20190711(木) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 02時32分

今日の気分(本文)


私は当時一番悩んでいたことを打ち明けました。
それは恋愛のことでした。

ドヤ街での仕事ははっきり言ってきついものがあり、
自分は家庭など持てないと思っていました。
生涯独りで生きていくつもりでしたが、
熱心に言ってくださる方が現れ、悩んでいたのです。

話し終えると、先生は声高らかに笑って、
「これはご縁があるかどうかですね」と言いました。

「あなたは自分の仕事に命を懸けなさい。
そうすれば必ず一緒に行く人は現れます。
相手のことを考え、振り回される人生なら、
あなたはきっと途中で燃え尽きるでしょう」

そう言って、また笑いました。私はスッキリして、
ドヤ街に骨を埋める覚悟で働くことを決意しました。
すると不思議なことに、
いまの妻が手伝いに来てくれるようになったのです。

私はあの日の朝焼けの空と、
先生の澄んだ笑い声をいつまでも忘れることができません。

by ちち 

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: