201303 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:08:00 平均起床時刻:10:31

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

03月31日

起床時刻:12時00分

yo-rin81さんの日記を拝読したら、愚痴なし生活を続けていらっしゃるとのこと。素晴らしいですね。

愚痴といえば、私の妹の彼氏が愚痴ばっかり言うそうで、「聞いとるほうが頭がおかしくなる」と妹はすっかり嫌気がさしている模様。
何しろ妹は「愚痴ば言ってもはじまらん、できることからやるしかなかろうもん」の精神の、生まれてこのかた愚痴なし生活実践者なんです(血がつながっているとは思えないw)。

まぁまぁ、愚痴くらい聞いてやったらよかろうもん?
と私は思うんだけど、愚痴に対して寛容な私には誰も愚痴ってこないんだよなぁ。
私の場合、見るからに包容力ゼロで、精神的なキャパシティが「ぐいのみサイズ」だから、「こいつには他人の愚痴を受けとめる余力はない」と周りも自粛してくれてるのかもしれんなw

ところで愚痴とは何か。辞書によれば「言ってもしかたのないことを言って嘆くこと」。
ということはよ、「言ってもしかたのないことを言って」も、嘆かなければ愚痴じゃないってことだ!こりゃ朗報!
「どうせ僕なんて何をやってもダメだ」「努力したって報われない」などという言説は世の中的には「典型的な愚痴」だろうが、「嘆いているんじゃないもんね、言ってもしかたのないことを言っているだけだもんね!」で押し通せば愚痴じゃなくなるんだ!

愚痴ではない、事実である(キリッ。の論理である。

うちの妹も彼氏の言葉を事実として受け入れればイライラもしないはずである。

だって「何をやってもダメなやつ」も「努力したって報われないやつ」もゴロゴロいるじゃん?
努力して報われた勝者にばっかり目を向けてないで、努力して無残に敗れ去った日陰の敗者どもを見てみるがいいw
言っとくが自己啓発本は勝者の歴史だからなw

それをさぁ、うちの妹みたいに「何をやってもダメなやつはいない。誰でも何かしらキラリと光るところはある」だの、「努力したって報われないと言っているのは努力が足りないだけ」とかいう勘違いした信念を持っている人間は、「どうせ僕なんて何をやってもダメだ」「努力したって報われない」というのを「事実に反する嘆き」だと思っちゃうわけよ。

お姉ちゃんを見てごらんなさい!ネトゲの累積プレイ時間が一万時間以上になるのに、ちっともゲームが上達しないのよ!
「一万時間の法則」から言っても、充分、努力したといえると思うんだよね。なのに、相変わらずど下手クソ。これが現実よ!
ってもし、妹に言ったら多分「黙れ」って言われるだけだろうねw

日別画面へ

03月30日

起床時刻:08時30分

昨日は早起きしたこともあってAM2時~4時は結構眠かったんだけど、「夫に眠いから寝たい」と言ったら「馬鹿なこと言うな、ゲームが優先だろ」との予想通りの答え。
これ以上言うと切れられるから、眠気を我慢して頑張ってゲームをしたんだけど、夫も眠かったらしく、4時にゲームが一段落すると、夫はお風呂にも入らずベッドに直行し、そのままいびきをかいて寝てしまった。

私はというと、眠気のピークが過ぎていたのと夫のいびきがうるさいのとで眠れず、1時間くらい悶々とすることに。
そのあと寝たんだけど、久しぶりに金縛りにあった。金縛りは脳が目覚めているのに体(筋肉)が寝ている状態になんだっけ?
私の金縛りは知らない人が私の上にずっしりとのっかるタイプで、本人はすごく怖いんだよね。金縛り中に心の中で「ちょっと!起きて!」と夫に助けを求めていたら、目が覚めてほっとした。

そのときは「夫がいてよかった」と思ったけれども、夫のいびきがクソうるさくてまたイライラしだすことにwww
「一人なら毛布を奪ふこともない」は櫂未知子さんの名吟だけれども、それを言うなら「一人ならイビキで起きることもない」のである。

昨日、私は外で働くことに向いていない、無理してフルタイムで働くと心身ともに無理がきて、睡眠不足と慢性疲労で、不調に悩むことになる、と書いたけど、主婦になった今もあんまり変わってないなw。まぁでも会社勤めよりも主婦勤めのほうが楽だけれども、主婦は主婦で旦那というクライアントにあわせないといけないから、やっぱり睡眠不足と慢性疲労になるんだよね。

わかった、私、働くのに向いていないというより、生きることに向いていないんだよね。だいたい生きることに適性がないから、無理しないと生きられない。その結果、週二の楽勝パート主婦(しかも育児なし・介護なし)という世の中でもっとも楽なポジションにもかかわらず、慢性疲労で体調不良なんだと思う。

日別画面へコメントを読む(2)

03月29日(金)

起床時刻:04時45分

会社で隣の席の人と話をしていたら、「昨日4時ぐらいから変なテンションになっちゃってー」と言うので、「朝4時にまだ会社にいたんですか?」って聞いたら、「うん、俺はまだいいけど、菩薩君なんかガチで二徹だからね」だって。ひえええ。菩薩君が死んだら私が過労死の証言してあげるからねって、そんな励ましはいやだw
まぁうちの会社は社長からして死ぬほど働いているんだけどねぇ。よく集中力が続くと感心する。

私、大学時代から自分の適職ってなんだろうって考えてきたけど、最近やっとわかった、私の適職ってパートかフリーターだったわw 週二のw
新卒のときはマスコミだ、メーカーだ、いや金融だとか考えたりするわけだけれど、私の場合、業種以前の問題だったねw

どんな業種でも、どんな職種でも、どんな企業でも、私には正社員というポジションはまず無理だということが世間の荒波にもまれてわかったけど、私の天職である週二の事務バイト(ただし残業と難しい仕事と責任は一切お断り)で生きていくには、まず夫か親という寄生先を見つけなくちゃいけないんだよね。これがこの天職のハードルの高さだw

私だけじゃなくてさ、「適性は週二のパート」っていう女の人、いると思うんだよね。正社員で働いていたかつての私も、なんとか結婚に持ち込んで、主婦になりたいって思ってた。
だって外で働くことなんか、ちっとも向いていないんだもん。向いていないけど生きるために男なみに働かないといけないから、心身ともに無理がきて、睡眠不足と慢性疲労で、頭が痛いわ、お腹が痛いわ、ホルモンバランスが崩れるわ、生理不順になるわ、肩こりになるわ、便秘になるわ、ありとあらゆる不調に悩むことになる。

寄生先探し中、じゃなかった婚活中の私の友人(週二の事務パートが理想)は、私が旦那の愚痴を言っても「それがどーした」って感じで、全く同情してくれないw「殴られようが、蹴られようが、足にしがみついてスッポンのごとく放さないこと!!別れちゃ絶対にダメ!!」と言われるんだよなぁ。その気持ちはわかるけど。

日別画面へ

03月28日(木)

起床時刻:08時30分

腱鞘炎の痛みどめのステロイド注射をして1ヶ月。
経過はというと、痛みはときどき出るものの、打つ前よりもかなり改善された。
ただ、15日ぐらいたったころから、注射をした場所の皮膚が萎縮して、しわしわ・かさかさになり、色素沈着?みたいな皮膚の色の変化があり、また腱のふくらみが目立っている。

そんなわけで、痛みは以前よりだいぶ少ないが、見かけが異様な感じになっているので、夫に「腱鞘炎だからゲームを控えなきゃいけない」と言って手元を見せたら、「だいたい、お前は何をやるにも不器用なんだよ!力の加減ができない馬鹿だから、コントローラーもすぐ壊すんだ!!」と怒りだした。

え?怒られるんすか?
心配されるんじゃなくて?

ま、これは男にありがちな「俺の心を乱す→俺に迷惑をかける→お前が悪い」の思考法なんだよね。
だから、男は「大丈夫?」と言うべきところで、「だいたい、お前は日ごろからたるんどるから、そんなことになるんだ!!」とか説教たれだす傾向にある。

でも本人は「怒るのも心配しているから」であって、怒りが愛情表現と思っていたりする。これって「あなたのためを思って言っているのよ」という小言と同じで、動機が愛情だと本人は確信しているから始末が悪い。

愛情は情状酌量の余地にはなるかもしれないが、免罪符にはならないんだよ。愛情なんかいらないから思いやりをくれって私は思うわ。

日別画面へ

03月27日(水)

起床時刻:11時30分

この前、うちの会社の菩薩くん(アラサー)にどんな音楽を聴くのか聞いたら、「何でも聞きますよ、演歌とかジャズとかクラシックとかポップスとか」とのこと。
なぬ演歌とな?!「無法松の一生」とか??
って聞いたら「そこまで古いのは聞きませんけど」だって(ガクッ。

とても頭のいい菩薩君であるが、クラシックではモーツァルトはあんまり聞かなくて、ベートーベンとかブラームスとか聞いているらしい。
モーツァルト効果で頭がよくなっているわけでないようだ。
ていうか、『ピアニストの脳を科学する』にも書いてあったけど、モーツァルト効果はシューベルトでも確かめられたらしい。
音楽を聴けば、脳が多少活性化するってことみたいなんだよね。

ということはですよ、演歌でもいわゆるモーツァルト効果みたいな効果が得られるのであろうか。
でも演歌は内容が基本ネガティブなんで、(ポジティブ心理学的に)脳にはよくないのかなぁ、などと思っていたら、『医者がすすめる「演歌療法」』(周東寛/コスモ21/2011.12)なる本を図書館で見つけた。
「カラオケで歌うこと、とりわけ演歌を歌うことはありとあらゆる健康増進につながる」という趣旨の本である。
「モーツァルト効果」ならぬ「カラオケ演歌効果」には「認知症の予防・改善」も含まれているから(「歌詞の丸暗記は物忘れや認知症の予防になる」って、おいwww)、「頭がよくなる」といえなくもない。

「どうせただのカラオケ好きのお医者が書いたんだろう?」と思うだろうが、頭が高い、ひかえおろう、この方の作詞・作曲した『家族・親子の絆』と作詞をした『社員の皆さんお疲れ様』はキングレコードから発売されているんだぞ!
さらには患者さんと二人で作詞した『おへそのまわりは何センチ』は通信カラオケのDAMの中にデュエット曲(?!)として入っているんだからねっ。
しかし曲のタイトルがすごいなwww全く聞く気がしないwww

この本にはご親切にも『健康音頭』(患者さんが作詞したそうで、院内のカラオケ教室でも大好評)なるものの歌詞まで載っている。

「ハァー、今日も歌おう健康音頭
老いも若きも思いはひとつ
みんな触れ合いやさしい心
笑顔いきいき艶やかに」
とはじまるらしいが、この高齢化社会のご時世、盆踊りでも『炭坑節』ではなく『健康音頭』が流れるようになるかもしれないなw
炭坑なんてもうないし、時代は『ぴんぴんころり節』『年金おけさ』とかを求めているんじゃないかw

「いつか死ぬなら、その日まで(ア、ソレ)♪
ぴんぴん生きたい、その日まで(ア、ソレ)♪
うちの父ちゃん、畑に行った♪
さてもうれしい、ぴ~んぴん音頭~♪」
みたいなね。あ、私も音頭がひとつ出来ちゃったよw
曲と歌詞と振り付けが同時に「降りて」きちゃったねw
で、二番はね「うちの父ちゃん、畑に行った」が「うちの母ちゃん、梅干漬けた」になるの、って誰も聞いてないw

日別画面へ

03月26日(火)

起床時刻:08時00分

昨日は眠くなってしまい、AM2時過ぎくらいに寝てしまった。
夫がAM3:30頃にかえってきたので、起きて夕飯をあたためようとしたら、「寝てていいよ」だって。
優しい!
起きたら食器も洗ってあった。
素晴らしい!

日別画面へ

03月25日(月)

起床時刻:08時45分

現代の神経科学によれば夢とは
「睡眠の中でときどき何らかの目的のために脳を再起動する必要があり、そのときの情報ノイズをとらえたのが夢である。フロイトの考えたように夢の中で自己実現をする、あるいは願望を充足させるという役割はないし、夢を分析したところでその人の性格や心理を知ることはできない」
(『<眠り>をめぐるミステリー』櫻井武/NHK出版新書/2012)
んだってさ。
「抑圧されて無意識下にある意識や欲求が夢となって現れる」的なアレはなんだったんだ?ただの戯言だったんですか、そうですか。

いわゆる夢らしい夢(強い感情を伴う支離滅裂なストーリーの夢)はレム睡眠中にみるんだって。
レム睡眠中はざっくり言うと扁桃体とか海馬とか感情にかかわる部分の脳は活発に動いているものの、前頭前野とかの論理的に考える部分は活動が低下しているんで、とっぴな、でも感情を刺激するような夢をみるそうな。

それには何か理由があるに違いない。って思うよね。

上述の本によれば、レム睡眠時にストレスに関係する脳内の化学物質のレベルが下がり、嫌なことを忘れてよい思い出が記憶に残りやすくなるそうな(マシュー・ウォーカー)。
このことから、レム睡眠は記憶の整理をしているのではないか、また記憶の重みづけをしているのではないか、という。
で、夢はそのときもれたゴミなんだとか(ただのノイズ)。
だからまぁ、夢分析はゴミ分析といってもいいに違いない。

でもさ、ゴミ分析だって意味があると思うんだよね。
例えば料理のときに出たゴミを分析すればどんな料理をつくろうとしていたかわかるじゃん?
ものっすごい大量のゴミが出ている人に対しては「ああ、大人数の家庭でご飯つくるのも一苦労だな」とか「また食材を腐らせちゃったんだな、要領悪いな」とか思うじゃん?

私の想像(妄想)ではこうね。
誰でも夢は見るんだけど、起きたときに「夢ばかり見て眠りが浅い」と思ったり、起きても夢の印象が強烈に残っている人は、それだけゴミが大量に出ているんだと思うのね。つまり、整理をしたり重みづけをしなくちゃいけない記憶が多いんじゃないか。

こういう人はおそらく、起きているときにちょっとしたことでもショックを受けたりおおごとに感じるタイプではなかろうか。
(普通の人でもトラウマになるような強烈な体験をしたときはあてはまる)

ショックを受けたりおおごとに感じる気持ちが強ければ強いほど、睡眠中に整理すべき記憶が増えるわけだし、レム睡眠中の記憶のタグ付けも大忙しなのだ。「嫌な思い出」がいっぱいある人は、それこそレム睡眠中にめっちゃ感情系がフル回転して記憶の整理をしなくちゃいけないから、ゴミがいっぱい出てくるってことになる。

ということは、起きているときにちょっとしたことでもショックを受けたりおおごとに感じるタイプは、睡眠が長く必要だともいえる。
なんでかっていうと、頭の中がとっちらかっているから、整理するのにも時間がかかるからだよ。

以上、私の想像ねw ソースは私ってやつだけどw

日別画面へ

03月24日

起床時刻:11時45分

今日は一度10時前後に目が覚めたのだけど、ベッドの中でずぐずしていたら、二度寝してしまった。
二度寝して見た夢は私の定番の排泄にかかわる夢。
私は夢の中で団体旅行のようなもの(修学旅行みたいな感じの大勢の旅行)に参加してるんだけど、便意を催し、物置のような汚いトイレに入るわけ。
でも、そのトイレが普通のトイレと違う独自のトイレでどうやって使えばいいのかわからない!!!パニック!!!
適当に使ったらどうやら使い方を間違えたみたいで、後始末に追われ、一人だけものすごく遅れて集合場所に行ったら、もう宴会みたいのが始まっていて、なぜか私の母親と妹がいる。
二人は湯上りのスタイルで、「あれ?あんた温泉に入らんかったと?いい湯やったよ」とか言うが、もう入る時間がない。で、悔しがるという夢。
こんな夢を見て、さわやかな朝が迎えられるだろうか。

もっとも実際には私はウ〇コをしていて集合時間に遅れてしまった経験はない。そうなったらどうしよう、という恐怖はすごくあるけれども、私はかなりな便秘症で、特に旅先では便秘が悪化するので、まず大をすることはない。
あっでも、20年くらい前にビルマに行ったときは大どころか下痢したなw
それがトラウマになっている・・・・・・わけない!

日別画面へ

03月23日

起床時刻:09時30分

この日は13:30にログイン。ずーーーーーっとゲームをして終わったのがAM3:30。夕飯はデリバリーのピザ(二人でLサイズ1枚。それにポテトのLとコーラ1.5Lと旦那はアップルパイも)。

旦那にとってゲームはライナスの毛布なのかもしれない、と思うときがある。ゲームが彼にとっての精神安定剤なのだ。
だからこそ、仕事のストレスがたまっているとき、睡眠不足でくたくたに疲れているとき、体の具合の悪いときもゲームをするわけで、私からすると「寝たほうがいいんじゃないか」と思うんだけれど、むしろそういうときほど精神安定剤たるゲームが必要なんだろう。
でも今は私のゲームのプレイスキルがなさすぎるために、一緒にゲームをしていると旦那がイライラしてしまい、せっかくの精神安定剤が私のせいでストレス源になってんだよなwww
言っておくが、私にとってもストレス源なんだから、やめりゃあいいんだよ、こんなクソゲー。と思うが、ライナスの毛布がウィルスだらけの感染症の温床になったとしても、ライナスは毛布を手放さないんだろうなw

日別画面へ

03月22日(金)

起床時刻:09時45分

現在AM3時を過ぎているんだけど、年度末でさすがに忙しいのか、夫はまだ帰ってこない。「夕飯は家で食べる」とメールで連絡がきたんだけど・・・・・・。

それにしても、「夫が家にいない」というだけで、とても平穏で静かな夜が過ごせる。鬼の居ぬ間に心の洗濯といったところ。

『クロワッサン』の「こんな生活習慣で、病気にならない」という特別編集号を読んでいたら、92歳の吉沢久子さんと74歳の帯津良一さんの対談「病気知らずで生きるコツは何ですか」という記事があった。
 
帯津さんが吉沢さんに「頭ははっきりしているし、お姿もいい。肌もつやつや。毎日どんな生活をなさっているのですか?」と聞くと、
「陋居にひとりで住んでいます。好きなものを料理して、食べて、気ままですよ。65歳のとき、夫に先立たれるまで、休まることがありませんんでした。病気はしたことがないけれど、円形脱毛症は何回か経験しています。夫が口うるさかったので(笑)」
だって。

一番の健康法は「夫が先に死ぬこと」じゃないのw

「男やもめに蛆がわき、女やもめに花が咲く」と言うように、ストレス源の夫が死ぬことで、NK細胞がイキイキと働きだすんだろうw

自分が死ぬことは、この世の苦痛からの解放だけれども、他人を解放してあげることでもあるんだな、と思う。今は科学が発達してだんだんと「不老不死」の夢が現実のものに近づいてきていると思うのだけれど、やっぱり人は老いるべきであり、死ぬべきなんだろう。スターリンやら毛沢東やらが、いつまでもぴんぴんして生きていたら困るでしょw 
私だってトシをとりたくないし、死にたくもない。けれども、私にとっては絶望である老いや死が、他人、特に近しい人にとっては希望でもあったりもするだろう。例えば私の夫だって、私が死ねば怒鳴らなくてすむのだから、健康にいいだろう。

『重すぎる母 無関心な父』(信田さよ子/2011,1/静山社文庫)によれば、「さくらももこは、おばあさんが死んだときは、本当に手を打って踊りたかったと本の中で記していました」そうで、たぶんお母さんがすごくいびられていたんだろうと信田さんは想像しているけど、さくらさんみたいに実のおばあちゃんが死んでバンザーイ!!な人もいるわけです。手を打って踊りたい、というのはそれだけ解放感が強かったんでしょうな。
(ついでにいうと、信田さんによれば「ちびまる子ちゃん」ちはAC(アダルト・チルドレン)家族らしい。「実はあの家族はとても怖いのです」って)

そういえば、金井美恵子がエッセイで書いていたけれども、彼女の実の母が亡くなったとき、金井さんもお姉さんもすごくほっとしたらしい。
だから知人で母親が亡くなったという人に「ほっとしたでしょう」といいたくなるらしいがw
愛情という名で子どもを支配する「生霊」タイプの母親だったんですかねw

私の友人のお母さんは姑との折り合いが悪く、占い師に「義母はいつ死ぬんですか?」といつも聞いていたらしい。
ちょっと引いてしまったが、奴隷状態から解放されるには姑が死ぬしかなかったんだろう。

カウンセラーである信田さんは「家族とはとても怖いものであり、その中で傷つけ合うこともあるということを知ることが必要です」と言う。
「もう少しはっきりいえば、家族とはとても危険なものだ、家族が最終的なくつろぎの場であるという幻想を捨てなければならない」とも。

ていうかさ、殺人の被疑者と被害者の関係をみると親族間が4割から5割も占めているんだよw見知らぬ外国人より家族のほうが危険だっつーのw

さすがに「殺す」とか「死ね」とかは穏やかではないが、私が死ぬことでほっとする人もいるだろう。そのほっとする人はたいてい家族の一員なんだろうね。

日別画面へ

03月12日(火)

起床時刻:08時00分

小林弘幸センセの『ゆっくり生きれば、遠くまでいける ~副交感神経で「最高の人生」を手に入れる~ 』によれば、健康の鍵を握るのは血液の質と循環で、その鍵を握るのは腸で(腸で血液はつくられる)、その鍵を握るのは副交感神経で(副交感神経を高めると腸の動きが活溌になる)、副交感神経を高めるには何でも「ゆっくり」やることがいいんだそうな。

言い換えると、ゆっくり生きれば、副交感神経を高め、腸の動きを高め、よい血液をつくって体中に巡らせることができて、健康となって「最高の人生」を手に入れることができるんだとか。

んでもって、40代、50代になると「副交感神経のレベルが急激に下がる」んだって。副交感神経はリラックスなどにかかわるものなので、このレベルが低いとキレやすくなるそうで、「年をとると感情の抑制がききにくくなる」というのは医学的にも本当の話だと書かれている。

私も40代になっちゃったからね、感情コントロールに気を付けよう。

著者によれば怒るのは百害あって一利なし、その度に血栓をつくっているようなものらしい。で、怒りそうになったときは黙るといいらしい。

私やってるね、これ。
旦那にバカだの無能だの役立たずだのボロクソに言われて頭にきても黙って耐えるからね(たまにキレるけど)。この対応は正解だったのか、びっくり。でも「成長しない人間のクズ」「反省しろや、ボケ」と言われて黙っていても、リラックスはしていないなぁ。

怒られているときの心得も書かれていていて、怒られているときは「検証作業」を心の中でやるといいんだってさ。
「どうしたらこの問題に対処できるのか」「どうしたらこの問題を再発させずにすむのか」などなど考えると、冷静でいられるらしい。奇遇ですね、私も同じように怒られているときは検証作業をやるんだけど(それで「真面目に聞いているのか!」と余計怒られる)、「自分が死ねばすべての問題は解決する」っていう解決策くらいしか思いつかねぇわw 残念すぎるw

日別画面へ

03月11日(月)

起床時刻:12時45分

先週買ってきたヒヤシンス(2本)の甘い香りが部屋中に漂っており、旦那に「ワキガくさくね?」って言われた。

おいおいおいw

こんな香りのワキガなら、ワキガのやつも悩まねぇわw
そういや、楊貴妃はワキガだったって聞いたことあるけど、楊貴妃のワキガなら、こんな匂いだったかもしれんなw

ヒヤシンスの香りってちょっと青臭いのね。
(品種によって香りが結構違うらしいけど。私の部屋のヒヤシンスは、花びらの先は薄紫で、花芯のほうは白いタイプね)
雑草臭と言ったら怒られるかもしれないが、そこらへんの野の花のような、草っぽい香りがある。甘さもあるんだけど、全体として香りが強いから、「ワキガ臭」じゃないけど、刺激臭に思える人もいるかもしれない。

ヒヤシンスの根元を水切りしたときに(ヒヤシンスを活けるときのお水はちょっとでOKなんだって)、根元のほうにまだ子供の小さいヒヤシンスが隠れていて、このチビっ子ヒヤシンスのほうはコップに活けてみた。
友達からもらったトルコ土産の小ぶりのチャイグラス(耐熱グラスでソーサーもついているんです)に活けたんだけど、グラスの形がかわいくて頑丈そうなつくりなので、ゼリー容器にしたりして結構活躍しているんです、これ(が、紅茶を入れたことはないなw)。

ヒヤシンスたんかわいいけど、匂いには要注意だね。私はこの匂い、嫌いじゃないけどね。

日別画面へ

03月10日

起床時刻:12時45分

「最近、食欲がない‥‥‥」と思ってたんだけど、筋子でどんぶり飯二杯食べてしまったwww 筋子‥‥恐ろしい子! 

旦那は筋子が嫌いなので(生臭いらしい)、私が一人で全部食べることになるんだけど、一パック食べ終わるころには私の体重が2キロくらい増えてそうだw

昨日は午後二時半からゲームして、途中ピザ(+ポテト+コーラ)とって食べて、朝五時すぎまでやって、そのあと風呂入って寝た。

寝るとき旦那に「悩みがなさそうでいいねぇ」と言われたんだけど(たまに言われるんだよね)、「いやあるよ、いっぱいあるよ」と答えたら、「例えば?」と聞かれて、「オメェだよ」とは言えないので、「言いだしたら一時間くらいかかるからやめとく」と言っておいた。

まぁ確かに主婦(農家の嫁とか三世代同居とかは除く)は、いまどき貴重な気楽な稼業だからなぁ。特に私なんか旦那一人のお世話(お守り)をすればいいのだから、ア ホレ スイスイ スーダララッタ、スラスラ スイスイスーイだわなぁ。楽勝すぎワロタwwwな境遇にもかかわらず、私はとってもネガティブな性格なために悩みが多い。「趣味で悩んでんじゃねぇか?」と思われそうだけど、趣味じゃないw できれば悩みたくないんだよw

日別画面へ

03月09日

起床時刻:08時45分

『反・仏教学 仏教vs.倫理』(筑摩書房/2013.2/末木文美士)を読む。
(「反」となっているけれども、アンチという意味ではなく、自ら省みるの意である)

著者によれば、倫理とは「人の間」としての<人間>に成り立つルールであり、言葉で説明できるものである。
一方で「人は否応なく<人間>の領域をはみ出し、ごく当たり前の日常の中においてさえ、合理的思考ではどうにも説明のつかない何かと関わらざるをえない」。「そこに宗教の問題が始まる」(P103)

言い換えると、了解可能な「人の間」としての人間の間に成り立つ、顕在化されたルールが倫理であるが、それは非常に限定的だ。その小さい世界(顕)の外に広がる膨大な世界(冥)は、了解不能な「他者」と関わる宗教の世界だ。そして他者の典型(あるいは他者の極限)が死者である、と著者は言う。

「え?そうなの??他者と死者は違うでしょ??」と思うが、「他者=死者論」が著者にとってのブレイクスルーらしくて、この本のキモなのよ。
だからそこが「わかんないし、いらない」って言ってるのは、牡蠣の土手鍋における牡蠣がよくわかんないし、いらないと言ってるようなものなんだけどねw。

理解不能という意味では生きている他者も死者もそうだけど、生きている他者は死者と違って、不断に要求を突きつけてくる。一方、死者は何も要求しない。生きている他者は自分に害をなすけど、死者は害をなさない。

例えば仏壇にまんじゅうをお供えしたら「ご先祖様が喜んでくださる」と思えるのが死者との関わりである。
一方で、生きている他者にお供えじゃなかった、おやつにまんじゅうを出したら「こんなもの食えるか!」「太らせるつもりか!」「賞味期限が切れてる!」と暴れだし、場合によってはまんじゅうを投げつけてくるのが、生きている他者との関わりあいである。般若心経は仏壇のお位牌にじゃなく、生きている他者に唱えたほうがいいんじゃないかと思えてくる(「しきそくぜーくー、くーそくぜーしき、まんじゅうごときに執着するな~(チーン)」)。

著者は死者と対話し、死者の助けを借りて生者のエネルギーにしなくてはいけない(この点では広島より靖国のほうが進んでいるそうな)、と言うが、死者と対話ってwww。それ死者をダシにした自分の考えの主張だからwwwと私は思う。

西部邁は、ある老人が「私たちは戦死した戦友の分まで生きなきゃならんのだ!」と言ったときに、「戦死した戦友が実際にそう頼んだのかよ?!」と突っ込んだらしいが、ほんとにそうで、戦死した人からすれば「オマエだけ生き残って狡い!死ね!今すぐ苦しんで死ね!」という気持ちだったかもしれないじゃん?
死人に口なしとはよく言ったもので、口がないから、自分に都合のいいように解釈して、「死者の思い」をイタコでもないのに代弁するわけだ。

田辺元の「死の哲学」(「死者の愛は死してなお生者の上にはたらく」という死者との実存協同)だって、生きている他者との実存協同と同じく思い込みなわけで。もちろん、死者との実存協同のほうがやりやすい。なぜなら死者は反論しないからw

私の考えではこうだ。
世の中のわけのわからんことに対して宗教は答えを用意してきた。
他者というのも、もちろんわけのわからんものの一つで、自分は何も悪いことをしていないのに、いきなり殴ったり殺したりしてくる。
臥薪嘗胆系の猛者なら「やられたらやり返す、以上」で悩みもないが、たいていは相手が強すぎたりこちらがヘナチョコだったりして、やり返せなくてウジウジと悩むことになる。
仏教では「怨みに報いるに怨みを以てしたならば、ついに怨みの息むことがない」(『ダンマパダ』)ということで「許しなさい」というわけだけど、
普通無理じゃね?許すとか。
この「許すのは難しい、どうしよう」となったときに、「他人の蛮行の問題」が「自分のココロの問題」に変換されるわけだ。

他人や社会ってのは自然災害と同じく操作不可能なものなんで、自分の受け取り方を変えるしかない。でもたいていは変えられないから、神様や阿弥陀如来にすがることになる。こういう形で、私たちは他者という暴風から自分を守り、ココロを安らかにさせてきたんだと思う。
今の自己啓発本なんかも、基本は「自分の受け取り方をポジティブに変える」のが基本だよね。そうすっと「いいことが起こる」という。宗教じみているが、こういう考え方は親しみやすいのだと思う。

日別画面へ

03月08日(金)

起床時刻:12時30分

「本来「思考」と「感情」を分けて考えるべきではないと思います。「思考」というのは非常に複雑で、われわれは実に多様な物事の理解の仕方をする。一方、わずか10~20くらいの別のやり方でももの事を理解していて、これらを「感情」と呼んでいるわけです。従来「思考」というのはシンプルで論理的であるのに大使、感情は非常に複雑で強力で神秘的だと考えられてきたわけですが、これが大間違いなんですね」
(『知の逆転』(吉成真由美によるインタビュー集)に収録されたマービン・ミンスキーの発言)

そうだね、と思った。
ついでに言うと「身体」と「感情」も結びついているように思う。歯が痛かったりすると、ウキウキするのは難しいもんな。そういや昔、橋本治が何かで書いていたけれども、体が柔らかい人は考え方も柔軟だとかナントカ。本当かどうか知らんけど、とりあえず私は体も考え方もカチンコチンにかたいw

日別画面へ

03月07日(木)

起床時刻:08時00分

会社で睡魔と戦う。家でも睡魔と戦う。
だいたい会社での眠いピークが午後3時から4時で、家での眠いピークが午前3時から4時。寝たいんだが、会社では仕事があるし、家ではゲームがあるし、世の中ままならん。
この日は特に眠気との戦いが熾烈を極めた。
コーヒーは眠気覚ましにいいというけども、ちっとも効かない。
あと寝る前にパソコンをすると眠れない(明かりがいけないんだそうな)とか言うけども、全然眠くなる。世の中にはその証拠に寝落ちという現象がある。
今のところ、眠気を退治する強力な方法は見つかっていない。ガムなんか噛みながら寝てるからなw 

日別画面へ

03月06日(水)

起床時刻:12時00分

先週だったかNHKの「あさイチ」で自治体の「自殺を防ぐ」取り組みについて紹介していた。
自殺未遂者は自殺をまたやる可能性が大なので、救急病院に搬送された自殺未遂者に対して退院後は行政による細かいケア(自殺未遂で障害をおってしまった人の入居先の検討や仕事探しなど生活のサポート)をしてあげていた。その成果も出ているらしく、番組では「行政と医療現場と一体となった取り組み」を奨励していたように思う。

もしあの場でさ、「でも、これって税金の無駄遣いですよね?死にたがっている数十人(大半はおそらく社会的役立たず)に、こんな時間とカネをかけるより、未来のある子供たちに税金を回したほうがいいんじゃないですか?資源(お金・時間・職員)は有限なんですから」なんて言う人がいたら、きっとNHKに苦情の電話がジャンジャンかかってきただろうな。
いや、私の考えじゃないですよw

そう思う心の歪んだ人がいてもおかしくないよね?っていう話。

ちなみに番組によれば周りの人の一言で自殺を思いとどまったりするんだってさ。私にはどの言葉も納得感ゼロだったけど。もっとも私は自殺志願者じゃないから納得感がなくても問題はないがw

番組に寄せられた視聴者(自殺未遂経験者)の思い出の名言として「なくてもいい命なんてひとつもないんだよ」が紹介されていたけれど、こんな言葉で「そうですね」と納得できる理由がよくわからん。

自殺を考えようって人は、自分は「なくてもいい命」どころか「ないほうがいい命」という気分にまで追い込まれているんだからさ。
「すみませんが、どこらへんが必要な命なのか説明していただけますかね」と思うんじゃなかろうか。私だけかもしれないけど。

日別画面へ

03月05日(火)

起床時刻:08時00分

03月04日(月)

起床時刻:12時45分

私はダイエットとは無縁である。

去年の秋に受けた健康診断では(家の体重計はここ1,2年くらい壊れているwww)、身長161cm、体重43kg、体脂肪率18%で、40才の今も20才の頃の体重や体脂肪率とあまり変わっていない。
こう書くと、痩せすぎな感じがするかもしれないが、実際はそんなに痩せてみえない。ここで持ち出すのは恐縮だが、あのモデルの山田優さんは身長170cm、体重47kgしかないそうだ。また柴咲コウさんは身長160cm、体重45kgなんだとか。つまりこのくらい痩せていて「すらっとみえる」レベルなのだ。

それはともかく、なぜ私はダイエットとは無縁の、スリム体型を維持しているのか。

それは規則正しい生活、栄養バランスのとれたヘルシーな食事、定期的な運動、日々の体重チェック、それに何よりも私の強い意思力の賜物である。

と言いたいところだが、んなわけないwww
一個もあてはまんねぇわ!!!
私は世の中で「太る」と言われるありとあらゆることをしているけれども、太らないね。ま、体質だろう。

去年の『クーリエ・ジャポン』9月号に「『リバウンド』を科学する あなたのダイエットはなぜ長続きしないのか」という記事があった。
元ネタはニューヨーク・タイムズ・マガジンの記事。
これには「肥満のリスクの一部は少なくとも遺伝である」と書かれている。
FTO遺伝子変異は食習慣に影響を与えるらしく、これを持っている人はやたら高カロリーのものを食うんだそうな。

私の観察結果からすると、デブは胃腸が丈夫である。
で、痩せ(私みたいな虚弱体質型痩せ)は、胃腸が弱く(胃下垂であることも多い)、さっぱりしたものを好む。
ステーキのようなこってり系の食事の後のデザートであれば、やせ型はシャーベットやゼリーなどを好むが、胃腸丈夫型デブはパウンドケーキとかバウムクーヘンとかありえないものを食う。「甘いものは別腹」なのが胃腸丈夫型デブである。

でも、もちろん胃腸だって丈夫なほうがいいのだ。胃腸丈夫型はデブであろうがなかろうが、割とポジティブな人が多いように思う。

上述の『クーリエ・ジャポン』の記事によると、一度太った後に痩せると、維持が大変らしい。
体重を維持している痩せた人に比べ、一度太って痩せた人の場合は筋肉の燃焼カロリーが20~25%落ちるらしい。
しかも脳のほうも変化する(食べ物に対する執着心がメラメラと出てくる)らしく、食欲を断ち切るのが大変なんだとか。

デブな人は「痩せたら素敵な自分になれる」幻想があるようだが、食事制限などでただ痩せただけではダメだ。「いけてないデブ」から「いけてない痩せ」になるだけである。男であれば筋肉質で腹筋が割れている感じに、女であればバストとヒップがパンとあって、腰のくびれがあるメリハリボディにならなくちゃダメだ。

そんなわけで、私もバストアップやヒップアップの体操を(たまに)しているが、あんまり効果ないねぇ。。。昔はなかなかの美尻だったんだが、やっぱり寄る年波には勝てないのだろうか。。。
と弱気になるが、周りを見ていても45くらいまでは寄る年波と互角に戦っている人も多いみたいなので(そこからはまた別の戦略が必要な予感)、私も頑張ろうと思う。

日別画面へコメントを読む(2)

03月03日

起床時刻:13時30分

昨日よりはマシな起床時間。
『家族進化論』(山極 寿一/東京大学出版会 (2012/6/21))は人間の家族の起源を、原猿類、真猿類、類人猿、狩猟採集民などの群れや社会生活から類推し、その進化の背景や契機について論じた本。

独占的な性関係によって生まれ維持される家族は本来排他的な性質を持つ。
その家族を結び合わせ、協力関係を発動させ、「社会」を形作っているのが人間社会である。このようなコミュニティは人間以外には見られない。

なぜ人類だけがこのようなコミュニティを形成できるようになったのか。

その鍵は「向社会的行動」(見返りを求めず相手のためだけにする行動)と「互酬的な行動」(ギブアンドテイク)である(猿や類人猿にも見られるが人間ほど広範にはみられない)。

これは「共同の子育て」と「食の社会化」、あるいは「音楽」による共感力の向上によって育まれたのではないか。

我々の祖先が熱帯雨林からサバンナのような食物が分散し、肉食動物から食われる危険が大きな場所に出てきたとき、「見返りを求めずに支援の手を差し伸べる行動が集団を生き延びさせる結果につながったにちがいない」。

著者は家族を賛美する。
家族は「狩猟採集社会の『分かち合い』の精神が息づいているまとまりであり、互酬ではなく、見返りを求めない向社会的感情によって支えられている。初期人類の時代につくりあげられた共感と同情の精神がなんのためらいもなく発揮される集団が家族なのである」、「家族というのはこれまで人間がつくりあげた最高の社会組織だということを忘れてはいけない」とかいうけれども、「そうかぁ???」と思う(たぶん私が歪んでいるのだろう)。

いやまぁ、多くの人は、私も含めて「か~さんが~夜なべ~をして、手袋あんでくれた~」的な「見返りを求めない向社会的な行為」に満ちた、暖かい家庭で育ったであろうが、世の中にはかーさんが(とーさんも)夜なべもしなけりゃ手袋も編まない、などという家庭もある。
そのくせ、見返りは求めるわ(「育ててやった恩」を忘れな)、兄弟姉妹で遺産争いはするわ、嫁と姑の闘争はあるわ、子供を虐待するわ、などなど、ロクでもない家庭も少なからずあり、「家族というのはこれまで人間がつくりあげた最高の社会組織」と聞いてもピンとこない。

著者によれば、現代において「家族が危機に瀕している」のは「コミュニケーションの急激な変容」のせい、なんだそうだけど、私は違うと思うね。むしろ全般的な豊かさの向上、家電革命、福祉の充実、女性の教育・就労機会の増加などから、家族がなくても生きていけるようになったからであり、インターネットのせいではない。家族は手段であって目的ではないと思うんだが。

とまぁ、結論部分はこのように全く同意できないけれども、それ以外は割と面白く読んだ。

日別画面へ

03月02日

起床時刻:16時30分

早起きする気ねーだろ、、、な起床時間。
なんでオマエは「早起き生活」にいるんだ?というツッコミは自分でしておきます。

腱鞘炎は注射前の痛みが10だとすると2~3くらいにまで劇的に低下。
湿布しながらゲーム。

つーか、どーせゲームしかしねぇんだから、寝てたほうがマシだろw
ま、FF11の最盛期の頃は、朝早い時間に起きてNMを張り込んだりしたものだがな。レベル上限も解放されて新しい装備もいろいろ出たため、あのときに苦労してとった装備は今や全てゴミと化している。

「人生きて残すは悔(くい)や簾捲く」(鈴木真砂女)という句があるが、正しくは「人生きて残すはゴミや簾捲く(まいた簾も可燃ゴミなり)」だな。ゴミの始末をしなければ。

日別画面へ

03月01日(金)

起床時刻:13時00分

腱鞘炎がひどいので、近所の整形外科でステロイド剤を打ってもらってきた。週末には長時間のゲームという仕事が待っているからね。

ネットで得た情報によると「腱鞘炎の注射は痛い」らしく、ビビリまくってたんだが(当方極度のビビリ)、具体的には↓な感じ。

・注射針はインフルエンザの予防接種程度の一番細いもの
・だから注射針を刺したときは特に痛くはない
・痛いのは薬(液体)を注入するとき。ズッキーーーーーン!!!ていう痛さ。「アイタタタ」と言うレベル。
・ただし3秒くらいで終わる。
・打った後は局所麻酔(薬の中に入っている)の影響により親指がしばらくしびれる

ただしこれは「ドケルバン病」の腱鞘炎の場合、つまり手首の母指側に痛みがある人の場合ね。指の関節が痛い人への注射はもっと痛いらしい(先生談)。

副作用としては(通常はほとんど出ないらしい)、
・血糖値の上昇
・血圧の上昇
・胃炎になる
・骨がもろくなる
・腱がもろくなる
だったかな。

通常は三ヶ月くらい痛み止め効果が持つらしい。
あんまり頻繁に注射をするのは上記副作用の観点からもよくないらしく、何度も注射をしなくてはいけない場合は手術、ということになるんだってさ。

日別画面へ