200902 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:04:50

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

02月28日

起床時刻:04時25分

なぜ、あの人はいつもやる気があるのか 中谷彰宏著

やる気がない事を分析する事。全部が嫌という事ではないということに気づくだろう。嫌な事など実はほんのちょっとしたことかもしれない。

仕事でいえばここは好きだけどあれは嫌だという部分がある。嫌だという部分を細かく分析する事。何が具体的に嫌なのか。環境のせいにしていることもある。天井や壁というものは自分自身が作っているのである。

やる気というものは人にあげたりできない。モチベーションの高い人にだけ目を向けていれば良い。モチベーション低い人、やる気のない人にやる気を出させようと無駄な事はしない。万人にではなくモチベーションが高い人にやる気が伝染していく形がいい。

やる気のない人にやる気を出させるのは、やりたくもなかったことをやらせるという罪でしかない。

仕事は義務と思うからモチベーションが下がる。本来学習でモチベーションが下がる事は無い。学習というのはアクティブな行動であり、モチベーションが下がるのは学習ではない。

121

日別画面へコメントする

02月27日(金)

起床時刻:06時15分

久々に寝坊した。前日、インターネットでRCクローリング関連を検索しすぎたせいなのかもしれない。

頭の中はRCのことでいっぱいになっている。こんなにもハマるとは思っていなかった。あまりに情熱的なのは継続しない。もともと好きだったものにスイッチが入ると集中してしまうのはある意味では長所なのかもしれない。

近くの山を見ても景色が違う。どういうクローリングコースができるかという事を常に考える。さすが脳のカラーバス効果はこういうものである。

京商のクローリングマシンであるロックフォース2.2と田宮のCR01のランクル40と悩んでいたが、価格的な事と初心者という事もありCR01を購入しようと考えている。ただジムニーのボディが欲しいのでネットで検索していたところ、パルのサムライオフローダーというMシャーシ用のボディが使えそう。

今住んでいるところの裏は小高い丘になっており、雑草を整備すれば良いコースができそうなので今からワクワク夢が膨らむ。

日別画面へコメントする

02月26日(木)

起床時刻:04時40分

RCロッククローリングにハマりそうだ。昨日、ふと本屋のホビーコーナーで立ち読みしたことがきっかけである。心の中でこれだーと叫んでしまう。

ロッククローリングとは自動車競技のひとつで、幾重にも岩石がそびえる(とても自動車が進めるようには見えない)コースを、専用にカスタムされた4WD車でいかにスムーズに走破するかを競うもの。実車での競技はアメリカで盛んで、これをラジコンでやるのがRCロッククローリングである。

スピードではなく、強靭なマシンのパワーと、確実に岩肌を捉えるためのライン取り、グリップ、トラクションといったドライバーのテクニックである。

ラジコンとはいえそこには高い戦略性とドライビングテクニックが要求される。当然迫力は実車に及ばないものの、岩場の凹凸に合わせて前後のタイヤが互い違いに動き、グニグニと岩肌を捉えながら愛車が進んでいく様はどこか愛嬌があり、まるでペットのような愛着をおぼえる。逆にこれは本物にはないラジコンならではの魅力だろう。

主に屋外の自然と触れ合う事になるので、その開放感やコースを作る楽しみがある。祖父の所有する山を借りてコースを作り子供達と遊ぶ計画を立てよう。

まずはRCの世界の勉強を雑誌でするために注文した。今すぐにでも欲しい。心奪われるという事は恋に似たような感じである。

173

日別画面へコメントする

02月25日(水)

起床時刻:05時28分

「奇跡のリンゴ」木村秋則の記録

無農薬でリンゴは作れないという常識以前のことを覆した男の壮絶なる人生。死ぬくらいなら一度くらいバカになってみろと。

試行錯誤した害虫駆除も自然の摂理に従えば、土を良くし木を強くすれば、今まで効かなかった酢が効果を発揮する。目に見えている部分にとらわれ過ぎて答えが見つからなかった。

人が真に新しい何かに挑む時、最大の壁になるのはしばしば経験や知識なのだ。人は変化を恐れる生き物である。バカになるとその壁がとれる。

171

日別画面へコメントする

02月24日(火)

起床時刻:04時31分

本日、妻の誕生日である。プレゼントはドイツの老舗文房具社のラミー2000の4色ボールペンである。

このボールペンは、1966年に「2000年になっても変わらない品質を保証する」という思いを込められて誕生した。モダンでシンプルなデザインである。

デジタル技術の革新により、アナログ的な要素が少なくなって来た時代に、敢えてアナログでいくのは、書く事に関してはアナログの方が優れている点があると思うからである。

手は外部の脳と言われるように、自分の書いたものの方が記憶に定着しやすい事は周知の事である。

最近オープンしたショップの誕生日ケーキにしようと予約注文しに行ったら、スタッフの暖かい対応に気持ち良かった。プレートはどうされますか?と訊かれ名前とお誕生日おめでとうでお願いしますといい、ふと名前に”さん”をつけるかどうかで迷った。
おかしいですよね〜とスタッフと話しながら、妻に”さん”をつけるかどうかは、たまに呼ぶ時に”さん”をつけたりするからである。普段のパートナーの呼び方が暴露された瞬間であった。

日別画面へコメントする

02月23日(月)

起床時刻:05時21分


昨日、友人の結婚式に出席した。子供二人連れての結婚式である。新郎は高校時代の友人で、妻の従兄弟であるから家族で招待されたのである。3人目の出産からまだ1ヶ月が経過していない妻と二男は欠席。

フォーマルな姿の娘や息子は嬉しそうである。しかし、こういう席だからこそ食事のマナーは目立つ。席が離れていたのでなかなか注意できなかったのだが、日頃から注意していなければいけないと思った。

会場内のスタッフのおばちゃんが、空いた皿を下げるのは仕事だろうけど、会話をしている人の間を何度も遮るのは、自分の仕事優先という感じである。スピードを求めた結果、質が劣るという典型である。




147

日別画面へコメントする

02月22日

起床時刻:04時48分

88歳女性、自宅浴槽内に着衣のまま水没で心肺停止状態。家族が引き揚げ、浴室内で人工呼吸実施中。

ファーストインプレッションから時間が経過している事を思わせるような顔面及び四肢の蒼白。

意識なし、呼吸無し、総頸触れず。スペース狭小のためすぐに廊下まで移動し、胸骨圧迫及びBVMによる人工呼吸開始し、除細動器のパッドを装着する。

心電図は心静止(asystole)電気ショックは適応外である。心肺蘇生を継続しながら車内収容し搬送する。

浴室内の水没などの情報は無く、意識消失のみであった。現場に着く前に呼吸無しの情報が入り。連携隊出動が遅れる。

今回のようなケースで家族がしておくことは、玄関に近い広いスペースに移動しておくこと。また呼吸は正常と比べてどうかであるので、分からないなら呼吸無しと言った方が、救急隊の初期対応が遅れることを防げるというメリットがある。

応急手当講習会では、交通事故などで道路上危険なところからは首を動かさないように配慮して歩道などに移動してくださいと指導も行う。

病院まで搬送後、残念ながら死亡となったが朝まで元気だった人が突然亡くなるという家族にはあきらめきれない思いだろう。説明をする医師が静かな声で「可能性はないです」とはっきり言っていたのが印象的であった。


148

日別画面へコメントする

02月21日

起床時刻:04時32分

好き嫌いって信用していない。やっていたら好きになるのではないですか。 柳井 正(ユニクロ)

私は走る事は嫌いだった。なぜわざわざ苦しい事をしなければならないのか理解できなかった。ましてや朝から飯も食わず1時間も2時間も走っている奴の気が知れないと思っていた。

それが3ヶ月続けて習慣化すると、今も当たり前のようにウェアに着替えて日記を書いている。
動きながら安定を。身体のメンテナンスは大切である。

自分が変わって好きになる事は、これから先たくさんあると思う。または嫌いになるものも。それだけ好き嫌いって不安定なものでしかない。好き嫌いを単純に基準にするのは簡単だけれど、まずはやってみることが大切なのかも知れない。

119

日別画面へコメントする

02月20日(金)

起床時刻:04時25分

本日、健康診断である。消防職員は年に2回の健康診断がある。地域住民のイメージからは程遠いメタボな人達がたくさんいる。昔の暴飲暴食のせいで肝臓やられて痩せている人もいるが。

あの腹だけにはなりたくなかった。消防職員としての誇りも何もあったものではない。そうはいっても太っているからといってもすごく体力のある人なども中にはいるのでびっくりする。

パワーと持久力という両方をバランスよく備えている肉体こそが精神も安定する。

徹底的を習慣化する。テクニックを覚えても実践しなければ意味が無い。気づくことが大切である。

今回から採便も検査の項目に追加され2日間の便をとり提出。昨晩のカレーの残りを食べないといけないがメニュー選択を誤ったな。

日別画面へコメントする

02月19日(木)

起床時刻:04時40分

「かもめ食堂」群ようこ著

フィンランドのヘルシンキに日本人のサチエがお店を出した。シンプルで飾り気のない店だ。おにぎりが看板メニューだが地元の人にはなかなか受け入れてもらえない。

宣伝をすることもないので、当初はお客がこなかったりするだが、1日中グラスを磨いたり掃除をすることに時間をかける事は、ある意味贅沢な時間である。

サチエが市場に買い出しに行くわけだが、スーパーマーケットと違い、そこにはコミュニケーションがある。

現代は一言も話す事なくモノが買える。話すのが億劫な時もあるが、八百屋や魚屋で話しながら買い物をするという以前は当たり前の事が懐かしくもある。

一度で終わらせるスーパーは便利であるが、材料の選択や料理に時間をかけないということは、それなりのものしかできあがらない。

食は体を作る。その時間を節約して一体何に時間を使うのか?できるだけ食にはこだわって時間をかけるようにしたい。そんな自分が憧れるような時間の流れ方がフィンランドにはありそうな感じがした。

そのお店に毎日訪れる日本オタク青年が「ガッチャマンの歌詞を全部知りたい」という場面で笑えた。以前小説を読んで笑ったのはいつだっただろうか?

「正直にやっていれば、ちゃんとどうにかなるんです。」

お客が入らない事を心配したミドリに対してサチエが言った言葉が印象的であった。

日別画面へコメントする

02月18日(水)

起床時刻:04時20分

農業を見直す。質が重要視されてきている食材を自給自足でなんとか暮らしていける分くらいのノウハウを身につけておきたい。

時間はあまりないのである。現在の80歳台のおじいちゃん、おばあちゃんに技術を伝承してもらっておく。

先日、祖父母と話をしていて以前稲作をしていた土地をとっておいてくれないかという話をした。水が不足するのであまり稲作には向かないが、自給自足分くらいの畑作なら可能だと言う。

元気なうちに農業技術という財産を受け継いでおく。やらされる農業は嫌だけれど自分からアクションを起こしてやる分は、いろいろな事ができそうで夢が膨らむ。山もあるので別荘を作りたい。地元のカフェに新鮮な野菜を提供したい。マウンテンバイクのコースを作りたい。子供が安心して遊べるスペースを作りたい。

農業をやっている副署長から「なぜ、農業をするか分かるかね?」と尋ねられた事がある。
「農業は手をかければ手をかけるほど応えてくれるからだよ」と。その言葉が頭の中に残っている。

地震やウイルスなどの将来のリスクを少しでも減らすことと健康をテーマに自作農する決意を固めつつある。

日別画面へコメントする

02月17日(火)

起床時刻:04時20分

ドクターヘリ検証作業部会に出席した。

何ヶ月かのスパンで行われている。ドクターヘリ搭乗の医師から実際の症例の説明があり、時間経過や改善点などの要点が挙げられる。

多数傷病者事故の症例。トラックと列車との衝突事故や農道での乗用車同士の衝突事故など。

ドクターヘリとは搬送するも目的の一つであるが、本来の目的は、現場から一刻も早く医療を開始するための医療資源を投入する事であると。

この考えからいけば軽症だったからドクターヘリを呼ばなかったという考えは結果論であり、多数傷病者事故なりの情報があれば通報段階での要請が望ましい。

消防の指令センターが電話を受けた時点から病院前救護が始まるのである。

横浜などの都会では救急件数が凄まじく、それを受け入れる医療機関も疲弊している。本当に必要な人へ救急車を向かわせるために指令センターに医師や看護師を配置して電話を受けた段階でトリアージ(分別)している。

安易な理由で救急車を呼んではいけないと言うがその判断を地域住民にさせるのは違うと思う。相談できる体制をつくり不安を取り除くということが必要である。

日別画面へコメントする

02月16日(月)

起床時刻:03時25分

男女共同参画の啓発イベントでの講演を聴いた。

パラダイムシフトをする。固定的な概念にとらわれないことと熱く語る。男女共同参画って、なぜ女性をもっと上げないかんのかと誤解されている男性がいる。そうではなく社会全体をより良い方向に持っていく為に協力しましょうよという提案である。

あらゆる立場に立って物事を見るのは大切な事である。

相手を変える事は大変な事であるが、自分が変わる事は不可能ではない。

またコミュニケーションの手段としての手紙を見直すきっかけになるような話もあった。確かにモノや金やスピードの時代に貴重なモノは時間である。

 相手に対する思いを時間をかけて書く事により伝わのではないかと思う。

182

日別画面へコメントする

02月15日

起床時刻:04時20分

「あげまんになる36の方法」中谷彰宏著

いい運も悪い運も女性に宿る。

男に運というものは無く、いい運の女性と付き合うか、悪い運の女性と付き合うかである。

さげまんになっていないかを確認する意味でも女性も読んだ方が良いかな。

嘘を暴こうとする能力を磨いてはいけない。思いやりの嘘を暴いても誰もハッピーにはならない。嘘と分かっていても忘れる能力を持つ女はあげまんである。

「どれくらい好き?」とか数量的に誰かと比べるような質問をしたり、プレゼントにかけた時間の貴重さよりプレゼントの中身が気になったりしていないか。皆さげまんの人である。

モテルための女性の必須条件は、モノや金より時間を大切にすること。自分の軸がぶれていない事。

140

日別画面へコメントする

02月14日

起床時刻:05時00分

メンタルライティングする。

いわゆる日記である。人は文章を書く事によってストレスが軽減される。頭の中にあるデータを書き出す事によって情報が外在化され再認識(フィードバック)される。

「暗示で500%能力を引き出す勉強法」内藤誼人

これは記憶の定着の強化にもなる。日記と言っても、簡単な文章で書くこと。私は手帳に簡単な行動記録と気づきを書いている。何をした、何をしただけでは事実だけで成長が少ないからである。何を考えたのかが大切である。

この本を読んで覚えておこうと思った事。

○情報過多は選択ミスを起こす○

人はあまりに情報があり過ぎると選択ミスをする実験データがある。これを「情報の過負荷」という。情報があり過ぎると人はパニックになってしまう。

○やる気を出すための視覚化は累積度数グラフで○

自分がやって来た事を記録すると、モチベーション継続の力の一つになる。グラフ化はそのひとつである。一日一日のそれぞれの記録より、積み重ねる累積度数データは目に見えて気持ちいい。

日別画面へコメントする

02月13日(金)

起床時刻:05時20分

「情報ダイエット仕事術」堀・E・正岳

目標をしぼって、そこへ到達するための仕組みを作っていく。

変化が無いとモチベーションは上がらない。変化が無くても変化を求め続ける姿勢というのは、周囲から強制される変化にも柔軟な対応ができるようになる。

ホリスティックラーニング
全体の大きな関連性を覚えておき、詳細を引っ掛けていく方法。歴史を学ぶならひとつひとつの細かいデータを覚えていくのではなく、おおまかな流れを通した後に、比喩や単純化によってデータを覚える。

真面目なひとほど、小さいデータを積み上げる。怠け者はどうにか全体を把握してちょこちょこと詳細データを抽出して終わり。どちらもどちらだが、真面目な人が怠け者のやり方を取り入れたらすごい事になるのではないか。

そういうことに気づいた人が成功していく。真面目にやる必要もあるし、適当にやる(完璧主義)必要もある。要はバランスなのだと思う。

私は承認欲求を利用している。マラソンのエントリーをしたと周りの人に公言している。ただしポジティブな意見を持ってそうな人にだけ言う。
174

日別画面へコメントする

02月12日(木)

起床時刻:04時50分

質より量を積み上げる。

習慣化したいのなら、最初の初期摩擦をクリアしなければならないことは皆分かっている。

そのためには小さな成功体験を積む事が大切である。

家のブレーカーが落ちて保存していなかった。トホホ

144

日別画面へコメントする

02月11日(水)

起床時刻:04時31分

断られた人が夢を実現する。中谷彰宏著

ビールの泡の事を「スマイル」という。泡は損だからジョッキ内を全てビールにすると美味しくない。

自分の人生や仕事や趣味において泡の部分を意識して余裕を持つ事。

ウイスキーではこのことを「天使の取り分」というらしい。樽にしみ込んだ分である。

自分の取り分ばかり考えない事。

自分の仕事が面倒くさいと思ったら、自分のパラシュートをたたんでいると思え。スカイダイビングでも自分のパラシュートは自分で畳む事によって自分で責任が取れる。

畳んでいる時に、ここが少しくちゃくちゃになっても、しかたないとは思わないでやり直せるはずである。

自分を高められないと思うと、トイレに行くふりをして立ち去る。

残業してますと残業という言葉があるだけでしょぼい。好きな事をやっていない。仕事をしているという意識がないことをやろう。
176

日別画面へコメントする

02月10日(火)

起床時刻:04時15分

「ちょこっと和のある暮らしがなんだかとてもワクワクする!」金子由起子著

夏には蚊取り線香を焚き蚊帳を張り、風鈴の音で涼をとることや鰹の削り節器を使うことや、時間はかかるかもしれないが数十年前には誰もがやっていたことの心のメリットを見直そう。

効率もいいけれど、非効率の間に隠れていた癒しの時間を取り戻す。バカみたいに時間をかけるという事ではなく、自分がコントロールする時間をかけるということである。

例えば全自動洗濯機は合成洗剤を入れてボタン一つで完了するが、洗剤を無添加の粉石鹸に変えてみる。すると30°くらいのお湯に洗剤を溶かして洗濯機の中に入れる事になり手間がひとつ多くなる。

しかし、そこには環境にも人にも配慮された愛があるのだ。時間がないないと言っているうちは、そこには愛もないのである。

この本を読んで実行したいこと

・風呂敷、手ぬぐいを活用する
・おしゃれな箒で掃除をする
・宿坊を体験する
・万葉集をかじってみる
・自宅近くの老舗の古い温泉旅館に泊まってみる
・文様を取り入れる
・家紋を考える



208

日別画面へコメントする

02月09日(月)

起床時刻:04時30分

和のテイストを見直す。

朝食もシリアルよりご飯と味噌汁と漬け物。
エコバッグもナイロン製もいいけれど、風呂敷にしてみようかと思う。最近は現代風のデザインの風呂敷もあるみたいだ。

ご飯を炊いておひつにうつす。など時間が今までよりちょっとだけかかる。

そう、スローな感じ。スピードも確かに大切だけど、車のギアと同じでトップでばかり走っていたら、いい景色を見逃してしまう。

174

日別画面へコメントする

02月08日

起床時刻:06時40分

18km走った。楽に走れたが疲労は確実に蓄積していた。そのせいか今日は早起きできなかった。嘆くというより、まあ日曜日なのでゆっくりいこうと気持ちを落ち着かせる。今年の目標は継続する事だから。

いろいろなことをしなければならないと、〜ればと自分に課す事で気持ちよく行動できる人はいないのでは無いだろうか。勉強しなければと思ってする勉強と、勉強しようと思って勉強するのでは効率が違うように。

さあ今日もRUNから一日がスタートする。いつもより2時間程度遅い早朝runだ。

日別画面へコメントする

02月07日

起床時刻:05時40分

救急出動、83歳女性でペースメーカー装着者。自宅で起床時より呼吸困難感。酸素投与して搬送するも、搬送先の循環器医師は「SPO2低値でもないのになぜ酸素投与を?」

確かに何でも酸素投与しとけばいいというものでもないのは理解できる。我々は心疾患や呼吸器疾患でも確実な診断は不可能だが、あるていどの推測はする。特に循環動態が良好でない心疾患の患者には酸素投与することで不測の事態に対処する。細胞への酸素貯金みたいなものである。

限られた救急車内の資器材では搬送中の酸素投与くらいしか打つ手は無い。状態を悪化させない程度なら十分である。酸素投与について、もっと知識を深めよう。

日別画面へコメントする

02月06日(金)

起床時刻:04時56分

 ハーフマラソンにエントリーした。人生で初の大会である。まだハーフも走った事が無いのに。2ヶ月先の大会に向けてモチベーションアップだ。

 話は変わって昨日、今住んでいる一軒家である借家に住宅火災報知器を取り付けてもらった。2階の寝室と階段の2カ所。それと同時に、水回りの補修をしてもらう。設備屋さんが知り合いでいろいろとお願いした。水道の蛇口のひねリ加減の調整やパッキンの調整など、ほんのちょっとしたところだがストレスから解放される。

 設備屋さんありがとう。かっこいい。暮らしの質を上げるためには住の設備を改善できる技術は必要不可欠である。

 

日別画面へコメントする

02月05日(木)

起床時刻:04時45分

出生届は生まれた日も入れた14日以内となっている。名前を決めなければならない。

2月2日に男の子が生まれた。早産であったが2545g。4週間ほど早いので名前も全然考えてなかった。一番上は”音”、二番目は”奏”と音楽に関係する漢字がそれぞれ入っているので三番目も入れたい。

今のところ候補は”響”である。

話は変わるが、走り始めてから3ヶ月近くになる。昨日約17kmをキロ5分ペースくらいで楽に完走できるようになった。4月に大会があるので人生初のエントリーをしようと思っている。

ハーフにするか10kmにするか悩むところである。
116

日別画面へコメントする

02月04日(水)

起床時刻:05時30分

モノを片付ける事は、モノを自分の世界の秩序に従わせ最大限に生かす事である。何が何処にあるのか分からない状態であれば、いくらいいものを持っていても満足は無いしストレスは溜まる一方である。

片付けとは繰り返される行為で、また散らかるからいいやと思いがちである。しかし、片付いていない状態は、モノが自分から離れ、結果振り回されているのである。

できることを一つ一つ、小さい事をする。

モノに振り回されない「片づけのコツ」金子由紀子著
より
179

日別画面へコメントする

02月03日(火)

起床時刻:04時30分

「そろそろスローフード」島村奈津/辻信一

ローカルを見直し、その土地に合ったスローな食べ物を見直そう。味噌など時間短縮のために保存料を入れる。添加物により世界の味は均一化される。食の多様性を求めるならば調味料をローカル化していかなければならない。


我々は効率や時間の為に化学的なものを身体に取り入れなければならないのか?そうやって節約した時間をどれだけ有効に使っているのだろうか?

安さが市場経済の原理だから、そのために犠牲になる部分を考えよう。
163

日別画面へコメントする

02月02日(月)

起床時刻:05時31分

「問題を引き起こしたのと同じマインドセットのままで、その問題を解決する事はできない。」というアインシュタインの言葉がある。

例えば、地球温暖化を引き起こしたのと同じ心の枠組みで問題を解決できるかのように思い込む。バイオエタノールも穀物を人間より車に食べさせるという事だ。他の地域の飢餓よりも贅沢してくれる国の人が所有する車の食事となる。

地球温暖化は、経済の発展のパラダイムを日本のようなクルマ作りや道路作りの根本からシフトしていかなければならない。

車は必要だが、街作りを考えれば車に依存しない社会も可能性はある。金儲けと田舎の都会化を目指して、郊外にドンとメガスーパーマーケットなどを建てていたら、高齢者が増えてくる社会は対応できるのだろうか?

日別画面へコメントする

02月01日

起床時刻:04時15分

「面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則」
本田直之著

後で面倒くさいことが起こらないように、まだ小さい面倒の時期に先手を打つ。

1考え方、2日常生活、3仕事、の三部構成。

日常生活編で「モノを捨てる」に今の気分は共感。モノが増えていくほど整理整頓にかかる時間は増えるし、ストレスも溜まる。モノにお金を使うのは良いがスペースにもお金を払い続けることも考えなければならない。

要は”下調べ”の重要さである。旅行に行くときに現地の情報を調べた方が楽しさが倍になる。人生においても下調べをしておくこと。

物事を単純化する為に我々は考えるのである。単純化したほうが行動に移しやすく、再現性も簡単になるから。

以下の法則

機器のマニュアルを読む。
2次会は行かない。
愚痴は言わない。
やらないことを決める。
家計簿をつける。

など

123

日別画面へコメントする