201305 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:04:40

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

05月31日(金)

起床時刻:04時32分

05月30日(木)

起床時刻:03時32分

05月29日(水)

起床時刻:05時23分

05月28日(火)

起床時刻:03時22分

05月27日(月)

起床時刻:04時23分

     「冒険とは、死を覚悟して、そして生きて帰ること」

           三浦雄一郎(冒険家)

エベレスト登頂ということは、
いくつかある自分の人生の最大の目標の一つでした。

結果として世界最年長記録になり、
モンブランは親子同時滑走ということになりました。
しかしどちらも死ぬ可能性はありますし、
それを承知で行っているわけです。

人間がある限界を越える世界に入っていくというのは、
死を承知の上でなければしないほうがいいし、
死をしっかり見極めて、かつそれを
どう乗り越えていくかということになると思います。

冒険家の植村直己さんが

「冒険とは生きて帰ることである」

と言った言葉は有名ですが、
実は一行言葉が抜けていて、

「冒険とは、死を覚悟して、
そして生きて帰ることである」

と言ったんですね。

自分の生命の限界を越えても、
そこに行く意志と能力を持って行かなければいけない
という言葉です。

僕は若い頃から、四十歳まで生きればいいと
いうようなむちゃくちゃなことをやってきて、
そのたびごとに生きて帰れないかもしれないということを、
ずっと繰り返し続けてきましたから、
その辺の覚悟はできていると思うんですが、
七十になって、人間が事を為すに当たって、
単純に言えば命懸けということを
実践できるかどうかということを試してみたかったんですね。

父、敬三がモンブラン滑走を終えてからポツリと
「今生の別れのつもりで滑った」と
漏らした言葉には感動しました。

エベレストに出発する一か月前でした。
前からその覚悟は知っていましたけどね。
万が一俺は死んでもしょうがないと。

そういう極限の世界まで入っていけるということが
すごいと思いますし、そういう覚悟があって
初めて事が成就するんだと思いました。

byちち

日別画面へコメントする

05月26日

起床時刻:04時52分

アメリカの投資格言に「5月に市場から逃げろ9月に戻って来い」
 5月は、波乱月なのでしょう。

09年から続いている5月高値。
現在は、25日線と基準線(26日間の高安の平均値)の抵抗ですが

海外先物は、円高で急落、防衛ラインを割り込んだ
割り込んだ事で、投げ売りが出て、
良くなるのでは。 31日には、底打ちか

▲内雄遊泳銘柄が、多すぎた。

●総理の成長戦略 第三弾も6月5日に出ますが
 この期待感もあります、

▲マイナカバー法案が成立し、この関連7社が
 再度、見直されるか

▲今週、自民公明の両党で、衆議院に提出された
「国土強靱化計画法案」が、成立すると、10年で200兆円と
言われる、国土の強靱 修復は、株式市場に大きな、好材料を
提供してくれるでしょう。
国会の会期、6月26日迄の成立を、期待したいものです

日本の資産家の会社

●9983ユニクロ 38300円
日経平均の寄与率1位銘柄の為、日経平均の釣り上げに
使われ、レシオ50倍、1株純資産2783円ですょ
 常識外の株価です
創られた株株価です。 割高に売り無し
      
●3765ガンホー 108万円
我々世代では、ゲームの会社は判りません。
1株純資産株価は、11万円です。
 1株純資産の10倍に買われています
資産を増やしたのは、

ソフトバンクの孫社長の弟さんの、孫会長と、大株主の
ソフトバンクです。
5年前の安値は、75500円ですから、
215倍になったのです。

5月14日、163万円高値です、再度、この近辺に戻るの
でしょうか

●死んだ銘柄の、大復活は、目覚ましいものが ありました
9501東電ー6753シャープ 6723ルネサス

東電は、今年の安値から4.6倍、
シャープは2.7倍。ルネサス3.2倍、いずれも
2ヶ月間で、達成しています。

株式は、怖いものほど良く上がります。

■コラム  2筆啓上■

▲80歳の三浦さんが、世界最高峰の頂きに立ち
 数時間で下山しています、
株価も、登りは、時間を掛け
   登っては下り、ハラハラさせながら、天辺天井に
たどり着きますが、

▲下げは、数時間です。
3ヶ月間掛けての上昇幅が、タッタ数時間で
 その上昇幅が、消え去ってしまう、現実もあります

▲登り100日、下げ3日、
株式相場の格言ですが、
この大陰線を、どうやって切り返すのか
かなりの時間が、必要の様です。

by大坪

日別画面へコメントする

05月24日(金)

起床時刻:03時38分

05月23日(木)

起床時刻:04時37分

昨年も、5月22日から9%下げた日経平均。
昨日の下げ率は7.3%です、

まだ、25日線、基準線(26日間の高安の平均値」は
維持している。

割り込むと、悲観論が出るが、その時点から、大きな
初戻りに入ります。

▲下げると、下げの理由 後講釈が出てきます
要は、連日過熱の中、ハジャギ過ぎたのです
そして、5月は、米国ヘッヂフアンドの決算の処分売りが
毎年、出ますが、上がりすぎたから、下げもきつかったのです。

売りが売りを呼んだのです。大坪


昨年末、自民党政権の復活が分かった瞬間に海外の巨大ファンドから、
日本株に対する買い注文が殺到しはじめた。

株高の理由は「異次元の金融緩和を唱える安倍政権の政策に
反応した海外の投資家のせい」という事。

この海外勢による日本株の「買い」は、この春ごろまで続いていて、
逆に日本の投資家はつい最近まで、海外勢が買いを進めて上昇した株を
売って利益を確定させる動きをしていた。

世界的な大規模ファンドが、ギリシャやイタリア国債に売りを浴びせたのも、
それで儲ける作戦を立てていたから。

ここ半年の異様な日本株の上昇は、そんなファンドの仕掛けの結果です。
つまりギリシャ国債を暴落させたのも、日本株を高騰させたのも、
本質的には同じ「犯人」ってことです。

そして、これらのヘッジファンドは、大体半年から一年ほどの仕
掛けで莫大な利益を確定させてターゲットから逃げて行く。

アベノミクスで日本経済の体力が本質的に改善すれば別ですが、そうでなけれ
ば、近い将来、結構恐ろしい未来が待っているってことなんですね。

日別画面へコメントする

05月22日(水)

起床時刻:05時37分

05月21日(火)

起床時刻:03時37分

05月20日(月)

起床時刻:04時16分


     「ビートたけし氏とお母さんの感動秘話」

         下村博文(文部科学大臣/教育再生担当大臣)

いまの日本には偉人伝というだけで
拒否反応を持つ人がいるんですよ。
それ自体、異常な社会だと思うのですが、
そういう時、私はタレントの北野武さんの話をするんです。

そうすると皆さん「なるほど」と言って
聞いてくださいます。

それは北野さんのお母さんのお話なんですね。

北野さんが芸能界に入って売れるようになった頃、
お母さんから「金をくれ」と言われたというんです。

それからも何かにつけて
法外なお金を要求されたと。

とんでもない親だと思ったけれども、
親には世話になったし
迷惑を掛けたのも事実だから
言われたままに出していたそうです。

そして、お母さんの命がもう何日もないという時に
軽井沢の病院に行った北野さんは
お母さんから一冊の通帳を渡されるんです。

帰りの新幹線の中で
その通帳を見た北野さんはビックリするんですね、

いままで渡していたお金が全額入金されていた。

芸能界は浮き沈みの激しい世界ですから、
お母さんとしては息子が
売れなくなった時のことを考えて、
そっと蓄えておられたのでしょうね。

子供は親孝行したいと思っているけれども、
親が子を思う気持ちはもっと深い。

吉田松陰が「親思う心にまさる親心」
と詠んでいますが、親が亡くなって
「もっと孝行しておくべきだった」
と子供だったら皆思うんじゃないでしょうか。

これは何も国が「親孝行しろ」と言うのとは
違うわけでしょう。

道徳の授業の中でそういう話が
エピソードとして出てくれば、
誰でも素直に皆受け取るはずです。

人が人として生きるために大事なことを学ぶのは、
本当は英語や数学の学力を高めること以上に
必要なことなんです。

byちち

日別画面へコメントする

05月19日

起床時刻:03時15分 05時29分


     「人生の達人に学ぶ──棟方志功と坂村真民の言葉」

         『生きる力になる言葉』(藤尾秀昭・著)より

『坂村真民一日一言』に、こんな一文があります。

「三万六千五百朝」(棟方志功)
 なんといういい言葉だろうか。
 百年生きたって僅か三万六千五百朝だ。
 一朝だってムダにしてはならないんだと、
 腹にしみわたるような言葉だ。
 
 おそらく真民さんは志功が書いたこの言葉と
 どこかで出会い、深い感動を覚えたのでしょう。

 この一語を書いた人。
 この一語をとりあげた人。
 どちらも同じ境涯に達せられた人なのだと思います。

 そういえば、真民さんにも、こういう詩があります。

 一に求道 二に求道
 三に求道 四に求道
 死ぬまで求道

 真民さんの覚悟が迸っているような言葉です。

 いずれの言葉も人生を真剣勝負の呼吸で
 生きた人ならではの言葉です。

 我が人生もすでに一万四千八百三十三朝。

 今年の賀状に親しい人に
「百尺竿頭進一歩」
 の言葉を書きました。

 百尺の竿の上をさらに進んだら落ちるのみと思われます。
 しかし、そうではありません。

 上求菩提というさとりを求めて向上の道を進んでいくと、
「孤峰頂上」という絶対境に到達する。
 しかし、ここに停ってはいけない。

「孤峰頂上」でいい子になったり、いい気持ちになっていないで、
 泥んこの社会に戻る。
 百尺竿頭からなお前進するとは、向上から向下へ転進するのです。

 向上の努力がそのまま人に尽くす
 向下への努力となって初めて進むという、
 と百一歳で旅立たれた高僧松原泰道師の教えです。

byちち

日別画面へコメントする

05月18日

起床時刻:05時29分

日本の資産家の会社

●3632グリー 1000円
株価は、昨年1年間の下げ率3位、
下げ率の1位銘柄、スタートトウが2倍になり
下げ率2位のシャープが蘇生し、安値から3.3倍
このグリーは、更に下げ続けている
上場来安値は 3年前の875円。
買い芽は、出るのでしょうか
田中社長の資産は、国内4位の660億円

●2121ミクシイ 1663円
株式分割後、上場来安値を付けたのが、4月2日の
1450円、
社長の笠原氏の資産は、1350億円、
ユニクロの柳井社長の1兆円には、及ばないが、
資産家ですが、
株価、業績はさえず。
本格反騰は、あるのでしょうか

●2477比較 コム 84900円
1円の資本金で03に創業。
社長渡辺さんの資産は、720億円になり、
株価は、安値に張り付いて 行ったり来たり
しかし、今年の安値からは2倍、

●2181テンプスタッフ2404円
社長の篠原欣子さん、三菱重工の社員ほ経て、人材派遣会社
を設立して、今や資産760億円。
 義弟さんは、私の証券会社当時の、有力お客さんでしたがー
株価は、半年間で、3倍、当然、社長の資産も3倍に


■コラム  2筆啓上■

▲6人の子持ち、37歳の人気女優が、遺伝子検査で、
乳ガンの確率85%と、宣告され、両乳腺を切り取って
シリコンを注入したとか
 勇気ある決断なのでしょうか

▲15%は、乳ガンの発生は無いのです。
50年前、有名歌手が、余命半年と宣告され、一時は
人々の前から、姿を消し
50年後の現在、
元気で、歌手活動をしているのです
「こまどり姉妹」です。

▲余命半年の、医者の宣告が、間違っていたのです
この女優さんも、ガンにならない確率15%に
賭けなかったのでしょうか。
医者の言うこと、専門家の言うこと、全てが
正しいとは、限りません。

▲人には、自然治癒力が備わっています。
 ガンと知らず、95歳まで生きた人もいます
 死後、解剖して、ガンだったという例もあるそうです
 朝4時、NHKラジオで、80歳の現役医師が
   語っていました。

▲株だって、死んだ銘柄が、蘇生するのです
自分に備わった自然治癒力こそ、薬です。
切り取った2つの乳房が、泣いているではありませんか

by 大坪

日別画面へコメントする

05月17日(金)

起床時刻:06時29分

05月16日(木)

起床時刻:05時08分


     「私の子育て術」

        田中章二(和歌山県立和歌山北高等学校体操部顧問・
             和歌山オレンジ体操クラブ代表)

人の話をよく聞いたり、場の空気を読めたりする
精神年齢の高い子は上達も早いため、
そうした機会や課題をなるべく多く与えたいと考えてきた。

これは長男の和仁が三歳の時のこと。

スーパーへ行くと、キッズコーナーにお金を入れれば動く
電動式の乗り物があった。和仁は跨って遊んでいたが、
私は最初からお金を入れてやることはせず、
その日はそのまま帰ることにした。

