202003 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:30 平均起床時刻:05:35

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

03月31日(火)

起床時刻:05時30分

寒い日。桜あいかわらず、とても綺麗だ。

世間はコロナ報道一色だが、
「ジェントルマン・ジャック」について
私は少し考えている。

BBCとHBOの共同製作ドラマだ。
放送されると一挙に人気が爆発して
シリーズ2製作が決まったそうだ。

主役のアン・リスターは実在の人物で
演じるのは、麗しいサランヌ・ジョーンズ。

「麗しい」のか… と、ちょっと意外だったが、
というのも、劇中のアンが、
中年で、かなり飾らない人柄でもあるから。

…のだけれど、
インタビューに臨む素顔は、さすが女優。
存在感の光る、確かに、とても美しい人だ。

実在のアン・リスターも興味深い人物。
暗号で書いたと言う、
膨大な量の日記を残している。

ドラマと合わせて、
かなり考えさせられること大…である。



^ ^

日別画面へ

03月30日(月)

起床時刻:05時30分

やっぱり寒い日、
うっかりすると咽喉痛、腕も体も冷えきっている。

ちょっと咳きこんだりもするから
油断大敵である!

朝10時から、Amazonプライムで
「ウェストワールド 3-3」のライブ放送。
WIFI切れず、きちんと視聴できてありがたい。

近未来的スタイリッシュな感覚がいい。
あまり説明もないので、わかりにくいが、
かえって、その硬質なスピード感がいい。

ドロレスがパワーアップしている。
「GOT」も…だけれでも、
総じて、ドラマの女性たちが力強い。

力強い…と言えば、
「ジェントルマン・ジャック」( BBC×HBO )
…これが、かなり面白かった。
勢いで、全8話を一気に視聴してしまう。

粋で、お洒落で、聡明、かつ力強い。
波乱万丈の展開と、繊細な心情の描き方、

エンディング曲もまた、
軽快かつ、皮肉と捻りが効いていて惹きつける。

ドラマとしての質は最高級!




^ ^

日別画面へ

03月29日

起床時刻:05時00分

寒い寒い寒い朝で…
蒲団をたっぷりかけて寝たのに寒くて、早起き。

起きてしばらくはドタバタ作業で、
HDDはどこだっけ?
的な大騒ぎのあとで、一息ついていると
雪…になった。

ほんとに… 雪です。

ああ、桜が… せっかく満開なのに、
かわいそうだな。

昨日、ライン接続せず、
ぐんぐんライブはあいにく見られなかった。

今朝、YouTubeに上がっていたので
楽しみにしています。

ただ、メインのPCも壊れたままなので、
きちんと視聴するのに少し時間がかかる。

「琅琊榜」も視聴始めてから足掛け三年。
三年間、この映像を見ないで過ごした日は一日もないのに、
メインが動作停止して一週間…
アナログで録音した音声だけを聴いて過ごす。

まあ、でも、胡歌の精細な声の表現が
思いの外に深く深く胸に食い込んできます。

NHKで、華流放送が決まったとニュース。
自宅にはTV視聴の環境がなくて、
アンテナも壊れて修理もしないのだけれど、

「琅琊榜」! を地上波で放送してくれるのなら、
喜んで視聴料だって払うのに…と思う。

「琅琊榜」とか「琅琊榜」とか、
そう、「琅琊榜」… とか、です。



^ ^

日別画面へ

03月28日

起床時刻:05時30分

ひどく暖かい朝だったが、
雨が降り続いて、次第に寒くなった。

予報では雪… のようだったので、
昨夜遅くに、やむなく大量のゴミ廃棄に出たが、
今朝ほどは、殆ど止んでいて、
あら… と思ったのだった。

桜並木の川辺は車両立ち入り禁止の遊歩道扱いだが、
あんまり人出はない。

雨に降り込められて、
まだ蕾も多いままで、桜の花びらが散っている。

それにしても、目の前には
見渡す限りの桜だ。

小雨ものともせず歩くのも悪くはない。


^ ^

日別画面へ

03月27日(金)

起床時刻:05時30分

桜満開!

でも、道路に伸びる枝先には、
まだ蕾がたくさんついている。

なるべく、咲ききった花の枝を少しもらう。

けっこう長く持ちます。

自分の古い持ち物についても断捨離を始める。
バージョンアップする前のガジェット、
更新前の書類、本、雑誌、DVDの山…
アルバム、写真集…

額に入ったジュリーの写真もあって、
シン… とした風情で俯きがち、
比較的普通の衣装、飾らない風情…

一瞬、胡歌… と見間違える。

2018年の秋の頃、
「南方车站的聚会」クランクアップのあと、
銀杏並木の背景で、
とても悲しげだった面影に、どことなく似ていた。

あの頃、確か、
「狂恋の沢田研二」等々のタイトルが踊っていた。
追いかけるメディアに薄く笑ってみせて、
長い髪のビジュアルの麗しさで、
「モナリザの微笑み」などと書かれた記事もあった。

辛い時期だったのだろうけれど、
今はすっかり幸せそうで、
なによりだと思う。

でも、胡歌は、
多分、本当には幸せではないのではないかと、

あの可憐な振る舞いのすべてを見ていても、
胸の傷む思いがする。


^ ^

日別画面へ

03月26日(木)

起床時刻:05時30分

暖かく良い天気。

週末の語学レッスンはキャンセルかな…と思う。
東京も、無用の外出は控えて、とのことだし。

もっぱら家の片付けでドタバタしている。

DVDどうしようか… と思案中。

昔ながらの…MPC!
( メディアプレイヤークラシック… ほんとに便利。)
これくらいしかなさそうな勢いだが、
USBは多いし、
古いHDDも多いし、くらくらする。

ついでに、DVDも山のように
処理確認しなくてはいけないものがある。

WinDVD…はあるが、
あんまり気に入っていない。

アップデイトしたPowerDVDは
ISO再生カットしたのだね。

そういうソフトが多いと目にした。



。。

日別画面へ

03月25日(水)

起床時刻:05時30分

日の出_5:34、日の入り_17:55 で推移。

良い天気の朝だが、温度は低いので注意。
ベッドから起きると、
忽ち、花粉症が襲う。

ずっと胡歌を聴いている。
少し枯れたような、甘く、時に寂しく、
聴くたび、深く胸に響く言葉、歌声。

だから、眠りは深くはないのだけれど、
一応きちんと目は覚める。

このところ、主に音だけで推移していると、
この人の表現力の確かさ、美しさに、一層の感動を覚える。

なにより、胡歌の声は、柔らかく、あたたかい。
どれほど悲痛な状況の役柄を演じても、それは変わらない。

暗闇の中を歩く人に降り注ぐ、
春の陽射しのような、あたたかさで、凍結した心を癒す。



^ ^

日別画面へ

03月24日(火)

起床時刻:05時30分

良い天気だったが、風が冷たく、
作業をしていて、
気がつくとすっかり身体が冷たくなっていた。

姉の車に同乗してモールに行ってみたが、
いっこうに身体は温まらず、
少々閉口する。

メインのPCが動かなくなって5日目。
Lenovo設定も全部終了しているわけではなく、
Win7とWin10のノートを交互に使っている。

DVD再生ソフトを入れていないので、
映像を見ることができず、
メインに保存してあった、
これまでのTV番組の録画も見ることができない。

PowerDVD19pro…を購入してみたが、
あいにくISO視聴ができなかった。
ultra版仕様から可能なのだって。…失敗!

ドタバタしつつ時が過ぎる。

ついでに住居の断捨離も継続。
納屋奥のドア付近に、ようやく光が見える。

裏庭の半分腐ったワゴンを引き上げる。
解体してみるが、粗大ゴミで出すしかない。

半分壊れたタンスも確認中。

居間の天井の壊れた灯りは新しいものに変える。
一挙に暖かい光が部屋に満ちる。

ちょっと良い気分である。

ほんとに、あばら屋だねえ…と思う。


^ ^

日別画面へ

03月23日(月)

起床時刻:05時00分

風が冷たい、空気の冷えを感じる。

川辺に沿って、桜並木はほぼ満開。

水面に枝垂れる桜、
紅の濃い彼岸桜、
白味の勝った桜もある。

競うように、川の水面に枝先を伸ばしている。

夕暮れには根元にライトアップの灯りがつき、
人通りはごく稀なのだが、

あでやかな、心を奪われる美しさで、
行きつ戻りつしてしまう。



^ ^

日別画面へ

03月22日

起床時刻:05時30分

麗かな春の日。

岸辺には釣りする人が多い。
桜も五分咲き…くらいか。

少しずつ咲きそろってくる枝先を撮るのに、
足下が揺れると、
岸辺の土手を転がって、水に落ちる光景が浮かぶ。

「南方车站的聚会」花絮の、
暗く寒い夜に、何度も冷たい泥水に突っ込む、
震える胡歌の映像がよぎって、

ひどく胸が傷む。



^ ^

日別画面へ

03月21日

起床時刻:05時30分

お彼岸の墓参り。

来客対応。


^ ^

日別画面へ

03月20日(金)

起床時刻:05時45分

春の嵐! 吹き飛ばされそうに、風吹き荒れる。

空には、どよどよとぐろ巻く黒雲が覆うが、
かなたに青空が見える。

上野駅に公園口が新たに開いていて、
改札の向こうに、のどかな光が見える。

思わず途中下車して、処処を徘徊する。
まだ桜の季節には早い…

車中ずっと、エリアーデ「悪魔と両性具有」を読む。
光の顕現、ゲーテ「ファウスト」と
バルザックの神秘的な傑作「セラフィタ」について。

どうしても考えてしまうのは、
「琅琊榜」…胡歌・梅長蘇の登場のシーン。

あれは、全き人間の出現。
… 闇をはらう光の顕現 ( エピファニー )

あまりにも美しいので…
そして、なにより、あなたは、
私にとっての光… にほかならないからだ。



^ ^

日別画面へ

03月19日(木)

起床時刻:05時45分

今日も暖かい。

花粉症が軽症になってきたのは、
あまり外出しないからか。

今日も籠もっているつもりだったが、
ついもぞもぞ飛び出した。

椿の花を一枝いただいた。
ついでに、手近な桜の花を一房、
千切って、仏前の小皿に飾る。

ごめんごめん…

部屋の模様替え用ガジェットを買って、
帰りにカフェ立ち寄り。
パンの美味しい小さな店。
スペースに誰もいない。

窓際の席に一人だけ。
珈琲もおいしいのだけどね。
きちんと運んでくれる。

本は「聖書は日本神話の続きだった!」
というのを見つけたので読んでみる。

新約と旧約の「神」の性別が違う…
と言う、これは、まあそうかなとは思う。

新では「天にまします父…」だが、
旧の神は、どちらかと言うと複合的。

しかし、おのれの姿に形どって「人」は、
創られたのだよね、確か。

それって、
どうなんだろう… と思う。
「神」は、人の形… なのか?

「ショートカット大事典」が付録なので、
日経PC21雑誌も購入。

Lenovoエクセルが、
なぜか従来のショートカット使えないので、
確認のため。

新書「外国語学習の科学」も読む。
第二言語習得不能の人もいるのだと、

最近はつくづく納得している。

若い頃に使えていたはずの言語が、
今はピースがバラバラに崩れている。

どこにどう嵌っていたのだろう…と思う。



^ ^

日別画面へ

03月18日(水)

起床時刻:05時45分

暖かい日。

朝日、夕日を仰ぎながら川辺を歩く。
所々に桜が開花している。
根方には、一面の菜の花。

自宅門扉の傍らには、ユキヤナギが満開。
なかなかに壮観です。

Win10_Lenovoは、セキュリティを更新する。
購入の時に確認したのに、
マカフィの試用版が入っていると訊いておらず、
ZEROを買ったのだが、
意外にマカフィが悪くなくて、
30日の試用期間が過ぎた。

ZEROは安価なのだが、
適当な私がインストールしようとすると、
様々障害があった。

一個一個、つまづきの石ころを除いて、
ストレスでイライラしながらクリア。

面倒なのだけど、
IT常識を熟知していれば、とても簡単!
…と言うプロセスを踏んで、
終了する。

やれやれ…

就寝時は、映像をオフにして音声だけ。
またしても、なぜか懐かしい気のする「琅琊榜」

最近、漢語も比較的真面目に練習しているので、
声が少し聴きとりやすいような、

薬を飲まない花粉症が
最近では改善しているような気がする。



^ ^

日別画面へ

03月17日(火)

起床時刻:05時45分

良い天気だが、空気は冷たい。

陽だまりの部屋も暖かくはないので、
居間で作業。

奥の部屋の大きなベッドを移動。
解体できて、なんとか動かす。
少しスペースを確保。

まだ、ガラクタが溢れている。
整理するのも処分するのも大変だ。

少し横になると、眠ってしまい、
首が寝違えて頭痛…

起き上がって大丈夫かと思うが、
多分、杞憂か。
とりあえず元気!

去年の花粉症は、発熱、咽喉痛がひどく、
一月分の薬をもらって、良く効いたが、
今年は医院に行くのを躊躇っている。

コロナ騒ぎがすごくて…

イタリア、フランスでは…外出禁止。
食糧備蓄がなかったら餓死するのでは?

近所の学校、図書館も、ずっと閉鎖のままだ。

朝の川辺を歩くと、
ますます人の気配がない。

もともと、すでに人のいない地域…


。。

日別画面へ

03月16日(月)

起床時刻:07時00分

花冷え…

桜はところどころで蕾を膨らませている、

玄関先の哀れな路肩にも、
シャコサボテンの可憐な紅の花びら…
強風にあおられて、
いくつもの蕾が開花しないまま萎れている。

ごめんごめん…と言いつつ、
毎朝少しずつ水をやる。

風の気配は、とても冷たくて、
油断したゆうべ、
私はひどく熱が出ていた。

蒲団にくるまって、
タオルで額を冷やしつつ寝ていると、
思い出すのは、

 願わくは花の下にて春死なん
     その如月の望月のころ

如月、花冷えの季節は寒いな…と思う。
流離って、花の下にいても、
まあ、昔の法師は、
大丈夫だったのかもしれない。

そういう季節だ。

今朝10時、スタチャンEXで、
「ウェストワールド シーズン3_1話」

つい忘れていて、
スマホが知らせてくれる。面白いスタート。

体調もちなおす。


^ ^

日別画面へ

03月15日

起床時刻:05時00分

良い天気だが、空気の冷たい日です。

太陽は熱いが、
気がつくと、手も足もひどく冷たい。

干してあるベランダの絨毯も乾きが悪い。
目が花粉症重症…

フランスでは、カフェ、レストラン等の営業も停止。

カフェ命の私、…こちらではどうなのだろうか。
自宅が寒いので。

3月末予定のライブは、さすがに中止になった。
かわりにWeb配信しているのが、
今日スマホに突然、通知が届いた。

せっせと掃除、整理整頓をしていても寒い。
ああ、まあ、途中で、
引っ張り出した本など、えんえん読んでいたのも
まずかったか。

体調注意すべきだと思う。

胡歌、特に新たな動きはないが、
Weiboには、李逍遥の映像が溢れている。

易小川の映像も…

なにげに盛り上がってしまうね。


^ ^

日別画面へ

03月14日

起床時刻:07時00分

最近何故か夜更かしで、あら…と気がつくと
さすがに朝が遅い。

昨日はごろ寝うたた寝のまま早朝から動いて、
外出時、体がとても重くて…
反省しました。

今朝は冷たい風が吹いています。
庭先の蕾や若芽が、少し萎たれています。

華やかに開きかけた花びらが、
項垂れて倒れかけているので、ささえを作る。

寒暖の過酷や、容赦ない風にもまれつつ、
桜の木々も、そこここ蕾をつけ始めています。

川辺を歩いていると、
小雨が、いや、次第に、ほんとに雨降り!

冷たさは氷雨…っぽいなと思う。
カフェの窓辺で、雨を眺めているのだけど、
夕方も暗くなって、雪模様…
これじゃ、私宅では見られない。

それにつけても、胡歌は…
( って、ここで思い出すのもなんですが。)
滞っていた雑誌がやっと着いたのだけど、

“ 忘れて欲しいんだ… ” なんて言っていたわりに、
笑顔が愛らしく、コケティッシュ…

新作アルマーニでは、眼鏡が主体のモデルだから、
比較的ダンディなのだが、
( とはいえ、ライトセーバー振り回しているが。)

百変千変の、胡歌は胡歌だな…と思う。
撮影者側の意図もなんとなくわかる気がする。

可愛い…なあ、と思うのだよね。


^ ^

日別画面へ

03月13日(金)

起床時刻:04時45分

休憩のつもりで、そのまま眠ってしまった。

ハンカチ下の目が花粉症の涙でひっついていた。
普通の睡眠の布団カバーも、
たいして安楽でもないので、まあいいや、
と思う早朝。

オンにしてある音源が、
珍しく、胡歌ちゃんパートばかり
耳に残してくれていたのが快楽…

最近、TwTLが中途で切れてしまうので、
チェックしてみると、
マクロンのコメントがトップにあった。

試しにGoogle翻訳にしてみると、
珍しくまともな言語で答えてくれるので、
おお…と見直してしまう。

Les transports publics seront maintenus,
car les arrêter ce serait tout bloquer,
y compris la possibilité de se soigner.
J'invite tous les Français à limiter
leurs déplacements au strict nécessaire.

 公共交通機関は維持されます。
 なぜなら、それを止めることは、
 治療の可能性を含むすべてを遮断することに
 なるからです。 フランスのすべての人々に、
 旅行を厳密に必要なものに制限することを
 勧めます。

彼のコメントは多い。
政治家の言葉は聴きとりやすく、明瞭、
言語の練習には良い材料です。



^ ^

日別画面へ

03月12日(木)

起床時刻:06時00分

朝から良い天気です。

一日があっという間に過ぎてしまう。
姉がやってきて、
「楊家将」を見たい…と言うので、
一緒に見たりする。

DVD一枚に、これは4話入っているので、
けっこう長いが、
フルバージョンで見る事はあまりないので、
カウチポテトを決める。

爪が割れているので、
接着用にマニキュアなんぞ塗ってみる。
手が、暇だから…

去年の胡歌アップ動画は、
DLがあまりに多くて、どれがどれなのか
わからなくなっている。
時間軸系列もきちんと整理していなくて、

保存する前にアプリが消えてしまったものも
実はすごく多いのに気がついた。

天気が良いので、
メインを明るく暖かい部屋に運んで、
( あ、午前中だけだ。日が回ると突然寒くなる。
油断して一階の居間で作業していると、
やっぱり手は氷になるのね。
冷蔵庫は、やはりオフでいいさ…と思う。)

少しは頭も動くので、作業を続ける。

Twで、「悪童日記」のサイトを見た。
堀茂樹訳
Le Grand Cahier
un roman d'Agota Kristof publié en 1986.

 「私の愛しい子!最愛の子!
 大好きよ……
 けっして離れないわ……
 かけがえのない私の子……
 永遠に……私の人生のすべて……」
 いくども繰り返されて、
 言葉は少しずつ意味を失い、
 言葉のもたらす痛みも和らぐ

残酷な現実の中で生きる心に潜む
甘く優しい言葉が、衝撃的に響く。

本を読もうと思って、図書館へ行ってみると、
この一ヶ月はずっと閉館だって…

冒頭部分くらいはWebで試し読みができる。



^ ^

日別画面へ

03月11日(水)

起床時刻:06時00分

暖かい春の日。

花粉症がひどくて、ゆっくりしている。

思い切って、常住の部屋を二階にしようかと画策中。
あばら家なので、天井が剥がれている。

以前に一度戻った時は、
置いてあった本も衣類も、
全部だめになっていて、
処分しなくてはならないゴミの山と、
荒れ果てた自分の部屋の惨状に言葉もなく、

雨漏りがやまなくて、
あちこちにバケツを置いて暮らしていた。

何度修理しても何故かだめで、
今はビニールか何かで塞いであるだけらしい。

いや、去年越してきたばかりなので、
そう聞いているだけだが、
あと十年ももつ家なのかどうか不明。

とりあえず、良い天候ならOKなので、
なんとかなるかなと思う。



^ ^

日別画面へ

03月10日(火)

起床時刻:05時00分

昨日の暖かさが花粉症に作用しただろうか。

涙目と鼻水が止まらず、くしゃみもひどい。
眠る時には厚めのタオルを顔にかけると、
症状は止まったが、
目覚めると、喉が、
カラカラに乾いて、火を吹くような感触だ。

フローリングの部屋にいた時、
床を掃くたびに大量の花粉を目にしていた。
それは日々に押し寄せていたので、
室内にも花粉は舞い踊っているのだろう。

例年の症状です。

ところで、
うまくいっていないMUBIサイトは、
一応登録はしたので、
お勧めの映画をメールで通知してくれる。

でも、初めからうまくないのは、
登録したはずのIDPWを認識してくれないこと。
で、先に進めず、肝心の目的に辿りつかない。

ではPWが違うのかと思って、
もう一度入れてみると、
同じIDPWは無効だと表示される。

…と言うことは、
それであっている…ということか。

そういう問題は、以前にもあって、
設定まずくてDOCOMO窓口で尋ねたことがあった。
結局、2時間以上IDPWを入れ続けて駄目で、
流石に腹が立って、
契約を解約、違約金をたっぷりとられて、
あげく、いろいろ損をしたっけ…

短気は損気…
とはいえ、なんなのだろう?

