201812 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:04:46

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

12月12日(水)

起床時刻:04時30分

冷たい雨の朝。温度は昨日より少し高めらしく、寝起きが楽だ。

換気でベランダをあけておくと、さすがに寒い。

今朝はさすがに、お散歩はむり。
昨日朝の公園で、足元に、飛ぶように歩く小鳥を見た。

背の模様彩りのきれいな小鳥で、
「ひよどり」・・かな、と咄嗟には思う。

素早く、ちょんちょんと、滑るようだ。
連想したのは、

「生活啟示錄」で子供と遊ぶ時の胡歌さんの足取り。
歩き方、身体の動き・・などなど。

ああ、こんな風だよね・・と思う。

小鳥歩き。

なんだろう、そういう所作も多い。

「聊斎・寧采臣」のあわてた時の動きもそんな感じだ。
群衆に紛れると、ひときわ大きな人なのが、
とてもそうは思えない・・

かわいい・・
(と、あいかわらずの、感想ですね。迷・・)



^^

日別画面へ

12月11日(火)

起床時刻:05時25分

寒さの厳しい朝です。

今夜は初雪か・・との声も聞こえるが、
とりあえず、良い天気なので、
元気に散歩に出る。久し振りで走る。

公園には朝活のお年寄りがたくさん見える。
昨日は誰もいなかったので、時間差かな。

「風起長林」をつまみ食い見して最終に到る。
結末は知っていたけれども、

悲しみと安寧、愛の可能と悦びを残す。

林殊に、この結末をあげたかった。
董永にも、易小川にも、李逍遥にも…

胡歌の演じてきた主人公に。

思い出せば、あまりにも悲劇が多くて、
胸に迫るものがあります。

走り去るラストシーン、荒涼の風景がとても美しい。
次子蕭平旌・刘昊然は、ほんとに悪くない。
身につける衣装も美しい。

(多分、だから「琅琊榜」なんだろうとも思う。
 次子は、林殊の形見を身につけてはいたし。
 そこここに、宗主のさしのべる手も感じる・・)

武侠シーンは多い。
でも、全体としては、あんまり感心はしない。

武侠に関しては、金庸作品に及ばない。
黄暁明も「神鵰」のほうがいいし・・
(どこが・・と言われても、すぐには言いにくい。
 金庸ドラマが元来武侠だし、面白いのも確か。)

悪役に、「射鵰・欧陽鋒」のような、
見たいと思わせる魅力がなかったなと思う。

悪の設定に、説得力がない気がする。
まだ、きちんと見ていないのだけれども、
(と言うより、繰り返し見たくないかも・・)

(…蛇足、「上師」ね、
なんで真っ赤っ赤衣装なのだろう。
せめて黒なら、ましだった気がする。)



^^

日別画面へ

12月10日(月)

起床時刻:05時30分

ゆっくりめの目覚めです。寒い寒い朝。

強張って、朝からひどい肩凝りで、入浴でほぐす。
ルーティンが大変です。今朝は散歩もなしで・・

きのう、「風起長林」をずいぶん見てしまって、
ついでに、「ヒューマニスト」も見ていて、
見れば見るほどに、サイモンのニックが胡歌に見える・・

というわけで、またしても「琅琊榜」を見ていたが、
「聊斎」の寧采臣を突然見たくなる。

風采・・としては、多分、
「風起長林」の次子のような若々しさ、清新・・
なのだろうとは思うのだが、

寧采臣・胡歌・・の可憐さは、やはり独特で、
なぜか、ふとした仕種、言葉の端々が可笑しく、
いわく言い難い・・愛らしさがある。

朴念仁…などと言う評言もあったが、
つまり、妖怪に誘惑され、
殺されそうになって、かつ
「还是好人多啊」(世の中には良い人が多い)
…と言って、可愛らしく微笑むのも可笑しい。

私は時間系列に従って胡歌を認識していないので、
すべてが、いっしょで、
すべてが、現在の彼の表現につながっていて、

すべてが、胡歌自身の現在への感慨・・

そういう繋がりが、とても興味深い。



^^

日別画面へ

12月09日

起床時刻:05時45分

とてもとても寒い日です。

つい油断して、毛布を一枚出し忘れた。
ついでに、足湯で済ませてしまったのもまずい。

まだニュースで雪景色をみるほどではないが、
雪の降っている地方が多く、
寒さは全国的に襲来しているらしい。

要注意でしょう。

夜に入って、雪のニュースです。
さすがに寒い…

「風起長林」レンタル更新して、
リリース分をほぼ視聴。

前作が、策略にも清明と謎解きの面白さが
あったのと比べると、

今回の謀略は陰湿、
前作が、マイナスからプラスへと志向したのとは、
真逆だな…と感じる。

全部ではないが、
つい、あれこれ見てしまう。

前作へのリスペクトはあるが、
もう少し絡んでもいいかなと思う。

仙剑のシリーズみたいな感じで…
まあ、あれは、神話的に共通性があるのだ
…とは思う。

YouTubeは、最近、
「香格里拉」を表示している。
新しい編集のようにみえる。

「琅琊榜」も新しく表示され始めている。
公式版…ではないような気がするが。



^ ^

日別画面へ

12月08日

起床時刻:05時15分

土曜日です。やっぱり、曇り空。

気を取り直して、早朝外出、
今朝はそれなりに体調悪くないので、
マラソンはやめるが、近所の運動公園で、鉄棒にぶらさがってみる。

全く握力がないので、一瞬で手が離れる。
これって、なんとかなるものだろうかと思う。

朝食は、トーストにブルーベリージャム、
ウィンナに玉子、カフェオレ、オレンジ一個。

案外に美味です。

昨日、大崎ライフで、食材をチェックしてみると、
玉葱、じゃが芋、人参が、それぞれ19円だったが、
近所のヨーカドーでは、各38円だった。
倍・・ですね。

クレジットカードを新規登録したので、
nanacoオートチャージも設定してみたりして、
あれこれOKになるまで、わからんちんな時間もかかる。

まあ、しかたがないが、
これまで使っていたライフカードも捨てがたいねと
思った瞬間でした。

節約節約、サバイバルライフ・チャレンジ。

ついでに、レンタルも更新。

「風起長林」続きも一枚更新しました。
面白いけれども、やっぱりちょっと地味かなあ・・と思う。

宗主が恋しい・・
なんで、時間が過ぎ去るのだろうかと、思う。

蘇宅の瀟洒が恋しい。
美しく、明るい光に満ちていたように思う。
日本家屋風の造作。同じような家屋配置を見るにつけ。

レンタル新作は「マグダラのマリア」も借りてきた。
「ドラゴン・タトゥー」のルーニー・マーラーが出ている。

夜中にはいって、寒いのでベッドで見ていたのだが、
気がつくと、朝の5時になっていて、
まだ映像が流れている。

まさか、5時間は・・ないよね、と思うが、
全然見えてなかったのだな。

きちんと眠りなさいね・・自分。



^^

日別画面へ

12月07日(金)

起床時刻:03時30分

今朝も空一面の雲です。

昨日は雨模様。
朝から電車は止まっていて、ホームは大混雑。

Softbankの通信も止まっていて、
なぜだか、手持ちのWIFIまで不通だった。

理事会は準備中に、
突然の大量資料持込みで、大混乱。
上半期監査などもあって、神経に悪い。

夜の忘年会は、遅参のメンバーを待つのが大変だったが、
概して、皆さん、温顔の表情で、良かったなと思う。

帰宅後は、大変大変疲れて、脚が吊りそうで、
早々に寝てしまうことにする。

「メンタリスト」ビデオをオンにしていたのだが、
後半の記憶がない。
途中まで見ていたストーリーの犯人は誰だっけ?

・・と言うので、早朝に起きだして、
見直したりする。

胡歌「朗読者」采訪部分の書き取りを読み直して、
言い回しが、ああ、ちょっと難しいなと・・
あらためて認識したりする。

きちんと練習しないとまずい・・と思う。




^^

日別画面へ

12月06日(木)

起床時刻:04時30分

外は雨が降っている早朝。

本日、理事会および忘年会を開催。
準備はまだ万全ではないが、いつも雨の理事会。

夜は冷えこみが厳しくなるそうだ。

レンタルを更新。

「琅琊榜続編・風起長林」日本語字幕版リリース。
YouTube数回分は見たので、
とりあえず、適当に1枚レンタルしてくる。

次子・萧平旌の刘昊然が、やはり悪くない。
やや平板な印象だったが、表情に精彩がある。

まだ、良く理解していないが、
さすがに興味をひかれる展開だと思う。

「ヒューマニスト」も1枚更新。
はがゆかったニックは、愛情の示し方を知らず、
ドラッグに引きずられる経移、心傷のあり方が明かされる。

幻覚によって見る美しい夢が、
失われた母への追慕と、癒されない悲しみを示す。

対峙するニックの表情が、無垢な幼さで、傷ましく、
その涼やかな優雅さが涙をさそい、大泣きする。

ピアジェ代言人として金馬55で見せていた
胡歌の優雅、ちょうど、そんな印象だな・・と思う。

胡歌の可憐・・について、
どうして、そういう、悲しさを感じるのかとは思う。



^^

日別画面へ

12月05日(水)

起床時刻:04時30分

目覚めが悪くはないが、このところ頭痛。

着こんだ厚着が暑苦しく、
乱高下する温度差に対応しかねる、

「世界ネコ歩き」スポットが流れる。
BSで、見ることのできない、猫たちの表情がかわいい。

昨日はレンタルを更新、
帰宅途中、頭痛や体調の悪さで、気分はどよどよ・・

「ヒューマニスト」はラストシーズンになり、
主人公自身の恋愛と友情の行方が描かれるが、

「メンタリスト」ジェインとは対照的な人物造形が、
このところ顕著なシークエンスの流れだ。

親密な関係性に対し、不器用そのもののニックの進退がはがゆい。

つい、ジェインの、お気楽な対応の軽妙さに逃げたくなる。
ジェイン自身も、深刻な心理的障害を抱えてはいるのだけれども。

人間の心の自由が、いつも望み・・

「笑傲江湖」最新版がリリースされていたので、
これも一応レンタルした。
「東方不敗」の造形に興味があったのだが、
なんだろう、・・主人公の令孤冲に精彩がない。
全体として、主要な人物に、さっぱり存在感を感じない。

私的には、残念なでき・・

「風起長林」も、本日リリースです。

ついでに、(ついで・・じゃないでしょうが。)
仕事は、理事会と忘年会を控えて大車輪展開。

頭痛どよどよしつつ、奮闘中。



^^

日別画面へ

12月04日(火)

起床時刻:05時25分

空を覆っている雲が厚く重い。

とても散歩に行きたい・・雰囲気じゃないと思う。
すぐに引き返してしまう朝の外出。

パリではデモが暴徒化しているらしい。
Gilets jaunes・・という黄色いベストが目につく。
(Manifestation デモのシンボルらしい)

マクロンやめろ・・の大合唱が聞こえる。
シャネル店頭のガラスも割られたらしい。

民衆の勢いが強いのは、フランスの伝統でしょう。
日本とは、だいぶ違う。

意に沿わぬ事態が解決せず、要求があるなら、
まず、街に出よう。それから、交渉をまとめていけばいい。

・・と言うことだと、聞いたことがある。

私だって、声を上げたいことはあるが、
日本人の常として、
事勿れ・・で、終始しているのだな。

上司と喧嘩になってしまうし、
貧乏ながら、生活しなくてはいけない。

朝の食事は、少しは旨いものを作るようにはなった。

「琅琊榜」を見ていて、好きな場面。
謀反軍の襲撃から、庭生を守ろうとする宗主、
極端に病弱で、動くにも制約があるのに凛々しい。

その画像を一つ切り取って、Twアップすると、
思いがけず、一日で1200件のヒットになった。

凛々しくも麗しい胡歌の、
子供に対する、常に暖かく、こよなく優しい
あたかも母鳥のような慈しみの眼差しが、
多分、みなさんも、とても好きなのだなと思う、

そういう一つの場面が、けっこう嬉しい。



^^

日別画面へ

12月03日(月)

起床時刻:05時25分

冷たい朝。

明るくなるとベランダを開放するので、
気がつくと、冷えこんでいるのは、そうそう、戸口があいてる。

今週は寒暖めまぐるしいそうで、注意が必要らしい。

なまけている語学の単語練習を、
隙間時間をみつけて、きちんと実行していこうか。
これも、ルーテインで。

バックに「天亮以后」とか「忘記時間」とか、
若々しい胡歌の歌声が響いているが、
なんとなく、新鮮に聴こえるのが、いい。

(毎朝毎夜、聴いているので・・
 気をそらしてみる、ちょっとしたマジック効果を期待する)
 


^^

日別画面へ

12月02日

起床時刻:03時30分

曇り空の師走。日曜日。

レンタル更新中の「琅琊榜」を見ていて、
勢いが止まらなくなった。
手持ちの漢語版に移行して視聴続行する。

このところずっと、胡歌CUTばかりだったので、
久々で本編を遠しで見ていると
あらためて新鮮な感覚・・

ストーリーの複雑な妙味と、
多彩な出演者のひとつひとつが浮き上がってきて、
とても面白くて・・

先週一気視聴した「神鵰」の二の舞も
少々困るな・・と思いつつ、
休暇を過ごしているところ。

「誕生日の宴」を過ぎて、謝玉との対峙前後、
梅長蘇表情の凄艶に目が釘づけになる。
謝玉・・も、とても良いのですけど、
なにしろ、宗主が、あまりにも美しくて・・

季節はうつろい、状況は好転しつつあり、
蒙大統領との気軽、ひょうきんなやりとりも
寛いだ雰囲気だったのが、

冬に入ると、梅長蘇の体調は急速に悪化、
胡歌・宗主の表情も、透き通るような蒼白を呈す。

言侯との対峙は、
さながら、玲瓏、白玉のようでもあり、
厳寒に咲く、凍りついた白梅のようでもある。

シークエンスの一瞬一瞬が、そのま一幅の絵だなと思う。

やはり、胡歌の場面で、立ち止まっている。




^^

日別画面へ

12月01日

起床時刻:04時00分

12月です。良い天気。

帰郷中。

桜の土手を歩いていて、冬の桜を見かける。
自宅の庭には、芍薬が開いていた。
なかなか綺麗だ…

ぶらぶらしていて迷子になったが、
近くの温泉にも行ってみる。

このところ、脚の筋をいためていたが、
湯治・・の効果はある。

ただ、疲労もしたので、
夕方からの牛久ライブを見るのは中止にして帰宅する。



^ ^

日別画面へ