20190822(木) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 02時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

fuga temporumといえば、思い出すのはこの歌。

時の流れを
ぼくらは知りたくて
町をみおろせる
丘に登り立っています

紙ふうせんが歌っていたけど、メロディーはフォルクローレの「El Eco」なんだよね。 https://youtu.be/XQmBzr2AsKg


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』ローマ篇(91/211)

Exegi monumentum aere perennius
私は記念碑をうち建てた。青銅よりも永続し、
regalique situ pyramidum altius,
ピラミッドの中でも王たちの建造物であるものより高くそびえ、
quod non imber edax, non Aquilo impotens
possit diruere aut innumerabilis
annorum series et fuga temporum.
壊滅的な雨も、自制心のない北風の神も、
年月の数えきれない連なりも、飛び去る時間も
うち壊すことのできない記念碑を。
 (ホラティウス『詩集』第三巻30.1)

exegi 動詞exigo「成し遂げる」の一人称単数完了。
monumentum 中性名詞「記念碑」の単数対格。
aere 中性名詞aes「青銅」の単数奪格。
perennius 形容詞perennis「永続する」の比較級中性対格。

regali 形容詞regalis「王の」の単数奪格。
sutu 男性名詞situs「建造物」の単数奪格。
pyramidum 女性名詞pyramis「ピラミッド」の複数属格。
altius 形容詞altus「高くそびえる」の比較級中性対格。

quod 関係代名詞
non 副詞「〜でない」。
imber 男性名詞imber「雨」の単数主格。
edax 形容詞edax「破壊的な」の男性単数主格。
Aquilo 男性名詞Aquilo「北風の神」の単数主格。
impotens 形容詞impotens「自制心のない」の男性単数主格。
possit 動詞possum「〜できる」の接続法三人称単数現在。
diruere 動詞diruo「破壊する」の現在不定詞。
aut 接続詞「あるいは」。
innumerabilis 形容詞innumerabilis「数えきれない」の女性単数主格。
annuorum 男性名詞annus「年」の複数属格。
series 女性名詞series「連続」の単数主格。
 数の一致から「数えきれない」は「連続」にかかるんだな。
et 接続詞「〜と」。
fuga 女性名詞fuga「飛び去ること」の単数主格。
temporum 中性名詞tempus「時」の複数属格。
 「時の飛び去ること」という言い方がラテン語的なんだとか。

コメント

haruno haruno 2019/08/22 06:14

自制心のない北風。。おもろい。

nekonori-216 nekonori-216 2019/08/22 06:40

ギリシャの風は船をひっくり返すからねー。

tak_si tak_si 2019/08/22 09:21

山の神よりおそろしい。

コメントする

名前: