201501 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:08:00 平均起床時刻:07:58

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月31日

起床時刻:10時15分

01月30日(金)

起床時刻:07時30分

01月29日(木)

起床時刻:07時30分

01月28日(水)

起床時刻:07時30分

01月27日(火)

起床時刻:07時30分

01月26日(月)

起床時刻:07時30分

01月23日(金)

起床時刻:07時30分

最近は転職エージェントが過去の面接で聞かれた内容をストックしているらしい。夫が今度面接を受ける先についても、入社面接時に過去にされた質問をあらかじめエージェントからもらっていた。
その中に「今まで読んだ本でよかった本は?」という質問があるそうで、夫に私が模範解答を考えよ、と言われた。最近読んで面白かった本を挙げるとそうではなく、「自分の考え方や人生に影響を与えた本」を挙げなくていけないらしい。

戦略的に考えるなら、①ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』(ノンフィクションの大定番。思想的にも問題なし)、②フランクルの『夜と霧』(毀誉褒貶ゼロ。悪く言う人は人でなし認定されるアンパイ)、③大西巨人の『神聖喜劇』(ノンフィクションが二つ続いたのとメジャー本ばかりなので、「本読んでますよ」アピールで日本人の書いたフィクションを)。

①は「テーマの面白さだけではなく、多角的なものの見方について教えてくれた」(具体的には世界の南北格差の原因は「地理的な理由が大きい」という仮説とその説明。「栽培できる食物の質が高かったこと(小麦や米など)」、「家畜化に適した大型動物が身近にいた(羊、ヤギ、牛など)」(緯度に大きな差がない横長の大陸であったこと(農業や牧畜技術伝播しやすい)」といった視点が新しく、歴史や文化的視点にとらわれず、物事を常に色々な視点からみていくことの大切さを学んだ)

②「極限状況でも自分を見失わないことについて、多くを教えられた。「人生に何を期待するかではなく、自分が人生から何を期待しているのか」という主体的な姿勢と、常に状況を客観視できるような冷静な視線を、自らも目標として生きていたい」

③「第二次世界大戦中の日本軍を舞台に、日本の組織の在り方や日本人のメンタリティをリアルに描いている。例えば責任阻却の論理(要は上司の責任を問えない組織。というのも、究極のトップである「大元帥」たる天皇は「完全無際限に責任を阻却せられている以上、ここで責任は、最終的に雲散霧消し、その所在は、永遠に突き止められることがない(あるいはその元来の不存在が、突き止められる)」「それならば、「世世天皇の統率し給ふ所にぞある」「わが国の軍隊」とは、累累たる無責任の体系、膨大な責任不存在の機構ということになろう」という箇所は丸山眞男の「無責任の体系」にも通じるものがある。天皇制ではなくても、往々にして日本の組織は責任の所在が明確でないことが多い。それはジョブ・ディスクリプションやアサインメントの曖昧さという形で現代の組織や労働形態にも残っているのではないか」(ちょっと左っぽい?)

というのが私の模範解答である。でも、旦那に言わせれば全然、ダメ。
なんか村上春樹とかを挙げるのがいいらしい。ハァ?

「いつも本を読んでいるけど、全部時間の無駄だね。くだらない本しか読んでいないから」だってさ。
もちろん、私はくだらない本しか読んでいないし、本なんてゲームやテレビやドラマとかわらないただの娯楽だと思っている。「人生に役立つ」とか「自分に影響を与えてほしい」とかいうさもしい視点で本を読むなら、一生自己啓発本でも読んでろよwつか、この会社の人事も、読書の量と頭の良さは関係ないって30過ぎたら気付くだろうよwバカじゃねーの。

今さらこんなバカげた質問(本のことをきくとかwww中学生の面接じゃないんだぞwww社会人だっつーのwww)をするような会社は行く必要がないと思うけどね。

日別画面へ

01月22日(木)

起床時刻:07時30分

昨日の夜は鰆、ゴボウと豚バラの甘辛煮、ちぢみほうれん草の磯和え(のりとしょうがのすりおろしが入っている)、大根と油揚げの味噌汁、というメニューだったのだが、夫がこれを見て一言「おかずがない!」。

は~?世の中では鰆の焼いたの(成城石井の九州産鰆「天日干し」とかいうやつ)は、おかずという位置づけなんだよ。まぁ夫が魚が嫌いなのは知っていたので、ゴボウと豚バラをつけておいたんだけどね。まったくよう、戦前の日本なんざ、おかずが「ほうれん草のおひたし」一品だった時代もあったんだぜ?
ごちゃごちゃ文句を言うので、ゴボウと豚バラを卵でとじて柳川風にして丼ものにして出した。

今日は本気でやる気がしないので、夕飯はレトルトカレーと買ってきたコロッケにした。そしたら喜んでいた。

ほんと馬鹿らしい。
すべてが馬鹿らしい。

話は変わって、携帯ゲームの「グラブル」を始めて一週間足らず。
「課金しなくても楽しく遊べます」っていうけど、課金しないと強いキャラや召喚獣はとれない。そして金かけてガチャをひいてアタリが出る可能性は2%。とんだクソなパチンコだぜ。ったく、世の中、パチンコビジネスばっかり儲かりやがって。という私もすっかりはまり完全寝不足。ただ課金はしないようにしてるけどね(だからクッソ弱い)。

やだやだ、ほんとすべてが馬鹿らしい。
最近、仕事の関係で『経営はデザインそのものである』(博報堂コンサルティング)を20分くらいでななめ読みしたんだけど(仕事じゃなきゃ読むわけねーわ、こんな本)、それによると、生活者に共感される新規事業開発やブランドorコンセプト開発のためは「経済性」「文化性」「社会性」という3つの視点(=バリュー・トリニティ)」を考えなくちゃいけない、従来みたいに「経済性」(コストや儲け)だけを考えていては生活者から支持されない、ってなことが書いてあった。でも、クソ儲かっているソシャゲ(本質的にはパチンコと同じ)になんの「文化性」と「社会性」があるってんだよ?あん?ま、パチンコもソシャゲも日本が誇る文化だっていうなら文化なんだろうがな。

コンプガチャを煽る産業にどんな「社会性」つまり社会に貢献できるバリューがあるっていうんだろう?射幸心をあおることにどんな意義があるんだろう?パチンコはまだ現ナマになって戻ってくる可能性もあるけれど、ゲームなんてデジタルデータだぜ?

あ、そっか。自殺大国日本で、人生のくだらなさから目をそらさせるのに一役かってるのか。現実逃避という社会的バリューを提供しているのか。

日別画面へ

01月21日(水)

起床時刻:07時30分

なぞなぞといえば、スフィンクスのなぞなぞが有名であるが、これって出来はどうなの?と誰しも思うに違いない。

例の「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足。この生き物はな~んだ?」というやつである。答えは「人間」で、そのココロは赤ん坊の頃は四つん這い、やがて二本足で歩き、老人になると杖を突くので三本足になる、というわけ。つまりなぞなぞでの「朝」「昼」「夕」は人間の一生を一日に例えた比喩的表現なんだけど、しかし人間必ずしも杖をつくのが最終形ではない。杖をついて歩く前に寝たきりになることもある。

もし私がスフィンクスの立場だったら、どんななぞなぞを出そう?
と勢いこんで考えたもののお粗末なものしか思いつかない。本家以下だが、一応メモしておこう(誰得?)
問題。
「太郎くんは朝2本足で出ていき、夕方、6本足で戻ってきました。太郎君に何があったのでしょう?」
答え。
「太郎君は徒歩で出ていき、馬に乗って帰ってきた」

ひ、ひどい。しかし、文句いうやつは自分で考えてみろ、このやろー、と逆切れしてしまうのである。スフィンクスさん、馬鹿にしてごめんなさい。しかも、私のなぞなぞは、スフィンクスの謎にあった、なんかよくわからない深遠さがなくなって、学校の休み時間に友達に出すような問題になってしまったわ。なぞなぞの答えはやっぱり「人間」とか「人生」とかがブンガクっぽくていいよね。足の本数に気をとられすぎだわ。

日別画面へ

01月20日(火)

起床時刻:07時30分

友人とランチ。
友人は「意見の多様性は大事だから、色々な意見を尊重したいし、自分と違う考えも受け入れるようにしている」という。
そうだろう、だから私みたいな頭のおかしい人の頭のおかしな意見も聞いてくれるんだろう。

しかし、そんなことはどーでもいい。色々な意見、それも、もっともらしい意見の対立があるときに、どう決断するのかに私は興味がある。リアルの生活ではAとBの考えの間で取捨選択しなくちゃいけないし、アクションをとらなきゃいけない。だから「いろんな考え方があるね、それぞれを尊重しなくちゃね」で話は終わらない。いろんな考え方の中から一つを決めなきゃいけない。それはどーやって決めるの?いろんな考え方を知って終わりなわけないじゃん、それで終わりなのは学者だけだよ!いっとくけど、話し合いなんぞで妥協点がみつかるわけないからね。
などと、まくし立ててしまい、私は本当に感じ悪かった、申し訳ない。大反省。

それはともかく、「もっともらしい意見の対立があるときに、どう決断するのか」というと、「何もしない」「今までどおり」ってことになりがちだ。Aの意見も聞く、Bの意見も聞く、そして両方ともそれぞれ説得力のある部分がある、となると、コトの成り行きをとりあえず静観することにしよう、一番コストもかからないし、精神的にも楽だからってことになる。人間はいつだって不作為の理由を探している。難しい決断は未来の「より賢くなった(と不合理にもに想定している)自分」か、公務員なら「自分の後任者」に任せて今の自分は何もしない・・・つまり問題の先送りをチョイスしてしまうのだ。

日別画面へ

01月19日(月)

起床時刻:07時30分

2014年、つまり去年の7月の『俳句』の中沢新一と小澤實の対談、「俳句、陸から海へ 日本人の深層と俳句の未来を考える」は予想外に面白かった。だいたい私は中沢新一が嫌いなんだが(「何言ってんのかちょっとわかんない」@サンドイッチマンだから)。今回もところどころ意味不明だったけど。

「今、「絆」とか言うじゃなないですか。あれ、気に入らないですよね。」って私じゃなくて中沢新一が言ってるんだけどさ、私も気に入らない。続きを引用しよう。
「絆って結局、橋をつくって、島と島を結んでしまえと言うようなものでしょう。『人間一人ひとり孤立しているから絆で結びましょう」ってそうじゃないだろう。「この間にある海を発見しようじゃないか」ということのほうが大事で、そこに橋をつくったらおしまいだ。時々、行ったり来たりする舟があればいいわけで、橋をつくったら海に触れられなじゃないか。この差はものすごく大きいんです。」

でもさ俳句っていうか、同好会じゃなかった、あれなんていうんだ、サークルのエラソーなやつ、ああそうそう、結社、結社、高浜虚子の「ホトトギス」とか、ああいうのってまさに海に橋をかけまくってない?と私は思うんだけど。ほとんど家元制度みたいになってない?高浜虚子とかほとんど自民党の政治家みたいだし。派閥とかめっちゃありそう。

「板子一枚下は地獄だ」みたいな厳しさがないんだよね。
全部、高速道路でつながっちゃってる感じじゃない。人でも風景でもさ。だから高速道路か飛行機でびゅんと飛んで行って、タクシーで名所旧跡に案内されて、整備された遊歩道をちょっと歩き回って一句読むとかさ、まぁただのレジャーだよね(私がやっているゲームより目にはいいレジャーだろう)。

「比喩は島と島をつないでいくものだとすると、これは仏教で言うと無でしょう。無が海の部分で、意味の島がでているけれど、それを無の海がつないでいるという構造になっている。
江戸時代までの日本人の生き方は、そういう島と島を海が取り囲んでいて、そこを舟がつないでいく、そういう世界構造を持っていました。ところが近代以降はこの海がお金の海になっていて。つまり岸部のバンクは銀行のバンクになっていて、川が暗渠にかわっていって、陸上交通のポーテーションが世界をつなぐようになった時、島がなくなり、海がみえなくなる」

たぶん私の考えていることと中沢新一の考えていることは違うんだけど(彼の言う「島と島とを舟がつないでいく」「比喩によって島と島をつないでいく」という行為はまさに連句の世界であって、めっちゃ俳句ってすばらしいっていう結論なんだろうけどさ)、お金や安定へのアンチテーゼとしての山頭火とかはテーゼに対するアンチテーゼだから所詮同じ穴のむじな的扱いになってるんだよね。まぁそうだろう、この二人、むしろ、バンクを選んで歩いているタイプだし。安全地帯からのアウフヘーベンを目指すらしいよw

日別画面へ

01月18日

起床時刻:10時30分

友人Hちゃんとランチ。
Hちゃん曰く、「生の食材のほうが消化にいいんだ」とな。
そんなことはない。リチャード・ランガムの『火の賜物―ヒトは料理で進化した』を読めばわかるが、人間は火を使って料理をすることで食べ物からの栄養摂取効率を高めたのだ。生の草食をするゴリラはセルロースを分解するためにどでかい消化器官を備えている。一方、人間は栄養価の高い肉を更に火を通して消化吸収をよくして摂取する。だから消化器官は小さくても高エネルギーを摂取することができるようになり、また消化にかけていたエネルギーを脳に回すことができるようになったのである。

もっとも火の最古の使用は80万年前のイスラエルの遺跡だそうで、脳の容量が大きくなった時期(約200万年前)のころの火の使用形跡は見つかっていない。とはいえ、私らが子供のころに比べれば、火の使用の開始時期はどんどん昔にさかのぼっているし、今後そのような形跡が発見される可能性はあるだろう。

人の脳は驚くほどエネルギーを消費する。重さからすれば体重の2%なのに身体全体のエネルギーのうち20~25%を消費するのだ。

というような話をしたら、彼女はかつて「脳は大量のエネルギーを消費するから、頭を使えば痩せるんだ」と主張する苫米地本を買ったらしい。デブは頭を使ってない証拠、というわけだ。ほんとかよ。知的職業の人間のBMI値は私のごとき、ボケーっと働く事務員よりも低いとかあるんだろうか。

彼女によると、その苫米地のダイエット本には苫米地が作曲した「聴くだけで痩せるCD」がついていたそうで、それを聴きながら寝れば簡単に痩せるはずなのだが、あまりのひどい音楽(不協和音的な)に耐えられず、聴けなかったそうだ。それで今現在も痩せていない、、、ということであったがどーでもいいわw

日別画面へ