201603 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:03:30

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

03月31日(木)

起床時刻:03時05分

03月30日(水)

起床時刻:02時34分

-1,389 -8,643
-225 16,878

パナソニック フットマッサージャ
パナソニック 腰 太腿マッサージャ

日別画面へコメントする

03月29日(火)

起床時刻:03時30分

-35 -7,324
-31 17,103

日別画面へコメントする

03月28日(月)

起床時刻:05時09分

+657 -7,166
+131 17,134

日別画面へコメントする

03月27日

起床時刻:04時09分

03月26日

起床時刻:03時30分

03月25日(金)

起床時刻:03時16分

+662 -7,597
+110 17,002

日別画面へコメントする

03月24日(木)

起床時刻:03時10分

-767 -8,143
-108 16,892

日別画面へコメントする

03月23日(水)

起床時刻:04時10分

-234 -7,380
-48 17,000

日別画面へコメントする

03月22日(火)

起床時刻:03時04分

+1,215 -7,152
+324 17,048

日別画面へコメントする

03月21日(月)

起床時刻:05時04分

03月20日

起床時刻:03時30分

東松山 「ひびき」みそだれ焼トン

日別画面へコメントする

03月19日

起床時刻:03時30分


◆ あなたに伝えたい二つの言葉 ◆

佐々木 隆(JTB相談役)

「腑に落ちた知識は、絶対に自分を裏切らない」ということである。

二十代というのは、会社や組織の中で様々な雑用や下積みをやらされる。

その時、自分にとって何が本当に必要なのか分からなくて迷ったり、
自分の将来に関係あるのだろうかと疑問を感じて中途半端になる人が
非常に多い。私自身がかつてそうだった。

また、若い時は研修やセミナーを受講する機会も多いだろう。

その場では納得して帰ってくるのだが、覚えているのはせいぜい一週間程度で、
自分の仕事に生かせていることとなると極めて少ない。

それは結局、知識が腑に落ちていないからなのである。

では、いかにすればよいのか。

ごく些細なことでいいから、一つのことを徹底的に何か月も
考えを巡らせる訓練が必要なのだと思う。

ある程度の確信を持ったら、今度はその知識を自分の言葉で人に話す。

相手の考えも聞き、さらに深める。

そのサイクルを積み重ねていく先に、間違いなく自分を裏切らない、
自分を救ってくれる腑に落ちた知識の獲得がある。

ここではもう一つ、大事なことを付記しておく。それは、

「現在に生きろ」ということだ。

明日のことを考えて不安になったり、過ぎ去った昨日のことを
考えて後悔するのではなく、きょう一日に集中する。

きょう一日に集中し切った人、つまりいま目の前にある仕事、
環境、知識を最大限生かした人が必ず成功者になるのだ。


いま学んでいることやいま携わっている仕事が未来の自分にとって役に立つか
否かを考えるのは、全く意味がない。

むしろマイナスに働くと思う。

byちち

日別画面へコメントする

03月18日(金)

起床時刻:03時30分

-715 -8,375
-212 16,725

日別画面へコメントする

03月17日(木)

起床時刻:03時30分

-92 -7,770
-38 16,936

日別画面へコメントする

03月16日(水)

起床時刻:03時30分

-810 -7,691
-143 16,974

日別画面へコメントする

03月15日(火)

起床時刻:03時30分

-487 -6,880
-117 17,117

日別画面へコメントする

03月14日(月)

起床時刻:03時30分

+1,320 -6,394
+300 17,234

日別画面へコメントする

03月13日

起床時刻:03時29分

◆ 立ち直りの早い人と遅い人 ◆

鍵山 秀三郎(日本を美しくする会相談役)

東日本大震災後の現地に足を運んでいるうちに見えてきたという、
立ち直りの早い人と遅い人の違い。

その違いは人はどう生きたらいいのかというヒントに繋がります。

幕末や明治に日本を訪れた外国人は、日本という国は貧しいけれども
素晴らしい国民だと口々に称賛しました。

私たちはそういう素晴らしい祖先を持っているわけですから、
その尊い生き方がしっかり身についています。

世の中というのはお盆の上にたくさん豆が載っているようなもので、
お盆が傾くとザラザラと流れ落ちていきます。

昔の日本には、その中で一人でも二人でも流されずに立ち止まって、
困難ではあるけれども上に登っていった人がいました。

あるいは皆が上ばかり見ている時に自分だけは下をしっかり見て、
誰も知らないところで努力を重ねた人がたくさんいました。

そういう精神を備えていることが日本人のよさであります。

何度も被災地に足を運んでいるうちに分かってきたことなんですが、
まず第一は、志のある人です。

ただ生活のためにパン屋をやっている人は、補助金をもらえる間は再開
しようとは思わないようだが、地域のためにパン屋をやっているという
志や使命感のある人は、一刻も早くパン屋を再開しないと地域の人が困
ってしまうと考えるので、立ち直りが早いんです。

もう一つ、孤独な人は立ち直りが遅いけれども、強い絆で結ばれた仲間
がいて、いろんな人が励ましに来てくれるような人は、やっぱり立ち直
りが早いですね。

ですから志と絆、この二つが人生の危機管理における重要なポイント
だと私は考えるんです。

byちち


…………………………………………………
もし、信長が新国立競技場をつくったら?
…………………………………………………

          堺屋太一氏 織田信長について

信長は安土城で相撲の興行をよくやりました。

その第一回目の相撲の興行が終わって、人がいっぺんに退散したらたちまち
混乱して石垣から落ちて怪我人が出た。

それで家来の丹羽長秀に「この次は怪我人が出ないようにしろ」と命じた。

そうしたら奉行たちが集まって、道路を広げたらいいとか、橋を付け替え
なきゃいかんとかいろいろ議論をして、

「費用もかかるし、時間もかかるけれど、いかがいたしましょうか」

と信長に具申すると、信長は

「おまえたちは馬鹿だな。混乱するのはみんながいっぺんに帰るからだ。
 それを分散させる手を考えればいいじゃないか。
 最後に何か一つ付け加えれば、それを観るやつと観ないで帰るやつに
 分散するから混乱しないだろう」

といって、弓取り式というのを考え出したわけです。

確かに最後に弓取り式をやると、それを観る人もいれば観ないで帰る人も
いますから混乱しないんです。

ハードではなくてソフトで解決する。

これは天才的な発想だと思います。

2020年の東京オリンピックの新国立競技場の問題も、そういう柔軟な
発想がないからお金ばかりかかってしまうわけです。

あれは織田信長だったら500億円でできますよ(笑)。

byちち

日別画面へコメントを読む(1)

03月12日

起床時刻:03時29分


◆ 徹底したプロの仕事 ◆

船村 徹(作曲家)

特に思い出に残っているのは、ひばりさんにとって最後の曲になって
しまった「みだれ髪」です。

作曲当時、彼女は大病を患って福岡の病院に入院中でした。

私もそれまでに50曲近くを提供してきたけど、今度ばかりは体調の
こともあるし、少し簡単な歌をつくろうと思っていたんですよ。

ところが作曲の途中で何度かひばりさんとやり取りをする中で、
返ってくるのは「それでは嫌です。ひばりはまだまだ歌いますから」
の一点張り。手抜きをしないでくださいということなんですよ。

普通、病気をした人間であれば、楽譜を見て

「かえっていろいろと考えていただき、ありがとうございます」

とお礼を言ってもらえるところが、全くそうではなかった。

ひばりさんが退院してすぐにその曲を歌わせてみたところ、
これがまた見事でした。

ああいう人は「禍転じて福となす」という言葉どおりのことが
できてしまうんですよ。

入院中に声そのものを休ませているから、前よりかいくらか若くなって
いるような感じがしました。

そもそも九死に一生を得るような大病をした人とは全く感じられませんね。

そういうのがやはり、地球外生物なんじゃないかと思うのですよ(笑)。
普通だったらとても考えられませんから。


そういう方と出逢えたというのは怖いことですよ。と同時に、
「なんでこういうふうにしなかったのだろうか」とか
「こういう歌を書いていたら、もっといいものになっていたのではないか」

という悔恨のほうが多く残っていますね。

それから私どもの仕事というのは、常に「次は何をやろうか」とか
「こういうものがあったらいいな」と考えているものですから、いまでも
いいアイデアがパッと思いつくと、

「どうしても、ひばりでいきたいな」と思う。

ところが次の瞬間には「あぁ、もういないのだな、彼女は」と。

その時の喪失感というのは大きいですよ。

怖いものですね、現実というのは。

byちち

日別画面へコメントする

03月11日(金)

起床時刻:03時29分

+445 -7,715
+87 16,940

日別画面へコメントする

03月10日(木)

起床時刻:03時29分

+1,002 -8,160
+210 16,852

日別画面へコメントする

03月09日(水)

起床時刻:03時29分

-1,284 -9,163
-141  16,642

日別画面へコメントする

03月08日(火)

起床時刻:02時13分

-515 -7,909
-128 16,783

日別画面へコメントする

03月07日(月)

起床時刻:05時10分

+118 -8,970
-104 16,911

日別画面へコメントする

03月06日

起床時刻:04時10分

◆ 稲盛和夫氏のリーダー論 ◆

稲盛 和夫(京セラ名誉会長)

私は全く経営というものを知らなかったのですが、縁あって27歳のときに
京セラという会社を創っていただき、経営することになりました。

従業員28名の小さな会社でしたが、創業するとすぐに決めなくてはならい
ないことが山ほど出てまいりました。

「これはどうしましょうか」

と次々社員が決済を求めてきます。

私にはそれまで経営の経験があるわけでもなく、経済も経理も知りません
でしたが、それでも判断を下していかなければなりません。

私は何を基準に判断していけばいいのか判らず困り果てていました。

悩み続けた結果、「人間として何が正しいのか」をベースにして、つまり、
最も基本的な倫理観に基づき、「人間として正しいことなのか」

「正しくないことなのか」「善いことなのか」「悪いことなのか」

を基準にして判断していくことにしたのです。

現実の社会は、不正が平然と行われていたり、利己的で勝手な行動をとる
人がいたりと、決して理想的なものではないかもしれません。

しかし、世の中がどうであろうと、私は「人間として何が正しいか」を
自らに問い、常にだれから見ても正しいことを、つまり、人間として普遍的
に正しいことを追求し、理想を追い続けようと決めたのです。

「人間として正しいことを追求する」ということは、どのような状況に
おかれようと公正、公平、正義、努力、勇気、博愛、謙虚、誠実という
ような言葉で表現できるものを最も大切な価値観として尊重し、それに基
づき行動しようというものです。

今考えてみますと、何の経営の経験もない私が、京セラやKDDIを
それなりの企業に育てることができましたのも、このような
「人間として正しいこと」をひたすら追求してきたからだと思うのです。

byちち



江戸無血開城の立役者として知られる幕末の英傑・勝海舟。

坂本龍馬や西郷隆盛にも多大な影響を与えた海舟の残した語録を、
修身に役立てていただきたいとの願いから本書は誕生しました。

米澤藩士の娘だった祖母の元で育った著者は長年、武士道を通じて
人の在り方を模索してきたが、海舟はその具体的な行動規範を教え
てくれた師の一人であったといいます。

その言葉は実に示唆に富み、痛快です。

「世間に始終ありがちの困難が、一々頭脳にこたえるようでは、とても大事業
はできない」

「男児世に処する、ただ誠意正心をもって現在に応ずるだけのこと」

「後進の書生に望むのは、奮ってその身を世間の風浪に投じて、浮かぶか
沈むか、 生きるか死ぬるかの処まで泳いでみることだ」

絶体絶命の危地にあろうとも、針の穴ほどの突破口から道を切り開いていった
海舟の放つ言葉には、心を強く鼓舞されるものがあります。

若い頃の極貧生活、二十回にも及ぶ襲撃事件、大政奉還……。

自省自修の努力をせよ、無心になれ、逆風を楽しめ、決然と事に当たれ、
現世での評価にこだわるな──。

克己心を以て生涯を貫いた海舟の生き様です。

★自省自修の努力をせよ
★無心になれ
★言わせておけ 
★忘れてしまえ 
★究極の健康法  
★礼をわきまえよ 
★名誉を先に求めるな 
★現世での評価にこだわるな 
★公平な考えで人を見抜け 

byちち

日別画面へコメントする

03月05日

起床時刻:03時10分

      ◆ いつまでも元気な脳のつくり方 ◆

        長谷川 嘉哉(認知症専門医)

脳を少しでも若返らせたい──。誰もが願うことだと思いますが、
それが実際にできるのであればぜひ試してみたいですよね?

認知症専門が説く、親指と脳の不思議な関係に注目です!
脳を若返らせ、健康な生活を送るためには、その“意欲”が
極めて重要な鍵を握っています。

多くの認知症患者さんを診察するうちに分かったのは、意欲の低下に
合わせて、脳の機能低下が本格的に始まるという事実です。

必ずしも認知症だから意欲が低下するのではありません。

「何となくやる気が湧かない」「何をするにもおっくうになった」
と感じる人は多いのではありませんか。

退職間際まで活躍していた人が、退職後に急激に老け込んでいく
というケースは多く見られますが、それは現役時代に比べて、
脳への刺激が少なくなったことが要因です。

筋肉などが長時間使われなかったため、萎縮し機能を失うことを
「廃用」と言いますが、それと同じく脳も刺激を受けないままでいると、
対応する部位が廃用に陥り機能低下を引き起こすのです。

そのような研究をもとに、私は認知症の患者さんの治療に親ゆびを刺激
する“脳リハビリ”を取り入れて大きな成果を得てきました。

例えば、物忘れが目立つようになり、ご家族とともに当院を受診された
75歳の元経営者の方のケース。

診断結果は早期認知症でしたが、治療に親ゆび刺激法を取り入れたところ、
3か月程度続けた頃から、表情が明るくなり、言葉数も増えていったのです。

現在では、自ら散歩に出掛けるようになり、経営されていた工場にも顔を
出し、同業者の集まりにも参加されるまでに回復されています。

認知症が進んだ患者さんであっても、当院では約8割の方が症状の維持、
もしくは「言葉数が多くなった」「食事で好き嫌いを言うようになった」
などの改善が見られました。

検査で脳の萎縮が見つかったといって諦める必要はないのです。

それでは、私が実際の診療経験から開発した親ゆびのパワーを引き出す
「親ゆび刺激法」をいくつかご紹介していきましょう。

★親ゆび曲げ刺激法
★親ゆび開いて閉じて刺激法
★親ゆびタッピング法

など、具体的な方法はイラスト付で分かりやすい本誌をご覧ください!

byちち

日別画面へコメントする

03月04日(金)

起床時刻:03時10分

+684 -9,014
+55 17,015

日別画面へコメントする

03月03日(木)

起床時刻:02時56分

+1,522 -9,505
+214 16,960

日別画面へコメントする

03月02日(水)

起床時刻:02時54分

+1,900 -11,070
+661 16,750

日別画面へコメントする

03月01日(火)

起床時刻:02時26分

+322 -13,812
+60 16,086

日別画面へコメントする