201307 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:08:00 平均起床時刻:08:42

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

07月31日(水)

起床時刻:08時30分

しつこく中学時代の友人に10年ぶりくらいに会った話。彼女に「pyaaaちゃんはぜーんぜん、変わってないね!」と言われたわけよ。おかしい、少しは「洗練された都会の女性」になっているはずなんだが、と若干落ち込んだんだが、あるいは中身について言われたのかもしれない。

「三つ子の魂、百まで」というが「三つ子の魂、十二歳まで」については、こんな調査がある。『脳に組み込まれたセックス―なぜ男と女なのか』(デボラ・ブラム/白揚社/2000/03。男女の性差について、脳科学や霊長類学、心理学など色々な観点から考察した本)からの引用。

ハーバード大学のジェローム・ケイガンによると、100人の子供を2歳から12歳まで追跡調査した結果、幼児のころにおどおどしていた女の子はティーンエイジになってもひっこみ事案で、いくらか臆病だったそうな。男の子のほうは2歳のころに引っ込み思案でも、12歳ではもっと外交的になるようだが、目立って外向的な子供たちに比べると「感情を抑えがちで、一対一になると不安感を打ち明けることが多い」という。ケイガンはアメリカ社会は引っ込み思案の男の子に対してあまり寛容ではないため、ティーンエイジになると、引っ込み思案を隠そうとするのではないか、と言っている。(P228)

私も10代、20代のころは、「あるべき自分」になろうと頑張っていた。でも、トシをとるにつれて段々と疲れてきて、素の自分が出てくる。他人にあわせてまで人付き合いするのが、めんどくさくなる。そういうやつはボケやすい、とボケ防止の本に書いてあったから、多少は人に気をつかったほうがいいとは思うが、根本にある性格って努力しても変わらないのかもね。
3630歩(そんなわけない)。①~③:〇

日別画面へ

07月30日(火)

起床時刻:08時00分

昨日10年ぶりくらいに、中学時代の友人(相変わらずの美人)に会った、という話の続き。同じ中学だった男(仮にAとしよう)から彼女に「今度東京に出張いくから、会おうよ」とフェイスブックで連絡がきたそうで、Bくんも呼んで三人で飲むのだとか。

それを聞いて少し不安になった。友達がその男らに「この前、pyaaaちゃんに会ったよ」とか余計なことを言ったらどうしよう。男A「誰?」男B「誰?」って絶対なる!
友達が「ほら、あのメガネかけてた。Aくん、実家近いじゃん」とか言っても、男A「さあ?」男B「さあ?」って絶対なる!
友達:「覚えてないの?Aくん小学校も一緒だったじゃん!」
男A:「いや、覚えてないけど、その人がどうしたの?」
友達:「うん、今、週二のパートに行ってるんだって」
男A・B:「フーン」

ああああ、目に浮かぶようだ。やめてくれ、そんな辱めは。でも友達にメールして「私と会ったことは内密にしてください」とか言うのも、なんか自意識過剰っつーか、「いや、最初から誰にも言うつもりないし。誰からも聞かれないし」って思われそうだし、ああ、いやだ。

とまぁ、こんなことを思いわずらうのも、私のつまらん見栄であろう。
思えばつまらん見栄のために、ずいぶんつまらん努力をしてきたものだ。2576歩(おかしい!)、①~③:〇。

日別画面へ

07月29日(月)

起床時刻:08時00分

中学時代の友人に会ったら「〇〇くんって覚えてる?」と聞かれた。
私:「ああ、いたね、そんな人」
友:「彼、今〇〇(有名企業)でXX(役職名)してるんだよ、すごいよね」
私:「へー、すごいね」
友:「XXくんはね、今〇〇大学で教えているんだよ、すごいよね」
私:「へー、すごいね」
友:「△△くんはね、医者になって、今海外にいってるんだよ、すごいよね」
私:「すごいけど、なんでそんなに色んな人の近況を知ってるんだよw」
と聞いたら、その答えはフェイスブック!
なんでもフェイスブックに登録したら、続々と友達申請が、特に高校時代(彼女は進学校出身)の同窓生からきて、彼女が「今度地元に帰省するからみんなで集まらない?」と声をかけたら、50人以上が集まったらしい。
私が声かけても多分、あつまるの3人くらいだ。3人でも多いな。しかも全員女な。昔も今も美人で気さくな彼女だからこそ、遠くから馳せ参じた者達がおったのであろう。

彼女によると、高校時代には一度も言葉を交わしたこともない人(※男)から、FBで連絡がきたりするらしい。そ、そんなことがあるんですか!
もっとも、私の場合、「咳をしても一人(尾崎放哉)」ならぬ「FBしても一人(pyaaa)」だろう!放哉よりかわいそうだよ!きっと誰も「いいね!」を押してくれないんだ!知ってる!だからこそ、私はFBなんかやらないけどね!って言ったら「pyaaaちゃんはきっとそうだと思って検索もしなかったよw」だって。わかってんなw4716歩。①~③:〇。

日別画面へ

07月28日

起床時刻:11時00分

体重計も買ったことだし、高タンパク低脂肪のヘルシー生活を送るぞ~!と思ったとたんに、夫が「ピザ食べたい」だと。結局二人で、Lサイズピザ1枚、Lサイズポテト、1.5リットルのコカ・コーラ、アップルパイ(旦那だけ)を平らげるということに。。。おやつにアイスも食べちゃったしなぁ。

本日の歩数:14歩(んなわけ、あるかー!)①~③:〇。ももあげをニートゥエルボーに変えてみた。腹筋的なもの(としかいいようがない)も少し。

日別画面へ

07月27日

起床時刻:08時10分

金曜日、家電量販店に行って体重計(体組成計)を買ったんだけど、買う前に、タニタとオムロンとパナソニックのデモ機に乗って比較検討した。その結果、タニタとオムロンによると、私の体年齢は29才。パナソニックの体幹バランス年齢は49才。よんじゅうきゅうさい、ですとぉ?!
おそらく、タニタとオムロンは体重やBMIを重視、パナソニックは筋肉量や基礎代謝を重視していると思われる。私の体感年齢としてはパナソニックの49才のほうが近いんだが(ていうか、この疲れやすさは60才くらいでもおかしくねーべ)、買うか、ボケッ!わたくしは真実など、聞きたくはないッ!というわけでオムロンを買った。

真実を語るものは不利益をこうむる。「王様は裸だ!」と言った子供は首を
はねられたのではなかったか。あ、はねられてなかったね。あの王様、結構いい人だよね。前々から思ってたけど。3543歩。①~③:〇

日別画面へ

07月26日(金)

起床時刻:08時00分

今日は換気扇の掃除をした。フィルターを外して洗って、奥のファンも外して洗って、疲れた。ってどんだけ、疲れやすいんじゃー!!

わたしの最大の欠点は何か、と聞かれれば疲れやすいことだと思うんだよね。ウサギとカメの話があるでしょう。足のはやいウサギが途中で寝て、足の遅いカメに追い抜かれた、という話。あれ、カメが勝てたのは、ウサギのまさかの昼寝という天佑に加えて、カメが疲れなかったからだよね。あれでカメも疲れて一緒に寝てたら、勝てないっしょ。体力ってほんと重要。

ところで、この童話のウサギみたくレース中に寝るようなアホがいるかな?
『おとぎ話の生物学』(蓮実香佑)によれば、ウサギは「走るときは耳を立てて走らなければならないのだ」そう(汗をかけないので、長い耳を風に当てて血液を冷やし、体温を下げる必要がある)。しかるに「ウサギとカメ」の挿絵を見ると「ウサギは耳を倒して走っている」。これではオーバーヒートしてしまうため、ウサギは走り疲れて寝るしかない、という説を展開している。

まぁどっちにしろ「ウサギが途中で寝たのは疲れたからor体調不良」が真実だと思うんだが、そこを「慢心して」「増長して」「敵をみくびって」などと童話では脚色するから「ハァ?」ってなるんだよなぁ。

持って生まれた持久力の差っつーもんがあるんだよ。それを「精神」の問題に転換されちゃ、持久力が元からないウサギ族にとっちゃたまったもんじゃないよ。とかなんとか、まるでわたしが「瞬発力のウサギ族」のごとくに書いているけど、わたしカメ族だからね。カメのくせに持久力がないとか、それこそ意味不明だけどさ。10449歩、①~③:〇。

日別画面へ

07月25日(木)

起床時刻:08時00分

あっちゃあ、請求書の発行を忘れてた!(パートの話ね)
おっかしいな。卓上カレンダーにもちゃーんと「請求書発行」って赤ペンで書いてたんだけど。
うちのおかーさんが「トシとるとね、カレンダーに予定を書いても、カレンダーを見るのを忘れちゃうのよ」って言ってたけど、そのパターンか!
ていうか、ノーツのカレンダーに予定入れておけば、その日にリマインダーがメールでくるように設定できるよね?できるはずだが、旧石器時代の人はついつい、「赤ペンでカレンダーに書いたから大丈夫」とか思っちゃうんだぁ。

請求書の発行については担当社員も忘れてたんだけど、その担当もボケタイプなんで、わたしが毎月彼にリマインドしてたんだよね。この担当者は、まぁ、大学で講師やってた、学究肌の、世事に疎いタイプ。つまり、その人は浮世離れした研究者、わたしは「職場のおかあさん」的ポジションなんだから、わたしがしっかりしてなきゃいけないんだけど、わたしはおかあさん的素質ゼロだから!「じゃああんたに何ができるの?」って聞かれたら、何もできないんだけど!!!かなしいね!!!
4973歩(おかしい。この万歩計、おかしい。それともわたしの使い方がおかしいのかな。旧石器時代人には万歩計もむずかしいぞ)。①~③:〇。

日別画面へ

07月24日(水)

起床時刻:09時10分

うおおおお!!牛肉の赤ワイン煮をつくったら、すっごく酢っぱいんですけど!参考にしたレシピはこちら↓
http://www.sapporobeer.jp/recipe/0000000619/
*ただ、煮込み時間だけ、2時間にしてます。使用したのはすね肉。

途中で味見をしたら、酸味と渋みに「なんじゃこりゃああああ!」ですよ。
ちゃんと計量したんだけど。ワインは南アの「ボッシェンダル ザ・パヴィリヨン」てやつで千円くらい。シラーズ90%、ヴィオニエ10%。嫌いじゃないが飲むと頭が痛くなるんで料理に使ったら、お酢みたいになっとる。なんで?

「味付けはシンプルに塩だけで。」みたいなのに憧れていたんだけど、この「牛肉の酸っぱ煮」には思い切った外科的手術が必要である。
まずハチミツ。これは元のレシピにも小さじ1とあったんで、大さじ1、たっぷりと入れてみる。それから顆粒コンソメ1/2袋。だいぶマシになった気がする。中農ソース少々にケチャップ少々。半分やけだが、なじみの味になってきた。

荒熱をとって一晩冷蔵庫へ。「美味しくなあれ♪」という無茶な期待をして本日。先ほど味見をしたら、なんかこれ、ビーフシチューだわ。そういや、栗原はるみの『ごちそうさまが聞きたくて』のビーフシチューの味つけもコンソメ(固形スープ)、とんかつソース、はちみつ、塩・こしょうで、わたしが昨日ぶっこんだものと同じだわ。
というわけでジャガイモとニンジンをレンチンしたあと、少し煮込んで、ビーフシチューにしたった。このクソ暑い日に!!6916歩。①~③:〇。

日別画面へ

07月23日(火)

起床時刻:08時00分

「人生を振り返ると、いい思い出が6割、悪い思い出が3割、どちらともいえない思い出が1割となる」と、たまたま見たテレビ番組(『世界一受けたい授業』)で茂木が言ってた。名古屋大学斉藤教授の調査で、2500人に30分間、人生の記憶を振り返ってみてもらったところ、上述のような結果になったそうな。アメリカでも同様の結果なんだとか。

ほんとに?!悪い思い出のほうが、圧倒的に多いと思ってたんだけど!自分でやってみても、幼稚園の思い出として最初に浮かぶのは「クラスの男子らが、わたしのお弁当に入っていたひじきの煮物を見て、『うわ、こいつ消しゴムのカスを食べよる~、気色わる~』とはやしたてたこと」だな。

これだから民度の低い田舎者は嫌いなんだよ。キミたちが得意げに食べているタコさんウインナーには合成着色料が使われており、中でも赤色102号なんかは発ガン性の疑いがあるから、使用を禁止されている国もある。発色剤の亜硝酸ナトリウム、肉の粘着性を高めるリン酸塩、ともに体によくない。

もっとも、公平を期するためにいうと、2004年イギリスの食品規格庁は「ヒジキには人体に有害なヒ素が高濃度で含まれているために食べるな」と勧告している。これでヒジキがタコさんウィンナーより体に悪ければ、泣きっ面に蜂もいいところである!

幼稚園の思い出というと、あとは、たくましい女の子(農家の三姉妹の真ん中)にキティちゃんグッズを巻き上げられたことだな。…って、ひょっとしてわたしは苛められっ子だったんだろうか?そんな自覚は全然なかったけど。15193歩。①~③〇。

日別画面へ

07月22日(月)

起床時刻:08時00分

中学時代の友達からメールがきて「久しぶりに会いませんか」とのこと。10年ぶりくらい?その子は大変かわいくて(某アイドル似)、運動神経抜群で(リレーの選手)、勉強もよくできて(進学校から某国立大へ進学)、生徒会もやってて、男にもててた。男にもてる奴はやることが違って、彼女は幼馴染の男子を「ケンちゃん」(仮名)と「ちゃん付け」で呼んでた!ありえねえ!

このケンちゃん(仮名)も、我が友人にはデレッデレで、遠くから「ケンちゃん」とか呼びかけられると、ポチがご主人様のところへ駆けつけるごとく、とんでってたね。

そしてこのケンちゃん(仮名)は一時期わたしの横の席だったんだが、彼女がいない場所では驚くほど態度がかわるんだ!!わたしの横では能面のごとく無表情で、氷のごとく冷徹で、奴側に消しゴムを落としても拾ってもくれない。で、あるとき、わたしが「あ、忘れ物!」と独り言をいったら、こっちをジロっと見て、無表情に一言、「ブス」と言いはなつではないか!

わたしは中学生にして、世の中の理不尽(=男ってのは女の外見次第で態度がガラッと変わる)を知った。以前、SPAで「女は金に汚いを立証した!」みたいな特集があり、「女は男の金次第でころっと態度を変える、さすが女汚い」みたいなことをいってたけどさ、てめぇらだって、女の顔次第でころっと態度かえてんじゃねーかよ!自分らだけ聖人君子みたいな顔してんじゃねーよ!

とあつくなってしまったが、その後、ケンちゃん(仮名)は件の我が友人に告白しふられた。なぜわたしが知っているのかというと「ねぇ、pyaaaちゃん、ケンちゃん(仮名)から告白されたんだけど、どう思う?」って彼女に相談されたからだ。わたしはここぞとばかりに「あいつはやめとけ」とアドバイスをし、めでたくふられたという訳だ、ざまぁ!
って、私怨に話がひきづられて20行を余裕で超えてしまったが、かわいかった我が友人と会うことになったという話である。1336歩(おかしい!)①~③:〇。

日別画面へ

07月21日

起床時刻:10時30分

『腸! いい話』 (朝日新書/伊藤裕/2011) を読む。
本書の話題は多岐にわたるので、内容を20行以内に要約できないけれども、腸が大変大切な臓器であることを再確認した。
2010年に画期的な糖尿病の新治療薬が出たそうなんでけれど、これは「腸の働き」をよくする薬でして、腸のインクレチン(食物を摂取したときに腸が分泌するホルモン)の働きをよくするものなんですね。
著者に言わせれば「まさに『良妻賢母型』の薬剤」なのだそうで、すい臓に働きかけて「インスリンを出しなさいよ、グルカゴンはいりませんよ」と伝え、脳には「これ以上食べなさんなよ」と伝えるなど、「『やまとなでしこ』の力を発揮」(by著者)するんだとか。

臓器の中で一番最初に衰えるのは腸と腎臓なんだそう。腸の老化は万病の元、という気がしてきましたね。
最期に「腸を鍛えるヒント」10カ条が書かれています。「チョイきつめの運動で全身のミトコンドリアを元気にする」とあるように運動はやはりいいみたい。。。「チョイきつめ」っていうのがハードル高いんすけど。
9707歩。①~③〇。

日別画面へ

07月20日

起床時刻:08時15分

昨日は珍しく赤ワインを少々飲んだら、眠りが浅くなって、なんか疲れがとれない。足がずーっとだるいし。
飲酒のせい?酔うほどには飲んでいないんだけど。
どうも赤ワインや日本酒は体質に合わない気がする。
まだワインが余っているので、飲まずに牛肉の赤ワイン煮でもつくるか。

この前NHKのあさイチで「サルコペニア肥満」の話をやっていた。
サルコペニア肥満とは、筋肉量が低下し、脂肪量が増えるタイプの肥満で、色々な健康問題を引き起こすのだそう。
サルコペニア肥満の目安は
・「BMI」が25以上で
・「筋肉率」が女性で22パーセント未満
だとか。私はそもそも肥満じゃないからあてはまらないけれど、筋肉率がたぶん低い。若いころは自分のすらりとした足が自慢だったが、今では筋肉量の少なさのほうが気になる。
ウォーキングでは筋肉は増えないんだそう。筋トレしないといけないらしい。筋トレ、だいっきらいなんだけど。
番組で紹介していたのは、①スクワット(1日10回)、②もも上げ(40回)、③つま先立ち(20回)で、全部ゆっくりやっていた(呼吸をとめずに)。全部やっても3分もかからないそうなんで、毎日やってみることにしよう。6736歩。①~③〇。

日別画面へコメントを読む(2)

07月19日(金)

起床時刻:08時00分

『ガラスの動物園』の続き。精神科医の泉谷閑示が『「普通がいい」という病』(講談社現代新書) という本の前書きでこの戯曲を引用していたんだよね。

ずいぶん前に読んだ本で、しかも手元にないのでアレなんだけど、『ガラスの動物園』でローラ(変わりもん)が大切にしていたガラス製ユニコーンの角がとれたときに「これで普通の馬になれたんだから、むしろよかった」的なことを言うんだけど、それを受けて泉谷は、人間は誰しも生まれながらに「角」(個性)を持つが、そのせいで集団の中で浮いたり、なじめなかったりしてつらい思いをするために、自らの角を切除して(=自分を殺して)「普通」になろうとする。しかしそれが生きづらさを生むのである、みたいなことを言うわけよ。

まぁ、確かに小学校とか中学校では「浮いているか、いないか」は大問題だけど、大人の世界ではカネを稼ぐ能力さえあれば、周りから浮いていても、特に問題はない。内田百間に「普通になれ」っていう人は昔も今もいないだろう。
有能であったり、カネを稼げたりすれば、頭に角が生えてようが、チューリップが生えてようが誰も気にしない。
ローラのような無能なニートに対してだけ、世間は「落ちこぼれ」から「普通」になることを奨励(要請)する。「頭にチューリップなんかはやしているから、いつまでたっても一人前になれないんだ!」と叱る。で、同じ人がお金持ちになったら「さすが、頭にチューリップをはやしている人は発想が違う!」と平気でほめるわけw

従って『「普通がいい」という病』ではなく、『「普通がいい」のも金次第』のほうが世情を正しく反映しているだろう。ってことを前にも書いたような気がするが、あらためて思ったよ。771歩(万歩計が変)。

日別画面へ

07月18日(木)

起床時刻:08時00分

テネシー・ウィリアムズの『ガラスの動物園』を軽い気持ちで読んでみたら(短いしね)、思いのほか「ココロにグサグサくる物語」であった。
娘のローラ(24才、高校中退、ニート、彼氏いない歴=年齢)がタイプ学校を中退していたことを知った母親のアマンダが言うんですよ(父親は蒸発)。

アマンダ:となるとあたしたち、これからの将来をどうやってすごすことになるのかね?<略>職業につくあてはないわねーもうあきらめたんだもの、<略>あとなにがあるかしら、生涯ひとの厄介者になるだけじゃない?あたしはよおく知ってるんだよ、結婚しない女が就職できるだけのものを身につけてないとどうなるか。そういうかわいそうな人たちを南部にいたときおおぜい見たからね―兄嫁とか妹婿とかのしぶしぶ恵んでくれるお情けにすがってやっと生かしてもらってるオールドミスたち!<略>
あたしたちの将来の設計ってそんなものかね?
あたしにはほかの道は思いつかないよ!
<略>
アマンダ:職業に向かない娘はね、たいていはすてきな男と結婚してうまくおさまるもんだよ。(ふたたび生気をとりもどして立ち上がる)ローラ、あんたもそうすれば!
ローラ:だって母さん―
アマンダ:なあに?
ローラ:(おびえた弁解の口調で)私―びっこなのよ!
アマンダ:ばかな!ローラ、何度もあたし言ったでしょう、そのことば絶対口にしてはいけませんって。いいこと、あんたはそんなんじゃないんだよ、ただほんのちょっとした欠陥があるだけでーそれも人には全然気づかれない程度の!そういうほんのわずかな欠陥がある場合はね、その埋め合わせをするなにかほかのものをのばせばいいんだよ―ほがらかさとか―そう―魅力よ!<略>」

うわあああああ!!これはきっつい!!
この戯曲を読むと「親との同居は精神衛生上よろしくない」ということがよーくわかる。でも一人暮らしをするカネがないから同居するしかないんだよね。5847歩(もっと歩いているはずなのに変だな)。

日別画面へ

07月17日(水)

起床時刻:10時20分

いったい全体、竜は何で黄金が好きなんだろう?
ダイアナ・ウィン・ジョーンズが『ダークホルムの闇の君』で書いてたように、「竜は黄金からビタミンを摂取している」説が有力な気がしてきたw
というのも、『ホビット』において、ドワーフの財宝を横取りした邪竜スマウグ(スモーグ)は、黄金に埋もれて、ただゴロゴロしているだけなのだ。

トーリン(ソーリン)はスマウグのことを「特別に性悪で強欲」だというけど、本当に強欲なら金銀を元手に高利貸しでもはじめていたはずだ。そうすれば、金が金を合法的に呼ぶ。しかも誰もがびびる邪竜なんだから取立ては簡単(まったく、「性悪で強欲」とはどんなものか、人間様がお手本を見せてやりたいね)。 
ま、黄金好きの理由が強欲であれ健康維持であれ、どっちにしろスマウグは「強盗殺人」罪によって死刑確定なんだけどね。

この話ではスマウグが「邪悪」設定だから、殺すこと=善行となるけれど、もしこれが普通の竜、生きるために黄金を必要とするだけのただの竜だとしたらどうなるんだろう?
もちろん、その場合でも、やっぱり竜は殺される。人間(ドワーフ)の利益にかなうもの=善、人間(ドワーフ)の利益を損なうもの=悪なので、黄金を人間と取り合う竜はただの竜ではなく、悪い竜となるからだ。

もっとも最期の一匹の竜になったら希少価値が出てきて、鎖につながれ「保護」されるかもしれないがなw「ペットになったスマウグ」かw
実はスマウグは、ドワーフの祖先よりもずっと昔にこの鉱山を発見・所有していたが、旅行で不在にしていた間、ドワーフたちが山を横取りし所有権を主張、スマウグが逆切れした結果、「邪竜」認定され、竜族が皆殺しにされる中、スマウグは最期の一匹として生け捕りされ、ドワーフ王のペットとなり「おすわり」をやらされるという話…、これは泣けるね(20行超えちゃう)。9837歩。

日別画面へ

07月16日(火)

起床時刻:08時00分

今日のパートは「食べログを検索して条件に合致する飲食店をリストアップする」という楽勝業務だったが、事情を知らない周りの人に「一日中食べログをみているイヤしい奴」と思われたらどうしようと不安になった。

今更ながらトールキンの『ホビット』(図書館から借りた原書房の『ホビット ゆきてかえりし物語 第四版・注釈版』)を読んだ。山本史郎さんの訳、私は好きだ。この本には世界各国で翻訳された『ホビット』の挿絵が掲載されていて、これがまたおもしろい。ロシア語版のホビット(ビルボ・バギンズ君)の挿絵なんか、ハゲで小太りの、すね毛はえたちっちゃいおっさんですからw 

それはともかく、落ち着いたユーモアといい、くすりと笑える諧謔精神といい、気品のある文章といい、大人が読んで面白いファンタジーだね。主人公が危機にあるときでさえ、おっとりとしたユーモアがあって、いい味だしてんだ。

映画の『ホビット 思いがけない冒険』は原作とは全くの別物になってたがwま、映画版は映画版で面白いけど(特に映像の素晴らしさ)、原作における私の好きなところがなくなって、ただのファンタジー、それも「感動仕立て」の勇者ファンタジーになっとる。
原作はもっと残念な感じでそこが面白かったんだけどw
11702歩。

日別画面へ

07月15日(月)

起床時刻:08時40分

『ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ』(金井美恵子)を斜め読み。おっさんの子供時代(戦後まもない頃か)の回想バナシなんだけど、オバハンたち(洋裁師の伯母と自分の母親)がよく喋っている。

「横井さんのことを、あの人、イトコだって言ってたけど、そういうわけではないんだって横井さんは言っていた、説明されたんだけど、なんだかやけに複雑で、横井さんのおかあさんが、後妻にいった先きの人の妹の連れあいの先妻の娘で血のつながりはないのだけれど、なにかの都合で一時横井さんのおかあさんが引きとっていたことがあって、連れ子同士で仲がよくなったんだっていう話しだったんじゃないかしら。このドレスが仕上がったら、横井さんのところにとどけることになっているのは、多分、御亭主にないしょで作ってしまったからで、生地はむこうから持ち込んだものだから、正確な値段はわからないけれど、イタリア製だもの、カルダンのネッカチーフが三千円もするんだから、何万円もするんじゃないの。デザインはいやだけど、とっても素敵な生地、あの人、色が黒いから似合ってるわけじゃないけど、でもいったいどこに着て行くんだろう、ないしょなんでしょう、ダンナには。」

とかもう、なげぇんだよw なんで金払って、知り合いでもない人の、どーでもいい話を聞かされなきゃいけないのかっていう気がしてくるんだが、もっとも「それが文学ですよ」といわれれば、「そうですね」ではある。
6251歩。

日別画面へ

07月14日

起床時刻:10時30分

世の中、そんなに甘くない!!

旦那がパズドラにはまり、私はFF11の奴隷生活から解放され、「めでたし、めでたし」かと思いきや、旦那のクレジットカードの請求額をみて、びっくりした。パズドラの課金額がありえないんですけどー。グアムにでも行ってきたんですか?っていう金額なんですけどー。で、旦那に「今月はお金を使いすぎたので、生活費は渡さない(キリッ」って言われたんですけどー。

図書館で借りた『夏の災厄』(篠田節子)を読む。面白かった。瀬名秀明の解説もいい。6848歩。

日別画面へ

07月13日

起床時刻:08時00分

今日は友達にランチをご馳走してもらい、プレゼント(麻のショール)とNYのお土産をもらった。
7月は私の誕生月なんで。
そう、私は蟹座なんだけど、蟹座ってしょぼい星座だよね。
蟹座という名前もしょぼければ、神話もしょぼいし(うっかり踏み潰されて昇天した蟹ってどんだけ雑魚よ)、星座もしょぼい(4等星が7つくらい)。
しし座のレグルスを蟹座にくんねぇかな。ついでにふたご座のカストルとボルックスもいただけば、立派な新・大蟹座のできあがりである。

そんな妄想はともかく、本日いただいたのは京都の店の東京支店での、鱧づくしのコースであった。
初めて食したのが「餅鯨」なるもので、鯨のコロの薄切りをささがきごぼうと一緒に白味噌で仕立てた汁物で、山椒がきいている。「京都では昔から祇園さんの頃に食べるものどす」とかなんとか、おかみさんが京都風のアクセントで説明してくれた。とても薄くて均一のささがきごぼうで、私のつくるささがきごぼうとは大違いだ。
と友達に言うと、「あーわかるわかる、自分のささがきごぼうってたまに枝みたいのがまじってるよね」。そうそう。枝ごぼうのワイルド仕立てってやつ。

鱧寿司はさっぱりしていて、山椒がこれまたきいてて、夏にピッタリであった。ゴチになりやんした。8143歩。

日別画面へ

07月12日(金)

起床時刻:08時00分

夏の風呂掃除は疲れる。
まぁでも、蒸し暑い中で体を動かすという点では、ホットヨガと同じである。などという欺瞞、じゃなかったプラス思考で乗り切る。

今日は無駄に街をさまよった。道に迷ったのである。
初めて行く映画館(ミニシアター系)が見つからなくて、炎天下、迷子になりましてな。結局、映画は見ずに本屋で本と漫画を数冊買った。
その中の一冊が俵万智さんの『短歌のレシピ』(新潮新書)。
一般人の投稿した短歌を俵のマッツァンが解説を加えつつ、添削をするという内容の本なんだけど「いい短歌のつくり方」を、予備校の参考書並みにわかりやすく、言語化しているのがすごい。俳句を詠む人にも参考になるんじゃないか。

私はかつて浅はかにも「五七五七七」の中に「君(きみ)」を入れれば、全部マッツァン風短歌になると思っていた。例えば正岡子規の「鶏頭の十四五本もありぬべし」のマッツァン風バージョンは、
「十四五本ぐらいあるかな」鶏頭を数える君の指先を見てる
みたいな感じで、高浜虚子の「桐一葉日当たりながら落ちにけり」は、
桐一葉日当たりながら落ちてゆき、君の背中の遠ざかる秋
みたいな感じで、種田山頭火の「てふてふひらひらいらかをこえた」は、
どこまでも君を見てるよ ひらひらといらかをこえる蝶々、四月
みたいな感じで…、もういいって?本書はマッツァンファン必読であろう。
17199歩(歩いたなぁ)。

日別画面へコメントを読む(4)

07月11日(木)

起床時刻:08時00分

10875歩。

日別画面へ

07月10日(水)

起床時刻:08時45分

『抱腹!!イタリアン・ジョーク』(赤尾泰子、C・カッチャプオティ/游学社/2012.12) を読んだ。本書はイタリアのバルゼレッテ集である。まえがきによると「バルゼレッテ(barzellette)とはイタリア語で楽しい小噺、愉快な冗談話。友だちとのつき合いを楽しくするのに欠かせないコミュニケーションの一手段である」とのこと。

それにしてもジョークを切り出すのって日本人的には難易度高くないか?
「ハイ、ジョージ、こんな話を知ってるかい?」とか言えるかっつーの!
しかも、下ネタ多し。こんな感じ↓。

男が救急車を呼んだ。
「直ぐに来てくれ!うちの子どもがコンドームを飲み込んでしまった」
5分後、男がまた電話をかけてきた。
「来なくていい、大丈夫だ。もうひとつ見つけたから」

本書を読むとジョークにはいくつかパターンがあることがわかる。この場合は「子供ではなく、そっちを心配するんだ」という「ズレ」が笑いにつながるパターン。次にあげるものも、それに近い。

ジェノヴァ(=ケチ設定)で、薬屋さんから電話がかかってきた。
「もしもし、さっきあなたに、アスピリンとタキピリン(風邪薬)を間違えて売ってしまいました」
「そうですか。何か違いはありますか」
「2ユーロも違います」

これも「期待(前提)とのズレ」による笑いだね。8016歩。

日別画面へ

07月09日(火)

起床時刻:08時00分

「今生のいまが倖せ衣被」ていう鈴木真砂女さんの句があるが、私も「今生のいまが倖せハムサンド(←昼飯)」だな。

何しろ仕事楽勝(週二のパート)、家事楽勝(二人暮らし)、健康体で(腱鞘炎だが)、両親も健在(旦那の方も)、金はないが借金もなく、FF11に取り憑かれていた旦那から憑き物が落ち(もっともFF11という憑き物を落とすためにはあらたな憑き物であるパズドラを必要としたが)、なべて世は事も無しである。

幸せすぎて怖いレベルだね。

12976歩。

日別画面へ

07月08日(月)

起床時刻:09時00分

『いまファンタジーにできること』(アーシュラ・K・ル=グウィン/河出書房新社/2011.8)で、グウィンさんは「登場人物が白人ばかり」というファンタジーの前提にイライラする、と書いている。

ていうか、イライラすべきファンタジーの前提は「白人であること」ではなく「美形であること」ではなかろうか。正確に書くと、「ファンタジーの前提」とは「善の側は、美しくなければならない(少なくともブサイクであってはならない)」であり、かつては美のコードに「肌の白さ」が入っていたため、登場人物が白人ぽかったのではないか。現在は美のコードから肌の色は除外されたが、別の美のコードは残っている。

このことを確かめるために、「星の王子様」の肌の色を黒く変えてみよう。特に問題ない。今度は「星の王子様」を「おそ松くん」の「イヤミ」に変えてみよう。肌の色は白いが、大問題である。何がいけないのであろうか?

色々いけない点はあるが、強力な出っ歯が特に問題であろう。つまり、美のコードに肌の色はひっかからないが、出っ歯はひっかかる。ファンタジーの前提やステレオタイプをぶっ壊したいなら、『褐色の肌の王子様』ではなく、『出っ歯の王子様』を書くべきなのだ。しかしこの野心作(「大切なものは目には見えないザンス」)を読みたい人はいないだろう。というのも、『星の王子様』の魅力の半分くらいはショタ萌えで成り立っているからである(たぶん)。私たちが物語に惹かれる大きな要素の一つがキャラの魅力であり、キャラの魅力はルックスの魅力と不可分である。

「出っ歯、小太り、目が細い、ハゲ、賢者ではないただの年寄り」といった「美の無産階級」ばかりがでてくるファンタジーを読みたい人はいない。だから「王道」「紋切り型」のファンタジーが好まれる。あああ、どうしても20行こえちゃう><。6891歩。

日別画面へ

07月07日

起床時刻:10時30分

『文士厨房に入る』(ジュリアン・バーンズ/堤けいこ訳/みすず書房/2010)の著者バーンズは私とは違うタイプの料理人であるけれど、リゾットをつくるときの描写には笑った。
リゾットをつくる「最期の二十分ほどのあいだは、かき混ぜる、水分を足す、心配する、そしてまたかき混ぜる、水分を足す、心配する、この繰り返しで、これ以外にできることは無いも同然だ」。その通りw

この本では、某シェフ考案のリゾットづくりの「新簡単メソッド」が紹介されている。何もかも(米も玉ねぎもバターもスープストックも白ワインも)、いっぺんに鍋に入れたら、沸騰させ、火を止め蓋をして、今までと同じ時間じっと待つ、という方法なんだけどね。

日本だとリゾットの簡単方式としては「冷ご飯利用」がある。
これだと確実に米には火が通っているから、「米が半生状態だったらどうしよう」の心配がない。ただし、「米がアルデンテでなければリゾットじゃない、チーズ風味のおじやだ!」と怒る人が出てくるというリスクがある。

私はでも、「リゾットが失敗するリスク」より「おじやと言われるリスク」をとる。だって、つくった料理が失敗したら、凹むじゃん?
バーンズも、私たちは確実に料理の失敗を「不名誉だと感じるもので、そんなことはないと信じさせるには、数年の心理療法が必要」と言っているw
だから失敗した料理は二度とつくらない。そうそうw
6127歩。

日別画面へコメントを読む(2)

07月06日

起床時刻:10時30分

母から電話があって、父が皮膚科でイボとお肌のシミ(老人斑)をとってもらったとのこと。なんでも父の友人(70オーバー)がその皮膚科でシミをとってもらってキレイになったそうで、父もガゼンやる気になったらしい。
じじむさいイボがなくなり肌のシミが減って「若返った」そうだが、美魔女でもめざしてるんすかね、うちのお父さんは。
まぁでも、父も年齢が年齢なので病院に行ったと聞くと心配になるけど、シミとりなので安心した。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの『グリフィンの年』も読んだ。ダークホルム二部作の二冊目で、これは魔法大学の学園ファンタジー。
グリフィンの末娘のエルダが入学するんだけど、エルダのクラスメイトがすごい。北の王国の皇太子、南の帝国皇帝の異母妹、金持ちと噂の東の首長国の皇族、謎の大金持ちの娘(美人)、学生初のドワーフ、という「どんだけセレブなんですかー!」な面々。まぁそれぞれに深刻な事情を抱えており、それがもとで事件が次々に起こるんだけどね。身内のゴタゴタでもセレブだから話がデケェんだわ。
エルダだって誰もが知る高名なダーク魔術師(ダークは今やお金持ち)の娘だからもちろんセレブ。大学の授業料がすごく高いから金がないと入学できないんだけどね。
まぁそういうビバリーヒルズ魔法学園白書なんだが、最期は全部が全部うまいこといって、みんな金持ちになり、めでたし、めでたし、という話。
ていうかさ、金を増やす魔法をなんで考えないんだろう?食事をつくりだす魔法だの、瞬間移動だのは使えるのにさ。一番重要な魔法じゃん。意味わかんね。
5107歩。

日別画面へ

07月05日(金)

起床時刻:09時45分

なーんか集中力が全然続かない。

昨日、会社で集中力が切れたのは午後三時くらいで、それまでも断続的に集中力が切れていたんだけど、もはや座っているだけでも苦痛で(座っているだけじゃなくて、レポート作成という名のコピペ作業をしなくちゃいけなかったんだけどね)、「早く帰りたい、早く帰りたい、早く帰りたい」とばかり「壊れたレコードのごとく」(この表現、いつまで通用するんであろうか)、思ってた。

特に午後は「早く帰りたい」か「眠い」かのどっちかで、たぶん、私がまともに仕事できているのって午前中の二時間だけだわ。
気分転換のために仕事中にネットを見たりもしているんだけど、仕事のやる気を起こさせるのに役立つサイトって何かあるんだろうか。確実にダメなのはしっているが。2ch系まとめサイトとか。あと私の日記も確実に仕事のやる気をそぐはずだ。

「ライフハック」系サイトの「集中力を高めるための3つの方法」「オフィスで眠気を防ぐための簡単な方法7つ」的な記事はよさそうにみえてダメだ。あれは高級な仕事をしている人用で、コピペマシンみたいな仕事をしている私には役にたたん。

眠気を防ぐには体を動かすのがいいんだろうが、体動かしながらコピペできないしなぁ。今のところ、私はコーヒーとガムの二刀流で意識がとぶのを防いでいるけど、意識がはっきりしてると「早く帰りたい」が頭の中でぐるぐるするんだよなぁ。
6595歩。

日別画面へコメントを読む(4)

07月04日(木)

起床時刻:08時00分

『ダークホルムの闇の君』(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ/2002/創元推理文庫)を読んだ。
先に『ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド』が書かれ(1996)、そのアイデアを元にした小説が「闇の君」(1998)。「観光ガイド」を読んだ後だと、より楽しめるかと。

ローランド・チェズニー氏(ウォルト・ディズニーを思い出すでしょw)が、圧倒的な力と財力で魔法世界ダークホルムをテーマパーク化(ほとんど植民地)するのみならず、ダークホルムの住民をキャストとしてこき使うわけだw。
ダークホルムへのツーリスト(本書では「巡礼」と訳されているが)を楽しませるために、魔法国の住人は「闇の君」役やら、「先導魔術師」役やら、「やせ衰えた住民」役やら割り振られるのだが、戦いでは死傷者も出るし、畑はあらされ、家は壊され、悲惨な状況になっている。チェズニー氏の要望はとどまるところなく、「今年は最低でも一人は神様を出現させよ」といいだす始末。違反したら「規則」により、また罰金なんである。

最初のほうはのりづらいんだけど(登場人物が多すぎて、ワタクシのようなオバハンは名前を覚えるので精一杯)、半分くらい過ぎたあたりから面白くなる。最期のほうはちょっとしたミステリ風味でもある。
まぁ普通は魔法と資本主義が戦ったら、資本主義が勝つんだけどね、そこはファンタジーであるから安心して読めるw
9342歩。

日別画面へ

07月03日(水)

起床時刻:08時30分

昨日の『ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド』の続き。「仲間」の項目をみると、「吟遊詩人、女傭兵、美貌の魔術師、高慢な女性、大男、生真面目な兵士、すらりとした若者、小男、才能ある少女、十代の少年、無愛想なよそ者、見知らぬ老賢者」から選ばれる(少なくともどの一行にもこの内の一人は必ずいる)とある。

あるある。
JRPGだと「女傭兵」は男言葉の巨乳美女で、露出狂気味だが、戦闘能力は高い。「才能ある少女」はツインテールで魔法が得意、おませかツンデレが多い。
「十代の少年」が主人公で(もちろん)、正義感の強い熱血漢。身内(母さんか妹)を失った経験から「大事な人を守れるように強くなりたい!」と熱望。最初のうちこそパーティの中で一番弱いが、「秘めた才能」だけは人一倍あるため、パラメータ成長率がハンパない。
「大男」と「生真面目な兵士」はだいたい20代か30代前半で、最初は頼りになるが、成長率が悪い。「大男」の武器はだいたい斧で「生真面目な兵士」(実は女傭兵に好意を持っている)は盾と片手剣を装備。HPは多い。
「美貌の魔術師」は黒か銀髪のストレートヘアの美男で、髪の長さはセミロングかロング、切れ長の目で、色白で指が細くて長い。絶対に太らない。

本書の定義に戻ると、「すらりとした若者」は「おそらく失踪した王子か、変装した少女/王女のどちらかである」とあるw ファンタジーランドにおいては「行方不明の世継ぎ」が「驚くべき頻度で出現する」w確かにw

「無愛想なよそ者」の項目をみると、彼が敵か味方を知るには「色彩の法則」(黒い髪、黒い瞳はだいたい悪者)を参考にするほか、髪が見分ける決め手となる、とか。「もし髪がべとついていたら、彼は密偵に違いない。もし「梳かしていない」(認)だけか、「灰色がかっている」(認)か、その両方であれば、彼は善の側の人間であり、闇の王は彼の宿敵である」。はははw
7745歩。

日別画面へ

07月02日(火)

起床時刻:07時45分

色々と私のツボだった『ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド』(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ, 佐竹美保(イラスト), 原島文世・岸野あき恵 (翻訳)/東洋書林/2003.12)。

本書は「ファンタジー小説を『観光パンフレット』、その作家を『ファンタジーランド旅行公社』、読者を旅行者のツアーに参加している『ツーリスト』にみたてた、前代未聞の旅行ガイド」(訳者あとがき)。観光パンフレット(中心は必携用語集)で、ありがちなファンタジー設定をおちょくっているw また設定における典型的な紋切り型の表現は「公認表現」とされ、その言葉の後ろにはマークがついている(〇の中に認)。

例えば老婆は「甲高く笑いながら」(公認表現。以下(認)で)現れるし、池は「霊妙」(認)であるか、幻術がかけられている可能性が高いし、マント(衣服の基本はもちろんマントである)はしょっちゅう、「はためき、露をしたららせ」(認)、雨の日には「濡れて重くなり」(認)、「木や剣にからまり」(認)、「震えながら体に巻きつけ」(認)なければならない。ちっとも実用的でないように思えるが、コートの項をみればわかるように、ファンタジーランドにはコートは存在しない。マントが全世界的に好まれているのだ。
食事は基本シチューである。シチューがファンタジーランドの主食である。公認表現だと「こってりした」「風味のある」食べ物で、シチューの用語説明では「つけあわせのサラダを期待しないこと」とあるw。
面白すぎるw
10825歩。

日別画面へ

07月01日(月)

起床時刻:08時15分

友人から「7月の週末で空いている日を教えてください」というメールがきたんだけど、見事に全週末が空いている。ていうか、週末じゃなくても全部空いている。予定が一つも入っていない。6月もこんな感じだったし、8月もこんな感じであろう。

お稽古ごともやっていないし、友達もいないから、本当に何の予定もない。これって「無趣味で友達もいなくてさみしい人」なんじゃ?と一瞬思ったけど、無趣味で友達がいなくて困ることも特にないから、ま、いっか。机をくっつけて弁当食べなきゃいけないこともないし、修学旅行も「はい、二人組みつくってー」もないし。これが大人になることの利点の一つである。
まぁただ大人になると「金を稼がなくちゃいけない」とか、別の不利な点がでてくるんだよな。はーあ。

本日は8079歩あるいた。

日別画面へ