20190523(木) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 03時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

未明ボラの担当範囲が広がりそうだ。こまった。
Dona nobis pacem.
   https://youtu.be/_mEXfohmzj4
   dona 動詞donoの二人称単数命令。「与えたまえ」。
   nobis 一人称複数与格。「われらに」。
   pacem 女性名詞paxの単数対格。「平和を」。
   ほんらいは「ぱーけむ」だけど、
   教会ラテン語はイタリア語風なので「ぱーちぇむ」と歌ってる。

★柳沼『ギリシア・ラテン名言集』:ラテン語篇(10/211)

soles occidere et redire possunt:
太陽は、墜ちたり昇ったりできるが、
nobis cum semel occidit brevis lux,
私たちから、つかの間の光がいったん落ちると、
nox est perpetua una dormienda.
夜はひとつづきに(私たちが)眠らされなくてはならないものとなる。
(永遠の眠りの夜があるだけ)かな?
 (カトゥルス『詩集』第五番4)

soles 男性名詞sol「太陽」の複数主格。
なんと! 太陽がいっぱい。唯一のthe Sunがあるのではなく、毎日別のa Sunが昇ってくるのだという感覚なんだろうか。
occidere 動詞occido「落ちる」の不定詞。
redire 動詞redeo「戻る」の不定詞。
possunt 動詞possum「できる」の三人称複数現在。
「possum +不定詞」は英語の「can +動詞原形」とか「be possible to不定詞」に相当。

nobis 一人称複数奪格。
cum 接続詞「〜した時に」。
semel 副詞「一度|一時」。
occidit 動詞occido「落ちる」の三人称単数現在。
brevis 形容詞brevis「短い」の男女単数主格。
lux 女性名詞「光」の単数主格。

nox 女性名詞「夜」の単数主格。
est be動詞sumの三人称単数現在。
perpetura 形容詞perpetuus「連続的な」の女性単数主格。
una 形容詞unus「ひとつの」の女性単数主格。
dormienda 動詞dormio「眠る」の受動分詞女性単数主格。
(ago「〜を為す」の受動分詞中性複数主格がagenda、つまりアジェンダとは「為されるべき(ことごと)」……といった具合に受動分詞は使われる)

コメント

haruno haruno 2019/05/23 05:22

あ、ぱーちぇむ♪

michi0401 michi0401 2019/05/23 06:08

へー、かっぱさんの勝ち(╹◡╹)

huangzi huangzi 2019/05/23 08:01

ほほー。

コメントする

名前: