201901 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:04:57

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月31日(木)

起床時刻:04時30分

ひときわ冷たい朝です。夕方から雪の予想。

起床時間は順調に推移しています。
ラジオ講座の効用が大きい。

漢語とドイツ語を、
まあ、まじめに始めたのは、起床時間の示す通り。
体調にも気を使っています。
インフルエンザにかかったという人の隣にいた時は、
少々焦ったが、大丈夫。

どういうルーティンを組むかは、いつも試行錯誤中。

せっかく「琅琊榜」漢語字幕版を持っているのに、
きちんと言葉を把握していないのは事実で、
むずかしい語彙が多いの。原作も・・

・・文語調で、「今日」と書いてあるけれども、
会話でこれを使うと、「今天」・・と直されるし。

なんとか、頑張ってみたい。



^^

日別画面へ

01月30日(水)

起床時刻:04時30分

最近目標時間通りの起床が続く。

以前は、目覚ましの前すでに目覚めていたが、
最近は眠い・・

あ、語学やらねば・・と思って起きあがる。

漢語ラジオのスキットは、話すスピードが早く、
シャドーイングする発声が追いつかない。
気がつくと、四声判別が混乱している。

ともあれ、ひとしきり発声練習のあとで、
ドイツ語テキストにかかると、
なぜか、口跡が悪くない。
響きが美しくて、昔を思い出す気がする。

ドラマ「メンタリスト」の英語字幕を見る。
追いかけるスピードが楽になるような気がする。

悪くないなと思う。

胡歌采訪の録音は、
いまだに内容を全部詳細にはつかめないのだが、

歌声とあわせて、
あの美しい声を、きちんととらえたいものだと思う。



^^

日別画面へ

01月29日(火)

起床時刻:04時30分

日の出は6時半ころです。
空模様の暗さ、しかし、徐々に晴れ渡る。

ドイツ語のテキストを買った。
いつもがっかりしていたのだが、やや面白そうにみえる。

先週土曜日、仏語レッスンには参加しなかった。
英語の時間になって顔を出すと、同学が、
「仏語には、なんで来なかったのか」と訊く。

ドイツ語をなんとかしたいと思って・・

レベルを戻さないと、
同学の知り合いと遭遇することもないので、
ちょっと困る。

時間をかけているわりに、
さっぱり身に沁みないのは、ドイツ語。

もう2年もご無沙汰だが、
毎週末の会合では、何か発言するたび大笑いだったな。
(そう、私のドイツ語があまりにもひどいので。
 時間がたつほどにひどくなった・・
 時々、熟練者だと思われることもあったのは、
 ただの錯覚でしょう。忘却に忘却が進む・・)

言葉は美しい。
背景にある人の心も慕わしい。

アラビア語やロシア語は、ものにするのはむずかしいが、
音の響きの美しさに心を奪われる。

でも、おさらいをする時間もないなと思う。
とりあえず・・



^^

日別画面へ

01月28日(月)

起床時刻:04時30分

目覚ましで起きる。
熟睡していたでしょうか? 油断していただけかな。

週末には野菜を大量に買いこむので、
食事の支度に少しあわてる。

新鮮なうちに、野菜を食べておきたい。
というので、具沢山の味噌汁を作る。
それだけですが・・

昨日、「風起長林」を見始めて、
またまた、全編をつまみ食い的に見渡して、
王爺蕭庭生死のくだりで、ついつい大泣きする。

キーワードは「風起」なのだな。
庭生の望みは、梅嶺に葬られること。
それを「帰梅嶺」・・という言葉で表現する。

梅長蘇・林殊が二度、死を迎えたところ。
風の声が聴こえる・・と呟くと、
初めて会った時の、宗主のやさしい声が重なる。
美しい面影が、現れる。

蕭平旌、幼い泣き顔で傍らに控える彼は、
林殊の面影を伝え、江湖に逍遥することを愛する。

庭生が平旌に言う「你愛逍遥」・・これもね。
いろいろ胸に迫る。
(当然、李逍遥を思い出す・・)

後半の謀反・・に関しては、
萧元启・・必ずしも悪くはないが、かなり無理で、

宇文拓・・
胡歌の表現にたちかえってしまう。

彼の、将軍を演じるときの、
あたりをはらうような威厳、美しさが、とても好きで、

悪役のきついメイクをしていても、
滲みいるように漂う華やかさに、目を奪われる。

と言うところで、
またまた、「琅琊榜」にもどる。

ふりだしに戻る・・

月曜日ですよ。



^^

日別画面へ

01月27日

起床時刻:04時30分

良い天気ですが、昨日から空気がひどく冷たい。

雪の結晶が凍りついているような気配です。

肉類をあまり食べなかったのだが、
最近は、少しずつ毎日いただくようにしている。

車中で眩暈をおこすことが少なくなった。
脚の疲れも、あまりなくなった。
おや・・と思う。

命を・・いただいているのかな、
感謝します。

「明妃伝」レンタルも更新しているのだが、
う~ん、なんだろうね・・
あいかわらず、なんだか変だ。

悪役に、さっぱり説得力がなくて、
いじめ・・としか思えない展開の連続が気にいらない。
韓国ドラマか、と思ってしまうよ。

ウォレスも、ファン・シエンも、
ここでは、あまり精彩がないように見える。
シーシーは、ずっと、かわいい子の顔。

早送りで、あらすじだけ確認。

九爺・・が恋しくなる。
関係ないのだけど、つい、シーシー関連、苦手な「風中奇縁」で。

九爺の存在感は、半端なかったな・・

ウォレスは、ちょっと別途、
白豆腐は、いつも景天にやさしかったし・・
(あ、そこか・・)

「ミーユエ」王后を演じる、霓凰姐姐・劉涛は、
さすがに良い女優さんなのだと思う。

長い間、やさしく可愛らしい公主だったが、
みごとに変身しますね。

きれの良い表現が見事です。


・・まあ、それにしても、

表示変換が、いつもへんてこで、めちゃくちゃだな。
中国の方の名前、その他いろいろ、大変である。

勉強中とは言え、時々、しょっちゅう、いいかげん。
慚愧に堪えないが・・
(めんどくさい・・なんて、言ってはいかんね)



^^

日別画面へ

01月26日

起床時刻:04時30分

あっという間に時が過ぎます。
暦の印がすでに一週間前になっている。

最近、とりあえず、語学練習継続中。

昨日、突然思い立ち、遠出して英語レッスンに参加。
何か月ぶりかの英語発話で、感覚が遠い。
帰宅すると、
「メンタリスト」ドラマで、科白の確認など。

しかし、講師、同学ともに、とても良い方々で、
楽しい時を過ごした。

夜のラジオは、
「有朋自运方来」(友有り遠方より来たる)

論語の一文、
古詩「勅勒歌」、楚辞から「滄浪歌」の引用
学生時代から好きな詩・・・ばかりだ。

「滄浪歌」については、
明朝「魏氏楽譜」による詠唱までついていた。
素敵な演奏だった。

毎々、楽しいので、まじめに聴いている。

講座講師のお声は、
まあ、ちょっと、胡歌さんのようにはいかないので、
終了、ただちに、胡歌関連音声をオンにしてしまう。

「朗読者」の音声を延々と流し、

「天亮以后」を聴き、「天外飛仙」を見る。
やさしく、麗しく、悲しくも凛々しい・・董永CUTを。

レンタルも更新して、
「ミーユエ」は18枚目。

劉涛の王后姐姐は、ミーユエと心理決別して、
眼差しに鋭さが宿りはじめ、
本領が発揮され始める頃合いかな、良い表情です。

ミーユエのスンリーは美しい人なので、
素顔がいいと思うが、
厚化粧になると、やや閉口します。

概して、主要な出演男優陣が、いずれもいいと思う。
黄軒は、切れ長な目の形に、少し胡歌を思う。



^^

日別画面へ

01月25日(金)

起床時刻:04時30分

そろそろ花粉が飛びはじめるらしい。

時々、それらしい徴候がみられる。
気力で克服します! 
・・・と言っても、無駄でしょうか。

とりあえず、体調留意してすごしましょう。
つまり、きちんと眠る。
そこそこ運動、隙間時間で勉強する。
等々・・

「琅琊榜」は、YouTube純正規格(?)の本編がはずれてから、
いろいろなバージョンが現れては消えているような感じだ。

先だっては、スペイン語バージョンを見た。
6章までアップされていたが、
昨日は、すでに視聴不能扱いになっている。

梅長蘇吹き替えの声は、
バリトンの深く静かな声音で、
これなら聴いていたいと思ったのだが、残念・・
(スペイン語も2年くらいは勉強したので・・)

最近は、英語字幕版というのも見かける。

私の普及活動はさっぱり効果がないが、
徐々に、世界に進出浸透しつつあるのかな。

胡歌さん、
昨今は、ジュネーブPiagetに出向いているし、

欧州関連の代言も多いので、
もっと認知されてもいいかとは思う。


^^

日別画面へ

01月24日(木)

起床時刻:04時30分

地域によっては、暴風雨、猛吹雪だそうだ。
こちらは、うららかな冬の景色です・・

時間通り起床。

少しまじめに語学練習から始める。

「もっと言ってはいけない」の指摘として、
・・・日本人の三割は日本語ができない。

・・・ちょっと耳が痛い。
語学練習をするとき、
中国語のドラマを散々見ているとき、

言葉をきちんと把握せずに流れているのは、
常々、自覚している。

だから、まともな発話にならないのも。

子供の頃のように、字字一つ一つを練習するわけではない。
(時間もない・・とは言い訳ですが)

そういうわけで、隙間時間をみつけて
練習してみましょうかと思う。

頁をくってみると、宗主の台詞。
夏江対峙「大人的功績、自当洗耳恭听・・」
(首尊殿の功績ならば、ぜひ伺おう)

(「洗耳恭听」が、第23課キーフレーズです。
  ・・耳を洗って恭しく聞く。
  夏目漱石の名の由来でもあったと思う。)

わーい!

単純に喜んでしまう私です。



^^

日別画面へ

01月23日(水)

起床時刻:04時45分

寒さ少しゆるむ。

目は覚めていたが目覚ましで起床。
まじめに語学練習にとりくんでみる。
えらい。(どこがでしょ・・)

朝湯、さっさと食事の支度。
風邪もほぼ治ったようです。

ラジオの「漢詩を読む」を時々聴くのだが、
ふと思い出すのは、

安西篤子「張少子(チャンシャオツ)の話」

どこから、この話の着想があったのだろう。
歴史的には、どういう来歴があるのだろうかと、
ずっと気になっていて、
単なるお話なのかもしれないのだが、

最近ずっと見ている中国作品を思うにつけ、
類似を感じる。

「紅楼夢」・・大観園での詩社の優雅な遊び、
遊びと言いながら、深窓令嬢の面々の教養の高さ、
次々と詩作して披露する文章の豊かさ・・

今の私には、詩のひとつも作れないなと思う。

クイーン題材の「ボヘミアンラプソディ」を見て、
実際のカリスマ・LadyGagaの「アリー」を見た。

で、とてもライブを見たくなっていて、
ジュリー・Old Guys Rock ライブ・・を見た。

ちょっと不可思議な感慨がある。

かつての、ジュリーの放っていた光彩と、
今、眼前に見る胡歌の美の精細が、微妙に交錯する。

昔、どういうわけか、
TE・ロレンスの印象とJが、心理の底で交錯したように・・

縺れる糸が、からみあう感覚がある。




^^

日別画面へ

01月22日(火)

起床時刻:04時45分

起きてはいるのだけれども、眠りこんでしまう朝です。

昨日は、武道館「ジュリーライブ」一応楽日です。
三日連続ということで、少々心配でしたが、満席、
観客のみなさん、あいかわらずお元気です。

沢田氏も元気だけれども、
観客もオールスタンディングで応える・・という。

いや、しかし、私は体調悪くて、
あいにく固まってましたが・・

最近は年に一度くらいしか参加しません。

バンドはいなくなって、
ギター柴山和彦氏だけのバックになりました。

沢田氏の歌声も良いのですが、
バックの華やかな演奏に包まれる感覚が好きだったので、
少々残念ですが、

お二人のコラボは、迫力満点でした。
まあ、お年は召した・・とは思うけれども。

いろいろ考えてしまいました。

今朝は、胡歌「天亮以后」を聴いています。
のっけに、綺麗なやさしい声だなと思う。

それって、やっぱり、
ロックンロール・・との差・・でしょうかね。



^^

日別画面へ

01月21日(月)

起床時刻:05時00分

風邪をひいたかなと思う。

昨日、外出から帰ると、咽喉痛と頭痛があり、
食欲がなくなって、気分も悪い。

どこかで風邪の種をしいれてしまったかしらと思う。
目も酷使しているし、
・・やばいかも、と思いつつ、

橘氏「もっと言ってはいけない」を再読中。
確かに、あまり声高には言わない事柄が満載だが、
実際のところ、そうなのだろうと思う。
説得力があります。

レンタルも更新。
「The Good Wife」シリーズが更新される。
「Suits」新シリーズ一話おまけつき。

いや、しかし、なんでしょうね。
以前にも増して、言葉のやりとりがきつい。

どこが、グッドワイフなのかね・・。
さっぱりわからない。

主義主張を決して引くことなく、
相手を打ち負かそうとする意志の強さに閉口する。

ずっと見ているシリーズなのだが、
女性としての魅力は、かなり疑問・・

しかし、人には、自己肯定の権利があるし、
へこたれず前進する意欲は、とりあえず是としておきたい。

負けずに、生き抜くことが大事・・

「風起長林」は、老王爺死後の展開が、
萊陽王・萧元启シークエンスが主流になり、
ビジュアルも含め、気にいらなくて中断していたが、
気を取り直して再開。

蕭平旌・・は、考えてみると、
梅長蘇・林殊の血族・・でもあるけれども、
つまり、かつて皇統の正嫡であった祀王殿下の孫・・
だったのを思い出す。

風邪ぎみなのですから、
やめましょうね・・と思ったのだが、

ついつい、また最後まで見てしまった。




^^

日別画面へ

01月20日

起床時刻:06時30分

今朝は、起床が遅い。すでに明るく、良い天気だ。

昨日は、あまり寝ていないのを思い出す。
とりあえず、元気。

ミカンの単体売りをあまり見かけなくなった。
最近は袋売りばかりだ。

かわりに、ポンカンの袋入りが安価だった。
美味。少し固めの食感が気にいっている。

今年の景気は世界的に先行き暗いそうだ。
気象状況も乱高下して、
季節の花も、狂い咲きしているらしい。

暖冬・・だという実感はあまりないが、

そうなのかもしれない。

今朝の映像で、渓流の水面に浮遊するという
カゲロウの姿を見る。

大量に発生して、ふわふわと漂い、
さまざまな鳥などに捕食され、良い餌とされる。

一日生命・・とも言われ、はかない命を終える。
( ドイツ語で、Eintagsfliegen 一日飛虫 )

はかなさの象徴としての「蜻蛉」、
気象現象としての「陽炎」・・とも、トンボの一種とも、
印象はさまざまに錯綜するが、

思い出すのは、藤原道綱母「蜻蛉日記」、

なほものはかなきを思へば、
あるかなきかの心ちするかげろふの日記といふべし




^^

日別画面へ

01月19日

起床時刻:03時00分

ゴロゴロ寝・・そのまま朝。

レンタルを更新、時間が押します。
早朝からビデオをチェックしているが、元気です。

漢語シャドーイングもしてみる。
やっぱり口がまわらない。

梅長蘇の台詞と同じ言い回しも処々に発見するし、
練習あるのみ。

橘玲「もっと言ってはいけない」新潮新書を購入。
人間社会のタブー、矛盾、
社会に蔓延する残酷で不愉快な真実・・
この人の語り口が好きで、よく読む作家のひとり。

「琅琊榜2・風起長林」は長林王老爺・庭生の死まで。
日本語字幕版は、さすがに間を飛ばさず見ています。

老爺の回想に、先師・梅長蘇の面影がしばしば現れるので、
涙が流れて止まらなくなる。

それにつけても、「琅琊榜」スタッフの手腕はどうだろう。
同じ製作陣営「偽装者」も感銘深かったが、
「風起長林」に続いた作品の秀逸を思う。

ことに、シリーズの主人公とされる人物群の
聡明さ、采配の周到、明晰さが、みごとに心地良い。

ただ、「琅琊榜」梅長蘇表象の、きわだった美しさについて、

胡歌の表現する人物には、
殊に、目を見張る美の瞬間が、あまりにも多くて、

「琅琊榜」に限らず、遡って辿る胡歌作品の
印象の強さに、深く深く囚われてしまうのを否定できない。



^^

日別画面へ

01月18日(金)

起床時刻:05時30分

明るくなりました。寒いけれど良い天気です。

朝目覚めると、ラジオ講座の録音を聴いているが、
気がつくと、記憶がなくて、眠っていたりする。

一時の睡眠障害は、かなり改善していて、
体調も、目も、まともになりつつある。

どうして、こういう異常事態に陥ったかと言うと、
やはり、胡歌関連作品群のチェックに
心を奪われていたせいなのだろうと思う。

一年半ほどたって、
とりあえず、一段落したのかもしれないが、
このあたりで、
「琅琊榜」の、やり残したままの確認に戻り
新たな局面を見たがっているところ。

単に、迷状態・・なのだとも言えるかもしれないが。

美は、一種、錯綜した心の救済にも役に立つもの・・



^^

日別画面へ

01月17日(木)

起床時刻:05時30分

ゆっくり起床。熟睡したかと思う。

やや頭痛、風邪ぎみだったが、なんとか回復する。

毎朝の日課だったカフェ立寄りは、
サンマルクの割引も今月から無くなってしまい、
貧乏人としては、路頭に(?)迷う(笑)。

今朝は、Macの珈琲。

サバイバル! 頑張りませう!

レンタルは、「ミーユエ」「明妃伝」を続行したのだが、
悪くはないものの、
いじめ・・が、あいかわらず主流にあり、
嬉しくない。

「メンタリスト」も続行中。
今回は、ジェーンが梅長蘇の面影を宿しているような感覚。

「琅琊榜」cutは、便利です。
いろいろ感慨あり・・

祁王の心情を…
悲涼Bēiliáng と言う言葉で表現していたが、

見るたび思うのは、
梅長蘇の運命の悲痛さ…です。

惻惻として、胸に迫る・・・



^^

日別画面へ

01月16日(水)

起床時刻:05時15分

寒さで固まっている朝もあるのですが、
今朝は、なぜか、おだやかな按排です。

気力の問題・・
というわけでもない。

最近の胡歌に関しては、
Piaget、東方衛視など、
やっぱり、代言関連が多く、さすがに完美・・

レンタルを更新する。
新しくリリースの「風起長林」第二弾もある。

穆王逝去の知らせが届き、庭生・長林王が嘆く。
・・先生を覚えている人が、いなくなっていく。

やや、あざとい言葉、進行かな・・とは思うが、
つまり、それを聞くと、いっぺんに涙が溢れだして、
止まらなくなってしまうので・・

長林王は、しばしば宗主を懐かしんでやまないのだ。

「風起長林」には
全体に、そういう雰囲気を感じる。

鎮魂・・の感覚。



^^

日別画面へ

01月15日(火)

起床時刻:04時45分

寒くて、起きたくないのは、少々疲れがたまっているかと・・

身体が冷たいのはわかるので、
まず、温めてみる。朝湯・・贅沢ですね。

でも、健康のためには、入浴が一番らしい。
朝のルーテインを大忙しでこなす。

元気です^^

今期の「レベルアップ中国語」は、
口慣らしの練習には大変良くて、珍しくまじめに聴く。

昨日のテキストには、
「仙剣三」で聞いていた単語が輩出していて、
ああそうかと、初めて納得したりする。

妖怪洞中の景天・結婚詐欺のくだりです。
「官人」・・というのは何かなと、疑問でしたが。
(それにしても、思い出すにつけて、
 可愛いし、可笑しいシークエンスではある・・)

適当に聴いているので、きちんとした勉強も必要。

ひとしきり、練習のあとは、
胡歌さんの声で、歌曲集が心地よい。

「仙剣三・片尾」・・
「忘記時間」の、珠玉零れ落ちるような音の配列が、
・・美しいな。




^^

日別画面へ

01月14日(月)

起床時刻:05時45分

良い天気ですが、
起きたくないのは、とても寒いせいだが、
部屋が明るくなってくるのは、
見ていて、なかなかいいなと思う。

乱高下はげしい、最近の起床時間だが、

ふうん…
そういう気分です。

「琅琊榜」は、全体のあらすじを見ていくには、
太子と誉王バージョンにも目を配る必要があって、
九安山謀反のシーンでの誉王・黄维德は、
さすがに所作が決まっていて、お見事です。

「三国志・周瑜」ですから・・
美周郎・・と言われた人を演じたのだけれどね。

そう言えば、「三国志」繋がりで、
諸葛亮孔明に擬せられているのは、梅長蘇だった。
周瑜の死の原因…でもある人物。

しかしまあ、ちょっと、軍事の心得のない
「毒蛇」誉王にしては、出来過ぎの気がしないでもない。

それ以外で、少し気になっているのは、
江左盟配下の甄平・・

いつも気遣わしそうに宗主を見守っている。
体調悪化するたび、悲しげな様子で佇んでいるのが、

梅長蘇配下は、押しなべて、そんな風ではあるが、
好ましい。いい人なのだな・・と感じる。

宗主が瀕死の瀬戸際から生還して、
ほっとしている甄平に、
つんつん不機嫌にしてみせる様子が、
ちょっと、可笑しいには、可笑しい。

可愛い・・と言えば、可愛いのだが、
取り巻き、かしづく面々も大変です。



^ ^

日別画面へ

01月13日

起床時刻:05時30分

早朝、外に出ると、路面は一面に薄っすらと白い。
足を踏み出すと、シャリシャリ音がする。

氷りついているらしい。
昨日は都心も初雪だったとか。
寒い日…

私は、朝からずっと、やっぱり作業中。

主に「琅琊榜」なのは同じで、
あちこちのディスプレイに映像を流している。

ついでに音声バージョンまで流れていて、
少しずつ音をとるようにはしている。

最近の胡歌さんについては、
「ムクムク子犬」と一緒のCMが可愛い。

ほかにも、Youtubeが未見のCMを送ってくる。
けっこう以前のものらしい。

空気が、これほどに冷たいと、
凍死睡眠に移行しそうな眠気を感じる。

目も疲れているのだね…と思う。



^ ^

日別画面へ

01月12日

起床時刻:05時00分

寒い寒い寒い日です。

着ぶくれているが、腕が寒い。
頭寒足熱・・ならぬ、頭熱が嫌いなので、炬燵だけ。

朝から「琅琊榜」データをいじっていて、
あっという間に時間が過ぎます。

あらためて言うのも、なんですが、

琅琊閣、廊州シークエンスは、仙境の風韻・・
世界情報は集積され、湖上の小舟もひとりでに走る。
超常現象もごくあたりまえ・・

主たる住人たる梅長蘇や藺晨は、
ほとんど神仙の装いで、神仙の聡明と美しさを誇る。

オマージュは、ほかならぬ胡歌の、
ずっと主演してきた仙剣、仙境シリーズでしょう。

李逍遥・・の名前だって出てくるのだし。

製作者のおもしろがりが、見える気がする。



^^

日別画面へ

01月11日(金)

起床時刻:04時30分

寒い、良い天気。

目覚ましを一時間早めたので一時間早く起床したが、
あとで気がついた。

時間あるね・・と思ったのが失敗。

このところ野菜が安いので、取り揃えていた食材を
使い切ろうとして、調理時間がかかりすぎたし、
語学練習にも時間をかけすぎたかもしれない。

今回のラジオ中国語は、
口慣らしにちょうど良いので、
下手くそな発音を調整するのに、
何度か練習するうち、時間が押してきた。

まあ、当然ですね。

夜は、ビデオを見るつもりにしているので、
つい、こういうことになるのだが、

ビデオを見る・・こういう行為には、
人を、やや廃人化する作用がある。

つまり、夢。。から抜け出るのが大変。。
・・ということで、

要注意です。



^^

日別画面へ

01月10日(木)

起床時刻:05時45分

氷点下の朝です。雪は降らないらしい。

暗闇の中で、目は覚めていたが、
目覚ましで起床。
目の状態は、かなり良くなっているなと思う。

ゆうべのラジオ講座は、
「女大十八変、越来越好看」
由来は、竜女変成男子・・あたりにあるそうだが、
当然、すぐに連想するのは、

胡歌百変・・

考えてみると、すごい言葉です。
・・感慨が回りだして、あれこれ、ぐるぐる、走る。

声も百変してますね。

歌い手・・としても、珍しい現象です。

又可愛又帥・・とも言われるが、

可愛いらしく戯けて見せる時にも、
どこか悲しみの翳りを感じる。

彼の美しさは、特に、表現者として、
深く、内側から溢れ出してくるものだと、痛感する。

今朝は、「朗読者」を聴いている。
采訪とハムレット独白。



^^

日別画面へ

01月09日(水)

