20191020 <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 10時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

予定通り、金曜日と土曜日で蘇州に行ってきた。

最近は、スマホで中国全土の交通カードをダウンロードできるようになったので、
出発前にさっそく蘇州の交通カードをダウンロードして旅行に備えた。

しかし、蘇州で高速鉄道を下りて、地下鉄に乗ろうとしたが、これが使えないのである。
それが使えるのはバスだけで、地下鉄は別のアプリが必要なのだった。
チケットを買おうとしたが、自販機は現金のみ。現金は今回もっていかなかったので、面倒だがアプリをダウンロードしてウィチャットと紐づけして使えるようにした。

こうしてやっと地下鉄に乗り、拙政園の最寄駅で降りてみると、
「拙政園、獅子林、蘇州博物館は、事前の予約がないと入れません。
ウィチャットの公衆号から、予約およびチケット購入を行ってください」という大きな看板がたっている。
外が明るすぎてスマホの画面がよく見えないので、地下鉄の駅に戻り、
ウィチャットで公衆号を探し、予約しようとしたが、身分証明書の番号がどうとか、面倒くさいことが書いてあるので、シートリップのアプリで見てみると、そちらでも拙政園のチケットは買えるので、結局シートリップで購入した。しかし、外国人は当日の予約はできないので、翌日の朝の予約になった。

こうなってくると、中国に電話番号や銀行口座があり、スマホが使いこなせる人以外は、
パッケージツアーに申し込むしか方法がないのである。
中国も便利になったようで、こうした変化に追いつけない人にとっては、きびしい社会になってしまったようだ。

土曜日はこうしているうちに時間が無駄に過ぎ、入場券を買って入るようなところはだいたい四時半くらいで終わってしまうので、しかたなく平江歴史街区というところに行ってみた。
古い町並みに水路が流れている蘇州にありそうな景色だったが、水路の水も濁って汚く、
コケっぽい町並みがわたし好みではなかった。その後、観前街へ。そこは玄妙観という寺を中心にして栄える繁華街だが、玄妙観の拝観時間も残りわずかだったので、外から眺めておしまい。ここは昨年、夫と来たところだ。

その日はそれで終わり、翌日土曜日は、予定通り拙政園、留園、山塘街と観光して駅へ。
まだ時間があったが、体力が尽きた。
拙政園は世界遺産で入場券を手に入れるのも面倒、かつ入場料も高いのに、
なんだか、園内があまり手入れされていなくて、半分廃墟のようにも見え、正直、
それほど美しくなかった。
留園も、金曜日の晩に予約してから行ったが、ここは当日券も買えるようだった。
しかも、ここのほうが、拙政園よりも、美しい彫り物や窓のある建物があり、わたしとしては楽しかった。

今度は、無錫に行ってみようと思っている。まだいつかはわからないけれど。
11月に授業の半分が入れ替わるので、その様子を見てから日程を考えようと思う。

コメント

haruno haruno 2019/10/20 19:06

アクティブですなー。

tak_si tak_si 2019/10/21 21:12

ウェゲタですね~。
vegetus, -a, -um, adj. (羅)

huangzi huangzi 2019/10/22 18:22

あいやー。個人旅行は最早無理かも。。。

コメントする

名前: