201505 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:03:42

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

05月29日(金)

起床時刻:03時01分

05月28日(木)

起床時刻:03時16分

05月27日(水)

起床時刻:03時58分

05月26日(火)

起床時刻:03時08分

05月25日(月)

起床時刻:00時00分

05月22日(金)

起床時刻:03時05分

05月21日(木)

起床時刻:04時45分

05月20日(水)

起床時刻:03時49分

05月19日(火)

起床時刻:01時49分

05月18日(月)

起床時刻:02時32分

05月17日

起床時刻:04時23分


    「辛く苦しいことに出逢った時、
     その出来事をどう捉えるか?」

  鈴木秀子(国際コミュニオン学会名誉会長)

自分自身をじっくり観察してみると、
いかに多くのことを先入観や既成の価値観で
決めつけてしまっているかに驚かされるのです。

一つのものの見方しかできず、
全く一方的な判断を急速に下してしまいます。

私の親しい友人に、ある大学教授夫人がいました。
夫の父も学者でした。

彼女は結婚するに当たって、
夫となるべき人からこう言われました。

「母が、烏が白いと言ったら、烏は黒色ではなく、
 白い色に見えるような目を持つように」

彼女は、この夫の言葉が何を意味したかが、
結婚したその日から嫌でも身にしみて分かりました。

老夫婦、若夫婦一緒に住む家庭で、
姑の言葉は絶対の力があったのです。
嫁は、姑が白と言えば黒いものでも白く見えるように、
自分に言い聞かせました。

彼女の結婚は想像以上に惨めなものであり、
忍耐と自分との闘いとの連続でした。

それが、ある時、久しぶりに彼女と会うと、
明るく溌剌として、自信に溢れ、若々しくなっているのです。

私は驚いて、どんな変化が彼女の境遇にあったかを聞くと、
周りは何一つ変わっていないといいます。

そして彼女は次のような意味の説明をしてくれました。

「私は自分の考えや思っていることを、
 はっきり表明する決心をしたのです。

 辛い体験をとおして私が結婚生活から学んだことは、
 他の人が、物事を必ずしも
 私の目に映るとおりには見ないということです。

 私の目に黒と見えることでも、
 白に見えている場合があると分かったのです。

 10人いれば文字どおり10色の物の見方があることをまず許し、
 それを理解し、その上で私も自分の考えや意見を述べようと決心したのです」


彼女の話を聞きながら、心の持ち方次第で
人がこのようにも変わるものかと、私は、ただ驚いていました。

そして、性急に物事を既成概念や先入観で決めつける習慣が
私の中にいかに根深いかを反省し、
彼女の辛い体験の実りから私も学ばせてもらいたいとつくづく考えたことでした。

他の人の立場をあるがままに受け入れることに、
まず大きな勇気と寛い心が必要です。

苦しい一生を送りながら、聖者と讃えられる人々の記録を見ると、
何と多くの祈りが「勇気と寛大な心を与えてください」という
叫びに満ちていることでしょうか。

世界中のどの人にとっても、いきいきと生き抜くには、
真の勇気と寛い心が土台として必要なのです。

byちち

日別画面へコメントする

05月16日

起床時刻:01時23分


 「グリコ創業者・江崎氏と松下幸之助氏の友情物語」

   城島慶次郎(サンパウロ学生会名誉会長)

松下幸之助さんを語るのに、私の大好きなエピソードがある。

江崎グリコの創業者・江崎利一さんは、
松下さんよりちょうど一まわり上の
同じ午年(うまどし)である。

昭和10年頃、大阪に出てきてグリコを売り出すとともに、
広告を朝日新聞と毎日新聞に出した。

そうしたら朝日の広告部が、
熱海にスポンサーを招待したことがある。
そのときに、たまたま同席したのが松下さんであった。


お互いに業種は違っても、事業に対する信念、精神には
相通ずるものが多く、どちらも裸一貫から事業を興した
境遇が似ているせいか、非常に尊敬の念を覚え、
かつ意気投合したものである。


そして時折会って話を交わそうではないかということになった。
2人とも一文無しから商売をはじめたのだから
「文なし会」といつとはなしに名付けられた。


江崎さんは戦後間もなく長男をなくした。
あとを継がせるべく専務として育成中のことで、
江崎さんは失望落胆した。

すでに70歳近くになり、孫はまだ幼い。
親類の人たちは、

「もうこれ以上、事業は広めるべきではない。
 大阪だけでこぢんまり縮小した方がいい」
 
と忠告し、そうするようにすすめた。
どうしたものだろう、江崎さんは決断がしにくいので
松下さんに相談した。

このくだりは江崎さんの『商道ひとすじの記』に
感動的に書かれている。

「すると松下さんは、

『江崎さん、今さら何をいうのか。

 ここまで営々と築きあげたグリコは
 もうあんた1人のものではない。
 日本のグリコだ。

 やりなさい。親類がどういおうとやりなさい。
 あんたがこれだけ広げたことはたいしたことだ。
 もう息子さんのことでくよくよしなさんな。

 よし私があんたのところの重役になろう。
 なんでも相談に乗ろう。

 あんたが死んで、あとうまくいかんようやったら、
 私がうちの若い者を引っぱってきて応援する。

 お孫さんのことは引き受けたから、
 あんたはいままで通り積極的にやってほしい。
 いやいっしょにやろうじゃないですか』
   
 そういって力強く励まし、私の肩をゆさぶってくれた。
 さすがの私も、このときばかりはなすすべもなく、
 ただ男泣きに泣いた。

 松下さんの友情はほんとうにうれしかった。
 持つべきものはほんとうの友人だということを、
 しみじみ感じた。

 感動にうちふるえながら
 私は松下さんのいうように長男の死を乗り越え、
 事業の鬼になることを心に誓ったのである」


松下さんは、江崎さんの孫の勝久さん(現・江崎グリコ社長)が
大学を卒業したとき、


「はじめから江崎グリコに入れると甘やかされるから
 一人前になるまでうちで鍛えてやる」
 
と、3年間預かって鍛えた。

また江崎グリコが株を公開すると、
さっそく株をもって、死ぬまで重役として応援しつづけた。

江崎さんと松下さんの交友は深く、友情というより、
切っても切れぬ人間的なつながりになっていた。

松下さんを盟友にもったことは、私の誇りであり、
心の財産だと、話されたこともある。

たかが子供の10銭菓子からグリコ王国を、
電気ソケットから世界一の家電王国を築いて
悔いなき生涯を終えたふたりは今、
あの世で熱海の湯につかりながら、
あれこれ話がはずんでいることだろう。

おふたりに受けた有形無形の深い感銘が温かく甦ってくる。

byちち

日別画面へコメントする

05月15日(金)

起床時刻:03時20分

マツダ CX-5 2Lヂーゼルターボ トルク 44.2

日別画面へコメントする

05月14日(木)

起床時刻:03時23分

05月13日(水)

起床時刻:02時50分

05月12日(火)

起床時刻:03時43分


     「天才心臓外科医が開いた境地」

    渡邊剛(ニューハート・ワタナベ国際病院総長)

渡邊 日本の病院の心臓外科手術成功率は平均で約97%です。

つまり、死亡率は約3%、100人手術したら3人は亡くなる。
これは決して満足のいくレベルじゃないわけですね。

一方、僕らは金沢大学病院時代の15年間で
成功率99・5%という実績を挙げてきました。

そして現在では99・7%の成功率、
死亡率は0・3%で、平均の10分の1です。

昨年5月に開院して以来、今年の3月末までに
308件の手術を行ってきましたが、死亡はゼロ。

──圧倒的な数字です。

渡邊 いかに短時間で手術を終えるかが成功の一つの肝なんですが、
   そのためにはチームが上手く機能しなければなりません。

心臓外科医だけではなく、各分野の一流を集めた
プロ集団を創る必要があるんです。

例えば、弁置換手術で心臓を止めている時間の全国平均は約97分ですが、
僕らのチームは約40分で終えることができる。

当院に集うメンバーは心臓外科医、麻酔医、ナース、
薬剤師、管理栄養士、理学療法士、秘書も含めて、
多くが金沢大学、東京医科大学病院時代に
僕と一緒にやってきた仲間です。

患者さんには必ず元気に帰っていただく。
その一点だけを考えて仕事をしています。

──プロ集団を創り上げる上で、どんなことを心掛けていますか。

渡邊 負け癖をつけない。

やっぱり患者が亡くなる経験ばかりしている外科医は、
確率論だから亡くなったとしてもしょうがないやと思う。

そういう言動をとったスタッフには辞めてもらっています。

──今回の取材にあたって秘書の方とやりとりをさせていただきましたが、
  非常に真摯な対応ぶりに感銘を受けました。

渡邊 そう言っていただけると、嬉しいです。

スタッフの教育に関して特別なことはしていませんけど、
「思いやりを持って行動してください」と常々言っています。

あとは目を光らせて悪い芽は即座に摘むということですね。
やっぱりそこは一本筋を通しておかないといけません。

一人のスタッフがちょっと対応を誤って、
お客様が「何この人、嫌だな」と思った瞬間に、
もう病院全体のイメージが悪くなるでしょう。

だからドクターやナース、清掃員、警備員に対しても、
僕はそういう言動を見つけたら徹底的に正します。

一人の対応いかんで組織の印象が
すべて決まるわけですからね。

──これまで渡邊先生が大切にされてきた言葉は何ですか。

渡邊 41歳で金沢大学病院の教授になった時に、
   それまで折に触れて書き留めていた言葉を
   聖徳太子の十七条憲法に真似て、
   医師として、職員としての17か条の心得をつくったんです・・・

by ちち

日別画面へコメントする

05月11日(月)

起床時刻:02時21分


      「人生を変えた母の言葉」

      北原照久(トーイズ社長)

66年の人生を振り返ってみると、
私はこれまで思い描いた夢をすべて実現させることができている。

17歳の時に憧れの加山雄三さん、吉永小百合さんに
会いたいという夢を持った。


その後、20歳の時にはフォードの高級車・サンダーバードが欲しい。
おもちゃの博物館をつくりたい。30代では豪邸に住みたい。


「そんなの無理だ」


ほとんどの人からこう言われた。
誇大妄想狂やほら吹き、狼少年と揶揄された。


ところが、37歳の時、横浜にブリキのおもちゃ博物館を設立し、
49歳の時に500坪の豪邸を、50歳の誕生日にサンダーバードを手に入れ、
52歳の時に加山さんと、還暦の年に吉永さんとお会いすることができた。


いまでは周囲から「世界的なおもちゃコレクター」と称されるようになり、
6つの博物館を経営し、年間約150本の講演、
累計71冊の著書を出すまでになったのである。


なぜこうも運よく夢を実現させることができたのか。
そう考えた時、私の中に一つの答えが浮かび上がった。


「すべては出逢いである」


人との出逢い、物との出逢い、そして言葉との出逢いが、
自分の人生をよい方向に導いてくれたと思わずにはいられない。


私は1948年、北原家4人兄弟の末っ子として生まれた。
上の3人は皆、近所でも評判になるほどの秀才だった。


それに対して私の成績は体育を除いてオール1。
親は寛容だったが、学校の先生からは常に兄たちと比較される。
このことが勉強嫌いに一層拍車をかけた。


中学に入ると、勉強ができないため授業をさぼるのが当たり前になり、
盛り場に入り浸って喧嘩をしたり、悪友と遊びに耽るようになっていった。


揚げ句の果てには、中学校3年生の2学期に、
ある事件をきっかけに退学処分を食らったのである。


この時が私の人生のどん底だったかもしれない。


退学になったその日、私はひどく落ち込み、
親に合わせる顔がないと思うと、なかなか家に帰ることができなかった。


ところが、打ちひしがれていた私を見るにつけ、
母はこう言ったのである。


「おまえの人生はこれで終わったわけじゃない。
 これから先の人生のほうがずっと長い。
 だからめげることないよ。
 人生はやり直しはできないけど、出直しはいつでもできる」


この母の言葉は、
そのままダメになってしまいそうだった私を救ってくれた。


その後は実家のスポーツ店を手伝うつもりだったが、
父の勧めもあって高校へ進学することになった。


1学年800名のうち、成績はどん尻の800番。
ここでも素晴らしい先生との出逢いが
劣等感の塊だった私の人生を変えてくれたのである。


入学して間もない頃、三択式のテストがあった。
全く答えが分からなかったが、たまたま直感が冴えていたのだろう。
そのテストで私は60点を取った。


すると、担任の沢辺利夫先生は我が事のように喜び、
思いもかけない言葉を掛けてくれた。


「北原、すごいな!
 おまえはできないんじゃなくて、
 やらなかっただけだ。やればできるぞ」


本心から褒めてくれた先生のこの言葉が私の心に火をつけた。


また先生に喜んでもらいたい、褒めてもらいたいとの一心で、
アルファベットもろくに書けない状態から猛勉強を積み重ねていった。


努力する、成績が上がる、褒められる、また努力する……。


その繰り返しの果てに、学年最下位だった私は799人をごぼう抜きし、
学年トップで卒業式を迎え、総代として謝辞を述べるまでになったのである。


この3年間で私は「やればできる」という自信を身につけることができた。
これは私の原点であり、この時に、真の人生のスタート地点に立つことができたと思う。


ゆえに、両親と沢辺先生には感謝しても感謝しきれないし、
言葉のもつ力の大きさを実感するようになった。


自分が口にした言葉を最初に聞くのは誰か。
それは話し相手ではなく、自分なのだ。


だから、いつも不平不満や愚痴、悪口、恨み、妬みを発している人は、
それを相手にぶつけているつもりでも、実は自分自身にダメージを与えている。


私は20歳の時に、オーストリアに留学した。


そこで古い物を大事にする文化に感銘を受け、
柱時計を皮切りに明治から昭和にかけてのおもちゃやポスター、
雑誌、小説、レコード、文具等々……
自分がときめく物をただひたすら収集するようになった。


これまで46年間で集めたコレクションの数は
実に4トントラック100台以上にも上る。


その間、私が心掛けてきたのは
「絶対に人の悪口を言わない」ということだ。


私一人では到底これだけのコレクションを集めることは不可能だった。
無数の人たちとのご縁があってこその産物なのである。


悪口を言う人のところに人は集まらないし、
運も離れていってしまう。


だから私は、どんな不条理なことをされても
決して悪口や負の言葉を発しないようにしてきた。


人生はよいことばかりではないし、
かといって悪いことばかりでもない。
バイオリズムがある。


だからこそ、よい時には「感謝」をし、
悪い時には難が有るから「有り難う」と言う。

いつも「感謝と有り難う」を口ずさんでいると、
運命はよくなり、人生は好転していく。

これは私の心からの実感である。

byちち

日別画面へコメントする

05月10日

起床時刻:05時02分


    「マザー・テレサの心の持ち方」

   渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)


先日、私はある講演会で、
「実は私もキレそうになるときがあるのですよ」
というお話をしたところ、聴衆に大変喜ばれました。


修道者とはいえ、忙しいときの電話や思い通りにならないこと、
「どうして!」と、イライラすることがあるのです。


私はマザー(テレサ)から、キレそうなときに、
キレないですませる方法を教えていただきました。


あれは1984年11月に来日されたときのことでした。


岡山駅までお迎えにあがると、
辺りはテレビや雑誌の記者、一般の人で
黒山の人だかりができていました。


マザーがお着きになると本当に文字通り
「フラッシュの雨」が降ったのです。


その後、どこへ行っても、
「マザー、こっちを向いてください」
「次はこちらを」
とびっくりするほどたくさんの写真を撮られて……。


異国の地での厳しい講演日程に加えて、
新幹線や車など慣れない乗り物での長距離の移動、
当時マザーは74歳でした。


肉体的にも精神的にもお疲れでしょうに、
マザーは嫌な顔ひとつせずにニコニコと、
本当にすてきな笑顔で応対していらっしゃったのです。


私は内心、
「マザーはカメラ慣れをしていらっしゃるのかしら。
 それとも写真がお好きなのかしら」
と思っていましたが、口には出さずにおりました。


夜10時を回ったころだったでしょうか、
ようやくすべての予定を終了して修道院にご案内し、
2人で肩を並べて歩いていると、マザーがふと、


「シスター、私はフラッシュがひとつたかれるたびに、
 死にゆく魂が神様のみもとに
 安らかに召されるように
 神様と約束をしてあるのです」


とおっしゃったのです。


生きている間、いいことがちっともなくて、
神や人、世間を呪っていた人たちの魂が
「サンキュー」と言って穏やかに、
この世と和解して死んでいくために、
煩わしいけれど、疲れているけれど、笑顔をするんです、と。


その上、


「今日はまだ祈っていないから」


と、寒いチャペルでストーブもつけずに、
寝る前に一時間お祈りを捧げられました。
マザーは祈りを大切にした方でした。


私はそんなマザーの姿を拝見して、
人には「自分の心との葛藤」と「自分と対話するゆとり」が
必要なのだと感じました。


日常の中には、マザーにとってのフラッシュのような
「煩わしいもの」や「イライラするもの」
「面倒くさいもの」が、必ず存在します。


そういうときにグッと我慢をして、


「これを我慢しますから、
 どうかあの人の病気が治りますように」


と他人を思いやったり、「仕方がないよね」と許す
「ゆとり」を自分の中につくる。


キレそうになる自分を抑えるための、
自分との小さな闘いが必要なのです。


逆に失敗したときは自己嫌悪に陥るのではなくて、
「今度はもうちょっと我慢しようね」と自分と話してみる。


マザーが「マザー・テレサ」であり続けることができたのは、
そういう自分自身との闘いと、ゆとりを
常に持ち続けていらしたからではないでしょうか。

byちち

日別画面へコメントする

05月09日

起床時刻:03時02分

05月08日(金)

起床時刻:05時04分

アウトランダー

日別画面へコメントする

05月07日(木)

起床時刻:05時00分

05月06日(水)

起床時刻:07時00分

05月05日(火)

起床時刻:03時00分

05月04日(月)

起床時刻:05時30分

05月03日

起床時刻:07時30分

05月02日

起床時刻:04時30分

05月01日(金)

起床時刻:03時30分