201403 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:00 平均起床時刻:04:39

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

03月31日(月)

起床時刻:05時15分

就寝午後10時過ぎ。出張先。警報発報で午前0時過ぎに起床。そして仕事をし、直ぐに寝る。そして本日の起床時刻。睡眠時間は6時間半くらい。

●スワイソウ 回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ84日目
●1日1食 315日目

日別画面へコメントする

03月30日

起床時刻:04時39分

 就寝午後11時半前頃。そしてその1時間後に目覚めるが直ぐに寝る。午前3時半頃にも一度目覚めるが又直ぐに寝る。睡眠時間は5時間くらい。本日は出張日で、直ぐに起床。

●スワイソウ 回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ83日目
●1日1食 314日目

日別画面へコメントする

03月29日

起床時刻:03時41分

 就寝午後9時前頃。途中何度か目覚めを繰り返す。睡眠時間は7時間弱。腰の痛みは依然としてまだある。食の量をまだ減らせばいいのかも知れない。あるいはもう少し睡眠時間を少なくした方が良いのかも知れない。とにかく腰についても言えるのだがホントに痛みなど珍しい。しばらくの間そういうものはなかったからだ。あるいは、スクワットをもう少し控えた方が良いのかも知れないが、ここはちょっと踏ん張って、弱気になる事無く、続けたいと思う。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ82日目
●1日1食 313日目

日別画面へコメントする

03月28日(金)

起床時刻:02時15分 05時20分

 就寝午後11時。出張先。深夜午前2時15分部屋の警報が発報。直ぐに身支度を整え現場に急行。40分程度の作業で終了し再び寝る。しかしさすがに軽い興奮、緊張の為か中々寝つけなかった。多分…15分くらいは起きていたかも知れない。その内寝る。睡眠時間はトータルで5時間半くらいか。本日は朝帰宅後再び又同職場の研修講義に参加。午後3時まで。また本日は新しく自分でスタートする仕事の広告がチラシに載る。記念すべき日である。長い間念願としていた新しい仕事だ。

●スワイソウ 回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ81日目
●1日1食 312日目

日別画面へコメントする

03月27日(木)

起床時刻:04時23分

 就寝午後8時半頃。途中いつものように何度か目覚めるが構わず寝る。しばらくそのままであったりしても時期寝られる。後半、グッとある程度の時間寝るようだ。まさに起床時刻直前まで。睡眠時間は8時間弱。全くよく寝る。寝ようと思えば私のように中高年でも寝られるものなのだ。ただ寝すぎかも知れないと思うのは腰が痛いという点。何故だろうと思っていたが、今朝直感的に感じた。やはり何事も程ほど。体が自分に適切なものを教えてくれる。心にも体にも丁度自分に良い適切な睡眠時間や方法を教えてくれるのかもしれない。

●スワイソウ 回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ80日目
●1日1食 311日目

日別画面へコメントする

03月26日(水)

起床時刻:02時57分

 就寝午後8時半頃。最初の目覚めは午後10時半頃。つまりまだ日は明けていない。睡眠時間も2時間。しかし直ぐに寝られる。問題なし。そして本日の起床時刻。時刻が時刻なのでもう少し寝ようとも思った。睡眠時間も6時間である。もうちょっとと。しかししばらく様子を見ていてもこれ以上は無駄かも・・と思えたので思い切って起きる。昨日とほぼ同じ睡眠時間の6時間である。今の自分にとって最適な時間はこの程度かも知れない。それにしても、良い感じの起床時刻である。面白いテレビ番組の誘惑を押し切って寝るのは最初は辛いものであるが、今までもこういうことは多かったし、自分はそういう辛いことがどこか好きな所がある。

●スワイソウ 回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ79日目
●1日1食 310日目

日別画面へコメントする

03月25日(火)

起床時刻:04時44分

 就寝午後11時。出張先。最初の目覚めは午前2時過ぎ頃。この時起きていれば睡眠時間は3時間。起きても良いのかも知れないが、今は睡眠を長くとる実験中。仕事先でももちろんそれを適用する。ギリギリまで寝る。布団から出たのは午前5時過ぎ。相方は早くから覚めていたようだが私の起床とともに起き上がってくれる。トータル睡眠時間は6時間。仕事先ではこのくらいで良い。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ78日目
●1日1食 309日目

日別画面へコメントする

03月24日(月)

起床時刻:04時12分

 就寝午後8時半頃。最初の目覚めは午前1時過ぎ。この時点で起きるつもりだった。しかも珍しくトイレにも行きたくなり、先ずはもう起きようと思ったが睡眠時間は5時間。目標は6時間。あと1時間は寝ようと思いつつ又布団に入る。色々実験である。で、いつのまにかタップリと3時間眠ってしまった。トータル8時間弱の睡眠。意外に寝ようと思えば寝られるものなのだ。年齢を重ねれればもう寝られなくなる・・とよく言われるが、もしかしたらそれもまた常識に縛られた思い込みかも知れない。人間は生まれてから死ぬまで何ら変わることのないものかも知れない。自宅にいる時は早い時刻に寝てしっかりと寝る。当面はこれを目標にしたい。

●スワイソウ 回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ77日目
●1日1食 308日目

日別画面へコメントする

03月23日

起床時刻:07時05分

 就寝午後11時半頃。最初の目覚めは午前3時台。後は記憶に無い。気分はすっかりリラックスし休日モードに。こんな事はここ最近滅多に無かった。このような気分は中々自分としては珍しい。全く良い意味で肩の力が抜け落ちまったりとした気分である。これでいいのかも知れない。脱力・・その中からホントのパワーを出す。これが今の私の作戦かも。しっかりした咀嚼。それだけを確実に守り自分だけのルールとして厳守。少食。免疫学世界的権威の安保徹博士は徐々に食べる量を減らして行き晩年頃には水だけで生きていけるほどの体を作りたいなどと、冗談とも本気とも付かないような事をその著書の中で述べていたものだ。


●スワイソウ 回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ76日目
●1日1食 307日目

日別画面へコメントする

03月22日

起床時刻:04時15分

 就寝午後10時過ぎ。最初の目覚めは午前0時半頃。次は午前3時半頃、そして本日の起床時刻。睡眠時間は6時間。仕事先にて警報音によって起こされる。さすがにパッと起きれず。しかし日頃の早起きの鍛錬のせいか、エンジン始動は早いのだ。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ75日目
●1日1食 306日目

日別画面へコメントする

03月21日(金)

起床時刻:05時03分

 就寝午後11時半頃。最初の目覚めは午前3時半頃。そして本日の起床時刻となる。睡眠時間は5時間半。まあまあである。最初の目覚めで起きても良かったのだが、睡眠時間も4時間。が、本日は出張日、ある程度睡眠を取った状態で仕事に臨みたいと思ったのかも知れない。咄嗟にね。それで直ぐに寝られるのだから、この流れも今の私の熟睡パターンなのだろう。よく寝たぁぁという感覚は相変わらずあるのである。

●スワイソウ 400回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ74日目
●1日1食 305日目

日別画面へコメントする

03月20日(木)

起床時刻:05時15分

 就寝午後11時過ぎ。最初の目覚めは午前1時過ぎ。これがいつものパターンである。そして本日の起床時刻となる。二回目の睡眠では4時間程度の睡眠を一気に取れた。2時間の睡眠と4時間の睡眠。合計6時間の睡眠を得た。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ73日目
●1日1食 304日目

日別画面へコメントする

03月19日(水)

起床時刻:04時38分

 就寝午後11時。最初の目覚めは午前3時台だったと思う。あるいは、もしかしたら、午前1時台に一度目覚めたのかも知れないが、今となっては定かではない。が、多分・・一気に4時間くらいの睡眠がいただけたのかも知れない。そうであれば良いことだ。結局睡眠時間は5時間半少し。良く寝た。たとえ午前1時台に目覚めたとしても、今では私の感覚としては、それ悪い方にとらえるような、そんなレベルでは既に無くなっていて、私の今の感覚は、常態として、良い方に良い方に強制的にも考えられるようになっている。心と体が強制的にしかもそれが自然に前向きにポジティブに考えられるようになっているのである。午前1時に目覚めても、私はそれを寝不足だとか、夜中に目が覚めて困るだとかの「悩み」としてとらえるのではなく、ありのまま、そのままとしてとらえていて、それもこれもひっくるめての、「熟睡」としてとらえられる。以前の私であれば考えられないことである。「常識」に縛られ、誰か「偉い」人が言ったことに縛られ、とにかく自分以外の人や学説に縛られた自分がいたのである。今はほぼ自分の中の声に信頼を寄せているのである。自分が一番信じられるのである。これもやはり小食のなせる技なのかも知れない。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ72日目
●1日1食 303日目

日別画面へコメントする

03月18日(火)

起床時刻:04時38分

 就寝午後11時前。最初の目覚めは午前1時半頃。意識はわりあいあった。この時点では睡眠は2時間半。もちろん又寝る。そして次の目覚めは本日の起床時刻。つまり二度目の睡眠は一気に3時間いただけたということ。よく寝た。トータルで5時間半の睡眠。良い感じ。気温も随分暖かくなった。今までなら起きた後一枚上着を羽織ったものだが今は必要ない。暖房はつける。本日は出張日。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ71日目
●1日1食 302日目

日別画面へコメントする

03月17日(月)

起床時刻:04時57分

 就寝午後11時半頃。昨日も遅くまでテレビを見てしまった。木村拓也の宮本武蔵。あらすじは知っているのだから見なくても良いのだが、見てみれば不思議に最後まで見てしまった。と言うか、旅先でもあり、高揚感も手伝ってか、不思議に眠気が起こらず、鑑賞後も中々寝付けず困ってしまった。こういうこともあるものだ。私はいつでもどこでも直ぐに寝られ熟睡するものだと思っていたのだか。久しぶりに妻と娘と3人で食事をし、と言うか、娘がまだ嫁ぐ前で自宅で暮らす頃そんな事は多くあった当たり前の風景だったのが、昨日の夜、宿舎のレストランでの団欒、本当に意義深く楽しく何か初めて娘と打ち解けてリラックスして楽しいひと時が過ごせたような気がしたものだ。今ふと思ったのは、これは娘が確実に年齢を重ね、大人になり、私たち夫婦と同格になりつつある証かも知れないし、私たち夫婦ももちろん歳を取り、良い意味で本来の自己に帰りつつあるのだろうと推測する。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ70日目
●1日1食 301日目

日別画面へコメントする

03月16日

起床時刻:05時48分

 就寝午後11時半過ぎ。最初の目覚めは午前3時半過ぎ。この時点での睡眠時間は4時間。一気に寝られた。今日はそういう日だったのだ。きっと。そしてその後1時間単位くらいで目覚めを繰り返した。いずれの睡眠も深い眠りだったと思う。結局睡眠時間は6時間。今日は久しぶりの旅。一日しっかり活動する為には充分な睡眠だと思う。次女の住む街に旅立つ。夫婦で人気のホテルに泊まる。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ69日目
●1日1食 300日目

日別画面へコメントする

03月15日

起床時刻:03時40分

 就寝午後10時半頃。最初の目覚めは午前0時半頃か。それから大体1時間単位で目覚めを繰り返し、その都度直ぐに寝られる。前日の過ごし方もあって、こういう眠りもあるのかも知れない。理想的な眠り方というものは、もしかしたら無くて、前日の過ごし方や当日の微妙な精神状況などが作用して作られるのかもしれない。一日一日それは違っていて、しかしそれは又それぞれが熟睡であるかも知れない。熟睡というものも一定の形など無くて、個性があり、内容も様々で、しかしそれぞれがやはり熟睡なのかも知れない。今日のように、1時間単位で目覚めを繰り返しても、その個の単位の中でも、充分に深く充分に眠っているのかも知れない。凝縮された睡眠ということだ。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ68日目
●1日1食 299日目

日別画面へコメントする

03月14日(金)

起床時刻:04時58分

 就寝午後11時。出張先。最初の目覚めは午前0時過ぎ。そして次はナント地震の揺れによって目覚めた。四国沖が震源地であると携帯メールの中に書いてあったが、相当大きいのではないかと予想した。長い間横揺れが続いたようだ。まだ今の時点ではテレビなどで詳しいことは見ていないから分からないが、この後見ようと思う。睡眠時間は6時間弱。


 昨日の記事に関していくらかのコメントが入っていたのだが、まとめて答えたいと思います。英霊を祭る神社参拝に総理大臣は適さないという事だったが、その理由として靖国神社の戦犯合祀があるとのことだった。戦犯のような者と純粋に国のために死んでいった英霊を同じ神社に祭っているから悪いということなのだろうが、確かにその点ではあのガチガチの右翼として知られている(ご本人はどう思っているかは分からないが・・)石原慎太郎さんでさえ、その点は指摘してるようだ。彼の著書にそう書いてあるのを見つけたことがある。

 だから、そういう戦犯と真の英霊とは別にして、いわゆる区分けして、別々の施設に祭り、総理大臣としては、真の英霊が祭られている施設にのみ参拝するのなら許されるのだろうが、しかし、それはあくまでも、日本以外の国、特に、日本によって侵略などされたと主張する国々が言うのなら分かるのだが、日本自身が言うのは、それはある意味、コスモポリタン的で、客観的な意見なのだろうが、しかし、私は石原慎太郎さんでさえ思うことでも、私は少しギモンに感じるのである。

 そうすると、私は石原さん以上にガチガチのコッテコテの「右翼」ということになるのだろうが、私から言わせれば、そういう感覚は全く当たり前であり、普通に日本に生まれて育ち生きていれば感じる感覚なのだと自信を持って言えるのである。この国に生まれ育ち、そして普通に生きていれば、例え、戦犯と呼ばれる彼らが「悪者」だとしても、同じ日本人ではないか。悪者は悪者専用の施設に祭り、英霊は良い施設に祭る・・・。これはもしかしたら、西洋的な、理論のみで、合理的で理屈のみで判断する方法ではないだろうかと思うのだ。

 私のブログにコメントで「靖国神社の戦犯合祀が問題」と書いていた人がいたが、この人はやはり当然日本人なのだろうが、しかしコメント自体を見ればまるで異国人の感じを受けてしまう。つまり、日本の外から祖国を見て、外国人と同じ視線で見ている感じを受けるのだ。私が昨日のブログで書いたように、日本人はかの大戦で敗れて以来、自分の事を被虐し、自分のことを良いようにとらえる事に不慣れな国民になってしまっているのかも知れない。確かに、彼らが言うように、戦犯は悪者であり、祭ってはいけない存在なのかも知れないが、だからと言って、我々を批判し続ける立場の異国と同じ立場で良いのだろうか。

 しかも、戦犯・・と言っても、あの裁判でさえ、戦勝国が主催したものである。それでは勝った方に全ての正義、大義があったのだろうか。多くの日本人、それは一般人であったが、それを大量に虐殺した形になった爆弾、あるいは、約束を破り、いきなり戦争に参加して進行してきた国に正義はあったと言えるのか。本当に、平和の為の戦争というものはあるのだろうか。私には、ブログにコメントしてきた人たちのように明確な答えはいまだに分からないのである。

 確かに当時の日本には、軍部などのトップにはいわゆる我欲に固まった「悪」もいたのかも知れないが、本当に日本のことを思い、アジアのことを、アジアの発展と自立を願っていたリーダーもいたはずである。誰が悪で誰が善かと言われれば、今の私にはまだはっきりとした検証は無いのである。だから、純粋に、かの戦争で亡くなった多くの人たちが祭られている神社を現在のトップである総理大臣が参拝することには全くの当たり前なことであり、「感謝」という人間の持つ最高の美徳の表れだと思うのである。


●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ67日目
●1日1食 298日目

日別画面へコメントする

03月13日(木)

起床時刻:05時16分

 就寝午後11時少し過ぎ。途中覚醒の記憶無し。珍しい。一気に寝た。しかも睡眠時間は6時間以上。これほどの長い時間を一気に寝たというのは、ここ数年無かったことではないだろうか。数年どころか、十数年、かも知れない。不思議。というか、これが本来の一般的な感覚なのだろうか。逆に一定で安定的な睡眠というものが幻想なのかも知れない。



 土曜日にゲオで借りたDVDで北朝鮮出身のテロリストがホワイトハウスを占拠して多くの職員、警備などを殺害し、混乱の中、一人の元大統領警護員・SPの活躍を描いたものを見たが、2時間、あっという間の見ごたえのある映画だった。結局、彼の活躍でテロリストは壊滅、無事大統領は保護されるのであるが、最後のシーンで大統領が国民に向けたメッセージでいつものごとしアメリカ映画のこの手のものでは必ず「正義」とか「勇気」などという言葉を発し、国旗の元に国民全員の心を集めよう、などという事を高らかに歌い上げたりする。これは日本では何となく馴染みないし、照れるような気がするのは私だけの感想ではないだろうと思う。

 他に、神とか、愛とかという言葉を何の臆面も無く、平気で声高に発するのは本当に私たち日本では先ず無いことである。そんな事を言えば、あるいは、それに近いことでも言おうものなら、直ぐに「右翼」だとレッテルを貼られてしまうのだ。しかし本来は、そんなことぐらいは本当ならば全くの当たり前の感覚であり、常識的なことなのであるが。

 しかし日本では唯物主義がはびこっているのか、右も左もないのか、バランス感覚が狂っているのか、その辺のところが非常にあいまいである。自分達をあるいはその先祖を過去守ってくれた英霊の眠る神社を、その国を代表する首相が参拝するのを拒絶するのが大勢の国民である。近隣の国に対して遠慮して参らなければ許してもらえず、顔色を伺いながら、参らなければならない国なのだ。参るのはまだ良い方で、一切参らなかった総理大臣もいるような国なのである。ましてや、それを批難する国の味方になって一緒に糾弾するような国なのだ。

 そんな国において、上記のような映画が生まれるわけが無い。我々は一生、アメリカ国民のような、この手の映画を見て、スッキリした気分を味わうような事はないのであろう。ナント、寂しいことではないだろうか。もしそれを期待すれば、それは右翼・・と呼ばれてしまうのである。一体全体日本はどうなっているのだろう。

 私が思うに、もし・・仮に、第二次世界大戦が勝利に終わったとして、そのまま私たち日本人が懺悔もせず、反省もせず、そのままスッと何事も無く、今の時代になったとしたら、今のような状況になっただろうか。たぶん、もしかしたら、まるっきり同じではないかも知れないが、今のアメリカ国民のように、かの映画を見て、愛とか正義などという言葉を聞いて拍手喝采をそれに贈ったかも知れない。何のてらいも無く・・である。

 英霊の眠る神社にも当たり前のように参拝し、もちろん諸外国に対しても遠慮などすることは無い。それは全くの日常的な風景だろうと推察する。信仰でも、神とか魂とかというものに対しても、当たり前のようにどこでもどんな場所でも機会でも、私たちは平気でそれらを表現していくのだろうと思う。しかし、たった一度の敗戦でそれは全て終わってしまったのだ。世界中、どこを探してもそんな国はないし、国民はいないのではないか・・・。私たちはもう一度冷静になって歴史を見、考え、そして正しく判断しなければならないのかも知れない。私はこの映画を鑑賞して、そして最後になって、そんな感傷に浸ってしまったのだ。

 しかし、なんと言っても、私たちは先の大戦で見事に負けてしまったのだ。それは必然であり、結果的には、あるいは、私たちにとっても良かったことだったのかも知れない。だが、それはそれとして、負ければ全てを拒否しマイナスととらえる必要も無いのではと思う。反省は必要なのだとは思うが、全てを否定することは無いのである。もう一度よおく検証してみてもいいのである。.


●スワイソウ 400回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ66日目
●1日1食 297日目

日別画面へコメントする

03月12日(水)

起床時刻:01時07分

 就寝午後10時直前頃。途中覚醒はあったような気もする。が、一気に寝てそして夢も、しかも快適な、気持ちの良い「夢」もしっかりと見た。ああいう夢ならいつでもOKである。睡眠時間は先ずは3時間。短い睡眠では長生きできないと免疫学の権威である安保徹博士は述べているが、私もここ最近それを大分意識して行動していたが、しかし日々の生活や意識がナントも平坦に近い。面白くない。つまりいわゆるテンションがそんなに高く感じない。高揚感も少ない。元気はまあまああるのだが、一時の爽快感がないのだ。それではどうすれば・・「今でしょう!」を取るか、あるいは、長い人生を俯瞰して、長生きを楽しみ、今よりも先を取るか。やはりそれは「今でしょう」となる。平均寿命スレスレの人生を生きるのか、人類としては長い人生を生きるのか、それはもうどちらでもいいのかも知れないし、あるいは、神のみぞ知る、の領域かも知れない。それならやはり「今」である。いや、まだ結論は出さない。先ずは、やってみる・・のである。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ65日目
●1日1食 296日目

日別画面へコメントする

03月11日(火)

起床時刻:04時28分

 就寝午後11時。最初の目覚めは午前1時25分頃。ここでの睡眠時間は2時間半。又今日も迷ってしまった。起きるべきか起きざるべきかと。しかしこれもまたいつものパターンでその内眠ってしまった。そして午前3時台にも又目覚めたかも知れないがそれはあまり覚えていない。トータルの睡眠時間は5時間半弱。まあまあかな。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ64日目
●1日1食 295日目

日別画面へコメントする

03月10日(月)

起床時刻:04時49分

 就寝午後11時40分。最初の目覚めは午前2時25分。この時点での睡眠時間は2時間45分。およそ3時間である。だからいつものように又迷ってしまった。もちろん起きようかもう一度眠ろうかということだ。起きても良いのかも知れないが、それでもそんな事考えている内に又眠ってしまった。ということは、眠って正解だったのかも知れない。そして本日の睡眠時間。二回目の睡眠は2時間24分ということになる。1時間くらいで目覚めたわけではなく、このくらいの睡眠を又いただいたということは、私の体と心はある程度の熟睡をいただける性質になっているものと判断できる。トータルで、5時間10分の睡眠時間。まあまあかな。

●スワイソウ 400回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ63日目
●1日1食 294日目

日別画面へコメントする

03月09日

起床時刻:05時11分

 就寝午後9時50分頃。最初の目覚めは午前0時台。それから午前2時台、そして午前4時台と続くも、詳細は覚えていない。いずれにしても、よく寝た。最初の睡眠時間は3時間弱であり、本来は一気にこれくらいの睡眠をいただいたのは良い感じである。その時、何となく思ったのは、長生きしなくてもいいから、起きてみようかな、人生の醍醐味がもしかしたら挑戦にあるのなら、短く濃い人生もそれなりに良いのかも知れないな、織田信長ではないが、人生50年~も良いかも知れない、まあ少食さえ守れば短いとは言っても70年~80年は生きれるだろう、あるいは、現在の平均寿命くらいは生きれるかも知れない、日々をワクワクドキドキ、充実し、高揚した精神で生きたほうが良いのかも知れない、等とサアッと想像してみた。しかし反面、毎日は行かなくても、たまにそういう一日があって、残りもそんなに悪くなく、やや幸せで、平坦ではあっても、幸せで楽しい人生でも良いかなって思ったりした。それを長く続けて、より多くの思い出や良い人との出会いを重ねた方が幸せかなって思ったりした。そうこう考えている内に、何度も目覚めと睡眠を繰り返し、結局ここ最近最も長い時間、7時間と少し、眠っていた。よく寝た。



 山口県知事が初議会に登場して話題になっているようだが、まだ一般の県民にとっては馴染みが薄い方だと感じている。現に、私たちの職場においても、まだ彼の話題で盛り上がった事は一度もない。また我が家においても、妻の口から一度もその話は聞いた事もない。まさに今回の選挙の低投票率の結果が如実に現れていると言っても過言ではない気がする。

 私にしても今までの選挙で最も関心の薄かった選挙なのかも知れない。元知事が長い年数その職を重ね、勇退。その後を引き継いだ知事もあっという間に健康上の問題で辞職。それを受け継いでの就任である。県民にとっては何が何だか分からない展開である。隣の芝生は良く見える、の例え通り、他県ではいかにも精悍、あるいは野心溢れる風貌の知事がいたり、あるいは、全国的にもよく知られた有名人などが存在するのを見るにつけ、何とまあ我が県は「地味」な事よ・・とため息をついていたのは、果たして私だけだったのだろうか。

 何せ、山口県と言えば、県知事はおろか、市長に至るまで、選挙になるその日まで一度もお目にかかった事などないような人達が現れる。それで今度はいきなり誰かに投票してくれ、という。どんな人かも全く分からないような人に入れて、わずか数日間、新聞紙や地域の広報紙でそれなりの人となりを知り、判断しなくてはならないのである。それでもし投票に行かなければまるで大袈裟かも知らないが「非国民」扱いである。先ずは選挙に行く事が良民の証しであるか如しのように、マスコミなどでは言われるから、私など根性が少し曲がっているかも知れないような男には、たまったものではない。

 しかし、愚痴をこぼしても仕方ない。私は最近は考えを改めて、当選したその日から彼を知って行けば良いのだ、と思うようにしている。彼との付き合いは、先ずは誰か彼を知ってる人達の力で当選したその日から彼を知って行こう、と思うようになった。だから多分私は他人よりは新しい知事の事を興味深く見続けていると自負しているのである。

 県の全域を網羅しているらしい山口新聞では毎日のように新知事の紹介コーナーがある。主に知事の同級生達が彼の事を紹介してくれているのだが、これは実に知事の事を理解するには有難いコーナーである。中学生や高校生の頃の彼の素顔がよく分かるのだ。三つ子の魂ではないが、これらは多分に現在の知事の事を分かるには良い情報かも知れない。当選した後にじっくり彼の事を知って行くのである。案外これもまた面白いかも知れない。

 しかし初めに書いた低投票率ではあるが、その原因の一つに、全く馴染みのない人間ばかりの中から誰かを選ばなければならないという現代を象徴する現象があると、私は述べた。他には私はこうも考えている。それは、行政側の人間達の一見見るからに贅沢な、そのなりである。黒塗りの高級車で仕事をし、民間の企業や学校に乗り込む様を見るにつけ、私は白けた感情を持つ。金持ちから貧乏人までの一般庶民から集めた税金で賄っているのである。この姿を見て、誰が積極的に投票所に足を運ぶだろうか。逆に、自らを犠牲にしてまでの節約や、いわゆる滅私奉公と言った、昔の公僕的な官吏を見て私たちも我が身を正したりして、積極的にも投票所に向かって行ったのではなかろうか。それらを全て含めて新しい知事には今まで誰もやらなかった事や、過去には縛られず、また県民の模範となるべく行政に力強く颯爽と取り組んで欲しいものである。



●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ62日目
●1日1食 293日目

日別画面へコメントする

03月08日

起床時刻:04時49分

 就寝午後11時。最初の目覚めは午前2時25分。この時点での睡眠時間は3時間半。今までなら意識的には起きても良い時間であったから、やはり迷った。しかし今はある程度の睡眠をいただこうという思いがある。それでやはり起きなかった。しかし意外に意識ははっきりしていた。だからそれでもやはり少しは迷った。が、そのうち、いつの間にか又眠ったようだった。そして本日の起床時刻。熟睡度は確実にアップしているようだ。睡眠時間はトータルで5時間40分くらい。良い感じだ。


 昨日妻から聞いた話では、ショッピングセンターで買い物中、レジでの事。隣りに並んでいた年上らしきオバサンがジロジロと自分の方を見ているらしかった。と言うのは、見ると言っても、自分の顔を見るのではなくて、自分の買った物が入っているカゴの中を見ているようなのである。失礼なオバサン・・と一瞬思ったようだが、そのままにしておいた。一体、何の意味があってこのオバサンは人の買い物を見ているのだろうと思っていたのだが、するとそのオバサン意外な事を妻に聞いてきたと言う。

 それは例のエコのサービスの一環で、客が持込の買い物袋が無い場合には有料のビニール袋を店が提供するというものである。その店では事前にレジの前でその袋が必要な場合にはカードが用意してあって、それをカゴの中に入れておけばわざわざ店員に言わなくても、ビニール袋を渡してくれるというものである。そのカードを、このオバサンは見ていたらしかった。「そのカードが必要なのね?」とオバサンは妻に聞いたのだった。

 妻は直ぐにそれに答えたそうだが、私は妻からそれを聞いて、直ぐに思ったものである。と言うのは、これが男だったら、多分、オッサンなら、いや、若い男でも、多分、そんな事聞いてこないだろうと。知り合いならまだしも、見知らぬ人同士、そんな会話が成り立つわけが無いのである。男同士とはそんなものである。聞きたくても男のプライドが許さない。そんな事聞いて、何て思われるかと考えれば、恥ずかしくて聞けたものではないのだ。

 そう言えば、私はよく温泉に行くのだが、そこでの話もよく似ている。露天風呂などに浸かっていると、隣りに知らないオッサンなどが入ってくる時もあるが、そんな時にも男同士は話さない。たまに、ホントにたまに、話しかけたり話しかけられたりする時はあるが、滅多にない。しかしこれもまた妻に聞くところによると、女湯ではよくある話なのだそうだ。貴方、どこから来たの?とか、家族のことまで聞いてきたり自分のことを話したり。様々な会話で盛り上がったりするそうである。男なら考えられない話でもある。

 なぜ女はそうなのだろう、なぜ男はよそよそしいのだろう。私は考えた。すると直感的にだが、私はいつもそのパターンなのだが、神様は人間を作る時に、女を作る時に先ず自分の中にある大きな特性のうち、「愛」に着目したのだ。自分の中にある愛という大きな特性・・これを中心にイメージを膨らませて、女を創り上げていった。それで女というものは、愛を中心に作られたものなのだ。男の場合は、これまた同様に、自分の中の大きな特性の「勇気・知恵」というものを中心に創造したのだ。

 女は「愛・優しさ」、男は「勇気・知恵・責任感」など。もちろん男女それぞれにも少しずつだが交じり合う部分もあるのだとは思うが、大きく占めるのはその特性だと思う。それを元に考えれば、レジでオバサンがいきなり妻に話し掛けた事も、あるいは、露天風呂で突然世間話を振ってきた場合も理由が分かるのである。自分がこの人に話しかけてもこの人は拒絶なんかしない、嫌な顔一つしないで、答えてくれる・・と相手は思って話しかけてくるのである。それはなぜならば、自分がもし逆の立場であったならば、そうするからである。

 だから女性は自分が愛を基本に作られているのだという自信を持って、この長い人生を生きていけばいいのである。自身を持って、生きていけば良いのだ。男は勇気と知恵である。夫婦は、互いに協力して、愛と勇気と知恵で、家を盛り上げていけば、もう怖いものなしである。しかし世の中には稀に、それら全てを兼ね備えた奇特な人物もいるらしいが・・。それは又別の機会に話そう♪


●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ61日目
●1日1食 292日目

日別画面へコメントする

03月07日(金)

起床時刻:04時40分

 就寝午後10時半過ぎ。最初の目覚めは午前3時22分。そして午前4時20分。それからはしばらく布団の中でゆったりした。二度寝の嫌悪感等なく、心と体に任せた。ゆったりとして起きる。睡眠時間は6時間。昨日と同じ。先ずこれくらいから始めよう。何事も決め付けてはならない。優柔不断でもいけないのかも知れないが、決め付けてもダメだと思う。真ん中、中道である。ほどほど。好い加減。しかし食べることは気をつける。食を節する。と言うか、今の私はすっかり少食が板について、そんなに無理をしているという感じも無い。胃はちっちゃくなっているのかも知れないし、普通になっている。少なく食べるのが快適になっているのかも知れない。本日は出張日。寒気が入り、寒の戻りもあり、外気は寒いが、私はあまり苦痛ではない。なぜなら冬は寒いのが当たり前。素直に受け入れば良い。良い所もたくさんあるのである。



 睡眠時間について話そう。私の短眠への挑戦の歴史は長い。20代の頃、肥満で悩んでいた私は当時仕事でのストレスも大変なものであった。先ずはストレスありきで、それが原因で肥満にもなり、大食いにもなり、暴飲暴食にもなった。しかしこれはほとんどの人が経験することだ。もちろん肥満で悩む全ての人の事を指す。

 つまり心が先にあり、体は心に順応して作られると言う事になる。そして心の元には精神、つまり「考え方」がある。考え方が一番初めの出発点というわけだ。考え方・・というのは言葉を変えて表せば「言葉」ということになる。頭の中で考えることは全てが言葉で作られるからだ。言葉がイメージして考え方になるからだ。聖書の中にあって、冒頭の言葉として現れているのが、「はじめに言葉があった。言葉は神である」というものも頷けるのである。

 言葉が全てを創造するものであるから、それは=神、となるのである。私の場合もそれは当てはまる。先ずは考え方があった。それはもちろん言葉で作られたものだ。そしてそれは私の心を創造した。連動して、体も作られた。私は肥満になるべく、考え方も相応のもので一杯だったのである。

 睡眠についても同様である。私は先ずは減量から入った。そこで知ったのが気を巡らして健康になるというものが基本の「導引術」というものだった。ただこれは運動とかサプリメントなどという体の外から処方するようなものではなく、内面的にアプローチするものだった。つまり私は心から変えたのだ。考え方を変えたのだ。その結果、無理なく楽に減量できた。その結果、私は又先に進んだのである。つまり、心を変えれば体は勿論あらゆるものが変えられるのだという事が何となく心から分かってきたのだろうと思うのだ。

 そして、健康に戻った私は更に前を向いた。つまり、発展や成功や勝利などという、この世的なものに照準を定めて行ったのである.その結果、私の健康法は睡眠にたどり着いた。睡眠を削り、短くすることで、更に精神をアップさせ、シャープにするというものである。ハイテンションになり、周囲を圧倒させるほどのパワーを身に着けようというのがそれからの私の生涯の最も大切な目標になったのだ。

 しかし最近はそれについて少し疑問を持つようになった。それは私の周囲の人たちの影響もある。第一番は妻である。ほぼ毎日生活を共にする最も身近な相手は今の私には妻なのである。意外にも私にとっての最も近いそして学ぶべき存在が妻であったのだ。後は、現在の仕事仲間である。とにかく身近な、生活の中での、全く平凡な人たちなのだ。それまではどちらかと言えば、遠い離れた場所に住んでいる本の中の人たちとか、あるいは、もうこの世には住んでいないような、偉人と言われるような人たちばかりであった。もちろん、現在でも、そのような人たちに学んでいる所はあるが、それ以上に身近な生活の中で学ぶ人たちも多いと言うことである。

 妻は私よりはるかに多く眠っている。長い睡眠時間を楽しみ、それでいて大体いつも上機嫌である。悩みはあるのかも知れないが、日々楽しく生きている。そして他の仕事仲間も多くは皆それなりに楽しく生きている人が多い。それなりに元気で健康である。病気で悩むような人は少ない。あるいは、現実には病気を持っているのかも知れないが、それについて深刻になって悩み苦しんでいる人たちは居ないのだ。

 私は修行と称して、今まで様々なことに取り組んできた。短眠もその一つだったが、最近直感的に自分の中からこういう事が湧いてくるようになった。つまり、それは、短眠をしてきた人たちは長生きできないのでは・・ということだ。エジソンしかり、大富豪として有名なフレッチャーしかりである。彼らは同じように70代で亡くなっている。しかし彼らの生きていた時代の平均寿命から考えれば70代というのは長寿な方である。だから本当は長生きしたのかも知れないが、私が言うのは、時代を超えて長生きするということなのだ。調べれば、大昔でも100歳まで元気で生きた人もいたのである。

 その時の平均寿命が例え20代30代であったとしても、彼らは100歳まで生きているのだ。そしてそのような人たちは並べて死ぬ寸前まで健康で元気で活力にあふれた人生を送っているのだ。私はどちらかと言えば、こちらの方が理想に近いと思うようになったのだ。短眠で自分の仕事に情熱を燃やし、一つの分野で歴史に名前を残すような実績を持つ偉人も偉いのだろうが、私はどちらかと言えば、仕事はそこそこでも良いから、100歳あるいはそれ以上の長生きをして、常に健康で、周囲に愛と元気を放射するような、そのような「素敵な」人生、人になりたいのである。

 エジソンもフレッチャーも睡眠時間が3時間とか4時間というような極端な生活を続け、人類に貢献してきたのは間違いない。だが私はそれについては頭が下がるが、正直言えば、私が彼らに少しでも近づく為にはもう時間が無いのである。だったら、彼らより少し長生きして、その時間を使って、少しでも彼らに近づきたいと思うのもホンネの一つなのだ。だから私は長生きしたいし、また、今までの人生、楽しいこともあったが、苦しいこともあったし、さらに、無駄に過ごした時が多かったことに悔やむことも多いのである。だから、それらを挽回する為にも、私にはもっと多くの時間が必要なのかも知れない。

 免疫学の世界的権威である安保徹博士は「短眠の人は生き急いでいるから長くは生きられない。100歳まで生きようと思えばある程度の睡眠は必要である」と述べている。今の私はこれを又実践してみようかとも思っているのである。人生は実験の繰り返しなのかも知れない。


●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ60日目
●1日1食 291日目

日別画面へコメントする

03月06日(木)

起床時刻:03時48分

 就寝午後10時前。最初の目覚めは午後11時48分。次が午前2時過ぎ。そして本日の起床時刻と続く。一気にある程度の睡眠が続いたのは結局2日間だけだった。またも短時間単位での目覚め。不思議である。しかし今回は無理に起き上がるのは止めてみた。しばらく短時間睡眠は止めてみようと思うからだ。少食は続けるも、睡眠はある程度の量は取ろうと思うからだ。本日の睡眠時間は6時間。



 昨日のブログの続きだが。次女達夫婦が新車を買う件である。次女との電話のやり取りの後、私たち夫婦はその事についてあれこれと話し合った。既に夜も更け、もう寝る寸前である。しかし私はこの景気良い話しに何となく興奮し、中々寝付けなかったのである。

 妻によると、次女達夫婦は今回の買い物は現金、つまりキャッシュで買うそうである。これは私には意外な事でもあったが、次女の夫、つまり私にとっては義理の息子に当たる主人の事を考えれば何となく妥当のような気がしたのだ。彼は二人の結婚が決まった辺りから、着々と準備し、大学を出たばかりの身でありながら、毎月の給料の一部を着実に貯金して、その準備金の一部として来た。今時の若者にしては大変しっかりした経済観念の持ち主であるのだ。と言うか、現代の若者が昔と比べても意外にしっかりしているのかも知れないが。

 そんな彼だから、新車をキャッシュで買うと言っても、そんなに意外な事でもなかったのである。さて、ここで私たち夫婦がその話題で盛り上がった訳である。妻いわく、お父さんにいくらか出して貰うのかな、それにしてもちょっと大変かも・・。あれやこれや。そしてここで私。ローンだと思った?妻、うん。・・・。厳しいのでは、大変なのでは、無理なのでは・・・。妻はやはり女性特有な心配をするようだ。しかし私は言ったものだ。そういう世間的な常識で言えば、確かに普通はローンであろう。今の時代ではそんなものである。ローンの方がどちらかと言えば楽であり、キャッシュと言えば大変なイメージが強いものである。しかし私は全く逆に感じているのである。

 それは次女の主人がやったように、キャッシュで支払った方が断然楽に感じるのである。なぜなら、実際に現金が自分の手元にあるからである。貯金したにせよ、父親から応援して貰ったにせよ、いずれにしても、現金は自分が持っているのである。あるのなら、私でもキャッシュで払う。無ければ買わない。あるお金で出来る事をする。あるいは、購入する対象の物による。ローンを組む場合である。単なる贅沢品だったら、ローンなど組まないかも知れない。投資する事によって新たに何かを産み出すものなら、ローンも可かも知れない。

 しかし普通の感覚であれば、いくら手持ちのお金があったとしても、それはある程度置いておいて、多くはローンでまかなう、というのが、もしかしたら庶民感覚なのかも知れない。だって、せっかく長い事貯めたお金が一気に無くなってしまうのは寂しい事である。しかしここが、豊かな人と貧しい人との分かれ目ではないだろうか。お金や貯金がたくさんあって金持ちが豊かと言っているのではない。心、精神が豊かな、と言っているのである。豊かな人は手持ちにお金があれば、パッと使っちゃうのではなかろうか。だってお金など、その気になればまた出来る。出せば入って来るのではないだろうか。溜め込むと何事も良くない。またローンで買うのとキャッシュで買うのとでは、その対象物の楽しみ方、生かし方も多いに変わって来るような気がするものだ。手持ちのお金を潔くパッと手放す感覚はきっとその人の若さである。また稼げば良いのだから。そういう気持ちを持つ、というのが、若い、という事なのだ。

 そういう意味で私は次女夫婦の判断について、妻とは違う立場、感覚で意見した。ローンよりキャッシュの方が楽。キャッシュよりローンの方が大変だよって。豊かな精神の持ち主はいつでもどこでも何ででも新たに富は産み出せるのである。もっと気楽にね。



●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ59日目
●1日1食 290日目

日別画面へコメントする

03月05日(水)

起床時刻:05時01分

 就寝午後11時。出張先。本日もまたまた一気に朝まで寝られる。ありがたい。しかし午前4時に目覚めたのだが、昨日ならここで起きたのだが、本日は又いつの間にか眠ってしまった。睡眠時間は6時間。



 次女と久しぶりに電話で話した。いつもは妻とだけ話すのだがホントに何でだろうと不思議だった。妻が途中まで次女と話していたのだが途中からお父さんと代わるからと言い出したのだった。何となく話しの内容はそれまでの二人の会話から察することは出来た。

 次女のだんな、つまり私の義理の息子だが、彼と相談して車を買うそうである。二人にはそれぞれ自分の車があるが、それは結婚前にそれぞれが買っていたものだ。義理の息子は普通車だがコンパクトカーで、次女はボックスカー。次女のほうが大きい。

 しかし今回次女の車の車検が近づき、さて、又車検をするかということになって、2人で相談して思い切って新車を購入しよういうことになった。色々と2人で考え、時間を重ねた結果、妻から聞いていたのは子どもが生まれたときのことも考えたりしてファミリーカーにしようということだった。私が知っているのはそのくらい。いつの世も、父親というものは圏外、除外された存在なのである。

 しかしその日の電話はそんな普段なら無視(?)されている父親が必要とされているようだった。2人が買うことに決めたのはトヨタの新型ボクシー。次女が決めかねているのは、その車体の色である。主人は濃紺と決めたそうで、ホントは次女も本来はその色が好きなのだが、今回だけは夫に対して反旗を翻す感じなのだそうである。次女が好きなのは黒。そう聞いた時は私は正直「え、黒は止めなさい、濃紺の方が良い」と心の中で思ってしまったのだ。

 結局次女がこの日に限って私と話したがっていたのは、夫に反抗して黒にしたいという気持ちを強めたいのかも知れないと思った。というのは、本来、今まで、私は常に子ども達の応援団であり、子ども達が自分で決めた事はほぼ全て賛成する立場に立ってきたからだ。私は今まで彼女たちに反対する立場に立ったことが無いのである。

 だけど・・今回は、私も心の中の声を表に出してしまった。既に娘は私たちの家にいない。彼と2人して今から家を築いていかなくてはならないのだ。そんな私の考えはその時実際私の中には無かったのかも知れないが、私は電話で「濃紺の方が良いかもよ。黒って何か『悪』って感じがするぞ」と次女に言ったのだ。正直な気持ちだった。隣りに妻もいたが、妻も私の意見にうんうんと頷いていた。

 しかし・・次女に言われてトヨタのその車の紹介のあるサイトを開いてみた。もちろん電話をしながらである。そして見てみた。今まで私が考えていた「黒塗りの車」の概念がちょっと変わってしまった。実に重い。もちろん良い意味でである。重厚で、落ち着きがあって、それでいてシャープ。中高年の落ち着き、深い精神性とともに、若い感性のあるバランスの取れた「カッコいいヤツ」という感じを受けたのだ。そして即「おい、黒も良いぞ」って次女に伝えた。彼女も喜んでいたが。

 それにしても若い2人は頑張っている。私が若い頃に比べたらエライ進歩、別世界である。もちろん物質的にであるが。しかしこの世に生きている以上、物質も大切である。心の豊かさが物質に現れるのであるから、私たちは心をもっと豊かにして、この世を楽しく生きていくことが大切。次女夫婦、頑張れよ!!


●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ58日目
●1日1食 289日目

日別画面へコメントする

03月04日(火)

起床時刻:04時06分

 就寝午後10時半頃。布団の中に入っても中々興奮醒めないようで寝付けなかったが、知らない間に寝てしまっていた。寝る前に一仕事した影響かも。たぶん・・午後11時頃に完全に睡眠に入ったかも知れない。途中覚醒の記憶無し。昨日に続き一気に起床時刻まで寝る。そのお陰か、午前4時に目覚めた時、それこそ、ホントにパチッとした感じで目覚められた。つまり目覚めが良かったということだ。しかし寒の戻り的な寒さで中々布団からも出られず。しばらく待機。いつもならこのまま又寝ることもあったが、さすがに本日は出張日。若干の緊張感の為か、寝るようなことはなかった。しばらくして思い切って起き上がる。何となく良い気分である。そういう時はお腹の辺りが充実している。力が入っているような感覚だ。

●スワイソウ 500回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ57日目
●1日1食 288日目

日別画面へコメントする

03月03日(月)

起床時刻:04時53分

 就寝午後10時前頃。布団に入ったのは9時半頃だったかも知れない。少し本など読む。最初の目覚めはナント午前3時前後だったかも知れない。目覚めたのは確かだが、その時刻は今となっては覚えていない。定かではない。しかしこの時点では既に5時間の睡眠は得られていたのだと思う。だから起きられたのだが起きなかった。又直ぐに再び眠りに入ったようだ。よく寝る。そして次が本日の起床時刻。今日はそれでもすっぱりと起きれた。睡眠時間は結局7時間弱。画期的なのは、途中覚醒がいつもの1時間半後ではなかったという事。一気に5時間近い時間の一気寝を得られたということだ。つまり昨日の活動が意外に密であったと言うことかも知れない。仮眠なし、160キロの距離を車を走らせたのも原因かも。テレビ視聴を2時間という範囲内で収めることを自分に課す。そのお陰で就寝時刻が早まった。ダラダラと遅くまでテレビを見続けるのはある意味「麻薬」的な症状である。いきなりゼロにすると言うのは、自分をいじめるようで嫌なので先ずは2時間しか見ない・・というルールを自分に課すことに決めた。早く寝てたっぷり寝て早く起きる。こうした「当たり前」の生活を実践してみよう。

●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ56日目
●1日1食 287日目

日別画面へコメントする

03月02日

起床時刻:06時47分

 就寝午後11時50分頃。最初の目覚めは午前2時25分。この時点でもし起きていたら睡眠時間は3時間弱。もしかしたら起きても良かったのかも知れないが、しかし直ぐに寝られた。そして次が5時過ぎ。普段なら起きるはず。しかしいつの間にか再び寝てしまっていた。そして本日の起床時刻。睡眠時間は7時間。本当に久しぶりにこの時間寝てしまった。試行錯誤は続いてるのだ。


 前回ここで書いた「マクロファージ細胞」が血液内の様々な菌を貪食することで病気にならない強い体を作るということだったが、今再びまさに私にその現象が始まっているようだ。

 私はここ何年も風邪にかかっていない。風邪といわれる状態が一体どんなものだったのか、本当に冗談でもなく、今の私は分からなくなってしまった。思い出せない時もあった。しかしやはり長年生きてきて、何回も何10回も体験してきた風邪というものの症状はやはり覚えていたのかも知れない。

 昨日からどうも喉に違和感を感じるようになった。これがまさに過去私が感じていた風邪というものの初めの症状であった。以前はこれがスタートして、そして、鼻に昇り、鼻水が長いこと出続け、咳をし、もちろん熱も出て、体はだるくなったものである。しかし今は、このスタート時の現象は出るものの、それ以上のものは出なくなってしまったのだ。多分今回もそれが続くのだろう。喉の違和感が終われば後は鼻水が出るのだが、その鼻水は本当に全くの透明なものばかりである。

 以前は、汚い話で申し訳ないが、透明どころか、いわゆる「青鼻」といわれるようなものばかりが出続け、本当に私を悩ましていたものである。それが今は出ないのだ。つまり、風邪に似た症状は現れるが、全く異質のものになったのだ。

 一番の特徴は「熱」である。私はこの熱が出ないのだ。つまり発熱によって解毒するような毒が私の体の中に無いのである。無いから熱を出して体外に排出する必要が無いのだ。この熱が出ないというのがとても重要で、この現象が出ない限り、体はそんなに疲れないから、風邪をひいていても、働くことも出来るし、体自体は通常とほぼ変わらず、元気に過ごすことが出来るのである。

 青鼻も出ないから、他人の視線もあまり気にしないで済む。自分自身も、汚いという感覚も少ないから、あまり気にしないで済む。ただ淡々と透明な鼻水が出るだけである。しかし喉の違和感、痛みはやはり気になる。

 今の私はやはりこの「痛み」だけはある。例えば運動などしたら筋肉痛という「痛み」は出る。しかしこの痛みでさえ、以前の私に比べたら少なくなったようにも感じる。過酷な運動を長い時間続けても、痛みの出る時間が遅くなっているように感じている。同様に、風になったときに、喉風邪になったときに、その痛みは以前は強烈な痛みの時もあったが、今はそれ程でもなく、我慢は出来る。今の私はまだ痛みは出るのである。

 生長の家の谷口雅春さんに寄れば、この痛みというのはそんなに悪いものではなく、ネガティブなものでもなく、どちらかと言うとポジティブなもので、悪い部分を修復しようと体内の血液が(主に白血球だろうが)その箇所に集まって、直そうという感覚が痛みとして感じるようである。つまり、体は常に正常に保とうと、頑張ってくれているのである。その証が、痛みとして出るのである。

 しかも透明な鼻水でさえ、ポジティブなものであり、このお陰で、体内にある不必要な水分が体の外に出されるわけである。痛みと余分な水分の排出によって体は以前の健康な状態にリセットされるわけである。だからその現象に任せていれば良いのであるから、それを抑制しようとして「薬」などを体に入れることも無いのであり、副作用などを考えれば飲まないのに越したことは無い。

 以前テレビで、タモリさんが風邪をひいているのだが、平気で生番組に出て、司会を務めていた時も、「自分はただ透明な鼻水が出続けるだけ」と言っていたが、全く私も同様である。彼もまた熱は出ないし、体は元気であると言っていたが、今ではそれが私にもよく理解できるのだ。こうやって更新している間にも、テレビのニュースで、中国からの大気汚染の影響などについて解説していたが、多分私に起こった今回の症状ももしかしたらこれが影響されているのかも知れないと直感した。

 いずれにしても、体は常に健康に正常に保とうとしてくれているのだから、それにすっかり任せていればいいのである。その間、自分としてはしっかりと自分の生活を反省しつつ、さらに、自分の体と心を成長させる戦略を練ればいいのである。その現象を反省しつつ、体はさらに免疫力をアップさせ、強健になっていくのだろう。風邪さえも、ポジティブにとらえていけば、心と体はさらにパワーアップするのである。


●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ55日目
●1日1食 286日目

日別画面へコメントする

03月01日

起床時刻:04時00分

 就寝午後11時。途中何度か目覚める。しっかり寝ようと思っていたが、さすがに最後の目覚めにおいては起きてしまった。出張先であり、同僚と同じ時刻に決められている時刻に起きようと思っていたのだが、逆に不自然に無理になるような感覚。午前2時とか午前3時台にも確か目覚めたような気もしたが、その時は迷いもしたがそれでも直ぐに眠りに入れたようなので良いだろう。だが最後の本日の起床時刻にはさすがにもう眠れないような気がした。あるいは、私の事だから、又寝られたかも知れないが、出張先だという事もあり、あまり無理はしないという事で、起きてしまった。何か、反対のような気もするが・・笑。


 先日の夕方の地元ニュースで我が町の出来事が取り上げられていた。例の今全国の自治体などで話題になっていて、様々な団体が挑戦しているAKB48の「恋のフォーチュンクッキー」の振り付けビデオのyoutube投稿である。我が町も町全部で力を集めてこれに挑戦、ビデオも完成して投稿しているようだった。ニュースではその取り組みについて紹介したものだった。

 県内で、こうした自治体規模で投稿している団体は現在の所我が町だけであるようだ。そういう点ではやはり「ジモッチー」としては嬉しいし誇りにも思える。私は妻にも声をかけ、その様子を楽しみに見た。ニュース上では全ての投稿動画は紹介しなかったが、企画した人たちやその苦労話などを好意的に取り上げてくれていた。まさに彼らは頑張ったのだ。

 私はそのニュースを見たあと、その話は以前から知ってはいたものの、投稿されたビデオ自体は見ていなかったから、直ぐにネットでそれを見ようと思い、パソコンを起動した。およそ四分間、それは流れた。多くの団体が参加して市内の名所的な場所で撮影されていた。その点では大変だっただろう、時間が相当かかっただろうと、中心になって頑張った人たちの苦労を思いやった。

 しかし、この話を聞いた時に直ぐに思ったものであるが、やはりそれは的中していた。とにかく希望する団体は全て受け入れ、どんなものでもそのビデオに入れているのではないかと思われた。私はこの話が持ち上がったとき、とても良い企画だとは思っていたが、やる以上は単なるふるさと紹介の自己満足的なものではなく、全国に我が町のパワーを発信するくらいの勢いでやって欲しいと願っていたものである。しかし現実に見たものは、申し訳ないが、本当に単なるふるさと紹介ビデオであった。

 と言うのは、各団体で演じている人たちが全部とは言わないが、多くが踊ることに「テレ」ているのである。もっと分かりやすく言えば、弾けていないのだ。本家AKB48の「恋のフォーチュンクッキー」の振り付けビデオ、つまりプロモートビデオにも多くの素人演者達が参加して踊っているが、全員照れてはいない。あるいは、照れていても楽しんでいる。それが感じいいのである。何事も人前でヤル時は、照れてはいけない。照れてやれば、そのテレは、見ている者に伝わる。すると見る方も心から楽しめない。弾けられない。だから私は以前このブログでも書いたが、こういう企画をするときは、誰でも参加を許すのではなく、主催者が審査して、選ぶべきなのだ。その態度は決して「不遜」ではない。本当にいいもの、感動を見る者に与えたいのなら、選ぶべきである。

 本物の方では、タクシーの運ちゃん、赤ちゃんをおぶった若いお母さんなどが登場して楽しそうに弾けながら踊っている。見ている私たちも楽しくなってくるのである。わが町のビデオに出てくる人たちは何かのしがらみで出た人もいるだろうし、もしかしたら付き合いで無理やり出た人もいるかも知れない。はっきり言わせてもらえれば、そんなのだったら、絶対ダメである。出れば良いというわけではない。テレを捨てて、まさに、無となって、踊らなければ。そしてそういう気合、勢いが、波長となって、画面から発するのである。「こいつらは一体どこの町なの??」という感じを、インパクトを他市の他県の人たちに与えてこそ、ホントの町おこしになるのだと私は思っているのである。しかし私は我が町の市民は誰もがその潜在的な力を持っているのだと信じているのだが・・。


●スワイソウ 300回()
※スワイソウは2012年6月16日からスタート   
●テンションアップ54日目
●1日1食 285日目

日別画面へコメントする