Weiboのログインも同様、ダメダメ…

しかも、
窓口で、壊れてますよ…といわれたものが、
何日も後になって、
普通に動いているのは、もう、
なんなのだろうと…

ITストレス…極まります。
がっかりする。

まあ、記憶力もない…のだけど。


^ ^

日別画面へ

03月09日(月)

起床時刻:06時00分

寒い朝は、少々厚着をして外出する。

しだいに空は晴れ上がり、
気温も上がる。
日の差し込む部屋は温室のようだ。

日が落ちると、
また、急激に寒くなった。

三月… ですから。

ドイツ語を集中的に練習中。
テキストの「田舎医師: Ein Landarzt」を読む。

“Was tue ich hier in diesem endlosen Winter!”
(この終わりの見えない冬に、私は何をやっているのだ!)

Synchronizität ・・共時性の論理
昨日は、人生の照応の感じ… だと思ったが、

シンクロニシティと言うべきかな。
何かと示唆されている気がする。

そう言うことも時にはあるのでしょう。

考えをまとめてみる。

「内なる異性」(Anima and Animus) を読んだ。
C・G・Jung の妻 Emma の著作。
女性らしい感性の鋭さ、
人間の内面にひそむ、激烈な潜在力、願望、
恐怖と憧れ、
未知なるものへの思い。

人は、多分、
いまだ確立されない未知の自分に遇うべきなのだ。





^ ^

日別画面へ

03月08日

起床時刻:06時00分

雨降り。とても寒い日だが元気!

朝から語学練習をしていて、
テキストの言葉に、
どことなく、人生の照応を感じる。

少し成功!

Wenn es eine gute Fee gäbe,
die Ihnen drei Wünsche erfüllen könnte,
welche Wünsche hätten Sie?

もし良い妖精が3つの願いを叶えてくれるとしたら、
あなたは何を願う?

と、ドイツ語の講師が、天使のような笑顔で訊いた。

うん、良い質問。

とっさに返事はできないのだけれど、
忽ち脳裏に浮かぶのは、
神仙世界…

ファンタジー、ですね、多分。

胡歌は、まじめな俳優だから、
類型… ではないキャラクターを演じたい、
と言っていた。

でも、
「琅琊榜」ひとつだけでも、
それはもう、確かに十分ではあったのだが、
彼の過去作品を、一つ、また一つ…
と見てゆくたび、

その類型が、
忘れがたく胸にひっかかって、
アーキタイプとしての、
深い深い興趣を、
魂の奥底に刻みつけた…

うん、
つい、そういう感想に捉われるのだ。


^ ^

日別画面へ

03月06日(金)

起床時刻:05時30分

良い天気。

起き抜けに、まず語学発声練習。
あら、意外にいける… と思う。

心身ともに、さすがに、回復はするのだ。
ゆっくりめに朝活を終了して外出。

「南方车站的聚会/鵞鳥湖の夜」…
正午少し前に、チケット発売の報が入る。
カフェにいたのだが、
早々に辞去して、映画館に向かう。

かなり良い位置に展示ポスターがある。
チラシは見開き版で、美しい!

絶賛コメントが、なにげに嬉しい。
日本陣営では、
それなりに、かなり力が入っているようだ。

导演刁亦男は、前作の時に来日して、
日本通でもあるらしく、
日本の文物、作品についても、
いろいろなコメントを残している。

今回もひょっとすると、
来日…の可能性はあるだろうか。

胡歌… もね。



^ ^

日別画面へ

03月05日(木)

起床時刻:05時30分

外出しようとすると、小雨だった。

亀の子が首を引っ込めるように、
室内に戻る。
戻っても、いたって寒いのだけどな。

午後、晴れ間が出て暖かくなるが、
風が強く、通りには人影もない。
飛ばされそうです。

手も足も、木で作ったエセ人間のように、
動きがぎこちない。寒くて…

あばら家は、突然、居間の灯りが消える。
ガジェットは寿命でしょうか。

あちこちに裸電球を吊るしてみる。
百均購入の経済版。
消費電力は4Wほどだが、なかなか明るい。

漢語仏語独語の発話を練習するが、
口のまわり方までぎこちない。

NewPC設定に手を出して、
つい又ビデオに走った。

Netflixで「ウィッチャー」を見る。
少女のツィリが、あいにく
あんまり可愛くないのだが、
ゲラルトは、映画版より、かなりのイケメン。

美貌だが、筋肉が半端なくマッチョ。
しかし、愁いのある表情は悪くない。

意外に子供っぽさも見せる。

勉強そっちのけで、
またしても、はまりそうになる。

途中でやめたけれども、
夜も更けてしまい、
これから語学練習してみても、
さっぱり身が入らない。
モチベーションが消えているな…と思う。



^ ^

日別画面へ

03月04日(水)

起床時刻:05時00分

寒い日、雨降りらしい。

とりあえず、まだ降る前に外出。

「南方车站的聚会」について、
MUBIリリースは、「鵞鳥湖の夜」タイトルになった。
お試し期間は7日だったが、
視聴できないまま時が過ぎる。

VOD…なので、
そもそも購入しないといかん…のだろうか?
とは思うのだが、
サイトの説明がなくて、
先に進みようがない。

やみくもに進めて痛い目にあうのも、
困るな… と。

ダウンロードOK… のサイトも見えるが、
これも信じていいものか。

以前「偽装者」の偽サイトにひっかかって、
クレカを解約したこともあるし…

と、うだうだしつつ…

PCの設定もまだ終了していない。

今日は、新しいHDDと、
キーボード・マウスのセットを購入。

LENOVOのキーボードに馴染めない。



^ ^

日別画面へ

03月03日(火)

起床時刻:05時30分

良い天気。

昨日から「仙剑三」を見ている。

胡歌に関しては、
「琅琊榜」の次にはまったドラマだ。

「仙剑奇俠传」は、
胡歌のおおもとの根幹だったはずだが、
そこに辿りつくのは、それなりに大変だった。

そもそもDVDが手に入らなかった。
(「仙剑三」は漢語字幕版だが三種持っている。
 まあ、あいにくな事情… というのもあって。)
今はなんとか手に入れたのだけど、
…廉価版。早送りするとNGだったりするが、
YouTubeよりは見やすい。

配音が胡歌本人ではないのに、
抵抗が大きくて、
違和感を乗り越えるのに少々時間がかかった。
(吹替えの人が悪いわけではない。
頑張っている… とは思う。でも、でもね…だった。)

YouTubeも、全編OKでいてくれるのは
ありがたいとは思う。今でも。

なんにしても、「仙剑奇俠传」が、
胡歌・魅力の原点…だと言うのは、
確かに、揺るがない事実だと思う。

ところで、もとい、
「仙剑三」…は、やっぱり、とても好きなのだ。

最近、いろいろと反省することも多いが、
最初、「琅琊榜」を見ていた時に、
ひどく泣き続けていて、

「仙剑三・景天」は、
負の心理状況を笑い飛ばしてもいい…
そういう手の差し伸べ方をしていた…
ような、そんな気がしないでもない。

ともあれ、
こういうドラマのあり方にも、
かなり慣れてきたので、

最近では、ただまあ普通に、
趣味どうこうを言う必要もなく、
興味深く、面白いなと思うことができる。



^ ^

日別画面へ

03月02日(月)

起床時刻:06時00分

小雨模様の寒い日。雪降りそうな気配。

川辺を歩いていると、
桜が花をつけた枝を伸ばしている。

垣根から覗く梅の花にも気がつく。

いつから花が開いていたのか、
この寒さ、空気の冷たさと、
雨、風…ではかわいそう。

咲き初めて、散ってしまう花びら。


^ ^

日別画面へ

03月01日

起床時刻:05時00分

今朝は少し早めに起床。良い天気です。

2Fは次第に暖かくなる。
迷ったが、速やかに移動して作業!

かなり快適です。
花粉症もなぜか今日は軽症^ ^

日本公開用「鵞鳥湖の夜 (南方车站的聚会)」
ポスターが出来たそうだ。

有楽町ヒューマントラスト、銀座5あたり、
ポスター有無とか、チケット発売情報とか
昨日は散々彷徨って聞いて歩いたが、
流石に今日も上京はできない。
やや焦る。

MUBI視聴攻略は、うまくいっていない。
トレイラーまで。
ただ、画像紹介は多くて、
なかなか美しい。

「The Wild Goose Lake」…

残念です。
こういうドイツ語が、よくわからない。
Weiboの登録…も、実は良くできていない。

そもそも、なんでPWがはいらないのか…
という事自体が、しょっちゅうなので。




^ ^

日別画面へ