20190619(水) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時07分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

ゆうべもけさも月が赤い。
阪神・淡路大震災の前夜も
こんな色だった。
先週の木曜もそうだったから、
地震とは関係はないのだろうけど、
いやな感じだ。

名言集は後ほど。
少々やっかいな文章なのだ。

ひえ〜、語釈を長々と書いたのに、うっかりスワイプして消えてしまった。
要点だけ書き入れなおした。とほほ。

★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』ローマ篇(34/211)

Roma tibi subito motibus ibit amor.
 (聖シドニウス・アポリナリス)

回文なのだけど、それゆえに無理をしていて、構文上の矛盾がある。

柳沼訳:汝の愛するローマは突然の動乱によって崩壊するであろう。
 subito(形容詞なら男性単数奪格)とmotibus(男性複数奪格)で数が合わない。
 tibi(二人称単数)とamor(動詞だとすると一人称単数)で人称が合わない。

窮狸訳:愛は動乱によって突然、ローマからあなたに来るであろう。
 tibiは与格だけど「あなたに」でいいのか不安。
 構文論的に矛盾は少ないけど意味論的に変。

Roma 女性名詞、主格か奪格か。
 主格なら述語動詞は三人称単数。――①
 奪格なら地名なので出発地「ローマから」。方向「ローマへ」なら対格Romamとなる。――②

tibi 二人称代名詞tu「あなた」の単数与格(間接目的語となる)。

subito 形容詞か副詞。
 形容詞ならsubitus「突然の」男性単数奪格。修飾される語も男性単数奪格――。③
 副詞なら「突然に」。性数格は問われない。――④
motibus 男性名詞motus「動乱」の複数与格か奪格。――⑤
③だと⑤と数が合わないので④の解釈を採用して、「動乱によって突然に」となる。

ibit 動詞eo「行く|来る|陥る……」の三人称単数未来。――⑥

amor 動詞か名詞。
 動詞ならamo「愛する」の受動態一人称現在。――⑦
 名詞なら男性名詞amor「愛」の単数主格。――⑧

この中から構文に矛盾を生じない組み合わせをつくれば、それが直訳。

コメント

michi0401 michi0401 2019/06/19 04:34

おはようポンポコポンポコポーン♪
まだ、赤い月が見えません(T ^ T)

haruno haruno 2019/06/19 04:45

白い月なら見まちた。

ymznjp ymznjp 2019/06/19 06:40

それはストロべリームーン?

nekonori-216 nekonori-216 2019/06/19 07:27

かいぶんだー!
かいぶんだー!
すご〜い!

ymznjp ymznjp 2019/06/19 12:00

回文? しんぶんし とまと
公文公?

コメントする

名前: