201906 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:07:30 平均起床時刻:08:50

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

06月02日

起床時刻:10時16分

06月03日(月)

起床時刻:09時38分

06月04日(火)

起床時刻:06時28分

おはようございます!

ジェニーが朝5時からキッチンでガタガタ何かをつくっていて、
その音で5時半に目がさめる。
1時間ふとんの中で(んも~、なんだって朝っぱらから・・・)と
不満たらたらだったけど、せっかく目がさめたのだから、と
6時半に起床して久しぶりにモーニングページを2頁つけたら、
イライラもすっきりする。

ジェニーがつくっていたものは、中国版パンケーキのようなもので、
朝のコーヒーを淹れにキッチンに入ったら、蒸し器の蒸気で充満していた。
「なにつくってるの?!(・▽・;」と聞いたら
「わからないんだけど(笑)ネットで作り方を見てつくってみた」と言っていた。
謎だ。
しかし早起きが続かない私としては、
ときに深夜まで起きていたりするくせに、
朝の5時からがっつりしたパンケーキをつくれる彼女の睡眠の強制能力に多少尊敬の念すら感じる。
先月の私の平均起床時刻はほぼ9時~9時半だったと思うから。

卵と牛乳がなかったので、朝からスーパーへ行く。
本日より早起き日記再開。
朝はよく晴れて、6月の新緑がとてもうつくしい。
新たにみつけたお気に入りの図書館スペースにて、
9時半より本日の論文執筆開始!

日別画面へ

06月10日(月)

起床時刻:09時30分

おはようございます。
連日の図書館生活。
今日はネットのオックスフォード・ディクショナリーを開いたら
突然緑のバナーに変わっていてびっくりする。
運営会社が変わったみたいだ。
小さくpowered by Oxfordと書いてあるからオックスフォード辞典であることにも変わりはないし、単語の意味の記述がそれで変わるわけでは当然ないからいいんだけど、
なんだか緑に違和感があって仕方がない。
ウェブのアイコンも「L」:Lexicoのエルに変わってしまっている。
ちょっと残念だけど、ケンブリッジのウェブディクショナリーよりも
使い勝手がよいので、やはりこのまま使い続けると思う。

外の景色の緑も、だいぶ深い色になってきた。

日別画面へ

06月17日(月)

起床時刻:07時11分

おはようございます。
先週無事に先行研究のところの章をスーパーバイザーに提出したから、
ちょっと小休止と思って1~2日休んで市内観光やら近くの町へ観光に行こうかと思っていたけど、結局だらだらしてしまって、市内観光と友達とパブへ行ったくらいの週末のまま月曜日。
天気が悪いのもよろしくない。
スーパーバイザーに「6月なのに寒いんですね」と言ったら、
unusualと言っていた。
去年は5月末から8月いっぱいまでとてもいい天気だったらしく、
「気候変動だね」と言ってた。
気候変動は、観光にも影響する。
経済に大打撃だし、精神的にも大打撃よ。
今、まっさきに世界が手を打たなければならないのは、
気候変動とプラスチック問題。。。
と、
勝手に自分が休日をだらだらすごしたことの矛先を気候変動とつなげてみる。
今朝は7時に目覚ましとともに目がさめる。
そんな自分に逆にびっくりするほど、ここのところ9時~10時が普通だった。
論文を書き始めると頭がそればかりに集中して、
昼夜を問わず論文のことを考えていて、
結局2時くらいまで眠れない。
そうなると翌朝9時起き10時起きが当たり前の生活になる。
でも、そういう生活っぷりを自分で責めるのもよろしくない。

日別画面へ

06月27日(木)

起床時刻:10時05分

おはようございます。
ここのところずっと10時台、というかむしろ11時ぎりぎりに起きる日々が続いていた。
今日は9時にものすごく怖い夢で起きて、
いやぁな気持ちがしたので、一度起きてからまたベッドに横になる。
今日はそんな夢も、外へ出れば早々に消え去るほどの雲ひとつないよいお天気。
朝ごはんとランチをつくりながら、
ラジオを聞いていたら、ニュースで
ブレクジットになった場合には、日本企業のイギリス離れが加速するだろう、
と河野外相が言った、と言っていて、河野さんのコメントが流れていた。
英語のニュースの中に河野さんの英語のコメントが挿入されると、
(やっぱりこの人の英語は「耳に遜色ない」のね~)
というのがよくわかった。

帰国まであと2か月を切り、
授業がなくなって間延びした日々を、
しっかり充実したものにしていこ~、と思う快晴の朝。
帰国したら「どうでしょう」の新作も待っているし♪

日別画面へ

06月28日(金)

起床時刻:08時45分

今日はスーパーバイザーに次の章をチェックしてもらう日なので、
8時台に起きた。
私はいつもそうなのだけど、なぜだか、約束があるときは
どうしてもその時間まで他のことに集中することができない。
結局今日も早めに起きたけど、
12時のアポまで部屋で手持ち無沙汰に何となくコーヒーばかり飲んでしまった。

2章目は何とかクリアし、
次の章へ。
テレビゲーム皆無な家庭環境で育ったけれど、
何となく1章1章クリアしているようで楽しい。
「一気に1万5千字書くと思わずに、1章ずつ議論を積み上げていけば大丈夫」
と最初のミーティングでスーパーバイザーに言われた。
この人は本当にやさしくて親切なのです。

最近はクラスメートの(特にアジア系の)facebookは見ないようにしていたんだけど、ついびっくりしたニュースがあったもんだからfacebookに貼ってしまって、ついでに他のクラスメートの最新投稿も1つ2つ見てしまった。
論文執筆をたったの1カ月(1日400字で30日で終わらせたらしい)で終わらせて、残りは旅行に使いたいと言っていた人なので、どうやら本当に旅行に行ったらしい。
私も1章終えるごとにできれば2泊3日程度の国内小旅行で気分転換をしたいとは思っているけど、何となくちょっとイラっとしてしまっていけない。
とっても失礼な物言いだと重々承知しているけれど、
修士課程に来ておいて、最後の一番の成果である論文を
「面倒くさい」と言ってしまったら、
「それ言っちゃあおしめぇよ」と江戸弁で言いたくなる気持ちが
むくむくと沸いてきたとしても許されると思うのだ。
まるで「そんなことをしに留学したんではない」と言わんばかりに
論文をさっさと片付けるというのは、何のための学位なんだろうか。
日本で2年の“博士前期課程”を終えた身として、
修士課程を語学留学と同じ次元で考えるな!といいたい。
なんだかこっちがこの大学へ来たことが残念に思える。

日別画面へ