20201002(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 04時15分

今日の気分(本文)

今日の日の出… 5:35! 

2020年10月1日は中秋の名月だったらしい。
胡歌・企画の映像も上がっていた。

秋分日以前の、
一番近い朔(新月…9/17!)の日を1日目として、
15日目を中秋とするのだとか。来年は、9月21日。

ちなみに、仲秋は八月、
七月は孟秋(初秋)、九月は季秋(晩秋)。

満月は今日だが、
ポツポツ… 雨音がきこえる。

「鵞鳥湖の夜」に関して
桂纶镁インタビューがアップされていた。

 胡歌はシンプルで無邪気な人。
 だからこそ、撮影中も無我夢中で
 キャラクターに近づくことができる俳優なんだなと
 感じました。
 …撮影中、実は私はあまり体調がよくなかった
 …彼はつねに私をサポートし、励ましてくれて、
 それには本当に助けられました。

胡歌は、桂纶镁の体調に気づいて、
撮影を明日にしようと提案したが、桂纶镁は頑張ったと、
そう言っていた。

胡歌の、気遣いの細やかさについては、
静妃を演じた劉敏濤も言及していた。
 演じていて辛かった時に、
 気づいてくれたのは、胡歌…だけだった。

…と、友人との対話で打ち明けている。

「シンプルで無邪気」コメントについては、
劉濤も言っていて、こちらは、2015年末の放送で

 胡歌は、とても単純な人…

日本語で読み取ると誤解しそうな言葉で
少々気になった。

確かに、胡歌は「赤子之心」が常態の人。
表面に見える態度は、
多分、本当にそういう、無垢そのものの様子…
なのだろうと思う。

でも、実のところ、胡歌は… 複雑そのもの。
単純… と言う言葉が難しいのだなと思う。

長年の親友である袁弘氏でさえ、
 胡歌は謎…

…だよ、と言っている。
彼は結婚する時に訊かれたそうだ。
 実のところ、あなたは胡歌を愛しているの?

世間の取り沙汰も、当事者も平然たるものだった。
あ、それは、今もだ…

袁弘は、自分は…胡歌迷(ファン)なのだって、
その時に言っていた。

デビューの「蒲公英」が
胡歌を、「神秘人」Shénmì rén と呼称していたのが
示唆的だなと思える。



^ ^