起床時刻:05時00分

寒い朝。関東も熊谷あたりで初雪・・だそうだ。

ゆうべ、レンタルも更新。
「琅琊榜」cutも必須。

見ていると、
「~某」と言う自称は普通なのだが、
宗主の「蘇某(sumou)」と言う発音が、
なぜか甘やかで、こそばゆい感覚・・

気のせいでしょう・・

レベルアップ中国語は、加藤徹教授の
「ひと味違うおもてなし」バージョンになった。

朝4時に目覚めて、とりあえず練習のつもりが、
眠りこんでいて、さっぱり記憶に残っていない。

仕事は、昨年末から新人がはいっている。
年末年始作業の山積するめんどくささに加えて、
種々煩雑で、かなり疲れているのかもしれない。

これほど目が覚めない・・
というのも珍しいなと思う今朝の寝起きの悪さです。




^^

日別画面へ

01月08日(火)

起床時刻:04時00分

寒いが良い天気です。北の地方は大雪、
関甲信付近も雪の怖れありとか。
空気が冷たい。

私は、あいかわらず「琅琊榜」にかかりきりです。
収録の時には、梅長蘇も胡歌も三十、同い年、
共通項が多い。

もう6年もドラマを撮影していないが、
あいかわらず人気高い胡歌です。

一時は、かなり痩せて、
肌も黒く焼いていたが、
やっぱり、元通りで、恐ろしく美しいし、
可愛い人です。

私はまだ彼のドラマ群像を追跡中。

梅長蘇表情の多彩さ・・・を見ていると、
無敵大将軍の冷酷、宇文拓を、
自由奔放、可憐な、李逍遥の面影を、
董永の、この上ない優しさを、確認したくなる。

漢語字幕版を頑張ろうと思っているのだが、

今日は、帰宅が遅い・・

語学レッスン予約していたが、
疲れて、疲れて、ドタキャン・・



^^

日別画面へ

01月07日(月)

起床時刻:04時30分

良い天気です。

昨日は寒の入りだったそうで、
空気が雪の粒を降らすような冷たさだったが、
今朝は、寒さもやや緩んでいる気がする。

部分日食もあったはずだが、
11時くらいだったらしい。見るのは無理か・・

早朝と夜遅くにレッスンを入れていたので、
外出したまま、街中をうろうろしていた。

車中、カフェ中で、
単語集を1冊ほぼ通しで読んでみて、
「琅琊榜」原作本に、またしても挑戦中。
疲れてしまって、途中まで。

一年前よりは、ややましな読解力の程度・・
漢字、その感触は、とても好きなのだが、
勉強不足で、音韻がまだつかめない。

漢語老師は、若いが、とても良い人なので、
もう少し、頑張ってみましょう。

今朝は、胡歌歌曲集を聴いている。
SNSを開くと、
レッドカーペット登場の記事があちこちに見える。

アルマーニの服が良く似合う胡歌です。
ボトムが華やか、大輪の花を散らしている・・

蘇哥哥と、大きくなった飛流が・・
笑いあっている・・

とても美しい二人です。



^^

日別画面へ

01月06日

起床時刻:06時00分

今朝もゆっくり起きる。良い天気。

窓辺が明るくなるのを見つつ、床の中にいる。
単語練習をしていたつもりだが、記憶にない。

長い時間をかけて、ファイル変換もしたが失敗。
昔昔のリッピングみたいだ。

ほとんど丸一日かかっていた、
映像データの変換・・

IT事情はどんどん変化するので、
わけがわからなくなっている。

苦渋を飲む気分で、
好みのシークエンスをバッサリ切っていって、
2時間ほどのダイジェストバージョンを作ってみた。

時間のない時に、
全体を遠しで見てみるために、なのだが、
大勢の編集者の苦労と協力がしのばれる。

作者の力量にも本当に敬服する。
これほどの伏線をはりめぐらす迷路のような頭脳に。

しかし、これなら、
日々確認し、次を思案してみるのも、かなり楽・・

足元はやっぱり氷のように冷たいし・・

対策としては、せっせと動くしかないが、
そうすると、事務仕事がとどこおる。

あれこれ試みを続行中で、時間が・・

年寄でもあるので、無理せず、頑張りませう。

今日はなぜか、朝と夜に語学レッスンをいれていて、
どうするんだ・・と、思案中。



^^

日別画面へ

01月05日

起床時刻:04時15分

良い天気で暖かいので、散歩に出る。

今年は上海に行ってみたい。
同行してもいいと言う相方も見つけたので、
少しずつ準備してみよう。

なにしろ、パスポートも切れているし。

今年の目標で、

無論、言語も頑張らないと…なのですが。

ビデオをあれこれ漁っていると、
いろいろ、感慨がある。

演技者は、一つの作品を完成させると、
そこに留まることなく前進していくが、

作品の享受者は、
いつまで、その歓楽に溺れていてもいい。
…というのは、ちょっとした特権でもある。

例えば、モナリザの絵が、
もう何世紀にもわたって、
見る人を魅了し続けているように…

完成した優れた作品には、
一種、神的な次元の秘密が隠れている。

そんな気がする。



^ ^

日別画面へ

01月04日(金)

起床時刻:05時45分

氷点下、寒い朝ですが、仕事はじめなので、頑張って起きる。

とはいえ、昨夜も、せっせとビデオ収録中。
ろくに眠る時間はないな・・と思いつつ、

寒さにめげず、せっせと動く朝です。

錯綜していて、どれくらいの時間になったのか
よくはわからないのだが、
通しで見てみる「琅琊榜」の梅長蘇・・

YouTubeにも、
いろいろなCUTがあがってはいるが、

ドラマとして見る、胡歌の演技は、
やっぱり、ひどく感動的で、
ほか多くの出演者も秀逸。

中断して見ようかと思っていた番組もやめる。

「風起長林」の雰囲気が、
かなり、前作をひきずっているのも身に染みてきて、
次子・刘昊然の演技も、平板に見えなくもないが、
胸に迫る。

まだ言葉の問題もあり、
試みは終了しないらしい。



^^

日別画面へ

01月03日(木)

起床時刻:05時00分

良い天気、外出すると暖かい。風もない。

隙間風満載の自宅では、
去年は、ベッド周りにカーテンを巡らしていたが、
今年は炬燵で、隙間風を防ぐ。

今年の正月休みは、ひたすら「琅琊榜」チェック。
54話を毎回見るのは大変なので、
できれば、映像ファイルがひとつであるといい。

大陸関連で古いビデオを購入すると、
何十時間・・という映像が一枚のDVDに収まっていたりするのにびっくりする。
再生次第では、いろいろNGだったりもするが、
便利なことも確かだ。

ぼおっと見ていても、
最初からずっと流れていって、決着するのがいい。
ついでに、短いシークエンスは自動繰返し再生だといい。

感覚が違って受容されるのが、おもしろいので・・

今回は、かなりカットしてみて、
初めて見る人には、どんな感じなのだろうかと、
くりかえし、確認したりする。

漢語字幕版も試みてみよう。
まだまだ聴き取りがむずかしい。



^^

日別画面へ

01月02日(水)

起床時刻:06時00分

日本列島は、日本海側が雪雨ですが、
太平洋側は、とても良い天気です。

寒いけれども、正月ですから、
ゆっくり朝湯、洗濯、食事・・

炬燵も入ったので、ゆっくり過ごします。
とは言え、今年はあまりのんびりもできません。

ちょっと焦る・・



^^

日別画面へ

01月01日(火)

起床時刻:05時30分

年が改まりました。

やっぱり、厳しい寒さの朝・・
しかし、灯りは消して就寝したので、
それなりに、元気な目覚めの年明けです。

外に出ると、穏やかな良い天気です。
暖かい陽射し。

年末年始の図書館は満席ですが、
ちょっと空きをみつけて、
少しお勉強。

きのうから、ドラマは、ずっと「琅琊榜」…

ダイジェストにするのは遺憾ですが、
全体を俯瞰するには必要なので・・

「風起長林」も全部いいかげんに視聴終了、
前編からの布石が大きいのにも気がついてきたので、
其処此処を見直しています。

私の目は、まあ、ひどい節穴で、
人の常としても、幻を見たがるので、
確認の作業に時間がかかります。

優れた作品には、
それなりの敬意を払ってもおかしくはないと、
思いつつ・・

森羅万象に、思いを馳せてみましょうか。



^^

日別画面へ