20140912(金) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 07時04分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

○今日はもう大学へは行かなかった。どうせ講義があるかどうかわからないのだし、来週月曜日から行っても、試聴期間が一週間あるから、大丈夫だろう。

○午後から近所のシネコンに「美女と野獣」を見に行った。
フランスの実写版だという。
つまらなかった。
ディズニーの「美女と野獣」は名作として世に残るだろうが、これは消えていくだろう。
ベルも王子も器量がわるいし、野獣だって「猿の惑星」のころから進歩していないようないかにもな被り物だし。
特に王子はひげもじゃの田中邦衛みたいで、野獣から王子に変身するときも、水たまりにつかってどてっと寝転がっていて、ちっともドラマチックじゃないし、最後のキスシーンは美しくなくて、見ないで席を立ってしまった。
もうこんな二人、勝手にどうにでもなってくださいっていうくらい魅力ない主人公たち。

○映画館に入ったら、客席にはアイスクリームを手に持った太った女の子が一人いるきりだった。
「アーイー、わたしたちふたりだけなの。
怖いよ~」とわたしの隣の席にやってきて言う。
おかあさんと来たのだが、おかあさんは買い物中なのだという。
7歳でもう少しで8歳になるそうだ。
「アーイー、怖くない?」
「怖くないよ」
「どうして?」
「大人だもん」

少し言葉を交わした後、彼女はわたしの少し前の席に移って、
わたしに向かって「アーイー、アーイー」と手を振った。

まるまる太って、アイスクリームで口の周りを汚している様子は、
いかにも絵にかいたような甘やかされた一人っ子という感じだったが、
そのあと、ひとりでおとなしく映画を終りまで見ていた。
けっこう怖いシーンもたくさんあったのだが、
7歳にしてはしっかりしているものだと感心した。

中国の最近のお子様もなかなか見上げたものだ。

コメント

(コメントはまだありません)

コメントする

名前: