201812 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:05:10

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

12月31日(月)

起床時刻:06時00分

冷え冷え…厳しい大晦日です。

良い天気だが、重ね着、着膨れしても寒い。

昨日の夜から、ずっと
「琅琊榜」CUT版を見ている。

全体を10時間ほどにダイジェストしたもの。

もう少し絞ってみようか…とも思う。
全体を概観するのに、ちょっと役に立つ。

ほとんど、胡歌だが、
表情…と言うよりは、表象そのものの変化、
変貌ぶりが、如実に実感されるのが面白い。

角度を変えて微細に乱反射する万華鏡のようだ。
きらきらと放射する光が、
見事に美しい。

一巡して、冒頭の廊州シークエンスに戻ると、
いっそうに、感嘆の思いに打たれる。

年末でもあるし、
いろいろ、整理もしてみよう。




^ ^

日別画面へ

12月30日

起床時刻:06時30分

良い天気です。

休みなので、友人と映画を見た。

LadyGaGa「アリースター誕生」
監督・脚本・製作のブラッドリー・クーパーが
アリーを見出し、導く、シンガーのジャクソン・メインを演じる。

目がヴィゴ・モーテンセンを彷彿とさせる人だ。

かずかずの歌曲が、さすがに圧巻ですばらしい。

でも、ドラマの真実味については、
つい、「ほんとか?」・・みたいな気分になる。

単純な「スター誕生」ラブストーリーなのだが、
カリスマの圧倒的な存在感が、
ストーリー展開の流れに、やや不安を感じさせる。

二人のつむぐ言葉や、葛藤が、
歌の迫力に大きく負けている気配がする。

まあ、それはそれで、いいのかもしれない。

GaGaより、ブラッドリーの歌声に印象が深い。

サントラは、欲しいと思う。




^^

日別画面へ

12月29日

起床時刻:05時00分

年末年始休暇に入りました。

寒いが、最近は、ゆっくり眠れています。
おかげで、体調は悪くない。
いろいろありますが、一切衆生に(^^)感謝です。

レンタルもいろいろ更新。
「十字軍2」も読んでいるところ。
(けっこう雑駁な読み方ではあります。)
シリア地域に残る数々の城塞跡が、
意外なことに、十字軍陣営の設営した遺跡だとは、

T・E・ロレンス(アラビアのロレンス)の
初期の跋渉、実地検証の成果なのだとか。
TEは、優秀な考古学者でもあったのです。

癩王ボードワン4世の事績が印象に残る。

エレアノール・ダキテーヌの名も見える。
同じく、ピーター・オトゥール関連で、
「冬のライオン」幽閉の王妃、なつかしい。

サラディンがエルサレムを奪還して、
第三次十字軍の遠征はこれから・・

高潔な英雄の心も、
大勢優勢な大衆心理の残虐さに敗北する、
そういう顛末もあり、
歴史の流れ、残酷さを痛感する。

朝が明けて、今日は良い天気らしい。

天亮以后・・このことばが脳裡をよぎると、
「天外飛仙」董永のシークエンスをオンにしたくなる。

可憐な風姿と、繊細な表象を提示する胡歌は、
その表現の多彩さが、
静かに、悲しみを慰撫するやさしさに満ちていて、

不思議な人です。



^^

日別画面へ

12月28日(金)

起床時刻:04時30分

早朝、空を見上げると、満月が欠けはじめています。
しかし、やっぱり、月は煌々と明るい。

「十字軍物語」は、一巻目をほぼ読了、
第一次十字軍の顛末が描かれます。

イスラム圏のとまどいと、
総称して「フランク」と呼称される諸侯、
エルサレムのキリスト教王圏設立の経緯と興亡は、
十字軍の名を借りた侵略戦争そのものだなと思う。

宗教の名を借りるだけに、
戦士の立ち位置は、まことに単純、無知、清明ながら、
残虐そのもの・・

そういう時代だったのでしょうか。

「神が望んでおられる!」・・
という言葉に踊らされたらしい、
そんなわけはないでしょう・・としか思えないが、

この功罪について、
ローマでは、謝罪のことばの一つもないのかな、
良くわかりませんが。

時代の変遷のたびに、
何千万の人命が失われる・・
そういう事態は、世界各地でおこってはいる。

広大な、いわゆる中華圏の王朝交代でも、
それは顕著なことだったし・・

なんにしても、そう言えば、
プランタジネット獅子心王もまだ登場していない年代、
そういう時代で、諸侯の活躍と迷走ぶりが、
それなりに、興味深く、ストーリーとしては面白い。

ヴィスコンティ「山猫」の「タンクレディ」が、
登場人物諸侯の一人からのオマージュだったとは、
初めて認識した。

第二巻めは、サラディン登場。
サラディンはともかく、テンプル騎士団の誕生については、

あとあとの推移を思うと、
いやでも心は沈みはじめる。

無辜な信仰者の無残な火刑と、絶滅の経移が、
つい、脳裡に浮かんでしまうので・・



。。

日別画面へ

12月27日(木)

起床時刻:04時40分

暗い暗い朝ですが、いつもの通り。

各地では大雪のところもあるとのことだ。
雪景色は、見るだけなら美しいが、
その中で行動するのは大変・・

私もあっという間に骨折してしまった。
いまだに指がうまく動かない。

サービスセンターで図書カードを買ったので、
書店立ち寄りのついでに、

「十字軍物語 1,2」塩野七生 新潮文庫を購入。

文庫のわりに厚手、荷物が多いと、けっこう重く、
歩き回っていると、身体にこたえる。
とてもとても、やわな体力で・・

しかし、疲れたよ!・・と言うと、
家族にはあきれられる。散々な言われようをする。

ちょっと休憩すると復活します。
お体大切に・・とは聞くのですが、
話のなかの言葉とあっていない気がする。

残酷なものですが、
人人、こんなものです。
信用しちゃいけない・・と言うのも違うのですが、
人はえてして、甘えてみたいもの・・

本は、久しぶりで、とても面白い。
このところ、ITにばかりいきがちですが、
年末でもあり、
じっくり読んでみることにしましょう。

耳には例によって「梅長蘇」の科白が聴こえる。
わーい、胡歌さんの声だぜえ・・
と、にんまりする。

なぜだか、日々、新鮮で・・
(迷 Mí・・と言うのでしょう)



^^

日別画面へ

12月26日(水)

起床時刻:04時30分

早朝、外に出てみると、月亮亮・・

冬至も過ぎたばかりですから、
なにしろ、いつまでも空は明るくならないので、
天亮以后…を待たず。

煌々・・月の明るさに驚きます。
こういうのは、田舎通勤していて以来、久しぶりだ。

今日は日差しがあまりない・・とか。

新調の椅子炬燵は小さめ、消費電力少なく、暖かい。
顔、頭のあたりは、冷えこんでいたほうが快適で、
部屋暖房はなくていい。節約と健康に貢献。

いろいろ悪戦苦闘の結果、
ちょっと寒いが、まあ、悪くはない。

大根一個50円で買って食べきれず、
苦手の納豆に、大量におろしてみると、
かなり美味…

これもOKOKな一事。

シリア・ダマスカスのクリスマス風景を見る。
輝く照明、明るい衣装の人々、祈りこめて・・

株価は、ここにきて急落。
いくら私でも、この金額では、さすがに気になる。

フィギュアの宇野は、故障を押しての滑りで、
羽生もだけれども、気力精神力の強さに感銘する。

高橋大輔の現役続行には期待してしまう。
あの芸術性は、彼の心の優しさの発露でもあると感じる。

今朝も、胡歌の歌声は、ずっと流れているのだが、
ことばと曲調は、ドラマの関連ありとしても、
いつも心を動かしてやまないのを、なぜかなと思う。

漢字や、文字そのものが意味するもの、
形の美しさが、もともと私は、とても好きなのだが、
その背後に見え隠れする世界観の豊かさに惹かれる。

ひとつの言葉が喚起する思いに、深く惹きこまれる。

ニュースの音声は消してしまう。
甘いが少しさびのある歌声に耳をかたむける。



^^

日別画面へ

12月25日(火)

起床時刻:05時50分

冷えこみの厳しい朝。
このあたりでは、どこを見てもクリスマスの気配は、ない。
イリュミネーションなど見に行きたかったかな・・

寒さで悲鳴をあげていたが、
椅子に座る炬燵を、30%値引きで買った。
大きさも手頃、なにより暖かいのが助かる。

最近は、元気に、満員電車にも挑戦中。
(つまり、発進時刻がますます遅く、なっているので・・)
立ちんぼの目に、通勤電車の車窓を通して、
朝日が目つぶしの陽光を投げつけてきます。

見下ろす水辺の照り返しも、なかなかきれい。

それでも、やっぱり時間はあるので、
週明けの神社に出向くと、其処此処に
銀杏並木が落ち葉を散らしています。

そういう季節なのだなと思う。

老胡、最近のグラフィックアートも
銀杏舞い散る風景の中…

今にも涙の、零れ落ちるような表情に見えます。

深沈とした風趣が、悲しげで、

あまりにも麗しいので、
ただもう、見惚れるばかりです。




^^

日別画面へ

12月24日(月)

起床時刻:05時45分

クリスマスイブ。良い天気ですが、風が強くなった。

昨日日曜日、帰省してみると、
各所でクリスマスイベントを開催していたらしい。

駅前のスペースでコーヒー飲みつつ、
胡歌さん「朗読者」の書写お勉強などしていたが、

友人がCDプロデュース中のシンガー郡司哲也氏、
彼のライブもあるので、
田舎に在住の家族も誘い合わせて参加してみる。

地方振興のイベントでもあり、
故郷に疎遠になりつつある自分としては、
やや反省もさせられる。

イベントは、
会場も雰囲気も良くて、みなさんノリノリで楽しい。

郡司氏の歌声は、甘く美しい。
「花鳥風月」・・という曲名もいいね。

実のところ、会場を間違えていて、
街中、かなり迷走してしまった。
(アセッ・・)

帰宅後は、このところ気になっていた「天亮以后」
…「天外飛仙」です。

つねには、董永CUTだけで、
良く見ていないシークエンスなどもあるので、
ずっとオンにしたままで、そのまま朝になる。

まじめに見ていると、
じきに大泣きしてしまうことになるので、
ちょっとセイブしておく。

若々しい胡歌の、ホアっとした雰囲気、
情感の発露、その表現が初々しく、多彩。

何を見ても、心に深く印象を刻む・・

現在、「如夢之夢」の舞台に出演中ですね。
いつか、見ることができるといいなと思う。



^^

日別画面へ

12月23日

起床時刻:05時40分

ゆっくり眠ります。

昨日はまじめにお勉強。やや小雨もあった模様。

仏語も、今回はOKです。
もう少し継続してもいいかと思う。

漢語は、もっと頑張ってみましょう。
まだまだです。

「琅琊榜」宣伝をしてくる。推薦推薦。
( 我推荐了。Wǒ tuījiàn le )

来年1月には、また再放送されるらしいが、
地上波ではないし、
DVDもレンタル市場から撤退しつつあるらしい。
「琅琊榜2・風起長林」が出たばかりなのにね。
日本での普及は、結構むずかしい。

多言語に興味のある人がいて、あれこれ訊いたが、

そう言えば、
アラビア語も2年間頑張ってみたのだった。
これは、忘れるのも早かったな・・と思う。

それから、2年も過ぎてみると、
アラビア語もロシア語も、定着していない。

ザルで水を掬っているようなもの。

ただ、楽しいし、語感の美しさは忘れがたい。

帰宅してみると、
ちょうど、フィギュア男子のショートプログラムで、
宇野昌磨と、復活・高橋大輔の出場に間に合った。

宇野昌磨は、あいかわらず素晴らしく、
高橋大輔は、さすがに、見事に美しかった。

期待を裏切らない。

嬉しいことの一つ。



^^

日別画面へ

12月22日

起床時刻:05時00分

まだまだ暗い空ですが、かすかに朝焼けが見える。

あまりゆっくりしてもいられない日です。
予定としては、
一日語学に出かけようかと思っているので。

昨夜、久々で仏語レッスンに参加したが、
予約したことを忘れていて、準備がなかった。
ニュースをぼんやり読んでいたくらいでは、
きちんとしたセンテンス発話になりにくい。

続けて漢語レッスンに出席。
今週2回目なので、レベル一つ上のクラスなのだが、
かつて覚えていた語彙やセンテンスが口の端にのぼる。
無意識に発話する・・感じだ。

語学に関する格納の鍵は、
続けることで、開きかけることもあるらしい。

別言語でも、OKなのでしょう、多分・・

毎天我起床早、但我想去散歩天亮以后・・
(毎日起きるのは早いが、散歩に出かけるのは
 空が明るくなってからにしたい。)

構文的には、心配なレベルだが、
会話はけっこうスムーズに流れてしまいます。

・・・天亮以后
この言葉は、特別なものでもないらしい。

このところ、毎朝聴いている歌、
「天外飛仙」を見ると、ドラマの全編を通して流れている曲。

やや幼い風趣、十年前の胡歌さんの声。

感慨は深い・・のですけど。



^^

日別画面へ

12月21日(金)

起床時刻:04時20分

朝から良く晴れています。

ちょっと走る。
でも、時間の過ぎるのは速い。
ルーティンこなしているうちに出かける時間です。

週末は田舎に帰らねばならず・・
明日は、一日語学・・かな。
準備ができていない。

最近アップの老胡、銀杏の中のグラフィックアートが
ひどく悲しそうで、美しい。

あの表現は、さすがの胡歌です。

誰も追随できない。



^^

日別画面へ

12月20日(木)

起床時刻:04時15分

ユージュアル・・(サスペクト・・ではない。つい・・)
いつも通りの起床です。日の出は6時45分。まだ真っ暗です。

早朝、仕事に出かける人たちに思いを馳せます。
うだうだしてもいられないのでしょう。

最近、起床時間が遅くて、
1時間、2時間・・と、出かける時間も遅い。
語学練習もさぼっている。

仕事終了直後に語学レッスンに向かうと、
頭はからっぽで、語学脳に切り替わらないのを感じる。

準備が足りないのでしょう。
考慮考慮・・

ドラマの台詞を言うわけにはいかないし。
(笑うね・・)

Queen単独インタビュー
ブライアン・メイと、ロジャー・テイラー

・・誰もが、何らかの意味でマイノリティーなんだよ。
いつか、それを乗り越えて、
世界が一つになることを信じている。

・・と、そんなことを言っていた。

二人とも、とても素敵だ。
グループとしての、フレディへの優しさをいつも感じる。
自由さと余裕、大人の対応。
ロジャーは、真っ白な髭でも、あいかわらず美しいね。



^^

日別画面へ

12月19日(水)

起床時刻:05時00分

今朝も良い天気。このところ晴天続きます。

洗濯に良い日だそうだ。あまり寒くないのか。

漢語レッスンの日なので、少々焦る。
だらだらしているので・・

「まめ単」の発音練習をしてうちに眠ってしまうし、
「琅琊榜」音声もずっと流しているが、発声練習していないし、
朝になったが、つまり、今日はきちんと眠っていない日。

こんなんでいいのか・・とは思うが、
まあまあ元気な朝です。

レッスンに行ってみると、口がまわらなくて、散々です。
週末に「風起長林」50編見たと言うと、

・・・お好きな明星だれ?
と、訊かれてしまった。

ひぇぇ・・うそもつけず、ばればれ。

「仙剣奇侠伝」も見たのかとも訊かれたな。
「琅琊榜」もだけれども、「偽装者」がとてもお好きなのだって。
さすがに、詳しいです、漢語老師。

でも、背が185センチだよ・・と言うと、
・・・えええ、そうは見えない。

うん、わかります。
大きな人ぽく見えないのだ、胡歌さんて。
なんだか、考えこんでました。老師。

ほほほ・・

你可能不这么认为,但事实上,确实如此。
 Nǐ kěnéng bù zhème rènwéi,
 dàn shìshí shàng, quèshí rúcǐ.
(あなたはそう思えないかもしれないけど、
 実はそうなんです。)

… 一米九负几 Yī mǐ jiǔ fù jǐ
(1メートル90マイナス)・・・とも言ってましたっけね。

・・・ 一米九几吗?
と、北京電視のMCに質問されて、

人をそらさない胡歌さんらしい応答です。
ちょっと可笑しい。



^^

日別画面へ

12月18日(火)

起床時刻:06時00分

良く晴れた朝です。

そんなに寒くはない気がするのだけれども、起きたくない。
就寝は12時、目覚めは5時だったが、

Bedの中で、語学練習をします。
だらだら・・
最近、眠れるようになってきたせいかとは思う。

「風起長林」日本語字幕版1,2をレンタル更新。
YouTubeで見たし、いいかと思っていたが、
多分内容をよくわかっていないなと思い直す。
とびとびにしか見ていない・・

しかし、全体を一覧したので、(未見箇所も多いが)
見え方が違います。

なんでしょうね、
次子が、なんとなく、胡歌さんに見えるときがあったりする。

兄世子が死んでしまい、戦場に赴く風情が、
「神話・蒙毅」を思い出させる。
髪型の変化や表情も含め、境遇、シチュエーションも。

華麗な美と威厳を持っていた易小川の大将軍ぶりとは
やや違うが、胡歌とは、また別種の趣きもある。
(胡歌、当時27才でしたからね、刘昊然たしか21か。)

まあ、そんな造型ではあるのですけど。
悪くはない。

黄暁明は、元来美貌の人ですが、
少し、太り気味になっていくような感じです。

なかなか良い造型ではあるのですが、
やや、叔叔っぽいかな・・

漢語老師曰く
…油腻、なのですって。(ごめん)



^^

日別画面へ

12月17日(月)

起床時刻:05時30分

冷たい雨の朝。

普通に目覚めたのだけれども、寒くて床から出たくなくて、
やっぱり、ゆっくりした起床ですが、
動くのに、熱い湯で、体をもどします。

さくさく動き出す現金な体調です。

月曜日、
雨降りでは、神社参拝はやめたほうがいいかな。



^^

日別画面へ

12月16日

起床時刻:06時00分

冷え冷えとした一日です。

炬燵を買ったので、届くのを待っていたが、
ビデオを見ていて着信音に気づかず、
慌てました。

「風起長林」残りを一つ一つ見ている。
後半に入ると、なかなかいいです。

老王爺・庭生がとてもいい。
宗主がずっと守っていたあの子。

次子には、子供だった庭生の面影が
少しあるかな。やや地味だけれども。

後半になると、党争の確執が色濃くなり、
宗主に言わせれば、たぶん、
「お前がばかだから。」
…の一言で片付いてしまうようなことも、
すれ違いの議論が延々と続くのだな、
…と思う。

宗主の薫育を受けた庭生は、
さすがに見事な進退を見せますが、

権力の虚しい暴走には抗すべくもありません。

臨終の近い脳裡に幸せだった思い出が浮かび、
庭生が言います。

・・・風の音がきこえる

ささやきのように、宗主の声が響き、やさしい姿が見えます。
けっこうびっくりしますが、流石に、感慨があります。

宗主の吹いていた笛の調べも、
アレンジを変えて、流れます。

風は、宗主の思い・・なのでしょうか。

庭生の諦念は、次子の進退の清新さへと続き、
これが、「琅琊榜」の、そして、「梅長蘇」の
思念の基調なのだろうかと思う…

作者の腕の見事さを感じます。



^ ^

日別画面へ

12月15日

起床時刻:06時10分

今朝も良い天気です。寒い。

ふたご座の流星群・・見過ごしていました。
忘れていた。残念だけれども、寒いし。

「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットらしい。
歌詞が気になっていたので、自分で訳してみる。

ストーリーは単純だけれども、
当時のファンキーな世相と、疎外感、切実さ、
いろいろな要素がからみあっていて、
実のところ、問題は今も寝深いのだろうと思うと、

単純に言い尽くせない気がする。

レンタル更新
「ミーユエ」を1枚。劉涛がいいなと思う。
古代楚の髪型、衣装がすっきりして美しい。黄軒も悪くない。

「明妃伝」も1枚レンタル。
劉詩詩、霍建華、こちらにも黄軒が出演している。
「風中奇縁」の劉詩詩・小月がひどく苦手なのだけれども、
これは悪くない。
「仙剣三」の龍葵も、好感は持てたのだが、
役柄によって、好悪の分かれる人だ。

「仙剣三・龍葵は、そもそも胡歌・龍陽の妹で、
王兄命、景天を全肯定の人なので、
当然と言えば当然ですが、それだけでもないようだ。

霍建華結婚ニュースの時に
采访で、すかさず、

…我们家老胡、怎么办?
( うちの胡歌、どうしましょうか?)
と言って、大受け。

これも可笑しかった。



^^

日別画面へ

12月14日(金)

起床時刻:05時45分

良い天気ですが、寒い日です。

ニュースは、冬なみの寒さ・・と言うが、
12月って、真冬ではないのかね。

真夏日・・とは、5月くらいから聞くが、
真冬日・・とは聞かない。

火災の報道も見るが、
焼けた家屋に、ほろほろと、小雪が舞っている。

サバイバル生活者としては感慨がある。

思いきり節約を試みてはいるが、
昔々と比べれば、豊かな日々です。

帰宅後、暗い室内は冷え冷えとしていて、
さすがに、ストーブをつけてみる。

ベッドには、シュラフザックを使用してみる。
なんとか、氷脚を回避する。

最近は、比較的睡眠状態安定しているので、
暖かく眠れれば、6時の目覚ましの音で起きる。

目覚めは悪くない。

というあたりで、

PCが勝手に再起動を強制実行。
書いていたストーリーが全部消えてしまった。

なんなんでしょうね。
警告くらいすれば・・と思うのだが。



^^

日別画面へ

12月13日(木)

起床時刻:06時30分

寒い寒い寒い日で、
床の中で脚が氷のようで、目が覚めても起きられない。

どういう具合なのだろう。
起きてみれば、昨日よりは少し寒い程度なのだが・・

眠れなくて、まいった。

夜中一時ころ、さすがに腹が立ってきて、
「瑯琊榜」音声版をオンにしておく。

中3時間ほどについて記憶がないので、
そのあたりは眠ったらしい。

明け方の寒さの中、一時間ほどの夢で、
あちこち迷子になって彷徨う夢を見た。

仕事中なのに、事務所に行きつけず大変困る。

出社拒否したいのだろうかね・・と思う。
(笑うしかない)

FBが、今年のまとめ画像編集をしてくれて、
なかなか美しいので、それなりに嬉しい。



^^

日別画面へ

12月12日(水)

起床時刻:04時30分

冷たい雨の朝。温度は昨日より少し高めらしく、寝起きが楽だ。

換気でベランダをあけておくと、さすがに寒い。

今朝はさすがに、お散歩はむり。
昨日朝の公園で、足元に、飛ぶように歩く小鳥を見た。

背の模様彩りのきれいな小鳥で、
「ひよどり」・・かな、と咄嗟には思う。

素早く、ちょんちょんと、滑るようだ。
連想したのは、

「生活啟示錄」で子供と遊ぶ時の胡歌さんの足取り。
歩き方、身体の動き・・などなど。

ああ、こんな風だよね・・と思う。

小鳥歩き。

なんだろう、そういう所作も多い。

「聊斎・寧采臣」のあわてた時の動きもそんな感じだ。
群衆に紛れると、ひときわ大きな人なのが、
とてもそうは思えない・・

かわいい・・
(と、あいかわらずの、感想ですね。迷・・)



^^

日別画面へ

12月11日(火)

起床時刻:05時25分

寒さの厳しい朝です。

今夜は初雪か・・との声も聞こえるが、
とりあえず、良い天気なので、
元気に散歩に出る。久し振りで走る。

公園には朝活のお年寄りがたくさん見える。
昨日は誰もいなかったので、時間差かな。

「風起長林」をつまみ食い見して最終に到る。
結末は知っていたけれども、

悲しみと安寧、愛の可能と悦びを残す。

林殊に、この結末をあげたかった。
董永にも、易小川にも、李逍遥にも…

胡歌の演じてきた主人公に。

思い出せば、あまりにも悲劇が多くて、
胸に迫るものがあります。

走り去るラストシーン、荒涼の風景がとても美しい。
次子蕭平旌・刘昊然は、ほんとに悪くない。
身につける衣装も美しい。

(多分、だから「琅琊榜」なんだろうとも思う。
 次子は、林殊の形見を身につけてはいたし。
 そこここに、宗主のさしのべる手も感じる・・)

武侠シーンは多い。
でも、全体としては、あんまり感心はしない。

武侠に関しては、金庸作品に及ばない。
黄暁明も「神鵰」のほうがいいし・・
(どこが・・と言われても、すぐには言いにくい。
 金庸ドラマが元来武侠だし、面白いのも確か。)

悪役に、「射鵰・欧陽鋒」のような、
見たいと思わせる魅力がなかったなと思う。

悪の設定に、説得力がない気がする。
まだ、きちんと見ていないのだけれども、
(と言うより、繰り返し見たくないかも・・)

(…蛇足、「上師」ね、
なんで真っ赤っ赤衣装なのだろう。
せめて黒なら、ましだった気がする。)



^^

日別画面へ

12月10日(月)

起床時刻:05時30分

ゆっくりめの目覚めです。寒い寒い朝。

強張って、朝からひどい肩凝りで、入浴でほぐす。
ルーティンが大変です。今朝は散歩もなしで・・

きのう、「風起長林」をずいぶん見てしまって、
ついでに、「ヒューマニスト」も見ていて、
見れば見るほどに、サイモンのニックが胡歌に見える・・

というわけで、またしても「琅琊榜」を見ていたが、
「聊斎」の寧采臣を突然見たくなる。

風采・・としては、多分、
「風起長林」の次子のような若々しさ、清新・・
なのだろうとは思うのだが、

寧采臣・胡歌・・の可憐さは、やはり独特で、
なぜか、ふとした仕種、言葉の端々が可笑しく、
いわく言い難い・・愛らしさがある。

朴念仁…などと言う評言もあったが、
つまり、妖怪に誘惑され、
殺されそうになって、かつ
「还是好人多啊」(世の中には良い人が多い)
…と言って、可愛らしく微笑むのも可笑しい。

