20200915(火) <<前日 | 翌日>>

起床時刻: 10時19分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の気分(本文)

ヤモリはまだ出没する。
窓ガラスと網戸の間に。

息子に電話して、来週の月曜日か火曜日あたりに来てもらうことにした。

爬虫類忌避剤を買ったので、網戸を開けてそれを窓枠においてもらう。

しかし、こんなことごときに一週間以上悩むわたしも情けない。
ひまだから?

〇インビテーションがあれば中国に戻るビザが申請できるらしいので、
数週間前に学校の担当者に連絡して早めにインビテーションを出してもらえるように連絡した。すると9月15日に新学期が始まってからでないと手続きに取り掛かれないと言う返事だった。そして今日が15日。一応連絡したのでまた連絡する必要はないと思ったが、いつインビテーションが出るか確認のメールを入れてみた。返事はまだない。

これまでいろいろなときに、すぐに対応してくれることもあったが、ずっと放置されたこともあり、安心できない。

こういうことがいちいち精神的に負担になる。夫は聞きたいことはどんどん聞いても中国人はあまり気にしないから、自分がききたいときに連絡すればいいというが、わたしはそういうことが苦手だ。

ここにいるのと、中国に戻るのと、どちらが快適なのかはわからない。
生活環境はここのほうがいい。やはり日本に住むのは便利だし、食べたいものも食べられる。しかし、電話以外に人と接触することもない生活に嫌気も指してきた。

中国に戻れば生活上の不便はいろいろある。しかし、学校に出勤してみんなに囲まれて授業ができる。

そして、この宙ぶらりんの停滞した生活から脱出できる。いいか悪いかは別にして、
「中国にもどれない」という一つの課題が解決できて、気分的にすっきりするだろう。

それにしても、どうしたのだろう。メールの返事が来ないな。( ;∀;)

コメント

haruno haruno 2020/09/15 12:02

そういう時は、身軽に動いてくれそうな人に連絡して、事務室へ行ってもらうんじゃないの? うちはだいたいそうしている。必ず身軽に動いてくれる人がいて、直談判ですぐ解決する。

ymznjp ymznjp 2020/09/15 13:11

そうなんですよね。
実際に行けば何とかなることが多い。

以前も立替金の清算を放置されたことがあって、最終的に中国人の先生が間に入ってくれたらすぐに振り込まれました。

インビテーションのことはさっき返事があって、いろいろなことについてやっと学校の同意が得られて、近いうちに申請するので、次の連絡を待ってほしいということでした。
しかし、「近いうち」っていつ?申請してからもかなり時間がかかるらしいのに。
わたしは以前の話から新学期が始まったらすぐにやってくれるのかと思っていました。次の連絡をしばらくまって、なかなか進まないようなら、中国人の先生に間に入って話をしてもらおうかと思っています( ;∀;)

huangzi huangzi 2020/09/16 15:41

なるほど、身軽に動いてくれそうな人をみつけるのね!

コメントする

名前: