201312 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:05:03

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

12月27日(金)

起床時刻:06時30分

仕事おさめだった。

前日の納会で、胃腸が不調である。絶不調。

しかし、友人がライブチケットを融通してくれたのだった。
「タイガーズの再結成ライブ」東京ドーム公演だ。
すごいね。。

12月に10か所ほどライブを企画して
すべて即完売だったそうだ。
東京ドームも満杯の人だ。

ご夫婦で参加している方々とか、
昔からのファンの方々とか、いろいろである。
声援はあたたかい。

メンバーは、ほとんど70歳近い。
ずっと現役を続けているジュリー以外には、
なかなかしんどいのではあろうと・・・察せられる。

しかし、ジュリーの歌声は甘く、やさしい。
ライブも進行するにつれて、声はのびやかさを増して、
きく人のささくれだった心を静かに癒してくれるようだ。

ジュリーを、あらためて再認識したライブでした。

もう少し、私も、この溶けるような世界の響きに
浸っていてもいいのではないかと。。。

^^

日別画面へ

12月23日(月)

起床時刻:05時30分

「ルードヴィヒⅡ」を見た。

かつての、ルキノ・ヴィスコンティのリメイク版かと思っていた。
構想を新たにした新作でした。

ヴィスコンティのバージョンも確認してみたかったが、
いまだしです。

ワーグナー「リング」「トリスタンとリゾルデ」
オペラで出演する主演の歌い手のビジュアルがかなり残念。

リング、ラインの黄金、ジークフリート・・・
世界を統べる力を持つとされながら呪われた指輪。
それに、「ベイオウルフ」・・・

・・・というと、「LOTR」へ、必然的に連想が働く。

アラゴルンを演じるヴィゴ・モーテンセンの眼差しに、
「LOTR」の神話的な世界の表象が浮かび上がる。

美しく深い眼差しだ。。

^^

日別画面へ

12月22日

起床時刻:05時30分

「フリードリッヒⅡ」を読む。

バルバロッサと呼ばれたⅠの孫にあたる神聖ローマ皇帝である。

軍事でなく、ネゴシエイションによって、
十字軍のコーズであるエルサレムを平和裏に獲得し、
キリスト教徒とアラブ双方へ手をさしのべたにもかかわらず、
血に飢えたローマは、あくまで、キリスト教徒とイスラム
双方の血を流させることを要求してやまなかった。

「神がのぞんでおられる」・・と言っていたそうだが、
誰が神の言葉を聴いたのかしらね。

人を理解する・・・こと一つ、
血なまぐさい歴史によって、それが不可能なことを
どれほどに実証してきたことだろうか。

^^

日別画面へ

12月21日

起床時刻:04時30分

眠りが足りないみたいだ。

事務所で扱っているチケットの一つだった
「終戦のエンペラー」がDVDになったので、見てみた。

主役は、マッカーサー役のトミー・リー・ジョーンズではなく
ボナー・フェラーズ役のマシュー・フォックスである。

ポスターでは、マシューの顔が良く見えず、
ジョーンズが中央にいて、気がつかなかったが、
マッカーサーは、かなり俗物的な扱いになっている。

日本ではタブーである問題・・というコメントもあったが、
日本への視線はやさしく、日本も美しくみえるのは秀逸。

ドラマもボナーの恋が中核にあって、印象は繊細である。

恋人と、竹藪のなかで笑いあう情景・・・を見ると、
日本である・・としては、ごく自然ではあるにしてもだ。。。

「LOST」のオープニングが、どうしても
目に浮かぶのである。。。

飛行機の遭難で、マシューの目覚めたのは、
得体のしれない島の、竹藪の中・・・なのだから。

この映画はハリウッドの大作・・なのだけれども。。

というわけで、

「LOST」最終回から、もう一度確認をはじめる。

あまりに長くて、しまいのほうは覚えがないしね。。

^^

日別画面へ

12月20日(金)

起床時刻:05時30分

大掃除の準備。

粗大ごみの申し込みをしてみた。
すべていっぱいで、正月あけの6日しかあきがないとか。

気分がそがれることこのうえない。

やる気がなくなってしもた。

^^

日別画面へ

12月19日(木)

起床時刻:04時20分

雪になる予報だったが、とりあえず雨模様。

寒い朝です。肩凝りにも注意。

バオバブ? (世界のニュースザッピング)
薬にも食料にも、飲み物にもなるそうです。
そうなの? 

さあ、今朝もとりあえず、がんば^^

^^

日別画面へ

12月17日(火)

起床時刻:03時30分

目覚めると3時で、そのまま眠れなくなる。

考えなくてもいいことをあれこれと考える。
いや、ひょっとすると考えるべきことだったのかな。。

またしても、眠れない。

適正な方向性・・というものはあるのだろうか。

^^

日別画面へ

12月16日(月)

起床時刻:05時27分

今日も寒い。とても寒かった。

夜、ビデオをかけたまま、すぐに眠ってしまって、
チェックしてみると、ほとんど見ていなかった。
ふ~ん、というわけで、朝からビデオ。。。

「Game of the Throns」です。

またしても、ついはまってしまうので。。
せっかく早く起きてもなんにもならない。

とりあえず、きりのいいところまで見たところで、
朝の準備にかかる。

カフェで朝食をとって、仕事にでかける。

絶好調・・ならぬ、絶不調・・でありました。

仕事を開始したころから、体調が良くないのに気がつく。

というわけで、本日もやっぱり、いろいろ腹のたつことが多い。

と言っていても始まらないので、
気を取り直して、お仕事に励むことにする。

さすがに、これほど、とげとげした環境では、
いずれおさらばとなるのも避けられないだろう。

帰路、本を買って、
カフェでお茶を飲んで、ジム立ち寄り。

今日は人が少ない。12月だからかね。。

リラックスして、身体をあたためる。
少し、絶不調から回復したような気がする。

^^

日別画面へ

12月15日

起床時刻:05時30分

寒くなった。このところ頭痛がひどくて、肩凝りもひどい。

泥縄式でジムに行ってみたり、
水泳するのもかったるい今日この頃なので、
蹴伸びで水中移動して、肩凝りの状況を確認する。

それって、脳梗塞の前兆じゃないの?
と、容赦のない同僚がいう。
うん、まあ、いいけどね、そんな感じではあるので。。
しかし、なにかと、あいかわらず腹がたったりする。
短気なやつなので。。

会議はあいかわらず。むだな会議ばっかり。
同じ自慢話と、無意味な攻撃と、無意味な資料の大量作成と。
腹がたつので、冷静に対処できなくなるから、
会議の席上でさえ、大声での喧嘩になってしまう。

おたがい、しようもないばかね、とは思うが、
状況はあまり改善しないので、こんなもので推移していく。

ストレスはきつくて、
脳梗塞になりそうになるのもむべなるかな。。

まあいいや・・

というわけで、しばらくひどい状態だったが、
ちょっとだけ休んでみて、(早退とかしてみた)
少しはきちんと眠るようにもしてみたかな。

そのうち、ひっくりかえることもなく、
とりあえず無事で、ちょっとは頭痛もおさまってきた。

12月14日だったので、
「47Ronin 」を見てきた。キアヌ・リーブス主演。
ちょっと妙なアンサンブルである。
サムライ文化に、程度問題で、リスペクトは感じるけれども、
あきらかな異次元世界の即成ファンタジーか。
カイ役のキアヌは、立居みごとに仕上げていて、
そもそも、質素なしつらえなので、よく似合っているが、、
全体として、日本風衣装デザインには違和感が大きい。
変型の意匠を加味したところで、どこにも美は感じられない。

本編上映の前に、予告編で「ホビット 竜に奪われた王国」

あらゆる意味で、深い思いいれのあるファンタジーなので、
文化意識、精神世界の深さからみても、レベルが段違いかなあ。

トールキンの創作世界は他に類をみないものだし、
ピーター・ジャクソンのディレクションも的確。
トールキンの世界をさらに拡がりのある映像の領域へ
見るものを導いていってくれる。

ドワーフのうたが、これほど心に沁みるものになるとは、
見るまで想像もしていなかったし、
エルフの登場は、角笛の響くのがきこえただけで
その霊妙な存在の予感に心がわきたった。

とくに、「ホビット」のテイストは、
原作よりは、「ロードオブザリング」の感覚に近い。
トールキン教授の初期の創作の推移とは違うからだ。

それだけ、子供の楽しむものから、大人のテイストへの
変化があり、世界の拡がりがあり、深く重くもなっている。

ただ、ホビット・ビルボ役のマーティン・フリーマンが
オリジナルの軽妙さの基調を保つ鍵の役目をよく担っている。

かつ、ドラゴン・スマウグが、マーティンの相棒ともいえる、
ベネディクト・カンバーバッチというのも絶妙だね。。

とても楽しみ^^

^^

日別画面へ

12月03日(火)

起床時刻:04時50分

5時、田舎では自宅を出ると外は真っ暗だった。
満月の朝は、月の影があって、足元が明るくなった。

暗い冬の朝に、駅に向かう道の長さは
けっこういやだった。

都会では、空もやや明るい。
ビルの窓に明かりがみえる。

土曜日の夜に、短い時間だが、
レインボーブリッジのあたりで花火があがっている。

貿易センタービルの展望台に登ってみた。
柱のかげから小さな花火のかげがみえる。

そんな感じなのね。。

東京の夜景を、良く見ていないなと思う。
東京タワーに行ってみようか。。

^^

日別画面へ

12月02日(月)

起床時刻:05時15分

寒くなってきた。朝の日の出も遅くなった。
あっという間に時が過ぎる。

時間はますます少なくなる。
年をとるにしたがって、時間は短くなるのかな。。

本の整理をしようとして、つい
「ゲイムオブスローンズ」の原作本を読み始めた。

文庫本だけれども、800頁強もある本のシリーズなので、
車中で読んだり、カフェで読んだりするにつけても、
ひ弱な手首には負担が重くて、
ほとんど腱鞘炎になってしまいそうだ。。

クラウド超仕事術・・みたいな本も読む。
狭い書棚にあふれる本を電子書籍にしたら・・?
みたいなおすすめの本もあるのだが、

名刺の電子読取でさえ、時間がかかっているのに、
まして、本の電子書籍自炊なんて無理だよなあ・・
と思うよね。。

^^

日別画面へ

12月01日

起床時刻:04時20分

あっという間に12月になってしまった。

風邪ぎみであったり、
いろいろなトラブルがあったり、
怒りっぽい人間なもので、激高してみたり、
感情が身体に及ぼす影響もあまり良くないが、

このところ、またしてもジムに行かないし、
運動もしないし、ブログも書かないし。。

しかし、朝になり、時がたつと、
そうした経緯もリセットされます。
それは、良かったり、少しは困ったことでもあったり。。

どうすれば、トラブルを改善できるのかと、
心をくだくあれこれのメソッドへの苦心も、
いつのまにか水の泡のようにどこかに漂っていく。

どこかにあるのだろうね。。

本を買うが、積んでおくままのものも多く、
気がつくと同じものがあちらにもこちらにも散見する。
居住面積も大きくないので、どうしたものかと迷う。

見ているビデオは「SUITS」。。
長いシリーズだが、ゆっくり見始めたところだ。

弁護士二人のドラマだから、むろん、トラブルの対処についても、
示唆を含むセリフの数々は多くて、なにかと興味深い。

私自身の心理の構えや、言動の不適切さなどについても、
ひょっとするとねえ・・とか、気づかされることも多い。

シナリオを書く人たちの努力、洞察の深さに感嘆します。
敬服します。確かに、すごいね^^

不肖、おのれを反省する糸口のひとつともなるよね。。

^^

日別画面へ