私は時間系列に従って胡歌を認識していないので、
すべてが、いっしょで、
すべてが、現在の彼の表現につながっていて、

すべてが、胡歌自身の現在への感慨・・

そういう繋がりが、とても興味深い。



^^

日別画面へ

12月09日

起床時刻:05時45分

とてもとても寒い日です。

つい油断して、毛布を一枚出し忘れた。
ついでに、足湯で済ませてしまったのもまずい。

まだニュースで雪景色をみるほどではないが、
雪の降っている地方が多く、
寒さは全国的に襲来しているらしい。

要注意でしょう。

夜に入って、雪のニュースです。
さすがに寒い…

「風起長林」レンタル更新して、
リリース分をほぼ視聴。

前作が、策略にも清明と謎解きの面白さが
あったのと比べると、

今回の謀略は陰湿、
前作が、マイナスからプラスへと志向したのとは、
真逆だな…と感じる。

全部ではないが、
つい、あれこれ見てしまう。

前作へのリスペクトはあるが、
もう少し絡んでもいいかなと思う。

仙剑のシリーズみたいな感じで…
まあ、あれは、神話的に共通性があるのだ
…とは思う。

YouTubeは、最近、
「香格里拉」を表示している。
新しい編集のようにみえる。

「琅琊榜」も新しく表示され始めている。
公式版…ではないような気がするが。



^ ^

日別画面へ

12月08日

起床時刻:05時15分

土曜日です。やっぱり、曇り空。

気を取り直して、早朝外出、
今朝はそれなりに体調悪くないので、
マラソンはやめるが、近所の運動公園で、鉄棒にぶらさがってみる。

全く握力がないので、一瞬で手が離れる。
これって、なんとかなるものだろうかと思う。

朝食は、トーストにブルーベリージャム、
ウィンナに玉子、カフェオレ、オレンジ一個。

案外に美味です。

昨日、大崎ライフで、食材をチェックしてみると、
玉葱、じゃが芋、人参が、それぞれ19円だったが、
近所のヨーカドーでは、各38円だった。
倍・・ですね。

クレジットカードを新規登録したので、
nanacoオートチャージも設定してみたりして、
あれこれOKになるまで、わからんちんな時間もかかる。

まあ、しかたがないが、
これまで使っていたライフカードも捨てがたいねと
思った瞬間でした。

節約節約、サバイバルライフ・チャレンジ。

ついでに、レンタルも更新。

「風起長林」続きも一枚更新しました。
面白いけれども、やっぱりちょっと地味かなあ・・と思う。

宗主が恋しい・・
なんで、時間が過ぎ去るのだろうかと、思う。

蘇宅の瀟洒が恋しい。
美しく、明るい光に満ちていたように思う。
日本家屋風の造作。同じような家屋配置を見るにつけ。

レンタル新作は「マグダラのマリア」も借りてきた。
「ドラゴン・タトゥー」のルーニー・マーラーが出ている。

夜中にはいって、寒いのでベッドで見ていたのだが、
気がつくと、朝の5時になっていて、
まだ映像が流れている。

まさか、5時間は・・ないよね、と思うが、
全然見えてなかったのだな。

きちんと眠りなさいね・・自分。



^^

日別画面へ

12月07日(金)

起床時刻:03時30分

今朝も空一面の雲です。

昨日は雨模様。
朝から電車は止まっていて、ホームは大混雑。

Softbankの通信も止まっていて、
なぜだか、手持ちのWIFIまで不通だった。

理事会は準備中に、
突然の大量資料持込みで、大混乱。
上半期監査などもあって、神経に悪い。

夜の忘年会は、遅参のメンバーを待つのが大変だったが、
概して、皆さん、温顔の表情で、良かったなと思う。

帰宅後は、大変大変疲れて、脚が吊りそうで、
早々に寝てしまうことにする。

「メンタリスト」ビデオをオンにしていたのだが、
後半の記憶がない。
途中まで見ていたストーリーの犯人は誰だっけ?

・・と言うので、早朝に起きだして、
見直したりする。

胡歌「朗読者」采訪部分の書き取りを読み直して、
言い回しが、ああ、ちょっと難しいなと・・
あらためて認識したりする。

きちんと練習しないとまずい・・と思う。




^^

日別画面へ

12月06日(木)

起床時刻:04時30分

外は雨が降っている早朝。

本日、理事会および忘年会を開催。
準備はまだ万全ではないが、いつも雨の理事会。

夜は冷えこみが厳しくなるそうだ。

レンタルを更新。

「琅琊榜続編・風起長林」日本語字幕版リリース。
YouTube数回分は見たので、
とりあえず、適当に1枚レンタルしてくる。

次子・萧平旌の刘昊然が、やはり悪くない。
やや平板な印象だったが、表情に精彩がある。

まだ、良く理解していないが、
さすがに興味をひかれる展開だと思う。

「ヒューマニスト」も1枚更新。
はがゆかったニックは、愛情の示し方を知らず、
ドラッグに引きずられる経移、心傷のあり方が明かされる。

幻覚によって見る美しい夢が、
失われた母への追慕と、癒されない悲しみを示す。

対峙するニックの表情が、無垢な幼さで、傷ましく、
その涼やかな優雅さが涙をさそい、大泣きする。

ピアジェ代言人として金馬55で見せていた
胡歌の優雅、ちょうど、そんな印象だな・・と思う。

胡歌の可憐・・について、
どうして、そういう、悲しさを感じるのかとは思う。



^^

日別画面へ

12月05日(水)

起床時刻:04時30分

目覚めが悪くはないが、このところ頭痛。

着こんだ厚着が暑苦しく、
乱高下する温度差に対応しかねる、

「世界ネコ歩き」スポットが流れる。
BSで、見ることのできない、猫たちの表情がかわいい。

昨日はレンタルを更新、
帰宅途中、頭痛や体調の悪さで、気分はどよどよ・・

「ヒューマニスト」はラストシーズンになり、
主人公自身の恋愛と友情の行方が描かれるが、

「メンタリスト」ジェインとは対照的な人物造形が、
このところ顕著なシークエンスの流れだ。

親密な関係性に対し、不器用そのもののニックの進退がはがゆい。

つい、ジェインの、お気楽な対応の軽妙さに逃げたくなる。
ジェイン自身も、深刻な心理的障害を抱えてはいるのだけれども。

人間の心の自由が、いつも望み・・

「笑傲江湖」最新版がリリースされていたので、
これも一応レンタルした。
「東方不敗」の造形に興味があったのだが、
なんだろう、・・主人公の令孤冲に精彩がない。
全体として、主要な人物に、さっぱり存在感を感じない。

私的には、残念なでき・・

「風起長林」も、本日リリースです。

ついでに、(ついで・・じゃないでしょうが。)
仕事は、理事会と忘年会を控えて大車輪展開。

頭痛どよどよしつつ、奮闘中。



^^

日別画面へ

12月04日(火)

起床時刻:05時25分

空を覆っている雲が厚く重い。

とても散歩に行きたい・・雰囲気じゃないと思う。
すぐに引き返してしまう朝の外出。

パリではデモが暴徒化しているらしい。
Gilets jaunes・・という黄色いベストが目につく。
(Manifestation デモのシンボルらしい)

マクロンやめろ・・の大合唱が聞こえる。
シャネル店頭のガラスも割られたらしい。

民衆の勢いが強いのは、フランスの伝統でしょう。
日本とは、だいぶ違う。

意に沿わぬ事態が解決せず、要求があるなら、
まず、街に出よう。それから、交渉をまとめていけばいい。

・・と言うことだと、聞いたことがある。

私だって、声を上げたいことはあるが、
日本人の常として、
事勿れ・・で、終始しているのだな。

上司と喧嘩になってしまうし、
貧乏ながら、生活しなくてはいけない。

朝の食事は、少しは旨いものを作るようにはなった。

「琅琊榜」を見ていて、好きな場面。
謀反軍の襲撃から、庭生を守ろうとする宗主、
極端に病弱で、動くにも制約があるのに凛々しい。

その画像を一つ切り取って、Twアップすると、
思いがけず、一日で1200件のヒットになった。

凛々しくも麗しい胡歌の、
子供に対する、常に暖かく、こよなく優しい
あたかも母鳥のような慈しみの眼差しが、
多分、みなさんも、とても好きなのだなと思う、

そういう一つの場面が、けっこう嬉しい。



^^

日別画面へ

12月03日(月)

起床時刻:05時25分

冷たい朝。

明るくなるとベランダを開放するので、
気がつくと、冷えこんでいるのは、そうそう、戸口があいてる。

今週は寒暖めまぐるしいそうで、注意が必要らしい。

なまけている語学の単語練習を、
隙間時間をみつけて、きちんと実行していこうか。
これも、ルーテインで。

バックに「天亮以后」とか「忘記時間」とか、
若々しい胡歌の歌声が響いているが、
なんとなく、新鮮に聴こえるのが、いい。

(毎朝毎夜、聴いているので・・
 気をそらしてみる、ちょっとしたマジック効果を期待する)
 


^^

日別画面へ

12月02日

起床時刻:03時30分

曇り空の師走。日曜日。

レンタル更新中の「琅琊榜」を見ていて、
勢いが止まらなくなった。
手持ちの漢語版に移行して視聴続行する。

このところずっと、胡歌CUTばかりだったので、
久々で本編を遠しで見ていると
あらためて新鮮な感覚・・

ストーリーの複雑な妙味と、
多彩な出演者のひとつひとつが浮き上がってきて、
とても面白くて・・

先週一気視聴した「神鵰」の二の舞も
少々困るな・・と思いつつ、
休暇を過ごしているところ。

「誕生日の宴」を過ぎて、謝玉との対峙前後、
梅長蘇表情の凄艶に目が釘づけになる。
謝玉・・も、とても良いのですけど、
なにしろ、宗主が、あまりにも美しくて・・

季節はうつろい、状況は好転しつつあり、
蒙大統領との気軽、ひょうきんなやりとりも
寛いだ雰囲気だったのが、

冬に入ると、梅長蘇の体調は急速に悪化、
胡歌・宗主の表情も、透き通るような蒼白を呈す。

言侯との対峙は、
さながら、玲瓏、白玉のようでもあり、
厳寒に咲く、凍りついた白梅のようでもある。

シークエンスの一瞬一瞬が、そのま一幅の絵だなと思う。

やはり、胡歌の場面で、立ち止まっている。




^^

日別画面へ

12月01日

起床時刻:04時00分

12月です。良い天気。

帰郷中。

桜の土手を歩いていて、冬の桜を見かける。
自宅の庭には、芍薬が開いていた。
なかなか綺麗だ…

ぶらぶらしていて迷子になったが、
近くの温泉にも行ってみる。

このところ、脚の筋をいためていたが、
湯治・・の効果はある。

ただ、疲労もしたので、
夕方からの牛久ライブを見るのは中止にして帰宅する。



^ ^

日別画面へ