201701 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:03:10

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月31日(火)

起床時刻:02時02分

01月30日(月)

起床時刻:00時20分

01月27日(金)

起床時刻:04時18分

01月26日(木)

起床時刻:02時18分

01月25日(水)

起床時刻:04時30分

01月24日(火)

起床時刻:01時25分

01月23日(月)

起床時刻:01時01分

01月22日

起床時刻:04時01分

01月21日

起床時刻:04時30分

01月20日(金)

起床時刻:04時04分

01月19日(木)

起床時刻:04時09分

01月17日(火)

起床時刻:04時13分

01月16日(月)

起床時刻:04時12分

01月13日(金)

起床時刻:04時17分

01月12日(木)

起床時刻:00時26分

01月11日(水)

起床時刻:01時33分

01月10日(火)

起床時刻:03時17分

01月09日(月)

起床時刻:04時17分

01月08日

起床時刻:05時17分

01月07日

起床時刻:03時00分


───────────────────
『小さな経営論』 藤尾秀昭・著
───────────────────


稲尾さんと同期で2人のピッチャーが入ったそうです。
ところが、その2人と自分の扱いがぜんぜん違うわけです。

彼らはピッチング練習をしているんだけれど、自分はバッティングピッチャー
しかやらせてもらえない。

おかしいなあと思って、稲尾さんはタイミングを見計らって2人に聞くんですよ。

「僕は3万5,000円の給料と契約金50万円で入ってきたんだけど、
 君たちはいくらもらった?」

2人は、契約金が500万と800万、月給も10万と15万だったそうです。
球団の期待の度合いが全然違うわけです。

だから彼らはピッチャーの練習をしているのに、自分はバッティングピッチャー
ばかりやらされるのか、と稲尾さんは知るんですね。
 

普通ならみなさん、「なんだ、馬鹿にするな、俺はもう辞める」
というところです。でも、稲尾さんはいわないんです。

どうすればいいか、じーっと見ていて考えるんです。
マイナスの条件すべて生かしきって稲尾さんは成功するんです。

このボール球にする一球は俺だけのものだ。
この一球だけは別に相手を気づかわなくてもいい。

バッティングピッチャーだから三球はストライクを投げなきゃいけないけれど、
残りの一球はボールでいい。
だから、その一球は俺のものだ。

稲尾さんは、この一球で自分の練習をしようと決心するんです。

高め、低め、インコース、アウトコースとボール球を投げ分ける練習をしようと。

その結果、彼は名コントローラーといわれるピッチャーになるんです。

自分の与えられた環境の中で一心不乱に仕事をしていったから、稲尾さんの人格
が磨かれて、運命を招来していったんです。

これが正に「精進」!!!

イチロー選手が小学校6年生のときに書いた作文です。

「365日中360日は、激しい練習をやっています。1週間中で友達と遊べる時間は
 5、6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球の選手に
 なれると思います」

と書いています。

365日中、360日練習しても嫌にならないというのが、作文からうかがえます。

イチローが天才なのは、努力があるからです。

普通の人は、努力しなくてもいいような状況になったら努力しません。

イチローは小学校の頃から努力が身についています。
 
どんな状況の中にいても努力する習慣を身につけるというのは、
その人の運命を発展させていく根本ではないでしょうか。


byちち

日別画面へコメントする

01月06日(金)

起床時刻:03時19分

01月05日(木)

起床時刻:03時38分

01月04日(水)

起床時刻:03時50分

01月03日(火)

起床時刻:04時17分

01月02日(月)

起床時刻:04時17分

01月01日

起床時刻:00時00分