201905 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:05:09

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

05月31日(金)

起床時刻:04時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。 05時46分[いま起きた]ボタンで記録されました。

夕方から風が強くなってきた。
二度寝。
けさは曇り。どよん。

★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』ラテン語篇(17/211)

lupus in fabula.
話の中の狼。

lupus 男性名詞「狼」主格。
in 前置詞。奪格を従えて「〜の中で|〜の中の」。
fabula 女性名詞fabula「話|物語|噂|劇……」の単数奪格。
 奪格なので語尾のaは長音。「ふぁーぶらー」となる。

けさも構文は簡単だけど、ねこに化ける練習。
にゃんですのん、これ?

柳沼氏によれば「噂をすれば影」という意味らしい。
狸的には「cuniculus in fabula」(話の中のうさぎ)である。
噂をすればカチカチ……ボッ!

日別画面へコメントを読む(6)

05月30日(木)

起床時刻:06時33分[いま起きた]ボタンで記録されました。

未明ボラに出ると、
烏が山に帰らず、駐車場で鳴いている。
杜鵑も団地の中を鳴きながらあちこちわたってる。


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』ラテン語篇(16/21)

cui placet obliviscitur,
喜ばされたそれを人は忘れる、
cui dolet meminit.
苦しめられたそれを人は心に留める。
 (キケロ『ムレナ弁護演説』42)

cui 関係代名詞単数与格。
 性と数は先行詞に一致し、格は関係文内の機能による。
placet 動詞placeo「喜ぶ」の三人称単数現在。
obliviscitur 異態動詞obliviscorの三人称単数現在。
dolet 動詞doleo「痛む|苦しむ|悲しむ」の三人称単数現在。
meminit 動詞meminiの三人称単数現在。

今日は単純な構文だけど、
 形は受動態だけど能動態の意味をもつ異態動詞(obliviscitor)、
 形は完了形だけど現在の意味をもつ動詞(memini)、
がでてきて、にゃにゃにゃ?となった。猫に化ける練習にちょうどよい。
しかも、placeo、doleoも元の態とは逆に訳すほうがしっくりくる。

日別画面へコメントを読む(3)

05月29日(水)

起床時刻:06時23分[いま起きた]ボタンで記録されました。

寝坊!
急げ!


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』よりラテン語篇(15/211)

‘O fortunati mercatores !’ gravis annis
「おお、幸福な商人たちよ!」と年によって重くなり、
miles ait, multo iam fractus membra labore.
労働によりすっかり身体が壊されてしまった兵士が断言した。
contra mercator, navem jactantantibus Austris,
南風に船をさんざん振り回された商人が言い返す。
‘Militia est potior. Quid enim? Concurritur; horae
「軍隊の方がより能力がある。
どうしてか? こう配慮されている;一時間一時間、
momento cita mors venit aut victoria laeta.’
瞬時に引き起こされる死がやって来るか、
幸せな勝利がやってくるかが」。
 (ホラティウス『諷刺詩』第一巻1.4)

O 感動詞。このあたりは万国共通。
fortunati 形容詞fortuatus「幸福な」の男性複数呼格。
mercatores 男性名詞mercator「商人」の複数呼格。
メルカートレースと読む。
gravis 形容詞gravis「重い」の男性単数主格|単数属格|複数対格?
奪格ではないから次のannusにかかるとは言えない。
すると、
annis 男性名詞annus「年」の複数奪格。
miles 男性女性名詞miles「兵士」の単数主格。
ということはgravisはこれにかかるもよう。
ait 動詞aio「断言する」の三人称単数現在。

multo 副詞「はるかに|断然|おおいに」。
iam 副詞「すでに|まったく」。
fractus 動詞frango「壊れる|ばらばらになる」の完了分詞。
membra 中性名詞membrum「身体」の複数主格。
labore 男性名詞labor「労働」の単数属格。
contra 副詞「相対して|逆に…」。

navem 女性名詞navis「船」の対格。
jactantantibus 動詞jacto「投げる|振り回す|苦しめる…」の現在分詞の複数奪格jactantibusらしい。tanがダブっているのは、はて?
Austris 男性名詞auster「南風」の複数奪格。大文字なのは、はて?
ともあれ、これは「独立奪格句」というラテン語特有の構文らしい。ヒルトン『チップス先生さようなら』にも独立奪格はラテン語の難所として出てくる。

militia 女性名詞militia「軍隊」の単数主格。
est 動詞sum(be動詞)の三人称単数現在。
potior 形容詞potis「能力のある」の男性女性主格比較級。

quid 副詞「どうして|なぜ」。
enim 接続詞「なぜならば|たとえば|すなわち」。
concurritur 動詞concuro「配慮する」の三人称単数現在受動態。

horae 女性名詞hora「一時間」の複数主格。
momento 中性名詞momentum「動き|瞬間」の単数奪格。
cita 動詞cieo「駆り立てる|起こさせる|動かす…」の完了分詞女性主格。
mors 女性名詞morsの単数主格。
venit 動詞venio「来る」の三人称単数現在。
aut 接続詞「または」。
victoria 女性名詞victoria「勝利」の単数主格。
laeta 形容詞laetus「楽しい|幸せな…」の女性単数主格。

ひゃ〜、きょうも長かった。

日別画面へコメントを読む(1)

05月28日(火)

起床時刻:02時59分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月27日(月)

起床時刻:05時55分[いま起きた]ボタンで記録されました。

RならぬZ。
zzzzZ zzzzZ ...


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』よりラテン語篇(14/211)

omnibus hoc vitium est cantoribus,
すべての歌手にとってこれが悪徳である。
inter amicos
親しいものどうしでは
ut numquam inducant amimum cantare rogati,
歌うよう求められることをけっして心に受け入れない。
iniussi numquam desistant.
そんな具合には、みずから、けっして止めない。
 (ホラティウス『諷刺詩』第一巻3.1)

omnibus 形容詞omnis「すべての」の複数与格。
hoc 代名詞「これ|この|ここ」の中性単数主格。
vitium 中性名詞vitiumの単数主格。
est 動詞sum(英語のbe)の三人称単数現在。
cantoribus 男性名詞cantor「歌手」の複数与格。
これまた修飾語と被修飾語が離れている。
omnibus cantorribus
これは〈利害の与格〉「〜にとって」の意味だそうだ。

inter 前置詞、対格を従えて「〜の間に」。
amicos 形容詞amicus「親しい」の男性複数属格の名詞用法。名詞として扱ってしまっていいかも。
ut 接続詞。
numquam 副詞「決して〜ない」。
inducant 動詞induco「導き入れる|持ち込む|誘う|説いて〜させる」の三人称複数現在。
animum 男性名詞aninus「精神」の単数対格。
cantare 動詞canto「歌う」の現在不定詞。
rogati 動詞rogo「問う|求める|招く」の一人称単数完了と思いきや、受動現在不定詞らしい。わーっ不定詞節だ。

iniussi 形容詞iniussus「自ら」の男性複数主格。
desistant 動詞desisto「やめる|思いとどまる」の三人称複数現在。
この行がよくわからない。柿沼氏は「だれも歌えと言わないと………」を補っている。

日別画面へコメントを読む(1)

05月26日

起床時刻:06時41分[いま起きた]ボタンで記録されました。

きのうは久しぶりに
大阪で編集の話をわいわいと。
で、寝坊。


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』よりラテン語篇(13/211)

sonat hic de nare canina littera.
ここで、鼻から犬の字の音がする。
 (ペルシウス『諷刺詩』第一番109)

sonat 動詞sono「音がする|鳴らす」の三人称単数現在。
hic 副詞「ここで」。形容詞の男性単数主格も同じ形だけど修飾される男性単数主格の名詞がでてこないから、副詞に違いなかろう。
de 前置詞。奪格を従えて「〜から」「〜について」。
nare 女性名詞naris「鼻」の単数属格。
canina 形容詞caninus「犬の」の女性単数主格。
littera 女性名詞littera「文字」の単数主格。

けさのは簡単な構文だけど、
なんだこりゃ的な内容。「犬の字」とは「R」のことで、うなる声を「Rrrr...」書くんだそうだ。鼻の穴からRrrr…なんてマンガである。

ところで、犬はcanis(女性名詞)。Canisはシリウスのことでもあり、Canis majorはおおいぬ座、Canis minorはこいぬ座。

日別画面へコメントを読む(6)

05月25日

起床時刻:04時28分[いま起きた]ボタンで記録されました。 04時45分[いま起きた]ボタンで記録されました。

うぐいすが近くで鳴いている。
きょうは午後、「みだしのつけかた」を勉強しに大阪へ。


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』よりラテン語篇(12/211)

ut hirundines aestivo tempore praesto sunt,
つばめたちが夏の間は私たちの身近にいて、
frigore pulsae recedunt,
寒さに駆り立てられると帰っていくのと同じように、
item falsi amici sereno vitae tempore praesto sunt;
偽りの友も、人生のうちで平穏な時期には身近にいるが、
simul ateque hiemem fortunae viderunt,
なりゆきの冬を見てとったとたん、
devolant omnes.
みんな急いで去っていく。
 (作者不詳『ヘレンニウスに宛てた弁論術書』第四巻48.61)

今朝のは長いので夕べのうちに書いておいた。

ut 接続詞。副詞item「同じく」と呼応して「〜と同様に」
hirundines 女性名詞hirundo「つばめ」の複数主格。
aestivo 形容詞aestivus「夏の」の中性単数奪格。
tempore 中性名詞tempus「時」の単数奪格。
ここでは奪格で時を示している。
praesto 副詞「手近に」。
sunt 動詞sumの三人称複数現在。

frigore 中性名詞frigus「寒さ」の単数奪格。
pulsae 動詞pello「押す|打つ|駆り立てる……」の完了分詞の女性複数主格。
修飾されるhirundinesが省かれているとみた。完了分詞は受動の意味をもち、行為者は奪格で示すのでfrigoreだとするとつじつまがあう。
recedunt 動詞recedo「戻る|帰る|止める」の三人称複数現在。

falsi 形容詞falsus「誤った|偽の」の男性複数主格。
amici 男性名詞amicus「友」の男性複数主格。
seneno 形容詞serenus「晴れわたった|明るい|平静な」の中性単数奪格。
vitae 女性名詞vita「生きていること|暮らし|人生」の単数属格。
この属格は「部分属格」(〜のなかで)かも。すると「人生のうちで……」となる。

simul 副詞「同時に」。
ateque 接続詞「そして|さらに|同様に|と違って」。
simul atequeで「〜するやいなや」。
hiemem 女性名詞hiems「冬」の単数対格。
fortunae 女性名詞fortuna「運命|境遇|不幸|偶然|機会」の単数属格。
viderunt 動詞video「見る」の三人称複数完了。
devolant 動詞devolo「飛び去る|急いで降りる」の三人称複数現在。
omnes 男女複数名詞「すべての人々」の主格。

1行目から4行目まで韻を踏んでいる。
……sunt,(スント)
……recedunt,(レケードゥント)
……sunt;(スント)
……viderunt,(ウィデールント)
同じ人称なら動詞活用語尾は同じようになるし、動詞を句末に置けるから脚韻は踏みやすいかも。

3行目のvitae temporeと4行目のhiemem fortunaeは順序が逆とはいえ、名詞属格が名詞対格にかかっているという点で同じ構造。

1行目のaestivo(夏に)と4行目のhiemem(冬を)は意味的に照応していて対句のような感じ。

形式も内容も漢詩のようでおもしろい。


ところで、日本に来るのはツバメ科ツバメ属ツバメ。その学名はHirundo rustica(ヒルンドー・ルスティカ)。属名はそのまま。種小名は形容詞rusticus「田舎の|郊外の」の女性単数主格。つまり「田舎のつばめ」「田んぼのつばめ」ぐらいの意味。なお、ツバメ科はHirundinidae。

日別画面へコメントを読む(3)

05月24日(金)

起床時刻:03時45分[いま起きた]ボタンで記録されました。

早朝ボラ。


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』よりラテン語篇(11/211)

abstulit clarum cita mors Achillem,
早い死がかのアキレースを奪った。
longa Tithonum minuit senectus.
長い老年期がティートーノスを弱らせた。
 (ホラティウス『詩集』第二巻16.29)

abstulit 動詞aufero「奪う|取り上げる|とりはずす……」の三人称単数完了。fero自体が不規則だけど、前綴りも不規則に変化している。辞書を引くのに難儀した。
clarum 形容詞clarus「明るい|輝く|傑出した|高名な」の男性対格。
cita 形容詞citus「早い|急な」の女性単数主格。
mors 女性名詞「死」の単数主格。
Achillem 男性人名Achillesの対格。

longa 形容詞longus「長い」の女性単数主格。
Tithonum 男性人名Tithonosの対格。
minuit 動詞minuo「砕く|そこなう|弱める|減らす」の三人称単数完了。
senectus 女性名詞「老年|老人|白髪」の単数主格。-usは男性名詞がほとんどだけど女性名詞もある例。

この文も語順がかなり変だけど、性数格でどれが主語でどれが目的語なのか、形容詞がどの名詞にかかるのか、がわかる仕組み。

日別画面へコメントを読む(3)

05月23日(木)

起床時刻:03時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

未明ボラの担当範囲が広がりそうだ。こまった。
Dona nobis pacem.
   https://youtu.be/_mEXfohmzj4
   dona 動詞donoの二人称単数命令。「与えたまえ」。
   nobis 一人称複数与格。「われらに」。
   pacem 女性名詞paxの単数対格。「平和を」。
   ほんらいは「ぱーけむ」だけど、
   教会ラテン語はイタリア語風なので「ぱーちぇむ」と歌ってる。

★柳沼『ギリシア・ラテン名言集』:ラテン語篇(10/211)

soles occidere et redire possunt:
太陽は、墜ちたり昇ったりできるが、
nobis cum semel occidit brevis lux,
私たちから、つかの間の光がいったん落ちると、
nox est perpetua una dormienda.
夜はひとつづきに(私たちが)眠らされなくてはならないものとなる。
(永遠の眠りの夜があるだけ)かな?
 (カトゥルス『詩集』第五番4)

soles 男性名詞sol「太陽」の複数主格。
なんと! 太陽がいっぱい。唯一のthe Sunがあるのではなく、毎日別のa Sunが昇ってくるのだという感覚なんだろうか。
occidere 動詞occido「落ちる」の不定詞。
redire 動詞redeo「戻る」の不定詞。
possunt 動詞possum「できる」の三人称複数現在。
「possum +不定詞」は英語の「can +動詞原形」とか「be possible to不定詞」に相当。

nobis 一人称複数奪格。
cum 接続詞「〜した時に」。
semel 副詞「一度|一時」。
occidit 動詞occido「落ちる」の三人称単数現在。
brevis 形容詞brevis「短い」の男女単数主格。
lux 女性名詞「光」の単数主格。

nox 女性名詞「夜」の単数主格。
est be動詞sumの三人称単数現在。
perpetura 形容詞perpetuus「連続的な」の女性単数主格。
una 形容詞unus「ひとつの」の女性単数主格。
dormienda 動詞dormio「眠る」の受動分詞女性単数主格。
(ago「〜を為す」の受動分詞中性複数主格がagenda、つまりアジェンダとは「為されるべき(ことごと)」……といった具合に受動分詞は使われる)

日別画面へコメントを読む(3)

05月22日(水)

起床時刻:04時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

名言集、ちょっと調子がでてきた。
調子にのって、とある企みを
実行に移そうかと思いはじめた。
類書はあるかと国会図書館で
検索してみたら、
どうもなさそうだ。


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』より:ラテン語篇(9/211)

cantabit vacuus coram latrone viator.
歌うだろう、盗賊の前で、一文無しの旅人は。
 (ユウェナリス『諷刺詩』第十番22)

cantabit 動詞canto「歌う」の三人称単数未来。『のだめ』のカンタービレの語源だな。
vacuus 形容詞「からっぽな」の男性単数主格。ワクウスと読む。バキュームとして日本語にも移入されている。
coram 前置詞(奪格を従えて)「〜の前で」。
latorone 男性名詞latronus「泥棒|強盗」の単数奪格。
viator 男性名詞「旅人」の単数主格。「via air」のviaも同根なんだろうな。「行人(こうじん)」と訳すとカッコいいかも。

ラテン語っぽい構文なのだ。それぞれの語が性・数・格を持っているので語順はわりと自由。形容詞vacuusは男性単数主格形なので、遠く離れているけど、男性単数主格の名詞viatorにかかることがわかる。

日別画面へコメントを読む(2)

05月21日(火)

起床時刻:03時48分[いま起きた]ボタンで記録されました。

夕方、有野川をのぞく。
ホタルはまだだ。
カエルはたんぼでにぎやかだ。

日別画面へコメントを読む(2)

05月20日(月)

起床時刻:04時46分[いま起きた]ボタンで記録されました。

しずかな朝。
カラスもまだ出勤してきていないようだ。


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』より:ラテン語篇(8/211)

quot homines, tot sententiae.
幾人かいれば、意見もそれだけある。
 (テレンティウス『ポルミオ』454)

quot 形容詞「いかほど|how many」
homines 男女名詞homo「人」の複数主格。
tot 形容詞「それほど|so many」
sententiae 女性名詞sententia「考え方|意見|……」の複数主格。
重文それぞれ述語動詞(sunt:be動詞三人称複数現在)省略。

日別画面へコメントを読む(2)

05月19日

起床時刻:04時14分[いま起きた]ボタンで記録されました。

きのうはちょっと熱っぽかったので、
早寝したら、けさはすっきり早起き。


★柳沼『ギリシア・ラテン名言集』より:ラテン語篇(7/211)

ira furor brevis est.
怒りは一時の狂気である。
 (ホラティウス『書簡詩』第一巻2.62)

ira 女性名詞「怒り」、単数主格。日本語につられてイラッと読みそうだけどイーラ。
furor 男性名詞「狂気」、単数主格。フーロル(フロルと読むと「盗む|ちょろまかす」という動詞になってしまう)。
brevis 形容詞「軽|薄|短|小|……」、単数主格。英語のbriefと同根なんだろうな。
est 動詞(英語のbeに相当)、三人称単数現在。

日別画面へコメントを読む(4)

05月18日

起床時刻:06時17分[いま起きた]ボタンで記録されました。

くたびれねぼう。

スキャナ付きプリンタは
修理に11800円もかかるとのこと。
これなら買い替えと変わらない。
9698円で展示品を買ってきた。


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』より:ラテン語篇(6/211)

si mihi pregit quae vult dicere,
彼女が言いたいことを私に言い続けるのなら、
ea quae non vult audiet.
彼女も聞きたくないことを聞くことになる。
 (テレンティウス『アンドロスの女』)

si 接続詞「もしも」。
mihi 代名詞、一人称与格。pergitの間接目的語。
pergit 動詞pergo「言い続ける」の三人称単数現在。
quae 関係代名詞、中性複数対格。pergitの直接目的語。
vult 動詞volo「欲する」の三人称単数現在。なんとなくwantに似てる(うると、うると、うると……うぉんと)。
dicere 動詞dico「言う」の不定詞。
ここまで副文。主語eaは省かれている。

ea 代名詞、三人称女性主格。
non 副詞、否定を表す。
audiet 動詞audio「聞く」の三人称単数未来。これは主文の述語動詞。
関係代名詞節の動詞は省かれている(省かず英語の語順で書くと、ea audiet quae non vult audire.)。


ようするに、「あーいえば、こーいう」である。

日別画面へコメントを読む(1)

05月17日(金)

起床時刻:06時00分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ゆうべは押し入れの片づけ。
チャリボンに本を出して、
ビッグイシューにカンパするのだ。
小ぶりの段ボール3箱。

きょうはそのお迎えねこびんを待って、
それから耳鼻科。


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』より:ラテン語篇(5/211)

et in Arcadia ego.
アルカディアにも私はいる。

et 接続詞 「そして」。
in 前置詞 対格をとれば「〜の中へ|〜の上へ|に向かって……」、奪格をとれば「〜の中で|〜の上で」。
Arcadia 地名 「アルカディア」、語尾が「a」で、inの後ろだから奪格とわかる(aは長音、アルカディアーと読むことになる)。
ego 代名詞 一人称単数。
述語動詞(sum:英語のbe動詞)は省かれている。

一人称・二人称は普段、わざわざ書かない。でもこの文には書いてある。なので、「わたしがいる」ことが焦点になっている。かのキャプテン・ハーロックの船にも「わたし」は乗り込んでくるのだ(〜へ乗り込む:それなら対格を使って in Arcadiamと書かなきゃ)。

日別画面へコメントを読む(2)

05月16日(木)

起床時刻:06時02分[いま起きた]ボタンで記録されました。

未明ボラはくたびれる。
というかリズムをとりにくい。

うつくしいあさ、なのに
ねぼう。

きょうは、ねこびんを待ってシュッキーン。
(ねこ便と書くと砂場の……)


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』より――ラテン語篇(4/211)

mollis illa educatio,
あの軟弱な教育、
quam indulgentiam vocamus,
われわれが寛容とよぶ、
nervos mentis et corporis frangit.
あれが、精神と身体の筋という筋を壊している。
――クィンティリアヌス『弁論術教程』第一巻2.6

mollis 形容詞 (やわらか)の女性単数主格。
illa 指示詞(あれ)の女性単数主格。
educatio 女性名詞、単数主格。
quam 関係代名詞、女性単数対格。
indulgentiam 女性名詞 indulgentia (寛容)の単数対格。動詞 indulgeo(寛容である)の現在分詞 indulgens の中性複数主格 indulgentia から来ているらしい。
vocamus 動詞 voco(〜と呼ぶ)の一人称複数現在。
narvos 男性名詞 nervus(筋、活力、神経)の複数対格。
mentis 女性名詞 mens の単数属格。
corporis 中性名詞 corpus の単数属格。
frangit 動詞 frango(壊す)の三人称単数現在。

ちと古い教育観ですな。

日別画面へコメントを読む(3)

05月15日(水)

起床時刻:06時47分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ゆうべはよりみち温泉。
けさは寝溜め〜
外は晴れ、涼しい風が吹いている。


★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』より――ラテン語篇(3/211)

Cras te victurum, cras dicis, Postume, semper.
あすは生きるだろう、あすはと、ポストゥムスよ、君はいつもいう。
dic mihi, cras istud, Postume, quando venit?
私にいえ、そのあすは、ポストゥムスよ、いつくるんだ。

わー。3回目にして、ちょいと難しいのが出てきた。

cras 〈副〉明日
ふたつめのがよくわからない。
te 〈代〉tu(君)の対格。
victurum 〈動〉vivo の目的分詞。
ここまでが間接話法の話部分なのだ。
ほんとは、te victurum esse なんだけど、esse(sum:英語のbe動詞)が省略されている。話中の主語も対格になる。
dicis 〈動〉dico の二単現。
Postume 〈人〉Postumusの呼格。
semper 〈副〉いつも。音楽用語「センプレ・テヌート」のそれ。
dic 〈動〉dico の二人称単数命令形 dice なんだけど、語尾のeが省かれている。
istud 〈代〉それ、主格。
quando 〈副〉いつ。
venit 〈動〉venio の三単現。

柳沼氏の本によれば、マルティアリスという1世紀後半の墓銘誌を専門とする詩人の作だとのこと。なのでポストゥムスはもう……

日別画面へコメントを読む(2)

05月14日(火)

起床時刻:00時01分[いま起きた]ボタンで記録されました。

月曜日後半。

☆後半なので前半の狸訳;
cras amet, qui numquam amavit;
愛したことのない人は、明日は愛しましょう。
quique amavit, cras amet.
愛したことのある人も、明日は愛しましょう。

きのうの訳;
omnia uincit amor et nos cedamus amori.
すべてのものを愛は束縛する、
されば、われらも愛に従おう。

洗練された訳は柳沼氏の本でどうぞ~。

日別画面へコメントを読む(3)

05月13日(月)

起床時刻:07時15分[いま起きた]ボタンで記録されました。

きょうもいい天気。
きのうは、
買い物しようとコープまで
でかけたら
財布をわすれて……
でありました。

さて、ラテン語の発音は、
日本語ローマ字とほぼ同じ。
「v」と「u」は異体字:母音としては「う」、子音としてはワ行の子音。
「j」と「i」は異体字:母音としては「い」、子音としてはヤ行の子音。
「c」と「ch」と「q」はカ行の子音。
「qu」はクァ行の子音。
「g」も「c」の異体字だけど、「c」は清音、「g」は濁音。
「s」は常に清音。
「x」は「cs」に同じ。

★柳沼『ギリシア・ローマ名言集』より――ラテン語篇(2/211)

cras amet, qui numquam amavit;
quique amavit, cras amet.

くらーす あめと、くうぃ ぬむくぅあむ あまーうぃと;
くぃくぇ あまーうぃと、くらーす あめと。

cras 副詞、「あす」
amet amo(愛する)の接続法・三人称・単数・現在、この接続法は要求を表す
qui 関係人称代名詞、主格
numquam 副詞、「決して……ない」
amavit amoの三人称・単数・完了
quique qui(関係代名詞)+que(列挙することを示す接尾辞)

日別画面へコメントを読む(2)

05月12日

起床時刻:05時12分[いま起きた]ボタンで記録されました。

鍵の朝。
きょうも暑いとな。

☆連載は岩波文庫の柳沼重剛『ギリシア・ローマ名言集』から。1/211
omnia uincit amor et nos cedamus amori.
ウェルギリウス『牧歌』第十番69

omnis, -eの中性複数対格、形容詞の名詞用法。すべて。
uincioの三単現。束縛する。
amor 愛。単数主格。amori は単数与格。
nos 私たち。主格。
cedoの一複現。(与格に)屈服する、従う。


綴りはvとjを使わない新式に書き換えた。語釈は私なので眉唾。

日別画面へコメントを読む(5)

05月11日

起床時刻:05時26分[いま起きた]ボタンで記録されました。

きょーもいーてんきー。

わたしも何か連載を始めようかと
おもったけど、ねぼう。

日別画面へコメントを読む(3)

05月10日(金)

起床時刻:05時18分[いま起きた]ボタンで記録されました。

未明の空は夏の空。
晴れ。

きょうはその他大勢ボランティア。
大阪へ。

日別画面へコメントする

05月09日(木)

起床時刻:04時58分[いま起きた]ボタンで記録されました。

二度寝。
曇り。

よん。
寝坊介。

たぬのひ。
がんばる。

日別画面へコメントを読む(2)

05月08日(水)

起床時刻:05時53分[いま起きた]ボタンで記録されました。

久しぶりに温泉に浸かってきた。
ごくらく、ごくらく。

日別画面へコメントを読む(2)

05月07日(火)

起床時刻:04時25分[いま起きた]ボタンで記録されました。

自宅で月曜日後半。
始発でシュッキーン!

日別画面へコメントを読む(3)

05月06日(月)

起床時刻:06時34分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ふだんの月曜日。
ぶるーまんでー。
青い空がお陽さまにとけたのは
遠い昔の話。

日別画面へコメントを読む(2)

05月05日

起床時刻:05時31分[いま起きた]ボタンで記録されました。

れんきゅーも今日まで。
たぬきの日、がんばる。

本文はいちおう組めた。

日別画面へコメントを読む(2)

05月04日

起床時刻:04時57分[いま起きた]ボタンで記録されました。

05月03日(金)

起床時刻:07時28分[いま起きた]ボタンで記録されました。

二度寝、大寝坊。

けんぽー集会。
しまった、
二十四式も忘れてしまった。

日別画面へコメントする

05月02日(木)

起床時刻:03時28分[いま起きた]ボタンで記録されました。

目が覚めてしまった。
どうしよう。
二度寝?
早起き?

日別画面へコメントを読む(4)

05月01日(水)

起床時刻:04時44分[いま起きた]ボタンで記録されました。

ぜんろーれんめーでー。
石頭との誹謗もあるけど、
志は高い。

日別画面へコメントを読む(5)