201801 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:03:12

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月31日(水)

起床時刻:02時44分

01月30日(火)

起床時刻:03時44分

鳩山CC 荒井 小野 赤沼 45+49=94 12000

日別画面へコメントする

01月29日(月)

起床時刻:02時00分

01月28日

起床時刻:02時21分

01月27日

起床時刻:04時00分

姉ヶ崎CC 50+45 小林 柳 堤 坂本 

日別画面へコメントする

01月26日(金)

起床時刻:04時02分

01月25日(木)

起床時刻:03時54分

石坂クローズ 嶋田コンペ中止

日別画面へコメントする

01月24日(水)

起床時刻:01時54分

多摩へ
ウェスティン東京

日別画面へコメントする

01月23日(火)

起床時刻:03時42分

茨城クローズ寿杯中止

日別画面へコメントする

01月22日(月)

起床時刻:03時53分

日中 降雪23CM

日別画面へコメントする

01月21日

起床時刻:04時00分

01月19日(金)

起床時刻:03時30分

01月18日(木)

起床時刻:03時32分

01月17日(水)

起床時刻:04時30分

茨城シニア杯

日別画面へコメントする

01月15日(月)

起床時刻:04時23分

01月12日(金)

起床時刻:00時50分

01月11日(木)

起床時刻:03時30分

01月10日(水)

起床時刻:04時08分

01月09日(火)

起床時刻:03時20分

01月08日(月)

起床時刻:03時20分

チャンピオン大会

日別画面へコメントする

01月07日

起床時刻:03時20分

01月06日

起床時刻:03時20分

01月05日(金)

起床時刻:02時40分


『何のために生きるのか』

同時代を歩んだ五木さんと稲盛さんの対談は珠玉の人間学講座


【稲盛】
生まれたときのたましいを現世で磨いて、思いやりに満ちた優しい
美しいたましいにする、そのために現世の苦役があるというふうに
私は考えている。

若い頃は、いい技術屋になりたいと思い、ノーベル賞をもらえる
ような研究者になりたいと思ったこともありました。

また、京セラという会社をつくっていただいてから後は、
世界有数のセラミックスの会社にしたいと思いました。


よく考えてみたら、そんなのは現世における砂上の楼閣みたいなもの
でしかなく 私の人生の目的は、死を迎えるときに、私の“たましい”
が さらに磨かれて美しくなっているのかどうか。
それだけが人生の目的だと思うのです あらためてこの人生のなかで
自分のたましいを磨いていくことをしようと思っている。

【五木】
いや、非常によく分かります。ただ、僕との違いは、稲盛さんのほうが
求道的というか、倫理的なんですね。
僕はもうちょっとアナーキーなところがある。

前に『大河の一滴』という本を書きましたが、われわれは大河の一滴
として流れ下っていく。これは物語ですから、生命の海というものが
あると想定しているわけです。

その生命の海にもどった“いのち”は、太陽の光に熱せられて海水が
蒸発して水蒸気として空にのぼるように、われわれの“いのち”も空
にのぼっていく。そして今度は雲となり、それが霧となり、雨となり、
雪となって地上に降り注ぐ。

木の葉を潤し、森を潤し、山の峠に積もる。それが溶けて地面に滲み
こんで小さな流れになり、渓流になり、そして工場用水に使われるか、
それとも水田を潤すか、それはわかりません。
でも、いろんな形で使われていく。

われわれは生きて一所懸命働いて、“こころ”も疲れるけど、“からだ”
も疲れる。と同時に“いのち”も疲れてくる。
疲れた“いのち”は最後には、汚れた水も、きれいな水も全部ひとし

なみに大河に流れて、大河と一緒にずっとまた海へ戻って吸い込まれていく。
疲れた“こころ”と“からだ”と“いのち”を海で癒して、また海の中から、
いずれ太陽の光に熱せられて蒸発していくわけです。

それを親鸞は「往還(おうげん)」という言葉で呼んでいます。


byちち

日別画面へコメントする

01月03日(水)

起床時刻:01時19分

01月02日(火)

起床時刻:04時19分

01月01日(月)

起床時刻:01時19分