201206 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:04:08

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

06月27日(水)

起床時刻:04時27分

       「悲しみの底でみつけた真実の言葉」

              藤尾秀昭(致知出版社社長) 

「娘の霊にささぐ」という一文がある。

東京家庭教育研究所を創設した小林謙策氏(故人)の記したものである。

小林さんが家庭における子どもの教育がいかに大切かを身にしみて感じたのは
昭和30年6月、ただ一人の娘に突然、自殺されたときからである。

小林さんは長野で中学校の校長をしていた。
人さまの大切な子どもをあずかって教育しなければならないという立場の者が、
自分の娘の教育さえ満足にできなかったのはなぜか。
19年間の娘に対する教育のどこが間違っていたのか。

平和で楽しかったはずの家庭に突然おそった悲しみ、苦しみが厳しく小林さんを反省させた。

「私は家庭における子どもの育て方に  大変な間違いを犯しておりました」

と小林さんはいう。

自身が勝気で負けず嫌いだったから、娘に対しても、小さい時から「えらくなれ」といって育ててきた。
大きくなると、さらにその上に「人よりえらくなれ」といった。

「娘は小学校、中学校、高等学校までは、 自分の思い通りに伸びていったが、
 東京の大学に行ってからは、そうはいきませんでした。

 あらゆる努力をしても、自分よりすぐれているものが幾多あることを知ったとき、 もはやわが人生はこれまでと、生きる望みを失い、新宿発小田原行の急行電車に 投身自殺をしてしまったのです」

遺された手紙には

「両親の期待に沿うことができなくなりました。
 人生を逃避することは卑怯ですが、
 いまの私にはこれよりほかに道はありません」

と書かれ、さらに、

「お母さん、ほんとうにお世話さまでした。
 いま私はお母さんに一目会いたい。
 お母さんの胸に飛びつきたい。
 お母さん、さようなら」

と書いてあった。

「それを読んだ妻は気も狂わんばかりに 子どもの名前を呼び続け、
 たとえ1時間でもよい、この手で看病してやりたかった
 ──と泣きわめくのでした」

小林さんはいう。

考えてみれば、子どもは順調に成長してゆけば、誰でも「えらくなりたい」と思うもの。
這えば立ちたくなり、立てば歩きたくなり、歩けば飛びたくなる。
これが子どもの自然の姿だ。
子どもは無限の可能性を持って伸びよう伸びようとしている。

「それなのに自分は愚かにも
 娘に『人よりえらくなれ』といい続けてきた。

『自分の最善をつくしなさい』
 だけで、娘は十分伸びることができたはずです。
 私は娘の死によって、
 家庭教育の重要性を痛感いたしました」

以後の人生を小林さんは
家庭教育の探究と普及に捧げる人生を生きられ、
平成元年に亡くなられた。

自分の最善をつくしなさい

──小林さんが一人娘の自殺という
悲しみのどん底で見つけた真実の言葉。
その言葉こそ、人を育てる要諦の言葉である。

その言葉をいま、自らの人生を懸命に生きている
すべての人に贈りたいと思う。

坂村真民さんの詩がある。

「小さい花でいいのだ
人にほめられるような大きな美しい花ではなく
だれからも足をとめて見られなくてもいい
本当の自分自身の花を咲かせたらいいのだ
それを神さま仏さまに見てもらえればいいのだ」

byちち

日別画面へコメントする

06月26日(火)

起床時刻:04時20分

陰暦で6月は「水無月」。
こんなに湿気たっぷりなのに「水が無い月」とはこれいかに?

実はこの「無」という字は「nothing」を意味するのではなく
「○○の××」という時の連体助詞「の」を意味するもの。

つまり「水の月」ということで
しとしと降り続くこの時期にふさわしい名前なのです。

日別画面へコメントする

06月25日(月)

起床時刻:04時10分

   □データーデュオのコラム□

▲「おごれる者久しからず、ただ春の世の夢のごとし
  猛き人も遂には滅びぬ」
日本人は、過去も現在も戦争、政争大好きです、
 平安の時代には、おごれる平家が、
 そして、源氏が

▲明治維新の改革でも、同士が争い
西郷さん、龍馬が暗殺され、
その前には、戦国時代があり、親子が、兄弟同士が
仲間が
血肉の戦争を仕掛け
  戦争こそが、殺し合いこそが、仕事でした。

▲その戦争、領地の奪い合いが、現在の政争に姿を変え
「政府のやること、何でも反対だ、反対の者集まれ」
 と 本来の仕事を忘れ、政争に明け暮れる姿

▲こんな方々の為に
 国民の、税金として払ったお金が
 歳費に消えていくのか と
 アー何と情けなく、嘆かわしく、悲しく せつなく
政争に勝っても、遂には滅びるのに
    
▲政争に、明け暮れている間に
 徐々にふくれあがる、国債のプット(売る権利)の
増加、

日別画面へコメントを読む(2)

06月21日(木)

起床時刻:01時59分

6月 21日(木曜日)

日経平均8710円の、大きなフシを昨日抜け
株価が反転し、出来高が17億株に多少増加します。
相変わらず、投資家は、高くなると 買うのが好き。

新高値銘柄が32、新安値が、関西電力の1銘柄、と、珍しい
現象が、見えています。

6月4日、新安値678円銘柄と、数年に1度の新安値の多さ、
やはり、その日が底値でした。

戻る日は、後何日でしょうか。情報誌を参考に日経平均、陽転数は3本目

       □今日の人気銘柄は□

●6723ルネサス 334円 10円高
1000億円、本決まり、リストラ費用に消えますが
破綻が無くなった事は、救い
●6753シヤープ 415円 23円安
1昨日の460円から、9%の下げ。
 当然でしょう
株価は、毎日上がりません、
 下げ過ぎの訂正高を、終わると、大半の
銘柄は、下げます

●6752パナソニック 619円 17円高
強い戻りは、下値で、株不足に入り、現在解消したが
オリンパスとの資本提携が、決まるか。
 株価が、教えているか。

●8411みずほ 129円
出来高連日の1位の人気株
117円以下は、下への行き過ぎ、110円の安値後
の戻り、さて、今後は、どうなりますか。
チヤートだけが、知っている

   □データーデュオのコラム□

▲原監督が、1億円の口止め料。
チョイト、つまみ食いのつもりが、高くつきました。
浮気の 1つ2つ、いいでは有りませんか。

▲英雄は、色好み、仕事の出来る人は
 女性大好き、
女性が仕事の励み、 浮気バレテ、1億円払った
「ワファーワファーファアーー」と、笑い飛ばせば、
大物です
女性はですね、男性に対しては、裏表が有りすぎ
 一筋縄では、いきませんぞ
ここで、女性怒ってはいけませんょ 私に

▲デモネ、原監督の、1億円。
  年俸の半分ですよ
 監督にとっては、たいした金額でもなさそう
自分の地位が、可愛いから払うのです
バラシタと言われる、元球団代表を、恨んでは
いけませんぞ。
 今まで、ひた隠しにして くれたのですから

▲当時、この事件発覚が、表沙汰になっていれば
   監督業も、無かったのですから。
ものは考え様、
  以後7年間も 監督として、14億円の年俸と
名誉を、もらったのですからーー
有りがたい事です。

日別画面へコメントする

06月20日(水)

起床時刻:03時59分

06月19日(火)

起床時刻:03時40分

江戸期から明治初期にかけた日本について知れば知るほど、経済にとって重要なのが「蓄積」であることが分かる。無論、蓄積とは政府がいくらでも発行できる「お金」ではなく、経済活動を行う基盤であるインフラストラクチャーと「勤勉で教育された国民」を意味する。とはいえ、インフラストラクチャーを建設し、メンテナンスするのも「国民」である。結局、経済成長の肝となるのは「国民」であることが理解できるわけである。by三橋貴明


全国の電力会社の中で、浜岡原発のみの中部電力は、他に比べてもともと原発比率が低かったんです。
これに対して、福井県の原発に頼り切っていた関西電力は、実に50%を超える電力が原発依存でした。

経産省はかねてから日本で原発を推進する最大の理由として、その「コストの安さ」をあげていました。

標準家庭の一か月の電力使用量は300Kwくらいです。

関西電力は 320円+19.05円×120Kw+24.21円×180Kw=6933.8円

中部電力は1092円+17.05円×120Kw+21.09円×180Kw=6934.2円です。

なんと、6934円で全く同じじゃないですか!?by辛坊

日別画面へコメントする

06月18日(月)

起床時刻:04時30分

『死を祝う』

三人の僧の話を聞いた事がある。名前は知られていない。というのも、彼らは誰にも名前を言わず、どんなことにもまったく答えなかったからだ。だから、中国では、彼らはだた「三人の笑うお坊さん」として知られている。

彼らのすることは、たったひとつ。村へ行くと、市場にたって、笑いはじめる。すぐに人びとがそれに気づき、彼らもまた腹の底から笑いだす。それから、他の人びとにも伝染していく。

群衆が集まってきて、彼らを見るだけで全員が笑いだす。いったい何が起こっているのだろう。

そうして、やがて町全体が巻き込まれてしまう。それから、彼らは別の町へ去ってゆく。彼らはたいへん愛された。笑いが彼らの唯一の説法、唯一の伝道だった。彼らは説教することなく、ただたんに状況をつくるだけだった。

こうして、「三人の笑う僧」は中国で有名になった。国中が彼らを愛した。敬った。こんなふうに説法する人は誰もいない。「生は笑いにほかならず、それ以外の何物でもない」。ことさら誰かを笑うのではなく、あたかも宇宙の冗談を理解したかのように笑うだけだ。彼らは一言も発することなく、実に大きな喜びを国中に広げて行った。人びとが名前を尋ねても、彼らはただ笑うだけだった。それで「三人の笑う僧」という名前になった。

彼らも年をとり、ある村で三人のうち一人が死んだ。そして村中が大いに期待していた。期待で満ち溢れていた。少なくとも仲間の一人が死んだ今、彼らも泣かざるをえないだろう。これは一見の価値がある。なぜなら、この人たちが泣くことなど誰にも想像すらできなかったからだ。村の全員が集まってみると、二人の僧は三人目の死体の傍らに立ち、笑っていた。腹を抱えて笑っている。

「今度だけは説明してください!」と村人が頼んだ。

そこではじめて、彼らは語った。

「この男が勝利を収めたから笑っているのだ。我々は、つね日頃、誰が一番先に死ぬのかと思っていた。この男が我々を打ち負かした。我々は、自分たちの敗北と彼の勝利を笑っている。何年も共に笑い、共に在り、互いの存在を楽しんできた。最後の見送りはこれ以外にない。ただ笑うだけだ。」

村人は悲しんでいた。だが、死体が火葬用の薪の上に置かれたときになって、村人は冗談を言っているのがこの二人だけでないことに気づいた。死んだ三人目の僧もまた笑っているのだ。死んだ僧は仲間たちに「私の服を変えないでくれ!」と頼んでおいた。人が死んだら、服を変え、風呂に入れるのが習わしだった。だが、彼は言った。

「風呂には入れないでくれ。不潔だったことなどはない。私の生は大いなる笑いだった。不浄が蓄積されることなどありえない。そんなものは、私のもとへ来ることすらできない。ほこりなど集めたことはない。笑いは、つねに若く、新鮮だ。だから、風呂にも入れず、服も変えないでほしい」

そこで、彼の意志を尊重して服を変えないでおいた。体が火に置かれると、突然、彼らは気づいた。死んだ僧は、服の下に多くのものを隠しておいたのだ。そして、それから始まった・・・・・

中国花火だ! 村中がはじけるように笑い出した。そして、二人の僧が言った。

「なんて奴だ! おまえは死んで、また我々を打ち負かした。最後に笑ったのはおまえだ」

この宇宙のジョーク全体が理解されるとき、そこには宇宙的な笑いがある。それが最高の笑いだ。

覚者(ブッダ)だけがそのように笑える。この三人の僧は、三人のブッダだったにちがいない。

日別画面へコメントする

06月15日(金)

起床時刻:04時15分

06月13日(水)

起床時刻:04時18分

■何のために生きるのか、中年になってこそ自問を

──「おカネがあれば安心」という感覚がそもそも違うと。

 昭和20年8月15日を境に価値観ががらりと変わってしまう経験をしましたから、人間の意識なんて頼りにならないというのが根本にあります。客観的な事実なんてものも、この世にないんですよ。僕がよく受ける質問が、「先生は1日に何本たばこを吸いますか?」です。なぜそんなことを数えなきゃならないんだと。答えをいったからって何かが分かるのかと。むしろそんなものは数える方が体に悪いでしょう(笑)。おカネの話もそれと同じで、1億円持っている、だから何なんだと。

「40歳くらいの女性から、『お金をいくら貯めても不安だし、寂しい』と相談される ことがあります。目標もなく、ただ貯めてしまう人たちに多い現象です」。ライフコーチでありFPでもある吉川美有紀さんも、「不安を解消するためにお金を 貯めている人は、自分の中にいるもうひとりの自分から強迫され、“貯めさせられている”という感じ。一般的とされる貯蓄額に漠然と流されて、自分の将来を 考えることから逃げているため、貯めても貯めても不安の底なし沼に陥ってしまうのです」と言う。
 「何かあっても1年は暮らせる額として、年収分の貯蓄ができたら、少しずつ自己投資も始めましょう」と氏家さん。最初はホテルのラウンジでお茶をするな ど、ワンランク上の体験をする程度でいい。

日別画面へコメントする

06月12日(火)

起床時刻:05時30分

社会人として日々生活を送っていると、思わず誰かに聞いて欲しくなってしまうのが、この手の「グチ」。ただよく考えてみれば、それを口にすることで、抱えている不満が解消されることはないし、また反対に聞かされる側にとっては、単に苦痛でしかないわけで、いわば“誰も幸せにならない”まったく無為な行為であるといえよう。

このように、とても厄介な代物である「グチ」だが、これをなくすためにはどうすれば良いのかを、体験談も交えつつレクチャーしていくのが、フランス・イタリアなどのヨーロッパ各国でも大きな話題となっているこの一冊。著者であるクリスティーヌ・ルウィッキー氏は、名うてのビジネスコーチとして、世界を股にかけて活躍するかたわら、3人の子供の母としても日々奮闘する女性起業家だ。

本書では、「グチ」を口にしてしまう理由の解明から始まり、「グチ」をやめることのメリット、そして実際に「グチ」をやめるために心がけるべきポイントやちょっとしたコツまでが、系統立てて紹介されていく。そのなかで、度々「グチ」を口にしてしまう理由として挙げられるのが、自分の理想と現実とのギャップ。本書では、「グチ」をやめるということはイコール、理想をむやみに追い続けることや、自分が持っていないものを手に入れようとあがくことをやめることであると語られる。少し先にある(と思い込んでいる)幸せを夢想するのではなく、ありのままの今を楽しむ適応力を手に入れることで、今まで抱いていた数々の不満から解放され、ひいては「グチ」も減っていくという。

理想と現実との間にあるギャップを埋めようとする努力が、自分自身の能力を高めるための原動力となることは、言うまでもない。ただいっぽうで、それも行き過ぎてしまうと、不満やストレスを溜め込んでしまうばかりで、決して幸せには向かっては行かない。時には現状を受け入れ、また楽しもうとするといった方向の努力も、精神衛生上必要となってくるのだ。

日別画面へコメントする

06月11日(月)

起床時刻:00時00分

6月 15日(金曜日)

昨年11月、日経平均が8150円に下げると世界の格付け機関は、
数度に亘り、欧州各国の国債格下げ その後、1万円に上昇

そして今、連日格下げを行い、金融不安をあおりたてています。

そんな中、日経平均 今週は先週末より132円の反発です。


●国債
15日、本日中に、増税の見通しが立つのか虎視眈々と、
売り場を探している機関投資家の国債売り、現在、国債プット(将来下げる)
の建て玉が 買い玉の2倍に達している。

国債を買っている反面、売りつないでいる証拠

●6723ルネサス 320円 4円高
1000億円の融資が決まった様今度は、本当でしょうか。
株価は、戻り限界の400円に、限りなく近い381円まで反発後 伸びない
信用の取り組み妙味が、無くなっている

●8007高島 321円 13円安
高値377円から、15%の下げ
さて、今後はーーー
●2432デイエヌエー 1993円 218円高
4-6月期減益、2度目の自社株買いで急騰

●1615銀行株上場投信 109円 3円高
30日移動平均線突破、銀行保有組合の買い
でしょうか銀行株の先導指数

●9984ソフトバンク 2574円 5円高
4月以降の高値、

   □データーデュオのコラム□

▲有りあまるお金があり、社会的地位もある、一見幸わせそうに
 何の、不満も無い様に見える方も、妻から、「あなたは、情なし」と
 離縁状を突きつけら

▲「放射能が、怖いと逃げだし、挙げ句の果てお世話になった、
 地元の人々の、不幸を思いやることも無く、郷土の、復興の、
 手助けをすることもなく自分の保身の為に、国政を動かそうと」

▲「こんな人の、お手伝いをしてきた、自分を恥じる」と
小沢一郎氏の 奥さんの手記です。
 以前もありました、「ハチの一刺し」事件が芸能界でも、一目惚れから、
 数ヶ月で、裁判沙汰のご夫婦もいれば

▲私の友人も、「こんなダンナと、退職後も、同じ空気を吸うのが、
 たまらない」と 早々に、離婚、
 人生いろいろ、生きる道 いろいろ
 
▲投資家は、株式市場に、絶縁状かと 思いきや
 5月以降、4000億円も、買い越しています。
 株式市場には、離縁できない、魅力があるのです

▲この方々によつて、株式市場は成り立っているのです、
    個人投資家は、株式市場の財産です。by大坪

日別画面へコメントする

06月10日

起床時刻:05時00分

06月09日

起床時刻:05時30分

06月08日(金)

起床時刻:02時30分

インナーマッスルのエネルギー源は脂肪。
スローブレスがインナーマッスルを刺激したようです。
二週間で効果がみえました。

日別画面へコメントする

06月04日(月)

起床時刻:05時29分


■「致知随想」ベストセレクション

  「支払い日、人生で一番楽しい日」

    五十嵐勝昭 (五十嵐商会社長)

サラリーマンを辞めて包装資材販売の会社を興したのは30歳のときでした。
以来20有余年、一度も赤字決算になったことがありません。

と言って、資金があったわけではありません。
多くの企業のケースがそうであるように、私も無一文からのスタートでした。

金融機関から借りようにも、当然ながら振り向いてくれません。
取引先も現金払いでなければ品物を渡してくれません。
父にも少し融通してくれ、保証人になってくれと頼みましたが、
自分のことは自分でやれ、です。

しかし、この状況は商売の原点を踏まえていく上で、恵まれていたと言える
のかもしれません。お金があれば、事務所を借りて、事務機器を入れて、
電話番を雇って、ということになったでしょう。

だが、そのお金がないのだから、ないなりにやっていくしかありません。

事務所は住まいでもある自分のアパート一室、人を雇う余力はないから妻と
二人きり、後は体を動かすだけ、ということになります。

生家は豆腐屋でした。
両親は朝早く起きて豆腐作りにかかり、店を開きます。
1年365日、倦まずたゆまず、それを繰り返してきました。

両親のそういう生き方は、無意識のうちに私の体にしみ込んでいたようです。
つまり、体を動かしていれば、商売は何とかなるということです。

体を動かす。
会社としてサマになったいまになって振り返っても、
これこそが商売の原点であると思わずにはいられません。

だから、当初は包装資材の販売だけでなく、何でもやりました。

たとえば、ビニール袋を納めている先にセメント会社がありました。
そこではコンクリート・ミキサー車を乗り入れられないような現場へは、
セメントをビニール袋に小分けして運び込んでいました。

ところが、セメント入りのビニール袋は重いし、粉で体は汚れるし、
おまけに朝は早いしで、運送会社はこの仕事を歓迎しません。

それを知って、私は自分にやらせてくれと申し出ました。
もちろん向こうも大喜び。

それからは、セメント入りのビニール袋を私のボロ車で
現場に運び込むのが、朝のひと仕事になりました。

それを済ませてから自分の会社の仕事にかかるというわけです。

それでビニール袋の一定量の納入先は確保できるし、
おまけに現金収入になって運転資金を助けることになります。

この仕事は5年間続けました。

体を動かして働く。それはだれの目にもわかることです。
このことが、あいつは一所懸命だという評価になって、
信用を築く一助になったのではないかと思っています。

そのほかにもう一つ、意識して心がけたことがあります。
そしてそれが、これまで赤字を出さずにやってこられた
ポイントではないかと考えています。


それは、支払いは楽しくするということです。


何を馬鹿な、と言われるかもしれません。
いつも楽しく支払いができるようだったら世話はない。
資金繰りに詰まってお金がなく、支払いができないような状況がしばしばある。