次に行った時、和仁の目線の先に、
動いている乗り物で遊ぶ子供の姿があった。

和仁はその子が乗り物から降りるとすぐそちらへ駆けていったが、
止まってしまった乗り物はもう動いてはくれない。

三回目、和仁は自分は乗り物に乗ろうとはせず、
やってきた親子連れの姿を見ていた。
そしてその親がお金を入れて乗り物が動くところを
目にしたのだろう。

私のほうへ駆け寄ってきて、

「お父さん! あそこにお金を入れたら動くんや」

と実に嬉しそうに話をした。

その時、私は単にそうかとお金を渡すのではなく、

「おまえ、よう見抜いたなぁ! 
 自分で分からんことがあった時には、
 まず周りをよく見ることが大事なんや。
 おまえは凄い。きょうは好きなだけ乗せてやる」

とわざと誉めちぎった。
和仁は七回連続で心ゆくまで乗り物に乗った。

これと同じことがスポーツ指導にも言えるだろう。
大人に求められるのは子供が自ら考え、
答えを出すのをじっと待ってやることで、
端から正解を教えてしまっては本人の身にならない。

身体能力がいかに恵まれていても、
それだけで強くなっていけるのは
小学校六年生程度までがせいぜいで、
頭を使えない子は必ず行き詰まってしまう。

子供が持つ可能性は無限だが、
その能力を伸ばしてやるための環境づくりをし、
いかに本気に、真剣に取り組ませることができるかは、
我われ大人の役割であり、責任であると言えるだろう。

by ちち

日別画面へコメントする

05月15日(水)

起床時刻:05時31分

05月14日(火)

起床時刻:04時37分

     「守拙求真(しゅせつきゅうしん)」

        平櫛弘子(小平市平櫛田中彫刻美術館館長)

数え百八で命尽きるまで彫刻に情熱を燃やし続けた
祖父・平櫛田中。

私は、祖父が晩年を過ごした自宅
「九十八叟院」(東京都小平市)に開設された
美術館で館長を務め、その芸術と人生をご紹介しています。

明治五年、現在の岡山県井原市の田中家に生まれた祖父は、
十一歳で平櫛家へ養子入りしました。

しかしながら家業が傾き、小学校卒業後に
丁稚奉公を余儀なくされ、
また当時不治の病であった結核を患うなど、
苦労の末に二十代半ばで彫刻の道に入りました。

平櫛田中の号は、平櫛家と田中家の姓を組み合わせたものです。

他の芸術家に比べて遅いスタートでしたが、
代表作である「転生」「五浦釣人(ごほちょうじん)」など、
生涯に手掛けた作品は数百点にも上りました。

わけても六代目尾上菊五郎丈をモデルに取り組んだ
「鏡獅子」は、昭和十一年より構想を練り、
二十四年に菊五郎丈が鬼籍に入った後も制作を続け、
二十年もの歳月を費やして完成させた畢生の大作です。

書も手掛けていた祖父には、
「寿 七十不踰矩(ことぶき しちじゅうにしてのりをこえず)」
という作品があり、七十にしてまだ規範を超えない、
すなわち自分はまだ道半ばであるという心境を
表現しています。

そして百八歳で亡くなった時には、
あと三十年以上は制作を続けられるだけの材が
確保してありました。

by ちち

日別画面へコメントする

05月13日(月)

起床時刻:04時21分


「山本リンダ」どうにも止まらない
「アット驚く、為五郎」1日に2円も動く円安

円は下げ、株価は上がり、
中には、タコの糸が切れ、宇宙遊泳株価になり
空高く、舞い上がった株価が、

急転直下の墜落銘柄もあり。
棒上げは、棒下げに通じ。

棒下げを演じた、シヤープが蘇生し とかく、株式市場は、
面白い。


●●皆様の登録を お待ちしています
日々配信は、内容を充実させ

「株 情報広場」として、月980円で配信
しています。
申し込みは、以下をクリック
http://foomii.com/00063

    □今週の人気銘柄■ 売買銘柄ではありません

●8604野村證券 852円
週間で、77円高、情報誌でも、先週買い指示しましたが
4000万株の自社株買いは、週末に、終了した。
が、1段高可能です。

●6753シャープ450円
週間上昇率7位、死んだ銘柄が、蘇生すると
思わぬ高値を示現する時が、往々
にある。
現在は170円台の、空売り残
7500万株の 売り方の期日が続いている。

6ヶ月前は、経営危機で、142円の安値を付けたのです。
蘇生した銘柄の、空売りは、ダメ。

●8515アイフル 1379円
この銘柄も、半年前は140円台。当時のカラ売り残は
740万株。 売り方の期日ですが、
 この安値で、空売りし、現在まで売り続けている人は
 居ないでしょう
危ない会社が、蘇生し、半年間で10倍に。

東電も、死んだ銘柄が蘇生し、2、6倍
これも、3市場(東京、大阪、名古屋)で株不足、空売りが、
多いのです

●2432デイエヌエー2372円
週間値下がり率、4位。
上がる銘柄があれば、下げる銘柄あり。
来年度の利益縮小が、イヤ気された。
 4月安値2207円に対しての、2番底なるかの
 見極め時、


■コラム  2筆啓上■

▲株式市場は、取引所があり、いちば(市場)です。
商品も、取引所が存在し、売買を行います。
魚市場、野菜市場、
物あること所、取引には、市場があり
売り方、買い方が、適正価額で、売買しています。

▲ところが、世界で1日に、約350兆円も売買される
為替、通貨、何処で売買されているのーー
 為替の取引所が、あるわけでは無し
 市場があるわけでも無し

▲市場が無いのに、適正な価額が付くのですから
 アレー不思議、
by 大坪

日別画面へコメントする

05月12日

起床時刻:02時22分

睡眠時無呼吸症候群テスト

日別画面へコメントする

05月11日

起床時刻:05時24分

タイトリースト マッスルバック調達


 台湾でいまも愛される日本人技師

       八田與一(はった・よいち 1886~1942)

        『日本の偉人100人』

八田與一という人物をご存じでしょうか。
日本ではあまり知られていませんが、
台湾では中学生向けの教科書に
紹介されるほど有名な人物なのです。

八田與一は明治十九年(一八八六)二月二十一日、
現在の石川県金沢市で生まれました。

東京大学で土木を学んだのち、
当時日本の領土であった台湾で土木技師となり、
“烏山頭ダム”という巨大なダムを建設しました。

当時のアジアでは最大の灌漑事業で、
このダムの水によって潤った土地は
香川県とほぼ同じ広さに当たる約十五万ヘクタール、
水路の長さは地球の約半周分に当たる
約一万六千キロメートルに達し、
およそ六十万人の農民を救ったといわれています。

当時、台湾南部の嘉南地方には
ダムや用水路が整備されておらず、
洪水と干ばつがしばしば起こったため、
農業には不向きになった荒れ地が広がっていました。

農民たちからの度重なる要望を受けた台湾総督府は、
ダムの建設を検討しはじめます。

また、農業用水の確保のためだけでなく、
電力の確保や、電力を消費する製糖業や製塩業などの
産業のためにもダムの建設が強く求められていました。

三十二歳の若さでこの計画に取りかかった八田は、
徹底的な現地調査の末、烏山頭という場所に
ダムをつくることを考えます。

新人時代から「大風呂敷」と呼ばれていた
八田が計画したダムは、周囲の度肝を抜く
壮大で独創的なものでした。

東洋一の烏山頭ダムを建設し、
台湾の人々を干ばつや洪水から救った八田與一の生き方は
大変大きな反響を呼びました。

台湾で八田興一さんのダムを見学した際、
運転手さんがお墓にわざわざお花を
自分で用意して来てくださったのに心底感激しました。
今でも命日にはたくさんのかたが集われるとか。
3.11の台湾のかたからの義援金の多さも
八田さんはじめ先人の功徳のお陰だと現地で改めて感じました。

八田與一さんの事を知らない日本人が多くおります。

そして台湾の多くの方々が親日なのは
八田與一さんのおかげもあります。

八田與一さんの名は私たち日本人より、
台湾の方々の方がご存知です!

byちち

日別画面へコメントする

05月09日(木)

起床時刻:04時44分

     「桜の写真が教えてくれたこと」

           佐藤勝人(サトーカメラ専務)
 
写真の価値というのは単に上手い、下手だけではありません。
その一枚一枚に撮った人の様々な思いが込められているんです。

一昨年の春、アソシエイトの企画で
「桜のフォトコンテスト」をやりました。

みんなで入賞作品を選んでいた時、
明らかにアングルの悪い写真が一枚あった。

結局、その写真は選ばれず、コンテスト終了後、
持ち主に返すことになりました。

その方がお店に来た時に

「どういうイメージで撮ったんですか」

と聞いたんです。すると、

「実は……、病気で長期入院している母が
ベッドから撮ったものなんです」

と打ち明けてくれました。

聞くと、寝たきりのお母さんの
数少ない楽しみの一つが
病室の窓から年に一度だけ見える桜だった。

一年中桜を見ていたいというお母さんに、
息子さんはデジカメをプレゼントしたそうです。
お母さんはそれから毎年、
そのカメラで桜を撮影するのを楽しみにしていた。

息子さんが

「お母さんが撮った写真、サトーカメラの
桜のフォトコンテストに出しといたよ。
 入選するといいね」

と言うと、お母さんは嬉しくて
ボロボロ泣いていたそうです。

私たちはすぐにその写真を特別賞にしました。
間もなくお母さんは亡くなられましたが、
その桜の写真をお葬式の時にも飾ってくれたそうです。

その後、息子さんがお店に来て、
深々と頭を下げながら

「ありがとうございました。
 母は生まれて初めてのフォトコンテスト入賞に
 本当に喜んでいました。

 サトカメさんのお陰で
 天国に行くことができたと思います」

と。

byちち

日別画面へコメントする

05月08日(水)

起床時刻:04時48分

素人投資がどうにか原点復帰!
欲では勝てないと思い知った。

すべてそういうものか?

日別画面へコメントする

05月07日(火)

起床時刻:02時48分


       「腹を括れ」

           水野彌一(京都大学アメリカンフットボール部前監督)

私は昭和四十三年に大学院を卒業した後、
本場のアメフトを学ぼうとアメリカへ留学しました。
これが一つの転機になりました。

それまではいわゆる体育会のシゴキをやって、
普通じゃない、特別な選手をつくることが
スポーツの指導だと思っていましたが、
アメリカはそうじゃなかった。

集めてきた選手に自分たちの戦術を教えて、
組織で試合に勝つと。その大切さを学びました。


それで留学前は関学と戦っても
100対0という世界だったのが、
帰国後、監督に就任した昭和四十九年の試合では17対0。
負けはしましたが、この時が京大アメフト部元年だったと思います。

ただ、そこからなかなか勝てませんでした。

その年、さすがに無給のままでは
活動を続けられないと思って、
スズキインターナショナルという会社に就職しました。

そこは西ドイツ(当時)のビール製造機械を販売しています。
社長さんは鈴木智之さんといって、
関学アメフト部を四年連続全国制覇に導いたスター選手です。

その人のもとで働きながら、
アメフトの神髄を学ばせていただきました。

それで、いつもおっしゃっていたのは
「小手先のフットボールはするなよ」と。
最初はその意味が全く分からなかったんです。
やっと理解できたのは昭和五十七年の時でした。

ある試合の休憩中、副将の四年生が
「ちょっと頭が痛い」と言ってきたんです。
凄い体当たりをしたわけでもなかったので、
ベンチで休ませていたらバタッと倒れた。

すぐに救急車で運んだんですけど、結局駄目でした。

私は入院していた一か月間、
毎日病院に詰めていました。

お父さんとお母さんがずっと看病しておられるんですね。
それを見るのは辛いことでしたけど、
そこで感じたのは、人間っていうのは
あんな頑丈なやつでも呆気なく死んでしまうということ。

もう一つは、親が子を思う心、これは理屈じゃないなと、
物凄く感動しました。

もう、彼は帰ってきません。
ならば自分も人生を捧げないとフェアじゃないだろうと。
それで、「自分をなくそう」と思いました。

それまではやっぱり
「自分が強くする」「自分が日本一にする」と、
自分が強かったんです。

でも、もう自分はどうでもいいと腹を括りました。
それからです、すっと勝ち出したのは。

だから私は京大生に「腹を括れ」と
いつも言っているんです。

腹を括れば自分がなくなる。
そうすれば、逆に自分が自由になるんです。

自分に制限をかけているのは
自分でしかないですから。

by ちち

日別画面へコメントする

05月06日(月)

起床時刻:05時48分

05月05日

起床時刻:04時48分

05月04日

起床時刻:04時48分

05月03日(金)

起床時刻:06時48分

05月02日(木)

起床時刻:04時48分

05月01日(水)

起床時刻:03時48分

スマホチェンジ!
G3→G3 何故か速くなった。
G4 LTE が当然だろうが。
足元を見た商法に・・・

日別画面へコメントする