201208 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:03:11

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

08月31日(金)

起床時刻:03時27分

 就寝午後11時前頃。途中何度か目覚める。今日は一度目ざめ起きたにも拘らず
うとうとと6時過ぎくらいまで軽い睡眠をしてしまった。
こんなのここ数ヶ月で珍しい。やはり季節の変わり目なのだろうか。
7時間近く寝てしまったということになる。ま、たまには良いだろう。午前7時頃までは涼しかったが、さすがにしばらくすれば夏が
戻ってくる。日差しも強くなってきた。今日は仕事だ。そして明日は
誕生日。

 今日は日課の運動を自宅の庭で行った。
自宅庭は敷地内西にあるので朝方は陰になって涼しい。
スクワットはいつものように一気に100回をこなした。
もっと出来る様な気分。実際できるだろう。
だが一応止める。
有酸素方式で、一回一回丁寧にゆっくりとやれば呼吸を意識して
あと何回もできるだろう。
しかも着実に足の筋肉を鍛えているという感触は大である。
嫌なことでも角度を変えてやれば好きなことになるという
良いお手本だと思う。

 ここ数日指立て伏せを休んでいる。親指が痛みを感じる為だ。
急激に鍛えたせいかも知れない。しばらく休んでまたやりたくなった時
始めようと思う。こういう時に筋肉が順応しているのだろうと思う。
そして再びまた鍛え始めれば段々強くなっていくのだろう。
目標は「コインの指曲げ」だ(笑)。それが何になるんだっちゅうねん!!
でも何となく、やってみたい。この何となく・・というのが良いのかも知れない。

 テレビなどのインタビューで今年の夏についての感想を聞くと
誰もが今年は特に暑い・・と言う。ホントですかあああと思う。
と言うのも、私は全然そう思わないからだ。特に今年は私にとって
今までの夏とは明らかに違っていた。熱くて大変だあ・・・という
感覚が一度もなかったのだ。

 これは私自身の体が変わってきているのかも知れない。
本当にこういうことってあるのだろうか・・・。
このブログで何度も書いてきたが、私はこの夏、一人で車に乗っている時
ほとんどクーラーをかけないのだ。無理している・・・という訳でもない。
それが普通で自然なのだ。
暑いことは暑い。ただ我慢できないほどではない。その我慢自体が
気持ち良い。それは我慢ではないのかも知れない。窓を開けて走るのが
快適なのだ。自然の風、空気、これらに触れる方が、クーラーで
閉じ込められた状態よりは快適なのである。

 確かに去年までの私は夏にあまり強い方でもなかった。
自宅でも経費のことを考えながらもクーラーを付けることもあった。
だが今年は自宅でもクーラーはほとんど付けない。
仕事場では他人の事もあるので、付けることもあるが、一人の時は
つけないこともある。その代わり、寝る時、自宅等では頭元の窓を
少しあける。風を入れるためである。

 上半身は下着のみ。しかも外を開けて寝る。去年までの私なら
風邪を引くことを心配していた。だが今年の私はそんな心配は
ほとんどしない。風邪・・・という感覚がどういったものか思い出せないほどなのだ。

●小食444日目 1日1食130日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)×2
●スクワット 100回(一気に 有酸素方式で)
       100回(一気に)
       トータル200回 
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。一気に)×2  
●5本指立て伏せ 回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
 2本指立て伏せ 回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月30日(木)

起床時刻:03時28分

 就寝午前0時過ぎ。睡眠時間は3時間と少し。しかも、途中覚醒なし。
一番好ましいパターン。いよいよか・・・。もしかしたら・・・
もしかしたら、私がいつも悩まされていた(?)就寝後1時間半の
目覚めは・・・私の本能的なものではなくて、まだ体が疲れていない
シグナルなのかも知れない。つまり、まだ寝る時間ではないですよと
神様が知らせてくれていたのかもしれない。

 もう少し動け、働け、考えろ、創造しろ、想像しろ、という神様からの
シグナルだったのか・・・。
それを私は、あ、もう10時だ、11時だ、とか考えて、頭だけで
判断して、あの本にはこう書いていたな、とか、それで判断して、
寝ていたのかも知れない。そりゃあ、毎日テンション高くて、充実した
暮らしを実践している各方面の実践者達は著作通りに10時とか11時に
寝ても充分体は満足して、3時間後とか4時間後に目覚めて起きてた
のかもしれない。でも、私は日中ダラダラしていて、で、そんな有名人達
の真似だけして、寝てたんじゃ駄目だ。

 とにかく本当にある程度眠くなった時に寝る、それが自然だし、
神様は自然だものな。神=自然である。これを忘れてはいけない。

 しかし・・・一昨日、私はテンションが高く神との一体感を感じながら
一日を過ごした。で、最近のパターンとして、翌日は既に落ちる。
つまり、一般人に戻る。肉体だけのか弱い存在である、肉体人間に
戻るのである。でも・・・昨日も多分そうだろうと思いながら過ごしたが
振り返れば、夜、振り返ってみれば、なかなか良い日だったなと
思えるのである。

 で、今日・・・。3時間とちょっとの睡眠で、途中覚醒無しで、
パッと目覚め、パッと起き上がった。これって、テンション高い状態
かも・・・。と思わず期待してしまうのだ。で、冒頭にも書いたように、
いよいよかな・・・と、つい期待し思ってしまうのだ。
一日一食生活をスタートさせ、4ヶ月と少し。私としては、半年は
かかるだろうと踏んでいた。だからあと2ヶ月、辛抱だと。
でも良く考えれば、私は4ヶ月前からも色々とそれなりに実践して来た。
少食生活自体も400日を越え、途中脱線して少し大食もあったが、
良く考えれば、世間的に考えればそれは大食でもなく、普通よりも
少なかったのかも知れない。そうであれば、それら否定的に考えていた
一食生活以前のある期間さえもが私の成長を支え育ててくれていたのかも知れない。

 スクワット。自宅で朝を迎えた日は近所の公園で日課の運動をこなす。
運動公園と言って、木々が良く生えている。それだから多くの人が
ウォーキングや散歩に出てくる。本日午前5時半過ぎにも関わらず
割合多くの人が訪れていた。
いつもの藤棚の下で行う。
スワイソウのあとは腕立て伏せ。高速で途中着地無しで休憩入れながら
150回一気にこなす。だいぶ筋肉質な体になったと思う。

 そのあと、いよいよスクワットだ。
本日は30回1セットではなく、一気に100回やってみた。
先ずは自分の年齢の数をこなすのを目標とした。
で、その後止めることなく、100回までやってみた。
今までのように、とにかく100回、数をこなす事を目標に・・と
いうパターンではなく、1回1回心を込めて行った。
しゃがむ時に息を吸いながら2,3秒かけて。
だから今までと比べたら時間はかかったかも知れないが、
自分の中では早く終わったという感覚だ。
まさに、アインシュタインの相対性理論。
好ましく思っている女性といる時はすぐに時間が経ってしまうが
同じ時間でも嫌な野郎とか嫌いな女といる時は長く感じてしまう・・・
的な感じ。
夜にも大体同じ数をこなせば一日トータルで200回、最低でも
200回はクリアしたいと思う。目標は500回だ。

 私が年甲斐もなく、毎日若者のように、アスリートのように、
こんな多くの運動量をこなすのには訳があると言えばある。
それは私が言わずもがな、少食だからだ。
それも超をつけても良い(でもまだまだという気持ちもあるが)少食
だからだ。一日一食という妻に言わせれば「過酷」な食生活を実践
しているからだ。そうでないと、この年齢でこの運動量、もしくは、
何も別に目的・目標もないのに、これほどの運動はしないだろう。
とにかく少食になれば誰でも分かる事だろうが、体を動かしたくなる。
「気」がスムーズに体の中を循環し、大気とともに生きるようになると、
自然に体は動きたくなるものだ。身近な見本は小さな子供達である。

 今朝の朝刊にもあったが、年寄は便秘が多いそうだ。腸の中で便が
長く滞留し、その便じたいが腸の中の水分を吸収していき、水気が
なくなるそうだ。長く滞留する便はそのうち水気をなくし、固くなり、
コロコロとした丸い便となる。実は以前の私もそうだった。
3食たっぷり食べても出てくる便は少なかった。
年寄はそのコロコロした丸い便が肛門を塞ぎ、便の出を阻害する。
で、便秘となる。多分以前の私の便秘状態もこれだったのだろう。

 だが今は一日一食にも関わらず、私は便秘とは縁がない。
これはとても不思議だ。少食のせいで、腸は消化吸収作業がたっぷりと
出来、便も滞留することもなく、水分も適度だ。自然な状態で、外に
排出する。腸の動きも軽やかだ。年寄りにも言いたい。若くありたければ、
少食にすることだ。老人は嫌でも少食だろうという観念は間違っている。
現在のような飽食の時代ではそれは当てはまらない。スーパーに行けば
老人達がそのカゴにたくさんの食料を詰めている場面に遭遇する。
甘いもの、肉、何でもござれだ。何も生きがいがない老人達は食べる事に
執念を持っている。その大量の食物は毎日胃に流され、腸に運ばれている。
しかも体力は弱まっているのだ。便秘にならないほうがおかしいのである。

●小食443日目 1日1食129日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)×2
●スクワット 100回(一気に 有酸素方式で)
       90回(30回×3セット)
       トータル190回 
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。一気に)×2  
●5本指立て伏せ 回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
 2本指立て伏せ 回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月29日(水)

起床時刻:03時21分

 就寝午後10時半頃。途中目覚めたような気もする。はっきり覚えているのは
午前1時台くらいだったと思う。だが今となっては分からない。
昨日は久しぶりにテンションが高く、高揚感もあり、神との一体感に恵まれた。
それで楽しくて、妻と一緒にカラオケランチとしゃれ込んだ。
場所はいつものシダックスだ。
1時間延長で2時間たっぷりお互いに歌いまくって楽しかった。
妻は31日に集まりがあり、そこでカラオケ大会もあって、1位入賞
を目指している。その特訓も兼ねた。

 最高点は88点で、今までの中では最高点だったらしい。喜んでいたが
これでは優勝は出来ないとぼやいてもいた。
私は一度95点、それも一番最初に歌ったのがそれだった。いつもの
一番好きな歌、野口五郎の「青いりんご」である。もう何百回と
歌いこんだものだから、こういう良い点数が出るのだろう。
好きこそ物の上手なれ?? 

 ランチは何種類かのうちから、好きなものをチョイスできる。
私は和風のパスタを選び、それは少し酸っぱかったが、なかなか美味かった。
妻は冷し中華だった。で、私はいつも食べている内容の料理をあらかじめ
用意し、持ち込んだ。ピザトーストや、高野豆腐の煮物などである。
だからお腹いっぱいになり、それでも充分熱唱は出来た。
昼下がりの2時間、とても楽しいひと時が過ごせた。そのあと、私は
夕方からの仕事に向った。

 スクワットの話。
以前は日課としている運動の中でも、スクワットが一番嫌いだった。
とにかく地味。しかも、成果が見えない。強くなっているのかも知れないが、
何となく、面白くない。しかも辛い。
根性でやっている・・・という感じだった。続くかなあって。
しかし・・・ここ数日、面白くなった。今は一番面白い。楽しい。
何故だろう・・・。自分でもはっきり理由が分からない。いや、
分かってるかな。

 先ず、1セット30回・・というペースに変えた。これも要因かも
知れない。でも・・・今は30回以上を一気にやっても良いという気分に
なっている。だからこれは大きな理由でもないかも知れない。
スクワットの専門書を読んでみた。
つま先より膝が出ないほうが膝の為には良いそうで、膝を痛めないそうだ。
試しに、やってみた。しかも、有酸素方式で、ゆっくりと呼吸を意識しながら
やる。これも良かったのかも知れない。西洋式に、ガンガンやる・・・
というイメージがスクワットにはあったから、それが面白くなかった
原因かも知れない。私は根っからの東洋思想なのかもしれない。
結果的には以前より時間がかかるのかも知れないが、楽しんでやっているから
あっという間にノルマは達成できている。物足りないくらいで、
まだやってみたいな・・・なんて、以前なら思いもしなかった。
とにかく面白く楽しく出来ている。これが良いな。

 お陰で、私のふくらはぎは筋肉が良い感じになっている。
太ももも絞まってきて、良い感じだ。今までは上半身に重点を置いていたが、
下半身は別になあっていう感じだった。でも今はどちらもそれなりに
鍛えたいし、いい感じに仕上げてみたい。そんな気持ちだ。

 楽しんでやっているから、成果も早いかも知れない。
気のせいか、歩く速度が速くなっている。
スースーッと、進んでいくのである。スースーと。
滑るように・・・いや的確な表現ではないか。うーん、スーッと。
速く進もうという意識はないのだが、自然と速くなっている・・・と
いう感じだ。他の人が遅いのか・・。

 よく年寄りが転倒するという話を聞くが、転ぶというやつである。
このスクワットをやっていけば、その防止になるそうだ。
それは転倒する原因が足が上がらなくなるからというものである。
すり足的に歩くから、ちょっとしたつまずきで転ぶのだそうだ。
老人は。若ければ、ちょっとしたつまずきでも本能的に足が上がるので
転ばないのだろう。若い時はそのことを意識していないから分からないのだ。
しかし年寄は転んでしまう。転んでも良いのだが、その際、手を骨折したり
膝を痛めたりしたりして厄介だ。その防止としてスクワットが効果的だそうだ。
私もある程度実践してみて分かるような気がする。
足自体が軽くなるから、自然と足も上に上がり、つまずきも修正できる。
若い時にはそれが当たり前だったのだが、歳を取ればそうでもなく、
そして人は自分が歳を取ったのだと実感していき、他の部分の肉体面でも
衰えを意識していく。そして益々自分を弱く頼りない存在だと意識していくのだ。
そういう意味で私は年寄りにもこのスクワット、ゼヒ、勧めたいと思う。

 ちなみに・・・プロレスラーが道場に入門する最、試験として
スクワットがあるのだそうだが、その場合、1000回がボーダーライン
のようだ。500回くらいは、彼らの日常で、私は、これくらいなら、
今はとても楽しいからクリアできそうな気もする。

●小食442日目 1日1食128日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)×2
●スクワット 90回(30回×3セット:1セットごとに1分間の休憩)×2
      +40回 トータル220回 
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。一気に)×2  
●5本指立て伏せ 回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
 2本指立て伏せ 回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月28日(火)

起床時刻:02時56分

 就寝午前0時前頃。いつもより遅い時間まで起きていた。
眠気があまりなく、珍しい。しかしそのまま寝ようと思い、灯りも消す。
外は風が強く、少し心配。台風の影響だと思うが、近いような気もしながら
寝る。
 午前3時前に目覚め、トイレに。そのまま再び布団の上で様子を伺いながら
ジッとしていた。風が長い時間吹く。さっき台風の進路図をネットで
見たら、それほど近くではなかった。それでもこの風の強さ・・
今回の台風はかなり強いのではないだろうか。
山口県は全国でも災害に最も縁のない土地である。だから我々は
どこか常に安心感があるのだが、でも、今回の台風は少し気になる。
ま、でも、朝になれば、明るくなれば、少しは風の勢いも落ちるような
気がする。

 精神的な高揚感、神との一体感であるが、ここ最近ない。
しかし、昨日辺りから、高揚感とは違うが、肉体面から湧き上がるような
エネルギー感はある。つまり、何か分からないが、体を動かしたい衝動・・
そんなものを感じる。いつものルーチンワーク、スクワット,スワイソウ
等、腕立て伏せなど、いつもより多くの数をこなした。無理ではない。
自然とそんな気分になるのだ。そろそろ待っていた内なる自分との出会いか・・。
いくらでも、腕立て伏せや指立て伏せ、スクワット、そのような運動を
したくなってくる。ムズムズするというのが一番分かりやすい表現か。
50代半ばのオッサンがこのような元気さで良いのだろうか・・・。
と言っても、誕生日も近い。しかし、肉体はゼンゼンそんなもの関係
なきのごとしだ。「気」が体の中をスムーズに駆け巡り、元気が溢れてくる・・・
というのが私のイメージである。
それには大食を止め、肉食も控え、気を巡らす事である。

 明日、明後日は一応オフである。久しぶりの連休である。
お盆もそんな日はなかった。世間では長い休みを持った人もいた。
私は一年中、日曜も平日も無い。が、逆に言えば、やりくり次第では
ある程度の休みも取れるという事だ。世間とは関係なく。
だが、このような自由性をもっともっと自在に取れるようになれば
良いなあ・・・とは漠然とは思う。が、そんなもの、本当の自由では
無いのかも知れないが。

 知人に精神的な病を持つ者がいる。誤解を持たれる事を敢えて承知で
アドバイスをさせてもらった。相手が少し求めたからでもある。
貴方は時々正義感やその時々の常識で自分を縛る時があると。
世間的には文句の無い、常識的な人なのであるが、自分が苦しければ
そんな馬鹿な正義感や常識は持つものではない。自分を苦しめるものは
どんなに立派なものであっても、それは「悪」なのである。

 自分の中で、変な正義感・常識が留まって自分を苦しめるようなら
試しに「正義感」と真反対のもの、つまり、「悪」を実行しても良い。
つまり、悪を行うのだ。自分が悪・・と認めているものをサラッと
実行してみるのだ。それは自分の中でバランスを作る事になる。
善がいつも良いとは限らない。善に引っかかっても良くないのだ。
そういう時には思い切って悪をやってみる。そこでバランスを取るのである。

 と、私はアドバイスさせてもらった。少し変な顔をしていたが
別に反論もせず、私の前から離れた。私はその後も追わず、私自身
それについて固執する事も無く、そこはそれで終わったのだが。
私はいつもそうだが、自分の口から勝手に色々と言葉が出て、
変に考えたりもせず、スラスラと出てきて、後になって、あれは
良かったのかな・・なんて思ったりする。今回もそうだ。
でももう終わった事だ。

●小食441日目 1日1食127日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)×2
●スクワット 150回(30回×5セット:1セットごとに1分間の休憩)
      90回(30回×3セット:1セットごとに1分間の休憩) 
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。一気に)×2  
●5本指立て伏せ 回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
 2本指立て伏せ 回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月27日(月)

起床時刻:03時48分

 就寝午後10時半頃。途中目覚めるが本日の起床時刻となった。仕事先。
仕事先ではいつものように、起きてすぐに戸外に出てスワイソウ。気を練る。
丹田の辺りに気を集める要領で腕を振っていく。意識的にもするが、
自然と下腹部に意識が集まるような、そんな感覚になる。
辺りはまだ暗い。時折、滅多にないが、散歩する人もいる。が、ほとんどいない。
午前4時前ではそんなものだろう。
 始めた頃はまだ目も重たかったが、段々意識もはっきりとし、目も開く。

 いつものスクワット。専門書を読んでみた。今までは100回を一気に
やっていたが、どうも大変で、その為面白くなく、何か良い手はと
思っていた。専門書には30回を1セットとしてそれを3回やる・・とあった。
合計90回である。で、早速取り入れる。すると意外に面白い。
長続きのコツである。朝100回(30回×2+40回)やって、いつもなら
それで終わるのだが、面白くなり、夜もやってみた。数をこなす事にも
つながって良かった。
ちなみに・・30回やったあと、次の30回までに1分の休憩を挟む。

 知人から相談を受けた。
最近検査漬けで参っているという。何か病気でもあるのかも知れない。
私は言った。僕なんかここ20年近く病院に行っていない。と。
最後に行ったのは歯医者だったと。まあ、会社の命令で定期的な健康診断は
やっているが。 

 死ぬ時は死ぬのである。既にそれはもう決まっているのだ。
それならば、今、生きている間に、楽しく、元気に生きた方が良い。
検査してどこが悪いところが見つかって、で、大きな病気になって、
死んでしまったとしても、もうそれもまた決まっているのである。

 果たして、色々と努力してみて、大きな病が治る事もあるだろう。
だがそれもまた決まっていることなのだ。死ぬ者は死ぬし生きる者は生きる。
今、生を与えられ生きているのなら、それを受け入れ、充実して生きればイイ。
ちょうど良い人生が自分に今与えられているのである。
自分にピッタリの人生が今与えられているのだから、文句を言わず
ただ生きれば良いことで、でも、それでも気になるのなら、検査も
良いではないか。それもまた決まっていることだろうと思う。

 世間を許せない、他人が許せない・・・そういう人もいる。
自分の常識がそういった人たちの存在を許せない。
だがしかし世間というものはそんなものなのだ。
世間は餓鬼と修羅の集まりである。
世間とはそういうものだと思えば気が楽だ。
みんな自分が一番可愛い。自分の利益優先である。
それは何故かと言えば、みんな満ち足りていないからだ。
もっともっとと、欲望は際限がない。満ち足りる事なんか無いのである。
だから、幸せなんかと思わない。あれがあれば、これがあれば私は
幸せになる、だから今は幸せではないのだ、と思っている。

 しかし、今が全て、今、私は充分に満ち足りていて、充分に幸せ
なんだって思えれば、自分の利益など考えなくなる。
なぜなら、今既にもう充分に与えられ満ち足りているからだ。
そう思えれば、世間の喧騒の渦の中に迷わなくても大丈夫だ。
世間は餓鬼と修羅の集まりであるけれど、自分は満ち足りている。
だからそれで良いのだって、バカボンのパパのように思えば良いのである。

本日の食事:
お好み焼き(野菜・キノコのみ) ピザトースト1枚 高野豆腐の煮物
ケーキ菓子2個 ぜんざい1杯 もずく1パック ピーナツ少々

●小食440日目 1日1食126日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回+90回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 15回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
+11回 2本指立て伏せ3回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月26日

起床時刻:04時30分

 就寝午前0時前頃。途中何度か目覚め、午前2時台に一度テレビも見る。
24時間テレビだ。で、そんなに面白くも無いので、すぐ消す。
結局日本のテレビは現状の常識を超えた部分では放送作りはしていない。
常識を超えた内容・・・という部分では期待できない。
今の多くの国民の嗜好をくすぐる・・ということだ。ま、それもたまには
良いものだが。今日は泊りの仕事だ。一日外である。
食事もそれ用にと作る。普段とほぼ変わらないが、少し工夫。
毎日内容は同じ。野菜の種類が少し変わる程度だ。しかし、私はこれに
飽きない。三食食べていると、必ず飽きる。しかし一食だと毎日
同じものを食べても飽きない。毎日同じ感動で、同じ喜びで食べられる。
素材そのものの味、風味・・これに敏感になり、とても満喫できるのだ。

●小食439日目 1日1食125日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 15回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
       2本指立て伏せ回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月25日

起床時刻:03時55分

 就寝午後10時半頃。途中何度か目覚めたが起き上がれず。仕事先。
睡眠時間は5時間と少し。最近にしてはよく寝た。4時半頃から外に出て
スワイソウをやる。気持ちが良い。単調な運動でマンネリが心配だったが、
「気」の養成、鍛錬である、という気持ちでやれば、一日一日の積重ね
が大切なのだと実感する。やっている時は時間が経つのが長く感じるのだが、
過ぎ去ってしまえば1年2年などあっという間である。

本日の食事:
お好み焼き(野菜・キノコのみ) ピザトースト1枚 高野豆腐の煮物
トウモロコシ1本 菓子パン1個 ぜんざい1杯 もずく1パック ピーナツ少々


●小食438日目 1日1食124日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 15回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
       2本指立て伏せ3回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月24日(金)

起床時刻:00時15分 04時40分

 就寝午後11時半頃。しかしその45分後、目覚める。
目覚めた時が起きる時・・・だから、私は起きた。で、1時間半過ごした。
そして再び睡眠。そして本日二度目の起床時刻となった。
トータルで現時点では3時間45分くらいの睡眠時間。まあこんなものかな。
ただ今、新しいパターンの実験中、というか、確立しているところだ。

 久しぶりに自室の掃除。気持ちがいいものだ。やる前まではなかなか
手がつかないものだが、やりだすと楽しい。きれいになるのは楽しい。

 朝方、6時頃、近所の公園に出掛けいつもの日課の運動。
最近は自宅にいるときは、朝、自宅で迎える時は、これが日課になっている。
スワイソウ、スクワット、腕立て伏せ。この3つをやると大体15分から
20分。良い運動である。特に今日は涼しくて気持ちが良かった。
しかし、スクワットをやっていると、汗が少しにじんでくる。
見かけよりは激しい運動なのだろう。

本日の食事:
お好み焼き(野菜・キノコのみ) ピザトースト1枚 高野豆腐の煮物
トウモロコシ1本 チーズ菓子1個 ぜんざい1杯 もずく1パック ピーナツ少々 

●小食437日目 1日1食123日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 15回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
       2本指立て伏せ回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月23日(木)

起床時刻:01時30分 04時50分

 就寝午後10時半頃。記録にあるように、最初は午前1時半に目覚め、そのまましばらく起きていた。が、あまりの眠気に勝てず、
また寝る。
 で、3時間弱寝て、自然とまた目覚める。一度目も3時間で、二度目も
大体3時間。まだしっかりと新しい睡眠法が確立できていないが
目覚めたら即そのまま起きる・・というやり方を始めてから、以前の
1時間半とか2時間単位で目覚める事がなかった。まあ、まだ一日
だけの事だが。
 だから、本日は自分としては比較的長い6時間弱の睡眠を得たという
ことになった。そのお陰かどうか、現在、あまり眠気は無い。

本日の食事:
ピザトースト1枚 お好み焼き1枚 玄米アンパン1個 高野豆腐の煮物
バナナ1本 トウモロコシ1本 さつま芋少々 ピーナッツ少々 もずく1パック 


●小食436日目 1日1食122日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 15回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
       2本指立て伏せ回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月22日(水)

起床時刻:01時33分

 就寝午前0時前頃。正確に記せば午後11時52分だった、最後に時刻を確認したのは。
すると、睡眠時間は今のところ1時間半程度か。わわわ、とうとうやってしまった。
昨日ここで書いたように、私は取りあえず実行した。
と言うのも、ここ何ヶ月、いや、ここ数年、私は最初に就寝した後
必ず、いや、ほぼ、殆どと言っていいほど、就寝後1時間半か2時間後に
目覚める。で、その時思うのだ。まてよ、これで起きてたら、体が
いくつあっても、持たない。まあ、最低でも、3時間。世の中には
3時間睡眠法というものもあるくらいだし、人に言っても、カッコいいぞ。
よし、もうちよっと寝よう!とか何とか考えたりして、私は又二度寝したものだった。

 でも・・本当は、私の睡眠パターンはこれなのかもしれないでは
ないか!
いや、ひょっとしたら、私の睡眠の型は、こういう超短眠パターンで
あって、世間的には受け入れられないものかもしれないが、私の前世はそういう人生を送っていて、それでまあまあ幸せにやっていたとしたら、
それを今回もやっても良いし、また、それで具合が悪ければ、神様は
自然は、新しい睡眠パターンをくれるのかも知れないではないか。
そうなりゃあ、一つここは、世間の常識、いや、現在でも私は少し
脱現在、脱常識の世界で生きているのだから、それでもある程度の
グループには属しているのだから、今度はホントにどこにもいないような、
そんなパターンで、生きてみよう。
うん、そういう風に一度やってみよう。と、そういうことで、
私は自分を病気だと思わないで、つまり、不眠症。そういう風に思わないで、
これが今の私であって、ちょうど良いのだ、今の私にとっては、ちょうど
良いのだ、って思おう! 先ずはやってみよう。うーん、でも、ちょっと辛いな・・。
でも、このお陰で、誰のモノマネでもない、自分独特の睡眠パターン
が出来るかも知れない。ひいては、それが自分独自の世界観になるかもね。

 結局、私は1時間ほど起きていたが、あまりの眠気に勝てず、
まあそれが自然なら素直に寝ようと思って、寝てしまった。
そしてやはり1時間半ほど眠ってしまって、そして午前4時に起きた。意外に気持ち良く、玄関先の草抜きにも精を出せた。
また近所の公園にも出掛け、朝の日課の運動もこなした。
段々気候も秋めいてきて、風も強かったが、気持ち良く過ごせた。

 とにかく一日一食の生活が少しマンネリになりつつあるのを感じた。
で、それ又打破するため、新鮮な風を自分に吹き込むために、
私はとにかく目覚めたら起きる・・という行動パターンを確立しようと
決めた。これは結果的に食生活にも多分に影響する。もう一度一食生活を新たな気持ちで始める為に。

●小食435日目 1日1食121日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 15回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
       2本指立て伏せ回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月21日(火)

起床時刻:02時56分

 就寝午後11時半頃。途中何度か目覚める。最初に目覚めた就寝後2時間、
よっぽど起きようかと思った。が、眠気は若干あり、気持ち良い方を選んだ。
しかし一度試してみる価値はあると思う。早速今日は明日の朝は挑戦してみよう。
 それでも結果的には本日は睡眠時間3時間半。いい加減ではある。
いい加減とは、良い意味でのいい加減である。

 毎日淡々と修行は続けているのだが、テンションもたまに上がる程度で
はっきりした成果が感じられないと少し焦ってくる。ま、焦る・・と
言うのは少し違うのかも知れないが、どうなのだろうと。
でも、気持ちを落ち着けて、このサイトをジッと眺めていたら、
ふと思った。毎日の起床時刻を示す折れ線グラフだ。
 先月以前、私のグラフは目標起床時刻の午前4時を上下に行ったり
来たり。常に変動してたが、今月を見てみると、一日以外は全て
4時以前に起きているのではないか・・。これは目立たないようで
意外に成長しているのではないのだろうか。
目標の午前4時を超えて起きるような事はここ最近ほぼない。
大体午前3時台、早い時では2時台に起きている。
本当は最初に書いたように、就寝後2時間経ったら大体目覚めるのだから
それが自然なら、少々眠くてもパッと起きて、活動すれば良いのかも
知れないのだ。そして、又眠くなったら、すぐにとは行かないが、
朝方とか日中、昼寝すれば良い。またその時でも、最初に目覚めた時に
パッと起きるという癖をつければ良いのだ。
とにかく自然から与えられた睡眠、そしてそれが終わったら、素直に
起きる・・・素直に寝て、素直に起きる・・これが大切な事なの
かも知れない。


●小食434日目 1日1食120日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 15回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
       2本指立て伏せ回
●懸垂 32回
●テンション

日別画面へコメントする

08月20日(月)

起床時刻:03時58分

就寝午後11時前頃。その後何度か目覚め、最初に目覚めた午前1時頃
一度体を起こした。試しに一度起きてみようかなと思ったのだ。
と言うのも、テンションがなかなか上がらず、焦るのも良くないが
こう普通の日々が続くのもなあ、何て思うこの頃だからだ。
ま、それでも結局、一番いいとき、ちょうど良いときに起きたのかも知れない。
熱いコーヒーを飲みながらの更新である。やはり起き立ては熱いのに限る。
ただし、最近は、日中は、冷蔵庫で冷したコーヒー牛乳(カフェオーレだが)
をいただいている。新しい仕事場の冷蔵庫にも置いている。
自宅と仕事場、どちらにも。なかなかオシャレだな・・・なんて
根拠の無い思いに一人ニヤケている夜明けの私なのだ。

 一日一食生活も明日でいよいよ4ヶ月だ。ただ、最近は夜に
風呂上りなどにアイスクリーム等を食べている。ま、でも、このくらいは
許容範囲ではないかと思っている。と言うのも、やはり夜はそこそこ
空腹感もあるからだ。それでも、最初の頃のような、辛い空腹感は少しは消えた。
ま、今の生活が定着している・・というのは実感している。
これが段々テンションアップが続き、そのものが普通になってくれば、
もっともっと自分を追い込もうという意識が出てくるはずだ。
もっと過激に少食生活、一食生活に取り組もうという意識が出てくる。
それがテンションが高いという事だ。この感覚は独特で、自分を高みに
置こうという自意識が清清しいものである。

 だから変に焦ってもしようがない。時間は必要なのである。
そういう時には、以前の自分と比べてみる事だ。そう考えれば、随分と変化したものだ
と自分でも実感する。
以前の自分は、例えば、減量しても足のふくらはぎだけは痩せなかった。
上半身などはすぐに激ヤセし、細々となるのだが、この足のふくらはぎの
脂肪だけはタプタプ状態なのだった。それが最近はそれが取れているのだ。
つまり、細くなっている。筋肉が目立ち、脂肪が取れている。
いわゆる、スッとしたふくらはぎとなっているのだ。
「カモシカのような足」とはこういったものだと思う。これは自慢では
ない、客観的に述べているに過ぎない。
これはモチロン一日一食、その上、菜食のお陰もあるだろうが、
一番は、スクワットの影響ではないだろうか・・・。
毎日100回のスクワットは確実に私の体を変えているのだ。

 「剣客商売」という池波正太郎の小説の中で、主人公の元道場主は
60歳を越えているのにもかかわらず、走れば皆が驚くほどに健脚である。
剣客が健脚というのは洒落ではないが、一陣の風のように走る。
そして「フワリ」と体を浮き上がらせ、ジャンプし、敵を切る。
信じられないような、神業も披露したりする。コツコツと普段の修行が見え隠れするのだ。
かたや、20代の若い嫁さんも持つ。あくまでも小説の話ではあるが、
著者の中でもそういった可能性をどこかで確信した上での創作なのだろう。

 私もこういった技、体力を持ちたいと思う。それは研ぎ澄まされた
剣を常に持っていれば、ほとんど使う事がなくても、心に余裕は持てる。
それが本物の侍なのかも知れない。
特に、私が最近自覚するのが、夜の街などを歩く時も、昔のように変な
ドキドキ感が無くなったことだ。夜、街角などには、若者などが多くいたりする。
彼らの中には与太者風な者も少なくない。いわゆる不良っぽい奴らだ。
以前なら、そういう輩と遭遇した時、因縁でも付けられたらどうしょう・・・
等と要らぬ想像さえも湧いていた。それで心配してドキドキしたりしていたのだ。
オヤジ狩りにあったら・・・みたいな事だ。
それが今ではほとんどそんな心配無しに歩いている。
その感覚は若かった頃を思わせる。つまり若返ったのかも知れないのだ。
何かあっても、俺は乗り越えられる・・・という安心感はある。
つまりそれは体力的・精神的な優越感などから来る余裕なのかも知れない。
相手が1発のパンチを繰り出した時、自分は3,4発出せるのでは・・・
という余裕かも知れない。それはつまり、毎日コツコツと積み上げる
修練の賜物ではないかと思っている。


●小食433日目 1日1食119日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 15回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
       2本指立て伏せ回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月19日

起床時刻:03時29分

 就寝午後10時過ぎ。その後何度か目覚めたものの結果的に睡眠時間は5時間くらい。
最近一日おきくらいに夜にアイスクリームを楽しんでいる。これくらいは
1食にカウントしなくても良いだろうと言う気持ちもある。
それと、日中、喉の渇きと甘さと空腹を癒すためにパック入りの
コーヒー牛乳、今風に言えば、カフェオレを買って飲んでいる。
これをいただく時は、先ず口の中に含み、味と甘さをしばらく口の中で
楽しんだ後、飲み込む。これが少食の為には最適な飲み方であると
聞いている。これは前述のアイスクリームについても同様らしい。

 指立て伏せを継続しつつ、腕立て伏せの現在の数を維持するためには
少食・菜食は必須事項だと思っている。これは理屈でもなく、現代物理学
では解説できないものだと思う。とにかく現代の科学では説明できないだろう。
あくまでも私の直感であり、少食の色々な先輩達の教えでもある。
もし、大食・肉食に戻れば、私は多分このような運動はできなくなるだろうと思う。
これをある人に言ったら、普通それは反対でしょう、逆だよねって言われた。
まさしく一般的にはそうだろう。たくさん食べて、肉もしっかり食べて、
筋トレに励む・・・というのが近代科学の常識なのだろう。
だが、私はあくまでも直感だが、少食・菜食でなければ、この運動は
不可能だと信ずる。
そして、さらに、現在の食事の内容がもっと研ぎ澄まされば、
運動の量も増えていくような可能性を感じる。
ただ、今の私には今がちょうど良いのかも知れない。

 一応目標は5本指で20回。これが出来れば、さらに、4本。
そしてまた20回。そして、3本と続き、最終的に1本で20回。
これが目標だ。
少食・菜食の維持のモチベーションにこの指立て・腕立てはいずれも
効果的だと直感する。

 しかし何度も言うが、以前の、肉食・大食していた頃の私、
指立て伏せも挑戦したことはあったが、1回、2回(1本指とか2本指とかで)
くらいしただけで、体がブルブル震えて、指が折れるんでは・・何て
考えたりして、怖くて、出来なかった。もちろん筋力も伴わなかったが。
しかし・・・今なら、修行次第で、1本指で20回、出来そうな気がする。全く自分でも信じられない事だ。
そのあと・・・? それはその時にならなければ、分からないし、
無限の自分は何を考えるのか楽しみでもある。



●小食432日目 1日1食118日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 15回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)×2
       2本指立て伏せ2回
●懸垂 34回
●テンション

日別画面へコメントする

08月18日

起床時刻:02時58分

 就寝午後11時前後。最初の目覚めは・・あまり記憶に無いが
今日は珍しく、途中覚醒無しで起きれたような気もする。
つまり、一気に、4時間弱の睡眠時間で起きたようである。
正確に記せば・・3時間半くらいか、それよりちょっと多いくらいか
いずれにしても、目覚めの気分はそれほど悪くは無い。
 目覚めた時、時計を見たが、3時台でもなかったし、もうちょっと
寝ようかな・・・とも、チラッと思った。少し迷った瞬間もあった。
が、不思議に、サッと体が動いた感覚もある。以前の自分と比べたら
大した成長かもしれない。
以前の自分なら、グダグタして、惰眠を貪っていたかも知れない。
意外に自分では気づいていないかも知れないが、
相当体も心も精神も、変わった感じが、今日は何となくそんな感じがするのだが。

 昨夜はよく夢を見た、いや、正確に記せば、割合しっかり夢の内容を
覚えている・・といった方が適切である。
なかなか面白かったし、仕事面で、興味ある内容だった。
別に、少しエロティックな部分もあった。
エロティックと言っても、ストレートなものではない。
が、一日一食生活を始めてからは、実生活の方も、そういう部分が
削られているような感覚もあるが。
肉食は性欲も喚起する。これは原則である。
肉食に限らず大食もそうである。性犯罪を予防しようとするのなら、
だから肉食・大食を戒めれば簡単でもある。
私達のように、少食・菜食を守っていれば、馬鹿な事件ともおさらばである。
しかしだからと言って、性欲が弱くなったり、男らしくなくなったり
するわけでなく、私はどうと思わないが、石原結実医師によれば、
少食は性欲をも強くするらしいが。
これは微妙な部分でもあるかも知れない。

 少食・菜食を実行すれば、無駄な性欲からのつまらない犯罪などは
起こさないような気がする。愛する人に対しての性欲は充分に機能する
はずだし、性行為自体も充実したものとなるような気もするのだが。
果たしてまだ私もその発展途中(適切な表現かどうか)ではあるが。
ただ、昨夜の私の夢もある意味楽しい内容だった。性欲的にも余裕の
ある内容だったと思う。

●小食431日目 1日1食117日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2  
●5本指立て伏せ 10回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月17日(金)

起床時刻:03時47分

 就寝午後10時半頃。最初の目覚めは3時間後くらい。
その後一度くらい目覚めたと思う。テンションアップは1日で終わる事が
まだ多いようだ。一日一食生活が4ヶ月程度ではまあこんなものだろう。
空腹感がある限りは、いや正確に言うと、空腹感はずっとあるとは思うが、
同じ空腹感でもテンションが高い時は平気で我慢できるし、その我慢自体が
快適に思えるのだ。テンションが普通ならば、我慢はまさに苦痛そのものだ。
だから、空腹自体が心地よくなるのが多分半年後くらいだと思う。
体と心は連動するので、そういう状態になれば、精神も常に快調なものとなるだろう。

 今日の昼ご飯。ほとんど野菜だった。野菜主体。
しかも、ナマに近い。調理はした。が、ホントにシンプル。サッと
塩コショウで炒めただけ。しかしそれが一番美味いかも。
色々な野菜を食べた。どれも個性的な味がする。あと、そば。昆布だしのつゆで。
カツオだしは原則使わない事にしている。これでも立派な魚である。
いつものピザトーストは、昨日購入した地元産のトマト。小さなトマトで
プチトマトではないが。少し固めだった。しかし美味い。
これをたくさんカットしてピザトーストの具として焼いてみた。
チーズと合っていた。あとはいつもの高野豆腐の煮た奴。今日はタマネギと
一緒に煮てみたがなかなか美味かった。これぐらいが私の一日一度の食事である。
野菜はピーマン、キノコ。
これだけでも充分。昼間はそれほどでもないが、夕方少し涼しくなれば、
体の中からエネルギーが沸いてくる。動き出したくなる。
運動の源である。

 こういう食事をしていると・・不思議に街中にある回転寿司などに
それほど気持ちを動かされなくなる。近所にそういう店があるが、
今日も多くの客が入っている。が、あまり興味もなし。
ただ、知り合いと楽しむのには良いのかもしれない。
ファミレスの肉やハンバーグにも関心が無くなったような気もする。
料理はシンプルなのが良いのかも知れない。


●小食430日目 1日1食116日目
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●5本指立て伏せ 10回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
        ※2本指立て伏せ2回 3本指立て伏せ3回
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月16日(木)

起床時刻:00時04分

 昨日は大いに盛り上がった。未だに余韻がある。と言うのは・・
宴会から帰ってからすぐ寝たのだ。何時から寝たのか定かでない。
とにかく午後9時前頃に起きたようだった。一体何時間寝たのだろう。
 確か、帰宅した時はまだ明るかった。起きたら既に当たり前だが真っ暗だった。
で、上に上がり、テレビを見た。その番組が11時40分くらいまで
あって、下に降りてこのブログを書いている。
で、午前0時を過ぎ、日付も変わってしまい、起床時刻もこんな時間に
なってしまったのだ。多分、、もうしばらくしたら、寝るだろうが、
どのくらい寝るのだろうか・・。何か訳分からん。

 晩の日課の腕立て、スワイソウもまだやってない。でも、とにかく、
寝る前までにはやるつもりだ。

 さっき見た番組。私は貝になりたい・・・。見る気はなかった。
暗い、悲しい話は好きではない。だから、見るつもりは無かったが、
とうとう最後まで見てしまった。で、感想。

 とにかくその主人公の受刑者、実際は罪も犯していないのに死刑になってしまう。
それで生まれ変わったら、今度は貝になりたい・・・ということなのだが
これについて、私はある事を思い出した。
 生長の家の谷口雅春さん。彼が書いた生命の実相の中で、同じような話がある。
ただ、こちらは、死刑を免れ解放されるのだが。ある戦争犯罪者。
彼もまた番組同様無実の罪。しかしどんどん死刑執行が迫ってくる。
その時、知り合いが彼に生命の実相を与える。彼はそれをむさぼるように読んだ。
で、結局、そのお陰で、彼は死刑を免れた。

 しかし・・・私は思う。これはまた実際にあった話だとは思う。
思うが、100あった内の1つであろうと思うのだ。同じようなケースが
100あったとして、その内の1つが良い方向に向ったのであって、
全部が全部生命の実相を読んで良い結末を迎えたとは思えないのだ。
だからと言って、私は決して成長の家や生命の実相を否定しているわけではない。
ただ、著者の谷口雅春さんは、そのたった一つの実話を本に載せているのであって、
それを読んで、それなら私も私もと、誰でもがうまく人生が運ぶとは限るまい。

 大体こういう修養団体とか宗教団体の刊行物とかに掲載されている
実話類は、ホントに100の内の1つだと思う。いわゆる「奇蹟のような話」だ。
残りの99は、頑張って頑張って本を読んでも、結局うまく行かないのではないだろうか。
で、うまく行かなかった連中の殆どは脱退して行ったり、「信仰が足りない」とか
言われたり、また自分でも思ったりして、迷いながらも続けていくのかも知れない。

 それならば、どうしたら、100の内の1つに入れるのか、または、
どのようにして活動に取り組めば良いのか・・・。
私は思う。それは「欲望」を捨てればいいのだと。欲を持った心のまま
本を読んで、祈りを叶えようとしても、そんなものは叶う筈がない。
レベルの低い心でレベルの高いものを求めても初めから無理なのである。
実際、欲望を持ったままだとその裏返しとして心の奥では「もっとももっと」
という欠乏感がある。神様は欠乏感を持った者に対しては、同じように
欠乏感が感じられるようなものを与えてくれるのだ。神様がくれるのは
その当事者の潜在意識に刻まれたものだからである。だから、欲望や
欠乏感を持ったままの人間が「こうなりたい」「あれが欲しい」等と
お願いしてもそれは叶えられないものである。

 だから、先ずは欲望を捨てる。欠乏感を捨てる。既に充分に与えられている・・
と信じて、その上で、軽く「そうなったら良いな」ぐらいの気持ちで
お願いするぐらいがちょうど良いのだ。既に全てが与えられている、
私は満ち足りている、と思い、そして感謝する。それくらいの心境になって
初めて、現実にその事実が実現されるのだ。それが100の内の1つの正体である。


 結局まだ起きている。9時頃に起きてだ。5時間くらいになる。
風呂にも入った。で、一日一食生活だが、画期的な事が昨日あった。
宴会は昼から始まった。いつものようにご馳走が並ぶ。肉、刺身、色々。
大皿に刺身の盛り合わせたっぷり。今までだったら私が一番多く食べていた。
で、私は昔から時々減量生活を始めた事が多かった。全て長続きしなかったが。
で、大体こういう時に私の減量生活のピリオドが打たれた。
同窓会、結婚式、そして昨日のような宴会。
私はそれまで我慢に我慢を重ねていた生活から自ら解放させ、
ここぞとばかりに食べに食べた。そして気づいてみれば、せっかく
ある程度続いた減量生活も終わっていたのだった。

 しかし昨日は、少し、というか、大きく違っていた。
私が大皿に盛られた大量の刺身の中からいただいたのは、マグロ1切れ。
たった1つである。別に我慢したわけではないと思う。
肉はもちろん食べなかったし、前のように、欲しいとも思わなかった。
野菜が美味しかった。野菜をバリバリ食べた。あと少しイカの焼いたもの
ホンの少し。それだけ。お酒は良く飲んだ。現在自宅での晩酌をしない
私としてはくらいの量だ。でもしっかり酔った。私の異常な(?)ハイテンション
で兄弟達は「既に飲んできたの?」と聞くくらいだった。
でも食べる量はそれだけ。たったそれだけで私は持った。

 恒例二次会のカラオケでは、私は一番に盛り上がった。
あとで妻に聞いたら、私はおつまみのポテトチップスをたくさん食べていた
そうだ。とにかく結果的に昨日は私の食べたものはそれだけだった。
でもそれで充分だった。私は歌うのが楽しくて、皆と語り合うのが
楽しくて食べるどころではなかったのかも知れない。


●小食429日目 1日1食115日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回
●5本指立て伏せ 回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月15日(水)

起床時刻:03時30分

 就寝午後10時半頃。途中2度目覚める。2度目にトイレに行く。
本来ならこの時点でもう起きる。だが昨夜は2階で寝た。自室で寝たのではなく。
 
 珍しく皆のいる2階で寝た。最近はどうも孤独な状態で寝る事が
多くなっていた。たまには良いだろうと思って。やはりみんなと一緒
というのは気持ちのいいものだ。そのせいか、いつもよりぐっすり
寝た。睡眠時間5時間。しかも、自分で目覚めたのでなく、誰かのブログと
同じように、飼っている猫(その誰かさんは犬のようだが)の泣き声に
起こされた。耳元で「ニャーニャー」と何度も鳴いている。
てっきり家の中からのものだと最初は思っていたのだが、段々意識が
はっきりしてからは、どうもそうではなさそうだ。で、窓に近づいたら
我が家の愛猫。私に可愛く訴えかけている。家に入れてくれ・・と。
まあ可愛い。本当にこういう時、彼女らは人間の言葉なんかが理解できる
のでは・・と思わせてくれる。

 自室で寝る毎日ではほぼ毎日会えなかった猫との遭遇。特に夏は
猫が大好きな季節。そして私のここ最近のライフスタイルの変化。
だから愛猫とは何日も会えない日々が続いていた。妻に聞けば、
自分達は毎日会っていると。夜中、必ず帰ってきているんだと。
本当にそうだった。ただ、その夜中が今日は午前3時半だっということ。
これでは妻や娘たちも大変だっただろう。彼女たちは普通の時刻に
目覚めているのだから。

 猫や犬、人間のそばにいる動物達は10万回生まれ変わったあと、
あの空にある雲に今度は生まれ変わって10万回(雲の場合は1回の
生まれ変わりが数分程度だという)繰り返し、そのあと、人間に生まれ変わって
来るらしい。より人間に触れる立場の動物が霊格がより高く、人間の
思いや考え、言葉さえも理解してくるらしい。
動物時代、とても可愛がられ、恩のある人間を、人間に生まれ変わった時、
彼らはその恩義ある人の窮地を助けてくれる事もあるらしい。
だからこの場合も「情けは人の為ならず」が適用されるのだ。

 
 今日はお盆。ということで、毎年恒例の宴会がある。
兄弟達が集う。私には私を含めて5人の兄弟があります。
上に女の姉さまたち。すぐ上の兄貴。つまり3人続けて女、そのあと
男、男である。私はつまり末っ子だ。
 盆と正月、もうずっと何十年も前から私達は集まった。
特に、最愛の母親が亡くなってからだ。と言う事は、未だに最愛の母
は私達の心の中に生きているという事だ。これは素晴らしい、というより、
女は素晴らしい。女の方が結局優秀な証でもある。

 父親なんて影も形も無い。特に私の父親は私が小学生の時、女を
作って家を出た。最悪~♪ しかし不思議に、そんな父親でも、私の妻は
親しくしてくれた。ここでも女の優秀さが分かる。
話が飛んでしまった。とにかく私達は1年に2度、みんなで集まる。
特に、最近は、姉のだんな、つまり、義兄が定年を迎え、暇になったのか
分からないが、誕生会まで開くようになった。最悪~(笑)。
すでに2回開いた。先ずは私の実兄。彼が今年の3月。そして続いて
義兄の6月。続けてこの二人の誕生会が開かれた。

 とにかく私の兄弟達はみんなで楽しむ事に目覚めたようだ。
二人とも高卒だ。学校出てすぐに就職し、長い事遊んだ経験が無い。
それも一つの要因だ。ところが、私と来たら、本物の遊び人である。
大学だって6年行った(笑)。しかも、2つの学校に行ったのだ。
その間、私はしっかり遊んだ。6年・・・遊んだああああ。

 だから今度は兄達の番かもしれない。私はそのお手伝いが出来たら
幸せだ。ホントにそう思っている。若い時しっかり遊ばせて貰ったのは
兄弟達のお陰だ。ウチには経済的な余裕などなく、父親がいなかった
せいもあるが、その代わり、兄弟達が母親をバックアップした。
私が6年も遊べたのは全く兄弟達のお陰かも知れない。

 その証拠に、私の誕生日については誰も話題に出さない(笑)。
お前は、そのプロデュースに動け、と言われているようなものだ。
逆に、兄達だけでなく、その周りの人たち、そして私の未だ知らない人たち、
その人たちを楽しませ、遊ばせ、喜ばせる仕事が私の今からの仕事、
ライフワークかも知れない。望むところである。「働く」とは「はたを
楽にする」ということである。


●小食428日目 1日1食114日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●5本指立て伏せ 回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月14日(火)

起床時刻:02時29分

 就寝午後10時半過ぎ。2時間後にいつものように目覚める。が
再び寝る。ここで起きるようになったら、私の短眠もちょっとプロかな・・と
思わせるかも。まあでも、自然に自然に。
本日の睡眠時間、4時間未満。正確に言えば、3時間45分くらい。

 ふと気づいたのだが、仕事中だったが、自分の腕を見てのこと
だが。きれいになっている。もちろん腕。厳密に言えば、皮膚かな。
とてもきれいだ。もちろん過去の自分と比べての話だが。
世の中にはこんなのよりももっともっときれいな皮膚の人が
たくさんいるのは知っている上でのお話。その上で少し自分の自慢
話を書く。

 驚いた。とてもきれいになっている。一体、どうしたんだろう。
ツヤもあるし。健康的できれいだ。色がね。白くはない。
赤いのかな。でも自分好みだ。自分が好きなんだから充分だ。随分
過去の事だが、自分の腕の様子が嫌いだった。ツヤ、色、筋肉の付
き具合・・。特に肥満の頃は。でも、今日ふと見た自分の腕、
なんて、きれいになったんだろうって。気持悪く思わないで
下さい。正直、そう思うんですから。

 前置きが長くなったが、結局、ここ一年以上の小食、特に、1日1
食になってからの節制の賜物だろうと思う。年齢も中年、いや、
壮年かな。でもとてもその歳には見えないと思う。客観的に見て
もね。キメが細かくなったと思う。きれいだけれど丈夫そう・・・
という感じ。まあ長年憧れていた。そんな皮膚に。小食生活を続け
ながら、私は知らぬ間に潜在意識に自分の希望の皮膚を望んでいた
のだろう。小食に菜食。

 神様は私にこういう形でご褒美をくれた。肌をきれいにしたい
と思っている人、特に女性かな、まあ男性でも、色々なクリーム
を塗るのも良いでしょう、健康食品を食べ漁るのも良いかも知れ
ません。でも、先ずは、食をある程度制限したらいかがでしょう。
食べる健康法、どれだけ食べても、欲しいだけ食べても痩せます、
きれいになります、的なノウハウが巷に時々現れるけど、そんな、
都合の良い話ってないですよね。自分の希望する姿、内容を欲しけ
れば、最初は先ず投資、つまり、ある程度の自己犠牲(表現が適切
でないかもしれませんが)、我慢、節制等、必要ではないでしょ
うか。私はそれを最低半年(この場合は一日一食の事ですが)、
と考えています。私の場合でも、半年は諦めずに挫けずに、続けた
いと思っているのです。要は、その間のモチベーションの維持の
方法でしょうか。それがカギですね。


●小食427日目 1日1食113日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●5本指立て伏せ 10回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月13日(月)

起床時刻:03時07分

 就寝午後10時半頃。仕事先にて。ワードで更新中だ。寝起きは
すっきりとは行かず、昨日ほどではない。もしかしたら又テンション
ダウンで普通になっているかも分らない。ま、それはそれで仕方
ない。
 途中何度か目覚める。昨夜は1日テンションアップのため、
寝つきはとても良かったようだ。すぐに眠りに落ちたようだ。

 今日は引き続き又仕事場に行かなくてはならない。明日休みを取った為だ。
今後こういうこともあるが、上手にやれば、ある程度の旅行にも行かれる。
ケチケチしないで、たまには思いっきり遊び、お金も使ってもいいのかもしれない。

 街の中やスーパーで子供が騒いだり走り回ったりする時、
嫌な気持とか何となく腹が立ったことなんかあるのではないか。
私はあった。
厳密に言えば、今でもある。「クソガキ!」等と心の中で呟いたり。
しかも何故、子供は意味もなくあんなに走り回るのだろうかと。
普通に歩けば良いじゃないか、なんてね。意味もなく走るよなあって。

 でも今はちょっと違った解釈がある。奴らは天使のように体が軽いのだろうと。
だから、あんなに意味もなく動き回るのだろうと。実際、軽やかに走ったり
動いたりしているはずだ。冷静な気持でじっくりと眺めればそう見えるのかも知れない。
体が動かずにおれないのだ。我々大人のように、世間体とか常識に縛られたら
身動きできなくなる。心が体にすぐに反応できない。

 しかし、それもある年齢までだ。よくて中学生。大人びたガキだとその動きも鈍くなる。
それは一体何故だろう。子供が公衆で走ったり騒いだりしたら、すぐに母親なんかが
「静かにしなさい」とか「じっとしてなさい」なんて注意して世間様にひざまずく。
それで段々子供もおとなしくなっていく。ムズムズした動きが封じ込められていく。

 しかもそれだけでなく、子ども自身も「我」が芽生えていく。世間の目とか、
他人との比較とか。良い子ちゃんになりたい気持とか。それで段々人間になっていく。
天使が人間になっていくのだ。
 三歳とか、幼児くらいなら、まだ天使そのものだったりする。とにかくコチョコチョコ
動き回ってかわいいものだ。体は重力から解放され軽やかそのもの。

 そんな気分に戻りたくはないだろうか。そんな気分に普通なら絶対戻れない。
思わずスキップしたくなるような、そんな気分だ。でも、「我」も育って、常識に縛られ
身動きできなくなった我々はそんな軽やかな心も体もどこかに置き忘れていく。
そういう時、私が毎日やっている自重運動が効果的ではないか。
自重運動とは自分の体重を利用した運動である。例えば腕立て伏せとかスクワットとか。
これを常識以上にこなしていけば、我々の体は重力から解き放たれ、三歳児のような
体に戻れるはずだ。

 世間の常識から解放されるのである。自由自在になるのだ。子供のように。
汚れた大人の意識とはおさらばして、子供のような精神に戻り、欲望から離れれば
逆にどんな願いも自由にかなえられていくのかも知れない。
既に精神は大人なのであるから、欲望から放たれ、しかも精神は大人なら、
自分の望みは自由自在である。やりたいことは何でもかなうのかもしれない。
よく思い出して欲しい。幼子であった頃、我々は何でも望みが叶えられたのでは
なかったか。そこには鬱積した欲求不満はなかったはずである。不満を言い出したのは
自意識が芽生えだした歳頃だったのではないだろうか。幼子の頃は毎日がバラ色に
輝いていたのかもしれない。食べることも忘れ、寝ることも忘れた幼子の頃。
「もっとしっかり食べなさい」なんてうるさく言われ、栄養の為などと必要以上に
食べさせられた長い時間。我々は段々重力に引っ張られた、この三次元に縛られた
哀れな奴隷に育って行ったのではなかろうか。

 もっと軽やかに、自由に、のびのびとこの世を生きようと思うのなら、
小食にし、なるべくなら、動物食をやめ、否定的な言葉を話すことをやめるべきである。
そう、それはまさしく、幼子であったあの頃そのものの生活ではなかっただろうか。

●小食426日目 1日1食112日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●5本指立て伏せ 10回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)×2
●懸垂 回
●テンション

日別画面へコメントする

08月12日

起床時刻:02時39分

 就寝午後10時半頃。途中2,3度目覚める。1時台に目覚めた
時はマジ起きようと思ったが、まだ寝られるようなので自分の
気持ち・感覚に従ってそのまま寝た。実際すぐ寝られたようだ。

 本日の起床時刻になった時、久しぶりに気持ち良くパッと起き上がれた。
こういう日は思わず期待してしまう。もちろんテンションの高い事だ。
しかし・・期待はずれということもあるから、まあそんなにね。
と言いながら内心期待している。ま、また普通であったなら、長い一日が
私を待っているのかな。と自虐的に言ってみる(笑)。

 しかし、段々また起きる時間が早まっているな。ここ最近はすっかり
3時台が定着かな、なんて思ったりしていたが、既に2時台になっちゃってる。
午後10時から午前2時までは睡眠のゴールデンタイムなんて、あの
南雲医師は著書で書いていたが、ホントかな。何となくそれは自分の中で
肯定しているところがあって、自分に都合のいいところは肯定しています。
それから最近又トイレ掃除を復活させた。これも又ある著者の影響だ。
まあでも色々本を読んで、その中から自分の感性に何となく合って、
ある程度熟考して、これ良いかなって思ったことはやってみるのも
良いのかもしれない。

 例えば、指立て伏せ。でもこれは最近読んだ本の影響ではない。
ズッと前に読んだものだ。空手の大山倍達さんの本だったと思うし、
劇画の原作者、梶原一騎さんのものかも知れない。
大山さんは、指立て伏せで、始は5本指から始めて段々少なくしていき、
最後は親指一本で腕立て伏せをある数こなし、自信が出来たらそのまま
逆立ちして歩いたりしたそうだ。そしてこれくらいが出来ると、
例えば天井の桟等を指二本でつまみ、移動できるそうである。
また、親指と人差し指でコインも半分に曲げられるそうだ。
彼はアメリカ遠征時これをプロレスラーたちに見せ威嚇したりした。
それとか手刀でビール瓶の首をちょん切ったり。
私達は子供心にこういう逸話をワクワクした気分で楽しんだものだ。
しかしまあ自分ではそこまで出来ないだろうとは思っていたが。
でも今は・・・やれば、今はまだ駄目だが、修行すれば出来るような気もする。

 あの空手家で、梶原一騎さんの弟さんであった真樹ひさおさんも
そういう修行を熱心にして、実録映画ではタタミで抜き手を披露していた。
いわく、手刀を縦に構え、反動をつけて、そのままぶち当て、貫通すると言うものだった。
抜き身の刀でも中々できないと言われた芸当で、実際かれはこれを
人間の生身でやっていた。また、中国のカンフーでは、熱く熱した砂利等に
手刀を高速で差し入れして鍛えていたようだ。
私はこれら考えられない修行は全く他人事だと当時は思っていたが、
今ではそうは思っていない時もある。何となく、面白そうだったら
やっても良いかな・・・くらいには思えるようになったし、自分でも
マジにやれば出切るようになるかもね、なんて思ったりしている。
これもまた少食のなせる業である。

 本日は泊りがけの仕事。


 本日は仕事先から更新中だ。と言っても、ネットには繫がっていない。
私のいる事務所は地下にあって、しかも、ネット環境が整っていない。
持参のノートパソコンで、ワードで書き込んでいる。明日(13日だが)帰宅して
コピーして更新するつもりだ。
 
 本日は結局テンションがアップしていた。めでたい!
久しぶりのアップである。何が原因なのかさっぱり分らない。
ただ、何度か目の目ざめで起き上がったとき、とても気分が良かった。
朝にも書いたように、テンションアップの予兆を感じたのだ。
それは実際当たっていたのだ。
もうそろそろ毎日アップの日々が始まれば良いのだが。しかし内心、まだまだだ・・・
という自分に厳しい自分がある。その自分がなかなか認めてくれないのだろう。

 W・ダイヤーはこう言っている。「悟った後も木を切っていく」と。
これは木こりを例えて言っているのだろうと思う。木こりという職業の者が
もし悟ったとしても、彼はその後もまた悟る前と同じように、木を切っていく・・と。
私もこれは何となく分る。私だって、悟らせてもらえれば、その後も淡々と
自分の人生を生きて行きたい。たとえ悟ったとしても、悟ったからといって、
何か特別な存在になるわけでもなかろうし、また、周囲だって何も感じないかも知れない。
自分のみが感じていれば良いのだし。だが私は悟りたい。強烈に思う。
高杉晋作は言ったという。面白きなきこの世を面白く生きたい・・と。
まさに私もそうなのである。私が強烈に悟りたいと思うのは、これなのである。
ある人はこの世を餓鬼・修羅の世だと言った。そんな世の中において、
迎合し、合わせていくことの怖さ、苦しさ。私はそんなのは嫌である。

 出来得れば楽しく生きたい。そんなの誰だってそうだろうが。私は人生をかみ締めながら
出来得れば楽しく生きたい。その為の悟りなのだ。そうでないと意味もない。
自分の利得、欲望、そういうものを求めての悟りであるのなら、私はむなしいと思うだろう。
自分は自分なのである。他人は無であり、仏教的に言ったら、「空」である。
真実は自分のみである。自己の悟りというのは、真の自己に巡りあう事であり、
自己と神との融合である。自身の中に神がある。その神との融合なのである。
それが悟りなのだろう。そしてそうなれば、この世は限りなく楽しく、
一瞬一瞬が輝くのだろう。私の求める悟りはこういったものである。


●小食425日目 1日1食111日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●5本指立て伏せ 回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
●懸垂 回 
●テンション

日別画面へコメントする

08月11日

起床時刻:02時05分

 就寝午後10時半頃。途中一度くらいは目覚めたと思う。
睡眠時間は3時間半。仕事先。午前4時頃前後から大雨。
久しぶりの雨だった。

 昨日は公衆立寄り入浴センター「カッタの湯」に出掛け久しぶりに
体重を量った。50キロだった。1年間で10キロ減っていた。
途中やはり50キロまで落ちた時、あまりにも激ヤセで、ガリガリ
だったので、何となく怖くなり、また、食欲の誘惑に負けて
バカバカ食べた時期があった。その時5キロくらいリバウンドして
55キロくらいになった時があった。
 さすがに危機感を感じて、また、職場の健康診断があり、高血圧と
認定された事もあって、これではいかんとばかりに、再び新たな
挑戦を始めたのが今の一日一食だった。途中4ヶ月くらい弛んでしまった。
その頃、つまり最初に50キロまで落ち込んだ時、本当に私は激ヤセ
してしまって、自分でも情けないやら悲しいやら。骨皮筋衛門に
なってしまったのだ。見る間も悲しかった。
 で、5キロ程度太って、まあまあこんなものかな・・と思っていた矢先に
健康診断で引っかかってしまった訳だ。結果的にあれが良かった。
 そして再び私は50キロまで減ってしまった。だが・・・今回の
50キロと前回のとでは大きく違っている。
 つまり、誰からも何も言われなくなったと同時に(前回では
私は多くの人から指摘された。つまり、病気ではないのかとか、
大丈夫かとか。心配されたのだ。身内からも他人からも)自分自身でも
そんなに心配が無かった。鏡に映る姿は確かに痩せてはいるが、
病的な痩せ方ではない。そして誰からも何も言われなくなった。
それはやはり毎日の運動が影響しているためだと思う。
腕立て伏せ300回とか、スクワットとか。何となく私の体から
そういう雰囲気が出ているのだろう。確かに少し筋肉質になったようにも
感じる。同じ体重でも、筋肉と脂肪の違いのような、そんな感じである。
そして・・・多分だが、私の体は、私がこれからもずっと一日一食を
続け、そして体も鍛えぬき、常識以上のことを行っていけば、
完全に私自身に脱帽し、敗北し、私の方針に従うべく、そのような
体型になっていくのだろうと思う。今までだったら、この人は、
いつか又脱落する、挫折する、それだから、そのときの為に、
また脂肪が増え、ある程度太った時のことを考えて、それなりの
体型にして置こう・・・等と思うのかも知れない。
だが、今回は違う。私は前回とは明らかに変容しつつある。
先ずは精神。体はあとに続く。

●小食424日目 1日1食110日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●5本指立て伏せ 10回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)×3
●懸垂 36回 
●テンション

日別画面へコメントする

08月10日(金)

起床時刻:02時30分

 就寝午後10時半頃。途中2,3度目覚め、トイレにも行く。
その中で「起きようかな」と思ったこともあったが、思い留まり
再び睡眠に入った。結局本日の起床時刻に。この時も少し迷った。
本来なら、3時台に起床、というところだからだ。
でも・・昨夜は少し早めの10時半に就寝、今起きたら睡眠時間は
4時間だなあ、何て、考えたら起きても良いかなって、思って。
まあこんなに色々頭の中で考えても、結局、「ある程度の充足感」が
必要である。「しっかり寝た」というある程度の充足感。これが
少しは感じられたから、2時台にも関わらず、結果的に起き上がれた
のだと思う。自己分析。ナハハ。

 昨夜、寝る前の数時間。ここ何日も普通のテンションが続いていたが
昨夜の寝る前の数時間、比較的元気だった。娘にも色々と話しかけたりした。
普通なら、無口なお父さんである。普通のテンションの時は、無口な
お父さんな私である。が、昨日の夜はよく話しかけたり、一人で
喋ったり。「あれ、これって、もしかしたらテンションアップの予兆?」
なーんて期待した。で、寝ようと思って、自室に戻り、布団の中で
本を読んだりした時も、何だかワクワクして来たり、体と心が疼く。
つまり、何かをしたくてたまらなくて、ジッとしている事が出来ない
感じなのである。これは・・・・ひょっとして・・・。
まあ、でも、期待すれば裏切られるし。
しかし・・・一つ直感的に思ったのは、自らテンションアップの道は
あるのではないかということだ。いつも受身では、テンションアップが
いつも受身では面白くないし、身が持たない。
自ら、テンションアップを果たしたいし、アプローチ出来れば、
それに越した事はないのだから。で、前に戻って、考えた。直感的に。
「もしかして、昼ご飯あとに眠くなり、体を横たえて仮眠する癖、
しかも、1時間以上、時には目覚めたあとも中々起き上がれず
もたもたしたりする癖。これが中々テンションが上がらない一つの
要因かもしれないな。」なんて、ちょっと直感的に思ったのだ。
だから、それには、その悪い癖かも知れない長い仮眠を取ってみよう
と思うのだ。昨日、まさしく、そう思った。決意した。
で、結局、昨日は、午前中から妻と下関に遊びに出掛け、外で食事し
そのままある程度強制的に仮眠を取らないような状況になったのだ。
そして、夜を迎え、結局、一度も仮眠を取らないで過ごした。
まあその結果、今日は途中何度か目覚めたりしたが、睡眠時間4時間で
起き上がれた。仮眠なし(あるいは短い仮眠で)で、過ごし、
充実した一日を過ごせば、自ずと、テンションはアップし、
私の夢の実現はより近づいて来るのかも知れないな。

●小食423日目 1日1食109日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●5本指立て伏せ 10回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
●懸垂 回 
●テンション

日別画面へコメントする

08月09日(木)

起床時刻:03時12分

就寝午後11時半過ぎ。最初の目覚めはいつものように、2時間後の
時刻。意識も割合はっきりしていたが、仕事先でもあり、もう少しと
思い、再び寝る。で、本日の起床時刻。睡眠時間は4時間弱。まあまあかな。
起きて直ぐスワイソウ。空気が気持ち良い。現在午前9時を過ぎているが、
まだ暑くはない。帰宅途中の車内でも例によってクーラーなし。
ただ、いつも書いているように、殆どの車は窓が閉まっている。せっかくの
自然の恩恵を何故肌で感じようとしないのだろう。現代人の傲慢さを
感じるのは私だけだろうか。
私はとても気持ち良く感じた。今朝は特に。
仕事先でも他の人が出てくる前に私は窓を大きく開けて空気を入れる。
新鮮な空気が何よりである。
帰宅直前に腕立て伏せに取り組む。精神的に比較的余裕のある回数を
最近はこなしている。これが長く続く秘訣かも知れない。

 最近ちょっと悩む事がある。悩むと言えば、ちょっと大げさだが
洗濯物に関してだ。毎日天気が良く、午前中に洗えば午前中に
乾いてしまうから、とても良い。だが、何でもかんでも洗濯機に
放り込んでも良いものだろうかと悩むのだ。
 と言うのも、私は最近あまり汗をかかなくなった。で、肉食を
しないせいか、体臭や臭みも無いように感じる。で、下着など
ほとんど汚れていないのでは・・と思うのだ。
だから、えーっと思われるかも知れないが、一つの下着など二日くらい
代えなくても良いのでは・・と思ったりする。今までの自分と比べて
二日でも充分ではと思ったりする。今までの自分なら、一日使った
下着はやはり洗濯したほうが良いと思うが、今は、直感的に、
そんなに洗わなくても良いのではないかと、思ったりする。
それが今の私のちょっとした悩みである。まあ、世間的にはふざけた
悩みなのだろうと思う。

 本日の一食:くるみ食パン2.5枚 サラダ ナッツ 納豆2パック(小) バナナ1本 粒餡饅頭1個 以上外食にて

●小食422日目 1日1食108日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回
●スクワット 回 
●腕立て伏せ 150回×2
●5本指立て伏せ 10回(腕を伸ばした状態から顎が床に着くまでの往復を1回)
●懸垂 回 
●テンション

日別画面へコメントする

08月08日(水)

起床時刻:03時26分

 就寝午後10時半頃。その後3~4回目覚めたがそのまますぐ
寝る。結果的に今日の起床時刻。睡眠時間は5時間弱。

 メール便を出しに自転車で近所のセブンイレブンに行く。
空気が気持ち良い。暑くもないし寒くも無い。ちょうど良い。
天気は比較的どんよりして曇り空だが、その為か気持ち良い。
帰りに近くの公園に寄った。恩田運動公園と言う名前。
プールや野球場、陸上競技場、体育館もその敷地内にある。
山口県でも知られた体育施設、公園だ。
そこでスクワット100回をこなした。いつもやっている日課の中で
これが一番難敵。と言うか、めんどくさいというか、時間もかかるし
地味。地味な作業だから、一番取り組むのに決意が必要だ。
そういう意味での難敵。これさえやれば日課のほとんどが終わったと言う
感じ。つまり・・・これが一番精神修行に良いのだろう。
「我」を取り除く作業として、これが一番なのかも知れない。
ある人はこれを毎日200回こなしているとか。私もとりあえず
それが目標。と言うか、今でも頑張れば200回くらいなら
出来るような気もするが、前述したように、とても地味。
ま、一応、月単位で同じ数だけこなす事をノルマとしている。
今は100回である。
ちなみにあのプロレスの伝説のレスラー、無敵といわれた
カールゴッチは、これを一日5000回とか1万回とかやったと
言われている。そうなれば、物凄い反射神経、格闘能力が養われるだろう。

 本日の1食:ピザトースト1枚 焼そば(半分) 唐揚もどき(高野豆腐で) とうもろこし1本 もずく ぜんざい ピーナッツ
以上、大体私は毎日同じメニューで楽しんでいる。肉・魚・卵類は
食べない。ご飯もほとんど食べない。しかもこれで全く飽きない。
自分でも不思議だ。私は実際以上のメニューで毎日過ごす事で生身
で「足るを知る」を会得できた。理屈を越えている。理論を無視
している。一日一食、毎日ほぼ同じものを食べる事で「もっと
もっと」という欲望の連鎖から外れることが出来たと思っている。
もっとちがうもの、もっと魅力的なもの、という果てのない欲望の
渦から外れることが出来た。
と言っても、未だに食べたいものは山ほどある。いつも空腹だ。
でもとらわれていない。とは言っても、まだ3ヶ月を少し過ぎた
ばかり。
目標は半年。先ずは半年。だからと言って、その後今の習慣を
止める気は無いが。 


●小食421日目 1日1食107日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●5本指立て伏せ 10回(腕はゆっくりと完全な屈伸から伸ばし切るまでを1回として)
●懸垂 回 
●テンション

日別画面へコメントする

08月07日(火)

起床時刻:03時46分

就寝午後11時。仕事先にて。最初の目覚めは午前2時27分、
そして本日の起床時刻。ま、ホントは最初は午前0時ちょっと過ぎだった。と言う事は・・・私の毎日の動き、体と心の動きから考えれば
私はまだ充分な活動をしていないという事になるかもしれない。
だから、たった1時間少しで最初の目覚めがやってくるのかも知れない。
充分に動き、かつ、働けば(これは金銭のためだけではないという意味)
本当は、他人から決められた就寝時刻に寝るのではなく、自分が
決めた時刻、ま、実際は今の時刻も自分で決めているのだが、
もっと良い睡眠が得られるのかも知れない。しかし、睡眠時間に
関しては現在の時間で充分に足りている・・という自覚はある。
睡眠時間に対しても、人は「足るを知る」という自覚が必要なのだ。

 今年は特に暑いのだろうか・・。ちょっと自分では分からないのだ。
先日私としては珍しく「暑中見舞い」を何通か出した。
年賀状をお互い交わした人たち限定でだが。
そのうち、何通かお返事をいただいた。その中でいずれも今年の暑さについて書いている。その中でも「今年は特別」とあった。
本当だろうか・・・。正直良く分からない。
特に朝晩は涼しく、肌寒い時も感じられるからだ。今年は過ごしやすいな
と思っていた矢先。
「猛暑」とどのハガキにもある。猛暑・・・。何かピンと来ない。
確かに2010年は暑かった・・・厳しかったな・・と思い出す。
しかしまだ2年前だ。私自身の感覚、記憶がおかしくなったのだろうか。
私は相変わらず一人で車に乗っている時はほぼクーラーはかけない。
無理していると言うわけでもない。自然なのだ。
寝る時もほとんど冷房関係はオフだ。窓を少し開けて眠るととても
心地よい。風を引く心配などゼンゼンない。
一日一食、まだホンの3ヶ月ちょっと。ま、肉食は止めたし、
魚さえも食べていない。ほぼ菜食だ。
先日DVDでシャーロックホームズを見たが、彼は一日コーヒーと
何かの葉っぱくらいしか口にしない、と世話をしている身近な女性が
助手のワトソンにこぼしていたが、それもまた凄い。しかも眠らない・・と。

今でも、パソコンに向かっているが、冷房オフ、扇風機もかけていない。
窓は開けているが。
そりゃあ、こんな私だって、暑いのは暑い。でも夏は暑いというのは
当たり前の事ではないのだろうか。だから、取り立てて、誰かに
会った時も別に「暑いね」と挨拶なんかしないし、口に出ない。
それも無理していないでだ。
ま、こんな私でも、去年までは、全くそうでなかった。
会う人ごとに、暑いね~って言ってたな。そう言えば、まるで
暑さが和らぐのではないかとも思っていたのかも知れない。
ただ、何回も言うが、今は、そういう言葉が口から出なくなった。
不思議なものだ。さて・・・今年は特別に暑いのだろうか・・・。

 ちなみに、コーヒーは今でもホットでいただいている。
特に午前3時の熱いコーヒーは格別である。


●小食420日目 1日1食106日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●懸垂 35回
いつもの公園に夕方散歩で出かけた。で、久しぶりに懸垂にチャレンジ
前回34回だったから35回に挑戦した。何となくやる前から出来そうな
気がする。これは腕立て伏せの時と同じ感覚だ。呼吸法が難しい。
上手にこなせば、これもまた100回くらいは出来るような気がするのだが。 
●テンション

日別画面へコメントする

08月06日(月)

起床時刻:01時14分

就寝午後11時過ぎ、睡眠時間は2時間。です。そうです、いつものように
1時間半とか2時間で一度目覚めたんですが・・・今日は起きちゃったり
したんです。良いんでしょうか。でも、いつかは、やってみたかった。
そろそろ私も良いのではないかなと、ちょっと思ったりして。
眠くなっったら、もちろん又寝るかも知れませんが。とりあえず、
起きてみました。最近ちょっと又普通のテンションになっちゃって。
面白くない日々を過ごしていますから。やっぱ、日々これ好日でしょ
字がちがいましたっけ。いや、良いんですよ。(実際私は10分
くらいこの言葉と格闘しました。辞書なんか調べてね。で、どうしても
分からない。で、思ったんです。ネットで調べれば良いってね。笑。この意味は、毎日良い日が続く、なんていう意味じゃなく、今を
一生懸命に生きるっていう意味らしいです)。
で、長くなりましたが、思い切って起きてみました。たまには良いでしょ
色々試行錯誤しても良い。まあ、世の中色々言う人もいますが
自分で感じた事、直感は大切ですもんね。やる価値はある。
実際、気力はある。毎日のスワイソウのお陰かね。ありがたいです。
そうであればね。そうかも知れない。

 結局午前3時過ぎに寝てしまいました。それほど眠くなった訳でも
ありませんでしたが、ま、最初は余裕を持って試行錯誤。
1時間半くらい。結局トータルで4時間近い睡眠時間となります。
でも・・・考えようによっては、良かったのかも知れません。
と言うのも、2回も眠ったんだという意識、満足感が残りますので
昼間の長い仮眠がもしかしたら必要でなくなるかも知れません。
昼ご飯を食べたら必ずと言っていいほど眠くなったいつもの仮眠が
必要でなくなったら、あるいは、少しで済むようになったら、
これは良い事かも知れない。なーんて、今は期待感を持って成り行きを
見守っているところです。
以前の私、ずっと前の私だったら、睡眠時間4時間なんて「足りない」
という欠乏感に悩まされていた事でしょう。でも、今は、二度も
寝られて、結果的にそれは4時間なんですが、随分満足感もある。
同じ睡眠時間なのにこの差は何なのでしよう。この差は大きいと思います。



●小食419日目 1日1食105日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●懸垂 回 
●テンション

日別画面へコメントする

08月05日

起床時刻:03時13分

就寝午後10時半過ぎ。睡眠時間はおよそ4時間半。良く寝たあという
感覚があまりない。仕事先にて。ただ現在は帰宅後自宅のパソコンで
更新中だ。9時からはまた仕事で関係の講習がある。午前中のみ。
仕事がドンドンたまりつつあるが、追いかけていこう。
「念を込める」とは、強い思いを込めて欲するものなどを引寄せる
とか、イメージで良好な未来を実現させる、等というものではないらしい。
講演家で著述家の小林正観さんはその辺りの事をこう述べている。「念」とは読んで字のごとく、「今」の「心」なのだそうだ。
今、今を大切に生きる、今、目の前にある人を大切にする、今、目の
前にある事柄に力を注ぐ・・・とある。将来に期待し、夢や希望を
抱いて努力するのでなく、そういうものは持たないで、とにかく今の
瞬間を生きる、というのが大切なようだ。きっと私も今に心を込めて
あらゆるものに取り組めば毎日テンションの高い日々を送れるのかも
知れない。

●小食418日目 1日1食104日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●懸垂 回 
●テンション

