202101 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:10:13

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

01月15日(金)

起床時刻:08時59分[いま起きた]ボタンで記録されました。

給料が振り込まれた。
基本給が上がっていた。
それと春節休暇の手当。
昨年、昇格の申請ができると連絡があり、
中国に戻ったら正式な契約をしてから昇格すると言われたが、
そのまま何の連絡もないし、契約書にサインもしていない。
しかし、昇給しているということは昇格したのかな。
なんだかよくわからない。

そのいっぽうで中国に戻ってくるときに隔離費用として立て替えた
お金はいまだにもどってこない。
一応、聞いてみたらもう少し待ってほしいと。

日別画面へコメントを読む(1)

01月14日(木)

起床時刻:11時05分[いま起きた]ボタンで記録されました。

01月13日(水)

起床時刻:10時42分[いま起きた]ボタンで記録されました。

面倒くさいことを引き受けて学校にいる。
今日は学校にお客様(なにかの視察)が来るので、女子学生に浴衣を着せてお茶を運ばせたいと。お茶は裏でわたしがたてる。そして浴衣も着せる。
しかし、この寒いのに浴衣。文句は言いたいが、いろいろあって面倒くさいから今回は言う通りにこの役目を淡々とやるつもり( ;∀;)

日別画面へコメントを読む(2)

01月11日(月)

起床時刻:11時18分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は昨日よりも暖かいらしいが、やはり寒い。
昨日も家でだらだらと過ごし、夕方買い物に行った。

スーパーの入り口では、「自主的にマスクをして、グリーンコードを見せてください」という放送が流れているが、イオンのような大きいスーパー以外は誰もチェックしていない。
わたしがよく行くスーパーでは先週までは入口におじさんが立っていて、「マスクしろ」と言っていたが、それもなくなった。

しかし、学校からは連絡がきて、不要な外出はするな、不要な省外への旅行はするなと。

これからまだ二月もどうなるかわからない。日本の様子をみると、もっとどうなるかわからない。YOUTUBEで日本の報道を見ると、三連休は人出が多いということだ。ここでしっかり外出自粛をしたほうがいいのかもしれないが、先が見えない以上、いつまでもじっと家にいるわけにもいかないという気持ちもわかる。もう何が何だかわからないけれど、早く収束しますように。

〇昨日は家で「我和我的祖国」という映画をみた。これもYOUTUBEで無料で見られるが、わたしは今月分の課金をしてしまったのでビリビリで見た。
この映画も上映時は評判になっていたようだ。しかし、わたしは外国人だから、そんなに共感しない。日本でもそうだが、中国でも、愛国心と排他は表裏一体だ。
特に、中国が愛国心の宣伝を強化すればするほど、日本人には住みにくくなる。政府が「特定の日本などの国を非難するものではない」と言っても、「歴史的屈辱を忘れるな」と繰り返せば、現代の個々の日本人に敵愾心をぶつける人が増えるのも事実だし。
わたしも年を取ったらいつまでもいる国ではないと思っている。

日別画面へコメントを読む(11)

01月10日

起床時刻:08時49分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日は夕方になってから張りきって子供向けの古漢語の本を買いに行った。
家から歩いて10分のところに大きな図書センタービルがある。
中国の学校は詰め込み主義だからか、中学生くらいのテキストでもそこそこ難度が高いようである。
絵もなくてびっしり字が書いてある。挫折しそう。なので、小学生向きを。
日本の高校の漢文教科書くらいのレベルが中国では小学生レベルのようだ。中高用はかなりレベルが高い。だから、わたしが大学院で回りのレベルにまったくついていけなかったのも無理はないのである。大学院ではもはやかなり難しい文でも内容が読めるのは当たり前でそれを文法的または文字学的に分析をするのである。逆に言えば、内容を文学的に読んでどうこうというのであったら、かえってわたしのような者はまったく歯が立たなかったかもしれない。文法的な課題を研究(そのレベルになかったが)するというのであれば、長い文献を全部読み通せなくても、現代語で新しい理論について書かれた文法書が読めればなんとかなるのである。(実際はなんとかなっていなかったかもしれないが、外国人だから大目に見てもらえたのかもしれない。)

とにかく、遊びで少しずつ勉強しよう。別にこれからどうするというのでもないし、
気楽なものである。

〇しかし、本を抱えて張りきって帰宅したのに、勉強しなかった。
コーヒーを飲んで、ニュースの動画を見て、さあやろうと思ったときに息子から電話。
特に用事があったわけではないらしい。それで二時間話した。その後、息子がおすすめの「我不是薬神」をネットで見た。上映されていたころ、かなり評判だったみたいだが、見ていなかった。これはかなりおすすめです。

日別画面へコメントを読む(3)

01月09日

起床時刻:09時09分[いま起きた]ボタンで記録されました。

寒い。
昨日は時間があったはずなのに、やらなければならないことを特にしないまま寝た。

同じアパートに住んでいる外国人の先生の部屋は昨夜から水道が凍結して水がでなくなったらしい。ぐるちゃでそう訴えていたが、もう学校の関連部門は退勤した時間だったしどうなったのだろう。今日も土日だし。中国はそういうときには「退勤しました」の一言ですまされてしまう。

建物も設備も古いアパートに住んでいると、これから始まる長い休みにずっとここにいるのが心配になる。普段も対応が遅い学校なのだから、そういう時だったら、ぜったいにまったく無視に決まっている。

日別画面へコメントを読む(5)

01月08日(金)

起床時刻:09時16分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日で今学期の授業はおしまい。
来週は一週間なにもないが、再来週は大忙し。
そのあとの長い休みなにしようかなー。

いま考えているのは、市内観光をもう一度ひととおりすることと、
古漢語の勉強やり直し。(←なんどやっても挫折)
古漢語は大学院でやりなおすつもりだったのだが、
大学院では「古漢語研究」になってしまってそれほど古典に対する知識や
読解力にはつながらなかった。

近所のブックセンターで子ども用の古典の本でも買ってみる?

日別画面へコメントを読む(5)

01月07日(木)

起床時刻:15時34分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日は朝から寺の授業。
今日は朝から学校の授業。
今日は最高気温零度。
それでも、教室に行くと窓が開けてあるのである。
なぜ中国人はこんなに窓を開けるのが好きなんだろう。
それでエアコンをかけている。

こういう時期になると北方の生活はよかったと思う。


〇数日前に寺の会議の知らせがグルチャに載っていたが、
わたしには関係ないのだろうと思っていた。
そうしたら前日にわたし宛に連絡が。
「わたしも行かなければなりませんか」と尋ねると、
「出席を歓迎します」という返事。

…ふつうに考えたら「行ってもいいですか」と聞いたときの返事が「歓迎します」ではないだろうか。
こういう変化球的な返答にどう答えたらいいのかわからないし、
どうせ午前中から行くので、午後からの会議に出てもいいやと思い、
出席することにした。
そうしたら、まだ最近授業を始めたばかりだというのに、今学期の総括についての発言まで求められた。

なんだかんだ言って、毎回昼食もいただいているし、パートのつもりだった寺通いに深入りしそうな雲行きである。
しかし、それもいい経験だから、めんどうだけれどいやでもないのである。

日別画面へコメントを読む(3)

01月05日(火)

起床時刻:08時42分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は昼から学校。

今週の授業で「日々是好日」を見終わったら、再来週試験。
本当は来週に試験をする予定だったのだが、副主任の先生からの連絡を見たら
再来週に試験の教室がとってある。
今学期はコロナのこともあって試験のあとにすぐに事務がしまってしまうらしい。
だから、試験が終わったら急いで採点とその後の処理をしなければならない。
ほんとうはなぜわたしの授業の試験が来週じゃなくて再来週になったのか副主任の先生に聞いて、できたら日程を変えてもらおうと思っていたが、なかなか会えないのでもうどうでもよくなった。試験が終わったらがんばって終わらせればいいやと。

〇ネットでこの映画についての中国の記事を見ていたら、
「心理学では、泡を見ると母性が呼び起こされるとされているので、茶道で茶をたてると日本人の女性は妻や母になりたくなるのだ」という摩訶不思議な文章があった。
こんなのをまた学生が真に受けないといいが…。「心理学」って誰の説?
そんなに簡単なことなら、少子化なんか問題にならないであろう。

日別画面へコメントを読む(1)

01月04日(月)

起床時刻:10時43分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今は学校の図書館にいる。
三階と四階に日本語教育関係の本が置いてあるが、どういう基準で本を分類してあるのかよくわからない。
なので、無駄に三階と四階を行ったりきたりしている。

大学内にはコーヒーやいろいろな種類のお茶を買える店はいくつかあるが、それを座って飲めるようにはなっていない。
語言大学にあるみたいなカフェができるといいのにと思っている。

日別画面へコメントする

01月01日(金)

起床時刻:08時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。

明けましておめでとうございます。

昨日の昨年最後の授業。
今年は「日日是好日」を使っています。
樹木希林はすきじゃない。正直なところこのDVDを買ったときにはそんなに面白くないと思った。

しかし、昨年がああいう年になって「日日是好日」という言葉の意味が心にしみた。
家で授業の支度のためにビデオを見ていて、最後に樹木希林が「毎年同じことができるってしあわせなんだなあって」というところで不覚にも涙がでそうになった。

昨年は昨年で、いま思えば悪い年でもなかった。
長い夏休みにこれまでできなかったこともできたし、ほんの数回だけ都内にでかけたり、息子が家に来たりしたその一回一回も、いい思い出になった。
雨の日にわざわざねこねいさんに会いに行ったのも。
そのときに他の人には会えなくて残念だなと思ったのも。

今年もいつかは会えるでしょう。それを待つ一日一日もたいせつな日にしましょう。

日別画面へコメントを読む(8)