楽しく、などと言っていられない場合が起こる。
それが商売というものではないか、という声が聞こえてきそうです。

確かにそうかもしれません。

しかし、本当でしょうか。

会社を興すとき、私は加わっている倫理法人会の人に助言を求めました。

「約束を守りなさいよ。その中でも特に支払いの約束を命がけで守りなさい」

言われたのは、これだけでした。
しかし、これこそが商売の根幹と、深く胸に刻みつけました。

私はサラリーマンとして信用金庫に勤めていました。
内勤も外勤も経験して、商売を営んでいる多くの人を見てきました。

そして、支払いを渋ったり先延ばしする傾向が強いところは、
やがて経営に破綻をきたすことが多いことも知りました。

商売を営むからには支払いは必須のものです。
そして、支払いを受ける側にとっては、それが大きな楽しみであり、喜びです。

それなら支払いの期限は絶対に守って、楽しく支払うようにしよう。
私はそれを強く心に誓ったのでした。

これを実践して、いろいろとわかったことがあります。
支払いを渋る。先延ばしする。
あるいは支払うにしても仏頂面になる。

これは全部、自分に対する甘えと妥協するところからくると思うのです。

「何日後にお金が入る。そしたら必ず支払うから」

これは支払いを先延ばしするときによく聞かれるせりふです。
だが、その人にはお金が入る何日後まで食べていくお金があるわけです。

それなら、どうしてそのお金を支払わないのでしょうか。
絶食しても支払う。やろうと思えばできるのです。
それをしないのは、自分に対する甘えと妥協してしまうからにほかなりません。

支払いはきちんと楽しく。

これをやっていると、多くの利点がもたらされます。
支払い期限を守るために勢い計画的になります。
お金のありがたみがわかってお金に感謝するようになり、
1円10円といったこまかいお金も大切にするようになります。

ニコニコ顔で支払いをすると、取引相手に感謝の気持ちがわいてきます。

そして何よりのご褒美は、あそこの支払いはきちんとしているという
絶大なる信用を得ることができます。

商売の根本はズバリ信用です。
信用があると商売上いい話がたくさん舞い込んできます。
この信用がいざというときの助けになるのです。

私は会社に「支払い日、人生で一番楽しい日」と書いて掲げています。

どうしてもこれだけは守るのだという決意を確かにするためです。

最初はお金がなくて大変でしたが、年月が経ち、
いま仕事が順調にいくのは仕入れ先の皆様のおかげです。

そう思うと、支払い日は感謝の日です。
文字通り喜んで払うことができます。
不思議なことです。

喜んで払うと決心して、実行し続けたらお金に好かれ、
お金の巡りがものすごく良くなるのです。

楽しく支払う。これを守っている限り、どんな不況も怖くない。
これは私の確信です。

日別画面へコメントする

06月03日

起床時刻:04時29分

“スイング中の力みを解消するためには綺麗なフィニッシュをとる!!”

以下は、片手シングルさんのボヤキ! 参考にしよう

48 48 96 ( T_T)\(^-^ )

先週より、20打多い、、、、、

泣いてやるぅ~

全体的に
スイングが、、、、腰の入りが悪い!
上半身から振りにいって
外からカブリ気味にクラブが入ったり
左肩が開いたりしている!

わかっちゃいるけど
修正できなかった( T_T)\(^-^ )
あぁ~悔しい!悔しい!悔しい!悔しい!

クラブの振込みが足りない!!!

日別画面へコメントする

06月02日

起床時刻:05時00分

06月01日(金)

起床時刻:05時30分

▲原発の被害者が、未だ流転の生活を
強いられている時、東電は、12月のボーナス支給を
打ち出し、
被害者の保証さえ、進んでいないのですゾー

▲東電の社員も、ローンの、返済も有るでしょうが
 被害者の救済、保証が、先でしょうに
救済が終わるまで、
役員は、無給で働けー社員も、それなりに普通の
 給与に

▲と思っていたら、責任取ってやめた役員が
続々と、関連会社の社長ダー、重役に治まり
 原発事故は、知らんふり。
 こんな無責任な人生、気楽でいいですね、
だからこそ、大事故になったのです
▲人には、ソレゾレの生き方もあるし、
 中には、責任感じて、除洗方法を試行錯誤し
 被害地の為にと、NPO法人を作り
  試験実験している、元東電の
   重役もいるのです
 悪い人ばかりではないのが、少しの救いです。

▲「功成りとげて 身を引くは天の道」
  責任とって 東電を辞めた役員は、第一線から
身を引くことです、
それが、天の道です

日別画面へコメントする