【重要】サービス終了のお知らせ(2021/02/08)

202103 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:06:10 平均起床時刻:05:52

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

03月07日

起床時刻:06時00分

空一面に、薄く雲がかかる朝。
太陽の光は見えず、風が冷たい。

今年、「如夢之夢」の胡歌は、前髪が長い。
去年は寸头( 坊主頭 )だったが、
長い髪だと、ひときわ優雅です。

日々あがる舞台挨拶の動きに
ただただ見惚れる。

五号之歌を聴いていると、
琅琊榜・梅長蘇を想う。

2015年「琅琊榜」リリースの時に
胡歌は「世界で最も美しい50人」のトップで、

感想を訊かれると、いつも控えめな胡歌は、
「それは僕じゃなくて、役柄のせいです。」
と応えていた。

つまり、胡歌は、
何がどうであれ、演じようと思えば、
どれほどの美貌でも、演じきることができる。
… と言うことで。

まあ、しかし、私が思うには、
胡歌自身が、世界で最も美しい人なのだ。

…と。



^ ^

日別画面へ

03月06日

起床時刻:06時00分

雨上がりの朝で、次第に暖かくなる。

早咲きの桜が咲き始める。
近所の垣根の梅花も満開!

強風の影響で剥がれた屋根の修理や
あれこれで、
けっこう、意気阻喪したか…

琅琊榜の書取りとか、語学練習とか、
挫折している。

叶えたい100のこと…
これを書き出そうとして、まだ未出。
「風中奇縁」も再起しない。

「如夢之夢」は、
データが実は、何処で何時… という
きっちりした情報はなくて、

微博に上がってくるサイトの
映像や言葉を拾っているだけなのだが、

3/3〜7、上海…?
すでに、3、4、5、各日毎に
舞台挨拶の短い動画が上がっている。

「五号之歌」歌詞が上がったのも初めてだ。
胡歌の歌は、演技者としての歌そのもので、
歌い方も、歌う声の質感も、
ほとんどが全く違っていて、
いつも陶酔的で、引きずり込まれる。

一種の魔力… とも言うべき。

しかし、普通のインタビューなどでは、
しばしば、曖昧な発声で、
ナチュラルな対応をすることが多い。

アナウンサーのテキパキした発声でもなく、
また、しばしば難解な単語も使うので、
字幕がない場合、言葉の把握が難しい。

「五号…」も、
「这个」「脸」「故事」「徘徊 Páihuái」…
などは、見事に聴き取れなかった。

「脸 Liǎn」などは、
何度聴いても「夜 Yè」… に聴こえるし、

「这个」も、珍しい音感…

しかし、とても美しい音感なのだね。
声の、類い稀な艶麗…



^ ^

日別画面へ

03月05日(金)

起床時刻:06時00分

曇り晴れ、夕方から雨になる、暖かい日。

離れの屋根を直してもらえることになったので、
カフェからの帰りに、
お茶の準備の買物をして、居間で待つ。

待てど待てど、現れず、
動き回って暖かかったのが、すっかり冷えこんで、
体調をくずしたらしい。少し寝こむ。

またしても、ひどい花粉症になっている。
来客もあったりして、ますます駄目である。
玄関外で、立ち話。
お互いに花粉症で、ソーシャルディスタンス。

屋根はなんとかなる。
そのあたりで、雨が降り出した。やれやれ・・

胡歌は、
3月4日~7日の日程で、「如夢之夢」に出ている。
映像が、すでに少し上がっている。

カーテンコールの風景。
手を広げて挨拶する、目が惹きつけられる。
身動き、笑顔、歩く姿、いちいちグサグサささる。
何と言っても、優雅で、色っぽい人なのだな。

「胡歌・五号病人之歌」の歌詞もアップされた。
聴きとれてなかったのねと思う。

あ、なるほど・・と思う。
美しい言葉・・

有没有谁 来过这个地方
有没有谁 看见过我的脸
我想我记得 我想我忘了
你曾经在我梦里徘徊
我想我记得 我想我忘了
我曾在你的故事里歌唱
我想我记得 我想我忘了 忘了
——如梦之梦

 誰か ここに来ただろうか
 誰か 僕に会っただろうか
 知っていると思う
 忘れたと思う
 君はいつも僕の夢の中を彷徨っていた
 知っていると思う
 忘れたと思う
 僕はいつも君の物語の中で歌を歌った
 知っていると思う
 忘れたと思う
 忘れてしまったんだ


如夢之夢・・ 五号之歌は、
聴くたび、「琅琊榜」を思う。梅長蘇を思う。

胡歌の歌声が、深く、夢に徘徊する。



^^

日別画面へ

03月04日(木)

起床時刻:06時00分

良い天気で暖かい。

陽射しは強く、岸辺を歩いていると、
木々の葉が光り、川の水も漣がきらめく。
桜は蕾をつけ始めているが、眩しくて、見えない。

花粉症は咽喉が痛む。効かない医者の薬。
入浴してみると、更にひどくなった。
冷たい水で、眼、顔を洗うと少し良いようだ。

「風中奇縁」九爺CUTを作ってある分だけ、
確認してみた。
ドラマがドラマなので、・・九爺の形象は好きだが、
やっぱり、梅長蘇の「琅琊榜」に引きずられる。
引きずり戻される感覚・・

