201705 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:03:30

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

05月31日(水)

起床時刻:03時31分


       何気なく発した言葉が相手の人生を大きく変えた

              《臨床心理士 皆藤章さん》

10年ほど前のことです ある医者から「カウンセリングをしてほしい」と患者さんを紹介
されました。その女性はがんを患っていて治る見込みがありませんでした。

だから自分は何でこんな苦しい思いをしなければいけないのか、という思いが強い。

それにまだ二十代だったので、周りの人を見ると皆が健康そうに見えるのが余計に辛くて、
誰とも交わることなく自分の殻に閉じこもっていたんです。

彼女とは一回だけの出会いで、50分間のカウンセリングでしたが、そういう状態だったので
ほとんど何もお話しされません。

ただ、こちらが尋ねたことには、時々答えてくれたりする程度で時間がきて、病院に戻って
いかれました。
 
そうしたら翌日、その医者からメールが来て

「あの患者さんは先生と会われてから、すごく変わりました。とても前向きに私たちに話を
 して、頼ってくれるようになりました。一体どんな魔法を使われたのでしょうか」

と書かれてありました。
 
僕はただ話を聞いていただけで、理由がよく分からない。

でも何かが起こったことは確かですから、僕もその理由をすごく知りたかったのですが、
遠隔地におられた方だったのでそう簡単には会えなかったんです。

ところがそれから一年経って、ようやく彼女と会える機会がありました。

その一年間、彼女は残り少ない命を懸命に生きていたんです。
 
それで僕は彼女にどうしても聞きたかったことを聞いてみました。

「あの時、何が起こったのですか」と。

一回のカウンセリングで、人が正反対に変わるなんて、僕の経験上ないことでしたから。
 
すると彼女はこう答えました。

「それは先生の言葉です」と。

ところが僕はもう何を言ったか忘れているわけですよ。
それで「何を言ったのかな」と聞いたら、

「先生はあの時、そうか、あんたはそんなに辛い病を抱えて、いままで一人で生きてきたん
 やな、と言われました」

と答えてくれました。
 
彼女はこうも言いました。

「これまで家族や他の誰にも分かってもらえなかったことを、初めて会った他人の先生が、
 一人苦しみを抱えて生きてきた私のことを分かってくださった。
 そういう人が世の中にいるんだったら、もっと人を頼ってもいいのではないか
 と思うようになりました」と。

僕は彼女にかけた言葉を全く覚えていませんでした。
きっと何気なくかけた言葉だったと思うんです。

ただこの時勉強になったのは、僕はその人の心を変えようと思って言葉を発したわけではない
ということでした。

患者さんの姿をみて、ごく自然にそういう言葉が口をついて出てきたんですよ。
ところが僕の何気ない言葉が彼女の心に届いた。

それによって彼女は自動詞の人生を歩み始めたのです。

byちち

日別画面へコメントする

05月30日(火)

起床時刻:04時13分

05月29日(月)

起床時刻:03時12分

05月25日(木)

起床時刻:04時25分

05月24日(水)

起床時刻:03時46分

05月22日(月)

起床時刻:03時10分

05月17日(水)

起床時刻:03時43分


            天ぷら「みかわ」主人 早乙女晢哉


 江戸前天ぷらの第一級の暖簾を守り続ける仕事の流儀、哲学は大きな反響をよんだ


 私のいまの実感というと、よく潰れずにやってきたなぁと、それだけです。

 もういつ潰れてもおかしくないくらいの格好でずっと商売してきましたから。

 店を出したのは昭和51年ですが、とにかく都心で、地面についているところならどんな
 ところでもいいということで、最初から何の当てもなく、日本橋茅場町の路地に出店。

 後のお馴染みさんも最初はみんな「えっ、ここ?」って(笑)。

 おまけに表のすずらん通りでやっていた天ぷら屋が1年前に潰れていて、また天ぷら屋が
 出てきたって皆大笑いでした(笑)。

 でも自分の中では思っていました。
 茅場町は「みかわ」のある所だって絶対に言わせてみせるって。


 じゃあ何か目標みたいなものがあったかって、そんなの何もないんです。

 とにかくきょう一日頑張る。だから1年目は365日、一日も休みませんでした。


 お客さんが来ると言えば、夜中でも待ってました。

 夜の10時半頃片づけが終わって、さて帰ろうかなと思っていたら、「いま羽田へ着いたん
 だけど」って電話が掛かってくる。

「はい、分かりました」って夜中の2時半くらいまで天ぷらを揚げていたこともあります。

 で、その後10年間は休みは月2回にしたんです。

 従業員は交替で休ませて、うちの奥さんと私は10年間休みは月2回だけ。


 そうすると1年間のお客さんの傾向が全部見えるんです。どこでいらっしゃるのかと。

 お客さんのほうも、あの店はいつ行ってもやってると思って来てくださる。
 だからあの茅場町で、日曜、祝日が一番忙しかったんです。

 とにかく私の店は基礎ができあがっていたわけじゃないから、もう毎日毎日が勝負です。

 きょう自分のできることを100%やれば、お客さんは絶対にまた来てくださる。

 きょうやる仕事で10年後にまたお客さんが来てくださるんだと考えて、
 毎日毎日、きょうの仕事に全力を尽くすことだけ考えてやってきました。


 byちち

日別画面へコメントする

05月16日(火)

起床時刻:03時40分

05月15日(月)

起床時刻:02時17分

05月10日(水)

起床時刻:03時27分

05月09日(火)

起床時刻:04時00分

05月08日(月)

起床時刻:02時14分

05月02日(火)

起床時刻:03時27分

05月01日(月)

起床時刻:03時55分