201904 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:04:03

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

04月24日(水)

起床時刻:04時15分

そろそろ明るくなる頃合い。

帰郷準備中。

ざわざわマイナスに傾きがちな心理を統制しましょ。


^^

日別画面へ

04月23日(火)

起床時刻:04時30分

連日の暖かさ、夏日だそうです。

乱高下する起床時間。夜中に起きているからね。

昨夜は、緊張しつつ11時のGOTライブを待った。
・・のですが、10時から! ですってば。
何を考えているのだろうか。

こういう失敗が多くて、
ほんとに間が抜けているとしか言えないか。

仕事を終了したので、肩の荷が下りました。
とても気楽に、朝の時間をゆっくり過ごせます。

お金は全くないので、次の仕事を考案中ですが、
とりあえずは、引越に専念中。

ところで、
「笑傲江湖・令孤冲」は、私のお気に入りキャラだ。

「胡歌」が以前、演りたがっていて、
「射鵰英雄伝・郭靖」よりは「令孤冲」に似ていると言っていた。
胡歌・郭靖の美しさは、激しく私の好みで、
彼の自己犠牲、無私の志を、胡歌は評価しているが、
無政府主義的な心情抱える自分は、
それについては、かなり無理かもしれない。
(つまり、老荘的無為自然…がいいなと思う。)

「笑傲江湖」は、李亜鵬版が好きだが、
イメージに残る作風は、神韻縹渺・・。

自由奔放、いたずらだが、境遇は彼に対して過酷。
策謀による誤解、孤独に流離い、常に死に直面して生きる。

まっすぐな心で、運命を切り開くのは、
恋人でもある許晴演じる任盈盈の助けも大きい。

二人は、深山の頂で、秘曲・笑傲江湖を合奏する。
瀟洒、聡明、脱俗・・ 神仙の風趣で。

神仙大好きな私は、
当然、地上に降り立った「仙」…のような
「胡歌さん」好き・・・

許晴は、「如夢之夢」の舞台で、胡歌と共演中。



^^

日別画面へ

04月22日(月)

起床時刻:06時00分

引越作業中。

実家の片付けにはいる。
力仕事多く、さすがに疲れる。

帰宅後、発熱の気配がするので休む。

「メンタリスト」がラストパートなので、
これも、ずっと見ている。

最近は、サイモンのジェインに、
なぜか「令狐冲」の面影を感じる。

こういう感想を持つ…って、
多分、私だけなのだろうと、思いつつ。

いろいろ複雑な状況の中、
なぜか思いきり楽しそうに笑う…
最近の「胡歌」さんの映像を見るたび、

面影が、いまや、
すべて、いっしょくたに押し寄せる…

どういうわけかな…と思うのだけれど。

「GOT」8-2 を見る。
朝の部はきちんと把握したが、
注意していたのに、夜時間を間違えてしまった。

こういうアホなことをするのだろうと
心配はしていたが、案の定でした。

夜の闇に響く歌声が、とても印象的だ。



^ ^

日別画面へ

04月21日

起床時刻:03時30分

曇り空です。

桜もだいぶ散りました。
八重桜は、葉と入り混じって、
お団子のように可愛らしく、くるまっています。

寒くもなく、作業には良い日。
帰郷して、引っ越し先の部屋の片付けをする。

人の住まない家は、ひどい有様になっている。

古いブラウン管TVは、一人で動かせず、
埃をかぶったままの家具、食器の類いが
山のようにころがっている。

大仕事です。

歩いて帰る街並みには、
ほとんど人の気配がなく、

皆さん、どこに潜んでおられるのかと思う。



^_^

日別画面へ

04月20日

起床時刻:03時00分

早く起きたので、3時のTVを見る。

「イタリア世界遺産」が美しい。
この時間は、いつも、なごやかな風景が多い。
めったに見ないのだけれど・・

朝早く支度をして、引越の準備。
荷物を詰め込んで田舎へ帰る。トンボ返りをして帰宅。
2往復は無理かな・・と、体調をはかる。

車中、ためておいた「胡歌采訪」の記事を読む。

「我志望大家漫漫忘記我了」

・・グサグサグサ !! ・・号泣。

世の中には、忘れられてしまう人たちが無数。
忘れないで・・と言って泣く人もいる。
忘れてほしい・・と言うのは、きつい。

しかし、お気持ち、わかることはわかる。
真摯に、懸命に、演技者として志向する胡歌です。

胡歌・・としての印象が深過ぎる。
作品を、役柄そのものを、真摯に受け止めてほしい、
そうだ。

そうなのか、そうだけれども、
百変胡歌・・ もともと角色、百変しているでしょうに。

でも、基本は、胡歌・・なのだよね。当然・・だと思うが。

まあ、ファンの思いが、強すぎるのか。
常にアイドルである明星、負担・・なのでしょう。

ただ、そこまで自分を追いつめなくても、
と思うと、胡歌謙虚も底なしに深く、

確かに求道者的な一面、垣間見えて、
胡歌、その心の在り方が、
普通の人間から見れば、悲し過ぎる気がする。



^^

日別画面へ

04月19日(金)

起床時刻:03時00分

今朝も少々不眠症ぎみ、1時頃からごろごろしている。

「メンタリスト」レンタルはシーズン5を更新。
佳境にいたる。

ほとんど覚えていないのは、
前回見た時には、興味をひかれなかったせいか。

おもしろいですが・・

「ゲームオブスローンズ」S8はダウンロード可能。
台詞字幕が、やはり違和感ないとは言わない。

WIFI通信量が、
あっという間に赤信号になっている。
アマゾンプライムは画質鮮明だが、通信容量も大きいようだ。

2017秋、YouTubeで「猎场」視聴時は、
あまり気にならなかったが、

当時、毎朝3時くらいから配信2回分を視聴可能で、
最終回に到る。ほぼライブ感覚だった。

「風起長林」は、ライブ配信されなかったので、
文句を言いつつ、だいぶ遅れてのDVDレンタル。

まっかっか赤信号が気になる、WIFIです。

引越には、思いきり物を減らすつもりだが、
遅々たる歩みで、迷いつつ、眺め暮らす。

ありがとうと言いたい。
部屋に対する文句は、たらたら言いましたが。

感謝と愛をもって接してみれば、
なにかと、幸福な感覚を覚えるものです。



^^

日別画面へ

04月18日(木)

起床時刻:03時15分

暖かい朝。

目覚めても、かなり肩凝りで脱力していて、
いろいろなニュースを見る。

島根、津和野の学校が紹介している音の漏れにくいスペース。
日本家屋、マンションの「だだもれ」状態も、
全体として改善してほしいものだと思う。

ピアノを使えなかったし、
いちいち、音量注意の張紙を見るのもウザったい。

どこのマンションでも、
騒音についてのストレスが大きいようだった。

これが改善されるなら、いいなと思う。

TIME誌が選ぶ、
「世界で最も影響力のある100人」で表示された写真、

「開拓者」の大坂なおみ、「指導者」のアーダーン首相、
・・映像の切り口が良くて、とても美しい。

選別する眼力に敬服してしまう、
当然なのでしょうが。凄いねと思う表現です。

しかし、なんにしても、
MyPCのへたれぶりには、毎毎、閉口する。
サイトを移動するたび、ずっと固まって検索もできない。

スマホでは、「GOT」をダウンロード、
こちらは、あっけにとられるほどに簡単。

IT事情も変遷するのでしょう。




^^

日別画面へ

04月17日(水)

起床時刻:03時30分

今日も良い天気、かなり暖かい。

道を歩くと、桜の花びらが風に舞い落ちる。
いつもながら美しい光景・・

今年は寒さ、乱高下長く、桜の見頃も長い。
今頃、これほど美しく咲いているのを見るのは、
珍しい気がする。

あちこち歩き回り、移転のためのかたづけなど、
力仕事も多くて、
夕方、仮寝をしていると、
ドクドク脈打つ血流が異常で、早めに就寝する。

無理せず、いきましょう。


^^

日別画面へ

04月16日(火)

起床時刻:05時45分

目が覚めると、すこぶる良い天気だった。

4月15日「GOT」世界同時放送参加はOK!
しかし、アマゾンプライムも入りたてだったし、
ライブ放送再放送を待ちつつ、
かなり不安で、かなり緊張した。

「ゲームオブスローンズ」S8最終章は、
期待を裏切らない、素晴らしい仕上がりです。
録画して繰り返し見たかったが、
緊張し、すっかり疲労し、気力なくなってしまった。

ネタバレ、私は大歓迎なので、
(と言うより、もう見たし・・)
感想アップしてあるサイトを渉猟する。

ついでに、胡歌映像も多いので、
そちらにも流れて、夜は更け、時は過ぎます。

36才胡歌・・
美しくなくて、かっこよくなくていいでしょ、
と言って、楽しそうに笑うのだけれども、
素顔の本人が、
いや、多分、演技者としての本分もあるのでしょうが、
髭があろうとなかろうと、恐ろしいほどに美しい。

見るたび、感嘆を禁じ得ない・・

そういうわけで、明るくなるまで爆睡・・



^^

日別画面へ

04月15日(月)

起床時刻:04時30分

日ごとに暖かくなるようだ。日の出も早くなった。

今日は眠れなくて、やや閉口する。

そろそろ引越の手配をしなくてはいけない。

どこまで荷物を減らせるのか、思案中だが、
処分できないものも多く、また、
必要なものまで捨ててしまいそうな気もする。

本をまとめて、売りに出すのだけれど、
語学レッスンを入れていたので、
時間を変えて、キャンセルと予約を入れ替え、
予約時間に間に合うように、
通勤の経路を変更するつもり。

4月15日は、「GOT」S8配信。
これも、かなりドキドキもの・・

先週はビデオ録画予約を忘れて電源を切っていたり、
PCが、一時真っ白になっていたりして、
あれこれ、気にかかる。

WIFI移行はうまくいったが、
業者案内、説明の不適切なのも確かだった。

アマゾンプライムの契約は
あっという間にOKになった。

以前のスタチャン契約の映像よりずっと鮮明なのは驚く。


^^

日別画面へ

04月14日

起床時刻:03時20分

良い天気、お花見日和だった。

桜は満開、
近所の八重桜も濃い色が美しい。

帰郷してみると、裏の小川に沿って桜が満開。
そろそろ花びらが散りかけていた。

駅までの道をゆっくり歩く帰り道、
これほど遠かったかと思うほど、ゆっくり、
桜の景色は人をなごませてくれるにしても。

伯爵(ピアジェ)ビデオがさまざま流れている。
胡歌は白いスーツ、髭で映っている。

季節が季節だから、髭も成長するのだそうだ。
采訪もいろいろ、リラックスして楽しそうだ。
大人の顔にみえるが、とても美しい。

サイモンのジェインも、大人にしか見えないのだが、
やっていることが、無邪気いたずらなのは、

胡歌本人の、無邪気いたずら・・にも、
ちょっと似通っているかと、少し思う。



^^

日別画面へ

04月13日

起床時刻:03時30分

良い天気です。暖かいらしい。

昨日の独語はあまりうまくなかった。
テキスト練習方法がまずかったかと思う。

でも、知り合いと再会、一年ぶり。
講師はフレンドリー、イケメンで好感がもてる。

ドイツは悪いことばかりで、日本大好きなのだって。
あれこれ並べてみてくれたので、
ほんとにドイツ人か? と、訊いてしまった。
(うちの上司は日本人だがドイツかぶれ・・)

「GOT」は大好きだと言っていた。
グッジョブ!
まあ、しかし、外人講師は皆「GOT」好きだ。
同学で、見ている人に会ったことはないが。
(「琅琊榜」もです。残念・・
 しかし、それなら、15日GOTは、大丈夫かな。
 アマゾンプレミア:スタチャンEXで見るつもり。)

今日は、朝早く帰郷の予定。
ひっこしなので、荷物運びをする。

不用冷蔵庫を処分するのに、8000円だと言われた。
ミニ仕様なので、持ち運べる程度。
持ち帰ったほうが無難かと・・

引越の荷は、なるべく減らしたいのだが、
無駄な努力だろうか。

昨日は、WIFI移動に2時間もかかったし。
なにかと疲労・・

気を取り直して、がんばりませう!