日別画面へコメントする

08月04日

起床時刻:03時12分

就寝午後11時半頃。最初に目覚めたのはいつものように2時間後。
そして、午前3時に目覚めるがしばし起き上がらず。で、数分後に
パッと起きる。出だし好調。例によって寝室の窓は少し開けている。
気持ちが良い。冷房・扇風機の類はなし。自然の風(と言っても、
風はなし)、そのままで充分快適。実際今も何もなし。そのままで
パソコンに向かっている。今年の夏は、確かに日中は暑いようだが
それはそれ夏であるから当たり前。しかし昔の私のように、そして
今の一般的な人たちのように、ついつい「暑い~」とは口をついて
出ない。今年の夏、私の口からその言葉はほとんど出ていない。
朝と夜は涼しい。本当の猛暑は、朝であろうが、夜であろうが
モワーッとした空気が感じられるものだが、今年はまだ私としては
感じられないのだが。果たしてどうなのだろう。
 今日は仕事である。朝から明日の朝まで。そして、さらに、明日は
そのまま午前中仕事関係の講習がある。ずっと拘束される。
が、それほどの拘束感も無く、気持ちは明るい。

●小食417日目 1日1食103日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 500回 
●腕立て伏せ 150回×2
●懸垂 回 
●テンション

日別画面へコメントする

08月03日(金)

起床時刻:03時09分

 就寝午後10時半過ぎ。仕事先。月の半分は自宅以外での目覚めとなる。
これはこれで快適な生活だ。以前の自分なら、そういうものは苦痛と
言うか、あまりいい人間のライフスタイルではないと偏見を持っていた。
とにかく何事でも良い方向に、自分が気持ち良く考えられる感じられる
方向に考えれば良いと思う。
最初の目覚めは2時間後くらいだったと思う。それからもう一度くらい
目覚めたりしたが、いずれも起き上がろうとまでは思わなかった。
ま、現在の自分はそうなのである。
帰宅途中、車には一番小さなレベルでのエアコンがついたまま。
快適であるが、どの車を見ても皆エアコンをかけているようだ。
試しに窓を開けてみた、もちろんエアコンは止めた。
何だ、ゼンゼンまだ暑くない、風も気持ちいいではないか。
まだ朝なのだ。9時前。前夜からの涼しさ・冷気がまだ残っている。
まだみんな早すぎるのだ。しばらくは朝の冷気、涼しさを楽しんだ方が
良いと思う。そのうち、厳しい暑さになるのだろうが。
その意味でも私は随分暑さに強くなったように感じる。
自宅でも仕事場でもあまり冷房に頼る事がなくなった。
反面、寝る前の身支度にもそれほど神経質にもならない。
冷房しながらとか、扇風機に当たりながら眠ると風邪を引くのでは・・
という心配は現在ではほとんどない。
風邪を引く・・・という感触がどんなものであったか、思い出せないほどだ。
だから、極端に言えば、上半身裸で、扇風機に当たりながら
あるいは、冷房をかけたまま眠っても、多分風は引かないだろうという
変な自信もある。だからと言って、そんな事はしない。
と言うのは、それは快適ではないからだ。今の私にとって快適な
状態なのは、寝室の窓を少し開けたまま眠る事だ。扇風機が必要なら
回しながら、一番小さな風量で使う。しかし1時間半くらいで
自然に目覚めるからタイマーも必要なく、その時ほぼスイッチを切る
もう必要がなくなるからだ。そのまま朝を迎えるのだろう。

●小食416日目 1日1食102日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2
●懸垂 回 
●テンション

日別画面へコメントする

08月02日(木)

起床時刻:05時09分

 就寝午前0時直前。午前3時台には一度目覚め、そして
4時台にも目覚めるが、珍しく今日は起き上がる気が起きなかった。何故だろうと思う。
 台風のせいだろうか・・とも思った。それか、最近の疲れが溜まったのか。
ま、それでも本当に珍しく5時台に起きた。睡眠時間はそのお陰で
5時間取れた。良く眠ったせいか、起きて直ぐのスワイソウのあと、
すぐにそのままスクワットにも移行できた。エネルギーはある程度
あるのだろう。それとまあ、台風の影響か、風がある程度強く、それがまた
心地よかった。そのお陰もある。最近スクワットも100回がそれほど
苦に無く出切る様になった。以前は60回でも大儀で、やるきっかけも
なかなかつかめないほどだったが。今日のテンションはどうなのだろう。
上がっていれば嬉しいし、普通であれば、また更に修行への意欲を
高めればいいのだ。昨日は、夕方久しぶりに近所の公園に出かけ
鉄棒で懸垂に挑んでみた。1週間くらい前に最後にやった時は
33回だと思うが、その後、腕立て伏せを励んで少しくらいは強く
なったかも知れないと思ったからだし、昨日はほぼ自宅に引きこもって
歩いていなかった事もあったからだ。散歩も兼ね、懸垂に挑んだ。
前回33回という記録を達成した時、自然と腹筋の力も応用した。
懸垂しながら腹筋の力で空中にある両足をリズミカルに屈伸した状態で
上下させていたのだ。これは全く自然な働きだった。こうしてやると
懸垂の回数が無理なく稼げた。で、昨日もそれを意識しながらやって
みたが、やはり意識すれば実際の動作は少しぎこちなくなるようだ。
それでも33回目に到着した時、少し頑張ってもう一回、やってやろうと
34回に達する事もできた。ま、腕立て伏せの回数と比べたら
随分少なく感じるが、運動の質も違うようで、以前の自分と比べたら
夢のような回数である。これもまたコツをつかみ、工夫すれば
驚くような回数も夢ではないような気がする。

 しかし、何回もこの場でも繰り返し書いているが、このような回数
も少食がその基本にないと実現できないような気がする。
オリンピックに出てくるような若い選手であれば、根性などで
こなせるのかも知れないが、私のような中年や女性が挑戦しようと
思うのなら、特に、少食でそのエネルギー値を飛躍的にアップさせる
必要があるからだ。大食し、欲しいままにしていれば、10回程度の
腕立て伏せ、3回とか5回程度の懸垂でヒーヒー言うのが関の山だろう。

 

 我が愛する吉田拓郎のことを書こう。
私と彼の出会いは、高校時代にさかのぼる。まだ彼のことが一般には
それほど知られていない頃、ブレイク前の頃だ。
高校の文化祭で私の親友がフォークバンドを率い、ステージに立った。
リハーサルで私は親友のお陰で拓郎の歌と出会った。
歌は「春だったね」だった。今まで聞いた事も無いような斬新な歌、
メロディーが私の耳に飛び込んできた。あれから40年近く、彼は
常に私を励まし癒し鼓舞してくれた。
で、今はこう思う。彼は50代の頃、一時今までの自分のヒット曲
名曲を捨てたようだった。何となく気持ちは分かる。今までの自分と
決別して新しい自分に出会いたいと思ったのだろう。
でも・・・・今は、彼はそれさえも又乗り越え、咀嚼し、良い意味で
枯れてきたような気がするのだ。昔の歌は昔の歌として、また大切に
しているような気がする。それを欲している人がいる、求められている
そんな空気を彼は敏感に感じ、それらを理屈抜きで与えようとしている。
これは全く素晴らしく豊かな感情である。彼は又そうなることで
新しくなったのだ。古いものを大切にする事で彼は又新生したのだ。

 成り行きに任せる・・・これはとっても大切な事である。
自然体、とか言う人もいる。肩の力を抜き、周りとともに生きる。
与える愛である。大げさではないが。
自分が強くなる為にはどうすればいいのか・・・彼はこう自分に問うたのだろう。
その結果が、昔の歌を又歌い続けるという事になったのかもしれない。
結果、彼は又強くなった。新しくなったのだ。拓郎、フォーエバー!!


 豊かさについて書こう。
本当の豊かさって、数ではないのだ。何をどれだけ持ってる、
お金をどれだけ持っているとか、そんなんじゃない。
そんな物質ではないのだ。心。心なんだよな。
で、不思議に心が豊かであれば、物質も追いついて来るんだよな。
ゆたぁ~とした心が、幸せなんだよ。今の日本はそんなの無いよね。
みんな、ガツガツしてさ、もっともっと欲しい、誰よりも、
隣の憎いオッサンより、自分はもっと欲しいんだよな。
で、欲しい・・・という心根には、その奥には、「足りない」という
欠乏感があるんだよ。この欠乏感が全てを悪くしてるんだよな。
貧乏とか病気とか事故とか不幸とか。みんなこの欠乏感から来ているんだよな。
とにかく周りと合わせたくなるんだよな。中流っていうのかね。
世界の中には、食べるものにも本当に困っている多くの人たちが
いるってのに、日本人はまだ足りないんだよ、こんなに世間には
モノがあふれているのにさ。
まだ足りないから不安になっちゃうんだよ。将来がさ、未来がさ。
未来に希望も持てないんだよ。それって病気だよ。
で、足りないから、もちろん感謝なんて感じられないよ。
この感謝が感じられないってのも、全く不幸そのものだよな。
地獄だよ。生きてる地獄。もう僕達は充分に与えられているんだよ。
本当はね。それに気づくか気づかないかの差。このホンのちょっとの
差で大きく幸せと不幸の差になっちゃうんだよ。
天国と地獄の差。ここにあるんだよ。既に全てが与えられている。
そう思えばいいし、そう感じられるような、何かを見つけることさ。
足りないものはありません・・・そう思えれば自然と感謝の心も
芽生えてくるってもんだよ。そうすれば、人は自然に豊かになれるし
物質的にも(こんなのどっちでもホントは良いんだよ)豊かになれる
んだよな。豊かになれなくても、良いじゃないか、家族と、そして
一族と、仲の良い友だち、、、彼らと豊かに暮らして行ければ
それで充分だ。あー、幸せだなあって、加山雄三みたいなもんだよ。


●小食415日目 1日1食101日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2 
●懸垂 回 
●テンション アップ

日別画面へコメントする

08月01日(水)

起床時刻:02時45分

就寝午前0時前後。睡眠時間は2時間40分くらい。3時間にも満たない。とうとうこんな事になった。少し前の記事に書いたことがこんなにも早く実現したではないか。ま、それでも以前のように1時間半単位で目覚めを繰り返す結果にはなく、就寝後一気に3時間弱で目覚める、つまり、それは反対から言えば、3時間弱の睡眠が一気に出来る様になったという事にもなる。それはやはり、一日充実して活動して(生産的に生きるかどうかは別としてだ)あまり仮眠などもせず、フルに精神も体も使った結果、こうなったという事かも知れない。ま、私も、もしかしたら、「超人」の仲間入りをさせてもらえるように、なったのかも知れない。と言う事は・・・そろそろこのブログも名前を変えるか、あるいは、店構えを変える時期に来ているのかも知れないな。

 午前中時間は分からないが知らないまま仮眠していた。短くも無く
そんなに長くも無いくらい。さすがに2時間半程度の睡眠ではまだ
体も心も適応していないのだろう。そんなに直ぐに超人の域に入る
なんて、やはり簡単ではなかったのかもしれない。当然と言えば
当然かな。でも、夢は見続けたい。ある人は、魔法使いになりたい、
という夢を持っている。私もどちらかと言えば、それに近いのだろう。
私の場合はやっぱり超人かな。英訳すればsupermanということになるのかな。
しかし仮眠も取りながら、短時間睡眠で過ごし、毎日をイキイキと
過ごす、そんな人生が良いなあって、思う。

 しかし、私の起床時間は、確かに確立してきつつある。と言うか、
もうすっかり板についているようにも感じている。
3時台。午前3時台には確実に起きている。今日はたまたま2時台
だったが、ほぼ3時台だ。そしてそれは決して無理をしてそうなっている
訳ではない。全く自然な状態だ。スッと起き上がっている。3時台に。
何の気負いもなく、スッと起き上がっているのだ。逆に現在の私に
とって、今日のように、2時台にちょっと無理かなって思うくらいで
起きた場合の方が結果的に心も体も塩梅が悪いのかもしれない。
逆算すれば、寝る時刻が昨日のように午前0時過ぎてしまえば
調子が狂うのかも知れない。大体遅くとも11時過ぎくらいに
就寝するのが大切なのかも知れない。

●小食414日目 1日1食100日目     
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)  
●スワイソウ 500回×2
●スクワット 100回 
●腕立て伏せ 150回×2 
●懸垂 34回 
●テンション

日別画面へコメントする