「琅琊榜」は、ちょっとした魔物・・か。

「山河令」という最近のドラマに、
「琅琊榜」で、少年林殊だった张哲瀚が出ている。
7年後の今年は、胡歌が梅長蘇を演じた年・・30才。
あきらかなブロマンスで、
武侠ドラマとしても良くできていて、
かつてより、あじわいのある、
水の滴るような、すっきりした美貌になっている。

気になるので、チェックはしているのだが、
やっぱり「琅琊榜」に戻ってしまう。

恐るべきは、梅長蘇。

まあ、李逍遥・・も、ですけど。


^^

日別画面へ

03月03日(水)

起床時刻:06時00分

良い天気、早朝から陽射しは強い。

昨日の強風で離れの屋根が一部剥がれたらしい。
お隣がドアを敲いて来て教えてくれる。
やれやれ・・

そう言えば、屋根、ビルを飛び越える
スーパーマンとか、007とか、

欧米の人気シリーズには、
超人、英雄ものが多い。
超常現象ファンタジーはおもしろい。

「琅琊榜」のほかに、
見ていて心地よい、定番のものには、
「8femmes 」とか、ほかには、
「メンタリスト」最終シーズンの「パラダイス」がいい。
やさぐれている漂泊のジェーンがお気に入り。

少し、胡歌にも似ているよねと思う。
ジェーンは、メンタリストなのだけれども、
多分、本当は、サイキック、超常能力の人。

常識外の自由人で、
とりあえず、かなり、うらぶれているが、
風采が、どう見ても、際立ったエリート。

人の心理を見透かし、
あらゆる状況に詳通する聡明さは、
さながら、麒麟の才子・・に通じる。

敵対する巨悪に、家族を残酷に殺害されている、
復讐の意図の強さと、悲しみも・・
サポートする女捜査官リズボンの存在もいい。
霓凰の凛々しさ・・にも匹敵するかなと思う。

こじつけているのだけれども、
いろいろと、相似形・・はあるもので、

ファンタジーは、古装に限らない。
こういうのも、面白いな・・と思う。

胡歌は、「スターウォーズ」に出たいと、
言っていたような気がする。

発展してくれると嬉しい。
007風のコマーシャルMVも撮っているし。

とりあえず、「驯鹿」が撮影終了したという
ニュースをYouTubeがあげていたのは、

「繁花」より遅れていたのだね・・と思う。
意外・・



^^

日別画面へ

03月02日(火)

起床時刻:05時00分

雨降り、時々晴れ、曇り。夜も雨降り。

早朝、一時の雨上がりに、
継続しているランニングに出る。
息が切れて、しばしば歩く。

起きて、今朝は、働き過ぎたらしい。
掃除とか、硬い脚の屈伸とか、
思いたって、してみたせいか。

桜の蕾はあちこちで芽を吹き出している。
しかし、雨が止むと、風が激しい。

空は晴れたり曇ったり、雨だったり、
変幻きわまりない。

三月バーゲンで、米をまとめ買いしたいが、
雨が降るとキャリーが使えない。
10kg 買うつもり。

夜に入って、ベッド周りの幕を張ると、
花粉症がひどくなった。

ややや・・である。
フローリングの時は見えていた花粉が、
毛布やカーペットで覆うと、やばいらしい。

中途半端な掃除では効き目はなく、
少し暖かいのも、まずいのか・・。



^ ^

日別画面へ

03月01日(月)

起床時刻:06時10分

三月、弥生・・
今日はずっと曇り空の予報だが、時々晴れ間。

陽がのぞくと、暖かいので、空を見上げては、
曇らないでくれ・・と思う。

岸辺に、早咲きの桜が咲き始めている。
隣には、梅の木の花が開く。

あちこちに、椿、水仙・・
暖かさで、花もほろころぶかな・・と思う。

花粉症も盛ん。

字幕を書き取っているので、
繰返し見ている「琅琊榜」の梅長蘇も、あでやか。

油断すると、転変・・ 百変していくので、
ひとくくりにできないのが、
演ずる胡歌・・と言う人の特徴なのだが、

梅長蘇の、花のような美貌と、
「軒轅劍之天之痕」の宇文拓の雰囲気が、

なんで同じ人なのかと思う。
いや、宇文拓も、あでやか・・なのですよ。

毎朝、早朝の瞑想終了のたびに、
「軒轅劍」主題歌を爆発的に流しているので、
宇文拓のあでやかさは、実はしみじみわかる。

しかし、何より、梅長蘇は、可愛い。
長蘇自身のいろいろな表情を持つ・・とは言え、

基本は、花のような愛らしさに尽きる。
演じる胡歌自身も含めて・・

今現在、またしても第一回目なのだが、
藺晨が現れた時の、
対峙する・・胡歌・梅長蘇の、あのあでやかさは、
扮装の美しさもある・・とは言え、
一言では言い尽くせない風趣の集積。

目が、悪戯に笑う。
心を許しつつ、冷たくとりすました表情に、
コケットリの艶がにじんで、人を翻弄する。

人形のような静謐さに、
熱さが溶け出すような、情の濃やかさが見える。

敵対する相手には、冷酷そのものの、
非情さを見せるかと思えば、

深窓の令嬢・・かともまごう、温順の淑やかさ、
振舞いの、際立った清楚な美しさ。
立ち姿の端麗。

いまだに、目が眩む。


^^

日別画面へ