^^

日別画面へ

04月12日(金)

起床時刻:03時30分

暗いうちに起きる。

習慣が定着してきて、体調悪くない。

ルーティンのSNS確認して、身支度と食事の支度。
今日はドイツ語テキストの復習をゆっくり確認して、
なおかつ時間がある。

なかば無意識な気分でリフレッシュされた頭は、
面倒な対策にも比較的取り組みやすいと感じる。

テキストを開くと、
さぼりにさぼっていた教材だなと思う。

廃棄処分に移行する前に、少しお勉強してみよう。

混雑する電車内で隣に立った青年が、
周囲に飛びぬけて背が高かった。185くらいかな。

思わず、高さをはかってしまったが、
こんなに違うものかと・・ちょっと驚く。

群衆の中で見る胡歌が、(胡歌185)
いつも頭ひとつ飛びぬけて背の高いのは、こんなかと思う。

でも、ドラマの出演者は、
いつも、おっつかっつで、胡歌と並んでいるのは、
みなさん背が高いのか、スペシャルエフェクトなのかな。



^^

日別画面へ

04月11日(木)

起床時刻:03時30分

良い天気ですが、風は冷たいようだ。

昨日は雨ふりで、ひどく寒く、
満開の桜も、ライティングを離れると寂しそうに見えた。

「メンタリスト」はレンタルを更新しているが、
全部見ていないわけではない。覚えていないだけだ。

長いシリーズなので、終盤に入るまえに、
最初見ていた時は、少し飽きていたのだけれども、

今回は、見るほどに、なぜか興味深いのは、
演技のディテイルに、
「あ、似てるな・・」と、つい感じてしまうことだ。

見るからに、端正、知的な、大人の風采ながら、
子供のような奔放さ、奇想天外な着想で周囲をかき乱す。

見ようによって変化する、とても華やかな美貌、
いたずらな態度に垣間見える、ふと翳る表情が、
つい胡歌を連想してしまうのは、一体どんなふうに、
私は胡歌という人をとらえているのかなと思う。

サイモン・ベイカー、彼は良い俳優です。
現在は、監督業にも従事しているらしい。
「メンタリスト」というドラマも、再評価中。



^^

日別画面へ

04月10日(水)

起床時刻:03時15分

早起き早起き・・

一日を自分の時間大切に過ごすには大切なルーティン。

WIFI移行がうまくいかないので、かなり不安だが、
とりあえず、古いデバイスで運用中。

アマゾンプライムを契約してみた。
映像はきれいだし、かなり安定しているので、
多分、大丈夫かと思う。4月15日の件です。

「メンタリスト」も日本語字幕版がある。
DVDの字幕切替の自由自在さには及ばないので、
とりあえず「GOT」も、DVD発売の前哨戦として。

本棚の整理をしていて、CDを見つけたので、
今朝は、「ドイツリート」を聴いている。

独語レッスンの予約を金曜日に入れたので、
少しはまじめに勉強したい。

「Tango Notturno(夜のタンゴ)」を聴くと、
ジュリーACTを思い出す。
さすがに、あの声、歌い方の美しさには及びもつかない。



^^

日別画面へ

04月09日(火)

起床時刻:04時00分

昨日の雨とうってかわる晴天。

八重の桜が満開になったので、朝の通勤路を変えて
桜並木の道を歩く。まだ、花びらは散らない。

WIFIを更新したが、案の定使えない。
スマホもPCも使えなくなって、
貴重な朝時間を無駄にしている。

ムカムカしつつ時は過ぎるが、
まあ、短気なことも確かなので、
冷静になるべきかも…


。。

日別画面へ

04月08日(月)

起床時刻:04時30分

小雨模様の朝。

wifiも小雨模様かな。
機種移行途上か、雲がかかっている。

録音用ラジオの調子もすこぶる悪い。
だいじょうぶか・・と思いつつ。

昨日、仏語レッスン。
長い長い間、かかずらわっているわりに、
まじめに勉強せず、まずいなとは思っていたが、

今回、提示された題材が、
「ルイⅦ」テキストの資料で、少々驚く。

アキテーヌのアリエノール、ヘンリー・プランタジュネット、
第二次十字軍への遠征などなど、
トマス・ベケットの名まで出ている。

多分、私の得意分野だ。

フランスの歴史には詳しくないので・・
と、前回言ったのだけれども、そうでもなかった。

適当に話をしたので、思い違いも多かった。

訂正をかねて、
きちんと説明できるような態勢を整えてみようかと、
反省の念もこめて思う。

どうすれば、語学は、効果的に身につくのか、
いろいろ試しているので、
あらっ・・と思うようなことも多い、今日この頃。

ずいぶん遅い歩みだ、蝸牛にも劣る。


^^

日別画面へ

04月07日

起床時刻:04時00分

良い天気、暖かいが、油断は禁物である。

暗いうちに起床、しかし、目が痛い・・
本の整理をしなくてはならず、本棚を眺めている。

前回引越の時に、どれだけ消耗したことか。
考えると、ぞっとします。

読んでいない本も多い。

今回は、「淮南子」を手に取ってみる。
読む・・と言うよりは、見る、ばらばらっ・・・と。

魄魂に問いて曰く、「道は何を以て体と成す」と。
曰く、「無有を以て・・」

「紅楼夢」で読んだことばとして・・
「無の有たる処、有もまた無。 有の無たる処、無もまた有」

こういう空虚な問答がけっこう好きで、
虚無の境界で遊ぶ。
神農、伏犠、女禍・・への言及。
聖人としての・・黄帝の治世を理想とし、
四界は治まり、天地の運行もそれに従うという神話的な虚構。

漢武帝の時に、
高祖孫にあたる編者劉安は謀反により自死、
淮南は滅びる。

「軒轅劍之天之痕」にも、
「神農・伏犠・女禍」他神話人物名が現出していた。
「天之痕」は、当然、女禍・・だし。

電車内映像で、「謀りの姫」ゲーム広告を見た。

ディスプレイ上、華やかに次々現れる登場人物は、
年貴妃、武媚娘、貂蝉、蘭陵王、
神農、伏犠、東方朔に、宝玉や黛玉までいる。

しかし、さすがに、
「仙剣三・"麗しの飛蓬"」が出ていたら、敬服します。

胡歌は、李逍遥の頃から、コミカルな演技は多く、
イケメン枠を共演者に譲っている気配もあったが、
(霍建華、袁弘、王凱・・など、
 いずれも超イケメンで、胡歌CP大騒ぎだった。)

決定的な瞬間に、胡歌の透明、凄絶な美しさは、
誰もまねできない印象の深さで人を圧倒している。
で、センター枠ゆるぎようがない。

「仙剣三」は、人物紹介の画像が美しかった。
アニメはひどかったが、あの絵がとてもいいのは、
人物本体の美がしからしむるものかとは思う。

「琅琊榜CUT」は、MP4にしてみたので、
画像劣化なしで、データサイズが小さくなり、
無限ループがOKなので、ずっと映像を流している。
各人対峙の「梅長蘇」は、表情、印象が全部違う。
わかっているのだが、興味深い・・

さてと、
wifiの新しいガジェットが届いたが、
めんどくさくて、そのままになっている。

15日開始の「GOT」ファイナルシーズンは、
無事に見ることができるのだろうか、心配だな。



^^

日別画面へ

04月06日

起床時刻:03時30分

良い天気、暖かい。

八重桜の並木は、まだ蕾で、
これからが楽しみです。

今日は英語練習、「実践ビジネス英語」を再開する。
ずっと、さぼっているので。

口跡が良くないので、
「歩歩高漢語」のシャドーイングも練習する。

胡歌「朗読者」も見る。

最近見る胡歌は、ほとんどがCFや雑誌だが、
「越来越来完美」・・の印象が強い。

「琅琊榜・梅長蘇」の成功以来、
彼の受ける、そうした映像は、優雅良質なものが多く、

彼の感性を更に磨いているような気もする。

胡歌古装が好きだったけれども、
彼の芸術家としての可能性は、
必ずしも、そこだけにあるわけではないのは良くわかる。

今年は、各種映画の出演があり、
それが、どんなふうに現出するのかわからないが、

楽しみにしているところ。


^^

日別画面へ

04月05日(金)

起床時刻:04時30分

今朝も良い天気です。暖かくなるとか。春支度で良いか。

昨日は漢語レッスン。3人の参加。
聴き取りが難しく、帰宅後、珍しく復習にいそしむ。

音と文字が乖離していて繋がらない。
四声がいいかげん。
何度やってみても、忘れてしまう。覚えていない。

「朗読者」をシャドーイングしようとしても、
(歌は、四声覚えられないので、アウト・・)
発声速過ぎて、ついていけない。口がまわらない。

美しいのだけどな・・
実力がついていっていない。
地道に練習してみるしかないのでしょう。

仕事終了すると、もうぐったりしているが、
だめだめなわりに、レッスンのあとは元気だ。

頬を吹きつのる冷たい風も嬉しい。
繁華街の煌めく光景は美しい。

地元に帰ると、
昼は索漠とした粉っぽい風景が、
「千と千尋」のような異界めいた街灯りでゆれる。

う~ん、ビデオ見てみようかと思ったが、

まじめに勉強してみませう!


^^

日別画面へ

04月04日(木)

起床時刻:04時30分

良い天気。風は冷たいらしい。

ゴーン再逮捕のニュースが流れる。
・・報酬、特別背任の問題であるにしても、

彼の突出した業績は、あるいは、サイコパスの一面、
心の痛みを持たぬ人間の仕業でもあったのかと、疑いがわく。

朝の光のなかで、
「一吻天荒」、胡歌の歌声が響く、心を動かしている。

最近、ジュリーを聴かない。

ジュリー、彼の歌には、内容が必要なかった。
彼の歌声それこそが、ひとつの世界そのものだったからだ。
甘やかに、氷と炎を標榜した、絶妙の声とサウンドが・・

ただ、もうひとつ、欲しい世界があった。

ある種のセクシュアリティに深く関連する、
外貌の美への陶酔が、人を一種の高揚に、カタルシスに導くとしても、
もうひとつには、英雄の物語が、とても好きだったので。

英雄の物語、
それは、胡歌古装が多く表現してきたものでもある。
そして、胡歌の歌にもあるように、いずれは、失墜するもの。

それは多分、ひとつの神話的な類型、アーキタイプ、
物語は、ほぼ同じように深層心理のたどる軌跡をなぞる、
再生の試みのひとつを示唆するものだからだ。

解けぬしがらみに、人はしばしばがんじがらめになる。
暴走する衝動の抑えがきかず、情動は暴発して、
人との共生を破壊してしまおうとする。

そういう時に、やさしく降りつのる慈雨にうたれるように、
涙とともに、思いは、わけもわからず、溶けることがあるのを感じる。


^^

日別画面へ

04月03日(水)

起床時刻:04時30分

朝の眩しい光がベランダに入っています。

疲れて帰宅後すぐに仮眠をしていると、
真夜中に元気になってしまうパターンで、
やっぱり、ビデオを見ているが、

今朝の体調は良好。
いつも発熱ぎみの花粉症も軽いようです。

就寝時「琅琊榜」音源ずっとオンなのは、
いわゆる子守歌がわりで、かまわないのかと思う。

ビデオ「メンタリスト」
ジェイン・サイモンには、「ヒューマニスト」に引き続き、
なぜか、胡歌の面影が見えてしかたがない。

胡歌の繊細多様な美貌・・とは全然違うのだけれども、
「麒麟の才子」風趣・・と言えば言えないこともない。

引越をひかえているので、
今朝は、椅子やパソコンラックなどを処分。

本類も選別しなくてはいけないが、
処理中、つい読みふけってしまうので、進行しない。

NHKムック「マルクス・アウレリウス」を購入。
副題は、「自省録」

・・自らの戒めと内省こそが、共生への道となる。

皇帝だった人ですからね、むべ。



^^

日別画面へ

04月02日(火)

起床時刻:05時15分

寒い日。

ニュースは、新元号に関して、
大宰府天満宮・・から、
大友旅人石碑のある麗しい風景を見るのは、
どこか懐かしい気がする。

昨夜、大変疲れて、仮眠していたせいか、
夜中に目が覚めていた。

レンタル更新して「メンタリスト」を見る。
レッドジョンを名乗る男を射殺したジェイン入獄す。

米国人気ドラマを見ていると、
趣向は、中国古装の主人公設定を思わせたりもする。

ある種の類型として、
主人公のほとんどは、超常的、つまり天才的な能者で、
状況は変わるが、さまざまな事件、困難を解決していく。
(パトリック・ジェインは、多分、サイキックだし・・)

周囲に配する人物設定、
女性捜査官リズボンのタフさ、
辛辣だが、やさしさと理解を示す、やりとりの絶妙さ、
などなどが、いいな・・と思う。

ただ、古装英雄は、しばしば空を飛んだりする。

日本でも、昔々の忍術者設定は
空を飛んでいたよねと思う。
「児雷也」・・なんて、確かそうだった気がする。
手に印を結んで、雲に乗っていたような・・

いつから地道に地を這うようになったかと言うと、
多分、白土三平氏忍者設定が世の中を席巻したあたり、
からかもしれない。

大衆の底流にあった荒唐無稽な設定が、
すっかり影を潜めていった感がある。

ちょっと索漠…の気がするのは、
臆面もなく、空飛ぶ光景を見てからかもしれない。

同僚に「琅琊榜」を少し見せてみると、
「飛流」空を飛ぶ湖のシーンを、
「漫画か」・・と言うので少々考えた。

いや、違うのよ。
(漫画の質の高さを否定はしませんが、この際)

彼の地の民衆伝統として、道教浸透率の高さがある。
そもそも「西遊記・孫悟空」は、觔斗雲に乗って空を駈ける。

最近「仙剣」系統では、「剣」に乗って飛ぶ・・けどね。
本来、神仙は、雲に乗って空を飛びます。
(私自身も、空飛ぶ夢は、よく見るのだった・・)

とにかく、空飛ぶ英雄設定に、違和感はないはず。

ワイヤーアクションの見事さは、
そのあたりの伝統から来るものではないのかなと、

思ったりもしている。

まあ、しかし、一般に、
ドラマのVFX特殊設定の趣向はへたれが多い、
・・のは、確かかな。残念。
(映画は、悪くないのだけどね・・)

気分は、少々低調・・



^^

日別画面へ

04月01日(月)

起床時刻:04時15分

4月になりました。

朝から思いっきり良い天気です。
快調! と言いたいけれども、少々体調悪い。

きちんと眠ることが大切。

日本が長寿国と言われるのはなぜ?
・・と訊かれたが、そうなのだろうか。

とりあえず、温泉が多く、良い睡眠をとること。
・・と、応える。

きちんとした食事も。

4月の終わりには、田舎に帰ることになったが、
部屋を見回したところ、
体力もないのに、
ほんとに引越できるのかと・・

昨日の気分は、「軒轅劍之天之痕」
諸将をひきいて軍令を発する、
胡歌・宇文拓の、凛々しくも凄みのある声がつぼ。

心理・・少しすさんでいたかと思う。

作品にチープな造型、指向のあったりするのが、
連作中、いずれにもみられるのが残念なのだけれども、
胡歌出演シーンは、いつも面白く、いつも印象が深い。

古装造型が特にそうで、
とりわけて、胡歌作品にそれを感じるのだが、

現代劇と違うのは、多分そこには、
人間心理の底に潜む感情、志向するものの原型が、
時に類型化したりはするが、より精彩なかたちで現出する。

そこでは、愛の形も、より単純で純粋、
心は、昇華による清らかさ、高貴さを標榜する。

胡歌は、その神秘を巧まずして見せてくれる。
喜怒哀楽・・表現の細やかさで。
百変する外貌の美しさで。

稀有な存在として、見る人の心を掴むのだ。


^^

日別画面へ