201710 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:04:15

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

10月31日(火)

起床時刻:06時15分

咽喉が痛い。風邪を引いたかもしれない。

日本の家屋は寒い・・という随筆のコメント。

私宅・・だけではなかったのね、と思う。
おしなべて、どこでも日本家屋は寒い・・らしい。

あまりにも寒くて、
足元がすっかり冷えこんでいるのに、
昨日はずっと床のうえで作業をしていたのが失敗かな。


。。

日別画面へ

10月30日(月)

起床時刻:04時16分

風がつよい。

びしょ濡れの昨日の持ち物は乾かない。
外に干すには風が強過ぎる。


^ ^

日別画面へ

10月29日

起床時刻:03時00分

台風22号が通過中。

今日は一日在宅で、部屋の整理をする予定だったが、
ちょっと外出してみる。
びしょ濡れになりつつ、あちこち彷徨う。

図書館で、WIFIが切れていてファイルが開かない。
無駄に時間を過ごして退出。

近所のマックで、
窓辺、外の雨を眺めつつ、考え事。
どうもね、在宅だと、寒さで脳死状態で。

またまた、びしょ濡れになりつつ、
買い物に歩く。何か食料を買ったようだったな。

帰宅すると、少しは頭もましになっていて、

電話をして、スカパーを解約。かんたん。
モバイルWIFIをひとつ解約。
本を整理、箱詰めをして、
ブックオフ買取の予約を入れる。20%アップクーポンあり。

「瑯琊榜」巻1枚目を見返してみる。
うん、やっぱり、ただものではないね、胡歌くん。
存在感がすごいです。
サイトを渉猟して、評価もいろいろ確認する。

「仙剣三」を見た目で「神話」を見てみると、
易小川(イーシャオチュアン)・・って、
ほとんど景天(チンティエン)のキャラをひいているのがわかる。
最初だけね。
景天も、ラストは、憂愁の翳りが出てきてしまうので、
ひとことでは言えないが、
魔物が景天の姿を借りて現れた時の表情の妖美さには
梅長蘇もこれほどじゃない・・
びっくりするが、
小川(シャオチュアン)の変身ぶりには、
今更ながら、またしても、感嘆の限りで。

これは、「偽装者」の明台にも言えるし、

新たに見始めた「四十九日祭」・・
血と泥に染まる兵士の顔が、
普通の人を演じたつもりにしては、とても良い顔で、
やっぱり、とても美しいな・・と思う。

もう、病気・・かしらね。


^^

日別画面へ

10月28日

起床時刻:03時00分

小雨ですね。時々やむ。

カフェクーポンが高くなった。
サービスを低下したいらしい。

経路をちょっと変更。


^ ^

日別画面へ

10月27日(金)

起床時刻:04時00分

良い天気。傘なしで外出。

一時間早出。


^ ^

日別画面へ

10月26日(木)

起床時刻:04時00分

雨あがり。窓辺がすっかり曇っている。

ごろ寝で朝になる。 いかん、肩凝り。
あわてて、ちょっと体操。

ルーティーンをこなす。


^^

日別画面へ

10月25日(水)

起床時刻:05時00分

3時ころ目覚めました。でも二度寝。

ベッドの中は暖かく、寒い朝も大丈夫。
元気!


^^

日別画面へ

10月24日(火)

起床時刻:04時00分

うかうかしているので、あっという間に時が過ぎます。

油断大敵。
仕事が山のようにたまっていました。

大車輪でこなす。
頭痛・・とか言ってられないので。

局長も体調悪い・・とかで、遅刻出社。
そういう不安定な瘴気がただよう昨今でしょうかね。



^^

日別画面へ

10月23日(月)

起床時刻:06時00分

台風直撃の朝でしたが、
徐々に天候回復しました。

ほお…と思うような天気です。

しかし、一日中閉じこもってしまった日


一日中、「仙剣奇侠伝三」を見返していたりする。

考えてみると、日本のものでひっかっているのって
ほとんどないのだなと思う。

あえて言えば、
「千と千尋の神隠し」あたりが映画にこだわるようになった始まり。

同じころに「ハリー・ポッター」があり、
「ロードオブザリング」が公開されたのだった。

チラシにあった「アラゴルン」の眼差しを一目見て、
惚れこんでしまった。
ヴィゴ・モーテンセンの目。これだけ。。
「ロード・・」にのめりこんだ始まりの契機がこれ。

「トトロ」も好きだが、
ということは、アニメだけなのか。

異界・・が、キーワードなのかな。

「瑯琊榜」の「梅長蘇」も、
あの人も、多分実は、「幻境」の存在なんだろうと
思っている。




^ ^

日別画面へ

10月22日

起床時刻:05時00分

寝起きが爽快。良く寝たような気がする。

しかし、大雨です。

台風21はどのあたりにいるのだろう。
選挙に出るのも大変そうだ。

次第に寒さが身にしみてくるので、外出には冬支度で出た。
さすがに暑いか・・
ダウンジャケットなんて、誰も着ていないが、

外に出ると暖かくて楽です、やっぱりね。

最近はなぜか、霍建華の笑傲江湖:逍遥を良く聴いている。
もともと「笑傲江湖」は好きだけれども、
こだわっているのは、李亜鵬版なんだけどな。。

メロディの基調は、
昔昔の「スウォーズマン」の頃のものと同じ。
ジェット・リーとブリジット・リンのコンビが懐かしいな。

でも、手拍子とリズムの音調が、とても良くてね。
つい、聴いてしまう。


^^

日別画面へ

10月21日

起床時刻:02時30分

ホテル泊の朝、さすがにあたたかい。

でもやっぱり、ほとんど眠らない。

早寝したわけではないのに、早々と目覚めてしまったので、
「ミレニアム4上」を読み進めることにする。
執筆はラーソンではなくなったが、織り込まれた内容は
みごとに連続していて興味深い。

読んでいて、ちょっと気になった記述は、
314頁
人工知能研究の世界的権威とされるフランス・バルデル、
彼が幼い息子アウグストの親権を失うことになるくだり。

彼は研究にのめりこんでいて、世俗のことに興味がない。
ために、裁判では馬鹿正直に贖罪のことばのみ吐いて弁解しない。
裁判官は、それを鵜呑みにして断罪したのだという。

リスベットじゃなくても、こういう展開には怒り狂う。。

最近読んだ「紅楼夢研究」の文章に感じたのも
同じような拙速の、まちがった判定への怒りの一種だと感じる。

「紅楼夢」本文は、宝玉の性格をおとしめる。
でも、それって、まともにとっちゃいけないものだ。
それを盾にふりかざすか・・・(怒、怒、怒・・)

説明はあとでしよう。。


ビデオは、「レギオン」「ヤングポープ」と、
「スーパーナチュラル」シーズン12が出たのでレンタル。

でも、疲労で、とりあえず早送り。


^^

日別画面へ

10月20日(金)

起床時刻:04時35分

今日も朝から雨降りです。

車中荷物がかさむ。
駅の情報を聞き逃して乗り越してしまった。

カフェで、
目が覚めないな…と思っているうちに
どうも、熱っぽいのに気がつく。

風邪か・・

一日中頭痛と熱っぽさは続いたが、風邪ではないみたいね。
大丈夫です。

「仙剣奇侠伝三」
キャラクターで気に入っているのは、まず、蜀山掌門。
彼は、慈愛と敬意をこめて、景天に「孩子」…と呼びかける。
(キリスト教で言うと「MySon・・」みたいな感じにきこえる)
景天、この悪戯っ子に対応する、ユーモアたっぷりのご老人の風格がいい。
景天、底意はあるものの、全開の笑顔で無邪気になつきまくる。

その白い頬、輝く目、そもそもが天人の素質を内包するとしても、
天使のような愛らしさ、清らかさが見える。
時に、あの凄惨なほどの痩せ方をして見える人がよ・・
無類のあどけなさ、無垢な笑容。

開心果・・と言われる胡歌には、そういう地があるのかもしれない。
とても演技でできる稚気・・とは思えない。

第二には、霍建華の道士:徐長卿 イケメン…
端整な蜀山の徒弟、常に沈着冷静で思いやりがあり、景天を守り導くが、
世俗的な対応では景天の後手にまわって振り回されたりするのが、
なかなか可愛い反応で面白い。
「花千骨」の白子画よりずっといいと思うが。。

第三には、魔尊重楼の友情。
重楼は、猛々しいメイクと扮装で、魔界最強の戦士ぶりが、帥!
(かっこいいぜ!)
数千年前の好敵手、天界の神将飛蓬との決闘にこだわっていて、
武功ゼロの転生・景天に迫る。
苦し紛れの景天の嘘に簡単に騙されるが、
ほとんど詐欺師の景天以外の者の言葉には聞く耳を持たない。
忠実な敵手で、可笑しい。

女優陣には、
劉詩詩、楊幂、唐嫣・・という、
(漢字変換が…けっこう大変)
現在では、トップクラスに躍り出ている面々が揃う。
言うなれば、豪華な配役。

まあ、妙なところもないとは言わないが、
総じて、シークエンスは美しく、
出演者もおしなべて、誰も誰もが、あまりにも美しい。
ずっと知らないでいたのは、惜しかったと・・思うのだ。


^^

日別画面へ

10月19日(木)

起床時刻:04時10分

雨降りの朝、このところ雨の日が続く。

外出すると、とても寒い。
マフラーをしても、コートを着ても寒い。
手袋がほしいほど。。

「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」上下 早川文庫
スティーグ・ラーソンはもういないので、
ダヴィド・ラーゲルクランツの続作。

ハードカバー版を買って、読んだはずだが、
すっかり忘れている。
文庫本は、読みやすそうです。

久々の、リスベット、ミカエル・ブルムクヴィスト・・



^^

日別画面へ

10月18日(水)

起床時刻:04時15分

今朝は空に晴れ間が見える。

窓辺が明るい。

なにげに、涙が落ちるのは・・
「仙剣奇侠伝三」の結末をひきずっているらしい。

あのひょうきんな悪戯っ子の景天を見ていて、
まさか、こんなに泣かされるとは思っていなかったな。

もう9年も前の作品。。。


^^

日別画面へ

10月17日(火)

起床時刻:05時15分

今日も雨降りです。

昨日はカフェをはしごしてしまった。
友人と会食の予定で、
現地到着が早過ぎ。。

プレゼントの買物をしたかったが、
何も思いつかず、
雨降る窓辺を見ながらお茶を飲んでいただけ。



^ ^

日別画面へ

10月16日(月)

起床時刻:05時00分

早朝の雨、窓辺に聞こえる雨音、今日も雨降りです。

夜具を出していなくて、寒い夜でしたね。
そろそろ冬支度・・というのは、早い気がするが。
足元はすでに、かなり冷たい。

ビデオをずっとチェックしていると、
ほとんど廃人状態になる。
頭は働かないし、ルーティーンをこなす気もなくなる。

でも、見なきゃいけないビデオが多すぎて、
しかも、再生不良まであるので、
。。

このところ、「仙剣奇侠伝三」をずっとチェック中。
景天、雪見・・この二人がカップルの主役だが、
やりとりはけたたましく、ほとんどお笑いコンビのようだ。
胡歌演じる景天は、
「瑯琊榜」梅長蘇とは対極のキャラクターだとも言える。

優雅さのかけらもなく、無教養で、「小混混」と称される。
つまり、その日暮らしの、世に無益な少年のたぐい。
しかし、一応まじめに仕事をしている。
心根は純粋、まっとうな魂の持ち主であるのは徐々にわかる。

「来世は、普通の家に生まれて、静かな生を送ろう」
・・というのは、悲劇的な終結を迎える英雄の常套句だが、
多分、そういう人なのかもしれない。

俗人らしく、英雄には憧れるが、
英雄になるつもりはなく、あくまで俗人の立場を尊重する。

しかし、見ていると、
「梅長蘇」と「景天」の表情に、不思議な類似を感じる。

胡歌・・という演技者は、役柄を、それは見事に演じ分ける人なので、
類似には、無論それなりの意味があるのだろうと思う。

「瑯琊榜」の片尾(エンディングテーマ)は胡歌が歌っている。
しかし、いつも思うのは、声が・・「梅長蘇」ではないこと。

歌曲によって、彼の声は変化する。


^^

日別画面へ

10月15日

起床時刻:05時00分

このところ、連続の雨模様。



^ ^

日別画面へ

10月14日

起床時刻:04時00分

一日中、小雨。

冬ものを出します。


^ ^

日別画面へ

10月13日(金)

起床時刻:04時00分

急に寒くなった。



^ ^

日別画面へ

10月12日(木)

起床時刻:02時15分

早めに寝たので、早めに目が覚める。

目が覚めたのは、1時少し過ぎくらいだった。。
眠りは浅いので、3~4時間で目が覚めるらしい。

12枚組ビデオの4枚が再生不良だったので、
確認しているが、1枚に3話分あるので、時間がかかる。

「仙剣奇侠伝三」は、実のところ、なかなか良い作品です。
しかし、アニメ部分がけっこうヘタレ(失礼)だったり、
主人公の胡歌が早口すぎたり・・理解しにくいのかな、
日本に入ってこなかった(・・よね?確か。)のは残念。。
あまり知られていないが、
俳優のケミストリーが良くて、音楽も悪くない。
なにかと傑作で笑わせるが、美しい作品でもある。



^^

日別画面へ

10月11日(水)

起床時刻:04時10分

今日も半袖です。

変な陽気だと思う。

久し振りで、ジュリーライブに参加。
国際フォーラムのホールAが超満員の入りです。
みなさん良いお年ですが、超元気だね。ジュリーも。
のっけに総立ちかよ・・

2時間立ってるのかな・・と、やや不安になる。
結局2時間半、50曲を聴いた。
光の渦と、会場を満たす音と、次第に艶を増してくる歌声。

条件反射で騒ぎまくったライブです。
良く見えないが、ジュリーはだいぶビジュアルが変わったらしい。
しかし、歌い動く、光の中のJはやっぱりかわいらしい人だ。

ラストは、たしか「いくつかの場面」
表現は素晴らしい。。

私は、脚がちょっとやばいかも。。


^^

日別画面へ

10月10日(火)

起床時刻:03時30分

暑い。 真夏日…

食糧がやばい… でしたっけ?


^ ^

日別画面へ

10月09日(月)

起床時刻:05時30分

10月08日

起床時刻:05時30分

10月07日

起床時刻:05時15分

小雨模様の朝です。。 

生活のルーティンを決めたつもりだけれども、
今日は、やっぱりビデオをつけっぱなしで寝ていた。

連続再生仕様になっているもので、
途中で切れていない。(仙剣奇侠伝三:1枚目)
(思ったより、かなり面白い。)

そういうわけで、土曜の朝から、
レンタルの「瑯琊榜」20枚目。再視聴。。
やっぱりボーボー泣くのはどうしてかと思う。
別にお涙頂戴のドラマじゃないし、
主人公は泣きゃしないのだが…

エグゼ開始、手足がだんだん良く動くようになる。
とりあえず、元気な朝だなと思う。



^^

日別画面へ

10月06日(金)

起床時刻:05時15分

今朝も寒い。日中も温度は上がらず、
雨が降るかもしれないとのことだ。

あいかわらず3時頃には
目が覚めたのだけれど、二度寝にする。



^ ^

日別画面へ

10月05日(木)

起床時刻:04時00分

就寝12時… 寒さを感じる夜。

睡眠不足がこたえているみたい。
くらくらする。

エスカレーターに乗っていて、
ふっと半睡になっているので、
ぎょっとする。

気をつけないとまずいかもしれない。



^ ^

日別画面へ

10月04日(水)

起床時刻:04時00分

空を見ると、分厚い雲が覆っています。

時々雨…

就職10時〜4時起床
6時間睡眠を続けると云々のキャッチも見た。
でも、これでも、良く寝たほう。。

・・・我能不想你吗
と書いたけれども、そう。。
・・・心は制御できず、感情は暴走する。



^ ^

日別画面へ

10月03日(火)

起床時刻:03時00分

空は一面の白さ。

夕方から、小雨。

「仙剣三」ビデオが届く。
画質良好で安心する。

「偽装者」は7、8枚目を視聴中。
古装の胡歌が、とにかく美しいので、
近・現代ものには、やや違和感があったが、
評判のいいドラマなのだよね。

良くわかってきた。
梅長蘇の胡歌だけかと自分へ疑いもあり、
「抗日…」が主題と聞いて、躊躇いもあった。
しかし、…惹きこまれました。
…この人って、魔性の演技者…かもしれん。。

…我能不想你吗
(最近の気分… 「画魂」冒頭のセリフ)



^ ^

日別画面へ

10月02日(月)

起床時刻:04時15分

曇り空、涼しい日、

部屋の灯りは消して床につくことにした。
しかし、眠りは浅いみたいだな。
睡眠負債…という言葉が気になる。

部屋の整理をしようと思った。
在宅、ちょっとビデオチェックもしたが、
こんなに頭痛か…と思うほどの体調不良。

外出すると、じきにおさまったので、
ひょっとして熱中症かも…と思う。

涼しい日だけれど、
空気がよどむと蒸し暑い。
夕方帰宅してみると、流れる汗。。

油断は禁物ですな。


^^

日別画面へ

10月01日

起床時刻:02時00分

こんなに早く起きるつもりはなかったが。。

。。時間ないし、良しとしよう。

外出すると、まず足元があやしい。。
そのうち慣れたが、早めに帰宅して眠ることにしよう。

「封神演義」解説本を携帯する。

「中国文学の愉しき世界」(井波律子 岩波現代文庫)、
「ケルトの水脈」(腹聖 講談社学術文庫)を購入。

「多情江山(邦題は「皇貴妃の宮廷」)1,2、29をレンタル。
ふと目にとまったのが、
高云翔(ガオウンショウ)の順治帝で、若々しく、風格があっていい。
全編を見るつもりはないが、背景や、皇帝の描き方も悪くない。
宮廷内の諍い女ストーリーはうんざりで、
清朝初期の歴代皇帝については、まともに描いてほしいね。

順治帝は特に、「紅楼夢」宝玉のモデルか・・
とも言われている人なので。。

「偽装者」を見る。
 iPhoneWebで少しずつ見てはいたのだが、
 ビデオで見ると、だいぶ印象が違う。
 セリフをとるのはあいかわらず大変で、
 慣れない単語は、きちんと辞書で調べればいいのだが、
 話し言葉・・って、辞書で調べきれないものも多い。

「瑯琊榜」原作を読む。目が・・ちかちか。。

・・
ストレッチ、ゆっくり浴、浴中ちょっと読書が無理がない。
就寝11時。。


^^

日別画面へ