜産業組合に代表者を送りこみ、理事会に出席させた。こうすれば、畜産業界がどんなふうに仕事をしているのか、どんな点なら動物の大遇を改善しても商売を続けられるのかが、じかにわかる。八〇年代には、協会は、精肉工場用に私が設計した中央トラックコンベヤー拘束機の開発資金を寄付してくれた。今日なら、まちがってもそんなことはないだろう。畜産業界の改革や改善を支援するために、いくらかでも寄付しようという動物福祉団体など、めったにない。人は抽象化されるほど過激になる。今日では、動物擁護団体と畜産業界は真っ向から対立しているのだ」(P158)

「二十五年かかってようやくわかったのだが、お金には大きな影響力があり、動物を救うのも傷つけるのも、経済的利益の有無にかかっている」(P163)

「私は設備や装置の設計と設置に三十五年たずさわって、さまざまな教訓を得た。<略>注意すべき点がいろいろあるが、開発した方法や技術を特許争いに巻き込まないというのも、そのひとつ。
優秀な技術の特許権を買取、新しい、すぐれた設計が世間に広まるのを妨害する会社もあるのだ。そんな会社の被害にあった悲しい例はいくつもある」(P310)
例えば家畜の待遇や処分の改善につながるものであっても、既得権益を守るために握りつぶれることは珍しくないのだ。

「人は抽象化されるほど過激になる」かぁ。常に現場で現実と向き合ってきた人の重みを感じるなぁ。

日別画面へ

10月25日(木)

起床時刻:08時30分

この前の健康診断の結果がきた。「総合判定D 要精密検査」だって。
「血清アミラーゼが上昇しています。<略>内科でアイソザイムによる精密検査を受けて、その結果で対応をご相談下さい」とのこと。
血清アミラーゼは膵機能と関係あるらしい。慢性膵炎気味なのかもしれないと思って、先走って難病情報センターの「慢性膵炎」の項目を見てみたら、どうもアルコールがよくないらしい。思い当たる節はおおいにあるけど、私、そんな大酒飲みじゃないっすよ(一回の食事で日本酒一合くらい、ワイン二杯くらい。全然OKだよね?)。
慢性膵炎の「治療の原則」は、
「1. 禁酒・禁煙
2. 脂っこい食事を控える(脂肪30~40 g/日以下)
3. 腹一杯食べない(腹6~8分目とする)
4. コーヒーを止める
5. 香辛料・炭酸飲料などを制限する」
だって。うわっ、私は禁酒とコーヒーがきつい。
「また、ストレスも慢性膵炎に悪影響を及ぼしますので、心身の安静を守りストレス・不安の解消などに努めることも重要です」
あー、これも無理だわー。

健康診断の結果には血清アミラーゼだけじゃなく、「血液検査の赤血球数で多血症が疑われます。二ヶ月後に再検査してください」ともあった。
まぁでも、私、多血症は昔からだから。いつも、赤血球量とヘマトクリット値は基準値超えているかよくて上限。今回は血色素量というのの結果も出てて、それも基準値超えてたけど。

まぁ、たいした基準値超えじゃないから、真性多血症じゃなくて、ただそういう体質なのね。健康診断書には「多血症は心臓や肺疾患、肥満などの原因の場合もあります」とあるけど、肥満には程遠い(BMI16.7、体脂肪率18.4%)し。喫煙も原因になるらしいんだけど、私、タバコは吸わない。だからやっぱり体質だろう。

ぐぐってたら、多血症には「ストレス性」多血症っていうのもあるらしい。
「やや肥満して血圧の高い中年の男子で,ストレスの多い状態にあるときによくみられる」らしい。これだよ、これ!。ま、私は肥満もしてなければ血圧も低い(上は100切ってる)し、中年の男子でもない(中年の女子だけど、20代前半からずっと多血症の診断結果出てた)けど、多分ストレスだよっ。ストレスのせいにしたいw。

思い当たる節はある。そう、日々のゲームのせいですよ。ゲームなんか大嫌いなんだけど、毎日、毎日、仕方なく夫につきあってゲームしてるんだからねっ。まぁでも、人間、ストレスフリーな人生をおくるなんて無理なんだけどね。仮に結婚しなくても、社会生活を営む以上、常に他人というストレッサーが周りにいるんだからさ。

日別画面へ

10月24日(水)

起床時刻:11時45分

昨日の夜は奥薗さんレシピのお麩のハンバーグ。
ひき肉200gに対して、お麩を40gも入れるんですお。ほぼ一袋じゃん。
(お麩はくだいたあと、牛乳1/2カップを注ぎ湿らせておく)

うちはひき肉250g(スーパーの一パックがそのサイズなんだよ)に対してお麩30g(それだけしかなかった)。
玉ねぎじゃなくて青ネギを大量に入れるんだけど、青ネギがなかったので、いつもどおり玉ねぎを炒めて粗熱をとったのを入れました。
って、既に奥薗レシピじゃなくなっているけどwww

タネにお醤油を大さじ1入れるんですね。私はいつもはケチャップを入れていました。
つくっている途中は不安感マックスだったんだけど(お麩のつぶつぶが残っていたし)、夫に出したら何も言わずにぺろっとたいらげてた。
しかも夫はハンバーグのソースは市販のデミグラスソース派なんだけど、奥薗ソース(ケチャップ、好みのソース、練り辛子←これポイント!、酒か水)で文句を言わなかった。
「美味しかった?」って聞いたら「うん」って言ってた!びっくり!
深夜に帰ってきたからお腹すいていたのかもしれんw 空腹は最高の調味料ってやつw
付け合せは茹でたブロッコリーとマッシュポテトにした(奥薗レシピだと付け合せはきゅうりとトマト。私はいつも温野菜を添えるけど生野菜でもあうんだろうか)
今度は奥薗レシピの「ニラつくね」をつくってみようっと。

昨日はYoutubeで懐かしの音楽を色々聴きながら夫の帰りを待ってたんだけど、明菜ちゃんの名曲『難破船』を聴いて泣いてしまった(作詞作曲は加藤登紀子さんなんだね、知らなかった)。

難破とは「暴風雨などのために船が破損・座礁・沈没などをすること」ですが、ここでは「愛の暴風雨などのために女性が破損・座礁・沈没などをすること」を歌っているんですね。

この歌の女性は「ほかの誰かを愛した」男を強がり言って振ったはいいが、未練を断ち切れず「さびしすぎてこわれそう」な「愛の難破船」状態になってしまい、「折れた翼~広げたまま~、あなたの上に落ちていきたい~、海の底へ~沈んだなら~泣きたいだけ抱いて欲しい」とまぁ、男への執着心がほとんど自爆テロレベルにまで高まってるわけですよ。

私自身は男のほうが先に私から離れていくという経験はないんで、愛の難破船ならぬ愛の無敵艦隊でありまして(そもそも、ほとんど出帆してないwww常に港に停泊中だから沈没もしないwwwだから私は「愛の氷川丸(運行終了済)」だなwww)、自身の体験に重なる部分はゼロなんだよね。
でも、明菜ちゃんがまた情感たっぷりに歌っているから、なんつうか、もらい泣き(しかも号泣)ですね。起きたら目が腫れぼったくなって一重になっとるw。いかんいかん。

日別画面へ

10月23日(火)

起床時刻:08時30分

『聖書を語る』(佐藤優と中村うさぎの対談集/文藝春秋/2011.7.15)をつらつらと読むけど、二人ともサービス精神旺盛なエンターテイナーだから面白いね。ただ佐藤優なんかはサービス精神旺盛すぎて、話盛ってるんじゃないかwwwってこと多いけど。

知らなかったんだけど、イスラム教徒になる儀式は簡単で二人のイスラム教徒の証人の前で「アッラーは偉大なり。ムハンマドは最後の預言者なり」と唱えれば(ただ元キリスト教徒は「イーサー(イエス)は救い主ではない」と名言しなくちゃいけないらしい)、はい、これであなたもイスラム教徒なんだって。モスクに行く必要すらないそうな。
一方、佐藤の属するカルヴァン派は「ハイデルベルク信仰問答」の百二十九問を全文暗唱しなければ洗礼を受けさせてもらえないらしい。マジですか。

アントニオ猪木が第一次湾岸戦争の際、人質解放を目的にイラクに行く時に、イラク大使に「イスラム教徒になったほうがいいか」と相談したら「ぜひ、それがいいでしょう」と(割礼は嫌だから、昔やったとかいう包茎手術で代用したらしいw)。
で、人質解放に成功して帰ってきたけれど、お酒も飲みたいし、トンカツも食べたい。
で、イスラム教徒をやめたくなって、モスクに行って宗教指導者に相談したところ、「イスラム教徒をやめることはできるが、そのときは首を斬ることになっています」と言われたらしい。

まじかw指をつめるので許してくれってわけにはいかんのかw

キリスト教徒の場合も脱退はなくて破門しかないらしい。でも、教会のほうでは洗礼を受けた以上は神の子であるらしく、佐藤曰く「うさぎさんもキリスト教徒の洗礼を受けてしまった以上、永遠に信者なんですよ。刺青みたいなもので一回入ったら落とせない」んだとか。
固めの盃じゃなかった聖餐式って恐ろしいなw

私は大丈夫かと思い巡らしたら、高校が仏教学校だったもんで、しょっちゅう三帰依文(仏・法・僧の三つに帰依する言葉)を唱えとったわwww
仏教徒じゃないんだけどwww

三帰依文は「人身受け難し、いますでに受く」と始まる。
そうそう、仏教って読み方が独特な言葉が多くて、例えばこの「人身」は「じんしん」ではなく、「にんじん」と読む。
「にんじん、うけがたし、いますでにうく」です。「ぴーまん、くいがたし、いますでにくう」とは続かない(当たり前w)。

「人身受け難し、いますでに受く。仏法聞き難し、いますでに聞く。この身今生において度せずんば、さらにいずれの生においてかこの身を度せん。大衆もろともに、至心に三宝に帰依し奉るべし」
とここまでは校長が一人で言って、そのあと生徒全員で

「自ら仏に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大道を体解して、無上意を発さん。
自ら法に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、深く経蔵に入りて、智慧、海のごとくならん。
自ら僧に帰依したてまつる。まさに願わくは衆生とともに、大衆を統理して、一切無碍ならん」

と唱える。そのあと校長がまた一人で、
「無上甚深微妙の法は、百千万劫にも遭遇うこと難し。我いま見聞し受持することを得たり。願わくは如来の真実義を解したてまつらん。」
と言って、合唱、礼拝(仏教では「らいはい」と読む)。ちなみに「見聞」は「けんもん」と読む。

リズムがいいので、だいたい覚えています。
それにしても仏教を脱退するというか、仏教徒をやめるときはどうするんだろうね?
お釈迦様はきっと「いいよ」って言われると思うけど、問題は僧だなw
墓ですよ、墓をどげんかせんといかん。
今は墓不足と聞くし、いくらでも入り手がいるだろうから、そんなに嫌がられないかもしれないけど、墓を掘り起こして移動するとかめんどくさすぎるね。

何事においても、縁を結ぶのは簡単だけど、縁切りは大変であるなw
縁切りといえば縁切寺、「源氏山~から~北鎌倉へ~、あの日と同じ~、道のりで、たどりついたのは、縁切寺」の「縁切寺」(グレープ)を思い出すけど、「縁切寺」でぐぐったら、北鎌倉ではなく、群馬県太田市の縁切寺のHPを見かけた。由緒ある立派なお寺さんのようだけど、縁切り厠にびっくりw 
白と黒の和式トイレ(野外)の写真がインパクト大w 白黒つけやがれ!ってことなんだろう。
でもいくらなんでも、囲いも何にもない屋外のトイレにまたがるとか無理っすよwwwと思ったら、流すのは縁を切りたいことを書いた紙のみであるようだ。縁切りの本気度を試しているのかとびびったが(「本気ならできるはず!恥を捨てて決意を示せ!!」)、そうではないらしい、よかった。
白が縁切り用、黒が縁結び用の便器だそうで、縁切札・縁結札にお願いを書き、それぞれに流すことで願掛けするんだって。独創的すぎるw

日別画面へ

10月22日(月)

起床時刻:14時00分

二度寝。夫を送り出したあとにまた寝てしまい、起きたら午後二時。久しぶりによく寝た。
と書くと「オマエは週三ペースで午後に起きてんじゃん」と言われそうだけど、いやいや、午後に起きたとしてもよく寝ているわけではないんですよ。いつも睡眠不足な感じで疲れてるんですから。

今日みたいによく寝たあとは実に爽やかな気分。でもさわやかな午後2時起床じゃなくて、さわやかな午前8時起床だったら良かったんだけどね。ま、「起きたら午後4時( ̄◇ ̄;)」じゃなかっただけマシだと思うことにしよう。ほら、よく寝たあとはポジティブ思考も可能になる。

お昼(といってもほぼ三時のおやつタイム)はカレービーフン、ごぼうと鶏肉のスープ、いちじく、コーヒー(牛乳多め)。
ここにコールスローサラダでも入れれば献立的には満点だろうけどそんなことしてたら夕飯時になっちゃうよw

カレービーフンは奥薗壽子さんレシピ(『奥薗流ごはんの基本!』)。
昨日の夜もつくったんだけど、美味しくてまたつくってしまったw

私が買ってきたビーフンには液体の調味料もついていたんだけど、それを使わなくても十分美味しい。
奥薗レシピだとエビを使うんだけど、私はエビなしの人参入りにした。
豚肉は醤油で下味をつけてごま油で焼いて、そこににんにくとしょうがをすりおろしながら入れちゃう。
もやしや人参を炒めてそこそこ火が通ったら、水に5分つけて戻したビーフン(”ふにゃ”くらい)を入れて、調味料(ナンプラー、オイスターソース、カレー粉、水少々)をいれた調味液を吸わせるように混ぜながら炒める。私はそこに日本酒少々も入れましたねw
んで、私はここで短めざく切りのニラも投入し(奥薗レシピだとニラは一番最後)、蓋をして3分くらい蒸し煮に。
最後に塩胡椒で味つけして(野菜に味がついていないんで。ただ薄味が好きな人はなくてもいいかも)、好みでレモンを添える(レモンおすすめ)。
私は香菜も最後にのっけましたね。
なんちゃってパッタイみたいな感じだなw 
でも奥薗流ビーフンの戻し方だと麺を茹でなくていいから楽チンだし、こっちのほうが好きかも。

日別画面へ

10月21日

起床時刻:13時00分

今日も元気にFF11。
夫が目の奧が痛いと言い出しおった。
ウェルカムトゥ老人ワールド!
夫も35才になって、体の回復力が弱まってきたわけよ。私が思うにお肌の曲がり角が25才なら、体の曲がり角は35才ね。女の人は35過ぎるとガクンともてなくなる。

一日十時間も二十時間もゲームをしても昔はなんともなかったのが、年をとると、なんだか目が痛い、頭がズキズキする、そういうふうになる。
「何か深刻な病気だったらどうしよう」と不安がっているが、それただの老化ですねん。おばはん、知ってますねん。

日別画面へ

10月20日

起床時刻:11時00分

おゲーム。
『ハチはなぜ大量死したのか』(ローワン・ジェイコブセン/文藝春秋 2009.1.30)読了。面白かった。

アメリカでは蜂が大量に失踪しているんだってさ(邦題では「大量死」となっているけれど死体はなくて「大量失踪」してるんだって。北半球の蜂の1/4が消えたそうな。ちなみに原題は「実りなき秋Fruitless Fall」で大量死とかいう言葉はない)。この現象をCCD(蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder)という。

著者によれば「CCDは典型的な探偵小説そのもので、興味をそそる要素をすべて備えている。つまり、不可解な死、消えた死体、世界の破滅を招きかねない結果。その上、容疑者は山ほどいる」。
まぁでも、典型的な探偵小説と違って「こいつが犯人だ!」ということにはなっていない。ていうか、そうだな、全員が犯人かな(電磁波説など明らかに無罪であるものを除いて)。

そもそも、アメリカでは今、西洋ミツバチはボロボロになっている。大量に失踪するだけでなく、ありとあらゆる病気にかかり、寿命も縮まり、産卵数も減っているそうな。
この原因はまぁ色々複合的(全員が犯人)なんだけれど、やっぱり元はといえば、ミツバチヘギイタダニが少なからず関係しているんじゃないかと思う。ミツバチヘギイタダニはアジアからやってきた悪魔の化身ですね(少なくとも養蜂家から見れば)。

ミツバチヘギイタダニは、元々はアジアの東洋ミツバチに寄生するダニで、アメリカの数百万群におよぶ西洋ミツバチのコロニーを死に至らしめた実績を持つ。
このダニは蜜蜂の幼虫のジューシーな体液をチュウチュウ吸ってバカみたいに繁殖する。ダニに体液を吸われた栄養失調かつ病気持ち蜂になる。

養蜂家はダニ駆除剤を投与するけれども、それに耐性を持つスーパーダニ登場して、結局、ダニが常に勝利してるっぽいんだよね。ダニ駆除剤は当然、ミツバチにも影響はあると思う。所詮は虫同士なんだから、ダニだけ死んでミツバチがケロっとしているわけがない気がする。癌の化学療法みたいなもので、命は救われるけど、本人(本虫)も結構フラフラになるんじゃないか。
(ちなみにアジアの蜂は進化の過程でダニ対策を身につけている。本書でもダニ対策習得済みのロシア蜂(系統は西洋ミツバチなんだけど)が紹介されていて、アメリカのロシア蜂のユニークな養蜂家が紹介されている)

もっとも、今回のCCDは、ダニが原因とは言われていない。
ウィルスやら遺伝子組み換え作物やらネオニコチノイド系農薬やら移動養蜂によるストレス、低栄養(コーンシロップのみでは蜂の健康によくない)が疑われている。
特に「夢の農薬」として大人気のネオニコチノイド系農薬は怪しまれている。ネオニコチノイド系農薬は虫の神経系統に作用するから、蜂にだって影響する可能性はある。
ある農薬単品では影響がないにしても、もともとダニ駆除剤やらウィルス感染、栄養失調やらでフラフラになっているところに農薬をとりこむと、カクテルされた化学物質の影響が出てしまうこともあるかもしれない。
今回のCCDでは、ミツバチらが死んでいるのではなく、消えていることもそう考えると説明がつく。つまり、神経に作用する農薬のせいでミツバチたちが集団アルツハイマーみたいになって、巣箱に帰れなくなる、蜜を集められなくなる、どこかで徘徊して死んでしまう、とかそういうことなのかもしれない。

「現代のミツバチは、彼らの祖先が一度も経験したことのなかったような重圧にさらされている。悪者リストに名を連ねているのは、ミツバチヘギイタダニ、アカリンダニ、ハチノスムクゲケシキスイ、アフリカ化した「キラー」ミツバチ、アメリカ腐蛆病菌、ありとあらゆる種類の真菌類やウィルス、さらには農薬、抗生物質、栄養不良、都市化、グローバル化、そして地球温暖化も脅威だ。<略>ジェリー・ヘイズはこの状況を一言でまとめた。
「ミツバチがまだ生きていること自体が不思議なくらいだ」と」(182)

まぁでもミツバチが絶滅しかかっても、蜂蜜を食べなくても困んないし、別にいいやと思っていたら大間違いで、「私たちが口にする食物の実に80%が、多かれ少なかれ花粉媒介者のお世話になっているのだ」(P28)そう。
代表的花粉媒介者であるミツバチがいなくなってしまったら、私たちの食卓はどうなってしまうのだ?!と著者は心配する。

えー、そしたら、たぶん遺伝子組み換えだかなんだかして、有用な作物については単性生殖できるようにするんじゃない?そしたら、花粉媒介とかいらなくなるじゃん?

著者は「でもどうしてそんなことをする必要がある?まだもうひとつの、豊かな香りとさまざまな形で相手を魅了しようとするあでやかな世界を選ぶことができるのに、なぜわざわざ醜い世界を選ぼうとする?希望と可能性と新たな生命を産み出す情熱的な羽音に満ちた世界のほうが、ずっとうれしいだろうに」(P275-6)と言うけど、いやいや、それはあなたの趣味であって、世の中の人は蜂の情熱的な羽音に満ちた世界よりも札ビラの情熱的な羽音に満ちた世界のほうがずっとうれしいんだよ。

多くの人にとって、希望と可能性を産み出すものは蜂ではなく、金であるんだからさ。わざわざ醜い世界を選ぶのはそこに経済的利益があるからでしょ。私だってグロテスクに思えるけれども、グロテスクに感じる事自体、恵まれた世界にいる甘ちゃんの考えなのかもしれないし。よくわかんないね。

日別画面へ

10月19日(金)

起床時刻:10時00分

『ハチはなぜ大量死したのか』の付録に「受粉昆虫にやさしい庭づくり」というのがある。「受粉昆虫にやさしい」を英語ではいえばPollinator-Friendlyか。それにしても色んなフレンドリーがあるもんだwww

これによると「整形美人の花は避ける」のがいいらしい。「重弁のタチアオイやヒマワリのようなあでやかな新種の多くは、花蜜も花粉も作らない」んだそうな。
びっくり、タチアオイやヒマワリはハチの好きな植物の代表格かと思っていたけれど。
この前読んだ『身近な野の花のふしぎ』にもタチアオイの三つの徳の一つとして「働きものを誘う能力」が挙げられていた。「ブラシみたいにつきだした雄しべに注目したい。ミツバチやハナバチはこれを見つけるとすっ飛んできて、上品な手仕事を好むレディーたちがあられもなくぎゅっとしがみつき、恍惚嬉々としてドタバタとのたうちまわる。花が大きく数も多いから広告効果は絶大。記憶力のよいハナバチたちにあなたの畑を覚えさせたい」とまさに、ポリネーター・フレンドリーの代表格のように書かれていた。たぶん、昔ながらの地味なタチアオイやヒマワリならハチの大好物なんだろうけど、そこに「※ただし重弁のタチアオイは除く」とかいう注意書きはない。この記述を信用してうっかり重弁のタチアオイを植えちゃったら、ハチが来ないじゃんねぇ。

ちなみに「受粉昆虫にやさしい庭作り」によると、「チューリップ、サルビア、マリーゴールド、パンジー、ライラック、百日紅などは、昆虫にとっては、ほとんど役にたたないか、まったく価値のない花だ」とあるけれど、サルビアって昔よく花を摘んで蜜をちゅっと吸ってたよ?(今考えると汚い)
花蜜はあるような気がするけど、ダメなんだねぇ。なんか、ほとんどの栽培種の花がダメなような気がしてきたw

更にいうと自生の花のほうが外来種よりもいいらしい。「平均すると、自生種の花は、外来種の花より四倍も多く受粉昆虫を集める」んだって。でも、日本にいる西洋ミツバチは外来種なんだけどなw だから何でもいいんじゃないかっていう気もするがw

買い物途中でミツバチ(西洋ミツバチ)を見かけたんだけど、線路際の、比較的しょぼい花に二匹たかっていた。栽培種だとは思うけど、ああいう花でいいんだな。なんていう名前か知らないんだけど。

『ハチはなぜ大量死したのか』の付録2は「ミツバチを飼う」だ。たぶん、この本を読むとかわいいミツバチちゃんを飼いたくなる人続出に違いない。でも私は近所の人にミツバチなんか飼ってほしくはないw
ハチが洗濯物にとまって休んでいるのを知らないで取り込んだりしたら、びっくりして刺すかもしれないし、ミツバチの巣を狙ってスズメバチが来るかもしれないじゃん?人里離れたところでやっていただきたいw

日別画面へ

10月18日(木)

起床時刻:08時00分

10月17日(水)

起床時刻:11時00分

今更ながら『働かないアリに意義がある 社会性昆虫の最新知見に学ぶ、集団と個の快適な関係』(長谷川英祐/メディアファクトリー新書)を読んだ。売れているようで、私が持っているのは2011年5月発行の第六刷。

著者の研究によれば7割ほどの働きアリは巣の中で何もしていないとのこと。その理由はハチやアリには、刺激に対する反応度合い(反応閾値)の違いという遺伝的な個体差があるかららしいのです。

言ってみれば部屋の散らかり具合(刺激)と掃除をはじめる(反応)度合いのばらつきのようなもので、腰の軽い人は部屋が散らかったらすぐに片付けるでしょうが、腰の重い人は末期症状を呈さないと片付けないような違いです。意外とアリやハチには腰の重いやつがいるという話なんですね。

全員がきれい好きで腰が軽いほうが世の中よく回りそうなもんだけれども、どうやらそうじゃないらしい。例えば、ミツバチは巣箱という閉鎖空間に巣をつくるわけだけれども、巣の温度が高くなりすぎると、巣板の上にいるハチが羽ばたきをはじめ、巣の温度を下げるんです。ミツバチの幼虫は巣の温度が高すぎると成長が悪くなるため、温度の変動を幼虫の生育に適した一定の範囲に保てるほうが効率よく繁殖できます。
人工授精により遺伝的多様性をなくし、全員がある温度で一斉に羽ばたきをはじめるコロニーと、通常の遺伝的多様性のあるコロニーとで比較した場合、後者では羽ばたきを開始する温度に個体差があるため、かなり低い温度から羽ばたきが始まり、温度が高くなるにつれ、多数のハチが羽ばたくようになったそうです。これにより、きめ細かい温度管理ができ、巣の中の温度を一定に保てることがわかったんですね。つまり野生のコロニーにみられるように、腰の重いやつと腰の軽いやつが同居しているほうが生存にメリットがあったわけです。
アリの世界でも同様です。

とここまで読んで、世の大多数の腰重い人間は「そのとおり、わしにも存在意義があったのじゃ」と思うかもしれないけれど、勘違いしてはいけないのは、腰が重いのは反応が鈍いからであって、働きたくないからではないんですね。
腰の軽いみんなが先にやってくれるから、アタシ仕事がない、という状況なのであって、みんながてんてこ舞いの状況になれば普段は働かない体の大きな兵隊アリもすすんでワーカーがやるような子育てをはじめるんです。
従って最初からさぼってやろう、働けるけど働かずにナマポもらってやろう、なんて根性ではないのです。こういうアリもいまして、これはチーター(チート(ずる)をする人ですね)、裏切りアリと呼ばれます。

アミメアリの普通のワーカーのアリには単眼はないのですが(アミメアリには女王がおらず、ワーカーがオスとは交尾せずに子供を生む)、単眼を持ち、少しサイズの大きなワーカーを含むコロニーが日本各地で見つかりました。よく調べてみると、この単眼型ワーカーは通常のワーカーとは遺伝的に異なる系統であり、比較的新しいタイプだったんですね。彼女等は働かずにただひたすら卵を産み続ける。つまり、コロニーの維持には手を貸さず、その恩恵だけをむさぼり、ひたすら子供を産み続けるチーター、裏切りアリ、フリーライダーなんです。

その結果どうなるか。コロニーは単眼型ワーカーだらけになります。だって、そうでしょう?他のアリが働いている間に子供生んでいるんですから。その結果どうなるか。コロニーは壊滅します。そりゃそうです、全員ナマポ受給者になって税金収める人がなければ国は崩壊しちゃいます。

しかし、フリーライダーが滅ぼしたコロニー跡に通常型の新しいコロニーが生まれますので、社会全体としてはフリーライダーの数は一定に保たれるんだそうです。局所的な絶滅と再生が繰り返されることで、共存に最適なバランスが見つけられるんですね。

ところで、今「多様性」という言葉はほとんど錦の御旗になっているといっていいでしょうが、遺伝的に異なるチーターのいる社会はチーターのいない社会よりも「多様」だけれど、確実に崩壊するでしょう。
結局のところ、多様性にもよしあしがあるということなんでしょうか。外来植物が問題になるのもそういうことなのかもしれません。外来植物が加わるのは多様性が増えることだけれども、それが在来植物を駆逐すると、多様性は減ずる。そして、そういう多様性=外来植物は歓迎されない。場合によっては駆除するということになる。それこそ自然に反することだけれど、そうやって「本来の自然」に戻すんですから。
「憎まれっ子世にはばかる」といいますけれど、「世にはばかる奴」を除いた多様性が望ましいわけで(人間が世にはばかるトップですが)、そううまくいくのかな、という気はしますけれどもねぇ。

日別画面へ

10月16日(火)

起床時刻:08時15分

生そばをもらったので夕飯はそば、買ってきた天ぷら(エビ、かぼちゃ、レンコン、春菊、ナス)と大根おろしをたっぷり、高野豆腐と人参の煮物の残り、水菜・豚バラ・豆腐の小鍋仕立て、みかん。

日々、ゲームをしている。
合成スキルあげ、武器メイジャン、裏貨幣集めなどやることは色々ある。
面白くはないが。

思うに人は二種類の時間を生きている。生存のための時間とその残りの時間である。労働、家事、育児、身支度、食事、風呂などが前者にあたり、余暇が後者だ。一般的に苦痛とみなされる前者の時間を縮小し、後者の時間を増大させるのが、人類の大多数を占める無産階級の悲願であった。

先進国における労働時間や家事時間は前世紀に比べれば減少し、その結果、余暇が増えた。では、余暇とは何か。虚しい時間である。いや、虚しさに気づく時間というべきか。

「空の巣症候群」というのがある。
wikiによれば、「40代から50代の女性によく見られる抑うつ症状。子育てが終わり、子どもが家を巣立っていったあたりから出てくる事が多いので、こう呼ばれる」とあるが、私たちは誰もが本質的に「空の巣」を守っているだけのむなしい存在なのではないかと思う。

「空の巣症候群」とは、自分の人生が「空の巣」であることに気づいた状態ではなかろうか。子供が家にいようがいまいが、仕事をしていようがいまいが、人生という巣作りの中身は空洞であり、巣作りに勤しむ人生もまた空洞なのだが(少なくとも大多数にとっては)、生存のために忙しくしているときは、巣の中身に思いを巡らす暇もないからそれに気づかない。
子供の独立や退職に伴って、余暇という「自由な時間」ができ、内省が可能になってはじめて、自分がただ空虚でむなしい時間を無目的に生きているということに気づく。

「何もすることがない」
「何をやっても面白くない」
暇だ、退屈だ、やる気しない。
というアレだ。

その現実を直視したくないからこそ、人間は余暇も忙しく過ごすことを発明した。労働時間の短縮と手を携えて登場するのは暇つぶし産業だ。
まず小説が登場し、映画、ツーリズム、登山・ハイキング、漫画、アニメ、音楽、アイドルのおっかけ、パチンコ、ゲーム、インターネット、SNSとその市場規模は大きくなるばかりだ。

SNSがこんなに流行っているのは言うまでもない、暇だからだ。暇な人間じゃなければ、食事をする前にバシャバシャ料理の写真をとって、わざわざブログに載せるなんて暇なことはするまい。
なぜそんなことが面白いのか?それは人間の基本的な欲求を満たしてくれるからである。

例えば読書やテレビは人間の暇つぶし欲を満たしてくれるがそれだけだ。「空の巣」から目をそらす効果しかない。
一方で、SNSは、例えば「いいね」ボタンをおしてもらう、コメントをもらう、フレンド登録して認め合うなどして、人間の承認欲求を満たしてくれる。
つまりSNSは「空の巣」から目をそらす効果に加えて、自分はただの「空の巣」、空洞ではないと思えてくるという効果もある。存在意義があるような気すらしてくるのだ。大多数の人は現実生活(生存に関する時間)では、孫正義なんかとは違い、「話を聞く価値もない」ただの雑魚であるから、基本的にスルーされている。承認欲求が普段の生活では満たされていない。SNSはそれを満たしてくれる。だから読書やテレビよりSNSにはまる人が多いのだ。コンテンツ自体はくだらなくても。

ゲームもそうだ。読書やテレビといった他のレジャー、あるいは実人生(生存のための時間)では得られないような達成感をゲームは与えてくれる。「デモンズソウル」がヒットしたのは、無理ゲーではなくマゾゲーだったからである。最初はとてつもなく難しくみえるが、敵の配置や敵のタイプを覚えることで、段々と、前にすすむことができ、最後はクリアできるという、難しさと達成感のバランスがよくできていたからだ(おそらく偶然の産物だろう。その後出された「ダークソウル」は無理やり難しくしようとした感じが伝わってきたから)。

ゲーム内世界と違って、私たちの生きている世界は不条理に満ちている。どんなに努力しても、簡単に敵の配置が変わってしまう。
「勝ちパターンにこだわるな」と言われるが、それは今までの努力や学習を否定することである。現実の努力がこのように虚しいものに終わることは多い。むしろ色々な偶然や運が成否を決定したりする。つまり無理ゲーである。こんなことに我々は耐えられない。努力した者に褒美を、正しい者に勝利を、なんてのはゲームか漫画の世界だけだ。リアルが苦痛であり、憂鬱であるのも当然のことだ。

我々は欲求が満たされない空虚でむなしい時間を生きている。その欲求不満と空虚さに蓋をしてくれるのが暇つぶし産業だ。

パチンコにはまって借金を抱える人がいたり、映画狂や活字中毒、廃人ゲーマーがいる理由は、実人生において欲求が満たされず、むなしいものだからだ。
パチンコやゲームは刺激が強い(アヘンのように人間の「快」を刺激する)から、より中毒になりやすい。SNSもそうだ。ハイキングなんかはパチンコやゲームに比べると刺激が低レベル(退屈)だから、ハイキング中毒者は少ない。読書も退屈な部類に入るだろう(ただ、私はセンシティブなタイプなので刺激が強すぎることをあまり好まないんだけど。むしろ少し退屈くらいなレジャーが好きだと思う)。

まぁ、私は虚しかろうが空洞だろうが、別にいいんだけれども(苦痛であったり、憂鬱であったりするよりずっといい)、他人の虚しさを埋めるために駆り出されるのは、虚しさに加えて憂鬱さ・苦痛が加わるから嫌だ。夫といるときに私が感じる気持ちはそういうものである。虚しいだけなら全然いいんだけどね。

日別画面へ

10月15日(月)

起床時刻:11時30分

ヘアカット。ずーっと風邪気味。
早く寝たいんだけど、夫につきあってゲーム(義務)。
2時くらいからアメリカのTVドラマをDVDで見たいっていうんで付き合う(義務)。一人で見ればいいのにさ。
「夫婦共通の趣味を持つ」のが夫婦円満の秘訣だと思っているよう。バカなんじゃないか。

ついつい読みかけの本を読みながら、DVDを観ていたらブチギレられた。
「もう、お前から本を取り上げるぞ!!」と。

誰かと一緒にゲームをする、一緒に映画を見る、一緒にテレビを見るのと違って、読書というのは本質的に他人拒絶型の一人でやる娯楽だから、読書は人に嫌われる。つまり、読書は、かまってほしがっている他人(家族とか)に不快感をもたらす。
読書の問題点は「他人に対する無関心」を知らしめるために人の不快を招くが、それだけではなく、相手が何を読んでいるかわからないために、周りの不安をも引き起こすことだ。
お母さんが自分を拒絶して隣のおばちゃんと井戸端会議をすることはたとえ不快でも不安はないが、お母さんが自分を拒絶して知らない男と話をすることは不快かつ不安である、ということだ。

というわけで、読書というのは、家族など、ベタベタしたがる人と暮らしている場合、いい趣味ではない。もうちょっとオープンな趣味、ヨガとか、韓ドラとか、自分が何を今やっているか、他人にもわかる感じの趣味を見つけたほうがいいだろう。

日別画面へ

10月10日(水)

起床時刻:10時00分

※ネガティブな内容なので、読むことはおすすめしません。

という※を読んで「おいお前、この前自己啓発本読んで、「感謝する」とか「楽しげに振舞う」とか決心してたくせに、あれはどうなったwww」と突っ込んだ人もいるだろう。
だけどさぁ、夫に「お前の人生、ほんっとくっだらねぇな」と言われたら、どう感謝すんのw
「ありがとう、率直な指摘をしてくれて!嬉しいわ!」と感謝すんのかな。
ていうかさ、私の人生がくっだらない無意味なものだってことくらい、旦那に指摘されなくっても知ってるしw

いや、私もね、ちゃんと日々感謝してますよ、「ありがとう、私のようなくだらない人間を養ってくれて。おかげでくだらない生活を送ることができます」とね、でももし私がくだらない人間じゃなかったら、くだらん夫のくだらんゲームに付き合ってくだらん生活をおくったりしないよなぁ。似たもの同士だと思うんだけど、そんなこと言ったら殴られるw

そうそう、この前紹介した『その科学が成功を決める』によると、「いくら夫婦間で話し合いを重ねても、関係改善に効果なし」なんだそうな。
知ってた!ていうか、夫婦関係に限らず、話し合いを重ねて関係改善することなんて世の中ないから。

それから、この本によると「夫婦で一緒にゲームをするだけで恋人時代の感情は蘇る」ともある。
実験によると二人でドキドキするような経験(ゲーム)をすると、吊り橋効果で恋人時代のドキドキ感と間違えるということらしいが、だから著者がやってるような心理学、あ、今は行動科学(笑)っていうんだっけ?は信用ならんのだ。
真剣にゲームをしていたらそんな浮ついた気分にはならないはずである。
うちをみよ。

今日のくだらん喧嘩だってね、原因はゲーム、FF11ですよ。
うちはデュナミス(裏)に毎日行ってるんだけど、私がシーフだから敵の釣りをするわけよ。で、夫が釣りのタイミングが「早すぎる」だの「遅すぎる」だのでキレるわけ。

釣る時間があいたり釣ってきた場所が悪かったりすると時間をロスするわけね。1秒か2秒くらい。それでブチギレる。早く釣りすぎると「敵のHP残ってんだろ!」と怒られる。

でもね、「もう釣っていいかな」と思って釣ったら連携レジられてHPが残ってたり、「もうちょっと待つかな」と思ってると、ダメージが伸びたりして倒しちゃうこともあるし、そうそうお望みどおりにはいかないんですよ。

と言ったら「また言い訳して!お前の人生ってほんとくっだらないな」(冒頭に戻る)と言われたんだけどね。
今はいびきかいて寝てるんだけど。
夫はいいよね、妻に言いたい放題いって、すっきりして寝るんだからさ。
しかもベタベタ触ってきて、きもいっつうの。でも「きもいから寄ってくんな」とは言えないw
で、こっちはお腹にためる一方だから、ここに吐き出しちゃうんだ。

ちなみに「ぎくしゃくした関係は自分たちよりダメな夫婦を思うことで改善できる」らしい。
「あそこよりマシよね」の心理だ。
「あのギャンブル好きで大借金つくった旦那よりマシよね」
「あの浪費家で家事やらない嫁よりマシだよ」
だからさ、エタ非人制度(「あいつよりマシ」)をつくった人は人間心理をようわかってたんでしょうよ。
いや、誰かがつくったんじゃなくて自然とできたのかもしれないな。自分より悲惨な奴がいないと幸せを感じられないのが人間なんだから。
って話がまたずれちゃったけどさ。
4時過ぎちゃったし、そろそろ寝るかな。寝れないかもしれないけどw

日別画面へコメントを読む(2)

10月09日(火)

起床時刻:08時00分

10月08日(月)

起床時刻:12時00分

一日中ゲーム(FF11)。
たまには自慢話。
私はナニゲにレリック武器を持っているんです(アポカリプスレベル95)。
PCの画面から私の鼻息が伝わったでしょうか。
つい最近完成させたんだけどw
(もっとも最近見かける暗黒さん、尽くラグナ持ちかアポカリ持ちなんだけど。どんだけユニクロ武器化してんだw)

かつてレリック武器をつくるということは、私からみれば東大合格くらい大変な目標だったんだけど、FF11の「ゆとり教育化」は大変なもので、レリックづくりもすごく簡単になったんだよね。

裏の仕様が変わり、レベルキャップも解放されたから、少人数やソロでも簡単に攻略でき、毎日コツコツ、コツコツ、裏に通ってさえいれば、私みたいな人でも自力でレリックがつくれちゃうんです(もし全部裏貨幣を買えば、今でも2億ギルくらいかかるのかな?あまり買っていないんで、よくわからんけど)。

ま、私は特にはつくる気がなかったんだけどね。
でも、旦那がエンピ4種、レリック3種を持っているのに(完全に旦那と私の二人でつくった)、また「次のが欲しい」と言い出し、一方で協力した私のほうだけ、エンピ0、レリック0っていうのはいくらなんでも、不公平だろうと思って、「今度はわしがつくるんじゃ!」と言ってつくることにしたんですw

シーフで出ることが多いから、マンダウにしようと思ったんだけど、今使ってるアルフジャンビアのD値がぶっとんでるし、エグゼンも強いし(でもマンダウ99にすればマーシーストロークのほうが強いとかいう噂)、色々考えて、やっぱかつての一番の憧れレリック、アポカリプスにw。

ま、今の時代、レゾリューションが強いから、アタッカーやるならラグナロクのほうがいいと思うけど、私、暗黒99ながら(しかも一番装備に金をかけていながら)、乱獲以外のコンテンツに出したことがないwww
だって「前衛、ダメ絶対」のタルタルだし、レリミシエンピ武器持ってないし、あんまり前衛やってないので前衛を出すのは勇気がいるw(ま、戦士も99なんですけどねw 獣も99ですが、ほぼやってないw 後衛は赤・黒・青・白魔道士99、吟遊詩人99ですね。あ、忘れてた、私ナイトも99だった!)

いつ使うんだ、アポカリw ソロ活動でフェローあげするときとか、カタス打てばHP回復するし、便利かもしれんけど、しかしそんな目的でアポカリ持っていいんだろうか、、、とはちょっと思う。

日別画面へ

10月07日

起床時刻:13時00分

ゲーム。
私のクリムゾンクウィス狙いで麒麟三戦やってノードロップ。。。
最後、トレハン11まであげたのに、ドロップ品二個(しかも全くいらない神木の免罪符とダマスクインゴだけ)。
倒すだけならイージスナイトいればソロでも余裕な感じ。昔はフルアラで死にかけながらやってたのにねぇ(って私は空活動してなかったんでやっていないがw)。

今、玄武のトリガーだけすごく高いから、北玉狙いで3~6時間ポップのZipacnaをはるが、3時間ちょいたったところでライバルが現れ、とられた。
3時間ずーっとPCモニターを見続けたのに(´・ω・`)。
何が楽しいのやら、このゲーム。まぁ忍耐力は養われるかもしれない(ポジティブ思考)。
夜はお好み焼き。全身鉄板臭くなる。。。

日別画面へ

10月06日

起床時刻:10時00分

お昼はニラと豆腐の味噌汁、ポークチョップ(付け合せはマッシュポテトと人参のグラッセ)、焼きピーマン、昨日の残りの鶏ごぼうご飯(味薄め)、お漬物。ポークチョップは豚ヒレ肉で。ヘルシーだし柔らかい。

玉ねぎとしめじをバターでよく炒めておく。
ヒレの塊を3,4cmの厚みに切りわけたら、観音開きにして、肉たたきか包丁の背で叩いて伸ばす。
塩コショウをし、小麦粉をはいていてバターでこんがり焼いて取り出す。
ケチャップ、中濃ソース、白ワイン、水(濃度調整)等でソースをつくり、玉ねぎ、しめじ、焼いた肉を戻し入れ、ソースに絡めてできあがり。
肉のかりっと感を残したい場合は上からソースをかけても。

なんかこうやって書くとバターを使いすぎな気が。ヒレ肉つかってもヘルシーじゃなくなっとるwww。
気になる場合はサラダ油でもいいけど、ソースには少しバターを落とすと風味があがっていいと思うな。

あとはゲーム。合成あげようと思ってるんだけどカバンのあきがない><。
夜にハリポタシリーズ(映画)の最後の前編後編を見る。面白かったけど、なんつうか、魔法使いの世界もひどいもんだね。。。アズカバンなんか非人道的すぎてマグルでもひくわー。。。

日別画面へ

10月05日(金)

起床時刻:11時30分

昨日の記事にも引用したけれど『その科学が成功を決める』(リチャード・ワイズマン/文藝春秋/2012.9)は従来の自己啓発書の説いていることのいくつかは、行動科学的な実験で否定されていることを指摘し、続いて、最新の行動科学的な実験に基づいたお手軽自己啓発を説く本だ(「たった1分、~するだけでOK!」的な。実に怪しいw ちなみに原題は59 secondsで1分未満なのが売りみたい。どんだけ世の中の人は忙しいんだw)。

怪しくたっていいんだよ!という方に(正直私には納得感ない話もかなりあるんですけどw)、たった59秒で人生が幸福になる簡単メソッドをいくつか引用いたしましょう。

①人に悩みを打ち明けることで気が晴れるいう従来の説は誤りだった!気持ちは人に話すことではよくならない
→嫌なことがあったら人に話すより「打ち明け日記」を書こう
(わたし、やってる!すごい!)
②感謝をあらわす
(やってねぇ)
③理想的な未来を書き出す
(やってねぇ)
④愛をこめて書く
(やってねぇ)
⑤お金は自分のためより人のために使うと幸福感が高まる
(やってねぇ)
⑥微笑む
(やってねぇ)
⑦楽しげにふるまう
(やってねぇ)

というわけでだいたいやっていませんでしたねw
まぁでも、だいたいが常識の範囲内で、それほどびっくりな内容はないですけどね。やって損はないだろうから(金もかかんねぇし)、私もやりますよ。今日はやっと天気がよくなって洗濯物が乾く!感謝!

日別画面へコメントを読む(8)

10月04日(木)

起床時刻:08時00分

いきなりですが、「創造力のテスト」。

①ジョアンナとジャッキーは同じ年の同じ月の同じ日に生まれた。母親と父親も同じだが、双子ではない。いったいなぜだろう。
②ある男は同じ町の女性二十人と結婚の式をあげた。女性は全員まだ生きていて一人も離婚していない。重婚は違法行為だが、男は法律を破っていない。いったいなぜだろう。
③ある男が美しいブロンズのコインを骨董商に見せ、売りたいと言った。コインの表側にはローマ皇帝の顔がみごとに刻まれ、裏側には紀元前500年と刻印があった。骨董商は即座にコインは偽物だと言った。それはなぜか?

これらは『その科学が成功を決める』(リチャード・ワイズマン/文藝春秋/2012.9)に出てくる「創造力テスト」問題だ。
答えは
①ジョアンナとジャッキーは三つ子だった。
②男は結婚式をとりおこなう司祭だった。
③紀元前はキリストの誕生以降に決められた、”キリスト誕生前”を意味する名称。だから、そのコインに「紀元前500年」と刻印されるはずがない。

どうでしたでしょう?私は①と③はあたりましたが、②は「その男は(ヨン様とファンのおばはん達みたいな感じで)二十人と式は挙げたけれども婚姻届は出していないから、重婚にはならない」と答えたので間違いw

創造力テストというからにはヴァリエーションがあったほうがいいんだろうと思い、①の問いには、
「実はジョアンナは多重人格者でジャッキーはジョアンナの別人格者の一人、だからジャッキーとジョアンナは同時に生まれたが双子ではない」とか
「ジャッキーはジョアンナの両親の受精卵を代理母がたまたま同日同時に産んだ子供である」とか考えたんだけどそんなのいらんかったw

でも私が言いたいのはこんなんが創造力テストなのか?ってこと。むしろクイズ脳テストだと思う。

ちなみに心理学者による想像力テストにはレンガ一個を何通りに使えるか、四角いマスにどれだけ色々な四角いものを描けるか、スパゲッティの独創的なネーミングをどれほど考えられるか、などなどがある。大喜利か(しかも面白い回答じゃなくてもいいんだから、劣化版大喜利である)w

こんな測り方ながら、創造力を生む「簡単で効果的な方法」は「必要なのはモダンアートを眺め、仕事中は寝そべって何もしない、あるいはデスクに植物を置く。たったそれだけだ」(P126)そう。

ま、私のようなプロレタリアートに必要とされるものは創造力ではなく正確性、ロボット性であるからね。
この日も仕事がエクセル土方仕事で、目が疲れた。
行動科学者には、緻密性・正確性・確実性を高める実験をしていただきたいw人間という劣化版ロボットがどうすれば本物のロボットに近づけるのか。

(ちなみに背筋を伸ばしたグループと前かがみのグループとにんいにわけたグループにわけて算数のテストをすると、背筋を伸ばしていたグループのほうが成績がよかった(P43-44)。だから正確性を求められる人は、背筋を伸ばしていたほうがよろしい。ただし女性はこの結果があてはまらない場合が多かったそうな)

日別画面へ

10月03日(水)

起床時刻:11時30分

『私たちは進化できるのか~凶暴な遺伝子を超えて』(長沼毅/廣済堂新書/2012.1)。
私は知らなかったけれど、著者は「テレビ・ラジオ出演で大ブレイク中」(帯)らしい。
「科学界のインディ・ジョーンズ」(帯)なんだって。こんなニックネーム、私だったら「ハンカチ王子」並に嫌だけどw

さて、このインディ・ジョーンズ氏が心配しているのは「氷河期」の到来です。地球はこの3000万年~4000万年間、ずっと地球は冷え続けているんですね。この冷えトレンドの中でも周期があって、だいたい4万~10万年続くとされるすごく寒い「氷期」と1万年くらい続く比較的寒くない「間氷期」がサイクルをなしている。
で、今はこの「間氷期」なんですけど、問題は間氷期にはいって既に1万年くらい経過していることなんですね。

もうすぐ短い春が終わって、次に長い冬(しかも半端ない冬)が来る。そのことが著者に「とても恐怖を感じさせる」そう。
「まぁでも、地球は温暖化してるそうだから、そんなに焦んなくてもいいんじゃない?」と思うでしょう?私は思った。でも著者に言わせると「温暖化ァ?んなこたァどうでもいい!」んですよ。氷期のほうがずっと怖いんだからッ。(理由は本書を見てください)

「まぁでも、氷期がくるったって、数百年くらい先ならまあいっか、関係ないし」と軽い気持ちで読んでいると、最近の異常気象(地震は別)は氷期への変わり目だからじゃないかって書いてあります!
え?
「僕は現在、地球が寒冷による絶滅期に入ろうとしていると考えています。来年からズルズルズルと氷期に転げ落ちていってもおかしくない時期にいます」だって!

まじでぇ!ちょっと、どうしてくれんの!!とパニックになるでしょう。私はなった。
著者によれば北海道は寒すぎてあぼーんらしい。大農業地帯の北海道がダメになったら、食料はどうする?え?やっぱTPPには反対すべき?ていうか、農業やらなきゃ!南で!
と焦りますが、しかし氷期ってのはそんなレベルじゃないらしい。全球凍結もありうるんですから。
となるとですよ、万物の霊長ホモ・サピエンス様が絶滅しちゃうじゃん!!恐竜みたいになっちゃうじゃん!

