200801 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:04:30

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月31日(木)

起床時刻:04時22分

就寝時刻は22時。昨日の全身倦怠感もほぼ快調に回復。昨日発売だった武雄市長の本を読んだりして、「たいよう」のコメントを書く。本の中のフレーズから考えた。市長の本の中では、町つくりの景観の為に、自販機をレンガ調にしたいと。コカコーラがやってくれた。企業の命である商標も見えないようにしてレンガ調のフィルムで自販機を覆う。さらに夜間は自販機の電気を消すと。防犯上よくないだとかの批判があるかもしれないが、どこの国に防犯を自販機に任せているところがあるかと一掃する。自販機の光が消えれば夜空には幾千の星が輝いているのだ。という文章で「自分の眩しすぎる光を消せば、夜空には幾千の星が輝いて見えるようになる。」と考えた。

日別画面へコメントする

01月30日(水)

起床時刻:07時22分

昨日は午前中から胃が痛いながらも勤務していたが、夕方から悪寒がして来たので早退する事にした。当直できなくもなかったが、夜中に救急出動なんかしたら一気に悪化しそうで。20時過ぎには就寝したが眠れず22時くらいまで起きていたと思う。久々に朝寝坊した。しかし熱は下がり全身の懈怠感はあったが回復傾向であることは確かだ。早めに手を打って良かった。以前の考えなら、休暇も減ってしまうため、無理してでも当直していただろう。しかし本当に本質を捉えるならば無理して1週間体調を崩すことになり人に迷惑かけるより早めに対処する。そこの見極めが難しい。ある程度元気で休暇を出す事に少しは気が引ける。自分の中では実は仕事ができなくて人に迷惑かけるというよりも、体調を壊す事によって失う時間がもったいないと考えるからだ。自分の事だけ考えることになってもそれが結局は人の為にもなる。

日別画面へコメントする

01月29日(火)

起床時刻:04時38分

就寝時刻は20時30分。睡眠時間長かったが6時間の時とあまり効果は変わらないように思える。タイピング練習をする。飽きていたが、特殊マスターキーに突入し、ボロボロになりながらも補修ドリルでクリアしていく小さな喜びにやる気が出て久しぶりだが少しの時間で進歩している実感がした。さぼらず継続しよう。やはりクリアしていく山も、進歩して低くなったら超える喜びというか報酬も減ってしまうのでモチベーションが下がる。少しずつ高い目標を据えつつ喜びが常に感じられるような山の高さにしなければならない。

日別画面へコメントする

01月28日(月)

起床時刻:05時08分

就寝時刻は21時45分。昨日は、佐賀短大で試験を受けている妻を迎えに、文音と奏太と3人でジムニーで11時に出発した。12時に鍋島のシージャックでお昼を済ませ、森林公園へ向かった。森林公園に着くと奏太は寝ており、文音と二人で外に出たが、遊具は事故のため使用禁止で、ボールも持って来てなかったし寒くて車内に戻った。そのときラジオでは「生物と無生物のあいだ」の著者福岡伸一がゲストで話しており、なんだか芸能人に会ったみたいだった。本についての考え方を話していたが、理解しやすい。もうひとつの「プリオン説は本当か?」を購入し読む。次回作は分子生物学の観点からの男と女とは何かを考察する内容みたいで早く刊行されないかなと願うところである。

日別画面へコメントする

01月27日

起床時刻:04時55分

就寝時刻は23時過ぎ。入眠が悪かった。22時30分頃にベッドに入ったが代わりに出てもらっている救急隊が帰署していなかったので気になっていた。

日別画面へコメントする

01月26日

起床時刻:04時17分

就寝時刻は22時15分。今日は起きてしまえば、いろいろとワクワク感が出て来た。リビングの片付けをする。朝一番に掃除や整理整頓で手を動かすと、そのうちドーパミンが出てくるような感じで、目も頭も冴えてくる。散らかっていることに腹を立てるより、片づける事によって冴えてくるならそれはそれで良いじゃないか。散らかっている事にため息ついてもなんにもならない。かといって、そのままだと気の流れが悪くなるようなきがするので一気に片付ける。散らかっている事は生きている証拠だ。ブトウ糖生成モデルと同じだ。無駄にも良いところはある。通常10個作って5個壊す。緊急に15個必要な時に、1.5倍作っていつも5個壊しているのを壊さなければすぐに15個生産できる。しかし通常5個しか必要ないからと5個しか作っていなかった場合、15個必要になると通常の3倍を作らないといけない。

日別画面へコメントする

01月25日(金)

起床時刻:04時58分

21時に就寝。昨日は、YAMAHAミュージックオンラインレッスンに入会し、基礎からアコースティックギターを勉強することを始めた。たいようのコメント書き。オークションをもう一度勉強する。

日別画面へコメントする

01月24日(木)

起床時刻:06時17分

22時に就寝したが、0時35分に救急出動し3時に就寝。

日別画面へコメントする

01月23日(水)

起床時刻:05時00分

就寝時刻は22時。4時には起きれなかった。中指の深爪が痛い。ギターの為に切ったが痛くてコードも抑えられない。バカ丸出し。3日目なのにまだ痛い。

日別画面へコメントする

01月22日(火)

起床時刻:04時41分

就寝時刻は22時。目覚まし時計を何回も消しつつ起きた。勤務の疲れが響いて朝がキツいと感じる。もっと寝ておきたいという甘えにも似た感覚が支配する。もっとワクワクしよう。気合いを入れてはダメだ。無理をすると続かないのは目に見えている。最近は少々慣れてきたせいでもあるので、またワンランクアップンの時期であると自覚する。

日別画面へコメントする

01月21日(月)

起床時刻:05時06分

就寝時刻は21時36分。0時43分に急病→白石共立1時36分に就寝。わがままな傷病者でも微笑みを絶やさずに接するという教訓。心の中でも決してイカラズ。

日別画面へコメントする

01月20日

起床時刻:04時17分

就寝時刻は22時30分。昨日は、玄関のステンレスラック、1Fクローゼット、本棚、ラック、デスクの配置換えをした。ハード面は終了。ソフト面の整理をする。

本日雨なので気温も高い。

日別画面へコメントする

01月19日

起床時刻:05時17分

就寝時刻は21時30分。昨日の疲れを取る為に、1時間遅く起きる。起床後は快調な目覚めだ。本日は休みだ。家の中の整理整頓をしよう。考えただけでワクワクしている。オークションの準備もするぞ。

日別画面へコメントする

01月18日(金)

起床時刻:00時48分

就寝時刻は21時15分。1時前に救急出動し1時30分過ぎに帰署し、さらに2時30分から救急出動し4時過ぎに帰署。5時まで報告書作成する。その後は読書。科学の本とスケッチの本。

日別画面へコメントする

01月17日(木)

起床時刻:04時06分

就寝時刻は21時30分。昨日はBTUの黒木祐子講師によるリラクゼーションによるストレスケアの”ホメオストレッチについて学ぶ。たいよう執筆に1時間。メンテナンスについて。

日別画面へコメントする

01月16日(水)

起床時刻:04時18分

就寝時刻は21時40分。本日、日勤で午前中は「ストレスマネージメント」の学習会。元医療器材販売メーカー勤務の女性が講師。午後は、会計監査がある。

日別画面へコメントする

01月15日(火)

起床時刻:06時25分

本日、救急出動で就寝時刻は1時。15歳女性、進行性ミオクローヌス癲癇。「日々の暮らしの中で、家族との会話に穏やかな表情をするんです」

日別画面へコメントする

01月14日(月)

起床時刻:04時18分

就寝時刻は21時30分。昨日は、午前中ベランダに溜めていたゴミを、業者に6000円で持って行ってもらった。2階の押し入れの布団も持って行ってもらったので、身体は疲れたが、心は晴れやかというこの快感を忘れずにいたい。午後は、大学でTOEICを受け頭がつかれた。

日別画面へコメントする

01月13日

起床時刻:04時02分

就寝時刻は22時
本日はtoeicのテストだ。

日別画面へコメントする

01月12日

起床時刻:04時20分

就寝時刻は21時45分。以下実習日誌。

 午前中:病室の環境整備やシーツ交換をした。包布の紐の結び目は廊下側から見えないようにする。静脈路確保を2名させてもらったが失敗に終わる。皮膚の牽引が十分ではなかった。血管像があまり見えていない。いつも血管が視認できる人ばかりではないから、イメージでとらえとかないといけない。血管がY字に分岐しているところは、血管が大きくなっているので穿刺部位として良い場合もある。

 午後:オペ見学。82歳女性、上行結腸切除。硬膜外麻酔は、目的の部位だけの麻酔が可能である。カテーテル留置のにより追加投与や量の調節ができる。術後の鎮痛にも有用。硬膜外腔に針を入れるには熟練した手技が必要。

「高齢者は慣性を大切にする」
 この患者さんは狭心症の薬である舌下錠を常持しており、医師が「いつも飲んでいる薬があればオペ室に持って来てください」と指示を出す。舌下錠などオペ中に使用できるのかと疑問を持った。その理由が、違う場所に行く時、人はなるべく日常のリズムや物がないと、程度の差はあるが不安になる。オペ室にもある薬でも、患者さんが普段使用している薬や、痛い思いをして鎮痛した薬などは特に常時させた方が、少しでも不安が取り除かれるだろうという気配りであった。
 

日別画面へコメントする

01月11日(金)

起床時刻:04時05分

就寝時刻は21時40分。1週間の疲れなのか、今日は少し眠たい。本日で病院実習終わり。最後の挨拶を考え中。
以下実習日誌。

 朝のワンポイント講義では、安全委員会(医療事故防止の会議)の報告でシリンジポンプの設定ミスによる薬剤投与量の間違い事例を紹介。シリンジポンプは電源を切らないと投与量がリセットされない。対策として、シリンジポンプにチェック項目を視認する為のカードを添付する。

 午前中:73歳男性、腸閉塞。バイタル測定や腸雑音を聴取。76歳男性(脳梗塞)、56歳男性(心筋梗塞)、留置針(サーフロー)の20G(ゲージ)で静脈路確保実施させてもらい成功した。静脈路確保時の固定は、皮膚と接触する部分にシルキーテープで保護し、ループも閉塞防止のために緩やかに作成する。

 午後: 82歳女性(上行結腸切除予定)オペの為、ルートは20G以上で確保する。内筒針を挿入後は角度を自分が思う    よりもさらに浅くする。
     外科カンファレンスに参加した。入院患者の経過について、看護師と医師の情報共有する。それぞれの立場    からの視点で報告し、今後の治療方針や看護方針の方向性を決める。
     緩和ケアについて:ターミナル(癌の終末期)の医療について、医療を提供する側が、患者本人や家族に対して    実施したケアについて、どの部分が本人や家族の意向を満たす事ができたのか、また改善する点は何処かを話   し合う。告知のタイミングの難しさ。告知をしないとしたら、患者は医者にだまされ、家族にもだまされて死ん   でいく。家族のモデルケースによる統計をとり、このケースだったらこういう対応がうまくいったなどの記録を   とると良いのかもしれない。
    

日別画面へコメントする

01月10日(木)

起床時刻:04時00分

就寝時刻は22時48分。昨日は署新年会。

以下病院実習日誌

 午前中:静脈路確保

 留置針での静脈路確保の患者さんがいてさせてもらう事になった。担当看護師が「まず、私の腕で練習してからいきましょう」と。静脈路が明確に見えていたので、1回で成功。いざ患者さんの個室へ行く。駆血帯を巻く。んー指先で確認するとあるのだが、目で見ては分かりづらい。目で見えてないと確実性は落ちるので、針は刺さず看護師さんにかわってもらった。終わった後で看護師さんが「反対側の私の腕にまた刺して良いですよ」と快く細い腕を差し出した。血管が見えてるので成功した。それより、2回も貴重な体験をさせてもらった看護師さんに心より感謝したい。自分にはメリットないのになかなかできない事である。

 午後:麻酔導入、オペ見学。
 
 術前の点検で人工呼吸器のソーダライムの若干の量の多さに気付かれた。定期点検でいつもと違うと感じる直感。見逃しそうな小さな異変に気付ことができるのは、常に意識をして点検する。プロは、新しい事をするのではなく、常に当たり前の事を当たり前にするだけである。

 術中のバイタル管理。麻酔科医師は、常に患者のバイタルを監視している。パルスオキシメーターの話では、拍動の中からドップラー効果による差異を、可視光線/赤外線の2つで読み取り数値化されている。発光部と受光部の間の指の位置も影響を受けるので、SPO2値が低い場合は付け替えたりすることも大切だ。
 モニターに映し出される数値により、薬を追加し一定を保つ。脈派の波形も確認。マイクロティックノッチという大動脈弁が閉った後の反動派。その脈派の形も麻酔の効力により波形は変化していく。
 何か異常だというのは、臨床所見以外の第6感も大切である。意識して考えている事よりも遥かに多い今までの経験値の神経細胞の活動による判断だからである。フロイトが言うところの無意識の領域。顕在意識は氷山の一角に過ぎない。その下には膨大な知識のネットワークが構築されている。

日別画面へコメントする

01月09日(水)

起床時刻:03時58分

就寝時刻は、21時。病院実習2日目終了。以下実習日誌

ワンポイント講義は、賞味期限と消費期限。

オペ見学。42歳男性、口蓋扁桃摘出。

カプノメーターでCO2分圧の数字だけにとらわれるな。グラフを見る事。プラートがしっかり出ているか。

「スタイレットの使用方法」
スタイレットを使うことによって、粘膜損傷のリスクをとるか、使わないと換気中断の時間が長くなるリスクをとるかということで換気中断のリスクは脳に直接ダメージがあり、患者にとっては最大の不利益である。だから、粘膜損傷のリスクをとる。すなわちスタイレットを使う。しかし、スタイレットも適切な使用により、粘膜損傷も最小に抑えられる。スタイレットを入れたままの挿管チューブを声門通過させるのではなく、右手でスタレットは固定したままチューブのみを通過させる。

日別画面へコメントする

01月08日(火)

起床時刻:04時00分

就寝時刻は21時15分。昨日は、病院実習初日で疲れた。久々にオペ室で5時間立っていたら、背中やら腰やら痛い。以下病院実習日誌を書く。
 
 午前中は、担当看護師について、薬剤の準備に携わる。受け持ちの患者様に、翼状針で投与をさせてもらう為に同意を取り実施するがうまくいかない。その女性の方は「よかよか失敗は成功のもと」と笑って言ってくれる。そういう優しさには頭が下がる想いだ。自分の見えるメリットは何にも無いが、痛くても笑っている。本当に感謝するべきことだと思う。こういう人は、きっと周りから愛され、+のフィードバックが得られるのだろう。

 午後は、57歳女性、左乳房温存術、左乳がん部分切除のオペ室で麻酔導入を見学した。麻酔医師より名前も知らないでよろしく御願いしますとは何事だと笑って叱咤を受ける。もっともなことだ。次に、「手技は身体で覚えろ」。車の運転も同じで、考えて行動を起こしていたらブレーキは間に合わない。挿管チューブの人工換気中断を短くするため、考える時間はロスになる。時間のロスは、そのまま患者の不利益となる。常に患者の事を考える。麻酔中の角膜保護の為にテープを瞼に貼る。そのテープは睫毛が付着して抜けないように、睫毛に当たる部分はテープを逆に貼ってある。またマーゲンチューブの患者の鼻に当たる部分は、シルキーテックスで鼻の形に作り、固定している。固定の際に、遊びの部分を作る事により、力が分散されるように工夫してあった。ちなみに、マーゲンチューブと言うのは、マーゲンというドイツ語とチューブという英語が混在していて、本当に英語で言うならストマックチューブなのだ。既製品が出回る中、アナログで手を使う事により、脳の若さが保たれると思う。シリンジには、薬剤名のテープを貼れることにより便利になった。昔はマジックでシリンジに書いていたとのこと。書いた方が、万が一シールが剥がれるというリスクは回避できる。

日別画面へコメントする

01月07日(月)

起床時刻:04時08分

就寝時刻は、22時14分。今日から、病院実習だ。朝のミーティング時に紹介があると思うが、そこで何を言うのかを考えていて少し憂鬱。いぜんだったら当り当たり障りのない事を言って終わっていたと思うが、知識が入ればこれもこれも言おうなんて欲張ってしまう。冷静に自分を分析すると、人に認められたいという認知欲が強いのだろう。まあ、ほどほどに話そう。2割くらいしか聞いてないんだから。

日別画面へコメントする

01月06日

起床時刻:03時58分

就寝時刻は22時18分。本日は朝から出動報告書を1件分済ませる。
小児の呼吸数の平均などのバイタル基準を調べ再確認する。

日別画面へコメントする

01月05日

起床時刻:04時34分

就寝時刻は22時。22時に寝たが寝付きが悪く20分程度は起きていたと思う。6時くらいで目が覚めるようになってきた。3時55分の目覚ましには気付かなかった。医療もビジネスという点で淘汰されていく時代。あやふやな事を言っているとすぐに訴えられ騒がれる。顧客という患者の要望を満たしつつ、医療を展開せざるを得ない。役所は顧客のニーズなんて無視。法の下にといって法律/条例をふりかざす。そこで思考停止して悪循環。コンピューターは数字を入力さえすれば計算をしてくれるが、なぜそうなるか、根拠は何かという事までは教えてくれない。必要ないから、考えなくていいということではない。「それって何の役に立つのでですか?」何の役に立つかどうかを考える。だってコンピュータにできないところをやって行くしかないのだから。jobという作業ではなく、workという仕事をする。その点では、医療も救急も「現場」というアナログで計算できない世界である。コンピュータには見えないところを探して考える。家族構成はデータを見れば分かるが、仲が悪いかどうかは考えないと分からない。

日別画面へコメントする

01月04日(金)

起床時刻:04時26分

就寝時刻は22時5分。眠気は少なく、いつもよりは寝付きが悪い。その分、目覚ましも止めたのかどうか分からず、二度寝したのだろう。自然に目は覚めたが。夢を見ていた。

 原因は昨日1日の糖分の過摂取が原因だろう。昼は、パンを食べた。甘系ばかり。それで、妻の姉妹家族と義母とウエストにうどん食べに行った。私は、ゴボウ天ソバを食べたが、食えたものではない。それで、夜は義母の家ですき焼き。これまた糖分が多い。20時頃にはパイの実を4つ食べたし、結果糖分の取り過ぎを反省する。

日別画面へコメントする

01月03日(木)

起床時刻:03時59分

 就寝時刻は22時。救急出動なし。昨日の反省点は、頭部外傷で意識レベルは大切。やはり意識レベルが低下していると重症度が上がる。嘔吐もあるとさらに確実。

体重体脂肪率を毎日手帳に記録する。

日別画面へコメントする

01月02日(水)

起床時刻:04時08分

就寝時刻は22時38分。昨日は、朝から雪が降って、子供達は外で雪遊び。午前中から清掃し、ステンレスラックを2階に配置したので、1Fの勉強部屋がオープンになり快適度が増した。昼は祖父の家に行き、日本について話す。軍事・外交・教育。話しだすと止まらない。以前はそういう意見を聞くのは面倒くさかったが、それは自分の意見も無くただ聞いていたからで、今回は語り合うような感じだったので有意義に感じた。夜になると、奏太は右耳が痛いらしく中耳炎みたいだ。
 本日は朝から1時間年賀状書き。

日別画面へコメントする

01月01日(火)

起床時刻:03時48分

就寝時刻は22時。昨日は、2F和室の整理をした。かなり廃棄処分したがまだまだある。

本日から新しい年だ。

・総合:整理する事。家計のキャッシュフローや家の中。勉強の環境を整える。何事も現状把握から。ファイナンシャ    ルリテラシーを上げて来年からの投資に向けてベースを整える。パソコンの中。
・英語:TOEICを受ける。900点超え3年以内
・音楽:ギターセミナー受講。ギターで発表会に出る。
・仕事:救急出動1件につき、良い点、反省点を最低1カ所は記録。
・健康:煙草は吸わない。飲酒は極力避ける。コップ1杯程度。時間・お金・集中力がなくなり健康を害する。体重63    kgで体脂肪を10%未満で維持する。
・読書:月に最低10冊
・スポーツ: 

日別画面へコメントする