202007 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:12:37

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

07月11日

起床時刻:14時07分[いま起きた]ボタンで記録されました。

そういえば、「お母さんの請求書」というのもありました。
これも学校で教える「感動的な」道徳ネタです。
内容はかいつまんでいうと、次のようなもの。

たかしくんがある日おかあさんに請求書を差し出す。

「お母さんへのせいきゅう書
お使い代 100円
おそうじ代 200円
おるす番代 200円
合計 500円」

これに対して、おかあさんもたかしくんに請求書と500円を差し出す。

「たかしさんへのせいきゅう書
 親切にしてあげた代 0円
 病気の時に看病してあげた代 0円
 洋服や靴やおもちゃ代 0円
 食事代や部屋代 0円
 合計 0円」

たかしくんはこれをみて反省し、涙ながらにおかあさんに許しを請う。

これ、どうですか。感動しますか。
学校教育的な正解は、「母の無償の愛にたかしくんが気づいた」ということになるのでしょう。

だけど、こんな請求書をもらうくらいなら、
「たわけ、お互い様だろ?」と怒鳴りつける母のほうがよくないですか。

こんなにねちねちと箇条書きにして、「これだけしてやったのに、タダにしてあげたのよ」と子どもに精神的な借りを背負わせるようなややこしい親。
この母は確かに「金」は請求していないけど、案外抜け目のない親なのじゃないかという気がする。

学校で教えられる「感動」って、わたしには正直なところよくわからない。
それとも、わたしがずれているんですか。

〇それと、最近、ネットサーフィンしていたら、以前話題になった「奇跡の詩人」Rくんとその母がまだ往時とおなじように腹話術みたいなことをしているのを知った。
話題になったころは、まだ母の膝の上に収まる子どもだったRくんだが、いまはもう29歳だそうだ。母もすっかり老けた感じ。
正直なところ、怖いと思った。
あれもどうしてテレビ局や出版社の人たちまで真に受けたのだろう。
感動物語には気を付けなければならない。

日別画面へコメントする

07月10日(金)

起床時刻:10時21分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日は電車にのって買い物へ。
これから着る服もないし。

ショッピングセンターは普通に人出があった。
フードコートは食事の時間がすぎてがらがらだったので、食事をすることにした。

マスクを顎にかけておしゃべりしている人をたくさんみかけた。
マスク持っているなら、なぜ話しをするときに外すのだろう。
一人で話しをしないで歩いているなら、
特にいらないかもしれないが、話すときにマスクをしなければ意味ないのに。

〇「水からの伝言」のほかに「ありがとうと無視」というのもあるらしい。
「ありがとう」と声をかけたご飯はくさらなかったけれど、
無視したご飯はくさったという小学生の自由研究が感動を呼んでいるという数年前のできごとらしい。
なぜこれで感動するのかわからないけれど、普通は何か条件が違ったから、一方が腐って一方が腐らなかったのではないかと考えるものではないだろうか。
日常生活でもパンを二つ買ったら、一つだけにカビが生えるとかよくあることだ。

ネットで調べると、これをネタにして生徒に「言葉を交わす大切さ」を教えようとする小学校校長などもいるようなのである。この「おたより」には「不思議なことですが、ほんとうにあった事です。」と書かれている。不思議だと思ったなら、なぜ一歩立ち止まらないのだろう。「ほんとうにあった」って、どこの誰とも知れない人のブログに書かれているだけのことである。こんなおたよりを子どもに持たせる学校に子どもを行かせたくない。校長先生が言ってしまったら、親よりも信用するのが子どもだからである。

昔、産婦人科に入院していた時に、同じ部屋の人たちが「一人目の子の太もものシワをみると、二人目の子の性別がわかる」という話でもりあがっていて、話しを振られるたびに苦痛だったのを思い出した。
ストレスの多い入院生活をギリギリのところで耐えていた私は、「そんなの関係あるわけないでしょう!」と大声で言ってしまいたい気持ちを抑えるが精一杯だった。

どうしてそんな馬鹿な話を信じられるのか、その精神構造こそが不思議である。
日本は無知蒙昧な原始人の国なのであろうか。
もう少しまともにならないと、また「戦争で死んだら神様になって靖国神社に…」だとか、荒唐無稽なフィクションで息子を差し出す国になっちゃうよ。

日別画面へコメントを読む(6)

07月06日(月)

起床時刻:08時26分[いま起きた]ボタンで記録されました。

昨日はトーハクの「きもの展」に行ってきた。
「きもの展」を見てから、ロビーでお茶とお菓子で一休み。
そのあと、ソッコーで帰宅。

予想に反して、上野公園は平時より人は減ったが、それでも家族連れなどでそこそこにぎわっていて、「きもの展」も盛況のようだった。

久々にでかけると驚くことが多い。
駅の名前が変わっていたり、上野駅周辺の様子が変わっていたり。
上野駅の公園口は改札をでると、すぐに横断歩道だったが、まだ工事中だがまっすぐそのまま公園側に行けるようになっており、改札をでたときに一瞬「ここはどこ?」と面食らってしまった。

とにかく、「きもの展」で目の保養をし、それはそれで満足だったのだが、
またどこかへ行きたくなってしまった。でも、行くところもないし、当分はがまんするしかないのかも。

日別画面へコメントを読む(3)

07月04日

起床時刻:18時05分[いま起きた]ボタンで記録されました。

〇コロナの感染者数はますます増えている。
明日のトーハクのチケット、購入してあるのですが、どうしよう。
たぶん、行くと思う。でも、常磐線で上野まで行き、展示見たら、ソッコーでまた常磐線に乗って帰る。

〇試験の採点も終わり、これからの長い夏、することもなくどうしよう。
とりあえずイーマリーちゃんの浴衣を作ろうと思って、かわいいピンク色の手ぬぐいを買ってきた。

今回の試験は、客観問題の採点は中国にいる先生にやってもらって、
わたしは記述式の作文の採点とその他の集計をやった。

記述問題は二つ作った。そのうちの一つは「あなたが好きな中国の習慣について述べなさい」というものである。作文の形式についていくつかの指示を出し、それをクリアしつつ、具体例と自分の考えを述べなければならない。
今回は、試験会場ではなくて、家でファイルを作ってわたしに送信してもらったので、時間の制限もなく、自由に調べることもできたせいか、例年よりもよくできていた。

中国人の習慣として、学生が上げたものが多かったのは、「白湯を飲む」、「祝日に家族がそろって食事をする」、「ビニール袋を集める」などだった。
試験問題を作成したとき、伝統的習慣のようなものを想定していたので、「ビニール袋を集める」という内容は意外だった。しかも、そう答えた学生は何人もいた。
ビニール袋を集めて再利用することは、「節約という中国人の美徳を表すよい習慣」なのだそうだ。
まあ、日本人も普通にやっているけどね。

日別画面へコメントを読む(2)

07月03日(金)

起床時刻:13時30分[いま起きた]ボタンで記録されました。

採点終わった。

いつ中国に戻れるのかな。
自民党は習近平の訪日中止を要請するって。
それに東京の感染者数はどんどん増えていく。

夏になればなんとかなるだろうと思っていたが、もう夏だ。

大学側はわたしたちの就業許可証を延長してくれるみたいだが、
入国できるかどうかはまた別問題である。

日本にずっといるのもそれはそれでいいなと思い始めてもいるが、
しかし、こういう状況ではこれからどうするか、考えられない。

中途半端な状態がストレスである。
試験が終わって暇だからと言って遊びに行けるわけでもないし。

〇横浜市大の医学部の小論文問題(2019)。

高校の授業の一環として稲刈りの体験授業があり、あなたはそれに同伴した指導者です。農家の高齢の御夫婦が、お礼にとおにぎりを握って持ってきてくれました。しかし多くの生徒は知らない人の握ったおにぎりは食べられないと、たくさん残してしまいました。これについてあなたはどう考え、生徒や農家の方とどのように話しますか。1,000字以内にまとめなさい。

これにどうこたえるか。

たぶん正解はないのだろうが、わたしだったら、こう答えるかな。
「生徒の中で食べたい人に持ち帰らせる。高齢夫婦には、みんなでおいしくいただきましたと嘘をつき、次からはお礼はいらないと言う」

娘は、「焼きおにぎりにすれば殺菌できるので、みんなで焼きおにぎりにする。高齢夫婦には、手間がかかってもうしわけないから、次からは米でくださいという」と答えるそうだ。

次からお礼を断ってしまうのではなく、「米で」もらおうとする我が娘はしっかりものだ。
しかし、こういう抵抗感は、焼きおにぎりにして殺菌したからと言ってぬぐえるものなのだろうか。我が娘なら、たぶん理屈で大丈夫なら大丈夫だと考えそうである。

こういう問題を日本語学科で考えてもおもしろいかもしれない。
最近の日本では、手作りのお菓子などを他人にあげてもいやがられることが多いらしい。
以前に、中国の企業で日本語研修をしたときに、その話をしたら、中国人の社員たちのほとんどが、「なぜ?心がこもっている食べ物なのに?」と納得がいかないようすだった。
でも、直接手でにぎるおにぎりだったら、どう思うのだろう。

もし、抵抗があるなら、どうするのだろう。
こんなことを考えたら、興味がわいてきた。機会があったら、この問題を授業に取り入れてみよう。

日別画面へコメントを読む(4)

07月02日(木)

起床時刻:14時22分[いま起きた]ボタンで記録されました。

春月ねいさんにならって、わたしも張り切って洗濯をしたが、
さっき見たら、強風のせいで洗濯ものが飛ばされてどろどろになっていた。
洗いなおして室内に干したが、今日中には乾かないだろう。
明日は雨らしい。

〇一か月前に注文したイーマリーちゃんが届いた。
髪の毛の色は指定できないが、欲しかった黄色い紙の子だった。
つまらなそうな今年の夏をこのこのために服を作って、ささやかな楽しみにしようと思う。

日別画面へコメントを読む(4)

07月01日(水)

起床時刻:09時33分[いま起きた]ボタンで記録されました。

どこかにでかけたいが、行くところもない。
今度の日曜日、トーハクの「着物展」のチケットを予約しているので、
それが久々のおでかけとなるが、東京はどんな感じだろう。

息子の話では、もうオフィス街は普通だということだが、コロナはじわじわ増えている。
夜の街で増えているというなら、そういうところをもっと徹底的に管理してほしい。

第二波が来てももう都にはお金ないらしいし。
さらにお金がかかりそうなオリンピックやめちゃえばいいのにね。

日別画面へコメントを読む(4)