201404 <<先月 | 翌月>>

起床時刻推移グラフ

目標起床時刻:05:00 平均起床時刻:07:04

起床時刻の記録 ▼新しい順 ▲古い順 RSS

04月30日(水)

起床時刻:06時30分

●午前中は、大学で中国学の講義。
今は、茶文化についての話を聞いている。
とても興味がある内容なのだが、先生の話方が聞き取りにくい。
なんか、もさもさもさっとした話方。
今日、教室で見た茶についての動画はおもしろかった。
自分でネットで探してもう一度見てみよう。

その後、学校で本を読んで時間をつぶそうと思ったのだが、
なんとなく駅まで歩いてしまったので、そのまま地下鉄でSOLANAに行く。
前に来た時には、きれいでおもしろそうなショッピングセンターにおもえたのだが、
よく見てみるとあまりおもしろくない。
平日の昼間だからか、客よりも店員のほうがずっと多い感じ。
マックでハンバーガー食べて、早めに茶室に行って、大掃除の手伝い。

雑巾であれこれ拭いたり、不用品を片付けたり。
我ながらかいがいしい。家でもこれくらいやるといいのだけど。

不用品の中から、ブックマーカーとボールペンをもらって帰宅。

日別画面へコメントを読む(2)

04月29日(火)

起床時刻:06時47分[いま起きた]ボタンで記録されました。

http://www.30ans.com/memory/backnumber/200605.html

なんか読んでて、気分が悪くなってきた。
「ようです」、「らしいのです」って、いったい何が根拠?
「らしい」だけの話で、何をどう説得しようとしているのだろう。インチキおやじめ。

これを読むと、「選ばれる」のは必ずしも光栄なことではないということになる。
「お母さんを成長させてさしあげよう」と思って、ろくでなしの親を選び、虐待の前に身をさらしてくださる幼い命もあるのだと、そういうことを言っているのだろう。
それも、親が成長できるまで何度でも身をさらしてくださるのだと。
なんか読んでて胸が苦しくなりませんか。不幸な子供たちに「あなたたちはそういう自己犠牲を自ら求めて生まれてきたのです」などとどういう鬼畜なら言えるのだろう。

「ママを選んで産まれてくる」というのが「光栄にもこの私のよさをみとめ選んでくれたんだから、大事にしなくちゃ」というところへ蒙昧な方々を導く作り話だというのなら、それはそれで筋は通っていると思うが、
必ずしもそうではないというのなら、いったいこの話はどこに向かっているのだろう。
「虐待する親のところに生まれてくる子供だっているじゃないですか。それでも、子供は親を選んでくるというの?」という当然すぎる問にこういうこじつけをしてまでこの作り話を押し通す意味は何?

●虐待や中絶をされても、みんな「お母さん、ありがとう」と言うんですってよ。
http://chichi-ningenryoku.com/?p=2591

まあ、中絶はしかたないこともあるのかもしれないけど、
虐待して「ありがとう」なんて言われると思っちゃいけないよ。
虐待する親にとっては虫のよすぎるお話ですね。
なんか赤子には求めすぎで、大人には甘すぎなお話。この話のどこがどう「感動する話」なのでしょうか。私にはひたすら気味が悪いだけ。

これもまた星新一顔負けのブラックなお話じゃありませんか。( ゚Д゚)

●ときどき、こういう過剰な意味づけと虐待とはどこかで通底しているのだと感じる。
出産や育児は生物として当り前のことだが、当り前に流してしまうにはあまりにも負荷が大きいと感じられるようになっているのかも。それがある場合には、虐待としてあらわれたり、ある場合には、「おお、ものすごい確率のなかでそれでも私を選んでくれた」という感動を支えにしてなんとか乗り切ったり。いずれにしても、後者のほうが前者よりもよほどましなのだけど、やっぱり何か納得できない。

日別画面へコメントを読む(2)

04月28日(月)

起床時刻:07時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。

●今日は午後四時から講義。
この講義は通年で昨年の9月から20世紀の文法学者8大家の著作を順々に当番を決めて輪読していくものだ。
最初のころに読んだ黎錦煕だとか、王力だとかの著作の時は、なかなか家での予習が追い付かず、落ちこぼれるままになっていたが、後期になってからは最近の文法学者の著作を扱うので、大分ついていけるようになった。
講義で話を聞くときにはおもしろいとも思うし、家でも自分で積極的に論文を読みたいと思うのだが、家に帰るとだらけてしまう。
やっぱり論文を読むより、小説を読むほうがおもしろいからね。

ヽ(^。^)ノ

●pyaaaさんのところのコメント欄で、pyaaaさん曰く「昔のテレビドラマでは世をすねた不良中学生が「何でおふくろは俺を産んだんだ?!」などと切れるシーンがありましたが、アレお母さんはなんと答えていましたかね」とのことだが、本当になんと答えていたか、気になるけれど思い出せない。
「産んでくれって頼んでねえよ」というバリエーションもある。
そういうときには、親は当惑して言葉を失うのだっけ?

でも、昨今では、「お空の上からママを選んできたんだよ」ということになっているらしい。
思春期になってグレかけた息子が「勝手に産んだくせによ!産んでくれって頼んでいねえよ!!」と言った時、親が平然と、または陶酔したような目つきで「いいえ、●●ちゃんがお空の上からママを選んで生まれてきたのよ」と言ったらどうなるのだろう。そのリアクションが見てみたいヽ(^。^)ノ
「寝言いってんじゃねー」とかかな?

それにしても、どうしてこんなフィクションを大の大人が信じるかな。
子供が生まれてくることに、余計な物語はいらないと思うのだけど。
親も子もお互いを選べない。でも、まあ、こういう縁で親子になったんだからしかたないで、なぜいけないのだろう。
産まれてすぐに捨てられたり、虐待されたりする場所を選んで産まれてくる子もいるってこと?
こんなことを信じて何か救われるひとたちもいるのかもしれないけれど、
何の落ち度もない子供に恵まれない人たちを傷つける言葉かもしれないからね。やっぱりなんとなく気持ちわるくて嫌いです。こういうの。

●実は私自身、2回流産した経験があるが、「ま、よくあることです。
うまく受精卵が分裂できなくて、淘汰されたのです」という説明が一番救われた。選ばれるとか、お空に帰ったとか、出会いがどうしたとか、スピリチュアルの迷宮に引き込まれるようなミスリードと無縁でよかった。

●これについては、3歳児が「ぼくね、ママを選んできたんだよ。覚えているよ」とか自分で言うのだから、事実なのだそうである。胎内記憶がどうしたこうしたとか、2歳だの3歳だのの幼児は生まれる前の記憶を持っているなどという文がネット上にも五萬とある。
でも、子供の記憶なんてそんなに確かなものなのだろうか。

うちの娘は5歳ごろに、「うちのママはね、ホステスやってたんだって」と
幼稚園で言いふらしていた。
もちろん、私はホステスをやっていたことなんてない。
でも娘は「ママが自分で言ってた」と言い張るのである。
やっていないのに、自分で言うわけがないではないか。
子供の記憶なんて5歳でもかくもテキトーなものである。
いわんや3歳児をや。ヽ(^。^)ノんなもの、いちいち真に受けてどうする。

日別画面へコメントを読む(5)

04月27日

起床時刻:09時06分[いま起きた]ボタンで記録されました。

気が付いたら、歯が痛まなくなっていた。
次にいくのは来月だが、抜歯しなくても大丈夫だといいな。

●モーターショーに行ってきた。
どこも人人人。
もともとあまり興味がなかったので、あまりおもしろくなかったかも。
ピカピカの展示場でおしあいへしあい。
ゴミだらけの休憩所。
赤ん坊を抱えて、ゴミ箱に排泄させる親。
そのゴミ箱からペットボトルを拾う人。

いつもの中国らしい混沌。

●夜は足裏マッサージ。
うちの娘くらいの女の子に揉んでもらう。
働きもせず、学校と習い事にかよって、三食・昼寝・マッサージ付。
それでもなんとなく気持ちが晴れない日々をおくる私。
恵まれているのに、自分の今の状況に感謝できずにいる自分がきらい。
恵まれているのに、自分がしあわせと思えない自分がきらい。
恵まれているのに、自分が嫌いとか言っている自分がきらい。
罰当たりめ。

日別画面へコメントを読む(6)

04月26日

起床時刻:07時45分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日は午前中は茶道。
来月から風炉になるので、私もついに普通の平点前に進む。
本当はもっと早く進んでもよかったようだが、
早く炉の平点前に進んでもすぐに風炉の季節になってしまうので、
長めに千歳盆のけいこをしていた。
もうこの年だし、先を急ぐこともないから、のんびりやればよい。
一週間のうちのほんのわずかな時間ではあるけれど、ここで縁のあった人たちと静かな時間を楽しめればよい。
そう思えるようになったのも、ある意味、進歩かもしれない。
今月は来週の水曜日の午後に茶室の大掃除の手伝いに行く。
自分の家の掃除は適当にやっているくせにね。

さらに、五月からは計3回、着物の着付けも教えてもらえるそうだ。
ちょうど同じくらいの進度のZさん(中国人)も一緒に習うようだ。
楽しみである。

●お昼すぎに茶室を出て、その後、大学に行く。
南門から東門にかけて万国旗が飾ってあるので、それに沿って歩いて行ったが特に何もなかったので、体育館のほうへと歩いていくと、
グラウンドにたくさんのテントが並んでいて、イベントはそこで行われていた。
国ごとの小さなテントがあって、その中に民族衣装を着た留学生など立っていた。ベトナムのテントを見つけたが、Lちゃんはみつからない。
ほかのアオザイを着た女の子たちがほかの国のひとたちと一緒に写真をとっていた。
ほかの国のテントを見て、またベトナムのテントに行ってみると、私の名前を呼ぶ大きな声が!
振り返ってみるとLちゃんだった。いつもと違ってお化粧をしてきれいな民族衣装を着ていたので、気が付かなかった。
一緒に何枚も写真をとってもらって、別れた。
会場となっているグラウンドを出ようとしていると、また私の名前を呼ぶ声が…。振り返ってみると同じ指導教授についている日本好きのYさんだった。
「日本のテントで和服(浴衣のことだと思う)を着せてもらった」と嬉しそうに話していた。

昨年の9月に入学したときはひとりぼっちだった。
その後の半年間もひとりで講義を聞いては帰宅していた。
でも、しらないうちに顔見知りもできて、こうやって遠くから声をかけてくれる人ができたのは、本当にありがたいし、しあわせだとしみじみ思った。

最初のころは、というよりは、いまでも、こんなおばさんが親しげに声をかけてきたら、迷惑に思われるのではないかと常に恐れる気持ちがある。
だけど、いつのまにか、一歩ずつ、大学でも、茶室でも、人の輪の中に足を踏み入れつつある。
すべてをいったん手放してやってきた見知らぬ場所が、毎日毎日、親しいものになっている。

日別画面へコメントを読む(2)

04月25日(金)

起床時刻:07時34分

今日はお休みの日。
歯医者もない。夫も出張中。
それならそれでやりたいこともあったのだが、結局、朝からぼんやりとしている。

明日午前中は茶道の日。そのあとは大学で「なんとか国際文化フェスティバル」があるそうなので、大学にいくかも。

同じ学科のベトナム人のLちゃんに「ベトナム人の留学生たちで食べ物やをやるから来てね。みんなアオザイを着るの」と言われたので、
初めてなんとかフェスティバルがあるのを知った。
そういわれてみると、今日から大学の南門から東門にかけての道沿いにずらりと万国旗が飾ってある。たぶんそれはなんとかフェスティバルのための飾りなのだろう。
でも、ないのである日本の旗が。
Lちゃんとそのお友達に「一生けん命探してみたけど、日本の旗なかったよ」というと、「絶対あるでしょう。ベトナムの旗だってあったよ。赤い地の真ん中に星がひとつついている旗。留学生招生事務室の前にあったよ。日本の旗がないわけないから、よく探してみたら。東門のほうもちゃんと見た?」と言われた。
うん、東門のほうも見たのである。でもなかった。

それにどうして私はそのなんとかフェスティバルのことも知らないんだろう。特にポスターも張っていないし、日本人みんなで何かをしようという話も聞いていない。

ふーん、どうしてなんだろうな。

日別画面へコメントを読む(2)

04月22日(火)

起床時刻:07時16分

04月21日(月)

起床時刻:07時30分

土曜日は茶道に出かけたが、
日曜日は一日これといって何もせず、
家でネットしながらごろごろ。
ひさびさに天気もよく、空気もきれいだったのに。

それというのも、歯のせい。

「すごく痛かったり、腫れたりしたら、いつでも来院してください」
と言われたのだが、すごくは腫れないが、微妙に腫れ、
すごくは痛まないが、ずっといやなうずく感じがあり、
何もする気になれない。

日別画面へコメントを読む(5)

04月19日

起床時刻:07時31分[いま起きた]ボタンで記録されました。

時々歯が痛む。
痛むというよりも、浮き上がってウズウズする。
それも治療した歯ではなくて、その両側。

かなり状態が悪いので、二週間後に様子を見て、
その後、どうするかを決めるという。
最悪の場合は、抜歯。

日別画面へコメントを読む(2)

04月18日(金)

起床時刻:07時14分[いま起きた]ボタンで記録されました。

うさぎを食べたことは

………
………

………
………

ある…。

若いころに会社勤めをしていたときに、
ソーセージに混ぜる兎肉の輸入も担当していた。

輸入した肉は倉庫から工場に直接運ばれてしまい、
普段は見ることもないのだが、
あるときどういうわけだが、事務所に持ってきたことがあった。
会社の料理上手な中国人が持ち帰って缶詰の焼き鳥みたいな味の煮つけにして、
みなに振舞ってくれた。

ここだけの話だけど、
………
………
「うさぎはうまいよ、ほんとだよ」。

●歯の根管治療4回目。
今日の治療は痛かった。
でも、すぐに痛みがおさまってきたので、
ショッピングセンターをうろついて、生煎包とポテトサラダを買って帰宅。
家に帰って冷めて固くなった生煎包を治療した歯で噛んでしまったら、
歯が痛み出し、それからずっと今まで痛い。
もしかして、これが「急性化」?
もしかして、これがうさぎの呪い?( ゚Д゚)

日別画面へコメントを読む(6)

04月17日(木)

起床時刻:06時50分[いま起きた]ボタンで記録されました。

今日の午前中、雨が降った。
午後には止んでいて、傘はささずに帰ってきた。
半日だけの小雨だったけれど、それでも半年くらいは降っていなかったのではないだろうか。
雨が降ったせいか、窓から街のネオンがくっきりと見える。

●今日は魚を買って「烤鱼」を作ってみた。
中国のレストランで供される「烤鱼」は「焼き魚」ではなくて、
表面を焼いてから汁を入れて煮たようなものだ。
なかなか上手にできたと思ったが、何の魚かわからないが、小骨が多くてとても食べにくい。
一二週間前にレストランで「烤鱼」を食べた時にものどに骨が刺さって
数日とれなかった。
お店の人が黒酢を小皿にいれてもってきて、「これを飲んだらすぐとれるはず」と言うのだが、それを飲んでもとれず、数日ほったらかしにしていたらいつのまにかとれていた。

またそんな思いをするのもいやなので、もったいないけれど残して廃棄。

牛肉は中国でも高いし、羊肉は臭いが強いときがあるし、
魚は骨が多かったり、沼くさかったりするし、鶏は夫が食べないし。

結局、ブタしか残らない。

野菜もなかなかきれいなものが買えないし、安心できるものは日本よりも高いし、料理なんてする気がしなくなってくる。

いっそのこと、サプリメントと水で生きることにしようかな。
カロリーは砂糖水でとればいい。

むりかな…( ;∀;)

日別画面へコメントを読む(6)

04月16日(水)

起床時刻:06時40分

●今日は午前一番の講義。
私は聴講なのだけど、ひとりずつ自己紹介することになったので、
普通に自己紹介をした。「聴講なのですが、自己紹介するんですか」と聞いたほうがよかったかな。
●昨日までチュニック風の服の下にハイネックの長そでTシャツを着ていたが、暑く感じる日が多かったので、ハイネックを着ないで出かけて行った。
そしたら今日に限って寒いのだ。講義が終わったら速攻で帰ってきた。
家の中は特に寒くない。いったん帰宅してからまた服を重ね着してでかけようかと思っていたが、外を見ると今日も空気が悪いので、家にいようかと思う。冬で暖房をしているために空気が悪いとか、風が吹かない状態が続いているから空気が悪いとか、空気が悪くなるたびに言われてきたが、
もう最近は季節や天候にかかわりなくいつでも定期的に空気が悪くなっているような気がする。

これから読もうと思っている本は、前に春月姐さんのブログにもその名が見えていた「我们仨」。昨日の晩、最初の部分を読んだだけで胸がつまった。
老年を迎え、家族を一人一人見送っていく境遇の寂しさが切々と伝わってくる。大学の図書館の安売りで買ったのだが、これは大学生とかそういう年代の人たちが読んでも、なかなか実感できない境遇を描いたものではないだろうか。私のような年齢のものが読んでこそ、理解できる人生の終焉の味わいとでもいうのかな、そういうものが書かれていそうな気がする。(まだ読んでいないので断言できないけど)

●http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140416-00000006-nnn-soci

この記事を読んでゴーリーの「ギャシュリークラムのちびっ子たち」を思い出した。こどもの無邪気な行動やありきたりの平和な光景が、実は死の闇と紙一重のところにあるという事実に慄然とさせられる。ゴーリーの絵本は悪趣味ともいえるが、実はその悪趣味の中に人が目を背けている事実が歴然と示されているような気がする。
「不幸な子供」もそうだ。こういう子供は世界にはいくらでもいることだろう。「小公女」のセーラのように零落の果てにまた恵まれた環境に戻れることのほうが、現実にはずっと稀なのだ。「あなたたち、何夢見てるの、現実の闇を見なさいよ」という声が聞こえてくるようである。

日別画面へコメントを読む(2)

04月15日(火)

起床時刻:08時12分

みなさん書き込み放置してごめんなさい。
タケノコの季節ですね。
日本にいたときには、その時季になると娘のピアノの先生にゆがいたタケノコをもらっていたっけ?
中国では売っていないみたい。

最近は面倒なので、家の近所のロッテスーパーにしかいかないけれど、
豆腐でさえ売っていないときがあるほど、品ぞろえが悪い。
だからほかのスーパーに行けばあるのかもしれないな。

日別画面へコメントを読む(11)

04月07日(月)

起床時刻:07時28分

04月06日

起床時刻:06時36分

●土曜日のお茶会の手伝いはたのしかった。
ふだんのお稽古はぺちゃくちゃしゃべっていられないが、
お手伝いはいろいろな人と知り合いになれて、お昼ご飯のときや片付けのときにもおしゃべりできるのでたのしい。
今後はこういうお茶会を増やして、会員や収入を増やしていくのだそうだ。
たのしみ。次は着物も持っていけるように着付け練習しよう。

夜はスカイプで日本にいるお友達と二時間のおしゃべり。
どんだけしゃべったら気が済むんだ、わたし。
●今日は夫とでかける。
お昼にしゃぶしゃぶを食べて、
その後、中関村の書店に行き、その後、海淀区の博物館に行って、買い物して帰宅。昨日とうってかわって暑かった。
北京には、四季はなくて二季しかない感じ。
もう夏になってしまったのかもしれない。
今日から柳絮が飛んでいる。
昨年、私が中国に来た時も柳絮の季節だったから、もう一年が経ったのだ。
いろいろなことがあったが、早くもあった。

●http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2014/0405/651791.htm?o=0&p=2

これを読んで笑った。最近ではいちばんおもしろかったかも。
そりゃ、社内で噂になるでしょう。
別にやましい関係がなく、普通の上司と部下の関係だったら、こんなことをやめればいいだけだし。

それにしても、ひろしさんとか、あきらさんとか、上司を呼ぶ女子社員なんて見たこともない。ヽ(^。^)ノ
普通は、課長とか、苗字にさん付けで呼ぶよね。
いったいどういう経緯でそんなふうに呼ぶようになってしまったんだろう。


「何故こんなに噂されるのかわかりません・・。」って…。
なぜただの上司と部下がそんなふうに呼び合ったり、その他もろもろの行動をするようになったかのほうが、ヨッポドわかりませんね。
おもしろいヽ(^。^)ノきゃ、きゃははヽ(^。^)ノ

日別画面へコメントする

04月05日

起床時刻:06時00分

おはぴょん。
いやんなっちゃう(/ω\*)

新しく買ったパソコンが立ち上がらないよ・゜・(ノД`)・゜・
塔の画面が出たあと、ログイン画面に移れず、また「お待ちください」の画面に戻ってしまう。強制終了してやりなおしても同じ。
メーカーにメール出して「交換申請」したけど、どうなるだろう。
今日はお茶会の手伝いに行くことになっていて一日連絡できない。
こんなことで明日の休みがつぶれたらやだな。
なんてパソコン運がない私。(使いにくい夫のデスクトップで書き込みしてます)

日別画面へコメントを読む(2)

04月04日(金)

起床時刻:06時30分

●今日の午前中に歯医者に行ってきた。
今回は再診料とレントゲン代で350元。
治療費は保険から全額補填されるのだが、ひと月に何千元も立て替えるのは
結構きつい。

昼過ぎに家に帰ってきたが、疲れてしまって
午後からは家で食っちゃね、食っちゃね。

夜には娘からスカイプがかかってきて長電話。
アイフォンを落としてガラスを割って修理に出したら13000円。
すぐに直してもらえたが、戻ってきてから見てみると
一年間とりだめた写真データがなくなってしまっていたとのこと。
春休みにNYや京都に行って撮った写真もなくなってがっかりしたようだ。
スカイプを切ったあと、ネットで調べてみると、ガラス交換しても
データがなくなることはないようだ。
普通に考えても外部のガラスを替えてもデータはなくならないような気がする。
交換したタッチパネルの効きも悪いような気がするというので、「明日もう一度行って、タッチパネルのことを聞くついでに、写真データのことも聞いてみるといい」と言ったが、なんだか気が進まないようす。

ま、でも、聞いてみるだけ聞いてみればいいのにね。(どなたかこういうことに詳しい方がいらっしゃったら、教えてください)ヽ(^。^)ノ

●前から、「花落ちること しんぬ 多少ぞ」の「しんぬ」って何だろうと思っていた。
「しんぬ」=「知りぬ」か、「知らず」か意見がわかれているようだけれど、ネットで現代中国語訳を見てみると次のような訳があった。

花儿不知吹落了多少

知道不知道花又落了多少

撒落地上花瓣该有多少呢

不知道外面的花,花瓣被雨打落了多少。

とするとやっぱり「知らず」と解釈すべきなのでしょう。

日別画面へコメントを読む(4)

04月03日(木)

起床時刻:06時15分

●卒論代行サービスを使ってもいいかというアンケートで、
「使ってもよい 7.9パーセント」、「場合によっては使ってもよい 5.9パーセント」という結果。

使っていいなら卒論の意味って何?
論文自体に価値はないかもしれないけれど、
論文作成を経験することで、学生は得るものがあるでしょう。

「場合によっては」とは、どんな場合を指すのかも興味ある。

あ、学校に行かなくちゃ。

●昨日の夜遅くにアマゾンに注文したバッグがもう届いた。
赤いランドセルならぬ、赤い革バッグ。

むむっ。酒紅色(ワインレッド)と書かれていたのだが、
かなり赤い感じ。

考えてみたら私の持っている服は、青系統の服が多い。
それを着て、真っ赤なバッグを持つ。
なんだかちょっと派手すぎ?

でも、中国ではそういう色のあわせ方をしている人も多い。
だから、大丈夫。

帰国したときにテレビで見たら、
ブランドバッグなども日本では赤は人気がないが、
中国では人気が高くて絶対売れる色なのだそうだ。

だんだん私も中華なおばさんになっていく。
別にそれでもまったく構わない。

日別画面へコメントを読む(8)

04月02日(水)

起床時刻:06時10分

●このところいきなり初夏のような天気だ。
何を着て出かけたらいいのかわからない。
風邪っぴきの人も多いようで、そこいら中で痰を吐く人を目にする。
今日は、手に吐いてそれを木の手すりに擦り付けている人を見た。
げっ。外に出たらやたらなところには触らないようにしよう。
それに帰宅したら石鹸で丁寧に手洗いすることにしよう。

●パソコンが壊れたのも、残念だったが、
さらにバッグも買い替えたくなってきた。

日本に帰国したときに某ブランドのバッグ(新品)を
ネットオークションで競り落とした。
店で買うよりは安かったが、それなりに高かった。

それがわずか一か月でみるみるシミだらけに。
外で埃っぽい壁などに触れて汚れたのかと思い、気を付けて持つようにしたが、どうやらバッグの内部から染み出てきているらしい。
その証拠に内側の布部分にも黒いシミが。
あまりに汚らしくて持つのが苦痛になってきた。

新しいものを買おうと思ってあちこちのショッピングセンターで見てみたが、
日本よりもずっと高いので買う気が失せた。
ネットで探して注文したが、ネットだの、オークションだので買ったのが、これまでの失敗の原因だった気もする。
でも、しかたがないや。中国で買ったものはつなぎで使って、今度、日本に帰った時にまたゆっくり気に入ったものを探して買おう。
って、パソコンも、バッグも日本で買ったものだったっけ。
いったいどうした、日本?( ;∀;)

日別画面へコメントを読む(2)

04月01日(火)

起床時刻:06時05分 06時31分

●新しく買ったパソコンはとっくに届いていたのだが、
梱包を解くのが面倒なのでそのまま調子の悪いVaioを使っていた。
しかしついに先週またVaioが立ち上がらなくなり、新しいパソコンを出すのが面倒なので、このブログの更新も滞っていた。
(というより、たった一年で前のパソコンがダメになったのを認めたくない気持ちがあったのかも)

Vaioは三台目でこれまでの2台は自分でコーヒーをこぼして修理に出したりもしたがそれ以外は調子がよかったのだけれど、三台目でババを引いた。

かわいくて長く使いたい機種だったのだが残念。

さようならVaio。こんにちはThinkpad。

でも今度のThinkpadは中国語版なのでいまひとつよくわからない。
中国語版や英語版を日本語表示にする方法を書いた記事をネットで見つけたが、同じような表示が出てこない。いろいろやってみるのも手間がかかるから、中国語版になれるようにしたほうがよいかもしれない。

日別画面へコメントを読む(5)