著者のハードランディングシナリオによると、だいたいの人は死ぬけれども、ボトルネック効果で何かの拍子に1億人くらいは生き残ってそのあとまた繁栄するんじゃないか、ということです。
だから、恐竜みたいにはならんそうですが、ただ一度文明が崩壊すると、縄文時代からはじめるレベルまで戻っちゃうみたい(最終戦争で文明崩壊後の「風の谷のナウシカ」レベルではなく「はじめ人間ギャートルズ」(古ッ)レベルになるみたい)。

それは嫌だから、科学の力でソフトランディングさせたい、と著者はいいます。
「氷期が引き起こすであろう大惨事に対する予測と準備も、科学に課せられた使命といえます。<略>では、備えとしてなすべきことは何なのでしょうか。それは、遺伝子操作によって、人為的に理想的な人種をつくり出すことだと、僕は考えます」
まじかwww インディ・ジョーンズあらためマッド・サイエンティスト言われるんちゃうかwww

著者は言います。人間はあの凶暴なチンパンジーと、DNAの99.7%を共有する。つまるところ、人間は進化の失敗作で、何かことがあると凶暴なチンパンジーに戻ってしまう。しかし人間の繁栄(文明)は協調性がもたらしてきた。危機に備えるには、凶暴なチンパンジー性を遺伝子レベルで排除した「ホモ・パックス」(平和を愛する人類)をつくるしかない。

「人間が人間を淘汰し、美徳の高い人を残していく。これを社会全体でやらなければ、文明は維持できません」

え?じゃなに?私みたいに美徳の低い人は子供を産んじゃいけない(産む場合は遺伝子操作で美徳を高める?)。
ま、そんくらいなら個人的には別にいいけど(社会的には大問題だと思うけどw)、美徳の低い人は死んでもらいますとなると、これは嫌だw

「僕は人類全体がそっくり新しい種に変わることを期待しているわけではありません。ホモ・サピエンスの中から進化してよりよい種が生まれてくる。その人たちはそれまでの下等なホモ・サピエンスとは交わらないから、きっと彼らは彼らの血統だけで子供をつくっていきます。そのため、これは事実上の新種(ホモ・パックス)となります」

あ、死ななくていいんだ。よかった。
でも「限られた資源はできるだけこの新種、ホモ・パックスにつぎ込む」らしい。で、「できそこないのホモ・サピエンスは滅んでも構わない」といいます。
「しかし、ホモ・パックスは平和の人だからまさかホモ・サピエンスを殺しには来ないでしょう」と続くけれど、いや、ホモ・サピエンスがホモ・パックスを殺しに行くよw
著者は「ホモ・サピエンスのほうもできるだけ協調的な部分を発揮して、ホモ・パックスと共存できるように頑張ればいいのです」と言いますが、そんなことできないから、「できそこない」なんだよw

だから、ホモ・パックスはホモ・サピエンスに殺されて絶滅する。
ホモ・パックスになんの落ち度もなくてもホモ・サピエンスは因縁を付ける技術だけは一流だから、なんのかんの言って争いをふっかける。
ホモ・パックスが平和に解決しようとしても、ホモ・サピエンスはチンパンジー丸出しで殴りかかるわけだから、「はい、ホモ・パックスの負けー」じゃないかw どうすんだいw

ま、それはともかく、本書は氷期の話以外にも極限状況で生きる生物の話とか、生命とは何ぞやという話とかあって、なかなか面白い本でした。さくっと読めるしね。

日別画面へ

10月02日(火)

起床時刻:06時30分

健康診断のため早起き。婦人科検診を受けたけど、あの婦人科の椅子にびびる。足をフットレストみたいなとこに乗せると、医師のいる方向へ椅子が自動回転し、自動開脚する(フットレストが左右に動き足が開く。当然ながら下着なし)。
しかし出産している人はこんなの朝飯前なんだろうなあ。すごい。

婦人科つながり、というわけでもないが、『月経のはなし 歴史・行動・メカニズム』(武谷雄二/中公新書/2012.3)を読んだ。
本書は「月経の身体的メカニズム」(1章)だけではなく、「月経、あるいは月経を経験する女性と人類社会との関連を主題にしている」(「はじめに」より)。
「月経が歴史的にどう見れられてきたか」、「月経が女性の行動や精神・感情にどのように影響するか」などなどについて豊富な事例をひいてわかりやすく書かれている。

一部、「へー」と思った情報など。

・女性は月経周期に応じて睡眠のパターンが変わることがある。月経周期に伴い変動する黄体ホルモンが睡眠に影響するからである。具体的には、月経前、あるいは月経を迎えると眠気がますという傾向がある。
(「早起きをはじめるぞ」と決意するなら、月経後がいいかもしれんね)

・皮下脂肪の厚さも月経周期と関係するようだ。腹部や大腿部の皮下脂肪は月経時にもっとも厚くなり、月経後から排卵までは逆に厚みが減ずる。
(ダイエットも月経後からはじめるといいかもしれんね。逆に月経前は脂肪が増えても「しゃあない」と軽く考えたほうがストレスがたまらないかもしれない)

・月経が女性の行動や心理に影響を与える例として、ボランティア活動に関しては月経周期により左右されるという報告がある。ボランティア活動を行っている女性は明らかに排卵期に相当する時期に行っていることが多かった。
(ホルモンの影響を受けやすいい人は予定を立てるのにも月経周期を考えた方がいいかもしれんね)

・初経が早い女性はうつを発症するリスクが高いという報告もいくつかある。
(理由は明らかではないが、家庭トラブルなど精神的ストレスがかかる子供は成熟が早くなることが報告されており、初経年齢も早まるのではないか。すなわち「ストレス→初経早い→うつになりやすい」ということなら理解できる、とのこと。
性的虐待を受けている子供は初経が早い、しかも虐待の回数と初経年齢の間には相関があるというデータがある)

・月経前症候群の女性は、うつや不安神経症を合併することが多い。うつによる女性の自殺(企図)は月経前に多いとも言われる。
(うつの女性の50%近くが月経前症候群を合併しているというデータもある)

・1961年の英国のデータだが、犯罪(窃盗、売春など)の49%は月経前から月経にかけての8日間に犯されていた(月経のある女性のうちで)。

・男性もストレスで生殖機能が低下する。
甚大な自然災害、戦争などのストレスを経験すると精子の運動性が低下して出生率が低下するだけでなく、男児/女児の比率が低下することが知られている。
スロベニアの戦争直後に妊娠・出生した新生児の性比を見ると、戦争前と比較し、明らかに男児の出生数が減少していた
(「SEの子供は女の子が多い」という都市伝説があるけど、ひょっとしたら、SEは「甚大な自然災害、戦争」なみのストレスを日々感じていて(出生児の性を決めるのは精子)、その結果、女の子が生まれやすくなっているのかもしれないw。しらんけどw)

日別画面へ

10月01日(月)

起床時刻:11時15分

妹の車(軽)に、信号無視した大型トレーラーが横っ腹につっこんできて、大事故になったらしい。
妹の車はペシャンコになったのでレンタカー借りて家に帰ったらしいけど、廃車をとりにきた車屋さん曰く、死亡事故でもおかしくなかったとか。
ぶつかりどころが10cmずれていたら確実に死んでいたらしい。あと妹が小さいためにペッシャンコの車体に挟まれずにすんだそう。
もちろん、シートベルトは絶対に不可欠。

大型トレーラーの運転手によれば、長距離運転で眠くて仕方なかったらしく、急いでいたら赤信号に気づかなかったとか。
たぶん、一瞬居眠りしたんだろう。
この運転手には「テメェはもう運転すんな!!」って言ってやりたいが(私の持論ではだいたいの人は運転すべきではない)、車を運転しなくては田舎では生きていけないんだよね。
しかも運転は彼のメシの種なんだよな。

病院の精密検査では奇跡的にどこも悪くないらしい。
でも、あとから出ることもあるから、仕事は休んだほうがいいんじゃないかと思うけれど、今日から三日連続夜勤らしい。
やれやれ。
まぁ無事でよかったよ、妹が死んだりしたら、ショックで立ち直れない。
妹と特に性格があうわけでもないけれど(ほぼ真逆w)、一番信頼している人ではあるから。

日別画面へコメントを読む(2)