20200727(月) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 08時41分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

あるネットの連載記事に台湾での子育て事情を紹介したものがある。

それを書いているのは、ある外資現地法人の社長である日本人女性(当然金持ち)であり、当地で出産した後、いたれりつくせりの月子(産後ケア)センターに一か月滞在し、そのあとは東南アジア人の住み込みナニーを雇って、育児と仕事を両立しているというもの。

その記事のコメントを見ると、たくさんの女性たちが「日本にも月子センターがあればいいのに」とか「住み込みナニーの制度があればいいのに」と書き込んでいるのである。

育児を何がなんでも母親がしなければならないという日本の考え方は変えなければならないとわたしも思うが、こうした日本人女性の書き込みにも違和感を覚えた。

つまり、こうした日本の女性たちは当然のように自分がそういうケアを受ける側にあると思っているのである。あたりまえのことだが、こうした制度は経済的な格差があるから成り立っている。さらに考えると、わたしたち日本人はいまそのケアを受ける側と提供する側のどちらにいるのだろうか。

海外の多くの国が発展し続ける中で、日本は「失われた30年」と言われるように経済的停滞を続けており、もはや途上国になりつつある。
これは中国に住んでいて、わたしが痛感していたことである。わたしが若い頃には、中国は何をしても何を買っても安い国だった。しかし、その立場はいまは逆転している。
昨年、わたしはドバイに行ったり、シンガポールに行ったり、台湾に行ったりした。台湾はそうでもなかったが、ドバイやシンガポールは、もはや貧乏国日本の旅行者であるわたしにとって、気楽に食事をしたり、買い物をしたりできるような国ではなかった。

このままではすぐにわたしたちのが休日返上で7万円ではたらくフィリピン人のナニーの側になるだろう。

いや、もうその立場になっている。

現に日本のインバウンドを例にとっても、訪日中国人旅行客は「日本人は安い金で、ひざまずいてサービスする。また行きたい」と言っているのだ。「おもてなしの国」などと言って悦にいっているのは日本人ばかりである。

コメント

haruno haruno 2020/07/27 13:26

経済格差と教育格差、どっちがニワトリでどっちがタマゴか分からないけど、今回のコロナ騒動でますます格差が広がると、日本国内でもナニーが増えるかもよ。昔は、娘は身売り、次男以下は丁稚奉公、寺へ預けるとか養子に出す、なんてことがあったわけだし。

最近、「家事代行業」という名の家政婦さんで、カリスマと持ち上げられている人もいるね。3時間で十数品のおかずを作ってくれるとか。

日本はそこそこの値段でそこそこのサービスが受けられる、「コンビニの弁当おいしい」なんて外国人旅行者に言われているけど、外食といえばそれなりのお金払ってちゃんとした所でちゃんとしたもの食べて、観劇なども一部の余裕のある人たちが正装して観に行く、みたいになっていくのかも。

石油や金融で儲かっている国にも、貧困層はいて、目につかないだけかも知れないし。日本は、ちょっとうまくいくとアメリカに毟り取られてしまうしなー。

haruno haruno 2020/07/27 13:29

小中高を休校とか、大学はオンラインとか、このつけが十年後、二十年後にじわじわ来るんだよ。

ymznjp ymznjp 2020/07/27 15:56

わたしもそう思います。
私立はそこで手を抜くと次の年の受験生が減ってしまうから必死でネット授業に力を入れているけど、公立ではプリントを出すだけのところもあったみたいだし。

それにネット授業だとやる気のなくて親もきちんと見てやれなかったりするとかんたんに落ちこぼれてしまう。いろいろな意味で格差が広がるかもと思いました。

わたしの授業の今学期の試験の成績も、まじめな子とそうではない子の差がこれまで以上に大きくて、ネット授業なんて進研ゼミみたいなもので、まともにやればそれなりの成績を上げられるけど自発的に取り組めない子はどんどんこぼれていってしまうのです。

huangzi huangzi 2020/07/28 08:03

姉さんの定期テスト期間中、テスト勉強時間帯に進研ゼミの暗記ブックを広げる人が急増していたそうな。なるほどー。
おととは休校期間中に都道府県の暗記と百人一首(20首)は暗記できてよかったとは思います。学力格差はもとより、ゆとり教育下で育ち、指示が通らない若者の方が問題。他人に迷惑かけちゃった。ふうう。

コメントする

名前: