201903 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:04:30 平均起床時刻:04:26

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

03月31日

起床時刻:04時00分

寒い朝。

ひょっとすると、桜に雪・・の可能性とか。
それも悪くない。

このところは冬支度での外出。

昨日は語学講座7コマに参加。

独語1・・講師の説明は、実は良く聴き取れていない。
  いつものことだが、類推でわかったふり。緊張する。
  それでも聴き取り問題が全問正解なので、
  とりあえず、いいのかしらね。先に進む!

仏語2・・長い間好きな言語なので、抵抗がない。
  語彙はかなり脱落しているが、同学が助けてくれる。
  新来の講師だが対応は良好。
  独語で苦労している分、積極的に出てみる。

英語2・・参加者多いので、ほぼ眠る。
  講師の采配は、あまりうまくはない。

漢語2・・老師采配うまく、かつ関係性良好なので、
  私、初心者ですが大丈夫。かなり楽しい時間。
  参加者は、ほぼ中国滞在の長かったらしい方々が多く、
  言葉に少し、現地のなまりを感じる。
  「琅琊榜」を、またしても宣伝してくる。
  うん、でも、笛吹けど踊らず・・

最初の独語が、疲労困憊したのだが、
そのあとは、リラックスして進行したせいか、
花粉症を発症していたにしては、回復している。

元気に帰宅したが、さすがに疲れていて、早々に就寝する。
きちんと、灯りを消して眠りの準備。

ただ、音源は例によってオン。

「一対対・・」の無限ループも、
とりあえずは、不可欠で。



^^

日別画面へ

03月30日

起床時刻:04時00分

今日も良い天気だろうか。

昨夜、疲れていて仮眠のつもりでごろ寝、
そのまま朝になってしまった。

灯りは煌々ついたまま、音源はずっとオンのまま、
「琅琊榜CUT版」が、冒頭・梅長蘇の吐息と、
ラスト「風起時」の歌声しか聴こえていない、
というのは、かなり眠っていたのだなと思う。

合間に独語と漢語の語学講座もはさんでいる。

アンケート集計報告の編集もやっと出稿に到る。
最後は楽だったが、しかしね、
この作業は果てがなくて、
ひょっとして初心者に依頼すると、
新人いじめ、ストレスの果ての自殺・・
みたいなことになるんじゃないかとさえ思った。

どうか、新人の皆さんには、
心強く、あんまり思いつめないでほしいと願うばかりだ。

気楽にいきましょ。

私自身も、いつもひどいストレスをかかえてしまうので。

そういうわけで、でもないが、
昨日の漢語レッスンでは、頭がほとんど働かなくて、
発話の構文が、めちゃくちゃになった。

少し考えてから発言するといいなと思う。

今朝はやや頭痛、花粉症も発症しているけれども、
一日語学参加の予定なので、あせって早朝起床。

ドイツ語の発声練習をしていないし、
しばらく仏語を練習していない。
などなど・・

しかたないので、気楽にいきましょ。

今朝の無限ループ音源は、「一対対鴛鴦」
漢語講座も一応終了、最終回。
そうそう、ほんとに、
今回の講座は、胡歌を思わせる語彙が多かったな。
「車禍」・・まで出てきたし。

びっくり・・


^^

日別画面へ

03月29日(金)

起床時刻:04時00分

窓辺は明るいが、空気は冷たいらしい。

天候は乱高下。あいかわらず。
床を見ると、花粉がそこここに散っているのがみえる。

咽喉が痛むよ。

きのう、花見に、ベンチに座ると、
冷えこんできて、そそくさ退散してしまった。

独語や仏語のニュースサイトをリンクしたので、
タイムラインに入ってくる情報がかなり多くなった。

気をつけていないと、
量的に見えなくなる範囲が大きいので、
油断できないかもしれない。

老胡関連は、さすがにそれほど多くはないので。

というわけで、そう言えば、
「朗読者」をきっちり翻訳していないのだった。
「ハムレット」の、あの独白自体が、
そもそも、初めから、わかりにくい台詞だ。

理解しにくいな・・と思った時点で、
翻案については、停止状態にしておいたままで、
いかん、いかんとは、思う。

胡歌インタビューも、
私には大切な内容なのだけれども、

きちんと、言語的な把握をしていなかった。
少々長いし、
初心者には難解でもあるので、
あとまわしにしていたのだった。

朝からニュースをチェックしていて、
あ、そうだったねと、思いあたる、迂闊さ。

あっという間に、時間過ぎる。



^^

日別画面へ

03月28日(木)

起床時刻:04時00分

良い天気。元気。

年度末なので、なにかと忙しい。

アンケート編集して報告書を作るのだが、
これが面倒な作業つきで、
パソコンは、しばしば固まってしまう。

一文字ミスがあると、
全体やり直しになるような事態になることもあって、

気がつくと、だいぶ疲弊していたようだ。
用心しましょ。

近くの図書館の廃品復活販売で置棚を買った。
良い品物で、500円。

いろいろなものを買うのだが、
今回は、持ち帰りで、かなり重い。
手がしびれて、しばらく動かなくなった。

三日たったが、いまだに腕が筋肉痛で固まっている。

筋トレも、謂わば、これくらいでないと、
効果ないのかもしれないと思った。

負荷のかからない筋トレしかしていないので、
少し反省するが、まあ、無理か。
避けて通りそうだ。

今朝は、胡歌「朗読者」ビデオを見る。

音だけをとったものは、ほぼ毎日聴いているが、
さっぱり言葉が身に沁まないので
大いに反省する。

字幕つきの映像にしましょ。

昨晩は、「一対対鴛鴦・・」ビデオをオンで、
そのまま何時間たったのだろう。
あの歌声と笑顔が可愛く、
とても慕わしくて・・

疲れて眠ってしまったらしい。



^^

日別画面へ

03月27日(水)

起床時刻:04時15分

かなり暖かく、夜明けも早くなってきた。

桜もあちこちで咲き始めている。
やはり、見事に美しいと思う。桜好き。

昨日あたりから、たまっていた語学講座の消化中。

独語については、やはり焦るのだけれども、
これは、いわゆる無意識の領域に関連するのかなと思う。

たいした知識の量ではないにしても、
蓄積したものは、多分潜在意識のどこかに残るのだろう。

それを活性化できるかどうかは、
練習量しだい・・ということなのかしらね。

各種外国語が好きで、いろいろ手を出すけれども、
あまり使い物にならずに終了してしまうのは残念だ。

なんとかしたい・・と思う意欲は、
何によって持続するのかというと、

うん、多分、なにか要因があって、
情熱をかきたてられる主柱があると、ベストです。

恋い焦がれる思い・・については、
そういう酔狂な人間でもあるので、多分大丈夫。

今なら・・という限定つきで。



^^

日別画面へ

03月26日(火)

起床時刻:04時30分

ぼおっとしている間に、窓辺は明るくなる。

ヒノキ花粉は大丈夫らしい。
今朝は症状それほどひどくもない、涼しいせいか。

TwTLをいじっていて、
マクロン氏の演説と、ZDFニュースをRT。

思いつかなかったが、
自分のTLに入れておけば、練習もしやすい。

今週末に集中語学練習に参加するつもりなので、
準備しておかなくてはいけない。

独語チェックの時に、
なんでペラペラ話していたのか、自分でもわからない。

かなり練習をしていたにしても、
話すことに抵抗がなかったのが、信じられない。

どういう按排でそうなったのかな。
・・いや、わかってはいるのだけど、
・・毎回そういう練習をするのは、とても大変なのだ。

練習なしのまま、自然体で参加すると、
さんざんなことになるのは、経験済みです。

なぜか、仏語はけっこう大丈夫だったりするが、
独語は、油断がならない・・

なんにしても、最初は、漢語なので、
これを頑張ってみるつもり。

字幕チェックしましょうとして、「琅琊榜」を見るが、
でも、気がつくと、あいにくなことに、

老胡の顔にみとれていて、なんにもならない・・

まあまあ、とりあえず、今日は仕事です。

がんば!



^^

日別画面へ

03月25日(月)

起床時刻:04時30分

最近は、目覚めていても、気力がない。
体調不全・・ではあったにしても、
花粉症は内在していて、応急処置でしのぐ。

なんとか起きて、パソコンをまず開く。
ルーティンの前に、一考しよう。

春先とはいえ、足元は冷えこんでいて、
炬燵の不備を、今回はなんとか改善する。

今朝は早めに事務所に出るつもりで、
いそぐ、いそぐ、いそがなきゃ・・
あ、そうだねと、思いつつ。

「羋月」の漢字変換などをいじくっている。
名前も、きっちり確認せずに見ているなと思う。

「琅琊榜」原作は図書館持込みで読んでいるのだが、
遅々として進みの悪いこと。

考えてみると、
ドラマ版字幕の書き取りも、少ししかやっていないな。
こちらから仕上げたほうがいい・・と思いなおす。

胡歌・梅長蘇の表情の変化についても、
やはり興味尽きず、あれこれ考察中。
演技構成ノートの類を見られれば便利だろうが、
そうでもないのだろうとも思う。

心を尽くして表現していくもののすべては、

列将軍が言うところの「蘇先生真是神机妙算」

そんなもので、曰く言いがたい・・



^^

日別画面へ

03月24日

起床時刻:04時30分

朝の陽ざしが窓辺にひどく明るい。

スギに加えてヒノキ花粉も多く飛ぶとか。

あわてて部屋中の水吹き掃除を徹底する。
そこここに、花粉は積もるので。

40年にわたった日本の中国に対するODN援助を
今年やっと終了の会議が開かれるというニュースを見る。

かの国では、突然、「時代劇」禁止を発令。
TV放送では、ほとんど全滅だと、ある。
理解不能。

今朝は、朝から「一対対鴛鴦・・」、
歌詞もなんとか覚えたので、
歌えるかもしれない・・が、音程高過ぎるかしらね。

そのうちに、
「風中奇縁・好好過」が聴きたくなるのは、
胡歌さんの感情移入強い歌を思い出すから。
ほとんど泣いている・・ような歌い方で、
どうしたものかと、

九爺、・・ほんとに貴方ってば。
気高い人なのに、どうしてだろう。


^^

日別画面へ

03月23日

起床時刻:05時00分

一日在宅。

新聞をとりに、階下に降りてもいかない。
カフェにも行かない日。

TwTLに更新したニュースに、
マクロン氏ほかの演説があがっていて、
語学練習をかねて見ているうちに昼近くになった。

LeMondサイトのTwも入れてみたが、
アップロード量が半端無く、とても見きれない。

実のところは、仕事に出ようと思っていたので、
ついでに、レンタル更新するつもりだった。

「ミーユエ」をチェックしようとしたのが運のつきで、
困ったことに止まらなくなった。

前回確認がおざなり過ぎて、続きはYouTubeに移行、
またしてもラストまで行ってしまう。

「兵馬俑」まで「ミーユエ」の功績にするのは、
しかし、さすがにやり過ぎでしょ・・と思ったり。

「神話」では「易小川」の発案ということになっていたが。

うん、どうもね、さすがに、違うだろう。


^^

日別画面へ

03月22日(金)

起床時刻:04時00分

暖かい春の日・・なのだが、
天候は変わりやすく、夜に入ると冷えこむらしい。

昨日は、外出して、すぐに雨に降られ、
あわてて傘をとりに戻ったのに、
以後は晴れわたって、おやおや・・状態の天気だ。

「琅琊榜」は原作を読むのに苦労しているが、
昨日休日は一日ぼっとしていて、今朝は早朝に目覚める。

引越以来かたづけていない部屋は、
いまだに、そのままの思案投首状態だが、
近々にまた引越の予定・・というのも、無聊(Wúliáo)。

進退を決めなくてはいけないことも多いが、
とりあえず、進展しないままで、
時は過ぎる。

心は、すべて単独でおさめられるほど強くはない。
抑えきれない感情や衝動は、
年を経ても、うまく対処できもしない。

それで、時々神社参拝をさせていただく。
信仰心が深いわけではないので、
心が鎮静するのは、なぜかよくわからない。

昨今のニュースを見るにつけ、
信仰深い人々が犠牲になるのは悲しい。


。。

日別画面へ

03月21日(木)

起床時刻:04時30分

定時に目が覚める。薄暗い空、全国的には雨や雪か。

そろそろ桜開花の兆し・・
今日は雨らしいが、各所庭園の様子を見に行こうか。

「琅琊榜」は、色々CUTバージョンを作っていて、
最近は、梁皇帝が意外に悪くないと思う。
林殊を溺愛していたことが、
終盤に、梅長蘇自らの口から語られる。

「風起長林」蕭平旌が、林殊に似ているのだなと思う。
梁皇帝の溺愛、自由奔放な気性、天才的な資質。

平旌は祁王后人、つまり孫・・なのだが、
祁王の母は、林殊の叔母で、
林殊の母は、祁王の叔母・・と言う血筋の近さ。

「琅琊榜」「梅長蘇」后人としての資質は、
ごくごく自然で、明白な流れになっている設定だ。

(女禍后人・・て、さんざん聞いたので。その連関。)

レンタルは更新ついでに、「サーチ」を借りる。
映像はすべて、パソコンSNSの流れを追う趣向の作品。

興味深いが、しかし、個人情報を、
こんなにもサイトアップするだろうか、
この100万分の一も、私はあげていないぞと思う。

TWについて、
フォロウ新着記事一覧確認の仕方を知ったのも、
実は今日が初めてで、少々びっくりしている始末だ。

各国元首の、
直近のことば、音声を、すぐに聴くことができる、
そういうのも、すごいねと思う、
・・今更ですが。



^^

日別画面へ

03月20日(水)

起床時刻:05時30分

良い天気、暖かい日、でも風は冷たいかな。

梅林が、きっと見事でしょう。
大地震の日は、梅を見に行くはずだった。
あれから行っていないのが残念・・

今朝は動きがわるい、起き上がりたくない。
就寝の間中、「瑯琊榜」の音がずっと流れていた。

聴こえる音声は視覚分がないだけ、よけいに鮮明で、
とりわけ、梅長蘇の吐息が、グサグサ胸に刺さる。
叫びの悲痛も・・

このところ聴いている「一対対鴛鴦・・」は、癖になる音源。
古い曲調の、特徴的な音調、あの歌い方・・

陳凱歌「花の生涯」ビデオを確認したくなる。
梅蘭芳としての演技シーンは、実際のご子息が歌っていて、
かなりご年配らしく聴こえた。

できれば、もっと若く美しい声がほしかったので、
つい、あらぬ妄想に動く。

胡歌氏は、とても背高い人なので、
そうは見えないにしても、さすがに小旦は無理でしょうが、
おふざけで演じた「マリリン」は、美しかったし、
京劇かなにかの演目を期待してしまうな。

YouTubeでは、
「紅楼夢」87年版のビデオを最近頻々と目にする。

賈宝玉を演じた俳優が、女性だよと・・
以前、中国語老師に聞いたことがあったが、
87年版の宝玉ではないのかもしれない。

概して、「紅楼夢」出演者は、その後、こだわりがあって、
他の作品には出ない人が多いのだとか。

とりわけ、林黛玉を演じた方は任に良くあっていて、
世人の思い入れも深いらしい。

劉亦裵・・が、タイプとしては、やや似ている。
李逍遥の、少年の可憐さ・・を思いあわせても、

「紅楼夢」作中、二人の美しさに、
つい比定してみたい気分があるのは、しかたがない。

「仙剣奇侠伝」は、しかし、作品そのものより、
李逍遥・胡歌の存在自身を、更に大きくしたので、
遇到・・の巧妙、というものか。

思いは拡散して、
柳絮・・のように、ちりぢりに飛んでいきます。



^^

日別画面へ

03月19日(火)

起床時刻:04時30分

良い天気。暖かいらしい。

花粉症はあいかわらずだが、大丈夫。

自分で作る食事は、たいていまずいが、たまにOK。

レンタルしていた新版の「水滸伝」を見ようと思ったが、
途中でやめる。なぜかな、どうもめんどう。
(そう言えば「岳飛」もです、あいにく。)

昔〃に見た素朴な「水滸伝」は好きだったな。
流罪の林冲が、雪中、古廟近くで槍をふるう、とか、
何度も見たのだけど・・

満を持して、かえって力が入り過ぎ・・のような。

同僚間で、ちょっと話題になったので、
「ミヤナダ サランハンダ」(ごめん愛してる)を見た。
ソジソプ、イムスジョン主演。

もう十何年以上も前の作品。

これは、やっぱり秀逸。
文句のつけようがない。

しかし、気分は、やっぱり「琅琊榜」なんでしょう。
朝から、音声バージョンを流している。

美・・です。


^^

日別画面へ

03月18日(月)

起床時刻:04時20分

良い天気の朝。窓辺が明るい。

花粉症は発症していないが、
ぼやっと朝の時間を過ごす。
(ルーティンは大車輪でこなす。)

漢語の講座が、中文練習中の人の焦りを語る。
身につまされる。
・・聴き取りは赤点、語彙は身につかない。

こういう気分の時は、
「一対対鴛鴦水上漂」の歌を聴くに限る。

恋人同士の情を歌う民謡らしい。
昔からの歌い方に倣ったのだろう、にしても、

あの高い声を聴くと、つい笑ってしまう。
あんまり可愛いくて・・

コケットに、ふっと首をかしげるしぐさは、
最近よく見る気がするが、

明星・胡歌さん、ちょっと癖なのか、
粉丝 Fěnsī には、罪つくりかもしれない。


^^

日別画面へ

03月17日

起床時刻:04時30分

今朝は寝たり起きたりしている。

夕べから寝つかれず、起きもしない。
どうしたかな。

「琅琊榜」原作本をよんでみると、
(いや、きちんと読むのは大変、かじる程度)
梅長蘇の印象は少し違う…かもしれない。
原作の彼は、琴を弾いている。
もう少し線は細く、冷たいかもしれない。

ドラマの彼、つまり、胡歌の梅長蘇は、
確かに、儚くは見えるし、しばしば血を吐いても、
あくまで、澄明、如玉、
背景、周囲、シークエンスのすべてが、
きわめて、すこやかで明るい。

「風起長林」に感じるような暗さとも違う。

「蕭庭生の死」の件りで、
なぜ、こうも涙にくれるかと思う。

すでに帰らぬ思い出として、
「梅長蘇」と「梅嶺」が表出するとしても、

自分は、いまだに執念く、
「琅琊榜」にかかずらわっている。
言葉の一つ一つを確認中だというのに、
思い出も何もないでしょう。

…そのはずだけどな、と思う。




^ ^

日別画面へ

03月16日

起床時刻:04時15分

寒い日です。風が冷たい。

土曜日なので、朝から語学書作の練習。
そのうち冷えこんできたので外出する。

近所で野菜が安いので、
キャベツ、グレープフルーツ、青菜に、ポテチ、
山ほど買ったが、400円にもならない。

出直して珈琲読書、
「琅琊榜・原作」を読む。なかなか進まない。

「一対対鴛鴦…」YouTube官制版を見る。
…2016/12.4 とある。2017だったかな。

歌声が、胡歌… 裏声だ。
女方さんみたいな歌い方、とても綺麗な声。

ほんとに、油断すると、いろいろ化けます。
老若男女… なんでもあり、みたいな。

仙も魔物… も、いいな、と思う。



^ ^

日別画面へ

03月15日(金)

起床時刻:04時30分

今朝は、夜中頃からの花粉症がきつく、応急処置。

良い天気だが、寒気、雷などで不安定らしい。

私のPCも不安定、すこぶる動きがにぶい。

私自身の頭の動きもにぶい。
ドイツ語の構文が頭に入らない。講座の発音が聴き取れない。
またしても、じたばたする。

ビデオレンタルを更新。
「ミーユエ」の続き、もういいやと思ったのだけどね。
きちんと見ていないし・・

「メンタリスト」も更新中。

「仙剣三」も久々、「琅琊榜」梅長蘇も瞥見、

胡歌さんを見ると、
やっぱり、・・なんて綺麗な人かと、思う。

声を聴くと、
ひどく、心が動く。


^^

日別画面へ

03月14日(木)

起床時刻:04時30分

なぜか快調な目覚め。花粉症も出ていない。
身体があたたかい、そのせいか。

朝も早よから、ルーテインを決める。
とりあえず、発声練習。
早朝・・ちょっと、ご近所に迷惑かと思いつつ。
少し小さ目の声・・

4月15日には、
「GOT」シーズン8が世界同時放送になるが、
私のTV環境で、どうやって見れるのかと、
やきもきしてしまう。
経済的にはサバイバルだしね。

なんとか方策を考えたい。

今朝は、Weiboで、胡歌さんの街角パネル映像。
ファンが撮影したらしい。

え?、胡歌か? ・・と思う。

歌声かなりかなり高め、良く聴けば、胡歌です。
いかにもな愛想笑いの表情や身振りで、
昔の芸人さんか歌い手のような風情。

胡歌、佟丽娅演唱《一对对鸳鸯水上漂》とある。
新作の宣伝らしい。
「于成龍」 插曲- 一對對鴛鴦水上漂
というコメントも見える。

百度百科によれば、
胡歌、佟丽娅两人作为中国视协代表在文联作协联欢
晚会上献唱电视剧《平凡的世界》的插曲
《一对对鸳鸯水上漂》。 …だそうだ。

ついでに歌詞までついていた。

人家干那个都说是咱们俩个好
你要是有了心思咱就慢慢交
你没有那心思就呀么就拉倒
你对我那个好来我了知道
就像那个老羊疼了羊羔
墙头上跑了马还嫌底
我忘了我的娘
老子我忘不了你
想你那个想成个泪了人人
我抽签那个算卦
我还问了神神
山了在 水了在 人情在
咱二人甚时候把天地那个拜
山了在 水了在 人情在
咱二人甚时候把天地那个拜

佟丽娅は、「風起長林」で、
长林王府世子妃蒙浅雪を演じた女優さん。
とてもきれいな人だ。

スーツを着ているのに、
またしても化けるのだね、胡歌さん・・
と思う。


^^

日別画面へ

03月13日(水)

起床時刻:04時30分

とても良い天気の朝。

ベッドの中で、語学講座を聴いている。
明るくなってから起きだす。

夜中に時々目を覚ますと、
音源は、いつも「琅琊榜」を鳴らしている。

音だけ聴いていると、
胡歌の声にひときわ惹きつけられる。

彼は配音の才能も非凡な人だ。

音源はアナログで適当に録音したものなので、
室内の騒音も時には入っていて、
さしてクリアだともいえないのだが、

それでも、心に響くものは大きい。

先日は、三度目の「グリーンブック」を見ようと思ったが、
時間変更で、うまいぐあいにチェックインできなかった。

ぶらぶら散策して帰る途中で、
満開の枝垂れ桜を見た。

「グリーン」ヴィゴの20キロも増量した逞しいビジュアルは、
私の好みとは、あまりマッチしないはずだが、
つい、もやもや引き寄せられるのは、

やはり、ヴィゴはヴィゴだからでしょうとしか、
・・言いようがないかな。

今回は、マハーシャラ・アリと、ピアノの音もセット。



^^

日別画面へ

03月12日(火)

起床時刻:05時15分

6時前だが、空が明るくなった。
朝の時間を大切にしたい自分には嬉しい。

きのう、上野公園の前では桜が咲いていた。
ほとんど満開なのに驚く。

用心のために、ゆっくり眠るつもりの朝..



^ ^

日別画面へ

03月11日(月)

起床時刻:04時00分

夜中に、外の気配が気になった。
音響機器の音を消してみると、雨降りの気配。

朝から降っていたのだけれど、止んだようだ。

昨日は寒さに油断して、
多分からだを冷やしたのかもしれない。

突然花粉症がひどくなって、発熱。
語学レッスンは参加したが、しだいに辛くなった。

帰宅してすぐに休む。

今朝はなんとか回復している。
のどがむずむずしている。

Pollenallergie…
と言ったほうがいいね。
と、ドイツ語の先生が言っていた。

熱も出ていたのだけど。


^^

日別画面へ

03月10日

起床時刻:04時00分

目が冴える。朝・・

いや、しかし、多分、眠ってはいるのです。
夢の感覚が残っているが、当然思い出せない。

昨日、語学練習をするはずが、
レンタル更新した「ミーユエ」の続きが気になって、
YouTubeで全部ちょこちょこ見てしまった。
82回もあるのだ。

続き物のドラマ・・って、これ。

夜に入って発声練習をしようとしたが、
息が上がっていて無理だった。

やばい・・
レベルはさがっているはず。
記憶の断層領域がどこかにもぐりこんでいるのだろう。

睡眠時間には、例によって
アナログで編集してある「琅琊榜」の音声cutを流す。

もう2年近くもこういうことをしているが、
梅長蘇の声を聴くたび、胸が躍りあがる気がする。

胡歌のドラマ新作は、
一年以上も前の「猎场」以来、ないのだが、
旧作を確認するだけで、もう余裕のない状況が続く。

梅長蘇の声、哀切の思いを聴くと、
明台の泪・・を思い出す。

ヴィゴ「グリーンブック」ラブレターの
「切りばりの脅迫状かと思った」云々のコメントで、
やや間の抜けた無邪気な笑顔を見ると、

「生活啟示錄」鮑家明の可愛らしさを思い出す。

意外に、いそがしい。



^^

日別画面へ

03月09日

起床時刻:04時30分

夜中にひどい花粉症…

寒かったらしい。
衿もとを冷やしていた。
ちょっと語学練習をしていて…

「朗読者」の書取り練習に、
うっかり時間がかかり過ぎた。
いつまでも難しい…

ぐるぐる厚着をして、目薬とうがい薬、
空気を遮断しているうちに、
症状が治まってきた。

応急処置で、
今年は、なぜかOK…

今朝は「メンタリスト」更新中。


^_^

日別画面へ

03月08日(金)

起床時刻:04時30分

今朝は良い天気、6時前すでに明るい。

熟睡はしていないらしく、眠いのがまずい。
起き上がる気になれない。

「グリーンブック」を再見。
「ボヘミアン・・」でさえ、二度は見ていないのにね。

ヴィゴに惹かれたにしても、
バディのコラボがひっかかったのだ。

アカデミー助演賞のマハーシャラ・アリのドク・シャーリー
彼もむろん、とても良いのです。

華麗、情熱的なピアノ、音楽もとても良い。

悲しみとやさしさが、
ドラマの中の車中に降りかかった雨や雪のように、
とても胸に沁みたのだと思う。

帰宅すると、
さすがに、ヴィゴは、「LOTR」が恋しくて、
ビデオを開いてしまう。

若々しい、旅の仲間のイケメンの面々。

ボロミア、ショーン・ビーンも若く、
つやつやしたお肌、さらさらの髪も美しい。

ただ、ひたすら、アラゴルンにつっかかるボロミア、
白い都、ミナスティリスの貴公子。

アラゴルンは、いまだ野伏せりの風体だが、
エルフの若殿・・としてもいい威厳と美しさもある。

悲しみの深い眼差しでボロミアをみつめる。

彼は、かつて、かの白い都で、
元来ゴンドールの王位継承者であることを隠し、
まだ幼い公子だった彼を見守っていたのを思いだす。
(あ、むろん、映画にはない。
 原作の、そのまた補足の物語にそのような記述がある。)

この二人が、意外に
梅長蘇と蕭景琰との関係性に似ているなと思う。

エルフのレゴラスは、美しく若く見えるが、
実はアラゴルンよりは、はるかに年長で、
いわば、飛流と藺晨の二人を合わせたような存在だし。

アラゴルンには、ついでに、
霓凰群主のような、帰還を待ち続ける勇敢なエルフの姫君もいる。

つい、そんな連想が湧いたのは、
さすがにはじめてだ・・

しかし、現在では、
押しも押されもせぬ「名優」としての地位を確立している、
こういう二人を含めて、出演者面々の演技の確かさ、

存在感の大きさに圧倒される。



^^

日別画面へ

03月07日(木)

起床時刻:04時30分

暖かいが、雨が降っています。

寝ている間は、タオルをかけて死人のふり。

これで、花粉症症状がやむので、
花粉が頻々と顔に降り積もるらしいのがわかる。

きのうは、突然に思い立って、
「グリーンブック」を見てきた。

え、これは、あの、ヴィゴ・モーテンセンか?
 
・・最初は首をかしげたのだけれども、
20キロ太って役に臨んだのですって。

撮影中も、ちょっと痩せてきたよ・・
と言われては、太ってみたそうだ。

食事のシーンが満載で、
太る前は、これがけっこう辛かったのだとか。

監督に熱烈オファーされたが、
最初は何度も断ったのだと言っている。

粗野で、教養のない用心棒兼任運転手なので、
愛する妻に送る手紙を書いている場面で、

汚い文面、書き殴り方を見て、
「脅迫状を描いているのかと思った。」
・・と言われるところも、おかしい。

腕っぷしの強さを見せるところは、やはりヴィゴ。

コメディではあるが、優しさに満ちて、

すごいビジュアルだが、
見てみれば、ヴィゴは、やっぱりヴィゴで、

眼差しの伝える思いが深く心に残っている。

つい、ヴィゴ、ヴィゴと、言ってしまうが、
映画として、確かに、とても良い作品です。



^^

日別画面へ

03月06日(水)

起床時刻:04時10分

季節が移るのを感じる。

夜明けがしだいに早くなり、
外に出てみると、寒さも少しずつ変化しているなと。

去年の毎朝の散歩、ちょっと走っていたのを思う。
いつの間にか、やんでいた習慣。

今朝は、パラ競泳・鈴木孝幸選手のニュース。
イギリスに移って、
普通に接してもらえるのが心地よいと言う。

その強い心、素敵な笑顔が沁みる。

ところで、
アカデミー作品賞は「グリーンブック」だったが、
あれ、 ヴィゴ…ですね。ヴィゴ・モーテンセン。
違う人のようだ。

だいぶイメージを変えてきました。

でも、授賞式で、主演なのに端っこで微笑む彼は
相変わらずのヴィゴです。

ヴィゴについて悪く言う人はいないのだけれど、
このあたりは、胡歌も似ているなと思う。

その知的な謙虚さ、思いやりの深さ、
(変人…だと言う人もいるが、)

人一倍の素敵さです。




^^

日別画面へ

03月05日(火)

起床時刻:04時15分

暖かさ戻る朝。花粉症は比較的いいほうだ。

このところ、じたばたドイツ語を練習していたが、

なぜとはわからないが、
突然、かなり流暢なドイツ語を話していた。

評価を見てみると、
正確さと聴き取り、流暢に良い点がついている。
何年ドイツにいたのかとも訊かれた。

たまにこういうこともあるのだねと思う。

帰宅して、やや呆然としてしまい、
漢語も練習中だったので、
切り替えが変だった。

昨日は寒くて、少々落ちこんだ。

レンタルを更新して、
「ミーユエ」姉妹に生死を分ける確執が生じるあたり、
「メンタリスト」虐待を受けた子が反撃に到る・・
そういうシークエンスを見ていた。

眠ろうとして、灯りをつけたまま、
ぼっとしていたが、

胸にあいた傷が、
突然に、血を流しているような感覚を覚える。

さまざま、映像作品を見るのは、
時々、意識にのぼらない、自分の状況を、
あらたに自覚する助けになるように思う。

なぜ、ずっと胃が痛むのか、
理由があったのかもしれないとも思う。

心理の奥底にわだかまる確執は、
誰にとっても、多分、あまり意識に出ないことも
時にはあるのだろうが、

意識することで、解消することもあると、
思うのだ。



^^

日別画面へ

03月04日(月)

起床時刻:05時15分

今朝も雨降りです。

このところずっとドイツ語を練習していたが、
今日はやめておく。

昨日はどんなドイツ語をしゃべったのだっけ、
・・と思うが、
つい漢語がまざって思い浮かぶ。

まあ、時にドイツ映画も見たけれども、
ふだん見ているビデオはほとんどが中国ドラマで、

ほぼすべてに近く、胡歌さんの作品ばかり・・

歌や、音楽も、最近はそればかりだ。



^^

日別画面へ

03月03日

起床時刻:04時30分

冷たい雨の朝。

日曜日だが、ルーティンはこなす。

朝食にはジャムトースト、冷たい牛乳、
味噌汁に玉子。

胃が…痛むのは、なぜかな。
冷たい食事のせいか、ドイツ語のせいか。

今日はドイツ語レベルチェックとレッスン。
話す・・については、
さすがに、ブランクが大きい。

しかし、練習の成果もあり、
聴きとりは、かなり良い。

眠りこんでしまった領域が、
活性化しているような感覚。

レッスンの講師は初めてだが、かなり良い印象。
こちらは自由に話して良いので、
かなり面白い。

ナチュラルスピードで
長いニュースの聴き取りはさすがに無理だが、

挑戦してもいい可能性は大きい。

収穫は、小さくもないかと思う。



^ ^

日別画面へ

03月02日

起床時刻:04時30分

良い天気の朝、土曜日。

ふらふら遊びに行っていてはまずいなと思う。
ドイツ語練習と部屋の掃除をしましょ。

ディスプレイは「仙剣奇侠伝」を流している。

胡歌・李逍遥の、自由、少年の覇気、可憐さ。
対する劉亦裵も、神仙妹妹。

この作品を見るについて、
少々初期ハードルが高かったのには、
いろいろ理由はあるが、

綺麗な画質で、
DVDを永久保存販売してほしいと思う。

そういう美しさです。

で、ついつい、
あれこれビデオをいじる。

「風起長林・第27集」

兄の危難を察知する、馬上、蕭平旌・刘昊然の表情がいい。
蕭平章は、命を落とすことになる戦いの場で、将兵を鼓舞する、

こういう勇壮な場面は、「GOT」でも見た・・とは思うが、
(ナイスガイのジェイミー、彼にも運命的な苦難がある。)

基本として焼き付いているのは、
「LOTR」アラゴルン_ヴィゴ・モーテンセンの演じた
黒門前シークエンス。

「風起長林」も、悪くないのだが(老王爺の風格もいいし)、

シルバーの紋章をつけた黒い鎧、黒髪のアラゴルン・エレスサール
どうしても、彼を思い出してしまう。




^^

日別画面へ

03月01日(金)

起床時刻:04時30分

小雨模様の弥生朔日。

昨日は一日雨降りで、かなり寒かった。
咲き始めた花々には酷かな、それとも試練なのかな。

スタバに高級店が出現。
綺麗なので、スタバカードを作ってみたところ。

いきつけのスタバは、
店内設定が、あまり快適ではなくなった。

サンマルクは、割引がなくなった。
いろいろ残念。

でも、自宅で、発声練習でもしよう。

ゆうべはずっとドイツ語。
例によって、たいしたことはないが、
音の流れが良くなってきたような・・

あきらめないでいこうか。

頑張!!

しかし、
一日の最後には、もちろん「琅琊榜」
胡歌さんの梅長蘇が、やたらに目に眩しい・・

ふっと眼で笑う。
どうして、あの眼で、
眼・・だけで、笑うことができるのだろうかと・・

演技者の表情の妙ですね。
(時々は、チェシャ猫の目・・までしてみせる)



^^

日別画面へ