201308 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:08:00 平均起床時刻:09:33

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

08月31日

起床時刻:13時00分

4670歩。

子供の頃、家で「サザエさん」の視聴を禁止されていた子がいた。うちの会社に。
なんで?「ロンハー」ならわかるけど、人畜無害の代名詞「サザエさん」のどこがあかんの?
「ステレオタイプ化されたジェンダー役割と性規範が男女共同参画社会を目指す現代にそぐわないアナクロニズムだから」とかそんな理由?

と思ったらそうではなく、「役に立たないから見るな」と言われてたらしい。
意味がわかりませんwww

そもそも、「役に立つ」って、どういうことなんだろうね?
功成り名遂げた人は「無駄な経験は何もない」だの「一見、無駄のように見えたことが、後々から仕事の役に立った」だの、よく言ってねぇ?
「役に立つ」とか「立たない」とか、結局、結果論なんじゃないの?

私なんか「有益に思われた経験が、後々からみればただの無駄だった」ケースばかりだよ。習い事も無駄、勉強も無駄、大学も無駄、ゼミもサークルも無駄、海外生活も無駄、仕事も無駄、恋愛も無駄、人生、全てが無駄。

などと内心思いながらも、にっこり笑って「へー、そうなんだー」と話を聞かなくちゃいけないから、飲み会ってホントに疲れるわい。

日別画面へ

08月30日(金)

起床時刻:10時00分

「ご自愛が足らずに風邪をひく残暑」(昨日の記事参照)。
やべぇっす。風邪っす。風邪ひいちまったっす。
日本の残暑なめんなよっす。

そんな中、母親から電話があって、二時間ぐらい喋る。いつも通りのくだらない内容であった。

近藤誠先生の本(『医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法 』『患者よ、がんと闘うな』などなどのベストセラーがある”癌放置主義”のお医者さん)ってさ、体調のいいときに読むと「うん、そうしよう」って思うけど、実際に癌になったら「医者と薬を遠ざけて」とか絶対無理だわ。だって私、ちょっと風邪気味くらいでも、ソッコー病院に行ってるもん、ソッコー西洋医学にすがってるもん、「一番効く薬ください」って感じだもん。
と母親に言ったら、母も「根性がすわっとらんと、あれは実行できんね」と言っておった。
1683歩。①~③×。

日別画面へ

08月29日(木)

起床時刻:08時00分

本日は八末で辞める子の送別会。「めぐり逢ひて見しやそれともわかぬ間に フェイスブックにupするなり」、と思ったら違った。フェイスブックじゃなくて、インスタグラムだって。写真だけをポンと投稿すればいいから、「フェイスブックより楽」なんだとか。

それにしてもうちの会社で携帯がスマホじゃないの、私一人だけ!小学校だったら苛められている状況じゃん。大人で良かったわ。

私の場合、携帯は「遅れます」という連絡専用なんだよね。だからもし私が遅刻しない人だったら、ガラケーすらいらない、という感じ。メールのやりとりもめんどくさいしさ。ま、手紙のやりとりもめんどくさいけど、便箋と切手を選ぶのは大好き。伊東屋とか鳩居堂とか、パラダイスだよ。手紙を書くこと自体は大嫌いなんだけど。

手紙も「秋めくや特に言うべきこともなし」とでも一行書いて終わり、ならいいんだが、そういうわけにもいかんから、ヤレ「日ごとに秋めいてまいりましたが、皆様におかれてはお変わりありませんでしょうか」だの、ヤレ「先日は結構な○○を頂戴いたしまして、どうもありがとうございました」だの、ヤレ「時節柄くれぐれもご自愛くださいますよう、お祈り申し上げます」だの、めんどくさいことを書き連ねなくてはならんのである。

だいたい、ご自愛しなくてもいい時節ってのは、日本にゃないのかねぇ?
夏の暑さにご自愛し、秋になったら夏の疲れが出てくるのでご自愛し、冬になったら冬の寒さにご自愛し、春になったら三寒四温で体調崩しやすいからご自愛し、じめじめした梅雨の季節は言うまでもなくご自愛し、そしてまた猛暑がくるのである。

松山千春は「め~~~~ぐる~、めぐる季節の中で~、あ~~~な~たは~、何を見つけるだろ~~お♪」と歌っていたが、日本人はめぐる季節の中でご自愛を見つけてるんだな(一応歌詞を確認するために、久しぶりに千春の「季節の中で」を聞いたけど、名曲だなぁ。千春の歌で一番好きかも。とか言ってるから、若人の会話に全くついていけないのかもしれんなw)
14016歩。花を買いに行ったりしてよく歩いた。①~③:○。

日別画面へ

08月28日(水)

起床時刻:10時15分

08月27日(火)

起床時刻:08時00分

9160歩。

日別画面へ

08月26日(月)

起床時刻:07時30分

おパートに出る。ふと思ったんだけど、カタカナ語には「お」をつけないね。「お仕事ご苦労様」とはいうけど、「おパートご苦労様」とは言わない。「お休みをいただく」とはいうけど、「おバカンスをいただく」とはいわない。
お茶、お紅茶は言うけど、おコーヒーとは言わないよね?言うのかな?「お+カタカナ語」の唯一の例外は「おフランス」だろうが、これは丁寧語ではないw

こんなことはともかく、言葉で気になるのは、前にも書いたけど、見知らぬ中高年に対して「お母さん」「お父さん」と呼びかける現象だ。これは、低脳丸出しのテレビ(NHKから民放まで)において顕著であり、今やテレビに出て来るアナウンサーやタレントは、中高年婦人一般にむかって「お母さん」「お母さん」連呼しておる。

先日もテレビを見ていたら、タレントが農作業中の中高年に「お母さん、今、何をしてるんですか?」「お母さん、大変じゃないですか?」と話しかけていた。私はこの「お母さん」呼びの馴れ馴れしさが耐えられない。本人は親しみをこめたつもりかもしれないが、「甘え」と「上から目線」を感じてしまう。

「お母さん」がダメな場合、見知らぬ中高年女性になんと呼びかけるか?「すみません、ちょっとよろしいですか?」でいいんだよ。農作業中なら「ご精が出ますね」とでも話しかければいいわけで。日本語はそういうふうにできている。「お母さん、ちょっといいですか?」「お母さん、大変そうですね」とやるからおかしくなるのだ。10207歩。①~③×。

日別画面へ

08月25日

起床時刻:10時30分

お釈迦様はさぁ、って、いきなり書き出してるけど、「こころよいことばのみを語れ。そのことばは、人々に歓び迎えられることばである。他人に禍いをもたらすことなしに語ることばは、こころよい」(『原始仏典』中村元P288)って言うけどさぁ、「こころよいことばだけを語れ」というのは抑圧だよね?世の中を良くしてきたのは、「こころよいことばだけを語る」ことを拒否し、たとえ人を怒らせ、不快にさせても、自分のことばで戦ってきた人たちだ。

それに、こころよいことばだけを語ろうとしたら、例えば戦争体験は「こころよいことば」ではないし、「人々に歓び迎えられることば」ではないから、語るべきではない、ってことになっちゃうじゃん?でも、「暗くなるから戦争の話はナシ」ってのはおかしいよね?
「人々に歓び迎えられないことば」を話す自由だけは手放したくないな。

お釈迦様はその一方で、真実のみを語って、虚妄を語るな、とも言っているんだけど、真実ってしばしば不快なものだよね?真実の言葉とこころよい言葉が対立した場合はどうするんだろう?黙るのか、そうか。

ま、私の場合はどっちにしろ、黙っているほうがいいってのはわかってるから、リアルでは無口にしているつもりだ。

つもりなんだけど、今月末、会社を辞める女の子からメールがきて「pyaaaさんのユーモアあふれるトークのひそかなファンでした」と書いてあった。嬉しかったけど、私、会社でそんなにベラベラ喋ってるっけ?上沼恵美子ポジション?そんなバカな!2526歩。①~③:○。

日別画面へ

08月24日

起床時刻:09時15分

すさまじきもの(興ざめするもの)。昼ほゆる犬。春の網代。三、四月の紅梅の衣。牛死にたる牛飼ひ。貼絵の才能のない山下清。頭の悪いアルミン@進撃の巨人。まいてブサイクだったりしたら、いとすさまじき。

漫画って本当に夢を与えてくれるよなぁ。人間誰でも何かしら才能がある、と。不得意分野は他人に任せ、得意分野によって世の中に貢献する、と。
ま、このテの人生の「集中と選択」戦略は自己啓発本みたいのにも書いてあるけどな。

しかしなぁ、世の中には頭も悪けりゃ運動神経も悪くて、得意分野なんか何もない(あるとしても「昼寝の才能」とかだったりして)、正真正銘のただの足手まといみたいな奴もいるんだよな。
私みたいに「オマエの得意なことって何かあんの?」「オマエにいったい何ができんの?」と真顔で夫に聞かれるような、純粋な役立たずもいるんだよな。
アルミンだってリアルだったらエレンとミカサのただのパシリで、「おいアルミン、焼きそばパン買って来いよ」かもしれないよ?
だからリアルはつまんないんだけどさ。
499歩。①~③×。

日別画面へ

08月23日(金)

起床時刻:07時45分

昨日の夕飯はエビのチリソース、ニラと豆腐の味噌汁、切干大根の煮物(今回はピーマンとちくわと一緒に)、ツルムラサキの胡麻和え(私だけ。旦那はツルムラサキが嫌いなので)という、和洋折衷ならぬ和中折衷。

はーあ・・・。疲れる。やる気しない。憂鬱だ。ため息しかでない。
私は無能だから、他の人が簡単にできることが、私にはできない。だから疲れる。だからやる気なくす。だから憂鬱になる。

私は昔から無能だった。幼稚園で既に、私は何をやるにもトロくて鈍くさかった。下校時間、教室から出て来るのはいつも一番最後だったそうだし。
ボタンをとめることも、アナログ式の時計を読むことも、ハーモニカを吹くことも、できるようになるのに人の十倍くらい時間がかかった。
小さいころから母親に「あんたは人が一回やってできることは十回やらないとできないし、十回やってできることは百回やらないとできない」と言われてきた。 私は人の十倍の時間をかけて、人並みになれるように努力してきた。その結果言えることは「生まれてこないほうがよかった」ということだ。

今までも困難な道のりだったが、これからは老化も進行し、今まで以上に、役立たずの無能として、罵倒され、軽蔑されながらみじめな一生を送ることになるんだろう。おそろしいが、神経を図太くして、何も聞かない、何も見ないようにし、人と交わらず、ひっそりと生きていくしかない。9735歩。①~③×。

日別画面へコメントを読む(2)

08月22日(木)

起床時刻:08時00分

本日の一句、「弁当にニラを入れるという暴挙」。
奥薗レシピのニラつくね(夕飯の残り)。私、最近弱ってるから。色々と。
ニラのアリシン的なものが体にいいんじゃないかと。
あとアスパラガスとベーコンと卵の炒め物。アスパラのアスパラギン酸、ベーコン(豚肉)のビタミンB1に疲労回復効果が期待できるんじゃないかと。それときゅうり(利尿作用)とちくわ(低脂肪高タンパク)とトマト(リコピン酸)をわさび醤油で和えたもの。そして梅干のクエン酸。
「体力回復弁当」と銘打ってもいいくらいだが、効果はそんなにない。ケアル2くらいか。相変わらず疲れている。足はダリィし、気持ちは落ち込んでいるし。

そういや歌手の藤圭子さんがマンションの13階から転落して自殺したそうだが、私は飛び降りる勇気はないわ・・・。
万が一、下に通行人がいたりしたら危険だし、転落死体を見た人にトラウマ残したらイヤだし、飛び散った血や肉片を掃除する人にも申し訳ないし。その全てがどうでもよくなったときに、ダイブするんだろうなあ。

藤さんの事情は知らんが、私に関していえば、人生なんて罰ゲームみたいなもんだからな。死にたくもなってもおかしくない。「皆我慢しているんだから、あなたも我慢すべきです」という絶対的な教えのもと、重き荷を背負いて、あっちよろよろ、こっちよろよろ、満身創痍で坂道を登ってきて、そろそろ終着地点、やっと荷を降ろせると思ったところで癌になって死ぬとかボケて徘徊するとか、ほんと人生は罰ゲームすぎる。
6207歩、①~③:○。

日別画面へ

08月21日(水)

起床時刻:10時30分

今日の「いい旅・夢気分」は「憧れ!初めての上高地 北アルプスの絶景を目指して」で、新宿→松本→上高地→平湯温泉(一泊)→バスで新穂高ロープウェイ、というコースだった。満足、満足。行ってないけど。それにしても、なんて爽やかできれいなところなんだろう~~~。

しかし上高地って人が多い!!!予想外に人が多い!!!びっくりするほど人が多い!!!
こう人が多いとゲンナリするなぁ。人間の自然美破壊力はハンパない。
だから絵葉書に観光客の姿は決して写っていないんだね。

こんなに観光客だらけじゃ、風景を眺めつつココロ静かに一句ひねる、なんてことも難しそうだ。
「古池や蛙飛び込む水の音」も古池の周りで観光客が群がって写真をとってたりしたら、俳聖芭蕉を以ってしても、浮かんだかどうか。
だって、人だらけのところで一句詠もうとしても、もれなく観光客が入ってきちゃうじゃん?「静けさや岩の蝉撮る観光客」になっちゃうじゃん?

翌日の新穂高ロープウェイに乗って頂上に着いたところで、番組は終わりだったけど、新穂高温泉郷には槍見舘ていう景色のきれいな温泉旅館もあるんだよな。行ったことないけど。

本日の歩数、12歩って絶対おかしい。駅前のスーパーまで行ってきたんだから。①~③:×。やる気しない。足がすっごく重くてダルイ。

日別画面へ

08月20日(火)

起床時刻:08時00分

我がココロを慰めるため、中村元先生の『原始仏典』を読んでいたら、大昔のインドの尼僧がちょくちょく悟りを開いていて、びっくりする。

尼僧の告白『テーリーガーター』によると、キサー・ゴータミー尼(あの死んだ我が子をかかえてうろつきまわっていた人である)も釈迦に帰依し、八正道を実践した。その結果「わたくしは、安らぎを現にさとって、真理の鏡を見ました」と涅槃の境地に達しちゃったんだって。すげぇ。
元遊女のアッダカーシー尼(この方は国家レベルの収入があったそうなので、銀座のナンバーワン・ホステスどころじゃない)は、ブッダの教えをなしとげ「三種の明知を現にさとりました」。
インダーシー尼さんは豪商の一人娘だったのが、結婚に三度も失敗し、最終的に出家して、七日目に、三種の明知を得たんだそう。
三種の明知とは「自分の過去世を見通す働き、全てを見極める智慧の働き、自分が穢れを離れさとったという自覚の智慧の働き」の三つだそうで、マァ要は悟りを開いたわけだ。

「女は悟りを開けない」というのがデファクト・スタンダードの世界において、これはなかなか衝撃的だ。女人五障の一つが「仏になれない(=悟りを開けない)」。だから女は死んでも救われない。
ていうか、男だって悟りを開けないから、阿弥陀如来に頼るチート手法で、死後極楽浄土に連れて行ってもらおう!と言うのが浄土(真)宗だよね?「オマエもダメじゃん」だが、女性は女に生まれた時点でアウトー、何してもアウトー!!なんですね。

まぁでも、女でも浄土に裏口入学する手法がある。替え玉受験ならぬ変成男子(へんじょうなんし)入学だ。
親鸞聖人は「弥陀の大悲ふかければ 仏智の不思議をあらはして 変成男子の願をたて 女人成仏ちかひたり」という和讃を残している。女は死んだら、あの世で一回男になって成仏できる、阿弥陀様って優しいね^^というわけだ。そりゃご親切にどうも。

それにしても変成男子とは、すごい設定だな。仏智の不思議設定だから気にすんなってやつか。『黄泉がえり』(内容は知らないが死んだ人が蘇る話らしい)という映画化された小説があるけれども、死んだ女が全員男でよみがえってきたらびびっちゃうね!
あの世で変成男子した元美少女が、仏智の不思議により、美少年のまま現世に舞い戻ってきたら、どうなっちゃうんだろう?性同一性障害に悩み、タイに行くことになるんだろうか。それとも変成男子した時点で、ホトケになっているから、そんな悩みとか全部なくなっちゃうんだろうか?

ものすごくどーでもいいですね。11917歩、①~③:×。

日別画面へ

08月19日(月)

起床時刻:10時30分

とても落ち込んでいる。
しかし落ち込んでいるときほど、メシを食ったほうがよい。
というのがカーヴァーの『ささやかだけれど、役に立つこと』という話ではなかったか。違いますね、そうですね。

お昼はしらすとピーマンのチャーハン、冷奴、コールスローサラダ、リンゴ。夜はピーマンの肉詰め、野菜スープ(キャベツ、ニンジン、たまねぎ、にんにく)、切干大根(&お揚げとニンジン)の煮物、コールスローの残り、きゅうりのピリ辛漬け。あとカキ氷も食べた。

落ち込んでいるとは思えない食欲だが、食べた後だって、やっぱり落ち込んでいるのだ。
5403歩。①~③:×。

日別画面へ

08月18日

起床時刻:11時00分

放哉句集を読んでいると、これってただのツイッターなんじゃないかっていう気がしてくる。「なう」をつけて違和感なし。

「尻からげして葱ぬてい居るなう」
「節分の豆をだまつてたべて居るなう」
「島の小娘にお給仕されてゐるなう」
「二階から下りてきてひるめしにするなう」
元句は「なう」をとったものだけど、どっちにしろツイートだよね。

今の時代に放哉が生まれてたらツイッターしまくりだったろうね。「朝早い道のいぬころ」だの「葬式のもどりを少し濡れてきた」だのと。そのつぶやきたちは、特に注目されることもなく、ネットの海に消えていったかもしれない。彼の代表句、「入れものが無い両手で受ける」だって、ツイッターだったら「エコバッグを持ち歩くと便利ですよ^^」とか親切な人にマジレスされて終わりかもしれん。

放哉のただの日常のツイートが「俳句」として成り立つのは、彼の小豆島での暮らしそのものに俳味があるからであろう。漂泊じみた滞在だからこそ、日々のツイートに味が出て来るのだ。いってみりゃあ、生き方と素材の問題だな。市井の小市民の生活ではこうはいかない。

たとえば「豆を煮つめる自分の一日だった」は俳諧味があるが、「子供を塾に送って義母を病院にお見舞してバタバタした一日だった」では、俳句にならんのだな。後者のほうがはるかに有意義な一日を送っているわけだが、ただ一日豆を煮つめているだけ、というのが有意義感ゼロで、超然としていてイイというわけだ。などと、愚にもつかんことをツラツラ考えていたわたしの一日も有意義感ゼロだがな。
2540歩、①~③×。

日別画面へ

08月17日

起床時刻:13時00分

「自らをののしり尽きずあふむけに寝る」(尾崎放哉)。
わたしもまた、「自らをののしり尽きず」朝がきて、そこから寝て昼に起きるという、実にいかんパターンの週末である。

思うに「自らをののしり尽きず」のあとの行動が重要なのだ。
「自らをののしり尽きず」という経験は誰にでもあろうが、そこで一念発起して、「自らをののしり尽きざれども、履歴書を書く」「自らをののしり尽きざれども、ダンシャリをする」的に行動を起こす人と、ただ「自らをののしり尽きざるまま、あふむけに寝る」人とでは大きな違いが出て来る。
放哉句集を読み「フテ寝してる場合か、ボケッ!!!」と罵倒するも、ブーメランのごとく自分にささる、ああ、夏空よ。

7557歩。①~③:○。

日別画面へ

08月16日(金)

起床時刻:10時30分

夏の歳時記より「あるある俳句」。
「籐椅子を立ちて来し用忘れけり」(安住敦)。
あるある。他にも「冷蔵庫開けて来し用忘れけり」とか、「二階きて何しに来たか忘れけり」とか、いくらでも応用がきくな。そしてしまいには「忘れけり何忘れたかを忘れけり」の境地に達するわけだ。はーあ。

バーバラ・エーレンライクの『ニッケル・アンド・ダイムド -アメリカ下流社会の現実』(2006年/東洋経済新報社)の原書を読みはじめたんだが、私の英語力が低すぎて、日本語で読むのの10倍以上の時間がかかる。はーあ。
本日の歩数:6歩。トイレに行って帰ってくるのでももうちっと歩くぞ。①~③×。

日別画面へ

08月15日(木)

起床時刻:07時30分

本日、パートお休み。何の予定もないんですけど。

こんな夢を見た。
とか書き出すと漱石のようだが、もちろん内容は下らない。
夢の中で私は、ウサギが家に入ってくるのを防ぐために、あちこちに罠を仕掛けているんだけど、ウサギが罠にかかって苦しんでいる姿を見てかわいそうに思い、「ここには罠がありますよ!」ということをウサギどもに知らしめるため、自ら「うおおおお」と声をあげ「罠にはまってもがき苦しむヒトの姿」の演技をしてやったんだが、どうもウサギどもにはピンとこないようで、こっちに来やがる。
なぜか会社の女の子がそばにいたので「ほら、あんたもやんなさい!ウサギがこっちにきて罠にはまっちゃうでしょ!」とせっついて嫌がられる、といったところで目が覚めたんだけど、どうやらウサギとは意思疎通できないらしい。チンパンジーだったら多分何かを感じ取ると思うんだけどな。

昨日は新宿まで健康診断に出かけ、帰りに南口にある宮崎県のアンテナショップで色々買い込んできた。本日のお昼はひや汁の素(化学調味料無添加タイプ)でひや汁つくった。具はスライスしたキュウリにお豆腐、そしてたっぷりの薬味(みょうが、しそ、ネギ)。あとゴーヤチャンプルー。デザートはもらいもののゼリー。夏だねぇ。8156歩、①~③:〇。

日別画面へ

08月14日(水)

起床時刻:11時00分

昨日の続き(を同日に書く)。尾崎放哉の師匠である荻原井泉水はエライという話。彼は添削力があるだけではなく、人格者でもある。

尾崎放哉は一高東大出のエリートなんだけど(一高時代の俳句サークルの一つ上の先輩が荻原井泉水)、アル中のダメ人間でもありまして、酒の失敗などから無職になり各地を放浪、最終的には小豆島の寺の留守番に落ち着き、そこで死ぬ。
放哉は小豆島に行く前、京都の井泉水宅(超狭小住宅)に身を寄せる。「入庵雑記」でこの同居生活に触れているんだけど、そこに出て来る井師こと荻原井泉水が優しくていい人なんだよなぁ。

放哉が転がりこんだのが夏の蚊の多い時分なので「一人吊りの蚊帳の中に、井師の布団の半分を占領して毎晩二人で寝たわけです、その狭い事狭い事、この同居生活の間に私は井師に感服してしまったのです」。
大の男が二人、毎晩一つ布団で寝るなんて、放哉と井泉水で思わず掛け算したくなった腐ったお姉さま方もいるかもしれないが、放哉のアル中攻めに井泉水フリーダム俳句受け(「俳句も恋愛も、定型にはとらわれません!」)とか妄想してはいけませんぞw井師がいい人なんです。

放哉によれば「井師は決して私にミュッセンといった事がありません、一度も意見がましい言葉を聞いた事がないのであります、それでいて、自分で自然とそうせざるを得ぬような気持ちになって来るのであります、これが大慈悲でなくてなんでありましょう」愛ですかね・・・パシッ(←ハリセンではたく音)。

同居期間は短かったが、放哉は井師の「秋になったねぇ」という一言、子供の葬式に行きあったときそっと夏帽をとって頭を下げる姿、着物の着方が下手くそなところ(井師は妻も母も亡くしたので「手をかけてなおしてくれる人もいないのだ」)、そのいちいちにきゅんきゅんしていますじゃなかった、共鳴しています。既に20行を超えているし腐った方向にいきがちなのでこの辺で。7537歩。①~③〇。

日別画面へ

08月13日(火)

起床時刻:08時10分

荻原井泉水ってエライ人だね!というのが、『尾崎放哉句集』(岩波文庫/池内紀編)の感想だ。池内さんの解説によると、晩年の放哉は月々200句以上つくって師匠である荻原井泉水に送っていた。それをちゃんと見て、添削してあげるのがまずエライ。そしてその添削がまたうまいのだ。

放哉の元句「たった一人分の米白々と洗ひあげたる」は添削で「たった」を削除し、「一人分の米白々と洗ひあげたる」。元句「口あけぬ蜆淋しや」は大胆に改変されて「口あけぬ蜆死んでゐる」。いずれもよくなっている。

放哉秀句として知られる「壁の新聞の女はいつも泣いて居る」の元句は「いつも泣いて居る女の絵が気になる壁の新聞」だったそう。
これは元句のほうが情報量が多いため理解しやすい。ていうか、私初めてこの句の意味がわかったよw「壁の新聞の女が泣く」ってオカルト現象かと思ってたwという読解力不足の人(私)もいるが、井泉水が手を入れたほうが秀句ではあろう。

荻原井泉水がエライのは添削力だけじゃない。人格者なのだ。この岩波文庫の『尾崎放哉句集』には「入庵雑記」という雑文も掲載されているんだけど、そこに出て来る井師こと荻原井泉水がすごくいい人なんだ。
どうしても20行を超えてしまうので続きは翌日に書くことにする。
9837歩、①~③:〇。

日別画面へ

08月12日(月)

起床時刻:10時00分

昨日の『言語の社会心理学』(岡本真一郎/中公新書)の続き。英語には「ごくろうさまです」に該当する言葉はあるのだろうか?「ごくろうさまです」の使用場面は例えば郵便配達の人から書留を受け取りつつの「ごくろうさまです」(「お世話さまです」)とかだ。英語だったらサンキューだろう。

日本人てのは相手の労苦に目がいくのだろうか?謝罪表現の「すみません」が感謝表現としてよく使用されるのも、相手の労苦により注目するからだろう。感謝する場合に、自分の利益に注目するか、相手の負担に注目するかで、「ありがとう」(前者)と「すみません」(後者)とが使い分けられる。

一般に何かをしてもらった場合、その責任が話し手(感謝する側)にあるのか、聞き手(感謝される側)にあるのかで、謝罪による感謝表現の使用頻度に違いがある(話し手自身に責任がある場合は謝罪表現が多くなる)。また、相手が年長者である場合も謝罪表現が多くなる。
著者は英国との比較調査を行っているけれど、英国でも話し手責任で相手が年長者の場合、三割くらいは「(アイム)ソーリー」を使っている。ただ日本人はそのケースだと八割近くが使っている。

著者は「相手の迷惑に目を向ける度合いは日本人のほうがイギリス人よりも高い」「この背後には日本人が欧米人に比べ、対人関係の中で自分のマイナス面に目を向けやすいという心理過程があるようだ」「<略>日本人は自己卑下をしやすいという傾向とも相通じる」と述べている。
7806歩、①~③×

日別画面へ

08月11日

起床時刻:12時00分

ありえないレベルで暑い。家から一歩も外に出ず、夕飯は親が送ってきたレトルトカレーにしたった。

『言語の社会心理学 - 伝えたいことは伝わるのか』(岡本真一郎/中公新書/2013.1)を読んでいたら(結構面白い)、「ごくろうさま」の衰退と「おつかれさま」の勃興について考察されていた。そもそもは”「ごくろうさま」を目上に使ってもいいのか問題”があったわけだ。例えば会社で取引先から帰った上司に「ごくろうさま」と言ってもいいのか、いけないのか。
目上の人に「ごくろうさま」はダメでしょう、と私は思ったけれども、著者によれば「単純に目上には使えないとはいい切れないのである」。
理由を整理すると
①この言葉は実質的労苦があるときのみ使用可(ないときに使うと皮肉になる)
②実質的労苦のある部下に対して上司は使える(〇:部下が上司の荷物を運んだ場合など)。
③実質的労苦のある上司に対して部下は使えない(×:上司が部下に営業方法を時間をかけて教えてくれた場合など)
④ただし、部下が実質的な受益者ではない場合、実質的労苦のある上司に対して部下でも使える(〇:上司が災害ボランティアに参加した話を聞いての「それはごくろうさまでした」)
従って、「ごくろうさま」が問題になるのは「受益者が曖昧な状況である」。上司が取引先から帰ってきた場合などは問題となりやすい。

しかし現在、とくに若い層では「ごくろうさま」のかわりに「おつかれ」「おつかれさま」が使われるようになった。取引先から上司が帰ってきた場合「おつかれさま」ならいいやすい(ただし、「おつかれさま」は自らが直接的に相手の恩恵の対象にならない点では「ごくろうさま」より徹底している)。

そして最近では「おつかれさま」の汎用化、とくに若い層で「おつかれさま」を「相手の労苦をねぎらう言葉」という範囲を超えて、あちこちで挨拶言葉的に使われるようになった、と著者はいう。
確かに社内メールは必ず「おつかれさまです」の一文からはじまるし、「おつかれさまです」は汎用化・挨拶言葉化しているな。相手をねぎらっている感じがして、でも「ごくろうさまです」ほど上から目線じゃない感じが気に入られているんだろう。歩数ゼロ(万歩計つけず)、①~③:×。

日別画面へ

08月10日

起床時刻:12時30分

やらかしてしまった!「ドラゴンズクラウン」、旦那のプレイデータを私のプレイデータに上書きしてしまった!まぁでも逆じゃなくてよかった。つまり、私のデータを旦那のデータの上に上書きするんじゃなくてよかった。

旦那はそれでも「オマエは何をやってもダメな、注意力散漫のどうしようもないバカだ!一からやり直せ!」と切れてたけど、すごく腱鞘炎が痛いんで無理。冷やし中華のきゅうり切るのも手が痛いんだから。

そういや、8月8日付朝日新聞朝刊20面 「今からできる!夏休み勉強法」という特集記事で、塾の先生いわく「ゲームをしたりテレビを見たりしてだらだらする余裕はありません。ゲーム機はしばらく親に預けてみよう(ご両親は、ゲームをしないよう説得しましょう。極端に言えば、偶然を装って踏んづけて壊したっていいんです)」だそうで(ネット情報だけど。うちの旦那が子供だったら親は殺されるだろうねw)http://togetter.com/li/545746

「ご両親はゲームをしないよう説得しましょう」と言うけど所詮無理だから「偶然を装って」諸悪の根源を壊し、既成事実をつくりあげたほうが早い。子供からの反発を最小限に抑えつつ、親は自分の望むもの(=勉強する子供)を得られる省エネな方法ってなわけだ。
言葉なんてのは実に無力だ。だいたい、ガキひとり説得できないのに、大人を説得できるわけがない。話し合いなんかしても永久に平行線のままなんだから、既成事実をつくりあげてしまったほうが勝ちなんだよな。1973歩。①~③:×。

日別画面へ

08月09日(金)

起床時刻:11時00分

「ドラゴンズクラウン」、古代神殿の遺跡のBルート、メデューサ戦ではまってしまった。。。毎回時間切れで逃げられるんで、頭にきて「攻略wiki@2ch」を見たら、コメントにメデューサ戦は「奥の部屋まで行くと100%逃亡だな、開始直後一撃で倒しても逃亡だったから」とある!
私、今までずっと出現一回目はスルーして二回目に出現する奥の部屋で倒してたんだけど!「一回目の出現時は体力温存しなきゃ」と思って!なんかナレーションもそれをオススメしてるっぽいし(ここで私の読解能力の低さが露呈するわけだ)。
ためしに一回目の出現でたおしてみたらあっさりクリア。なんだったんだ、今までの苦労は!

私って、柔軟に考えるってことができないんだよねぇ。「押してだめなら引いてみな」の思考ができない。「押してだめなら押し方が足りないんじゃないか」という一方向の思考しかできないんだよな。
私はウィザードでやってんだけど、ウィザードの所期装備の杖って火属性なんだよね、だから水の中だと魔法攻撃できないの。なのに最初はその発想がなくて「あれ?使いすぎて杖が壊れた?」とかそういうふうにしか思えない。空中で魔法攻撃すればいいと思いつかない。
昔っからそうなんだけど、私って頭が固いんだよなぁ。ゲームやっているとよく思うわ。5552歩、①~③:×。

日別画面へ

08月08日(木)

起床時刻:08時20分

今日もパート。

旦那がAmazonで注文していた「ドラゴンズクラウン」、人気のようで最近やっとうちに届いた。私はプレイするつもりは全くなかったんだけど(腱鞘炎なんですよ!!!)、旦那が「やれやれ」とうるさい。
プレイヤーキャラクターは6種類から選べるんだけど「どうせこいつがいいんだろう?」と旦那が勝手に選ぶし(そのとおり、ウィザードですよ!髪の毛灰色のロンゲですよ!)。ちなみに旦那は迷いなくありえないほど巨大なおっぱいのソーサレスを選んでましたね。歩くとおっぱいが揺れますw

「じゃあちょっとだけね」といいつつ、4時間半ほどプレイして今、「忘れられた聖域」をクリアしてレベル13てとこ。まぁまぁおもしろい(といいつつ、親指痛くなるまでやっているがなw)。仲間(使い捨てタイプ)が結構頑張ってくれるんで、私がへっぽこでもさくさくすすむ。寝たの4時すぎ><。2599歩。①~③〇。

日別画面へ

08月07日(水)

起床時刻:08時00分

今日もパート。
今日は数表のチェックを頼まれた。時間をかけて細かくチェックしたつもりが、チェック漏れがあった。「なんでだろ~、なんでだろ~、なんでだなんでだろおおお♪」とテツandトモのテツ風に踊ったら許してくれるかな。そう、テツandトモ、だ。シンボルスカは「芸術への奉仕に/嫌気がさしたのは/評価のいいかげんさだけでなく/傑作の命の短さのせいでもあった」というが、ギャグの命の短さのほうがかなしいぞ。

「様々な出来事の一つの解釈」(ヴィスワヴァ・シンボルスカ)

もしも選ぶことが許されていたならば
きっと長いこと考えこんでいただろう

提供された肉体は不便なもので
醜く擦り切れていった

飢えをいやす方法に
わたしたちは嫌気がさし

望みもしないのに押しつけられた遺伝と
分泌や排泄の暴虐に
ぞっとさせられた

わたしたちを取り囲むはずだった世界は
絶えず崩壊していった
その世界で原因の結果が荒れ狂った

点検のために差し出された
個々の運命のうち
大部分をわたしたちははねつけた
ぞっとして、悲しい思いで

たとえばこんな疑問が頭に浮かんだもの
痛い思いをしてまで生むに値するのだろうか
死んでいる子供を
船がどこにも辿りつかないというのに
どうして船乗りになることがあるだろうか

わたしたちは死に同意した
ただどんな形でもいいというわけではない

わたしたちを引きつけたのは愛
ただしそれは
約束をきちんと守る愛

芸術への奉仕に
嫌気がさしたのは
評価のいいかげんさだけでなく
傑作の命の短さのせいでもあった

誰もが隣人のいない祖国を持ちたがった
そして人生を生きぬくなら
戦争と戦争のあいまにしたいと思った 

 <以下略>
いいね!8175歩。

日別画面へ

08月06日(火)

起床時刻:08時00分

パート。会社に着いたら徹夜明けの人がいた。
もうすぐお盆だっつうのに、忙しさがおかしい。

8月6日といえば、広島に原爆投下された日だな。

「終わりと始まり」(ヴィスワヴァ・シンボルスカ)

戦争が終わるたびに
誰かが後片付けをしなければならない
何といっても、ひとりでに物事が
それなりに片付いてくれるわけではないのだから

誰かが瓦礫を道端に
押しやらなければならない
死体をいっぱい積んだ
荷車が通れるように 
<以下略>

とあるが、戦後、原爆ドームを残したことは卓見だったと思う。もし私が当事者、つまり戦後の広島市民で後片付け担当だったとしたら、原爆ドームもろとも、つらい思い出をぜーんぶ片付けて、きれいな更地にしてしまいたい、と思っただろう。そして今頃はイオンかジャスコが建っていたかもしれない。

平成の今なら原爆ドームを残し、後世に事実を伝えていくことこそ、本当の後片付けだとわかる。自分の判断力があてにならないと思うのは、こういうときだ。だからせめて口を閉ざして人の邪魔にならないよう黙っているべきなのかもしれない、、、ま、それもまたあてにならない判断なのかもしれないが。8167歩。①~③〇。

日別画面へ

08月05日(月)

起床時刻:07時00分

シンボルスカの詩が好きだ。

もっと多くの彼女の詩を日本語で読みたいものだが、詩集『終わりと始まり』の翻訳者・沼野充義さんの解説によると「シンボルスカの禁欲的な姿勢は、決して濫作をしないというところにも現れている。シンボルスカは五年、ときにはほとんど十年に一度くらいしか詩集を出さず、しかもその詩集も薄くなる一方だ。<略>そして、小説やエッセイなどの『不純な』ジャンルに手を染めたことはほとんどなく、潔癖なほど詩だけを書き続けてきた」

働け(違っ。
まぁねぇ、詩人はにはノルマはないからなぁ。一個いいのができりゃあ、それでオッケーだもんなぁ。素人の一万句より、芭蕉の一句だもんなぁ。

つまり詩は一山いくらの商品とは違う。
買い叩かれるコモディティとは違うのだ。
だから、商品も、人間も、脱コモディティ目指して「付加価値をつけなければならない」「差別化をはからねばならない」って言われるわけよ。そうでなければ、最終的には叩き売りだかんね。

差異にこそ価値はあるそうだが、困ったことに、たいていの差異は欠陥でしかない。ただの規格外、ただの不良品。コモディティ以下。
劣化コモディティではなく、「欠陥転じて福となさん」と欲して、道なき道を行く人もいるが、たいていは帰ってこない。チーン。7103歩。①~③〇。

日別画面へ

08月04日

起床時刻:10時30分

出たよ、旦那の「ピザ食べたい」。私は食べたくないんですけどね。ま、こんなことで言い争いになるのも嫌だから、夕飯はデリバリーピザ(Lサイズ1枚&コーラ1.5リットル&Lサイズポテト)。何気に高いんだよ、まったく。

『不美人論』(陶智子/平凡社新書/:2002年)の続き。10年以上前に出版された、売れてもなさそうな新書に対する私の粘着ぶりにドンビキする人もいるだろう。タイトル詐欺の中身スッカスカ新書なんていくらでもあるんだしさ。でもオマエは私の地雷を踏んだんじゃ!というわけで、今日は20行ルール無視だ。

色々と読んでいると腹立つが、一番むかつくのは「世の中、画一的な美人ばかり。安直な美人にならずに個性的な不美人になろうね」という著者の主張だ。だいたい、世の中、画一的な美人ばかりなわけねーだろうが。オマエの目は節穴か?!

著者は言う。
「その辺を歩いていると、みんなが揃って美人であることに気がついて驚いてしまうことが多々ある。みんなつるっと美人である。何も心に引っ掛かるところのない美人だ。「さらっと美人」と呼んでもよかろう」。
その理由として、コスメ等のおかげで、現代はブサイクであるより「美しくある方が余程たやすいのではなかろうか」と言うのだ。ハァ?

「その辺」って「どの辺」歩いているんだよ?普通に渋谷を歩いていても、不美人がゴロゴロいるぞ。大多数は「さらっと美人」じゃなくて、「さらっと並」といったところだろうが。

しかもコスメで美人になるとか、本気で言ってんの?コスメではマシにしかねんねーよ。まぁ、この著者は本気で言ってそうだ。だって著者は、着物を着ると綺麗になる(「着物が綺麗ビームを出してくれる」んだそうな)とかタワけたことも言っているんだもん。浴衣姿が相撲部屋の新弟子みたいになっている女の子を見たことないんだろうか。どんだけ目が節穴なんだろうか?そして目が節穴なやつに「不美人」を論じる資格があるのだろうか?いわば、プロの歌手と素人のカラオケの違いがわからない人間が音楽を論じるようなものではなかろうか?

著者の目が節穴だと思う理由は他にもある。
それは著者の勤務先の短大生がみんな似たり寄ったりの「あゆ顔」になってしまっている、という記述である。
ンなわけねぇだろうよ!「あゆ」という方向性はみんな一緒でも、もって生まれた顔立ちの枷はあるんだよ!あと一歩、いやあと三歩であゆになれそうな子から、あゆになるまでの道が「キミの~いく~道は~果てし~なく遠い~♪」子までさまざまだ。れを「ぜーんぶ一緒、みーんな無個性」と十把ひとからげにできるのは、テメェの目が節穴だからだよ!!

著者は目が節穴なだけではなく、思考も節穴らしい。
序章で「美人は得だと思われてはいるけれど。ほんとうだろうか」と書きながら、その検証すらしていない。昨日も触れたが参考文献にある『顔を読む』(レズリー・A. ゼブロウィッツ)の7章「顔の魅力の利点」にテメェの疑問の答えが書かれているんだがな。

「個性的な不美人」押しの著者は、当然、美容整形についても反対の立場で、「日本には、まだまだ美容整形をよしとしない風潮が強い。これは、いまだに孔子の教えによるところが大きいのだと私には思える」として、「身体髪膚之を父母に受く、敢えて毀傷せざるは孝の始めなり」をひいている。
んじゃあ、日本以上の儒教国にして整形大国という噂の韓国はどうなるんだよ?林真理子の文章「韓国の女のコは、学生でもOLでも、それこそドンドンと整形をするのである」を引用しているのに、なんでおかしいと思わないの?
(韓国の事情はよく知らないが私の予想では、韓国においては、整形して外見をよくしていい企業に就職するなり、いい相手と結婚するなりしたほうが、親は鼻高々となり、子供は親に仕送りもできるわけで、身体髪膚之を毀傷せずして負け組になるより、よほど「親孝行」である、と親も子供も考えているからだと思う)

ともかく、目も頭も節穴なやつにこの問題を論じて欲しくはないのだ。ついでにいえば、コイツはココロも節穴だ。本物の不美人カテゴリに属する人が、「安直な美人」どころか、「並」になるために、どれほどの苦労をし、どれほど傷ついてきたのか、著者は知っているのだろうか。決死の思いで「ビューティコロシアム」に出てきた人たちに向かって「自分の所有している不美人の素を数えあげて、これからも朗らかに生きて行こう」(P217)とか言えるんだろうか。

私は現実を受け入れろと言っているのではない。私は勝間みたいに「起きていることはすべて正しい」などとは全く思わない。しかし、現実は現実であり、現実をきちんと見据えてはじめて現実を乗り越えられるのである。もしかしたら結論はこの本と同じかもしれないが、この本には現実との格闘の跡が全く見えない。
6651歩。①~③〇。

日別画面へコメントを読む(2)

08月03日

起床時刻:09時00分

図書館でうっかり『不美人論』(陶智子/平凡社新書/2002年)を借りてしまった。感想は「よくもまぁ、こんなフワフワした「雑感」集「小ネタ」集に「~論」などと、だいそれたタイトルをつけおったな!」であった。色んな文献から引用をしているが、何も踏み込んでいないから、ただの寄せ集めに堕している。

例えば、まるまる一章を割き、江戸末期に出版された『文久大雑書大全』から「女性の人相占い」(「貞女の相」など)を絵入りで引用しているが、感想が「人間にはいろいろな顔があるものだと感心させられる」じゃ、聞いてあきれる。

人相占いというからには、顔と性格を結び付けているのだ。ということは、次のような疑問がわくであろう。
顔と性格に何らかの関連性があるのだろうか?
あるいは、実際の関連性はないにもかかわらず、特定の顔立ちから特定の性格が連想される(例えば童顔なら純真、三白眼なら狡猾など)のだろうか?
それは不美人にとってはひどく不幸な偏見ではなかろうか?
しかるにこの著者は「けっして美人ではない顔にもそれぞれに親しめるものが感じられてくる」などというチラ裏感想を書いて終わり。

上述の疑問には『顔を読む―顔学への招待』(レズリー・A. ゼブロウィッツ/大修館書店/1999)が一定程度答えてくれている。『不美人論』の巻末の参考文献にもあがっているがな。このしょーもない新書を読むくらいなら『顔を読む』を読んだほうがずっといいぞ(ただし、原書の文献注がまるまる削除されているがな!)。4811歩。①~③〇。

日別画面へコメントを読む(2)

08月02日(金)

起床時刻:09時30分

『ライロニア国物語』(レシェク・コワコフスキ)の続き。「長寿問題はどのように解決されたか」って話も面白いんだ。
「長寿を実現するにはどうしたらいいか?」という王の問いに対して、学者たちからは「時計の針を6倍早くすすめる」(そうすると10年後に死ぬのではなく、60年後に死ぬことになる)とか、逆に「6倍遅くすすめる」(そうすると、仮に60歳で死ぬとしても、それまでの時間がうーんと長くなる)とか色々出てくるw

私のお気に入りの長寿法は高名な医学者イポ先生の説。「一番長生きする動物は亀であることが判明いたしました。そうです、みなさん、亀は人間の六倍長く生きるのです。では亀はいったい何をしているでしょう?甲羅を持ち、地面をゆっくりはいずり回り、適度にしっぽを振っています。では長生きするために、人はいったいどうするべきでしょうか?亀の真似をする!これがわたしの方法です。<略> みなさん、わたしたちはいますぐ自分のサイズに合わせて大きな甲羅を装備し、二本足で歩くのをやめ、四つんばいでゆっくりはうことに慣れなければなりません、それからしっぽを取り付け適度に振らねばなりません」
ひどいw まぁ実際は亀だって6倍も長く生きているわけじゃないけどねw

お昼は鶏ごぼうご飯、温奴のなめこおろし煮、アボカドとトマトのワサビ醤油あえ、ツルムラサキの生姜炒め、梨。
3706歩、①~③:〇。

日別画面へ

08月01日(木)

起床時刻:08時05分

『ライロニア国物語―大人も子どもも楽しめる13のおとぎ話』(レシェク・コワコフスキ、沼野充義・芝田文乃訳/国書刊行会/1995)を読んだ。
私のツボだね、大好きw。ちょっとシュールで。でもおすすめはしないなあ。というのも、おとぎ話の醍醐味である「幸せな大団円」はないんですよ。負け組が負け組のまま終わるんだわw 

最初の一話だけネタバレ全開で紹介すると、「ライロニア国物語」がどこにあるのか、お金と時間の全てをつぎこんで探し続ける兄弟の話なんですね。探す過程は面白いんだけど、最終的に見つからなくて「いまではぼくたちももう、すっかり年をとってしまった。ライロニアがどこにあるのか決して知ることはないし、その国を一目見ることも決してないだろう。でもひょっとすると、あなたたちのうちだれかがもっと幸運に恵まれて、いつかライロニアに行き着けるかもしれない。そこへ行ったら、ぼくたちにかわってライロニアの女王にキンレンカの花を捧げ、伝えてほしい。ぼくたちもなんとかしてそこに行きたかったのに、結局行くことができなかった、ということを。」
イイハナシダナー・・・ってなるかいw これじゃハリー・ポッターが魔法学校に行きそこなって、マグルにバカにされたまま一生を終える、みたいな話じゃないか。トロイア遺跡を見つけそこなったシュリーマンじゃないか。

いや、すごく面白い本なんだけど、私の中のハリウッド脳が「これじゃいかん」って言ってるんだw 11652歩。①~③:〇。

日別画面へ