201301 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:03:23

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月31日(木)

起床時刻:03時25分

 就寝午後11時15分頃。途中2時直前に目覚める。この時起きていれば睡眠時間は3時間。だが出張先ということもあり、少し早すぎということもあり、再び意識的に寝ようとする。すぐに寝られる。で、本日の起床時刻。睡眠時間は4時間と少し。パッと起きれる…という感じでもなかったが、まあまあ良い。

●小食596日目 1日1食(菜食)282日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 600回()
●スクワット 150回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月30日(水)

起床時刻:04時20分

 就寝午後11時半頃。途中覚醒の記憶は無いが、一度程度は目覚めたような、目覚めなかったような、記憶が曖昧。もしかしたら一気に寝たのかも知れない。多分、これは昨日一日比較的多く食べたせいかもしれない。そういう一日もある。あまり自分を責めない。それでも午前中、食べないと決めた事は概ね守っている。これも又緊張感の養成としては良いと思っている。睡眠時間は5時間弱。本日は出張の日。夜には更新できるチャンスがある。

 午前中食べない。お昼前お菓子1個食べる。お昼に菓子パン1個。晩御飯はこの日普通の一食。小さ目のお握り2個。野菜の煮物少々。ラーメン6分目。お菓子。

●小食595日目 1日1食(菜食)281日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 160回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月29日(火)

起床時刻:03時31分

 就寝午後11時。途中二度目覚める。本日の睡眠時間は4時間半。パッと起き上がる。二度目の目覚めは午前2時過ぎだった。

●小食594日目 1日1食(菜食)280日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 130回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月28日(月)

起床時刻:05時20分

 就寝午後11時。出張先。最初の目ざめは午前0時半頃。二度目が午前3時直前。いつもなら起きるのだが不思議に又寝てしまっていた。そして、本当に久しぶりだが、仕事先の目覚ましの音で起床。しかも・・しばらくその目覚ましの音が何の音なのか分らない時間が続いた。笑いたくなる。同僚はいつものことなので分ったようだが、逆に私は分らなかった。いつもは目覚ましよりも早い時刻で自然と目覚めている私ならではである。本当~に久しぶりに、というか、過去、あまり記憶に無いくらいに、長い時間寝てしまった。と言っても、6時間半・・普通の人なら短時間睡眠なのであろうが、私にとっては、本当に長い時間寝た・・という感覚である。不思議。


●小食593日目 1日1食(菜食)279日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 100回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月27日

起床時刻:04時06分

 就寝午後11時40分過ぎ。途中覚醒あり。午前2時20分過ぎ。この時起きていれば睡眠時間は3時間弱。が、いつの間にか寝ていた。結局本日の睡眠時間は4時間半弱。本日は出張。寒さは厳しそうだ。

 仕事先での更新。ここ数日テンション普通。その為午前中は固形物の摂取は控えることにする。午前中の断食である。

●小食592日目 1日1食(菜食)278日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 220回()
●腕立て伏せ 100回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月26日

起床時刻:01時17分

 就寝午後10時45分頃。多分・・。はっきり覚えていないのだ。多分、これくらいだっただろうと。そして最初に目覚めたのはそれから1時間後の午前0時直前。あまりにも早いのでそのまま又寝てしまったが、最近読んでいる(果たして何回目だろうか)「眠りを減らせ」(マットリン・著/竹村健一・訳)の影響か、1時間とか2時間の睡眠でも目が醒めたら起きても良いじゃないのか・・という気持ちになって、起きようかなとも思った。が、又とにかく寝た。良いじゃないか。しかし結局それから又1時間後に目覚める。本日の起床時刻は一応午前1時17分となっているが、正しくは午前1時に目覚めた。それからずっと意識は起きている。テンションは昨日まで又落ちていたようだったから、多分、こういう場合、又すぐ寝てしまうだろうと、たかをくくっていたのだ。しかしそのままずっと目覚めた状態は続いたようで、それならと、パッと起き上がったのだ。結局睡眠時間は2時間と少し・・・なのかも知れない。前述したように、就寝時刻がはっきりしないのだ。ま、良いや。

 前述したように、テンションが23日続いて、一昨日、落ちてしまった。落ちた日は半信半疑で、妻にも聞いてみたりしたが、とにかくよく分からなかった。23日もの長い期間ずっとテンションが高かったために、分からないのである。自分としてはなるべく落ちて欲しくないという気持ちがあるのがこの感覚を弱らせるのだ。しかし確かに気分は落ち着き、普通な感覚にはなっていた。で、今日なのだが、今までだったら、一旦テンションが落ちれば又長い事停滞が続いたものであった。だから今回も・・。しかしまあテンションが落ちるという事はそんなに悪いものでもない。と言うのは、一旦落ちて、そこでよく反省して、又再び上がれば、そのまま上がったままよりも、何かしら良いものを学ぶ事が出来たりするからである。そりゃあ、ホントはテンションが高いまま学べれば良いのかも知れないが、一旦墜ちたほうが良く分かるという事はあるのかも知れない。それは天界にいた頃は何となく天国にいる気分、大切さが慣れで分からなくなるが、一旦この世に落ちた時にその大切さが身に滲みて分かるという感じに似ているのかも知れない。なぜ人は転生輪廻を繰り返すのか・・・というのがこういう身近な生活の中から理解できる時もある。

 今回墜ちてよく分かったのは、まあ、最近ちょっとテンションが高いことに胡坐をかいて、横着な気分になっていたのかもしれないのだ。これでは学ぶ事が出来なくなってくる。それで私の守護霊、あるいは、潜在意識は私を落としたのかもしれない。一旦墜ちて学ぶ事は大切な事なのかも知れない。本来の私の使命を果たす事を忘れるんじゃないぞ的な、そういうことも教えたかったのかも知れない。と言っても、まだ私のテンションは下がったままなのかも知れないが。ただ、こんなにスラスラと長い文章を書き続けているという事は、果たして、又上がったのかも知れない。昨夜見た夢でも、知人であり仕事仲間に対して、大きな声で叱った・・ような私がいたのである。テンションが低ければそんなことはしない。出来ない。夢も現実もそういう点では一緒である。

 人はこの世になぜ生まれてくるのか・・・。それは生活の中でテンションが墜ちるのと似ているのかも知れない。テンションが墜ちる理由を自覚し、それを反省する事が大切で、反省があれば、そこから光明が入り込み、我々は再び霊界、天上界に舞い上がれる・・とは幸福の科学の大川隆法さんの教えである。前半は私の解釈であるが、後半は大川さんの教えである。実際、私はテンションが落ちたときは、勉強も運動も栄養学も真剣に学ぶ。色々と勉強する。蓄積する。それがたまった時、パッと上に上がれるのだろう。



●小食591日目 1日1食(菜食)277日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 回(一気に)
●スクワット 回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月25日(金)

起床時刻:05時01分

 就寝午後11時。途中覚醒午前2時過ぎ頃。起きようと思ったが又寝てしまった。出張先。昨日から少し気分の高揚感が落ち着いた感じを受ける。もう少し食の量を落とすべきかもしれない。最初の目覚めではすでに3時間の睡眠を得ていたのだから起きられるはず。本日の睡眠時間は結局6時間。よく寝た。と言うか、一日おきに2,3時間の睡眠と6時間くらいの睡眠を繰り返しているような感じ。最近又「眠りを減らせ」という本を読んでいる。訳者は竹村健一さんだ。

●小食590日目 1日1食(菜食)276日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 130回()
●腕立て伏せ 100回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月24日(木)

起床時刻:03時45分

 就寝午後11時46分。途中一度目覚める。時刻は午前2時40分頃だったと思う。その時、起きていれば・・・というか、起きようと思い、電気ストーブのスイッチも入れた。この時起きていれば睡眠時間は3時間弱。と言うか、一気に寝たのは2時間。本当は就寝後1時間弱、一度目覚めた。1時間も経っていなかったかも知れない。不思議な感覚だった。何か暗い感じの世界から(決して変な世界ではなく、字の通り、暗かった。と言うか、暗く感じたのかもしれない。しかし生々しかった。夢・・・というよりも、3次元世界ではない、別次元の世界からこの世に戻ったような実感を得た)パッとこの世に戻ったような感覚を感じた。不思議な感覚だった。で、あらためて、寝たのだった。それから一気に2時間寝られた。良く寝たな・・という感覚があったから起きようと思ったのだが、また自然に寝られた。で、最初に書いたような感じで目覚める。睡眠時間は結果的にトータル4時間。良い感じだと思う。以前なら、その辺りが曖昧で、うやむやで、二度寝をした・・・という実感だけが肉体と心に残り、自己嫌悪だけが残ったのかも知れないが、今はそういう感覚がほとんど無いし、感じられない。とにかく何となく良いようにばかり感じられるのだ。不思議にポジティブに感じられるのだ。全てを肯定的に捉えられる。自分に優しいのである。でも、客観的に見れば私の生活は自分に厳しいのかも知れない。だが、自身ではそう感じられず、自分に優しく、常に、良い方に良い方にと感じられるのだから、たまらない。
 本日は出張日。更新は夜からある程度自由に出来るかも。

●小食589日目 1日1食(菜食)275日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 170回()
●腕立て伏せ 100回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 20100歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月23日(水)

起床時刻:04時36分

 就寝午後11時半。途中覚醒なし。多分。記憶なし。一気に5時間半も寝てしまった。ホントに珍しい。6時間近い時間一気に寝たというのは、ホントに貴重。普通の人から見れば当たり前なのだろうが、私にとってはホントに珍しい。一番最初に直感的に思ったのは、昨日一日比較的良く食べたからでは無いかと思ったから。ちょこちょこ良く食べた。気分が相当緩んでいるかな。テンションがアップしてから22日、こんなに長い間高い状態であるものだから、すっかり気分が緩んでしまって、安心しているのだろうか。勝って兜の緒を締めよ・・・という格言がある。


 他人に好かれたいとか愛されたいと思うのなら、自分を好きになり自分を愛することです。なぜなら人間は本来一つであり、皆がつながっているからです。だから、自分のことが好きな人はその思いが他人にも伝わり、他人も何となくその人のことが好きになってしまうわけです。理由も無く。いや、正しく言えば、理由はある。その理由は本人が一番知っているのです。自分のことが好きな人は自分のどこが好きか分っていますが、他人もその部分が好きなのです。皆は一つにつながっている。

 だから、人生というものは、他人に左右されるものではなく、自分で作り上げていくものなのです。私は決して理想論を言っているのではなく、真実なのです。自分が信じるとおりに自分の人生が作りあがっていくのです。自分を好きで自分を愛している人は他者からも好かれ愛されます。何度も言いますが、それは、皆が一つにつながっているからです。逆に言えば、自分の人生が不運で悪いことばかり起きている人は、自分がそれらを引き寄せているのです。自分が考えたり想像したりしたことが全て自分の生活や環境に現れてくるわけです。だから、自分の不遇を他者に責任転嫁する人がよくいたりしますが、そんなの大間違いであり、自分が作り上げた環境を他者の責任にしてもどうしょうも無いことなのです。逆に他者を恨んだり責任転嫁すれば、そういう悪い思いは、自分に返ってきて、自分の人生を悪く作り上げていきます。

 豊かになりたいと思うのなら、自分の心を豊かにすればいいのだし、自分を貧しく考えれば貧しくなるのです。心が全てを作っていく。自分を愛すれば他人も自分を愛してくれます。自分の事を好きだという想いはそれ自体が波長となって、他者にストレートに伝わります。そしてそれを他者が受け入れて感じ取って、その思いのまま、貴方に向かっていくのです。他人は貴方が自分のことをどう思ったかをそのまま貴方に反映し投げかけていくだけです。多くの人から愛され慕われ尊敬される人は、その人自身も自分のことを好きで愛して尊敬しているのです。人は皆つながっているのです。

 自分は誰からも愛されない、だから自分は孤独である。と考えている人は、人を恨んでも仕方ないことです。それは結局自分が自分の事を嫌いなのです。自分を愛していないから、自分の中に悪いところを見つけているから、他人もそれを感じ取って、貴方から離れていくのでしょう。だから、自分のことを好きになり、自分を愛することです。先ずは自分ありきです。先ずは自分から。他人に愛されようとして他人の機嫌ばかりおもんばかってもそれは無駄というものです。自分と他人を区別して遮断している以上はいつまで経っても何も変わりません。自分を愛する人は他人も愛することが出来るものです。人は皆つながっているから。そして・・・どうもこの人のことを好きになれない・・・と思うこともありますが、それもまた仕方ないことで、多分、その人も自分のことがどこか好きでないのかもしれません。それを貴方が感じ取って、その人のことが好きになれないのでしょう。あー、あの人、いいなあ、感じいいなあ、って思って、好きになれるというのは、きっと、その人も自分のことが好きなのでしょうね。だから先ずは自分のことを好きになることであり、それではそのためにはどうすれば良いかと言えば、自分の理想というものがありますが、こういう自分だったら良いなあっていう思いですが、その理想の自分を描くことが出来れば、どうしたらその自分になれるかという作戦を立て、その理想像に近づくことです。決して自分を嫌いになってはいけません。そしてそうやって自分のことが好きになって行けば、放って置いても他人が自分のことを好きになってくれるようになります。だって、何度も言いますが、人間は皆一つ、つながっているのです。
(早朝更新)


●小食588日目 1日1食(菜食)274日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 回(一気に)
●スクワット 140回()
●腕立て伏せ 100回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ23日目

日別画面へコメントする

01月22日(火)

起床時刻:01時52分

 就寝午後11時少し過ぎ。途中覚醒なし。一気におよそ3時間弱の睡眠を取らせてもらった。正確に記せば、2時間45分程度か・・。ま、よく考えればそんなに短い睡眠時間でもない。ほぼ3時間である。ただ、ここは出張先。そりゃあまあ、目覚めた時点では躊躇した。しかも同室の同僚は神経質なTさんである。私たちの仲間では多分一番の神経質であろう。彼の寝息が聞こえるし、彼は私より多分少し遅く寝たのだろう。しかも・・彼は暖房のスイッチをそのままにして寝たのだ。ありゃ、これは彼の作戦かも・・と思ってしまった。彼は暖房をしたまま眠りたい派なのだろう。しかし彼以外は皆寝る時は暖房を切るのである。やはり自然なのが良い。しかし彼は暖房が欲しいのだろう。だから・・・彼は昨夜就寝時、わざと私より遅く就寝についたのかも知れない。私など布団に入ればものの5分くらいで寝入ってしまうので、多分彼が眠る時は暖房のスイッチを切ってくれるものとばかりに信じ込んでいたのだ。が、彼は彼で色々と考えていたのかも知れない。ま、良いや。とにかく私は久しぶりに3時間で起き上がり、こうやって更新しているのだ。この1月、振り返れば、こういう日が3回あった。で、見直してみれば今日よりもまだ短い睡眠時間でやっている日もある。「勢い」というものは凄いものである。


 健康とは心と体が完全に元気な状態を言います。病気がないという程度では健康とは言えません。また病気がある等本当に寂しい事なのです。病気がある人に同情などしますが、本来はあまり良い事ではありません。中国の教えには、病気をする人は悪人であるという人までいるくらいです。そう、病気は本来悪なのです。

 本当は病人など同情するべきものではないのかも知れません。下手に同情などするから、甘えてしまって病気を治そうと思わなくなったり、反対に好んで病気になろうとする人がいるのかも知れません。

 なぜそんな情けない考えをするようになるかと言えば、それは本当の健康の素晴らしさを知らないからではないのでしょうか。本当の健康を知ったならば、病気など決してなりたくはならないでしょう。本当の健康は、心が踊り、躍動感に満ち、楽しくて楽しくてたまらないという状態だからです。だからそれを知らないから、病気などして、同情を受けたり甘えたりしたくなるのでしょう。だから人間は皆、誰も健康になるべきなのです。

 私など、例えば建設現場で作業員達が単純作業を黙々とただやっている姿を見るだけでも楽しくなって来ます。出来れば自分も参加したくなって来ます。お金も稼げて、人の役に立って、皆と一緒に共同作業が出来るのです。多分今の私なら休みなく淡々と体を動かし続けるでしょう。 世の中にはこういう働きが嫌で、安楽を求め、家の中に引きこもる若者もいたりするようですが、これはやはり健康でない証拠でしょう。

 人生において、地位や成功を求め、お金持ちになったりする事が何より優先的な事であったりする傾向が世間では多いし、また他人より優先的な立場に立つ事が目標となる場合が多いが、それはやはり世間自体が健康でない証拠でもあるからです。

 今与えられた環境で楽しく働き、毎日をイキイキと暮らせばそれが何よりで幸福な人生ではないでしょうか。そしてそういう毎日の中で、もし許され出来るならば、己の使命に気づかせてもらい、世のため人の為になる働きが出来るチャンス、お役目に立たせてもらえれば、これこそ何よりの幸せな人生ではないかと思います。(早朝更新)


●小食587日目 1日1食(菜食)273日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 50回(一気に)
●腕立て伏せ 100回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ22日目

日別画面へコメントする

01月21日(月)

起床時刻:04時41分

 就寝午後11時。珍しい事に途中覚醒の記憶なし。つまり、一気に本日の起床時刻まで寝たという事だ。ホントに珍しい。と言うか、こういう事がたまにある。数日続く予定だが。こういう日々は本当に気持ちが良い。一気にある程度寝られるというのは、普通の感覚で言えば当たり前の事なのであろうが、私にとっては本当に気持ちが良いものである。睡眠時間は、5時間40分。一気にこれくらいの時間を寝られたというのはホントに珍しい。理由は分からない。本日、出張日。

 前述したとおり、一気に長い時間寝た・・・という事は良い知らせなのか、はたまた悪い兆候なのか。それともどちらでもないのか。悪い場合は、気分が少し緩んでいる場合であり、テンションが落ちる前触れ、あるいは、既に落ちている? なんせ、今年に入ってから、つまり、元日にテンションが上がり、ずっとそのままである。つまり、今年はいまだにテンションアップが続いているということだ。昨年のことを考えればこれはとても画期的。小食生活が9ヶ月も続いているお陰だとは思うが、やはりやればやるだけその成果は出るのだということだ。しかし・・・20日以上もテンションが続けば今までの経験ではそろそろ落ちる・・・というのがパターンだった。その恐れは最近常にある。あるが、それと同時に、今回は今までとは少し違うかもしれないという期待感も同時にあるのである。つまり、それはやはり、長い間鍛えてきたという自負なのであろう。しかし、長く良い状態が続いていると、落ちるのでは・・という不安もよぎるのは確かではある。しかし、しかしだ。落ちるというのは全面的に悪いことではなく、また、新たな気持ちでチャレンジしようという事にも繫がっていくのだ。そうだ、落ちれば又上がれば良いのである。その覚悟、その気合は常にある。


●小食586日目 1日1食(菜食)272日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 120回(一気に)
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ21日目

日別画面へコメントする

01月20日

起床時刻:03時24分

 就寝午前12時半頃。途中2度目覚める。1時間ごとに。二度目の方の午前2時半に目覚めた時は、意識もわりあいはっきりしていたし、睡眠は既にトータルで2時間。起きようかな・・・と思った。2時間なら・・・と。まさに、2時間では短いかも知れない。それに、トータルで2時間である。本来なら、いや、普通の感覚では、トータルで2時間の睡眠では無茶かも知れない。でも・・2時間の睡眠で起きて、取りあえず、それで活動してみて、ま、眠くなればその時仮眠などして、そうやって厳しく一日を過ごしてみれば、また、自分の能力を磨けるし向上させられる・・・などと、短い時間で直感的に考えられた。しかし、そうこうしている内に、眠ってしまったようであった。そして・・・本日の起床時刻である。睡眠時間はトータルで、3時間。2時間とそんなに変わるものではない(笑)。それでも・・私にとっては、充分な睡眠・・と感じられもしたのだ。我ながら大したものなのだ。


 アルコールを抜いてしばらくが経ち、肉食を絶って9ヶ月弱。魚も自宅では食べない。弁当等にももちろん入れない。外食では魚は食べる事もある。が、肉食は絶っている。時々それでも誘惑に負けそうな時もある。今でもテレビなどで肉を美味しそうに食べているシーンなど見せられれば、たまには良いかな・・・とかなんとか、思ってみたりするが、それでもいざ食べる時になると、ちゃんと我慢できている。我慢・・・という言葉が既に適切ではなくなっている気もする。野菜だけで、全ての栄養素を補って生きている。本当は現代栄養学ではいけないことなのだろうが、私は不思議に素直に実践している。

 肉食をしないで、、あるいは、菜食で過ごしていて、特に変化した事は、自分で実感できる事は、性欲の変化かも知れない。とにかく以前のように、エッチなサイトを見ることが無くなった。全く縁がなくなった。知り合いの70近いエロおっさんに、どぎついエロ本をプレゼントされても結局一度も中身を開く事はなかったし、それは近所のブックオフのものとなった。そして、、、街を歩く若い女性、豊満な熟女・・・そういう輩を眺めても、何の感情も湧かなくなった。まさにそれは「仙人」の境地かも知れないが、何の感情も湧かないと来れば、それはある意味とても淋しい感覚かもしれない。それなら、正しくはそうではないかも知れない。美人はやはり良いものであり、ついつい視線がそちらに向うという事はある。だから私は聖人君子ではないかもしれない。だが、それらを全て差し引いて、女性に対してありのまま、そのままを眺める事ができるから幸せだ。本当に良い女、良い女性、素晴らしい女というものは、どういったものなのか・・・等という事が感覚的に分かる事が出来るような気がするのである。それなら、やはり、これは間違いないことなのではないか。結婚や恋愛において、馬鹿な間違いを起こさずに済むではないか。

 世の中には性欲にまつわる失敗や事件などが多く見られる。私のような菜食・少食を続けていれば、まず、そういう失敗や犯罪を犯すようなことは無くなるとほぼ断言できる。そう、世界は平和になるのである。そして私は性欲だけではなくて、男性も含む、あらゆる人間関係において、本当の平和に基づいた、懐かしい人間関係、麗しい人間関係を築けるような気がするのである。利益や打算、計算、、、そんなあまり美しくない人間関係とは決別できて、本来の人間の爽やかな関係が出来上がっていくのではないかと期待できるのである。

 体力が心配・・?という向きもいらっしゃるだろう。しかし、心配はない。逆に体力は向上する。タフになり、爽やかになり、穏やかになり、しかし虚弱にはならず、強くなる。声も大きくなるし、通るし、私のように、平行して運動もすれば、私の場合はスクワット、腕立て伏せ等だが、歩く速度も速くなる。普通に歩いても相当速い。機敏に見えるようになる。動きが迅速・機敏となる。他人のかける言葉にも躊躇が無くなる。言った後、あ、言いすぎたかも・・・と心配する事もあるが、結局相手は怒らない。笑ってくれる。良い感じで終われる。全てが丸く収まっていく。笑顔も素晴らしくなるだろうし、もしかしたら、以前よりもずっと異性にもてるかも知れないぞ!

 人間の体の機能の中には、野菜しか食べなくても、それを必要な栄養素に転換できる機能が備わっているのかも知れない。いや、きっとそうである。私が良い証拠である。だから、たんぱく質が必要だからと、肉を食べなくてもいいし、野菜のたんぱく質といって、大豆関係を意識しなくても良いかもしれない。実際私は以前は豆腐も頑張って食べていたが、今はあまり食べなくなった。通常、たんぱく質が豊富だと言われている食品もほとんど現在食べていない。それでも毎日のスクワットで足の筋肉は鍛えられ大きくなった。実際、自然界ではそれは常識である。馬は野菜しか食べないが、競走馬を見たことがあるが、それはもう見事な筋肉美である。ゴリラなどはまさに野菜のみだが物凄い筋肉質であり、力持ちであり、その腕のパワーなどは計り知れないものがありそうだ。

 人間も同じようにこの自然界に暮らしているのだから、野菜だけでも充分である。馬鹿な性欲に悩まされずに、女性をありのまま、美しい存在として見られて、そしてそういう風に接してあげれば、その女性も見られるように美しくなるものである。自分を美しくしてくれる男に注目しないわけは無い。自分を磨いてくれる存在は異性だろうが同性だろうが、人気が集まるのは当然な事である。だからと言って、その注目・人気に溺れる事もないのが、少食・菜食の良さでもあるのである。

●小食585日目 1日1食(菜食)271日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 回(一気に)
●スクワット 100回(一気に)
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ20日目

日別画面へコメントする

01月19日

起床時刻:04時59分

 就寝午前12時半過ぎ。途中二度目覚める。二度目に目覚めた時、起きる予定だった。睡眠時間は確かその時2時間程度、今日は朝早くから仕事で、余裕を持って起きる予定だったが、いつの間にか寝ていたようだった。こういう場合は特に仕方ない。意識外。それでも本日の睡眠時間は4時間半。世間では充分睡眠不足的な時間だろうが、私にとってはほぼ理想的であり、良く寝られたな・・という感触があるのだからたまらない(笑)。本当に、良く寝たな・・という思いがあるのである。もし・・・二度目で起きていたら、このような感想は多分得られなくて、根性で起きていよう・・・何て考えながら、1日活動していたかも分らないし、でも、最近少し弛み気分だから、それでも良いかな・・・とも考えていたかも知れない。ちょっとショック療法も必要かな・・と考えていたのである。ま、でも、良く寝た。

 本日で1日一食生活、九ヶ月目である。これくらいになると、テンションも高いまま維持できるようになるのかも知れない。が、適度な緊張感を失うと、それはなくなるのかも知れないし、適度な緊張感が自然な形で維持できるのが常態となるのかも知れないが、やはり、意識的にも頑張る気持ちは大切なのではないかと思っている。いや、今以上の意識、世界、感覚はまだあるのではないかとも思うので、更なるチャレンジも必要なのだろう。

 本日も残すところあと10分。一日が終わり、また明日がすぐに始まる。私は二日を股にかけるのだ。大晦日から新年に亘って起きているようなものである。こういう風に毎日を一年のごとくに生きていくのも面白いかも知れない。一日というものは、そういう意味ではとても貴重なものである。一日一生・・という言葉もあるくらいだから。今日を生き切る。


●小食584日目 1日1食(菜食)270日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 500回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 14000歩   
●テンションアップ19日目

日別画面へコメントする

01月18日(金)

起床時刻:02時54分

 就寝午後11時半頃。出張先。途中一度目覚める。1時間後くらいだったので当然再び睡眠に入る。で、本日の起床時刻。睡眠時間は3時間半弱。まあこんな感じだろう。本日も同僚とは別室での睡眠。一人での起床だから割とスムーズに起床できた。気になることはあるが、ま、仕方ない。これもまた仕事のうちかも。パソコンの更新もこれが仕事場では最後になるだろうが、帰宅後また頑張って更新しよう。

 本日も後わずかで終わる。午前3時前に起きてからずっと活動を続け、いつの間にやら一日が終わるのである。長いようで短かった一日かも知れない。仕事先で午前9時まで過し、6時間を費やした。仕事に精を出し、そして帰宅後も色々とした。昼前にうとうとしてしまったが、その後は又色々と活動だ。仕事ではなかったが、ま、色々だ。妻にも言ったが、最近は理由も無いが、とにかく体を動かしたくなる。仕事でもそれは勿論良いのだが、目的も無いことをしてみたい。運動でもそれは体を鍛えるためだとか、何かそんな目的も無く、ただ、やりたいからやる・・・という感覚である。そんな感じのものに挑戦したいという気持ちが日増しに強まっている。仕事先にいる多くの若者に近い感覚かも知れないな・・と思った。


●小食583日目 1日1食(菜食)269日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 80回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ18日目

日別画面へコメントする

01月17日(木)

起床時刻:03時54分

 就寝午後9時半頃。途中何度も目覚めるが、起きず。最後は午前2時過ぎ頃だった。その時起きようと思って電気ストーブも作動。しかしいつの間にか寝ていた。結果的に睡眠時間は6時間とちょっと。よく寝た。前日がどちらかと言えば、睡眠短く、そしてよく動き回ったせいもあるかも。それと寒気かな。本日は寒くなりそう。予報では。午後かまたは夜から雪マークもあるようだ。本日は出張で、明日にかけてもし雪が降り続けば、路面凍結という嫌な展開も可能性あり。ま、一年に最低一度はそういうこともあるから。ま、でもその時はその時である。

 いつものように、完全に日課となってしまったが、朝風呂に入らせてもらった。深夜誰か家族の者が入浴したせいか、お湯はまだ温かかった。水を足し、加温。充分温まって入浴。極楽の気分。至福の時。幸せである。ありがたい。このお陰かも知れないが、夜の就寝時はとてもスムーズである。睡眠障害に悩む人も中高年では多いと聞くが、私にはトンと縁がない。本当に自分でも感心するくらい睡眠がスムーズでしっかりしている印象がある。カチッという感覚で睡眠に入れるというイメージだ。スパッとこの世からお別れして、そして別次元の世界に入って行き、そして再びこの三次元世界に戻ってくる・・・という感覚である。人はこうして毎日霊界との交流を繰り返し、本来の自分の世界、本来の魂の世界に戻り、自分自身というものを確認する時間をいただいているのだろう。これをエネルギー補充という表現をする人もいる。

●小食582日目 1日1食(菜食)268日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 240回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ17日目

日別画面へコメントする

01月16日(水)

起床時刻:02時32分

 就寝午後10時45分頃。だったと思う。定かでない。途中何度か目覚めるが、起きるほどでもないし、さすがに睡眠2時間程度ではもう少し寝た方が良いなという思いがよぎる。で、そのまま寝ようとする。それで直ぐに寝られるので由としよう。本日の起床時刻になったとき、初めは3時台くらいかなとも思ったが、ちょっと意外で、午前2時半。少し早いかなとも思ったが、それでも4時間近くはトータルして寝ているのである。この頃は直感的にもそれくらい寝られたらもう良いなと思ってしまう自分がいる。私にとっては4時間という単位は充分寝たという感覚になっているのである。


 ここ数日、喉の一部に違和感、痛みを感じている。体のどこにも痛い所はない・・と豪語していたから少し恥ずかしいが、まあ、由としよう。と言うのは、この痛みは「風邪」の症状だからと思うのだ。思う・・と書いたのは、多分そうなのではないかと想像できるからだ。最後に風邪らしきものを引いてから相当長い時間が経過してしまった為よく分からないのである。多分・・この感覚は風邪の初期症状の一つ、いや、自分としては代表的な症状だったと思う。この症状が出てから直ぐに次の段階に進んで行った記憶もある。鼻水が出てきて、セキが出て、頭痛・・・となっていくのだ。しかし、今回はこの喉の痛みが今日で三日目くらいなのだが、その次に進まない。風邪が躊躇しているような感覚だ。多分・・・私の頭での知識で言えば、現在ただ今私の中の血液の中にいる戦闘隊が風邪のウィルスと熾烈な戦いを繰り広げているのかも知れない。少食で過ごしている私にとって消化に必要なエネルギーはこうした体の中の治癒力に変化して行き悪いものと戦う力になる。それで今その戦いの真っ最中ではないかと私の頭の中の知識は分析する。それで喉の痛みのままストップしているのである。これはまさに私にとっては画期的なことであるのだ。

 だから、本来なら、以前の私なら、あー、とうとう自分も風邪を引いてしまったか・・・と残念がるのだが、今の私は、冷静にその推移を他人事のように眺めつつ面白がってもいるのである。とにかくこういう場合も食べなければ良いのである。そうすれば消化に必要なエネルギーが風邪のウィルスと戦う力に転化され、自然治癒力という誰もが知っている力でパワーで悪いものを除去してくれる。いや・・・ホントはそんなものも無いのであって、ただ自分の妄想を掻き消してくれるのみである。・・・その証拠に、私の毎日は相変わらず一緒である。動き回り、体と心を常に働かせている。風邪だからといって寝込むなんてこともないだろう。鼻水が出てくればティッシュで拭き取ればいいし、詰まった鼻はそのままにしておけば良いのである。直ぐに通りも復活するし。多くの人たちがまだ夢の世界にいる時刻にもパッと起き上がるし、フルスロットルで仕事やプライベートに取り組んでいる。毎日およそ20時間、私の生活は密度が濃いいと思う。(午前中更新)

 今日から再び又万歩計を腰に装着した。しばらくほって置いたが、無性に又歩きたくなったせいもある。それなら折角だから、万歩計を付ける事にした。近所のスーパーに出かける時など、歩いて行きたくなる。歩きたくなるのである。理由は分らない。健康の為でもなく、いや、少しはあるだろう。健康の為・・というより、もっと自分を鍛えたい、というのが正直な気持ちかもしれない。とにかく最近は体がムズムズして何かをしたくなったり、とにかく体を動かしたくなるのである。それならやはり歩くのが一番良いような気がする。体も喜ぶような気がするのだ。 

●小食581日目 1日1食(菜食)267日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 180回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 9400歩   
●テンションアップ16日目

日別画面へコメントする

01月15日(火)

起床時刻:03時59分

 就寝午後10時頃。途中何度か目覚める。午前1時台に最後に目覚めた時、起きようかなとチラッと思った覚えがある。この時起きれば3時間の睡眠で問題なかったのだが、どうやらその時の私にはもう少し睡眠が必要だったのかも知れない。結局、6時間弱の睡眠を取らせてもらった。最後は一気に3時間の睡眠を取ったという事になり、全く良く寝た・・という実感が心と体に感じられる。ホントに良く寝たあ・・・という感じを貰っている。感謝である。

 一日一食生活を始めてもうすぐ9ヶ月になる。何かに挑戦して持続してここまで続くのは多分生まれて初めての事かも知れない。途中休んだりして続くことは何回もあったが、ずっと休み無く継続したのは初めてである。自分としては真剣にやっているなと少し感心する。これは一体なぜだろう。これはきっと私が独特のロマンチストだからだろうと思う。「憧れ」がある。少年の頃からずっと憧れていたヒーローの姿とか、人間の理想像のようなものかも知れない。そんな偶像的なものが私の心を支えてくれているのだろう。僕もきっとあんなヒーローになるんだ・・・というものである。それは何・・と言われれば、他者に圧倒的に優しく、大らかで親しみやすく、親切で、そして勇気があって、若くて、強くて美しい。そんなイメージだ。私は少食生活を通して、菜食生活を実践して、そういうヒーローに、いや、人々から賞賛をいただくようなものでなくても良いのかもしれないが、逆に人々を勇気付ける存在になりたいのである。(早朝更新)

 身支度を整え、歩いて近所のスーパーに行く。朝の7時から営業のイオン系列のスーパーである。普通の人が歩いて15分程度。往復30分。私は早足でしかも早いので往復半分くらいで行って帰れる。銀行に寄りお金を入れる。本日も拘束なしで自由な一日。自分の仕事を少しして後は朝の瞑想中に思いついた知り合いの人のご主人が亡くなられたのでご香典を持って行こうかなと考えた。妻に相談しよう。


 香典を持ってお悔やみに行って来た。反対にこちらの具合を心配してもらった。貴方も気をつけてとのこと。何回も言われてしまった。好意はありのまま受けるべし。と言っておこう。ご霊前で遺族と会話したが、亡くなられた故人の霊がまだ部屋にいるのではと感じられた。故人はどう思っているのだろう。一日一食という生活を続けていると、何か、そういう亡くなられた故人の霊の存在を感じられるような感覚がある。故人が私に何か訴えてくるような、あるいは、故人とは一度も面識も無いが、故人の性格が瞬間的に分かったような、何かそんな気がした。なぜ故人は亡くなったのか・・。そんな理由もふと垣間見えたような気もした。(午後更新)


 私の日課の中にある「スワイソウ」というのは、中国発祥の体操らしい。日本では「導引術」の早島政雄さんが紹介した。私は今から30年位前に一度この体操に挑戦しある程度続けていたが、ある時期から他の健康法に変わってしまい、ずっと長い間縁がなかった。しかしここ最近、もう半年くらいはなるだろうが、又、再開させてもらっている。これはただ両腕を前後に振るだけの体操である。手のひらを後ろに向けて前方肩の高さからスタートして後ろに振り下ろし、その弾みで又前方に振り上げていく単純なものである。

 これをただ振り子のように何回も繰り返して振るだけのものである。初めは100回程度から始めても良いし、慣れれば200回、300回と進んでいっても良い。現在の私は一度に500回程度こなしている。ある人はただ無目的に振るのみ・・と表現して、理屈抜きでただやれと言っているが、これも又正しい意見だと思う。私も利益や打算抜きでただただ振るのみ・・と頑張ってやっていた。

 しかし最近はこの単純な体操はとても奥が深いものであると感じている。ある人に言わせれば、手のひらを前後に向けるのではなく、自分の体側に向けて、つまり、普通に「気をつけ」の姿勢で立つと言う。そして同じように前後に振り続けるのである。こうすると、左右の両手に挟まれた部分、つまり、自分の体であるが、この空間に「気」が溜まっていくという。そしてそれはエネルギーであり、病気など、特にガンなど難病にも効果があるという。現在の私はこの手のひらを体側に向けてのスワイソウを実行している。手の平を前後に向けてのスワイソウは前述の早島氏のものであり、体側に向けてのスワイソウは中国からのものらしい。特に中国の武功派のものらしい。

 私は自分なりにこれを以下のように解釈している。つまり、これはある種の「瞑想」なのだと。実際、500回も続けていると、時間にして10分かかる。10分間ただ単に腕を振るだけでは飽きてしまいがちだ。すると概ね続かなくなるものである。その為、私はこれを瞑想として捉えているのだ。実際実行してみると、ある程度時間が経過すると、何となく気持ちが良くなり、異空間に自分が突入していくような感覚に陥る。ストレートに言えば、「神との一体感」を得られるような気がするのである。懐かしいような、愛する父との会話である。本当の父親、肉体の父親ではなく、魂の父親との対話であるのだ。これは是非お勧めである。


●小食580日目 1日1食(菜食)266日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 110回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ15日目

日別画面へコメントする

01月14日(月)

起床時刻:03時49分

 就寝午後11時前頃。午前1時過ぎに一度目覚めるが出張先、しかも、本日は仕事内容のため変則的な寝所での睡眠のため、これくらいの時刻では起きようとは思わなかった。と言うか、この時点では睡眠時間2時間。まあ、最近の傾向としても、2時間くらいなら起きても良さそうであったが、ま、出張先でもあるし。大目に見たい。それでも結果的に睡眠時間は5時間弱。しっかりと寝られたという感覚はある。

 今日から3日間、自由になれる時間をいただけた。念願の九州へ旅立つべきか。あるいはしたためている理想に向かって第一歩を踏み出すべきか。自分としては、ずっと気になっている九州への旅をまずこなし、それから心身ともすっきりした状態で新しい道をスタートさせたいという思いはあるのだ。お金の問題もあるのかもしれないが、そういうことは天下の周りものである以上、どうとでもなることだ。今日は昨夜からの雨もまだ降っている模様。気温は比較的高いのかもしれないが、慣れない道で雨降り。しかし、、3日も自由な時間があるのだから、チャンスと言えばチャンスなのである。(早朝更新)


 帰宅後すぐに入浴。至福の時。心と体が芯から温まる。本当にありがたい。神に感謝。この環境を私に与えてくれた神に感謝である。しっかり仕事をして来て、同僚と語らい、仕事に精を出す。そして帰宅後暖かい風呂に入れる幸せである。これが幸せでなくて何が幸せだろう。相変わらずテンションは高い。もっともっと高くなるかもしれない。それは自分の心がけ次第である。もっともっと幸せになりたい・・・という素直な欲求は尊いものである。神とてもこれは同じである。神も私たちと同様、もっと幸せになりたいと願っているのだ。なぜなら、私が心からそう思うからである。私の中に神があるから、それが実感として分かるのである。神と我とは一体なのである。


 ネットを見ていると、時々広告欄で「カードローン」の広告を見る。以前はとても興味があった。と言うか、私も何枚か持っていて大いに利用していたものだ。しかし今はゼンゼン利用していない。と言うか、、利用できない部分もある。いっぱいになり、そして新しい法規制で出来なくなったという事もある。しかし少しだがまだ利用できるものもある。が、私は利用しない。利用しなくても生きていけるからだ。以前は生きていけなかった、と言うか、そう思い込んでいた。

 今はその当時の返済に追われている。ま、追われていると言えば、カッコ悪いが、淡々と支払い続けているというのが実感だ。しかし今は、本当に縁がなくなった。法規制が出来たころ、もう借金が出来ない自分になってしまった頃はある意味ショックもあったし、淋しい気持ちもあった。が、それは幻であったのだ。そういうものは元々ないものなのだ。

 人間は働いて得たお金をのみ使うべきである。自分が持っている現金のみ使うべきである。借金して生活したり遊興するべきではない。いや、絶対にするべきではないかも知れない。カードローンの審査に合格できたからといって、喜んだりすべきでもない。働き・・こそ、喜びであるべきだ。働く・・とは「はたを楽にする」ことである。

 なぜ人間は働く事を「苦」とおもうのだろうか。それは体が不健康な証拠である。本当に健康で、しかし、それは、病気などが一つもない・・というのが定義ではない。病気が無いくらいが健康だとは思ってはいけない。本当の健康とはそんな低レベルなものではないからだ。

 痛いところが一つもなく、動く事が喜びで、働く事が少しも苦にならない状態、動きたくてたまらないような、そんな状態が健康であるといえるのだ。仕事を通じて様々な人と交流するのも楽しいし、体を動かすのが楽しいし、何が起こっても、それを学びに変えられる態度、心持ち・・・それが健康な人なのである。そういう人であれば、自ずとお金は集まってきて、不自由はしなくなるものである。そうなればカードローンなどというものとは縁がなくなっていくものだ。カードローンの審査に神経を使うくらいなら、仕事に頭を使ったほうがどれだけ面白いし楽しい事か・・。


●小食579日目 1日1食(菜食)265日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 160回()
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ14日目

日別画面へコメントする

01月13日

起床時刻:02時32分

 就寝午後9時前頃。途中何度か目覚める。睡眠時間は5時間半。とにかく昨夜は早い時間に眠くなったので、早々に居間から退散した。なぜかは分からない。アルコールも止めたというのにだ。と言うより、逆にアルコールを止めたから、自然な形で眠くなったのだろう。途中で覚醒した時点でも起き上がって色々と仕事などやっても良かったのだが、ま、それでも、今日の起床時刻がベストだったのだろう。そうは言っても、午前2時半である。まだまだ一般の人には夜更けであるかも知れない。しかし私にとっては、既に一日は始まっているのである。

 本日は出張日である。しかし日中から夜にかけても充分に更新可能な日でもある。だから出来るだけライブ感覚で更新して行こうと考える。

 本日は地域のどんど焼きの日でもある。いつもなら参加するのだが、本日は出張で出来ない。妻に代わりを頼んでいる。正月の間我が家の玄関を飾ってくれた注連縄を処分する。そして地域の世話役の人たちが参加者にぜんざいや汁物などを振舞ってくれる。野外でのそんな食事も楽しいものであり、地域の人たちとチャンスがあれば交流できる楽しい時でもある。また、餅つきなどもあり、小ぶりではあるが、つき立ての餅も振舞われるのである。

 本日の仕事の準備も一段落済んだ。朝風呂のため浴槽の清掃も終わり、水も入れ、ボイラーに点火した。もうすぐしたら恒例の朝風呂だ。そして入浴後はこれまた恒例のぜんざいもいただこうと思っている。これらいつものルーティングは本当に気持ちの良い作業であり、私の心を豊かにしてくれ又磨いてくれているのだろうと思う。永久に永久に豊かに豊かに美しく生きて行こう。


 仕事先での更新だ。夜中の2時半に起きて一度も仮眠など取らず頑張っている。仕事も順調だ。眠気で気が緩み、注意不足…などとは縁がない。良い意味で緊張感を保ちながら集中力も充分にある。小食のおかげである。昼ごはんもおやつ程度に抑え、晩御飯も少なめで行くつもりである。徐々に食事量を落としていき、本当に身も心も軽い存在になりたい。生まれて以来、もしかしたら、今が一番体も心も健康であるかもしれない。

 さすがに空腹感はいまだある。しかし以前の空腹感・・小食生活を始めた頃の空腹感と違うところは、空腹だからと言って、フラフラな状態ではないということだ。逆に元気はあふれた状態である。お腹いっぱい食べて気だるい感覚・・などと言うこともあるが、こういうことは決してない。疲れた状態とは無縁である。ただ空腹なのである。空腹が気持ちいい・・とまではまだ行かないのかも知れないが、空腹でも体はどんどん動いていく。元気はあふれ、新しいことをしたい、挑戦したい、成長したい、という欲求がどんどん出てくるというのが現状である。

●小食578日目 1日1食(菜食)264日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 1000回(500×2)
●スクワット 200回()
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ13日目

日別画面へコメントする

01月12日

起床時刻:03時01分

 就寝午後11時過ぎ。途中48分後に目覚める。しかも夢を見ることで。わずか30分程度の睡眠で夢を見て目覚めてしまった。ナント効率の良い事か! しかし直ぐに寝られた。結果的に睡眠時間は4時間弱。理想的。しかも・・この最後の目ざめも見事に目覚めた。スパッと起床。目覚めた瞬間に、時計の時刻を見た瞬間にスパッと。鮮やかだった。
 
 しばらく晩酌をまたまた止めたい。なぜ・・。それは一日を爽やかに生きたいから。爽やかに、元気に、効率良く、濃密に、豊かに、美しく、生きたいからだ。ここ数日とにかくテンションも高いし、焼酎も大変美味しくいただけるし、言う事は無いのだが、とにかくある意味、いい意味で、私は「欲深く」なっているのだ。とにかくもっともっと健康的で、気持ち良く生きたいのだ。今も充分健康で、楽しく、気持ち良くは生きているのだが、何かもっと気持ち良くなる気がするのだ。それは「しらふ」になることで得られるような、そんな気が、直感的にするのである。だからしばらくはアルコールは止めたい。

 とにかく何回も何回も書いているが、それほど自分でも誰かに言いたいのだろうが、私は健康になっている実感大である。本当にどこにも痛みはないし、体は軽く、動くのが楽しい。疲労感も無く、気力横溢である。しかし、晩酌後は少し鈍る。と言うか、直感的にどこか恐れが感じられるのかも知れない。今のこの爽快感が失われるのではないか・・という恐れなのかも知れない。実際はまだそこまで来ていないのだが、今までの自分の体験上での直感なのかも知れない。私は自分の直感に素直に従う。

 アルコールが入ると、小食に慣らしているのに、せっかく小食でやれているのに、少し多目に食べ過ぎてしまう感じがするのである。気分が緩んでしまって、あれもこれも食べたくなってしまう。昼間、朝方はしっかり自分に節度を保ち、節制しているのだから、せめて夜くらい、良いじゃないか、自分を解放しても、良いじゃないか・・とは、思うのではあるが、でもそれ以上に今よりももっと快適に爽快に、生きたいではないか!!ただ、それだけ。私はもっと幸せに生きたいのである。



●小食577日目 1日1食(菜食)263日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 回(一気に)
●スクワット 125回()
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ12日目

日別画面へコメントする

01月11日(金)

起床時刻:01時35分

 就寝午後11時過ぎ。出張先にて。同僚と別室での就寝だったのでいつもとは違った環境のせいか、就寝後1時間くらいで一度目覚め、あまりにも早いと思えたので、再び寝る。すぐに寝られたのは良かったのだが、次に目覚めたのも同様に1時間後。トータル2時間の睡眠で起床。起き上がる前に少しは躊躇した。と言うのも、前述した通り本日は出張先。しかも、まだ午前1時半である。何が何でも・・・と思ったが、最近の私は良い意味で「狂ってる(笑)」。常識などどこかに飛んで行ったのかもしれない。自分は本当に「小市民」だと思い込んでいた自分が本当にどこかに飛んで行ったのかもしれない。私は結局睡眠時間わずか2時間、それも、合計してである。そんな睡眠で、こうやって、平気(とまでは言えないかもしれないが)でパソコンを更新しているのである。(午前2時更新)


 起きてから仮眠なしでやっている。仕事から帰宅後、おやつのぜんざいを食べ、入浴。至福のひと時。そして又更新だ。
 妻に言う。わずか2時間しか寝ていないんだよ、て言うか、今までなら確実に眠っていた時刻に私はスパッと起きる。むしろ、グズグズしているなお前、という感じで起きた。一体私はどうなったのだろう。あの以前の言い訳、グズグズはどこに行ったんだろう。とにかく起きて活動する。何かする。仮眠でも良いのだが、そうは行かない。妻は言う。「体が疲労しないの?」と。疲労しない。もちろん以前の人間界にどっぷり使っていた頃の自分だったら、暇さえあれば横になろうとしたかも知れない。今の私はチョー人間かも知れない。しかし・・・本来、人間はみんなそうだったと思う。野生の動物に病気が無く、疲れないのと同じなのだ。私が全くの普通であって、現代では普通が「超」となるのである。しかし私はまだまだ上向くような気もする。もっともっと元気になり、何か普通の人間では手に入らないような、特殊な能力さえ、身に付くような気もする。しかし何度もいうが、太古の人間にとっては、それが全くの当たり前の姿だった。

●小食576日目 1日1食(菜食)262日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 160回()
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ11日目

日別画面へコメントする

01月10日(木)

起床時刻:05時02分

就寝午後11時。途中午前0時頃に目覚めるが起きず。早すぎ。で、すぐに寝付ける。意外だったのが次に目覚めたのが本日の起床時刻。つまり5時間近く一気に眠ったということ。これは本当に私としては珍しい。こういうこともあるのだ。しかし最初の1時間程度の睡眠はほとんど、うつらうつら状態だと思っていたが、これもまた不思議なのだが、2回くらい違う夢を見たのだ。しかもその内容も個性的で面白かったような気がする。わずか1時間で2回も違う夢を楽しんだことになる。そして、その後の睡眠が5時間。しかも、今度はほとんど見た夢も覚えていない状態。これらは多分・・・昨日、2時間程度の睡眠で1日活動したことのお陰ではないかと思う。もちろん日中、夜、仮眠はしたが。

 本日は出張。更新は・・夜か明日の早朝にできるかもしれないが、チャンスがあれば出来るだけやりたいと思う。


●小食575日目 1日1食(菜食)261日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 240回()
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ8日目

日別画面へコメントする

01月09日(水)

起床時刻:01時52分

 就寝午後午前0時前頃。途中一度程度目覚める。昨夜までの数日続いたある程度の一気寝は続かなかった。と言うか、以前のようでもなく、全く新しいパターンかも知れない。とにかく目覚めれば起きるという。現時点では睡眠時間は2時間程度なのだ。こんな時間で起きるのである。以前ならもちろん眠っていただろうし、起き上がらなかった。ところが今はスッと起きる。とにかく起きてみようとしている。先ずは起きてみようとしている。後は野となれ山となれ。
 朝方、日中、夕方、とにかく1日活動中、ゆっくりした瞬間、もし眠くなればその時寝れば良いのだ。今日は拘束されていないので自由。だからこんな時間でも起きたのかもしれないし、こんな睡眠時間でも起きたのかもしれない。あー、自由というものの素晴らしさよ!

 しかし・・・はっきりした眠ったという実感が無い。うとうとが続いた。精神が高揚して最近は布団に入っても中々寝付けない。以前は自分は「のび太」みたいなもので、布団に入れば5分かからず、すぐに寝られたものだ。しかし今は毎日がテンションも高く、その余韻か何か分らないが、布団に入っても中々寝付けないようだ。ま、それならそれでどうにでもなるのかもしれない。人間は自由自在な存在なのだ。ま、しかし、寝たという実感がないと書いたが「夢」は見たようなので、寝たのは確かなのだろう。しかも、「寝た~」という実感はあるみたいだ。昨夜寝る前に感じた「一日の疲れ」的なものが取れている。(朝更新)

 今日は普段よりちょっと早く午前2時前頃に起きた。昨夜寝たのが午前0時頃だから睡眠時間はまだ2時間だろう。自分でも最近の変化に少し驚いている。それで色々と仕事・雑用・趣味などをこなし、トイレに入った。ここ数日朝方排便もあり定期的であって、本当に我ながら感心するくらいに健康になった。体の中で痛い所などどこにも無く、至って健康二重丸である。

 途中、階上から階段を降りて来る足音がする。誰だろう・・・多分トイレだろうと思った。案の上、そうであったが、トイレの戸をトントン叩いてもまだ私は済んでいない。いつもならそのまま諦めてくれるのだが、今日は違った。声は泊まりに来ている長女だ。戸越に聞けばお腹が痛いのだという。ホントに長女は体が弱く感じる。

 私は仕方なく長女にトイレを替わってやった。私はストレートに「うん○かい?」と聞いた。彼女はお腹が痛いのだと言う。私と替わった後、私は朝風呂に入った。その後風呂からも長女が何度もトイレを出たり入ったりする物音を聞いた。

 私は思うのだが、朝、トイレに行こうと目ざめ、わざわざ布団から出たのなら、もうトイレの用を済ませた後、再び寝る為に布団に入らないほうが良いと思うのだ。つまり、もう二度寝はしない方が良いのだ。

 私がせいぜい許容できる二度寝は一旦布団の中で目覚めても、すぐにそのまま寝られるような、その程度の二度寝だ。トイレとは言え、一旦温かい布団から出てまでその目的を果たすのなら、よっぽどの事であるのだから、もうそのまま用が済んだ後は起きて活動を始めるべきである。

 それを又布団の中に戻り、無理に睡眠を取ろうとするのは、これはいわゆる「惰眠」としか言えない。こんなものが体に良いはずが無い。こんなように自分を自分の体を甘やかすのはろくでもない結果を引き起こすに決まっているのだ。現代人は本当に我が身を甘やかしているように感じる。

 原発問題でも、最近起こった体罰による自殺でも(まあこれは詳しいことは分らないが)、現代人は甘えすぎている。後者の問題では、体罰をする側もされる側も又その親達、周囲の関係者等、なぜ早く自殺した彼の変化に気づかなかったのだろうか、あるいは気づいていたとしても、なぜ早い処置、適切な処理を施さなかったのだろう。これも全て「甘え」から来ている様に思えてならないのだ。

 甘え合った集団が作る「常識」は恐ろしい時もある。過保護、過干渉、取り越し苦労・・・これらが入り混じって独特の常識を、世の中のルールを作り上げていく。そしてみんながそれに対して何の疑問も無く暮らしているから怖いものがある。

 目が覚めたら、サッと起きるべきだ。例えお腹が痛いとは言え、それも全て体自身が自分の健康を守ろうとする反応である。体は常に良い方に良い方にとセットされているのだ。そういう方向性を持って動いているのに、それ自体を何か悪いもの、病気ではないかと勝手に判断する。人間は常に何でも悪い方に悪い方に考えるものだ。それを「常識」と呼んでいるのだ。

 この世にある「常識」とは五感で捉えた現象に対して悪い方に解釈した結果なのである。だからそんな闇のような感覚で作られたものに右往左往して生きているのが我々人間であり、我々は本当にそういう意味では弱い存在である。目が覚めた・・・と言うことはもう起きても良いことなのだ。それを自分の勝手な常識で判断して二度寝する。体は無視され続ける。これが健康に良い筈も無い。

 不完全な健康、不完全な体では痛みなどもあるだろう。だがそれも全てが完全な健康にしようとする体自身の作用なのである。全てをポジティブに判断して、真なる健康、完全なる健康を目指していくことが私達人間の本分である。(午前中更新)


●小食574日目 1日1食(菜食)260日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 140回()
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ8日目

日別画面へコメントする

01月08日(火)

起床時刻:02時48分

 就寝午後11時。途中覚醒なし。なぜだろう。一気に寝られた。またこういう睡眠が始まった。もちろん嬉しい。睡眠時間は3時間48分。これまた理想的。美しいとさえ言える。なぜだろう。なぜ、途中一度も目覚めることもなく、無事に寝られたのか。確かに、昨日は仕事とは言え、よく歩いた。そして適当に運動もこなした。そしてよく気も配った。仕事でである。そういうすべてが良かったのだろうか。とにかく充実していたのだ。活動自体が。


 「H2」という漫画を読んでいるが、あの「タッチ」の漫画家、あだち充さんの作品である。以前同じような内容でここでも一度書いたことがあるが、彼の作品は本当に爽やかである。そしてこれもまた書いたが、時々読者の目を引くためか、エッチな画像も入れていたりする。それとも作者が自分自身が読者にあまりにも潔癖に見られるのが嫌なのかどうか、そういうエッチな描写を作品中にちりばめたりする。本文とはほとんど関係なくである。

 それにしても、彼の作品はどれもが爽やかで、嫌みがなく、サラッとしている。しかしその中にはしっかりとした「芯」のようなものも感じられる。多分・・彼自身が相当強い信念のようなものを持っているのだろうと思う。

 主人公はおおむねスポーツをする。特によくある根性的なものとは違う。時には取り組む姿勢もあっさりしたものであり、「趣味的」であったりする。がむしゃらに甲子園を目指す野球少年ではなく、とにかく楽しくスポーツをしたい…という感覚もあったりする。が、やはり、甲子園も楽しみたいという素朴な思いもあったりする。つまり、読者、特に普通の感覚の読者の共感を得るのがうまいと思う。

 この作品を見て思うのは、そういうエッチな内容は削除され、付き合う男女はせいぜいがキス程度な肉体の接触に留まる。一緒に偶然的に「お泊り」しても、結局何も起こらない。私はそういう場面に出くわすと思わずため息が出てしまうのだ。あー、俺もあの頃、こうだったら良かったのに・・と。

 しかし実際の私はエッチが大好きであり、覚えたてのそういう行為は私の人生を狂わせ、私を溺れさせ、私の夢をことごとく壊したように感じる。もちろん私の青春時代のことである。いや、つい最近もそういう経験をしてしまった。いい歳をしたおっさんがバカなことをしたものである。が、それもこれもすべてが自分の魂や人生を磨いたものであるのだ。

 それは十分わかっているのだが、分かってはいるのだが、やはり、この作品の中に流れる「騎士の精神」とでも言おうか、分別のある正当な男性の精神はやはり素晴らしいのである。それをサラッと表現しているのだが、特に現代ではほとんど忘れられている「潔い男」の精神を感じてしまうのである。

 私の人生を振り返って、魂がだんだん汚れてきたのは、よーく考えれば、それはマスターベーションを覚えた頃からではないかとも思うのである。確かにそれは正当な人間としての正しい成長の証しかもしれない。が、やはり、私はそれは魂的にも人が間違った人生を歩き出す第一歩の一つではないかと思うのである。

 あの偉大な漫画家であった赤塚不二夫さんの講演を聞いたことがあるが、彼もまた同じようなことを言っていた覚えがある。とにかく「チンチンを握りしめ、そしてマスターベーションにふける」という行為をしてから男は堕落してのだ、というような内容であったと思う。チンチンの先っちょで考えだす頃が一番危ういのだと。もし・・・そうでなかったら、人の人生はどんなにか輝いたものになることか…とか、そういうことを述べていたと思う。

 私もまったくそれと同じものを感じる。あだち充の漫画に描かれた主人公たち・・彼らはその対極にあり、本当に爽やかである。そして私は確信しているが、そういう感覚で人生を生きていれば、本当に充実した、実りのある人生を歩めると思うのだ。一直線で自分の夢に向かって突き進むことができるのである。その道の周りにある醜悪なもの、これらすべては必要なものではなく、どんと一直線の向こうに輝く何かが見えてくるのである。ただし・・仏教の教えの中にはその周りにある醜いもの、汚物が、栄養となって、美しい蓮の花を咲かせるのだ、とも教えてくれているのだが。

 いずれにしても、チンチンの先っちょで物事を考えるのではなく、魂そのもので行動し考える者には栄光の人生が待っているのだろう。私はここ最近自分に感じる幾分爽やかな風を感じてそういう感触に浸るのである。真っ直ぐに人生に取り組めってね。神のみ心とともに・・。


●小食573日目 1日1食(菜食)259日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 180回()
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ8日目

日別画面へコメントする

01月07日(月)

起床時刻:03時23分

 就寝午前0時前後。睡眠時間は3時間と少し。1時間半単位で目覚めることなく久しぶりに一気に3時間寝られる。何か原因なのか分からないが、これは必然であり、偶然ではないと言える。必ず原因があってのこと。考えられるのは、実際は一度はもう少し早く布団に入ったのだが、仕事の事が途中気にかかり、一旦布団から出てしまい、しばらく仕事をこなす。そして再び布団へ。寝る前に少し又読書。結果的に午前0時に消灯。このくらいの時間に就寝したのが一気寝に作用したのか、はたまた、寝る前にエネルギーを搾り出したからか。後者であれば、今度からは寝る前にいつもよりは少し疲れさす程度の方が良いのかも知れない。また前者であれば、就寝時刻を12時にすれば良いのだが。私の直感では後者か・・。寝ようと思った時にもうちょっと動いてみるか、もうちょっと本など読んでみるか・・。とにかくいずれにしても、もうちょっと頑張る。あ、疲れたかな、もう寝ようかな・・と思った以上に意外にまだエネルギーに余裕があるのなら、もうちょっとね。それが良いのかな。

 本日は出張。だがどちらかと言えば、夕方以降はパソコン操作も可能となりえる。出来るだけ更新しようと思います。(早朝更新)


 世間にある常識を疑ってみよう!
私たちは多くがこの常識という「魔物」に取り付かれ喘いで生きている。がんじがらめに縛られ、束縛され、自由を奪われて生きている。
いや、俺は違うぞと勇ましい人でも必ずと言っていいほどそうなっているものである。

 若い頃は意外にそうでもないのかも知れない。それはある意味社会全体が守ってくれているからだ。本人はそういうことにはゼンゼン分かっていないが。社会は若者には鷹揚としている。「ま、いつかは彼らも分かるだろう、世の中の厳しさ・辛さが嫌でも分かるだろう」と思っているからである。

 だから少々若者が逸脱した行為をしても社会は大目に見てくれたり、許してくれたりしているのだ。本人はそれが分かっていないだけである。だからそういう甘い状態では、常識の恐さ・強さが実感として感じられない。

 だがそういうものに、社会の動向に機敏な若者達はその内何となく理解していく。あるいは、自分の父親の姿を見たりして学んでいく。あー、世の中は大変なんだ
って。私などはそれが長い事分からなくて、高校の担任から「モラトリアム」等というありがたくない名前まで付けられたこともあった。いわく、社会不適合者だということである。

 そりゃあまあ、世の中のことに疎い代表格みたいな教員から見れば私のような「甘ちゃん」はそのように受け取られるのだろう。しかしよくよく考えれば私と彼らとは全く似た存在であったかも知れないのだ。人間は自分に似た、特に欠点が似た人間を批判しがちであるから。私を批判しつつ彼は自分を裁いていたのだろう。

 私が二つも大学を経験したり休学したりした事について彼は述べたのだろう。それは全く社会の常識からは外れた行為であるからだ。しかし・・なぜ教師がこういう行為に対して社会の人たちと同じ目線で私を批判してきたのか私はいまだに分からない。いや、分かってはいるが、情けないなあと思うのだ。

 若者を育てようとする教師こそが社会の側に回ることなく、彼独特の哲学で持ってなぜ若者を指導しようとしないのであろうか。それは危険な事かも知れない。だから彼らはそういう非常識な行動は取らないのであろう。社会におもねり、社会の常識と一体となって、若者達を裁き、判別していくのである。

 これではまさに教師は若者を社会に適合させる為に存在するただのベルトコンベアーの管理技師である。こんな存在に対してどうして「尊敬」を持てというのか。教師は若者に非常識の素晴らしさ、持つ事への勇気の大切などを教える役目があるのである。

 常識に縛られて生きていけば、人は元気を失っていく。本来持っている「生気」をなくしていく。常識から自由になり、空に羽ばたく人たちこそが、元気一杯に伸び伸びとこの不合理な社会で生きていけるのである。そして、常識人たちが求めて止まない「お金」とか「地位」とか「異性の愛」に満たされるものである。
「完璧な健康」でさえである。(朝更新)



●小食572日目 1日1食(菜食)258日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 150回()
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ7日目

日別画面へコメントする

01月06日

起床時刻:01時36分

 就寝午後10時半頃。途中何度か目覚めるも起きるような時刻ではないという考えの為起きず。だが、午前1時半も本来そういう時刻ではある。しかし私は起きてしまった・・!! 実際、もう少し、あとワンクール寝よう!と思った。思ったのだが起きてしまった。まああとは何とかなるだろう・・という単純な考えで。その時チラッと思ったのは、これはもう、一刻も早く、あの・・やりたい事、本来、やらなくちゃいけない事、それを早くやらないとな・・と思ったことである。それもこれもひっくるめて・・私はここ数日まことに元気であり、意気こうけんであり、テンションが高いのである。私が長い事待った状態が今まさに訪れたのかも知れない。精神は高揚し、体調は絶好調(果たしてここまで言って良いものであろうか・・)であるのである。
 睡眠時間は3時間。


 昨日久しぶりに電話で話した父の再婚相手。まあ悪く言えば父が私と母を捨てた原因になった女性である。彼女はしきりに「お金を貸して欲しい」と言った。彼女が電話して来る時はいつも同じ内容で、お金を借りたいという事だった。とにかくお金が借りたいのである。これは一体どういう心理なのだろう。私は想像する。彼女は安心を保証されたいのである。

 今どうしても必要となるお金ではないようである。切羽詰ったわけではないのであるが、とにかく私から、あるいは誰かからお金を借りる事によって安心を得、その相手から愛情を欲しいのである。つまり早く言えば愛情不足かもしれない。

 だが私から言わせればこれは間違いであり、そういう人たちは忘れているのである。私たちは皆神の子である。親様はあの神である。いつも私たちを優しい眼差しで見守り、ずっとずっと「愛」を与え続けてくださっているのである。それを私たちはすっかり忘れているのである。忘れていて、誰か他に自分を愛してくれて安心させてくれる存在を求め続けているのである。

 そういう子どもを見る親(つまり神様である)は、本当に辛いだろうし、残念な気持ちであろう。こんなに愛しているのに、なぜ貴方は分かってくれないの・・・と神様は私たちを見てくれているのかもしれない。本当に神様に愛されようとするのなら、既に神様が私たちを充分に愛して下さっていて、見守っていて下さっていることを確信するべきである。今すぐ神の御許に飛び込むべきである。

 父の再婚相手もそうである。既に彼女は守られていて愛されているのである。その相手はちっぽけな人間なんかではなく、大いなる神なのである。それを思い出すことである。そうすれば人は誰もが幸せになり、豊かになれるのである。この世界は神のみであり、神は「愛」であり、世界は愛に満ち溢れているのである。それを思い出すことである。お金などいくら借りてもこの真実を確信しない限り、人は永遠に不安の影に怯えなければならない。神の懐に飛び込むのである。

 最近数日また晩酌を始めた。気分が緩んでいる。毎日調子が良いので、つい、気も緩むのだ。案の定食後少し仮眠。また、午前中にもしばらく仮眠。本睡眠と合わせればトータル5時間半くらいの睡眠となった。しかしそのお陰で、現時点で眠気はあまり感じられず、いつもならそろそろ眠りに付く時刻なのに・・。ま、いいか。

 ただ、この調子で再びテンションが下がれば晩酌も再考しなければならないかも分らないし、テンションが下がらなくても、やはり、考えることも必要かも知れない。しかし・・・あまりにも自分に厳しすぎると、他人にも同じように厳しくなるのが怖いような気もする。人に敬されても親しまなければダメだと思うからである。

●小食571日目 1日1食(菜食)257日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 100回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ6日目

日別画面へコメントする

01月05日

起床時刻:03時59分

 就寝午後11時。途中何度か目覚める。最後は確か午前2時頃だったような気もするが、その都度すぐに眠れた。こういう場合は二度寝も良しとしたい。とにかく昨日は3時間未満の睡眠で(下手すれば1時間半程度かも)ほとんど仮眠なしで仕事場で過ごしたおかげで、ぐっすり眠れたものと思われる。一度目覚めたらもうなかなか次に眠られなかったからそのまま起きてしまったのである。しかし昨夜は前述したように、何度も目覚めたがその都度すぐに眠りに入ったのである。こういう時はそのまま、ありのままで行きましょう♪
 現在仕事先にて更新中である。

 朝、出張より帰宅。途中仕事の発送作業で郵便局など寄る。帰宅後テレビなど見るがすぐに車で近所のスーパー銭湯に行く。2時間近く過ごす。サウナ、水風呂でゆっくり過ごす。珍しいものに「椿湯」といものがあり、椿の花の色がお湯に出ていて初めはワイン風呂かなと思った。露天風呂の洗い場でいつもの日課、スクワット・腕立て伏せなどをこなす。帰りにファミレスに寄りクーポンでドリンクバーとピザを楽しむ。私の昼ご飯的なおやつでもある。

 帰宅後妻が不在。コインランドリーで洗おうと思っていた仕事先の寝具をやはり自宅で洗濯する。休む暇も無く、嵐で汚れていた車の洗浄もする。体がどんどん動く。健康度は確実にアップしている。午前4時前に起床して一度の仮眠も無く、働き尽くめである。

 私が小学校の頃に浮気して相手の女性と家を出て行った父親の相手の女性と久しぶりに長い電話をした。正月ならではある。彼女ももういい歳なのであるが、この世のルールの中で、常識の中で、どっぷりと浸かり、頭のみで生きている。計算、打算、物欲。。。ある意味気の毒ではあるが、毎日気持ち良く生きよう、テンション高く生きよう、と決意している私とはいささか言う事も食い違う。

 しかし結局愛の力には人間は勝てない。神の前では人は全くの無力である。だから私といくら討論しても彼女は私には勝てない。と言うか、私は勝とうなどとは思っていないが、彼女のこの世的な考えには屈することは決して出来ないのである。人は「愛」のみに生きる存在である。逆に言えば、愛さえあれば、何も問題は無いのである。愛の前には無敵である。愛は全てを癒し、愛は全てを包む。愛が全てなのである。

●小食570日目 1日1食(菜食)256日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 120回()
●腕立て伏せ 150回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ5日目

日別画面へコメントする

01月04日(金)

起床時刻:02時56分

 就寝午前0時過ぎ。途中午前1時過ぎに一度目覚める。しかし睡眠時間は結果的に現時点では3時間にも満たない。よっぽどもう少し寝ようと目を瞑ってみたが、何となく興奮(少し大げさな表現かも)して寝られず。ま、今日一日、実験・・ということで、このまま起きてみようと決意し、布団から抜け出た次第。正確に考えれば、1時間半くらいの睡眠時間かもわからない。ま、でも、こういう事もあるのだ、ということ。実験、実験。と言うか・・今日は出張なのだが・・。同僚との仕事。ま、でも、いつもの仕事よりは、まだまだ正月だという事で、現場ものんびりはしているので。

 健康度はちょっとアップしているかも知れない。何となくそう感じる。体調が良いのかもしれない。まあ、何となくだが、まあ、半信半疑であるが。スクワットでも少し回数も増えたし。と言うか、したくなるのである。一日200回くらいでも良いかな・・・なんて思ったりする。相当脚力も強くなっているのではないか。相変わらず全体的にもガリガリ状態は変わらずではあるが、つまり、痩せているのだが、体の体幹、全体的な体力、地力、芯、これらは強くなっていると感じる。昨日は寒気が私の街にも襲い、寒かったと思う。天気予報も最高気温が5度くらいだと言っていたが、それなら本来、今までだったら、とても寒がっていた私だったが、昨日は用事があるたび、外に出たりしたら、とても気持ちが良かったのだ。ひんやりとした外気が心地よかった。これは凄いことなのかも知れない。


●小食569日目 1日1食(菜食)255日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 210回()
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            10回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月03日(木)

起床時刻:03時07分

 就寝午後10時半頃。途中一度程度は目覚めるも、よく寝られた。睡眠時間は4時間半。目覚めから起床まですんなり出来た。こういう日は調子が良いものである。天気の予報では今日は厳しい寒気のはずだが、寒いはずだが、それほどでもない。もしかしたら寒さに強くなっているのかも知れない。

 元日に義理のお母さんに電話で年始の挨拶をした。妻のお母さんである。私と血液型も同じで、若い頃は色々あったが、今ではとても仲良くつき合わせてもらっている。若い頃はとても嫌いな時期もあったり、よく喧嘩したものだ。まあ、仲が良いほど喧嘩する・・とよく言われるが、それもまた真理かも知れない。

 私の母は65歳で亡くなった。私がまだ30前の頃だった。だからもう随分前の事だ。それからはこの義理の母が私の母である。私は彼女とは血がつながってはいないが、彼女が大好きであり、愛している。だから元日にもその事をストレートに彼女に伝えた。もし、彼女と私の間が義理の母子の関係でなければ、「愛している」という言葉は独特なものだろう。

 私がこの言葉を彼女に伝えたら義母はただひたすらに「ありがとう」と何度も繰り返し、そして「そういう事を言ってくれる人は○○さんしかいない」と言ってくれた。私は思わず涙した。涙の理由はその時は分からなかったが、何故か、嗚咽に近いものであった。涙が心の奥から溢れ出したという表現が一番適切だろう。

 現在義母は長男家族と同居しているが、長男家族はある旅館を家族経営していて、仕事の都合で時々全員が家を空けるときがある。たまたま元日もそういう時であって、義母はただ一人その家にいたものであった。私は年寄りが一人で広い家で過ごし、もしかしたら淋しい正月を過ごしているのかも知れないという想像をしたのかも知れないが、それもあって、私は彼女の身の内が気の毒にも感じ、それもあって、涙したのかも知れなかった。

 とにかく私は彼女との電話の後、嗚咽に近いものが口から飛び出してきて、自分でも思いもかけなかった哀しさが体中を包んだような感触を感じた。しかしそれは又逆に感動のようなものであったのかも知れない。思いもかけず、彼女に愛を告白(?)し、「母が生きている時は母を愛していたが、今ではその母同様、僕はお母さんを愛している」と言った時、私はある種の感動を感じたのかもしれなかった。

 義母は現在85歳で、高齢者である。近い将来介護が必要となるのかも知れない。私はきれいごとを言うつもりは無いが、もしその日が来れば、喜んでその介護も辞さないと思える。多分、私のポジションではその必要もないのであろうが、もし・・・誰もそれを嫌がったり、苦に感じるようなことであれば、私は喜んで義母の介護をさせてもらいたいとまで思っている。人間の本質は「生命」である。だから、それは生まれたばかりの赤ん坊でも醜く老いさらばれた老人でも全く同じものでもある。それならば乳児を世話する事が喜びであり、嬉しいものであるならば、老人の世話をする事も全く同じ事であるはずなのだ。介護は決して苦でもなく、厄介なものでもなく、それは喜びであり、介護する者に幸せを感じさせてくれるものであるべきものなのである。


 私は最近人を良い方にしか言わない。もちろん相手に直接である。特に自分より年上の人を相手にである。元日の話であるが、姉宅で新年会があったが、その場でも私は姉と兄にそういう感じで接し続けた。特に姉に対して兄弟という関係以上に褒め続けた。私の視線のまっすぐ先に彼女の笑顔があふれた。ずっと。そういう事は今までにあまり無かった。兄にも同様だった。私は日本人の年長のものに対する尊敬の姿勢を尊ぶ。それは世界に誇れる美徳であると信じる。それはもちろん身分や肩書きを外したものである。義母に対した時もやはり同様なものだったのだろう。「自分がやってもらいたい事を相手にしてあげなさい」というのが人生のゴールデンルール(黄金律)と言われるが、まさにそれである。

 そういうことをすれば必ず相手からも好意的なものを与えられる。姉も兄も私を褒めてくれ擁護してくれた。しかし私はそれ以上に彼らをずっと称え続けたものだった。(早朝更新)


 寒さに強くなる為には少食にすることである。しかし生まれながらに強い人もいるかも知れない。遺伝や生まれた国の影響もあるだろう。だがこの日本で生まれ、四季に囲まれ、そして一般的な体質で生まれてきて、そして歳を取って、そういう人が寒さに強くなる為には少食にすることである。

 少なく食べれば消化に必要なエネルギーは自然治癒力に加味される。治癒力が増大する。寒さにも対応できる。肉体が頑健になれば、精神を守り支えてくれるようになる。外気の寒さ・暑さから守ってくれるようになる。聞けば中国北東部の人たちは冬になり自然に出来た湖のアイススケート場で滑る時にも、首などにもマフラーなど巻かず、簡易な衣服のみで滑るのを楽しむそうである。もちろん日中でさえ零下何度の世界である。

 人間の肉体は本来こういうものである。自然と共生し、自然を充分楽しむように出来ている。現代人は物が溢れ、豊かになりすぎ、食べる以上の物を食べるから虚弱になっているのである。食べる事を慎み、自分を甘やかす事をしなくなれば、人間の無限の力が自然と出てくるのである。(午前更新)


 テレビでネバーエンディングストーリーをやっていたが、その中で沼地に愛馬が沈んでいくシーンで、少年がその愛馬に向かって「悲しみと戦うんだ」と励ましていたが、それは間違いである。
 悲しみと戦ってはならないと思う。そうではなくて、悲しみの反対の概念、つまり、喜びと戯れるのだ。喜びを感じればいいのだ。悲しみは実存しないものである。実存しないもの、存在しないものと戦っても無駄である。悲しみは幻なのだ。無いのである。無いものと戦っても無意味である。しかし、喜びは実存し存在するものである。この世界にあるのは「喜び」のみであり、喜びは神そのものである。だから喜びは神であるから実存するのである。悲しみは神の想念ではないものであるから、神の領域に無いものであるから、この世には無いものである。そんなものと戦っても意味の無いことである。喜びを感じれば神の世界に入ることが出来、沼地に沈むような、神の世界とは縁の無いような状況とは無縁となるのである。愛馬は瞬間的に救われるのである。

●小食568日目 1日1食(菜食)254日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 150回(一気に)
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            10回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月02日(水)

起床時刻:03時05分

 就寝午前0時過ぎ。途中何度か目覚める。その都度起きようかなとも思ったが、「テンションアップ」への欲望は少なくなっていると感じた。その為無理はしない。為すがまま・・。良い意味でね。午前3時5分、部屋の電気ストーブを付け、そのまましばらく横になったまま本を読むことにした。まだ正月3が日。ゆっくりしても良いかも。そして現時点(午前4時前)に起き出して机の前に座り、更新。後しばらくしたら朝風呂にでも入ろうかな。睡眠時間は3時間。

 ただ今午前6時前。入浴後に更新中。朝風呂はとにかく無茶苦茶気持ちが良い。元日に配られた新聞に挟まれたチラシを読む。起床してから3時間が経つ。もちろん本も読む。「ほとんど食べずに生きる人」だ。もう何回読んだだろう。この人に習って色々と試した事もあったが、今では私なりにアレンジして私の個性で継続中である。もちろん一般サラリーマンの人が更新しているブログも大いに参考になった。習うより慣れろである。曲がりなりにも私なりの少食・微食を取り組み中である。

 現在の私の食事風景は、先ず基本一日に一度メインの食事を食べる。カロリーにすればわずかなものであるが。外食の場合もある。自宅では主にお好み焼である。野菜だけである。肉や魚は食べない。外食では魚はいただくこともある。他は、おやつ程度。チョコを食べたり、饅頭をいただいたり。口淋しい時食べたりする事もあるが、今ではなるべく自制している。おやつの中心は手作りの「ぜんざい」。餅を入れている。私は小豆が好きなのである。しかしアンパンのような大きなものは食べない。下手をすればこの大きさでは主食になる勢いであるから。とにかく現在はそんな感じだが、今から徐々にもっと減らして行って、つまり、メインの食事をおやつ程度に持って行き、一日におやつのみの構成とすれば、微食への道につながるのではないかと考えているのである。

 なぜ私が今こういう事に取り組んでいるのかと言えば、一言で言えば、内臓を大切に扱いたいからである。消化というプロセス、作業は大変な仕事である。全く違うものに変えてしまうのであるからだ。そういう大きな仕事には必然それなりのエネルギーが必要だ。内臓は大いに疲れる。現代人はこの感覚がボケていると思う。つまり、内臓が鈍感になっているのである。しかしよく考えていただきたい。たっぷり食べた後、すぐに動けますか? 疲れたり、だるくなる事もあるでしょう。これが良い証拠です。空腹は内臓を休めさせ、逆に強くしている。だから少食の人は少々賞味期限が切れているものを食べても中毒などならない。よく中毒になって病院に運ばれているのは普段から良く食べている人たちである。体の中がきれいになれば、「気」が通り易くなり、元気が溢れ、活力も増すのである。

●小食567日目 1日1食(菜食)253日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 回(一気に)
●スクワット 回(一気に)
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする

01月01日(火)

起床時刻:02時51分

 就寝午後10時。途中1時間半後にやはり目覚める。まだ新年は明けていない。で、意識もはっきりしていたから起きようかなとも思ったが、そのまま眠ってしまっていた。その後一度くらい目覚める。午前1時ころか。本日の睡眠時間、4時間半くらい。
新年明けましておめでとうございます。今年も引き続き頑張ろう。

 今日は珍しくテンションアップ。嬉しい。と言うのも、恒例の兄妹が集まる新年会があるからだ。若い頃はこういう親戚縁者が集まるものは避けていた。出るのが嫌だった。良い所も悪い所も全て知っている、どちらかと言えば、悪いところばかりが目に付いていた親戚達の輪の中に入るのが嫌だった。と言うか、自分のことを否定し、馬鹿にし、舐め切っていた親戚たちは好きではなかったのかもしれない。

 そしてやはり妙に照れる。本当の自分の姿を知られているので全く別人になりきれず、演じられない戸惑いは我慢できなかったのかも知れない。結婚しても私は親戚の集まりには抵抗があった。そして反対に彼らの方もそんな私をもしかしたら避けていたのかも知れない。人間と言うものは、まさに、合わせ鏡である。

 私は末っ子である。しかも兄弟は全部で5人である。昔の家庭は多産である。5人なら少ない方かも知れない。今からの日本もこういう点は昔に戻るべきてある。と思う。
 そして上の兄弟達は私よりもはるかに年上である。だから私は小さい頃から馬鹿にされてきた。舐められてきた。しかし馬鹿にされるにしてもなめられるにしても、やはり己が悪いのである。己がちゃんとしていたら、そういう目には会わないのである。私は馬鹿にされる要因を持っていたのである。今ならそう言える。

 そんな会合には絶対出たくなかったのである。かたや友だちは私にとってファン的存在の者もいたりした。だから私は積極的に友達と会いもした。要は、私は小者であり、弱かったのである。自分を褒めてくれ認めてくれるものにしか近づかなかったのである。

 しかし今は全く反対になってしまった。しかも、段々これも又卒業しつつあるのである。私を認めてくれない者にはあえて近づき自分を認めさせてやろうという野心さえ持つようになった。だが、今は、それさえも、卒業しつつある。

 そういう中で、今日もまた、兄弟達との集まりに出かける。昨年暮れには私が初めて幹事を務め忘年会まで外の会場で開いた。兄弟は喜んでくれ、親戚にも好評だった。だから、今、私は卒業しつつあるのである。

●小食566日目 1日1食(菜食)252日目(12年4月24日~) 
●体重 ・・・スタート時61キロ(11年6月初旬)
●スワイソウ 500回(一気に)
●スクワット 回(一気に)
●腕立て伏せ 回(高速腕立て。5本指立て伏含む 一気に)
            回(2本指)×3セット
  ※スワイソウ・スクワット・腕立て等は2012年6月16日からスタート
   朝・晩にそれぞれ2回実施(文中×2)
●歩数 歩   
●テンションアップ日目

日別画面へコメントする